情報倫理とセキュリティ2021後期10インターネット・ガバナンス投稿集


66

応答

83:29

完了するのにかかった平均時間

終了済み


1.

本日の授業では、インターネットは意外にコントロールされており、ブロックチェーンの登場によって革命的にセキュリティが担保されるのではないかと期待されている状況について説明しました。これをあなたなりに説明し直してみて下さい。500字以上。締切は12/7午後11時30分。


66応答


ID

応答

39

インターネットは、ブロックチェーンによって、セキュリティーが担保されていると考えます。ブロックチェーンとは、多くの人がインターネットを通じて、自分のコンピュータでデータを共有する分散型自律システムと呼ばれるものです。 多くの人とやりとりをすると、個人情報の流出が心配されていますが、データの改ざんをすることができないようになっているため、個人情報が漏れにくいとされています。全てを監視されているため、不正をすることが難しいのが、ブロックチェーンです。ブロックチェーンは、お金の取引も安全に行えるところがメリットです。仮想通貨はもちろん、ビットコインなど、様々な取引が可能です。今後、銀行としての役割を果たす事も可能であると思います。個人的な取引も気軽に行うことができるため、今後のビジネスとしても利用することが増えると考えます。 金銭的なこと以外にも、資料の提供にも役に立つと思われる。会社での企業秘密や、医療による実績を世界などに共有することも可能です。しかし、匿名で送ることは、まだ難しいとされています。匿名ができるようになれば、とても便利なものだと考えられます。 このように、ブロックチェーンによって、私たちの生活は、豊かになり、セキュリティーが担保されていると言えるのではないでしょうか。

5

ブロックチェーンの登場により、今までのインターネットには信頼を担保する仕組みが欠けていた取引の記録を中央集権的に管理するのではなく、記録、その一致により、新たな取引を成立させる仕組みを作ることができたので革命的にセキュリティが担保されるのではないかという期待が生まれています。金融サービスを例に考えると、ブロックチェーンにより価値の移動、価値の交換、資金調達・投資などをインターネットを通してできるようになる技術になると言えます。また、 ブロックチェーンは、ネットワークに接続した複数のコンピュータによりデータを共有することで、データの耐改ざん性・透明性を実現することで、単に送金システムであるにとどまらず、本人認証、取引認証を確実で検証可能な情報保護を可能します。また、金融商品のインターネット上の評価、以上の分散化などのリスクマネジメント、リアルタイムで透明性の高い会計監査や財務報告を可能とする金融サービス以外のさまざまな経済活動のプラットフォームとなり得る可能性があります。これらのことから、ブロックチェーンは、これからのサービス全般のマネジメントし、セキュリティが担保されるのではないかと考えます。

25

暗号通貨「仮想通貨」の基盤となるブロックチェーンは、新しい信頼のプロトコル。信頼を担保する仕組み。ウソをつかず不正のできないネットワーク構築が基本になる。暗号資産で、貨幣的な価値があるものである。 新しいプロトコルで、この10年の新しい仕組み。 ビットコイン(仮想通貨)はネット上のお金であり、サトシ・ナカモトのビットコイン論文がもととなっている。 ブロックチェーンに参加しているすべてのサーバーが、すべての取引情報を共有するしくみ。2007年にできるようになった。悪いこともかならず発覚する仕組みで、ここからすべてが始まるというおどろきの革命である。 この論文で世の中がかわり、これで信頼のシステムを構築できるようになった。 インターネットに足りなかったのは信頼のプロトコルで、原則をきめて構築することが必要となる。 ・原則1 信頼 ウソをつかないネットワーク ・原則2 権力 力の集中から分散へ すべてが保証人にする。特定の力を持った人が不正をおこなわないように。 ・原則3 インセンティブ 利己的な行動が全体の利益になる 競争することで利益があがるようにする。 ・原則4 セキュリティ 不正ができないように、取引すべてを記録して、共有する。不正の追跡を可能にする。 ・原則5 プライバシー 個人情報のボックス化。特殊な暗号化。それが 技術的な革命である。 ・原則6 権利 インターネットで相手も信用、自分も信用してもらって契約ができるようになる。 ・原則7 インクルージョン 格差を解消するデザイン(設計)。  包括的な、誰も排除しない、格差を解消する。お金持ちも貧乏もつかえるような、 人間をまもるものである。 ブロックチェーンは世界をどうかえるか、というと、 金融を再起動し、格付け機関から変わる。銀行など大きな影響がある。 企業を再設計し、取引がネットでできるようになる。 信頼が担保されたら本当の意味のテレワークができ、職場も劇的にかわる。 銀行は3年以内にかわり、ビジネスモデルもかわる。 ものの世界がかわり、音楽も著作権の問題で音楽業界がかわる。 ブロックチェーンは、データをみんなで管理、記録する技術で、不正や改ざんができない、とにかく安全なもので、とてもすばらしい技術なのだということがわかった。ビットコインも名前しか知らなかったが、これから自分たちの生活の中で、どれだけ変わっていくのか、大変興味深く感じた。そして、このような素晴らしい論文を書いた、サトシ・ナカモトが謎なのも、また面白く感じました。

18

本日の授業では、インターネットが動き続けるために必要な技術の統計・管理について学びました。インターネットは、一種の標準化された通信プロトコルと概念モデルを組み合わせ明確に提供することで、世界中のネットワークとネットワーク、ネットワーク機器とネットワーク機器の相互関係を可能にし、いわゆる「ネットワークのネットワーク」が実現しています。インターネットはクローズドな学術機関専用のネットワークからスタートしたため、プロトコルにはセキュリティに関する仕組みが十分に組み込まれていませんでした。そのため、不正アクセスやサイバー攻撃などの問題が頻発する結果になってしまいました。そこで、暗号通貨の基盤技術としてブロックチェーンが生まれ、現在では信頼のプロトコルとして社会に知られています。ブロックチェーンを活用すると、すべてをコントロールする中央集権的なサーバー部分が必要となり、代わりにすべての運用を個々人のユーザーが担うことになります。ブロックチェーンはデータが分散されるため、情報漏洩が極めてしづらく、高い機密保持性を持っていることが特徴であり、中央となるサーバーが存在しないため、低いコストでスピーディーな取引ができるためとても魅力的です。ブロックチェーンの将来性はとても幅広く、金融や医療、食品、流通などに留まらず、保険や電気事業など様々な業種に活用されると考えられます。高い信頼性と高いセキュリティ管理を行えるブロックチェーンは、今後さらに普及することが考えられます。ブロックチェーンとAWSやAzure、GCPなどのパブリッククラウドと比較すると、セキュリティという面で、クラウドベンダがインフラ基盤を提供・管理するという点が異なります。そのため、いくらクラウドベンダがインフラに対して責任を持つとはいえ、システム全体として見た場合の最終的な責任はユーザーにあります。ユーザーの責任範囲のセキュリティをシステム的に実現するためのツールはクラウドベンダが提供してくれているので、クラウドベンダが提供するツールを利用しながら、システム設計や運用設計をしっかり行えない場合にブロックチェーンセキュリティを担保にする可能性があります。

63

2回目 ブロックチェーンとは今までのすべての取引情報が記録されるシステムです。例えば、過去のどのような記録であっても、全ての情報が共有されている為、必要な情報を簡単に入手できるシステムになっています。全てが共有されている状況下では、セキュリティに対する不安面が懸念されることがありますが、セキュリティは情報一つ一つがブロックで保管されており、セキュリティ面には不安は必要はない。それにも関わらず、全ての情報が共有され、管理されている為、悪事が働く可能性がほとんどないと言っても過言ではない。過去のネットシステムでは構築が不安定であったため、クレジットカードが様々な社が競合し、取引が分散されていたが、ブロックチェーン化では、情報一つ一つが連結されていくため、様々な取引が迅速に行われ、手数料の格安か等、様々な利益が予測されている。そのような状況下においても、様々な取引が共有・管理されている為、誰もが利用できるが、誰もが不利益を被ることのない最強のシステムと考えることができる。

28

 1990年代末期から、アメリカではインターネットバブルと呼ばれるIT関連企業のバブル景気が発生しました。しかし、ITバブルで沸いた2000年ごろはまだ未熟だったとされており、アメリカがインフレなき半永久的な成長を遂げるには、IT革新がもっと進む必要がありました。 それが2008年、「サトシ・ナカモト」氏によりブロックチェーンが公表されると、世界の常識が一変しました。ブロックチェーンとは「参加者の中に不正を働く者や正常に動作しない者がいたとしても正しい取引ができ、改ざんが非常に困難で、停止しない、多数の参加者に同一のデータを分散保持させる仕組みのことです。これまでは、たとえ安全性が高いといわれているサービスでもデータの改ざんができてしまいました。例えば、データベースは、複数のコンピュータに分散されており、バックアップも取られることからエラーや改ざんの修復は可能です。また、大手のサービスならば安定性も高いと言えます。しかし、その仕組みは中央集権的であり、サービスを提供する管理者の存在を必要とします。管理者がサービスを停止させればデータベースの中身は消失するし、管理者の都合によってデータを抹消される可能性もあります。また、万一、管理者に悪意があればデータの中身を改ざんできてしまうのです。  一方で、ブロックチェーンは、たとえサービス提供者であっても記録されたデータの改ざんや消去はできないし、参加者が自身の取引履歴を消すこともできません。この点がブロックチェーンとデータベースの最大の差です。この特性があるために信用度の低い無名のサービス提供者であっても、通貨などの取引を任せることができます。このことから、ブロックチェーンの登場により、セキュリティが担保されるようになるのではないかと期待されています。

36

 インターネットには法則性や特徴があり、意外にコントロールされている物となっています。コントロールの法則としては、インターネットアドレス空間とドメイン空間のグローバルな統一性の要求などの技術的なアーキテクチャの決定が能力構造を決めることやコンテンツ管理の技術が金融決済などのインターネットにおける情報媒介ポイントといった情報コントロールの手段として使用されることなどが挙げられます。このほかにも、民間企業や非政府機関による管理といった民営化されたガバナンスや表現の自由か法執行かといった問題に対する「価値観がせめぎ合う場所」としてのコントロールポイント、インターネット標準化の理念が根付いているなどの法則や特徴があります。  これらの法則・特徴を押さえれば、インターネットはある程度コントロールできます。それに加えて、ブロックチェーンの登場により、革命的にセキュリティが担保されるのではないかと期待されています。その理由としては、ブロックチェーンが第三者機関としての金融機関を通さない分散型のシステムであることが挙げられます。第三者機関としての金融機関を通さないことにより、金融機関の限られた取引規模から解放されることとなります。また、分散型のシステムにすることにより、直接取引している者の間以外にもデータが複数の箇所に存在することになります。これにより、過去の取引記録から詐欺があった場合には、第三者にも容易に分かることとなるため、詐欺を防ぐことにつながります。  以上のことから、ブロックチェーンは取引規模の拡大拡大だけではなく、セクリティを担保することが出来る「信頼のプロコトル」としての機能も期待されていることが分かります。

50

 インターネットは世界的な統一性が求められるため、技術仕様の決定こそがインターネット上の権力構造を決めるものとなっています。特にインターネットインフラは早く正確に策定された仕様が世界中で使用され、このように決められた技術仕様から、さらなる革新が起こり技術も進歩していくのです。またインターネット上のコンテンツを管理する技術によって私たちが目にする情報はコントロールされています。つまり情報を管理する段階で取捨選択されたものが私たちのもとへ来るのであって、その管理者によって私たちの知らないところで情報コントロールが為されていることを忘れてはなりません。このようなインターネット空間は基本的に民間によって運営され、その規模も地球レベルとなりインターネット上の世界はボーダレスなものとなっています。この動きは国家から危険視されることがあり、国家がインターネットインフラを担う多国籍企業を規制する動きも出てきています。ほかにもインターネットの問題点として自由であるがゆえに表現の自由や知的財産権などが議論されています。  そして自由で開かれたインターネットにおいてはこれまで信頼を担保することが難しいものでした。しかし近年信頼を担保することが可能なブロックチェーン技術が登場してきました。ブロックチェーンは多くの利用者が様々な情報を分散して持ち合うことで信頼性を担保します。ブロックチェーンによりインターネットの信頼性が担保されることで、様々な分野で革新的な変化が生まれる可能性があるのです。

66

 インターネットは意外にもコントロールされているというのが事実である。  インターネットプロトコルには政治性がある。基本的な考え方としては、共有していくというスタンスだが、一部の国では、ブロッキングされていて、情報が共有されていないという現実がある。コンテンツを管理していく技術を駆使して、金融決済や検索エンジン、名前解決をおこなうレジストリなどをおこなっている。これらの技術を使って国単位で情報をコントロールしているところもある。  TwitterやFacebookなどはサービスをスタートさせたときは、誰でもなんでもできる状況が良いという価値観のもと、誰かがこれは良い、これはダメといったように分けていくことは望ましくないという考え方で進めていた。しかし、なかなか全てを自由になんでもできるという状況を維持することは困難であり、現在は一定程度情報をコントロールされている。  情報をコントロールするために使われているのが人工知能である。近年、ブロックチェーンという技術がでて、今後さらに変化していくことが予想される。

43

 世の中のそこら中で不正や嘘が飛び回り、困っている人がいる人、利益を損ねている人がいます。具体的には、自分自身で作曲した曲を無断で使われる人。地方の政治家が、政務活動費と言って東京のホテルで遊びつくしている現実。どれも情報が集権化され、システムが未熟である事が起因しています。こういった問題を無くしていく可能性があるのがブロックチェーンです。ブロックチェーンとは、「取引履歴を暗号技術によって過去から1本の鎖のように繋げ、正確な取引履歴を維持しようとする技術」とされています。つまり、管理主体が集権化され権力が偏っている現在のシステムから、複数のシステムに分散され情報が共有されるのです。だから、今までみたいに1つのシステムのデータを改ざん、噓をつくなどしても、情報が常に同期されているため、一瞬にしてばれてしまいます。この技術によって、情報が常に共有されている事から取引の透明性とプライバシー保護の両方が期待でき、偽造防止や暗号化技術によって安全性が担保されるとされています。しかし、これだけ安全性が保証されると、この技術により淘汰される人々や、噓がバレ、都合が悪くなってしまう人は少なからずいます。そういった人たちの圧力にも絶え技術の普及を促していく課題があります。また、規制の行き過ぎから監視社会となってしまう可能性も考えられます。  だから、ブロックチェーンが闇を照らす光となれるように、国民一人一人が最低限の知識を身に着けて育てていく必要がある。

65

 私はformsに記載された内容とは異なりますが、授業中に紹介されたサトシナカモト氏の論文、『ビットコイン:P2P 電子マネーシステム』(原題:『Bitcoin: A Peer-to-Peer Electronic Cash System』)を読んだ所感を課題として行いたいと思います。  授業中に紹介されたようにブロックチェーンの技術とはインターネットの信頼性の格段にあげた革命的技術であり、その技術によりビットコインを始めとする金融取引をインターネット上で行えるようになりました。その論文を読み、最初に感じたことは率直に何を論じているかが難しくて全く分からない。というものでした。読んでいて唯一把握できた事はサトシナカモトを名乗るこの論文の執筆者は金融取引、インターネットテクノロジー、プログラミング、数学など各分野の知識技術に秀でた方なのである。ということでした。本授業とは違いますが同じ野村先生の情報メディア問題入門で唱えられているトランスメディアのように、ジャンルとジャンル、分野と分野が掛け合わさる事によってこのような強力な技術が生まれたのかとも考え、現代では従来のような一つの技術だけ尖らせたシステムよりも画期的なアイディアはこの様な融合によって生まれるのかとも考えました。  現在この論文で提唱されたブロックチェーンの技術は様々な分野で応用されておりますが、実際にこの論文を読んでみるとインターネットにおける信用機関を仲介しない個人間の電子取引を実現する事を掲げている事が分かります。サトシナカモト氏はこれを12項目の結論で信用に依存しない電子取引のシステムと呼んでいました。論文を読んでも技術的なことは私には理解できませんでしたが、本文第一項イントロダクションの「コンピュータ的に事実上非可逆的な取引は売り手を詐欺から守り、容易に実施できる習慣的なエスクロー(第三者預託)メカニズムにより買い手も守られる。」という言葉から「信用に依存しない」という言葉の通りこのシステムに乗っ取ればいわゆる「システム的に崩しようがない、システム的に大丈夫」という学術的な主張がされている事が分かりました。  正直に申し上げて、この論文を読んでも何かが分かったり理解出来たりという事は私には難解な論文でしたのでありません。しかし、授業中に野村先生が仰ったように、この論文から革命的な技術が生まれ世界が格段に進歩したという事を踏まえたうえで取り組むと非常にワクワクした気持ちで論文を読むことが出来ました。今後は私もジャンルとジャンルの融合というものを考えようとも思ったのと同時に、ブロックチェーンの技術を学んでみようと思いました。

12

かつては、インターネット上でのお金のやり取りにおける信頼を担保する仕組みがありませんでした。そのため、クレジットカードなどを利用しなければならなかったのですが、2008年ごろにSatoshi Nakamotoによってブロックチェーンが発表されました。インターネットにおけるプライバシーのために、嘘が必ずばれるような不正のできない仕組みや、権力者が不正を起こさないために権力が分散された状態が必要でした。ブロックチェーンを利用する全ての人が保証人となる構造にすることで、管理者が不正をはたらくことを防ぎました。そのようなルールををざまざまなサーバーで共有し、情報を暗号化するプロトコルがブロックチェーンです。また、利己的な行動が全体の利益となるような競争をさせる原則を立てました。ブロックチェーンは暗号通貨の基盤となり、ビットコインが登場しました。ブロックチェーンの登場により信頼性が生まれることによって、やりとりが全てネット上でできるようになるため、金融や企業のあり方が変わると言われています。たとえば、金融業界ではゴールデン・エイトと言われる8つの業務がブロックチェーンによって変わると言われています。これによって金融機関などは大きな影響を受けます。

32

そもそもブロックチェーンとは、複数のコンピュータに、暗号技術を使いながら取引情報などのデータを同期して記録する手法のことを指す。ネットワーク上で複数のコンピュータが取引の記録を管理するため、不正な改ざんが事実上不可能であるという点が特徴である。取引記録をまとめた「ブロック」をチェーンのようにつなぎ、情報が更新される。また、日本語では「分散型台帳」とも呼ばれる。 複数のコンピュータで管理することから大規模なコンピュータを必要とせず、安全性が高いシステムを低コストで構築しやすいため、多くのシステムで利用されつつあるようだ。 ブロックチェーンは、2009年に発行された仮想通貨「ビットコイン」の基幹技術として用いられ、世の中にその存在が広まっていた。まだ登場から10年余りの歴史の浅い技術だが、その安全性の高さとコストの低さから、さまざまな分野で活用されつつある手法と言える。 ブロックチェーンは管理者の有無などによって大きく3種類に分かれ、パブリック型とプライベート型の中間の特性を持つのがコンソーシアム型である。 ここでブロックチェーンの活用事例を1つ挙げよう。 契約プロセスを自動化し、契約内容の改ざんを防止できるブロックチェーン技術は、大手クレジットカードブランドも導入に動いている。 例えば、Mastercardはすでに決済システムにブロックチェーンを導入することを決定しているようで、ブロックチェーン上で決済処理をすることで仲介者が不要となるため、手数料やコストを削減でき、国際間送金なども迅速に低コストで実現できるとされている。 調べた限りではこのブロックチェーンの多くは仮想通貨関連で用いられているようで、なかなか他の事例を見つけることができなかった。

17

そもそもブロックチェーンとはビットコイン開発の過程で誕生したデータを記録するための技術である。一般的には取引履歴を暗号技術によって過去から一本の鎖のようにつなげ正確な取引を保護するシステムである。具体的には、この技術は分散型手帳と呼ばれていて、同じデータを分散して管理するためすべてのデータを改ざんすることは不可能なため安全性が高く金融取引の記録や文書管理に使われている機能になっている。したがってぶろっつくチェーンは極めて安全性の高いデータ記録システムだと言える。このブロックチェーンは登場したことにより今までの保護セキュリティーシステムよりより優れた機能を持っていることがわかる。その為、今後のインターネットの保護システムは革新的に向上し国や会社のセキュリティ対策が強化されるという期待が持たれ始めている。

19

まずブロックチェーンとは、取引履歴を暗号技術によって過去から1本の鎖のようにつなげ、正確な取引履歴を維持しようとする技術のことを指します。ブロックチェーンは仮想通貨分野だけでなく、不動産取引や食品管理といった分野でも使われています。ブロックチェーンは、管理者がいなくてもデータを互いに補完しあう形式を取っているため、データが一か所に集中しづらくシステムダウンしにくいメリットがあります。データがチェーンのようにつながっており、ネットワークに参加する全員が情報を分散して共有・管理し、誰が、いつ、どのような取引を行ったのかを明確にすることで、セキュリティ及び取引の透明性ともに高いデータ管理を実現できます。まず、仮想通貨による送金は、金融機関を介さないため手数料が非常に低く、24時間取引可能です。そこにブロックチェーンの技術を用いることで、高いセキュリティを保ったまま送金を行えるようになります。他にも、ブロックチェーン上に記録された個人情報から必要なものを参照することで、身分証明書を提示する必要のない本人確認や仲介業者を介さない資金調達、ネットワーク上の評価に基づくリスクマネジメントなど様々なことにも応用することができます。

2

まず前提として、「ブロックチェーン」の説明からします。 ブロックチェーンとは、見知らぬ人同士が、イベントの共有記録を信頼することを可能にする技術です。 この共有記録すなわち元帳は、トランザクションを検証するために、コンピュータを利用するネットワークの全参加者に配布されるので、第三者による仲介を必要としない。これによって、より迅速で、安価な、信頼できるトランザクション処理が可能になります。 ブロックチェーンでは、暗号化された分散環境下でアーキテクチャをセキュアに管理する技術はまだまだ発展途上という課題があります。 実際にブロックチェーンを利用する際のセキュリティ課題として、以下のような点を挙げられます。 ・どのようにしてセキュリティをアプリケーションに適用するか、プライバシー保護を優先させるか? ・誰が元帳にアクセスし、どのようにしてアクセスを制御するか? ・どのようにして、ソフトウェア/アプリケーションのアップデートについて合意し、実行するか? ・顧客のアプリケーションに対する考え方を事前に検討したことがあるか? ・どのようにして顧客と関わるか? よって、具体的なセキュリティ/プライバシー対策としては、ブロックチェーン技術固有のリスク軽減を図る流れと、ブロックチェーン技術を応用してリスクの軽減を図る流れの2つが想定されます。

9

インターネットがコントロールされている例として、検索エンジンに焦点を当ててみると、Yahoo!やGoogleの検索ではある程度「信頼性」が欠如しています。ツリーを作って人力でサイトの信頼性を判断するシステムと、アルゴリズムを使って検索結果のクリック数に応じて信頼性を判断するシステムが使われていますが、どちらもインターネットに対する信頼性が高いというわけではありません。インターネットには情報が漏れないという「信頼性」が薄かったため、巨大なお金を動かすための場としては不十分な環境でありました。これは情報を改ざんされてしまうという可能性が存在するためです。売買とは相手との信頼関係が重要となってくる中で、そのような可能性があるシステムを使うわけにはいきませんでした。しかし、ブロックチェーンには改ざんをしても一目で分かる仕組みや、管理者に権力が集中しないように分散するという仕組みを取り入れることで、不正の働きやすい環境を作らないようにされています。また、個人情報などは特殊な暗号化を行うことで、容易に情報を取り出すことが出来ないような仕組みを取り入れていることも強固なセキュリティとして期待されている要因です。セキュリティに強い信頼性をもっているため、安全な決済や情報の保護が可能となりました。それにより、さらなる電子商取引の活性や効率化を図ることが可能になります。特に金融サービスを再起するための手段としても期待されている技術です。確実なセキュリティ保護によって、さらなる技術の革新も期待できることから、世界中で注目されているシステムとなっています。

47

インターネットが動き続けるためには必要な技術を設計・管理し、それらを取り巻く実質的な政策を決めることを主な目的としています。それらは主に、グローバルな統一性を要求するインターネットのインフラや、インターネットにおける情報媒介ポイントである、金融決済やドメイン名を割り当てるレジストラ、SNSなどのインフラを運用する企業、ローカルでグローバルなインターネットが挙げられる。これらはインターネットがコントロールされていることを表しています。 そして、ブロックチェーンの導入によって従来のインターネットのコントロールの方法ではなく、さらに信頼されたネットワークを作り出せるようになりました。このブロックチェーンの導入によってネットワークに変化を与えています。 そして、ブロックチェーンのような信頼されたネットワークを作るためには、嘘をつかないネットワークや一個に集中したネットワークではなく、さまざまなところに分散しているネットワークが必要であると考えます。また、包括的なデザインであるセキュリティの強化などが必要であると考えます。 加えて、金融業界では、ブロックチェーンによって本人認証・価値の交換リスクマネジメント・会計などに変化を与え、より信頼性の高いシステムになると予想されています。 以上のことがブロックチェーンによる革命的にセキュリティーが担保されることであると考えます。

51

インターネットが意外にコントロールされており、ブロックチェーンの登場によって革命的にセキュリティが担保されるのではないかと期待されている状況とは、ブロックチェーンが登場する以前のインターネットは、インターネットガバナンスによって、インターネットが動き続けるために必要な技術を設計・管理し、それらの技術を取り巻く実質的な政策を決めていました。これは、インターネットのインフラの整備によって技術的な仕様の決定が権力構造を決めることや、インターネットにおける情報媒介ポイントなどに代表される、コンテンツ管理の技術が情報コントロールの手段、つまり権力として使われること、民間企業や非政府機関により管理されることで、ガバナンスが民営化されること、表現の自由か法執行かのように価値観がせめぎ合う場所としてのコントロールポイントであること、そしてインターネットがローカルでありながらもグローバルであることというものです。この時のインターネットはアナーキーな状態のものであるため、信頼度が低く、インターネットが管理者によって意外に管理されている一方で、その信頼の低さからいわゆる仮想通貨のようなものは考えられないというものでした。これがブロックチェーンによって、信頼を担保する仕組みができ、不正のできないネットワークが構築される事になりました。具体的には、ブロックチェーンは信頼のプロトコルを構築するためには、信頼に関して、嘘をついてもばれるためにばれるのであれば嘘をつかないようになるという、嘘をつかないネットワークの構築や、権力に関して、権力は腐敗を起こすために管理者(権力者)が管理をできなくなるため、ブロックチェーンのコミュニティ内の全てが保証人になるという構造のような、力の集中から分散へとシステムを変えるということ、インセンティブに関して、自分にとって合理的なことを人はするという事を前提にして、利己的な行動が全体の利益になるという仕組みを作ること、セキュリティに関して、不正をできないプラットフォームを作るために、取引全てを記録・共有する仕組みにすること、プライバシーに関して、すべてが共有であったとしても、特殊な暗号を用いて個人情報をブラックボックス化すること、権利に関して、スマートコントラクトによる明確化と自動化という、インターネットを使って契約することが出来、相手も自分も信用してもらえることになるということ、そして、インクルージョンに関して格差を解消するデザインにすることで、誰でも使えるものでないといけないということの7つの原則によってデザイン(設計)されているものです。簡単に言うと、ブロックチェーンとは、ブロックチェーンに参加するすべてのサーバーがすべての取引情報を共有し、それを暗号でやり取りすることで、悪いことはできるものの必ず調べることが出来るため、セキュリティが担保されるシステムになっています。これは、権力の分散という手法がとられているため、管理者(権力者)による権力の腐敗が起こらず、プラットフォームとしての信頼性が非常に高いシステムになっています。

46

インターネットにおいて信頼という言葉がキーワードになっている中で、ブロックチェーンという観点からも考える必要があります。ブロックチェーンとは暗号通貨の基盤となっている信頼のプロトコルです。今まではお金のやり取りにおいて担保する仕組みがなかったため決済方法はクレジットカードやコンビニで売られているギフトカード(前払い)でしたが、現在はペイペイなどの決済が増えてきています。アメリカでは2000年にITバブルが崩壊を経験しています。信頼のプロトコルが確立されていないとインターネットを商売として使えないというのが最も大きな要因であったが、その出来事以降7つの原則を基に技術開発が進んでいきます。一つ目は信頼、二つ目は権力(これは一つのものに不正なども集中してしまうため権力を分散させるということ)、インセンティブ(人は自分にとって合理的なことをするということを前提に考えそのうえで利益が生まれるようにするということ)、セキュリティ(取引の記録をすべて記録することで不正のできないプラットフォームにしていく)、プライバシー(個人情報などを特殊な暗号をしていく)、権利(今まで対面で契約をしてきたものがインターネット上で契約を交わすことが出来る)、インクルージョン(人の所得などによる格差を解消するものであるデザインということ)でブロックチェーンは人間を守る技術であるべきだと考えられています。このようなことからブロックチェーンがセキュリティが担保されると期待されているといえます。

31

インターネットにおいて信頼性のあるプロトコルが求められていたなかで登場したブロックチェーンは新しいセキュリティ技術として注目されています。ブロックチェーンを構成する原則としてネットワーク上に嘘を存在させないよう、嘘を暴くことが重要です。また、権力を分散することによって権力が悪用されることを防ぎます。その他にも個人の利益が全体の利益になる仕組み、個人情報をブラックボックス化することなどの原則からブロックチェーンは考えられました。実際の世界でブロックチェーンがどのように生かされるのか説明すると、金融業界は取引において暗号による情報保護、取引の効率化などが可能になり大きく影響を受けます。他の業界の企業もブロックチェーンによる取引の簡易化が変化をもたらします。そして、ブロックチェーンは金融サービスを受ける人々の不公平、偏りを是正できる技術です。選挙や行政サービスなどの政治的要素、著作権やアーティストとパトロンのコミュニティなどエンターテインメントにも関わるため多くの人々に影響を与えます。技術的な問題、雇用の問題など課題も多くあるなかで、ブロックチェーンを率いて業界をまとめるリーダーが必要とされている状況です。

23

インターネットにおけるこれまでのネットワークは、中央集権型の一元管理されたものが主流でした。中央集権型では、大量のデータでも効率的かつ効果的に保管し、時にはクライアントで下処理などを行いながら、大量にデータを集めて処理をします。このような保管や処理はサービス提供元に集中し、サービスの突然の変更や停止など、保管の在り方や処理の提供の仕方が個人からすると想定外となる場合があります。しかし、ブロックチェーンの登場によって、相互に管理する分散型となり、革命的にセキュリティが担保されます。ブロックチェーンの技術には、さまざまな暗号アルゴリズムを活用しており、データの改ざんや削除が極めて困難で、さらに取引を実行したユーザーを特定することもできないため、記録されたデータに関しては高い信頼性とセキュリティを担保できます。また、ブロックチェーン上で第三者を介さずに信用が担保された取引データを自動処理できるという点もあります。これにより、当事者間で交わされる契約書の締結など多くの作業が不要になるため、事務コストを大幅に削減できる上き、暗号化や分散管理によって契約内容の改ざんも防げます。証券や不動産取引、ローンなどの、契約が複雑化しやすく第三者機関による審査や照合が必要な領域において、ブロックチェーンの活用が期待されています。これらの仕組みや技術、管理方法により、高いセキュリティーを担保できると考えられています。

14

インターネットは、インターネットを健全に運営するために各国の政府や非営利団体など、様々な組織により施策されてきた「インターネットガバナンス」という、インターネットを利用する上でのルールによりコントロールされているので、私たちがイメージしている以上に厳格に管理されています。そして近年、ブロックチェーンという暗号技術により、革命的なセキュリティ管理が期待されています。ブロックチェーンは、ネットワークで発生した記録を、「ブロック」と言われる塊に格納します。そしてそのブロックには、ひとつ前に生成したブロックの情報も一緒に格納します。こうすることで、記録を改ざんしようとした場合、そのブロックより後ろのブロックも全て修正しなければならなくなるので、改ざんが非常に困難になっています。また、ブロックチェーンはネットワークに参加しているすべてのユーザーが「台帳」のように共有しているので、誰かが不正をしたり、正常に動作しなくても正しく記録を扱うことができるので信憑性を保つことができます。これらのことから、ブロックチェーンはこれからのインターネットにおける革命的なセキュリティ管理として非常に期待されています。

41

インターネットは、通常正しくコントロールされています。検索などのインフラから金融決済、ホスティング会社などあらゆるものが正常に機能するようにコントロールされています。しかし逆にそれはある特定の権力などにより利用されてしまう可能性を有しているのです。インターネットエンジンなどの例でいえば、思想を植え付ける事が出来たり、逆に都合の悪い事実を表示させなくしたりすることが可能なのです。私たちがインターネットを使う時、常に誰かにコントロールされているのです。つまり私たちのインターネットにおける権限のようなものは、それを運営している側に簡単に利用されてしまうのです。しかししっかりレイヤーが管理されているからこそ、私たちが自由にインターネットを快適に使えるのです。インターネットのコントロールはあくまで管理であり、誰かが好き勝手にいじることは基本的に出来ません。ただしコントロールされているのも忘れてはいけません。このようなアナーキーな状態の中で表れたのがブロックチェーンです。今までのインターネットには、信頼を担保する仕組みが欠けていました。しかしこの技術は嘘をつかづ不正の出来ないシステムです。暗号通貨の基盤となっており、最近ではNFTという暗号トークンにも利用されています。この技術を使う事で、今までアナーキーなインターネットの世界にある程度の信頼と秩序が生まれました。簡単に仕組みを説明すると、仮想通貨ならば、取引の履歴などが数珠つなぎで記録されているかつ、データの書き換えが不可能なので、不正をすることが限りなく不可能な技術というわけです。そして誰かひとりがこの情報を閲覧することが出来るというわけでは無く、そのブロックチェーンに関わっている全ての人が情報を閲覧することが出来ます。つまり権力の分散をすることが出来るのです。権力の分散が出来ると不正をするのが難しくなります。この技術がもっと普及するとあらゆる取引がインターネットで可能になります。これは、ブロックチェーンによる信頼がもたらす恩恵です。金融業界だけでなく、エンタメ業界、製造業や小売業などあらゆる業界が発展します。アナーキーなインターネット社会からある程度の信頼できる秩序が生まれるのです。 私が就職した企業はIT系なので今回の授業はとても興味ありした。ブロックチェーンに注目しており、特にNFTが気になっているので今後どうなっていくか楽しみです。

49

インターネットは企業や社会、法律など様々な手段でコントロールされています。ですが、今までのインターネットでは信頼を担保する仕組みがありませんでした。しかし、そこにブロックチェーンという新しい信頼の仕組みが生まれました。原則を定め、それを守ることで信頼を得られ、人間を守ることが出来ます。ブロックチェーンによって銀行や企業など取引の信頼が生まれ、そして担保されます。これ以外にも政治では情報を連携することで業務を効率化したり、公共サービスでIOTを活用したり、権利関係では音楽利用データや連携、お金の流れが透明化されるなどインターネットが活用される場面が増えています。従来の技術ではインターネットを活用しようとしても公共サービスでは特に守らなくてはいけない個人情報が、権利では誰がどのように使っているかなど重要な情報であるにもかかわらず、セキュリティ面での不安が残るためインターネットを活用することが憚られていました。しかし、それらもブロックチェーン技術によってセキュリティが担保されることになるのです。このようにブロックチェーン技術によって様々なサービスをインターネットで利用することができるようになると思います。

48

インターネットは技術の上に成り立つものなので、基本的にその技術にのっとって運営されています。インターネットのアドレス空間やドメイン名の空間は様々な形でグローバルに統一されていて、そこで一つのグルーピングがなされて管理がされています。インフラを運営するLINEやGoogleのような企業やIPアドレスとドメイン名を紐づけて管理するレジストリなどは、そのコンテンツ管理の技術を活かしてインターネット環境をコントロールしています。国家も表現の自由や知的財産権などについて干渉したり、保護したりするkとを法で定めたりして管理しようとしています。中国などはインターネット環境を国家が管理するという圧倒的なパワーをもって支配しています。このように、インターネットは私たちが思っている以上にコントロールされています。そんな中で個人のセキュリティが保護され、金銭的な部分まで使っていけるのではないかというプロトコルが生まれました。それがブロックチェーンです。ブロックチェーンは暗号通貨、仮想通貨の基盤となるような新しい時代の信頼のプロトコルのことです。ブロックチェーンに参加するサーバーがすべての情報を共有するというシステムです。過去のやり取りがすべて暗号として共有される形式になるので、悪事を働こうとしてもいずれ特定ができます。そのため、嘘をつくことが出来ないネットワークの構成が出来ます。このブロックチェーンが広まることで、先に上げた情報共有や特定の機能によって、本人認証や取引認証が暗号によって保護されるようになったり、決済機能を使用するときに仲介機関を介す必要が無くなって、決済コストやスピードを大幅に上昇させたりします。また、価値の保存する安全性が増して、銀行の預金口座が不要になることも考えられます。債券の発行や売買や決済がブロックチェーン上で可能になって、融資の幅が広がったり、取引の効率化がすすんで資産形成の幅が広がったりします。加えて投資の配当支払いの自動化が進んでいくことも可能になっていきます。保険や会計なども、ブロックチェーン上の透明性の高い環境で判断をされることで、よりリスク判断をしやすくなると考えられます。このように、ブロックチェーンが金融サービスに影響を与えると呼ばれる8つの項目をゴールデンエイトと呼び、それを活かした新時代の金融サービスの創造が期待されています。

58

インターネットは様々な人、会社、組織が携わることで構築されており、今日我々が利用する多くのサービスは彼らへの信頼を以て利用されている。この信頼を裏切らないように各々はセキュリティに関して細心の注意を払っているが、それでも尚情報が漏れてしまったり、セキュリティを信用できず利用しない人が現れたりしている。そんな中、新たな信頼のプロトコルとしてブロックチェーンと呼ばれる仕組みが登場した。従来は特に金銭に関わる信頼を担保する仕組みが欠けていたため、決済はレガシーなシステムであるクレジットカードが使われていた。しかし、嘘をつかず不正のできないネットワークの構築により、暗号通貨やQRコード決済と呼ばれる新たなシステムが導入された。ブロックチェーン下では取引履歴を一つのブロックとし、それを暗号技術によって過去から一本の鎖のようにつなげる形で記録される。一つのブロックは取引記録の集合体と各ブロックを持続させるための情報(前のブロックの情報など)で構築される。このブロックが複数連結されたものをブロックチェーンと呼ぶ。これにより、ある取引を改ざんするためにはそれに関連するすべての取引を改ざんしなければならず、データの改ざんは非常に難しくなっている。また、取引記録は特定の主体が一元に管理する集中管理システムではなく、複数のシステムがそれぞれ情報を保有し、常に同期される分散型台帳という仕組みで管理されているため、一部のシステムが故障してもシステム全体の影響は抑制されているため、いついかなる時でも利用が可能となる。

62

インターネットガバナンスがかなり進化を始め、インターネットは無法地帯と思われていたが、コントロールができる状態になっています。インターネットは制御ができないもので目に見えない大きな空間を持っていると思われがちですが、インターネットができてかなり時間が経った今、時というものが進化と統制を運んできてくれているのです。ブラックチェーンの登場により、かなり問題点はありますが、今のコントロール状況からさらにセキュリティが担保されるのではないかと考えられています。ブロックチェーンがない時代では、いくらコントロールされていると表示していても信頼がないので人は信じる事をしませんでした。ということは、さらにコントロールされセキュリティ化を進めるには、インターネットの信頼を担保するブロックチェーンが必要だと説明できるのです。ブロックチェーンにより、信頼度が高くなると、世の中はかなりの変化を起こします。今まで、他の場所で信頼を得ていたものが、全てインターネットのみで行えるようになります。そのため、業務や仕事がなくなる場合も考えられます。また、さらに精密で完成度の高いものになっていくのです。このようなことからインターネットは意外にコントロールされており、ブロックチェーンの登場によって革命的にセキュリティが担保されるのではないかと期待されている状況が出来上がっていると考えられています。

22

インターネット上での書き込みに対して信頼を作るため様々な施策がとられていたが、近年ブロックチェーンと呼ばれるものが登場してインターネットの世界が変わるようになってきた。日本では暗号資産と呼ばれることが多いです。考え方はブロックチェーンに参加している全ての取引情報を共有することで、サーバーから監視することができるため、悪いことも発覚するので安心できるというシステムのことです。このシステムが様々な分野に影響を及ぼすといわれていて、今ではアマゾンの会社のレンタルサーバーが様々な分野に利用されています。アマゾンのもともとの信頼度からブロックチェーンの信頼度も高く、世界的な企業や金融業界から1人2人のベンチャー企業にも利用されているようです。特にメガバンクと呼ばれる銀行などはすでに変わっているといわれていてレイアウトが変わりつつあるようです。信頼度からどこで仕事を行っても、安心できるという点などがメリットとして挙げられるといわれています。しかし新しい技術にはデメリットもあり、新たなルール作りが必要とされているようです。中央銀行はデジタル通貨にどう対処するのかや、深い理解がないと適切なガバナンスが生まれなかったりなど、今後こういった課題に対処するのかが重要になってくるとおもいます。

53

インターネット上では誰もが自由に制約を受けることなく活動できるように感じられますが、実際にはインターネットアドレスやドメインを通し、あらゆるユーザーの情報管理がなされています。インターネットプロトコルの操作や、情報媒介ポイントである検索エンジンやインフラを運用する企業によるコンテンツ管理のやり方によっては、インターネット上に発信できる情報の制御までも可能であり、国によっては都合の悪い情報をブロッキングすることで情報統制を行っているなど、自由なように見えて法的・政治的に制御されているという側面もあります。こうして、様々なレイヤーで分類され統治されていることで利用者は望んだ情報にたどり着くことができ、発信したい情報をそのままインターネット上に公開できるようなっています。ユーザーからの信頼を獲得してきましたが、インターネットを介した利用者間での取引などにおいては、取引情報の改ざんや第三者による介入などが起こる可能性があり、複雑な取引過程や手順を必要とされ、一部のやり取りでは直接会わなければいけないものもいまだ存在しています。こういった、インターネット上の取引における信頼性の確保の手法として新しく登場したのがブロックチェーンという技術です。取引情報を暗号化し、利用者間でやり取りしていくというもので、後からの編集ができないため情報の確実性と安全性が担保されています。これを利用することで、今まではインターネット上で扱えなかった金融サービスや個人認証などのシビアな内容の取引も扱うことができるようになり、あらゆるビジネスの場面での業務の効率化と多様化が期待されています。しかし、セキュリティの問題から一度登録した情報は修正が不可能である、暗号化をする都合上処理に時間がかかり、多くの情報を一度に処理するのが難しいなどといった問題を抱えており、今後はこれらの課題の解決が求められています。

26

テクノロジーは社会の構成要素を作り、それによって作られています。こうして出来た物がまた新たな構成要素を作っていき、相互作用となっています。そして、インターネットアドレス空間とドメイン名空間はグローバルな統一性を要求しています。これは、グローバルな統一性を要求しているので1種の権力になりうるますし、テロの標的にもなりえます。 また、コンテンツ管理の技術が情報コントロールの手段として使われています。インターネットにおける情報媒介ポイントがいくつかあり、金融決済、ホスティング会社、検索エンジン、ドメイン名を割り当てるレジストラなど国家を超えます。これは、インターネットのボトルネックをコントロールしようとしています。 それから、論点として「価値観せめぎ合う場所」としてのコントロールポイントがあります。これは、ある国からとって見るとインターネットは、知的財産権をないがしろにする仕組みだという意見があるということです。そのため、知的財産権を守る仕組みを作るべきなのですが、それをすると自由な表現などが出来なくなってしまうでしょう。一人でアカウントを何個も作ってそれを利益にする人など存在します。しかしそれは、人工知能も存在するため、自動的にアカウント中止という一線に踏み込むことも出来るようです。 上記を踏まえて本題に入ると、今までのインターネットには、信頼を担保する仕組みが欠けていました。嘘をつかず、不正のできないネットワークの構築が重要になります。未来をデザインする七つ原則には、信頼、権力、インセンティブ、プライバシー、権利、インクルージョンがあります。究極のセキュリティは人間を守るとされています。 また、企業を再設計することで信頼性が生まれます。インターネット上で取り引きができるとコストが抑えられます。それから、ブロックチェーンは政治への信頼を取り戻すこともできると考えられています。技術的な課題は沢山あるのも事実ですが、ブロックチェーンはインターネットを担保していくと考えられています。

57

ブロックチェンは取引を暗号技術によって過去から1本の鎖のようにつなげ、正確な取引履歴を維持しようとする技術です。暗号化されることによって、データの八界、改竄が極めて困難なことであり、そのような改ざん困難のため、よくセキュリティーが厳しいところでした利用されています。例えば銀行の業務とか、個人情報の取扱などの場合でよく使われています。ブロックチェンもともと暗号技術を使ってリングされたグロックと呼ばれるレコードの増大するリスクがあります。現在では仮想通貨に代表されるブロックチェンは、全てのやりとりと通過を加密することにより、不正なやり取りをすやすいため、たくさん利用していただいております。ブロックチェーンは暗号技術によって、過去から1本の鎖のように繋げるかやちで記録され、一つのブロックは、合意された取引記録の集合体と、各ブロックが複数連接されたものを指します。もし現在の取引について、改ざんしたいにしても、それより新しいトイ引について全て改ざんしていく必要がありますので、データの破壊や改ざんがとてもハードルが高いです。そして、ブロックチェンされた取引記録は複数のシステムで管理されて、もし途中一部のシステムが障害を起きたにしても、影響が小さいにも言われます。

54

ブロックチェーンがでたことにより、ネット上のものは守られるようになりました。そして今では誰でも使えるようになっています。信頼できるAmazonのシステムを使っており、大手の企業も使っています。信頼性があがるためみんなが利用します。名の知れないサイトにある動画はウイルスがあるかもしれないため、注意が必要ですが、信頼できるサイトにあるものは利用します。ケースマや、教授が各々使っているサイトに掲載された動画のリンクだから私たちは授業動画として視聴します。インターネットが便利になった今、多くの情報があり、その分危険性もあがるため、このブロックチェーンはとても重要な役割を果たしていると思います。証券などの金融業界も影響を受けています。多大なお金を管理し、信用を伴うため、ブロックチェーンを上手く活用する必要があります。本人認証や、現金を使わずに支払ができるキャッシュレス決済もその一つに入ると思います。また、音楽業界も影響を受けます。以前の授業でパクリ経済を学習しましたが、音楽の著作権を守ることもあります。業界に限らず、あらゆる企業でのIT化は必要不可欠であるため、どんな小さい企業でも何かしらのITを使用しています。ブロックチェーンで検索コストを変えたり、契約コストや調整コストを変えることができます。そういった意味で、企業を再設計する手段になり得ると考えます。

20

ブロックチェーンが存在することによるメリットとして、正しい情報管理が出来る、その上改ざん等の情報をいじることが出来ないので、そのことからも同一のデータを分散保持することも可能となります。つまり、改ざんが困難であること、システムダウンが起きないこと、取引の記録を消すことが出来ないなどの特徴があります。そのことからも、データなどの情報を第三者の介入による、操作が考えられにくいという期待感があります。中央集権的なところもあるので、中心部分に問題が生じてしまった場合、他への影響がままならないというデメリットも同時に存在します。しかし、特徴としてのサービス提供者であっても記録されたデータの改ざんはできないし、参加者自体も参加者が自身の取引履歴を消すこともできません。この点はデータベースに比べて、魅力的な点ではあります。そのことは、この先によりはやって行くであろう仮想通貨などへの影響力はとても魅力的だと考えられます。よって、対面的なものではないネットを介するような取引には安心感があり、信用度の低いサービス低位橋であっても、それなりには信頼を置くことが出来ると考えられます。以上がブロックチェーンによるセキュリティー担保だと考えます。

42

ブロックチェーンでは、ネットワーク内で発生した取引の記録を「ブロック」と呼ばれる記録の塊に格納しています。個々のブロックには取引の記録に加えて、1つ前に生成されたブロックの内容を示すハッシュ値と呼ばれる情報などを格納します。ハッシュ値は算出された一定量の情報をまとめるデータのことです。もし仮に、過去に生成したブロック内の情報を改ざんしようとした場合は変更したブロックから算出されるハッシュ値は以前と異なることから、後続するすべてのブロックのハッシュ値も変更しなければならず、そういった変更は事実上困難になっています。このように、ブロックチェーンは改ざん耐性に優れたデータ構造を有しています。これらの特徴をブロックチェーンは持っています。上記よりブロックチェーンが進展していくことでインターネットは革新的にセキュリティが向上すると考えられます。以前より格段に安全な取引が実現したり、情報共有による取引の透明性、プライバシーの保護を両立することが可能になります。さらに、セキュリティが強化されていることでブロックチェーンによる仮想通貨を用いれることが可能になり、これまで行っていた法定通貨間での承認や交換作業が不要になります。ブロックチェーンの革新性はセキュリティの高さだけでなく、時間の短縮にも役に立つと考えます。

45

ブロックチェーンという技術は、一言で言うなら「インターネット上で行われる取引の透明性や信用を究極的に担保するセキュリティ技術」であり、控えめに言っても、社会構造を大きく変える可能性を持つ、画期的な仕組みである。IoTの世界におけるサイバー攻撃は、ますます大きな問題となってきている中、IoTのエコシステム全体の安全性に関する懸念は既に周知の事実であり、IoTのセキュリティ懸念を解消できる実効性のあるソリューションが求められている。ブロックチェーンの技術は、その1つとなり得るかもしれない。ブロックチェーンは、発展途上の技術であるものの、中央集権型の管理によって、単一のセキュリティ障害点からIoTデバイスが侵害されるリスクを軽減し、IoTの実装にさらなる拡張性を持たせる可能性を秘めている。ブロックチェーンは、発展途上の技術であるものの、中央集権型の管理によって、単一のセキュリティ障害点からIoTデバイスが侵害されるリスクを軽減し、IoTの実装にさらなる拡張性を持たせる可能性を秘めている。そして、様々な方法でIoTネットワークを保護することが期待されている。例えば、ブロックチェーンが採用する「Proof of Work(PoW)」と呼ばれるコンセンサスアルゴリズムを活用し、ネットワーク上の不審な挙動や通常とは異なる振る舞いをするノードに対して参加者間で検証し合意形成した後、隔離することなどが考えられる。過去数十年にわたり、一般家庭や企業のネットワークだけでなく、交通システムや都市システムにおいても膨大なデバイスがインターネットを介してつながりIoTを拡大してきた。一方で、この10年間で発展してきたブロックチェーンは、暗号化技術などを用いた分散型台帳技術を通じ、ビジネスモデルに大変革をもたらした。ブロックチェーンにおける台帳は不正開封防止機能を備え、記録を即時作成するように設計されています。loTとブロックチェーンが組み合わさることで、ブロックチェーンはIoTデバイスや関連の処理に対して検証可能かつ安全な記録方法を提供することになるだろう。

55

ブロックチェーンとは、「分散型ネットワーク」と呼ばれる通信ネットワークの基盤技術に位置します。そして、特徴として、「非中央集権的」なシステムということがある。これまでのデータベースは、データのやり取りを行うにあたり、システムの中央に位置するサーバーが必要でした。しかし、ブロックチェーンを利用することで、すべてをコントロールする中央集権的なサーバー部分が不要となって、代わりにすべての運用を個々人のユーザーが担うことになりました。そして、低いコストでスピーディな取引ができることも魅力です。今後に期待されていることは、医療技術・AIとの融合であったり、食品の信頼性の向上、商品管理のプラットフォームなどが挙げられます。医療技術に関して期待されてる理由として、イギリスの人工知能開発企業である「Deep Mind」は、AIによる医療を促進していました。それから、患者さんのデータのプライバシー保護のためブロックチェーン技術を採用するようになりました。これによって、患者のカルテや個人のデータ、治療方法などを暗号化して、さらにはそのデータ提供をリアルタイムで追跡しながら、必要に応じて世界の医療機関と共有することが可能になったからです。商品管理のプラットフォームに関しては、オーストラリアの「AgriDigital」でブロックチェーンが採用されました。採用後の特徴として、農業生産者がリアルタイムで現在の取引価格を把握して、購入者が提示した価格と比較するところから、バリューチェーンの機能ごとに付加価値を付けられるというのがありましす。このような観点から、ブロックチェーンが期待されている状況になりました。

24

ブロックチェーンとは、これまで1つの場所で集中的に管理していたものを分散させて管理する、という考え方のもとにつくられたテクノロジーです。 このブロックチェーンが注目されるようになったきっかけは、「ビットコイン」などの仮想通貨です。世界最初の仮想通貨であるビットコインは、10年前の2009年に生まれたばかりですが、すでに世界中で1000万人以上が保有しています。仮想通貨が、システムトラブルなく1000万人以上の人が取引や決済ができるのは、ブロックチェーンのテクノロジーのおかげです。バーチャルな空間での「情報」のやりとりが増えれば増えるほど、それ以外の取引も行いたいというニーズが生まれるりそれを実現してくれるのがブロックチェーンです。仮想通貨のようにバーチャル空間でのお金のやりとりを実現することができます。 ほぼ永続的に維持可能なブロックチェーンの仕組みは、仮想通貨を中心に、商品取引やインフラなど当初想定されていなかった幅広い分野へ導入が進んでいます。 急成長したブロックチェーンの技術は、企業の決済サービスの運用など将来さまざまなサービスに大きなメリットをもたらすと思う。

35

ブロックチェーンとは、一般に、取引履歴を暗号技術によって過去から1本の鎖のようにつなげ、正確な取引履歴を維持しようとする技術とされています。データの破壊・改ざんが極めて困難なこと、障害によって停止する可能性が低いシステムが容易に実現可能等の特徴を持つことから、銀行業務・システムに大きな変革をもたらす可能性を秘めています。取引履歴、すなわちブロックが暗号技術によって過去から1本の鎖のようにつなげるかたちで記録されます。一つのブロックは、合意された取引記録の集合体と、各ブロックを接続させるための情報で構成されます。ブロックチェーンとは、このブロックが複数連結されたものを指します。ある取引について改ざんを行うためには、それより新しい取引についてすべて改ざんしていく必要がある仕組みとなっているため、データの破壊・改ざんは極めて難しくなっているのです。具体例として、三菱UFJフィナンシャルグループが発行する「coin」を取り上げます。これは、ブロックチェーンを利用した仮想通貨です。coinは「1コイン=1円」で利用できるようになっており、サービス開始の初期はリクルートが提供するWebサービスやサイトの加盟店などで使用できます。今後は換金して銀行口座にお金を戻すことや、個人間の送金にも使えるようになる見通しとなっています。このように、ブロックチェーンの普及によって、送金や決済などのお金のやり取りを手軽なコストで、しかも極めて安全性が高い状態で行うことができるようになるのです。

56

ブロックチェーンとは、仮想通貨の基盤となる新しい信頼のプロトコルです。複数のコンピューターを用い、分散したネットワークで取引などの情報を記録する方式は、中央管理を前提としている従来のデータベースとは異なり、改ざんや不正を防止できるとして注目されています。複数のコンピュータを用いてデータを管理することによって、一部が改ざんされたとしても、他のデータと照らし合わせ、すぐに不正を発見することができます。このブロックチェーンは、仮想通貨を始めとした金融業界だけではなく、さまざまな業種のビジネスへの応用が検討されています。例えば、医療業界に導入し、患者のカルテや治療法などを暗号化し、そのデータをリアルタイムで追跡しつつ、他の医療機関と共有することが可能です。また、金銭だけではなく、契約内容の改ざんも防止できるため、クレジットカード会社や不動産会社でも活用できます。ブロックチェーン上で決済処理をするため仲介者が必要なく、手数料などの費用を削減でき、国際間の送金なども従来に比べて迅速に対応することが可能となります。セキュリティ面では課題は残っているものの、キャッシュレス化が進む現代において、ブロックチェーン技術の需要は高まっています。

52

ブロックチェーンとは、複数のコンピューターに、取引履歴を暗号技術によって過去から1本の鎖のようにつなげ、正確な取引履歴を維持しようとする技術のことであり、ネットワーク上で複数のコンピュータが取引の記録を管理するため、不正な改ざんが事実上不可能であるという点が特徴です。 また、データの変更・削除が出来ないことも特徴の一つで、一定期間の取引を記録したブロックが時系列順にチェーン状で繋がっているため、ブロックチェーン上の記録を少しでも変更を加えるとエラーが発生する仕組みとなっています。 ブロックチェーンの活用事例として、よく仮想通貨が例として挙げられますが、権利・資産の管理をする際の活用事例もあります。 ブロックチェーンの情報の書き換えができないという特徴を活かし、書き換えができない情報である権利・資産の管理にも広く活用されています。 今回挙げるのは、音楽の著作権管理をするためにブロックチェーンを活用している、ソニーの事例です。 ソニーグループの音楽系事業統括会社である、SMEJはブロックチェーンによる音楽の権利管理実証を行っています。これまで音楽の権利情報は業界団体やJASRACなどの著作権管理団体によって管理されてきましたが、ブロックチェーンを利用することにより、コンテンツ作成者やクリエイター間で情報が共有可能となりました。業界団体を経由する必要もなくなり、著作権管理が効率化されるようになりました。 このように、ブロックチェーンを応用した活用事例は応用領域と言われており、仮想通貨などの金融に関わるものは金融領域といわれ、上記した活用事例のような著作権管理は、非金融領域といわれています。 ここ数年では、適応領域が非常に広い点から非金融領域のブロックチェーンビジネスが注目を集めています。自分が知らない所でもブロックチェーンは活用されている事がまだまだ存在しこれからさらに幅広く活用されていくことが期待されています。

44

ブロックチェーンとは「分散型台帳技術」を指し、一箇所ではなく分散型のコンピュータネットワークに、取引の最初から最後までのすべての順序を記録するものです。 ブロックチェーンの仕組みは、まず取引処理が実行されるとその記録が残ります。複数のトランザクションは一定の大きさである1つのブロック単位にまとめられ、その時点で存在する最後のブロックの後につなげて保存されます。これを繰り返すことで、トランザクションの集合であるブロックが前後につながり、チェーン(鎖)のように時系列でまとまります。トランザクションがまとまったブロックチェーンのデータは、一箇所にまとまっているのではなく、同じデータが複数の分散型コンピュータネットワークすべてに保存されていきます。 ブロックチェーンは一部のデータが削除されても、そのほかのノードに同一のデータが保存されているため復旧が可能であり、ブロックチェーンを完全に止めるには、データを共有するすべてのノードを同時に壊さなければならないです。そのため、事実上、ブロックチェーンのネットワークを破壊することは不可能といえます。 ブロックチェーンでは、前のブロックのハッシュ関数が、次のブロックに含まれています。これを繰り返すことでデータをチェーンのように連結させています。

29

ブロックチェーンとは仮想通貨の取引において安全に取引するための仕組みです。考え方を簡単に言うと取引にかかわるすべてのサーバーが、すべての取引情報を共有できるというものです。これが10年ほど前に技術としてできるようになりました。これによって可能になる状況はいくつかあると思います。まず取引において嘘や不正がなくなると思います。これは今までの仕組みでは取引を管理するのは管理者と呼ばれるものであったため、その人がデータを改ざんするなど不正を働いたりしてもうまく書き換えてしまえば、ばれませんでした。しかしブロックチェーンはすべての取引をすべてのサーバーが記録することができるので、誰かが不正をしてもほかのサーバーの記録に残り見破ることができます。これにより取引から嘘や不正がなくなると思います。またもとは仮想通貨の取引でしたが、いろんなものに応用できるのではないかと思います。プライバシーの保護も一つだと思います。さらに様々な電子取引にも使うことができ、現在も電子取引は発展していますが、もっと発展するのではないかと思います。授業でもAmazonの話をしていましたが、今よりももっと安全にネット通販を利用できるのではないかと思います。私もよくAmazonやZOZOTOWNを利用するのでこの分野についてもっと勉強して理解できるようになりたいと思います。

64

ブロックチェーンとは大勢の参加者がインターネットなどのネットワークを通じて自分のコンピュータでデータを共有しあう、権力が集中ではなく分散されたシステムです。 こう見ると一見大勢の参加者にデータ以外にも個人情報などがばれてしまうように感じますが、データ自体は見れますが、名前や住所などの個人情報はブロックチェーンに書き込まないことで誰のデータか分からない仕組みになっています。 さらに特徴としてうそをつかない・不正ができないという点があります。 ブロックチェーンは仮想通貨ビットコインのシステムとしてすでに活躍しているのですが、それは誰が誰にいくら支払ったかというお金の移動が正確かつ透明に記録されます。 現実のお金の取り引きでもお金がコピーされたらまずいわけで、お金を誰かに渡したら、その分のお金が自分の財布からなくなるという当たり前の法則を、デジタルの世界で仮想的かつ自動的に実現してくれるのがブロックチェーンです。 また、その状況を参加者みんなが監視しているということになるので不正が極めて難しい、データがブロックになってどんどんつながっていくのがブロックチェーンです。 ほかにもいろんなことに応用できる可能性があり、たとえば医療などの重要なデータの公開と共有です。世界中の医療機関がブロックチェーンでデータを共有し、投薬や手術や、とにかくいろんな医療行為をどんどん記録していったとしたら、どの薬の効き目がいいかや、どんな手術の成功率が高いかなどがわかる、ものすごく有益なデータベースができます。

61

ブロックチェーンとは新しいタイプの信頼の形であり、通信機関である。10数年前まではレガシーであるクレジットカード決済を行っていたがブロックチェーンが誕生したことでペイペイなどのようにお金のやり取りを担保することが可能になった。このブロックチェーンが誕生したことによって、不正を抑止し、嘘がつけなくなるネットワークの構築が可能となった。「ブロックチェーン・レボリューション」は、仮想通貨やブロックチェーンに関する内容を初めて取り扱った。「ブロックチェーン・レボリューション」によると、仮想通貨のブロックチェーンの仕組みとして、参加しているサーバーのすべての情報が共有されることである。特徴として、すべての記録が記憶される(残されている)為に、不正を明らかにすることができることから抑止力につながる。この発想が誕生したきっかけは、インターネットの進歩と共に、そのインターネットに対する信頼性が求められるようになったからである。そして、不正などが無く、信頼できるプラットホームが求められたときにブロックチェーンというアイデアが提案され、簡単かつ大勢の人が納得できる仕組みであったために開発することができた。このようなブロックチェーンが誕生したことでインターネットにおけるセキュリティにイノベーションが起こったと考えられる。

27

ブロックチェーンとは金融システムのセキュリティに多く利用されている技術の一つです。取引の情報をチェーン状に記録して取引やセキュリティの紐付けを行う仕組みになっています。これにより、情報の改ざんなどの不正行為を行う事が非常に難しくなっています。情報の改ざんを行うためにはチェーン状で記録されている情報を全て書き換える必要があるからです。この技術は情報を記録して置きやすい点から、金融取引に大きく貢献しており、インターネット状における決済や契約を安全かつ最速で行う事ができるのです。この技術はビットコインなどの仮想通貨の取引の安全性のために設計されました。仮想通貨はインターネット状における資産なので、安全性を確保する必要があったからです。その安全性は、今ではビットコインに限らずインターネットで現金を使ってショッピングする際も、ブロックチェーン技術を利用する事によって安全に取引をする事ができるのです。インターネット状の取引に限らず、ブロックチェーンは様々な場所で活躍しています。本人確認などの分野では、過去の取引記録や情報から改ざんの危険性を防ぐ事に成功してます。それにより、取引の際の本人確認で不正が行われる事が少なくなりました。これは資金洗浄やテロ行為の対策としても利用する事ができます。不安定そうに見えるインターネット上での取引も、今後さらに安定したセキュリティのもとで行われていく事がわかります。

60

ブロックチェーンについて調べると「取引履歴を暗号技術によって過去から1本の鎖のようにつなげ、正確な取引履歴を維持しようとする技術」とありました。ブロックチェーンによる分散管理によって、従来の管理法よりもより優れた機能を備えています。例えばネットワーク上の1部にトラブルが生じたとしても、分散して情報を共有し管理しているため、全体の機能に与える影響や被害を抑えることができます。バックアップが多く存在するといったイメージでしょう。また、この技術の可能性として期待されることは、活かし方によっては無限大です。人々が安心して利用できるようネットワークの信頼性を高め、不正のないというよりは不正のできないプラットフォームの構築のための手段となります。他にも金融サービスの再起動や企業の再設計にまで貢献する可能性があります。金融に関わることで経済がプラスに回ればより世界は活性化し、その動きをブロックチェーンが強いセキュリティを活かして管理するのではないでしょうか。しかし課題として高いセキュリティを維持しながら膨大な量のデータを管理・処理することが難しいこともあります。ブロックチェーンの台頭は今後の私たちの未来に大きな革命を起こすはずです。

59

ブロックチェーンの登場でセキュリティが担保されるのではないかと期待されている理由を「ブロックチェーン・レボリューション」(著:ドン・タプスコット、アレックス・タプスコット、訳:高橋璃子)の本より、挙げられているブロックチェーンのメリットをまとめていく。まず、本人確認や取引認証が暗号による情報保護により、情報が確実になることだと考えます。次に、金融資産や通貨のような主に価値保存と呼ばれるようなものは、今後銀行ではなく、安全で信頼性の高いものに変わると考えられており、これも、期待される一つの理由ではないかと考える。クレジットカード債務や住宅ローン、債務などのものも、ブロックチェーン上での債権の発行や売買、決済が可能になることで、より多くの人たちが融資出来るようになり、融資の幅が広がる。これも期待の理由の一つである。取引が効率化され、決済の時短が可能になることもメリットで、これにより、幅広い層の資産形成が可能になることも期待である。資金調達や投資も、仲介業者を挟まずとも支払いが自動化されるため、非常に効率がよい。リスクマネジメントもインターネット上の評判に基づく明確なリスク評価で保険市場を分散化し、透明性の高いデリバティブになることが大きなメリットとも言える。

37

ブロックチェーンの登場によって、革命的にセキュリティが担保されるのではないかと期待されている状況について説明します。 ブロックチェーンの登場で今までは簡単に不正ができてしまったネットワークがどのように変わるのかについてですが、特に影響を与えると考える金融サービスの分野に関して焦点を当てると次のようになります。 まず、本人認証や取引認証は暗号を用いることで情報の保護を可能にします。これによりクレジットカード会社は情報漏洩や悪用を防ぐことが可能になると考えられます。また価値の移動も可能になります。具体的には支払いや送金が素早くできるようになり、大幅な決済コストの削減を果たすことができます。価値の交換も同じ仕組みで取引を効率化させることができるようになります。さらに会計監査と財務報告をリアルタイムで行うことで、会計事務所や監査機関での業務を効率化することもできます。このように、ブロックチェーンの登場によって金融サービスの分野では主に情報保護と取引の高速化を実現することが可能になることがわかります。私たちの生活の中でこれらを例に挙げるとPayPayがありますが、PayPayは無料の会員登録のみでコンビニや飲食店などで簡単に決済を行うことができ、距離が離れている人に送金もすることができます。このような決済方法はだんだんと普及してきており、国によってはキャッシュレスが当たり前にもなっています。

11

ブロックチェーンの登場によって完璧にネットワークを壊すことが不可能になりました。一部のデータが削除されたとしても、そのほかのノードに同一のデータが保存されているため復旧が可能になります。ブロックチェーンを完全に止めるには、データを共有するすべてのノードを同等に壊す必要があります。これからもブロックチェーンの機能性の高さが分かると思います。 ここからはブロックチェーンのメリットとデメリットを考えていきます。まずメリットは、システム障害やハッキングに強いというメリットがあります。ブロックチェーンは分散型のネットワークにデータをそれぞれ管理していることが特徴です。そのため、データが分散しているため、システム障害や一部のノードが停止しても稼働し続けます。 また取引コストが安いという面もあります。どういうことか言うと、仮想通貨でブロックチェーンを利用した場合、特定の金融機関を介さないため手数料などのコストが安いということです。海外に現金を送るには多額の手数料がかかりますが、最小限に抑えることができます。 デメリットは、処理側道が遅いという面です。これだけのパフォーマンスができるため、蓄積されるデータが膨大になり、一つ一つの処理に時間を要してしまいます。 また先ほども記述したように、データの削除ができないため誤って個人情報を書き込んでしまっても取り消しができないということもあります。このようにブロックチェーンはセキュリティが担保されるという期待を応えているように思えます。今後も世界的に注目を浴びる革新的な技術になると思います。

21

ブロックチェーンの登場により、インターネット上での取引などで価値が交換される際の信頼を担保することができるようになりました。ブロックチェーンではすべてのサーバーがすべての情報を共有する仕組みで、さらに取引の全ての記録が残り記録されるのでデータが改ざんされることが無く全てのデータの信頼が担保されます。つまり、人の手によってデータが入力されたりしないので、嘘をつくことができず不正が生まれないネットワークであると言えます。これまでは信頼のプロトコルが無かったために、信頼度の低い情報による大きな取引などはインターネット上ではできませんでしたが、ブロックチェーンはインターネット上での信頼性と透明性を担保したことで可能になり、ビジネスモデルが変わっていくとされています。なかでも銀行などの金融サービスはブロックチェーンによって価値の移動・貸し借り・交換やリスクマネジメントの安全性が担保されインターネット上決済などが可能になるので、銀行のオフィスは10年後には今とは違う形になることが予想されます。よって、ブロックチェーンはこれまでのデータの管理体制を覆したプロトコルであるので、これから企業が再構築されて新しい技術やサービスが生まれることが期待されています。

33

ブロックチェーンはインターネットの仕組みで1つ目は信頼で嘘をつかないネットワークの構築です。ネット上で嘘をついた場合ばれてしまうという状態を作り出そうとする取り組みである2つ目は権力である。力の集中から分散を目指します。特定の企業が力を持つことにより腐敗の始まりが起こってしまい不正が行われるため、力の分散を行う事により皆が監視者となり、不正などを正していこうとする取り組み。3つ目はインセンティブです。利己的な行動が皆のインセンティブにつながる事を目指します。自分にとって合理的な行動をする事により、各々が追い求める利益がその全体の利益へと導かれるような仕組みを作ろうとする事です。競争する事により能力が上がったり、新しい発見から特許を経て利益を追い求めたりする。4つ目はセキュリティです。ここで1番大事なことは不正を行わせない状態にさせる事です。どんな状態の時もデータが保存され、共有できるネットワークの構築を目指しています。5つ目はプライバシーです。個人情報のブラックボックス化です。全ての情報を暗号化していこうとする取り組みです。6つ目は権利です。スマートコンタクトによる明確化とじどうかをめざします。インターネットを使って契約する事を可能にします。ネット上でお互い信用たるものを作れるようなネットワーク環境を目指します。例えば実際にネットであっている人が本物なんかなど、信頼に導かれるのかなどを目指します。7つ目はインクルージョンです。包括的なという意味で一人も排除しない事を目指します。貧困層か富豪まで、全ての人が対象にしています。そしれブロックチェーンは全ての人を守る事を目標にしています。原則を固定化して、たとえ国からのいじめでも原則に従い、守られるような仕組みを目指しています。

40

ブロックチェーンは新しい信頼の通信規格であり、信頼を担保する仕組みがなかった今までのインターネットを新たに作り替えました。全てのサーバーで取引を記録し共有を行い取引らが積み上げられる仕組みになっており、暗号で情報は保護されています。コンピュータのネットワーク上の評判による明確なリスク評価、たくさんの人々が監視できるほかリアルタイムで行われる透明性の高さはセキュリティが担保されやすいといえると思います。特に監視できる人が大多数いるのはブロックチェーンのかなりの強みであると考えます。新しい通信規格のシステムとすべてを大多数に開示する透明性の高い取引によって改竄されない仕組みとなっており信頼、セキュリティは高いといえます。中央集権的な従来のインターネットではなく、分散を図ることで公平かつクリーンな通信規格であるでしょう。どこかでシステムに問題が起こったとしても、別のところでは正常に作用しているため、システム面などでも完全とはいえませんが中央集権的なものよりも安心だといえます。このようなシステムが、銀行といった機関を通さずに、仮想通貨、暗号資産を運用できる基盤になっているのは頷けます。ブロックチェーンがセキュリティを担保してくれると期待されるのは間違いないと思いました。

8

ブロックチェーンは暗号資産など、インターネット上での商取引をする際の新たな信頼のプロトコルです。ビットコインの話では、ブロックチェーンに参加している全てのサーバーが全ての取引を共有することができるそうです。不正や改ざんをしたとしても、全て記録に残っているため、必ず発覚するようなっています。また、システムの中心である管理者による不正を防ぐために、管理者であろうと、データの改ざんや削除はできなくなっています。このように、権力を集中から分散させることで、高い信用性を確保していることがわかります。また、権力を分散させる仕組みとなっています。このように、ブロックチェーンでは、嘘を付けないネットワークが構築されています。また、個人情報などの特殊な暗号化をし、セキュリティが担保されています。 ブロックチェーンは誰でも使用することができ、ブロックチェーンにより、金融業界の基本業務が効率化したり、企業の信頼性という部分で大きく変化したりします。オフィスにいなくても、自宅や外出先でインターネット上でブロックチェーンにより信頼できるようになるため、職場の在り方が変わっていきます。こよように、ブロックチェーンの登場により、さまざまなサービスの革命が起こると言われています。

38

今の現代社会はインターネットが必須な要素である。インターネットが初めて普及した時と比較すると、今のインターネットは統制されている。そして新たにまた上がるブロックチェーンというものがある。ブロックチェーンという言葉を聞いたことがある人は多いが、正確にブロックチェーンが何なのか分からない人が多い。ブロックチェーンまだ大衆的ではない。しかし、私はブロックチェーンによって革命あそこはセキュリティが担保されると考える。ブロックチェーンは未来産業になると思っている。悪い例ではあるが、現在ブロックチェーンを使って仮想通貨も相場操作などの詐欺行為が発覚している。 しかし,ブロックチェーンを良い方向に使うなら未来産業としても非常に良いと考え、インターネットセキュリティ問題も革命的な媒体になると私は考えている。それだけでなく、ブロックチェーンとインターネットは類似点が多い。第一に、インターネットとブロックチェーンはプロトコルの段階でサービス提供が始まるという共通点を持っている。 インターネットの場合、HTTP、SMTP、IMAP などインターネットプロトコル(IP)に基づく多くのアプリケーションプロトコルがTCP(Transmission Control Protocol)の上で動作する。第二に、インターネットとブロックチェーン技術の維持管理を統括する中心組織がないという共通点も注目に値する。インターネットの場合、インターネット上のどのようなコンピュータあるいは通信網に異常が生じても、通信網全体には影響を与えないよう、世界各地で分散的に管理·接続することができるようになっている。現在インターネット領域を少しずつ侵食しているブロックチェーンが、いつかはインターネットを完全に代替できる日が来るだろうと私は思う。

34

今まで、インターネットは情報のコントロールが行われており、信頼がありませんでした。不正の出来ないネットワークを構築するために、ブロックチェーンが登場しました。ブロックチェーンは、暗号資産の構想の際に考えられた信用のための決まりごとであり、ブロックチェーンに参加している全てのサーバーが全ての情報を共有するという仕組みになっています。情報を暗号で記録することによって、個人情報を保護することが可能で、不正が発覚した場合、追跡することが出来ます。また、特定の権力者を作らないので、ブロックチェーンの参加者全員が不正を防ごうという意識が働く仕組みになっています。ブロックチェーンの技術を利用することによって、社会には様々な変化が起こります。金融サービスにおいては、銀行を通さずに決済や証券化などの特定の金融サービスが可能になったり、スマートコントラクトで配当などの支払いを自動で実行することが出来るようになります。このように、ブロックチェーンの登場によって、更に発展していくことが考えられています。また、サトシ・ナカモトの論文を読んで、仕組みに関する説明は、専門用語などが難しく、あまり理解することが出来なかったのですが、読むことができて良かったです。

1

今までのインターネットには、商取引において信頼性に欠けており、間に信用できる第三者機関として、金融機関の担保を挟む必要がありました。しかし、この方法だと金融機関は争議の仲裁を避けて通ることができないため、完全に非可逆的な取引を扱うことができず、コスト面などにおいてデメリットがありました。商取引において必要なのは信用ではなく暗号化された証明に基づく電子取引システムでした。そして登場したのがブロックチェーンです。これは改ざんが非常に困難であり、かつ取引の記録は決して消えないなど様々な特徴があり、第三者機関を挟まずとも直接取引できるようになりました。ブロックチェーンによって、商取引において本人認証は確実に検証可能になり、中間に機関を通さないことで決済コストの大幅削減や、仲介業者を通さない資金調達、取引の時間短縮などの効率化ができるようになり、また、安全で信頼性の高い価値保存手段の実現により、銀行の預金口座が実質不要となりました。他にもリアルタイムで透明性の高い会計監査と財務報告が可能となり、コーポレートガバナンスの効率化と精度が向上しました。これらのブロックチェーンによる変化によって、様々な金融機関や企業が影響を受けることになります。

7

今までのインターネットは、信頼を担保する仕組みに欠点がありました。そこで新たにブロックチェーンというものが登場し、革命的にセキュリティが担保されるのではないかとされています。ブロックチェーンには主に7つの原則があります。1つ目は、信頼です。ブロックチェーンは、嘘を吐くことはできます。しかし、それは必然的にバレてしまう嘘になってしまいます。バレてしまうことが分かっていたら誰も嘘を吐くことはないということです。「嘘を吐くことはできるが嘘を吐くことができないネットワーク」がブロックチェーンということです。2つ目は、権力です。ある1人の管理者だけが権力を握っていた場合、その管理者が暴走を起こした時にだれも止めることができなくなります。そこでブロックチェーンは権力を分散させることにより、1人1人に権力を持たせることで不正を減らすことができます。3つ目は、インセンティブです。人は皆、自分にとって合理的な行動をしがちです。利己的な行動をするのは当たり前だという前提の仕組みを作らなければなりません。競争をして、お互いを高め合うことでインセンティブを生み出すという原則です。4つ目は、セキュリティです。とにかく不正のできないプラットフォームを作るため、データや記録を共有するようにします。共有をすることで、不正があった場合に分かりやすくします。5つ目は、プライバシーです。個人情報の暗号化をすることで、共有をする時に全てが丸見えだと逆に不正が起きる場合があるので、データや記録を全て暗号化します。ここに技術的な革命が見受けられ、ブロックチェーンは期待されています。6つ目は、権利です。海外出張などをせずにネットワークでお互い信頼して契約を結ぶことができるということです。しかし、これには注意点があり、なりすましの場合、大変なことになるので注意が必要です。7つ目は、インクルージョンです。これには「誰も排除しない」という意味があり、格差を解消するデザインにするということです。どんな人でも誰でも使えるようにするという原則です。以上の7つの原則を含めてブロックチェーンは「人間を守る」技術とされており、革命的にセキュリティが担保されると期待されています。

10

以下で述べるブロックチェーンとは、『取引データを適切に記録するための形式やルール。また、保存されたデータの集積(≒データベース)』という定義のもと話を進める。一般に、取引データを集積・保管し、必要に応じて取り出せるようなシステムのことを一般に「データベース」と言うが、ブロックチェーンはデータベースの一種であり、その中でも特に、データ管理手法に関する新しい形式やルールをもった技術のことである。(Trade Log:https://trade-log.io/blog/506/ より引用)過去はブロックチェーン=ビットコイン周りのもの、と考える人もいたが、もはやその次元でとらえることは情報が古い。 今までのインターネットは、信用が足りなかった。しかしこの技術が発達することで、企業の嘘をあばくことができる可能性が大いに出てきた。他にも、クリエイターが正当な金額を受け取ることに繋がったり、政治が一般の人々のものになるだろう。その理由はいくつかあるが、ここでは2つ理解できたものを挙げる。①ブロックチェーン上の各参加者は、全データベースとその全履歴にアクセスできる。誰もが、仲介業者を介さずに取引相手の記録を直接確かめることができる。→情報の透明性が高い。②また誰でも情報閲覧できる上、ブロックチェーン上の各ユーザーは、みずからを特定する30文字以上の英数字から成る固有のアドレスを持つ。情報を匿名のままにするか、身元の証明を他者に提供するかを選べる。→透明性の高い情報を、特定の個人は明かさずに共有できる。 このような技術は過去になく、世界中の人がブロックチェーンに期待を寄せている。 またブロックチェーンは「人間を守る」ものであり、どのような立場の人でも使用できるものだ。これがセキュリティの担保に、ブロックチェーンが期待されている理由の1つである。もちろん、利点だけではなく課題も多くある。しかし、もしブロックチェーンの「正の部分が導入されれば」という期待を寄せる人が多いことは確かである。

30

元々はインターネットのセキリュティは完全なものではない。インターネットアドレス空間やドメイン名空間はグローバルな統一性を持っているため、情報は世界的に共有されることになる。コンテンツ管理の技術を情報のコントロールの手段、即ちセキリュティを含めた様々な情報の統制として利用しているものの、信頼性としては些か欠けるものであることは間違いない。それに対して、ブロックチェーンと呼ばれる新しい信頼の規格がつくられた。今までの信頼性に欠けるインターネットの仕組みをブロックチェーンを用いることで不正のできないネットワークを構築できるようになるのである。これにより、個人情報の更なるブラックボックス化などを促進し、セキリュティにおける信用を大幅に高くすることができるようになる。信用可能なセキリュティを持ち合わせたブロックチェーンは、理解すれば誰しもが扱えるものであり、特にお金のやりとりが発生する金融サービスについては、人や窓口を介さずにネット上での取引が成立するようになると思われる。また、リスクマネジメントや投資などの他の観点から見ても画期的なものであり、将来において、遠隔で仕事や取引を行う真のテレワークの実現も可能ではないかと期待されている。

4

暗号通貨(仮想通貨)の基盤となるブロックチェーンという信頼を置ける新しいシステムです。このシステムでは今までだとインターネット上での情報が盗まれたり漏えいしてしまうことがこれまではあって信頼を担保することは出来なかったと思います。システムとしては1つの暗号通貨の情報が各デジタル署名の中で共有されどのサーバーからでもアクセスできるために悪用しようとすれば出来ないこともないですがそうした場合にはすぐに発覚し対処できるのがこのシステムのいいところです。プライバシーの面でも個人情報をブラックボックス化、暗号化にすることによってよりインターネットの中でも情報漏えいが防止され安心できるような仕組みになっています。セキュリティ面でも不正が出来ないようになっていますので全ての場所で情報を共有し不正を追跡をすることができてどこまでも追いかけることができます。ブロックチェーンは金融業界を大きく変えられ、今までより多くのお金を預けられるシステムになっていくと思います。そこでブロックチェーンという新しい信頼のおける担保できるシステムが組み上がり嘘をつくことが出来ない、不正をすることも出来ないそういったネットワークシステムが構築され人々を守ることができ資産を預けられインターネットの中でより頑丈にブロックされている仕組みです。

13

私は中本哲史さんの論文を読ませていただいたので、その感想を書きたい思います。そもそもブロックチェーンの名前は聴いたことがあったものの、仕組みまでは理解していませんでした。サーバーの攻撃からなにかを守るからブロックなのかと勝手に想像していましたが、データをブロックとしてまとめ、そのブロックを繋げていくという意味だとは思っていませんでした。すべての電子マネーに前回利用した所有者の名前が記録されていると思うと、どれだけ大量のデータがうごいているのかとワクワクしてしまいました。また、当然のことですがネットワークを利用していることからサーバーに対する攻撃についてもかんがえなければなりませんが、そういったことに対する対策が素晴らしいと思いました。どれだけ攻撃をうけても、大本のCPUパワーを超えない限り攻撃を許さないようなシステムや、ブロックが増えていくごとに増加する難易度、わざと偽のチェーンで取引を行わせるなど、感心してしまうものがとても多かったです。実用面と防御面を兼ね備えた仕組みだなと思った反面、ビットコイン等の不正利用の事件が頭をよぎりました。ブロックチェーンの脆弱性が原因と少し調べた記事には書いてありましたが、これはコードを書いた人のヒューマンエラーが原因なのか、そもそもの仕組みの問題だったのかがとても気になります。

15

私は今回の授業でブロックチェーンの仕組みや概要について学びました。ブロックチェーンの登場によって、インターネットにおけるセキュリティの信頼性やデータの正確性が上がりました。ブロックチェーンとはデータを全体のコンピュータで共有し、常に正しい記録を鎖のように蓄積しているため改ざんが難しく、一部でエラーや不正があったとしても全体に影響が出ないといったシステムです。この技術によって金融サービスに様々な利点をもたらしました。例えば本人確認の正確性と情報保護性や資金の取引の信頼性の高さなどです。また、仮想通貨というものが現れたことがブロックチェーンの技術の高さの証明となると思います。 ブロックチェーンが現れる前は信頼できる相手でなければ、インターネット上での通貨の取引などは危険で行うことができませんでした、そのためプライバシーやなりすまし、不正行為などといった問題をすべて解決することができるのがブロックチェーンであり、このシステムはインターネット以来の革命的な技術であるといわれています。私は近い未来ブロックチェーンがAIなどと組み合わせて利用されるようになり、より安全で効率的な社会が実現されるだろうと考えます。

16

私は今回の授業でブロックチェーンの仕組みや概要について学びました。ブロックチェーンの登場によって、インターネットにおけるセキュリティの信頼性やデータの正確性が上がりました。ブロックチェーンとはデータを全体のコンピュータで共有し、常に正しい記録を鎖のように蓄積しているため改ざんが難しく、一部でエラーや不正があったとしても全体に影響が出ないといったシステムです。この技術によって金融サービスに様々な利点をもたらしました。例えば本人確認の正確性と情報保護性や資金の取引の信頼性の高さなどです。また、仮想通貨というものが現れたことがブロックチェーンの技術の高さの証明となると思います。 ブロックチェーンが現れる前は信頼できる相手でなければ、インターネット上での通貨の取引などは危険で行うことができませんでした、そのためプライバシーやなりすまし、不正行為などといった問題をすべて解決することができるのがブロックチェーンであり、このシステムはインターネット以来の革命的な技術であるといわれています。私は近い未来ブロックチェーンがAIなどと組み合わせて利用されるようになり、より安全で効率的な社会が実現されるだろうと考えます。

3

私は現在IT系企業への内定が決まっており就職活動期には並行してITパスポートの資格を勉強し、取得しました。そのため今回の講義はとても馴染みのあるものとなっており、資格の際ブロックチェーンは仮想通貨「ビットコイン」の基幹技術として発明された概念でインターネット上で金融取引などの重要なデータのやり取りを可能にする技術で、偽装や改ざんを防ぐ仕組みがあり、なりすましやデータの改ざんが難しいため、重要なデータを安全にやりとりできるという説明がされています。 これを加えてSATOSHI NAKAMOTOさんの日本語で読むビットコインを合わせた自分なりの解釈としてはブロックチェーンとビットコインは別物であるということです。 ブロックチェーンはデータベースの一部を共通化して、個々のシステム内に同一の台帳情報を保有するという考え方ができます。つまり、個々のシステムがそれぞれ台帳情報を保有する世界から、台帳情報の共有を前提としてシステムが連携する新しい世界へと変わっていくことを意味します。しかし時間がかかるためリアルタイム性には優れていないという欠点もあります。IT系に留まらずこのような知識というものは明日には正しいとは限りません。なので新聞や自分で調べるなどして常に情報のアップデートを自分自身で行うことがとても大切であると思いました。

6

私は講義内で掲示された『ブロックチェーン・レボリューション』をついて読みました。講義を受ける前ではインターネットブロックチェーンについて何事もわからず日常生活でインターネットを利用して何も不自由なく使っていたのですがインターネット自体がコントロールされていることを知らずに利用していました、初めにインターネットブロックチェーンについて完全に理解できませんでしたが、この資料を読み少しでも講義内容を理解することが出来ました。掲示された『ブロックチェーン・レボリューション』はビットコインなどの電子マネー商取引で存在するインターネットを介した電子マネーシステムの仕組みを説明する文書でありました。資料を読むに続けて中で自分の知識の不足で専門用語またはプログラミング言語が多く含まれているため書かれている内容を完全に理解することが出来ませんでした、だが一つ理解できたのはインターネットはコントロールされている中でセキュリティーの面では全く危険がないことが存在していないことがわかりました。インターネットは常に進化し続けていく中で私たち利用者も常にインターネットセキュリティーを気を付けなければならないと思います。

コメント

人気の投稿