シス基礎12アルゴリズムとプログラミング言語・投稿集


47

応答

63:08

完了するのにかかった平均時間


1.

あなた自身と相性のよさそうなプログラミング言語は何ですか。すでに使いこなしている人も、まったく縁がなかった人も、1つ選んで、感触も含めて、その理由を言葉にして説明して下さい。500字以上。2021年6月28日午後11時30分締切。


47応答

ID

応答

36

私にはPHPが合っていると思いました。理由は、PHPは比較的、文法が覚えやすい上に、初心者向け書籍の数も多いため、学習コストが低く、習得しやすいからです。また、PHPは、電子掲示板の運営や、電車やホテルの予約システム、さらにはネットショッピングの販売システムなど様々なことに使われて、ぐるなび, Facebook, YahooなどメジャーなサービスもPHPで開発されました。PHPを覚えることによって、色々な企業から求められる人材になれるのではないかと思いました。しかし、最初はPHPとJavaのどっちが自分に合うのか迷いました。Javaもまた、WindowsやMacOS、Linuxなど多くのOSで動作できますし、汎用性が高く、ITサービスを幅広くカバーできるため 、金融、配送関係やTwitterなどの大規模なシステム開発に用いられる傾向にあるため、自ずと求人数も多くなると思います。一方、Javaの場合は複雑で、学習の結果が出にくく、基礎学習の習得に時間がかかります。そのため、学習難易度はJavaの方がかなり高いと言えるでしょう。私はもう大学3年生で、時間をかけてプログラミングを学ぶことは難しいです。そうしたら、学習時間も比較的少なく習得できる、PHPが合っていると思いました。

23

私自身と相性がよさそうなプログラミングはJavaScriptです。理由は私は今はwebしか使えないので、そう考えたときに相性がいいのはwebブラウザ上で動くプログラムの主流であるJavaScriptだと思ったからです。スマホやパソコンでwebを使う私のようなものには一番身近であり、ブラウザで動くならパソコンでもスマホでも使えるのではないかとか思います。マウスの動きに合わせてメニューが出たり消えたりする設定や、ページにGoogleマップを埋め込むことや、トップページに配置するメイン画像を次々に切り替え、限られた画面スペースで、魅力のある多くの情報を伝えるたりすることが可能になるのはとても魅力的であると考えます。また有料の学習サイトではなく無料の学習サイトもあるので私のような初心者がプログラムに取り掛かるには易しい方ではないかと思いまし、実際一番やってみようと思えます。他の言語もそうですが赤字で操作方法が書いてあるので最初のうちはこれを見ながら一つ一つ確認していけば早く馴染めると思います。ブラウザ上でのアニメーションを動作させてみたいです。見た感じスッキリしていて書いてある言語もそこまで難しいものではないと思うので相性的にもいいと思います。

15

私と相性のよさそうなプログラミング言語は、JavaScriptです。理由は2つあり、1つは 授業時に紹介のあった他のプログラミング言語の中でも、文字が一番見やすい印象があったためです。私自身はプログラミングに触れたこと自体が一度もないので、素人目線ではありますが、実際にプログラミングをする際に、とっつきやすいものなのではないかと個人的に思いました。もう1つの理由として、ゲームでの使用がされているという点です。私が中学生の時から爆発的な人気があり、今や世界中でプレイされているマインクラフトというゲームがあるのですが、このゲームのパソコン版はjava版というものが主流であり、JavaScriptで動かすことができます。実際に、このゲームを用いてプログラミングを学ぶという授業があったりと、既にプログラミングにおいての実用的な利用もなされています。世間と同じく、私もマインクラフトを人気が出た当時からやりこんでいたので、今後もしプログラミングを学ぶ必要が生じたときに手を出しやすいというところもあり、私にとってはプログラミングに対する敷居が、少し下がるような気がしています。また、このマインクラフトはJavaScript以外にPythonでも動かすことができる機能があるようで、今の小学生に対するプログラミング教育の中で、ますますマインクラフトを筆頭に、生活上親しみのあるゲームを取り入れた教育がなされていくのではないかと考えています。こうした社会の流れも汲みつつ、私個人としては、文字がすっきりとしていて使用感がよさそうという点と、私が今までの生活の中で触れてきたものを利用して学ぶ、もしくはプログラミングに触れることができるという点で、JavaScriptが良いのではないかと考えました。

3

私は、今までプログラミングと言うものに全く触れてきませんでした。ですので、どのプログラミング言語が自分に相性がいいかは分かりませんが、「縁」という面で見ると、おそらくPHPを選ぶと思います。私の中学時代の同級生で、高校を1年でやめて独学でプログラミングを学んだ人がいました。現在その友人は上京して東京でインスタグラムを活用したアプリの開発をしているのですが、その友人に話を聞くと、「初心者の頃はPHPがいい」とよく言います。PHPの構文は簡単かつシンプルに記述ができるため、覚えることが少ないことやバグを見つけやすいことが初心者には優しいです。また、PHPは歴史あるプログラミング言語であり、インターネット上に情報が多いため、初心者がプログラミングを勉強してつまずくようなポイントは検索するだけで解決できます。また、友人がこれを使いプログラミングを学んでいたため、仮に調べても分からないことがあれば、その友人に聞けばおそらく解決ができるため、自分がプログラミングを学ぶ際には1番効率が良いと感じでいます。初心者には便利で簡単な言語であることや友人が使用していた言語であることから、私は「PHP」が自分に最も相性が良いプログラミング言語であると思います。

16

 私と相性の良いプログラミング言語は「Python」だと思います。まだ深く勉強はしたことがなく、さわりの部分だけではあるが、私はHTML、CSS、Python、Javascriptを勉強してみたことがあります。HTMLやCSSは基礎となるところなので、今回は外し、PythonとJavascriptで比べてみました。実際に比較してみた結果、計算をする際はPythonの方がシンプルなのかなと思いました。あまりプログラミングに慣れてない私にはいかに単純で簡潔でわかりやすい言語かというところが重要だと思いました。  反対に、私と相性が悪そうだと思うのが、「Java」だと思います。JavaはJavascriptと間違えて少し勉強を始めてしまったことがありますが、ほかの言語と比べて記述が多かったり、できる内容が広かったりと単純な言語の方が良い私には、Javaは受け付けにくいプログラミング言語だと思いました。  プログラムを書くことにあまり慣れていない私には、いかに始めやすいプログラミング言語か見極めること、そしてそのプログラミング言語でなにをしたいのか明確にすることが大事だと思います。なので、Pythonは、記述が他の言語と比べても書きやすい言語であることや、Pythonならほかの言語を使わず単体でできることが多いということから、私に合っているのではないかと思います。まずはできそう打と思った言語でプログラムを組むというところから慣れて、その後少し難しい言語や相性が悪そうな言語にも挑戦していきたいと思います。

31

私が自分自身と相性が良いと思ったプログラミング言語はJavaです。理由としては私はプログラミング言語には今までほとんどというほど縁がありませんでした。その中で私はゲームが好きで、システム開発・Web開発・アプリ開発と使える用途が多く自分の趣味嗜好に合っていると思ったこのプログラミング言語が相性が良いと考えました。私が好きなゲームであり世界的に人気の高いゲームでもある「マインクラフト」もJavaから開発されているのも理由として挙げられます。アプリ開発においてJavaは欠かせない言語であると思いました。使用感触としては、キーワードは比較的コンパクトにまとめられていますが配列や操作は難しいと思いました。配列は基本と言われているところからあまり理解することが出来ませんでした。繰り返し行うことで少しずつ覚えていきたいと思いました。基本的な構文やクラス、メソッドの書き方やデータの配列などを理解していきたいです。そもそもプログラミング言語は習得するうえで覚えることが多いです。それはJavaにだけではなく全てに当てはまると思っています。今回は興味があったためJavaに触れてみましたが機会があったら他のプログラミング言語にも触れてみたいと思います。

32

Pythonが相性が良いと考えます。その理由として、大きく3つのことをあげます。 1つ目は、プログラミング教育での活用という観点です。現在、小学校ではプログラミング教育が始まり、子どもがこれからの社会で求められるプログラミングの知識や技能を身につけることが重要となっています。私は、現在小学校教員を目指しており、子どもがよりよいプログラミング的思考を身につけられるように自分自身がプログラミングの知識と技能を身に着けておく必要があると感じています。そのため、私はPythonを学習していく必要があると思いました。Pythonはコードの文法がシンプルで読み書きがしやすく、初めてのプログラミング学習に適しているという点もプログラミング教育で活用される要因であると考えます。その点でも私がプログラミング学習を始めるうえで最初に取り組みやす言語であると感じました。 2つ目は、実用的な場面の豊富さという観点です。PythonはWEBサービスの開発だけでなく、AIや機械学習の開発、データ分析にも適しているということで実用できる場面が多い言語です。プログラミングを学習しても何か実装するものがなければ意味のない学習となってしまいます。このPythonが実用できる場面が多いということもPythonを学習する利点であると考えます。 3つ目は、実際にPythonに触れた感触である。大学のプログラミング教育の授業で実際にPythonを学習しており、その感触からも相性が良いと感じました。条件判定や描画のプログラミングを実際に組んでみて、最初に基本的な構造を理解すれば、自分で考え思い通りにプログラミングを組むことができました。自分で思い通りにプログラミングを組むことができるというこの感覚はプログラミングを学習していくなかでモチベーションを保つのに大切な要素であると感じています。 以上の3つの理由から私はPythonが相性が良いプログラミング言語であると考えます。

42

私が特に良いと思ったプログラミング言語はpythonです。理由として一番大きいのは近年様々な分野で普及が進んでいて汎用性が高いところです。その汎用性の高さから出来ることも多く、主要なサイトにも使われていたりと学ぶと活かせることが多いのもpythonに惹かれた理由です。特にアプリケーションにはpythonが使われることが多く時代に合ったプログラミング言語とも言えます。また、文法がシンプルなため他の言語に比べて学ぶハードルが低く、読み書きがしやすかったりコードの記述量が少ないことから初心者にも手を出しやすいこともメリットです。将来性という面でもpytyonは優れていて、多くの企業がpytyonを使用しており有名なところだとGoogleもpythonを使用した開発が進められています。他にも統計解析分野やAI開発にも強いため今後も活躍の場面が多くなっていくと思われます。日本語でのサポートが少ないというデメリットがありますがこれも近年pythonが日本で使われることが多くなり徐々に増えていっているので解消されていく部分だと思っています。以上のような理由から私がプログラミング言語を使用するならpythonを選びます。

28

私はPythonが自信と相性の良いプログラミング言語だと思います。というのも、私自身が以前に少しだけプログラミングをかじった際に利用したのがPythonであったというのも一つの理由です。JavaやJavaScriptも少し触ったことがありましたが、少々専門性が高く自分には使いこなせなかった記憶があります。ゲームの開発のような専門性の高いことまではやろうと思っていなかったので、その点簡単なデータ処理を勉強するくらいならPythonが馴染みやすいという印象がありました。 プログラミングを実際にやってみる際には、やはりプログラミング言語だけの画面を見てしまうと、何がなんなのか分からなくなってしまうのが正直な感想でしたが、アルゴリズムの構造を意識して図解にして見ると理解しやすいという事が分かりました。 実際に授業内でも取り上げられていたアルゴリズム図鑑を眺めて見ると、図でアルゴリズムが説明されているので、言語で見るよりもよっぽど分かりやすかったです。特に印象に残ったのは「ユークリッド互除法」に関するアルゴリズムで、実際に高校の数学にも用いられていたmodを用いた説明がされていました。高校数学ではこれを理解することが当時出来なかったのですが、改めて今回時間をかけて眺めてみたところ、その仕組みが明確に記されていたため、クリアに理解することが出来ました。 このアルゴリズム図鑑とPythonの入門書などを組み合わせて、再びプログラミングの練習をすれば以前みたいにまどろこしくならずに勉強ができるのではとも思いました。

25

私と相性の良さそうなプログラミング言語は Python かなと思いました。 Python は、データ分析などの分野で使われており、 AIや機械学習に多く利用されているそうです。 私は現在、特に統計学を中心に勉強しているのですが、その中でデータ分析を行う際にとても相性がいいかなと感じました。 統計に関するプログラミング言語だと R 言語というものがありますが、 R 言語よりもPythonの方が汎用性が高そうに思えたし、学びやすそうだと感じました。 学びやすさに関してですが、私は高校時代にJavaと C 言語を勉強したことがあります。ホームページを作ったりなどの簡単な事は出来るようになりましたが、理解するまでの時間がかなりかかりました。 それに対して、 Python は、プログラムがシンプルで学びやすいといった特徴もあるようなのでいいなと思いました。 プログラミングを学んでいく中で一番大変なのは継続することだと思っています。理解しにくいものや複雑なものは途中で挫折しやすくなってしまいます。なので、簡単でシンプルだというのはかなりのメリットがあり、飽き性な私にも相性がいいなと感じた部分です。 また、将来性を考えると、Pythonの需要は上がってくると考えられるので、今から始めて就職した時に役立つのではないかと思いました。

7

PHPです。PHPの構文は比較的簡単で、シンプルさが良いと思いました。たとえば以下のように記述することで、HTML上に文字列を出力することが可能ですが、プログラミング言語によっては型名を書く必要があるなど、制約が多く、行数が増えてしまうこともあります。その点PHPは、自動で型の調整などを行ってくれるため、シンプルに記述することが可能です。シンプルに記述できるということは、覚えることが少なく、またバグがわかりやすいということでもあります。こうした点は特に初心者のうちは、ありがたい点だと思いました。 PHPは、昔からある言語でかつ、シェアが高い状態を維持していたため、たくさん情報がインターネット上にアップされていました。こうした情報は、サンプルのソースコードや関数の記述方法などにとどまらず、エラーが出た際の対処法や効率のよい書き方など実践的な情報も多く含まれます。 初心者が、プログラミングを勉強していてつまずくようなポイントは、そのほとんどを検索するだけで解決できるのだと感じました。 このような理由からPHPは、WEBでなにかを作ろうと思い立ち最初に学ぶ際、高い人気があり、特に初心者におすすめの言語になっています。

34

私はプログラミングとは縁はありませんでしたが、私と相性が良さそうなプログラミング言語はGOだと思いました。GOはGoogle社が開発した静的型付けコンパイル言語で、メモリ安定性、ガベージコレクションを備えています。GOはシンプルな言語体系で非常に高速であり、同等の処理を行った場合Javaの30分の1しかメモリを消費しないというメモリ効率の良い言語で、メモリ破壊がなく平行処理を得意としています。私自身が陸上をしていて、早いものがとても好きですし、逆に遅いとイライラしてしまうので、GOは高速ということなので良いと思いました。また、平行処理が得意ということで、私とは真反対なのも良いと思いました。私は人と話しながら文字を打つことが全く出来ないのに大して、平行処理が得意ならば相性はよいと思います。また、GOはシンプルなコアに対して必要に応じて小さな機能を複数組み合わせ、高い機能性を実装する設計になっているため、拡張性がとても高いのが特徴です。ソースコードをもとに開発環境のOSとは異なる環境に向けて実行可能なコードを生成する「クロスコンパイル」が可能であるため、クロスプラットフォーム開発も用意と、コンピュータ音痴な私には優れたプログラミング言語だと思いました。

24

Javaが良いかなと思います。相性が良いという観点に逸れているのか分からないですが、SEとしてシステムインテグレーションをする仕事で働いていきたいと考えているのですが、そうなるとやはりJavaを扱えることが条件として出てくることが多いように感じるからです。どこの企業でも新人研修にJavaを取り入れていますので、求められているのかなとは思います。実際、日本で案件として数が多いのはJavaですし、エンジニアが扱える自信のある言語として一番多いのはJavaだという統計も見たことがあります。これらを踏まえると勉強すべきだと感じる言語はJavaなので必然的にJavaへのモチベーションが高くなったこともあり相性が良いと感じています。講義の中でもおっしゃっていたようにプログラム言語は英語と違ってそこまで習得するのに時間はかからないということもあってどの言語にしてもきちんと理解して勉強できるだけの気合いがあればプログラミングは習得できるのではないかと感じました。ただ目的意識がないと取り掛かるときのモチベーションが続かないと思うので、仕事をしていく上で需要が高いと感じたJavaが私には合っていると思いました。何を勉強するにせよ、なんのために勉強しているのかを自分で分かっていないといけないなと考えています。

22

私は、PHPのプログラミング言語が自分に一番相性が良と考えました。なぜなら、PHPはHTMLと組み合わせて使用することが出来るからです。私は、プログラミング言語を使用したことがありませんが、HTMLを使用して、自分だけのホームページを作った経験はあります。また、他のプログラミング言語と比較してみた時に、PHPの構文が比較的簡単で、シンプルに記述されているなと考えました。プログラミング言語によっては、型名を書く必要性があり、制約なども多く、行数がとても多いため、プログラミング言語初心者にとって、それらの点は、とても高いハードルでもあります。しかし、PHPをお試しで使用してみたところ、HTMLの中にタグを埋め込むようにして、コードを書くことが出来るため、簡単にコードを動かすことが出来ました。初めてプログラミング言語を使用してみた割には、好感触でした。また、PHPについてよく調べてみたところ、PHPを使用している人口が多いため、多くのサービスの場で使われていて、有名なFacebookやWikipedia、日本ではぐるなびなどがPHPを使って作られたサービスであることがわかりました。 プログラミング言語は数が多く使用もさまざまありますが、PHPは初心者な私でも、比較的とっつきやすく、前知識がほとんどなくても使用することが出来るプログラミング言語であると考えました。

14

これまでまったく縁がなかった私にとって1番相性がよりと感じるプログラミング言語は「Python」です。まずぱっと見て複雑なコードが最も少なかったため1番何が書いてあるのかが分かりやすかったからであるというのが1番の理由です。さらに、プログラミング教育を始める小学生が教わるということからも初心者にも手が出しやすい印象を受けました。私は知らないものについては分かりやすいものを好むため、この点において最も相性が良いと感じました。また、同様の理由から「java script」も気になったため、この2つについて詳しく動画視聴や体験をしてみたところ、Java scriptには書き方がたくさんあるということがわかりました。これについては、知識がない私にとっては1つの関数を覚えることに手一杯になってしまうと感じたため、誰が打っても同じような文字列になるpythonの方がわかりやすく、勉強したいという感情が湧きました。また、java scriptはGooglecharmの使用を進められたものの私は普段Microsoftedgeを利用しているため、今の自分には使いにくく感じ、結果としてpythonが私と1番相性がよいプログラミング言語であると感じました。

47

私は今までプログラミングには縁がなく、CUIでADBを弄ったことくらいしかありません。Windowsなどはクリーンインストールやグラボ増設、Androidはブートローダーロック解除、ROM焼きなどはしたことがありますが、基本GUIベースだった為コマンドラインも触れたことはほとんどありません。 その為、プログラミングに関してはまったくの初心者であり、見た直感と勘で選びました。 自分と相性が良さそうなプログラミング言語はPythonだと思います。 理由としては、PythonはGoogleでも用いられており、AIやアプリケーション開発などにも用いることが出来るからです。また、AIやWebアプリケーションはこれから先も伸びることが考えられる分野であり、将来性もあります。また、スクリプト言語であり記述しやすいこと、視認性がよいことも選んだ条件として挙げられます。そして、システム開発やラズベリーパイを用いてIoTに対応させることや、仕事でも役立つなど応用が利くことも挙げられます。 そして、CやJavascriptなどの他言語と比較して、コマンドが分かりやすいことも利点です。もし自分がアプリケーション開発をする際に、コマンドから躓くことは一目瞭然なのでこの点は私にとって大きなメリットです。 まとめとして、仕事にも役立つこと、さまざまな点において応用が効くこと、視認性が良いことが私がPythonを選んだ理由です。

30

JavaScript はウェブページにて複雑な機能をできるようにするプログラミング言語です。ウェブページが読み込まれるたびに、単にあなたが見ている静的な情報を表示する以上のことをしています。更新されたコンテンツの定期表示や、インタラクティブな地図や、2D/3D グラフィックのアニメーションや、ビデオジュークボックスのスクロールなどです。つまりJavaScript は動的にコンテンツを更新したり、マルチメディアを管理したり、その他多くのことができるスクリプト言語ということです。私はプログラミングに縁がなかったのですが、今日の授業を聞いていて1番難しそうだと感じました。また、難しいからこそやりがいがあり楽しそうだと思いました。私にとって難しいことに挑戦する方がやる気がでるので相性が良いと思いました。また、授業でJavaScriptは需要が高いと聞いたので、これからプログラミングをしていく上でとても役立つと思いました。埋め込むことができるJavaScriptは扱うことができればとても利用価値の高いプログラミング言語だと思いました。利用価値の高いJavaScriptは学んでいって損はしないと思いました。

27

私の相性のよさそうなプログラミング言語はJavaです。これまでプログラミング言語に一度も触れたことはありませんでしたが、JavaはOSに依存することがないため、汎用性が高く安全性も高い点で利用者数が多く存在しています。そのため、Javaに関連する学習サイトや書籍が普及しており、初心者でも学びやすい環境だと考えました。また、あらかじめ用意されているライブラリやAPIが数多くあるので、標準の動作に組み込まれていることがほとんど無償で扱うことができます。ほかにも、実行速度が速く安定性があるため、人気や需要があるのです。ただ、初心者には難しいといった意見もあります。しかし、私の性格上簡単なものを何回もこなすのではなく、難しい言語の仕様を理解し、プログラミングセンスを磨くために努力したいと考えています。私は来年からIT(情報処理サービス)系の企業に就職します。営業職になりますが、しっかり技術面の理解を深めるためにもプログラミングに触れたいと思っています。大規模開発の案件を受け持つJavaを習得することで、今後他の様々ンな言語を学ぶ際に、苦労が少なくなるのかなという思いもあります。私がよく使っているツイッターもJavaで創作されたと聞いて、世の中にヒットする影響力を秘めていると感じています。

26

私自身が相性よさそうと思うプログラミング言語はPHPだと思います。理由としては、以前にプログラミングについて興味を持った際に様々なプログラミング言語を調べてみましたが、一番これならできるかもという感じを受けたからです。主な考えとしては、Excelにあるような数式が数多く明確に登場するので、Excelを授業ないし、日常でも多少使っているのでなじみ深いという点でも相性がまだよさそうだと思います。プログラミング自体高校などで少し学ぶことがありましたが、とても理解が難しいと感じてしまい、理解がなかなかできませんでしたが、Excelで使うような数式を使うのであればまだできる可能性はあるとも思います。また、以前を踏まえてですが、ほかのプログラミング言語と比較したうえで、プログラミング言語自体が難しくほかで新しく学ぶことが多いと理解が進まず使いこなすことが難解だと感じたので、消去法という理由でもあります。プログラミングは考えれば考えるほど難しいので、ゲームやホームページをプログラミング言語のところから作る人の知識の多さに驚きます。ここに色の使い方など様々な知識が必要だと考えると私にはできないので、まだ数式の出るもののほうがやりやすいと思います。以上の理由より、私自身が相性よさそうと思うプログラミング言語はPHPだと思います。

1

私自身と、相性のよさそうなプログラミング言語は、JavaScriptです。JavaScriptを選んだ理由は、初心者向けだからです。初めはゲームのプログラムなどにもよく使われる、Javaを使ってみたいと思いましたが、必要スキルのレベルが高く、断念しました。というのも私は、大学の授業で数回プログラミングをした程度で、詳しいやり方が、ほとんど分かりません。その為、C言語や、Javaといった、中級者、上級者向けのプログラミング言語は、扱えないと思ったからです。 ですが、初心者向けのJavaScriptならば、ブラウザ上で動作ができ、Webサイトの動きをつけたりと、実際に動きを確認しながら、プログラムを組むことができます。その為、初心者の私でも、ミスに気づきやすく、学習しやすいプログラミング言語だと感じました。実際に触って使用してみた感じとしては、必要なワード、記号などが、他のプログラミング言語に比べて少なく、単語自体も短い単語が多く、覚えやすく、組みやすいプログラミング言語だと感じました。注意点としては、プログラムの最初に、〈script〉といれることと、最後に〈/script〉と入れるのを忘れないようにすることです。特に最初の〈script〉を入れ忘れると、どんなに完璧にプログラムを組んでも、うんともすんとも言わない状態になってしまうので、特に忘れないようにしないといけないと感じました。ここら辺に気を付ければ、JavaScriptはとても使いやすく、初心者の私でも使えたので、相性がいいと感じました。

5

私と相性が良さそうだなと感じるプログラミング言語はpythonです。大学2年生の時にプログラミングの勉強をしてみようと思いインストールして簡単なコードを見よう見まねで書いてみたのですが、そこまで難しい操作はなく簡単に利用できた記憶があります。私は、python以外のプログラミング言語を使ったことがありませんが、他のプログラミング言語と比較して簡単と言われているpythonが一番相性の良いプログラミング言語だと思います。私が2年生の時にプログラミングの勉強をしてみようと思いpythonを選んだ理由は、当時、統計学に興味があったからです。統計学では、データを集めてそのデータを自分でプログラミングしたものに入力することで傾向を見つけるということをやっているようです。私にもできるのではないかと思い図書室で本を借りたのですが高レベルの数学できないとどのようなコードを書けばいいのか分からず諦めてしまいました。今日の授業で初めてpython以外のプログラミングコードを見ましたが、ぱっと見た感じ大きな違いはなさそうだなと思いました。プログラミング言語ごとに得意、不得意があるので使いやすさよりも自分がどんな目的でプログラミングを利用するのかによって選択するのが一番だと私は思います。

17

 私が自分に相性が良いと感じたプログラミング言語はPythonです。そう感じた理由として、質問の趣旨とズレがあるかもしれませんが明確に自分の作りたいもの等があるわけではなく単純に一般的に学習しやすいとされている点と様々なシーンで活用されているという点から私はPythonを選びました。  まず、学習のしやすさという点ですが私個人的にもPythonは分かり易いと感じています。本格的にPythonを学習している訳ではないのですが、個人的にプログラミング言語をJava  script等で学習した時に見た文法と似ているので素人目にもどのコードで何が行われているのかが分かり易いと感じます。また、Pythonそのものとは関係がありませんがPythonなら参考書や公開情報、幅広いユーザーが使うのでウェブ検索でも様々な情報がヒットするので単純に手を付けやすいとも感じます。探してみたらiOSでも教育アプリは容易に取得出るほかウェブ上では「Pythonライブラリリファレンス」と検索すれば詳細に使い方が説明されたサイトがいくつも見つかります。(https://docs.python.org/ja/3/library/index.html)難易度や学習の手軽さなど様々な観点からみてPythonは敷居の低い言語だと言えると思います。  さらにPythonは現在最も使用されているプログラミング言語として有名な通り幅広いシーンで活躍しています。データサイエンスからウェブアプリケーション機械学習までカバーできる言語は少ないうえPythonは学習難易度が低いので今後もさらに活躍の場が広がってゆくのではないかと私は考えています。つまり、一つPythonを学習する事で様々な分野にその知識や技術を応用できるかもしれないという点に私は可能性を感じます。仮に、違うプログラミング言語が必要となった時でも幅広い用途があり、プログラミングの基本をカバーしていると言えるPythonを学んでいれば次の言語の学習は初めて学んだ時よりスムーズに進むのではないかとも思います。  また、授業中、野村先生はPythonを有望株だと仰っていましたが何よりもAIの普及が爆発的に広まった現在、機械学習、深層学習の需要は広まり今後もこの勢いはしばらくは止まらないと思われる世の中でそれらをもPythonで学習できるのも大きなメリットだと感じています。AIを初めテクノロジーと密接に経済や生活に関係している現在では技術の進化は私の予想より速く進むでしょう。だからこそその根幹となる技術を習得し使いこなすことは進化する時代に順応できる大きな条件になるのではないかとも思います。

39

國學院大學に編入してくる前の学校でHTMLについての講義を受けました。なのでそれとの関連で相性がよさそうなプログラミング言語は「JavaScript」と考えました。ですが、先生の講義での「20世紀は数学の時代・21世紀はアルゴリズムの時代」という言葉が印象に残っています。「アルゴリズムの時代」を生きる自分にとって最も適しているプログラミング言語は何か?の視点で考えると「python」ではないのかなという考えが出てきました。 その理由は、講義の中で見たプログラミング言語の盛衰の動画でpythonの人気はずっと上昇傾向であり、2019年には最も利用されているプログラミング言語になったからです。また、子どもにプログラミングを教えるときに最も利用されているプログラミング言語が「python」であることからも、これからも「python」の利用増加傾向は続くと考えます。 他の理由として短い文で済むことやカッコが不要などでシンプルで直接的なように感じました。だから、まったく縁がなくても取っ付きやすく勉強しやすいように思いました。 ただし、ウェブサイトをつくるときに使ったことのあるHTMLを利用しようとすると、スタイルシート(CSS)とJavaScriptが必要になると考えると迷います。結局のところ「pythonとJavaScript」の二つを使えるようになりたいです。

11

私が自分自身と相性が良さそうと感じたプログラミング言語はPythonです。理由は機械学習を使った人口知能の開発が出来るからです。人工知能は、今後より普及していくと考えられているので、Pyhtonは将来性が高い言語といわれています。そのため人工知能開発はこれからもより発展していく分野であり、右肩上がりに伸び続ける市場の一つと言われています。その伸びは凄まじく、人工知能が登場したことにより、市場がAIに書き換えられる市場がいくつもある出てしまったほどです。例えば、運輸、小売、製造などの分野は特に顕著で、AIでの代替えが大きく進んでいる状況です。人工知能では主に4つの分野が得意で、「画像解析分野」「音声解析分野」「自然言語処理分野」「創造分野」です。人工知能は対象を解析し、理解して次につなげる能力があります。そのため、人間がやる必要がない仕事に関しては徐々に人工知能を代替えしていく流れで進行が止まらないと考えます。その為に、私はこの機械学習を使った人工知能の開発に興味があり、未来があると考えてPythonが自分自身と相性が良いと考えます。

2

 正直、プログラム言語(に近いもの?)と言えばExcelの数式くらいしか馴染みがありませんが、私が見て一番使いやすそうだなと思ったのはSwiftとphythonです。日本語と簡単な英語(average、sum、range、printなど)で構成されていて、どう処理されているのかが頭の中で思い浮かべやすかったです。ここでは表計算ではなく数列を処理しているので若干勝手は違いますが、何となく足して、足したものを個数で割って平均値を出しているなと理解できます。数列を繰り返すの部分が何なのかがわかりませんが、そこを差し置けば、処理の内容を理解することができます。JavaScriptになると、ちょっとわかりにくく、PHPになるとわけがわからないなというのが率直なところです。「$」はExcelで、参照範囲を固定するのに使いましたが、なぜsumの左に「$」があるんだろうなと思います。そう思った時点で、私の頭は理解を諦めてしまうため、わからないと、ここでは言います。BesicやC、Javaのように英語ですべて処理されると、同じように頭が理解を諦めてしまって、わかりません。わからないのですから、使いこなすというのは、無理があるように感じます。  ちなみに、私はプログラム言語の処理は結構好きです。膨大なデータを打ち込むのは大変ですが、それをいくつかの命令(数式)であっさり呼び出したり整理したりできるのは、なんだか頭がよくなった気がします。レジ打ちのアルバイトをしていて、大学でExcelをちゃんと学んだ途端に、バーコードを用いた在庫管理の背景が見えてきて、楽しくなったのを覚えています。

35

私と相性が良さそうなプログラミング言語は「Python」です。私は全くプログラミング言語を使いこなせないので、まずどの種類が、初心者向けなのか調べました。そこで目についたのが「Python」です。私が「Python」を選んだ理由は、圧倒的な人気があったからです。初心者で何もわからないので、人気というだけで信頼があります。そしてその中で、特に魅力的だと感じたところは、人間と同じように学んでいくロボットを「Python」で作れるということです。人工知能は、現在よりさらに発展していくと考えます。そのため、将来性が高いと言われている「Python」に注目しました。AIやIoTの分野で使われることが多い「Python」ですが、「AI/機械学習」「Webアプリケーション開発」「デスクトップアプリケーション開発」「IoTのシステム開発」「統計やデータ分析」のような場合に使うことができます。これだけを聞くと、とても難しそうだと感じたのですが、スクリプト言語であり、少ないコード量で動作をすることができます。また、文法も優しいため、初心者の方でも始めやすい言語とあります。プログラミング言語が初心者であり、今後発展するAIやIoTの分野でも利用することができる「Python」がとても私と相性が合うと考えました。

9

 私が自身と最も相性がよいのではないか、と考えたコンピュータ言語はpythonです。というのも、私は就活のインターンでjavaとpythonを少しだけ実際に体験したことがあるのですが、より頭にすんなり入ってきたのはpythonだったためです。  Java、pythonのどちらも自然言語に近く、どちらも意味はわかりやすいのですが、pythonはコードがより手短で必要なメインメソッドや記号もjavaに比べて少なく、打ち間違いも体感として起こりづらいように感じました。  条件分岐を利用する関数の結果分岐がたくさんあるものでも、出される答えが一つであれば同じ定式文に数字、または文字を入れるだけでいいため、おそらく慣れてしまえばすぐ使えるようになるのではないか、と考えました。  また、講義内でも触れられていたように、pythonであれば英語のニュアンスがなんとなく理解できていれば意味や仕組みが子供にもわかりやすく、教育プログラムとして導入するのにも非常に適していると私も思いました。 余談ですが、javaの演習の際利用した、paiza.IOというブラウザで言語の実行が簡易的にできるサイトがあり、ここではjavaだけでなくC言語やPHPなど様々な言語を実行できるため、ここで言語毎の違いを体感していました。  なお私の受けたIT企業が実際に業務でよく利用する言語はCやjavaだという風に聞いたため、pythonよりC言語やjavaをやっておくべきだと判明してしまい少し残念でした。 参考:https://python.atelierkobato.com/ https://paiza.io/projects/featured

10

 私が自身と最も相性がよいのではないか、と考えたコンピュータ言語はpythonです。というのも、私は就活のインターンでjavaとpythonを少しだけ実際に体験したことがあるのですが、より頭にすんなり入ってきたのはpythonだったためです。  Java、pythonのどちらも自然言語に近く、どちらも意味はわかりやすいのですが、pythonはコードがより手短で必要なメインメソッドや記号もjavaに比べて少なく、打ち間違いも体感として起こりづらいように感じました。  条件分岐を利用する関数の結果分岐がたくさんあるものでも、出される答えが一つであれば同じ定式文に数字、または文字を入れるだけでいいため、おそらく慣れてしまえばすぐ使えるようになるのではないか、と考えました。  また、講義内でも触れられていたように、pythonであれば英語のニュアンスがなんとなく理解できていれば意味や仕組みが子供にもわかりやすく、教育プログラムとして導入するのにも非常に適していると私も思いました。 余談ですが、javaの演習の際利用した、paiza.IOというブラウザで言語の実行が簡易的にできるサイトがあり、ここではjavaだけでなくC言語やPHPなど様々な言語を実行できるため、ここで言語毎の違いを体感していました。  なお私の受けたIT企業が実際に業務でよく利用する言語はCやjavaだという風に聞いたため、pythonよりC言語やjavaをやっておくべきだと判明してしまい少し残念でした。 参考:https://python.atelierkobato.com/ https://paiza.io/projects/featured

40

私は1,2学年の頃にプログラミングの授業を受講していたのである程度を理解というか知っていたのでこの中から自分に合ったものと言えばPHPだと思います。確かプログラミングの入りがPHPから入ったような気がして、最初に学んだことからよく覚えています。 使っている式がEXCELと似ていたのですぐに覚えられました。使ってみた感想としましてはお手本を見ながらですが内容を理解してできました。その当時を振り返ると先生が「もしわからなかったらGoogleで調べてもいい」というスタンスだったので壁にぶつかるという経験はありませんでした。PHPは複雑な数列がなかったと思うので調べながら自分も理解しながらできました。また、エクスプローラーからも様々なサイトのプログラミング式が見ることができるので、このサイトはこういう工夫がされているのか、この表現はこれを使うのかと多くの気づきがありました。自分的に一つ一つの式を覚えるよりかは完成しきっているものをみながら作業することがあっていたなと思います。その当時ではPHPを中心にホームページを作ってみたのですがコツとしては終わりと始まりをしっかり決めて中身は応用して、どんどん派生していけば簡単に作れるモノだと思った記憶があります。

29

今回の授業でプログラミング言語の種類やさわりについて学習しましたが私にとってプログラミングは難しそうなことでしかなく、全く縁がありませんでした。今回学んだ中で一番興味を持ったのはJava言語です。その理由はいくつかありますが、調べたところJava言語はグーグルが開発に用いている三種類の言語の中のひとつになっており、様々なアプリケーション開発や組み込みシステム、フォーマットの基礎であるからと考えたからである。この言語を学習しておいて損はないのではと私は感じました。これを応用してゲーム開発やアンドロイドのアプリまで開発されていることはとても驚きました。それ故、需要が高くどの種類のコンピューターでも使えることも魅力の一つではないかと感じました。実際、私は就職をエンジニア系の企業にしようかと考えています。しかし全く勉強をしていなく、入ってから教育してくれるから大丈夫程度で考えていました。しかし、この授業をきっかけにしてHTMLやCSS、Javaなどの基礎的な言語をある程度使えるようにしておくのが自身にとって必要であると考えるようになりました。大学生の時間のあるうちに少しずつ始めていきます。これらの理由から私が相性のよさそうなプログラミング言語だと考えたのはJavaです。

18

pythonがやはり一番自分にもやりやすいのかなと思いました。画面を見た時に一番綺麗にごちゃごちゃせずに見やすいのでまず拒絶感を感じないのと教育用にも使われるだけあってやりやすいのかなと感じたからです。特に他の言語より数式が短いのでそこが一番私みたいな数学に拒絶感がある人にとってはありがたいのかなと思いました。しかし私は過去にswiftでアプリはどう作るのかなと疑問に思い少し勉強したことがありますが、その時、明らかに集中力が持たずに全然できなかったので自分は確実に向いていないのだなと思いましたがpythonに成り代わってもできるのか心配です。自分もオンラインでホームページ作ったりサイト作ったりということにまだまだ興味があるので気が向いたら勉強して作ってみようと思いました。ただ勉強するっていうことでプログラミングをし始めると続かないので具体的に何か思い描いてから初めてみようかと思いました。

13

まず始めに、私はプログラミングについては全くの素人であり、プログラミングをした経験ももちろんありません。なので、これから述べることはあくまでも素人目線であるということを先に言っておきます。そんな私が選んだ相性のよさそうなプログラミング言語は、JavaScriptです。その理由は、何より一番簡単だからです。ソースコードがシンプルなのでプログラミングの知識がない私でも簡単なものはすぐに理解できました。JavaScriptについて色々調べてみると、どうやらブラウザゲーム、WebサイトやWebサービス等様々なシステムに使用されているようです。基本的なプログラミング言語かつ、ゲームアプリ開発に必ずと言って良いほど使われているとなればゲーム好きな私が興味を持たないわけがありません。他のプログラミング言語も調べたり、試したりしましたが初心者の私が使うには難易度が高いと感じました。その中でもPHPは比較的JavaScriptと似ている部分が多く使えそうでした。しかし、調べてみるとどうやらこのPHPはセキュリティ面で問題があり、セキュリティに関する知識も必要になってくるそうです。初心者の私が二つ同時に学ぶことは不可能だと思い候補から外れていきました。いざやってみるとどこが間違っているのか分からなくイライラすることが多かったのですが、きちんと結果が表示されたときは爽快でした。時間がある時にまた弄ってみようと思います。

19

私が自身と相性が良さそうだと感じたプログラミング言語はJavaScriptです。ちょうど1年前ほど、ツイッター通じて知り合った同い年の大学生に「これからの時代プログラミングはできた方がいいです!」と力説され、そして当時の私はそれに感化されて2か月間ほどHTMLとCSSを中心にWEBデザインの勉強をしていました。勉強と言っても、初心者におすすめのデザインの本を買って、その通りにコードを打つだけでしたが、今でもなんとなく覚えています。今回の授業で、様々なプログラミング言語のコードを見て、JavaScriptに一番見覚えを感じました。特に、書き出しと書き終わりのタグを見て、「あ、こんなのあったな!」と思いました。<script>から始まって</script>で終わるタグです。HTMLを学んでいた頃も、<html>~</html>や<head>~</head>などを使っていたことを思い出しました。しかしHTMLはやたらとこういったタグが多かったのに対し、JavaScriptではこの切り取られた一部分だけを見ているからか、開始タグや終了タグがHTMLより少なく感じました。 一方で、使いにくそうだと思ったのはBASICです。他の言語とは違い、本当に数字とアルファベットが並んでいるだけで、何が何を示しているかが全くわかりません。こういうものは覚えてしまえば苦ではないのでしょうが、文字や数字の羅列に意味を持たせて覚えることは私には難しいなと感じました。

21

 私はプログラミングについての知識が全くない初心者ですので、初心者視点から使いやすそうな言語を選びました。私が最も相性が良いと感じたのはPHPです。その理由はやはり、翻訳のしやすさにあります。文字列の中で使われている英単語がaverageやsum、countなど中学生程度の英語力があればわかるようなものしか使われておらず、専門用語が少ないように感じました。PHPの13行目に”$average=$sum/count($a);”という文字列がありますが、これについても「平均は、すべてを足した数を個数で割ったものである」というように、プログラミング言語の知識がない人でも直感的に翻訳することが可能です。翻訳の簡単さはそのまま学習のしやすさにも直結するので初心者でも触れやすい言語だと感じました。  PHPはソースコードが多少曖昧でも動作するようで、この点も初心者の私としては非常にありがたいポイントです。本格的にプロムラム言語を学びたいとなれば、これはデメリットかもしれませんが、私のように遊び感覚でプログラミングを体験してみたいという人には大きなメリットです。その一方で、セキュリティが弱い点や、Webサイトに特化している反面、汎用性に欠けるなどのデメリットもありますが、もし私がプログラミングをやるならWebサイトを重点的に作ろうと考えているうえ、本格的に行うことは今のところ考えていないので問題ありません。万が一、途中で「プログラミングを本格的に学びたい!」と思っても、PHPは習得にかかる時間・手間・コストも低いそうなので、乗り換えが容易なのが好印象です。  またPHPは市場のシェアが高いそうで、PHPを使用するITエンジニアも少なくないようです。私は卒業までにお金を稼いでおきたいと考えているので、数ある選択肢の一つとしてWeb制作もありなのかなと思い始めています。そういった意味でも、業界で多く使われ、翻訳や習得が比較的容易であり、初心者にも手が出しやすいPHPは、未経験者の私にとってプログラミングに触れるきっかけを作ってくれ、そのまま仕事にもつなげられものだと期待しています。(833文字) 参考文献 1.PHPとHTMLの違いは?プログラミング初心者にもわかりやすく解説 https://tech-camp.in/note/technology/55926/ 2.プログラミング言語の種類と特徴を用途別に解説 https://tech-camp.in/note/technology/93343/

12

私はプログラミングに全く縁がなかった人間で、今回の授業ではプログラミング言語の授業だということで最初とても難しそうな印象を持っていました。しかし、実際に少しだけプログラミングの話を聞き、英語や日本語などの自然言語と違い、矛盾が無いように作られた人工言語だということを知り、英語よりは簡単だと思えるようになりました。そして、今回の授業で紹介された様々なプログラミング言語の中で個人的に使いやすそうだなと感じたものは、JavaScriptです。理由としてJavaScriptは他のプログラミング言語と比較してもWebページに動きを付けたり、アプリの開発などといったようなことができ汎用性が高い印象があります。プログラミングをもし身に着けることができたらWebを作成してみたいと考えているため、最初に学ぶプログラミング言語として興味があります。 また、調べているとJavaScriptはメルカリやグノシーなどといった身近なWebサイトなどにも使用されているとわかりました。そしてその汎用性の高さから、もし習得することができればプログラミングの幅が広がり、アプリやスマホゲームなどが流行っている現代で活かせる場面があると思います。そして今回の授業を通してプログラミングは今後ますます発展し、非常に将来性の高いスキルであるということがわかりました。

43

私がプログラミング言語を1つ学ぶとしたらJavaScriptを選びます。なぜなら、汎用性が高いかつ習得難度が低いからです。JavaScriptは非常にシンプルで、基礎的な部分は他のプログラミング言語と同じところも多いので、最初に手をつけるならこれだと思いました。JavaScriptはブラウザ上で動作する唯一のプログラミング言語です。つまり、ウェブサイトでアニメーションを追加することや、ユーザーがブラウザで行った操作を引き金として様々な処理を発動させることができるため、動きのある魅力的なサイトを作ることができます。どうせ学ぶなら自由度が高く、実用性のある言語を学びたいところです。またスマホアプリの開発も可能になっており、非常に汎用性が高いです。しかし、セキリュティの甘さが指摘されているという面もあるので、使う際には注意が必要であるとも感じました。プログラマーはプログラミング言語を1つ覚えただけで仕事になるようなものではないと思いますが、近年では小中学生の頃からプログラミングを学ぶ子供も多いと聞きます。それは社会人として持っていたなら強みになるからだと考えました。これでお金を稼ぐなら他の言語の習得も必須だと思いますが、これが自分の可能性を広げるきっかけになると嬉しいです。

6

私はプログラミング初心者なので初心者向けはどれなのか考えました。前提としてプログラミング言語には多くの種類が存在し、プログラミング言語は種類ごとに作れるものが違います。 まずプログラミング用語がわからなかったのでググりました。初心者だとPython、JavaScript、PHPあたりが使いやすいとありました。この3つに共通しているのがともと、シンプルで効率的に書けることを目指している言語です。 非常に文法がシンプルなため、プログラミング初心者が学習するのに、おすすめな言語だと感じました。 なので、基準としてシンプルで簡単なコードで構成されるプログラミング言語から学習するのがいいと思いました。 その中で実際にPHPを使ってみて、私はPHPが使いやすくていいと思いました。Web制作に興味があって、htmlを遊びですこしいじっていたことがあり、使いやすく、楽しかったからです。初心者にとっては、PHPは文法がわかりやすい上、HTMLと構造が似ているので、同時に学ぶことで理解が深まっていく感じがしました。PHPはプログラミング言語の中でも「動的型付け言語」に分類される言語です。プログラミングは変数と呼ばれるデータを入れる箱を作りながらプログラムを組みますが、変数はどの種類のデータを入れるのかを決める必要があります。動的型付け言語とは、そのデータの種類をいちいち決める必要がないタイプの言語を指します。一度変数を作ったらどんな種類のデータを入れてもいいことになります。

37

私はプログラミングに全くといっていいほど縁がなく、辛うじてC言語を聞いたことがあるというレベルでした。ほとんど手探りの状態であったため、講義で紹介されていたプログラミング言語をネットで調べてから触ることにしました。一応知識としてあったC言語と、初心者におすすめと紹介されていたJavaScriptと、将来性、汎用性ともに優れたPythonの三つの言語を試すことにしました。結論として、ブログや記事などから最も評価が高いと感じたJavaScriptが私的には使いやすいと感じました。使いやすい点としては、比較的仕様を理解しやすいところだと思います。比較対象が悪いかもしれませんが、私が唯一知っていたプログラミング言語であるC言語は入門を見ても理解できませんでした。その点JavaScriptは初心者向けと紹介されているだけあり、分かりやすく、また人気のある言語であるためネット上に解説記事がたくさん転がっているのも魅力的でした。そして、私が最も推したいポイントが、他の二つの言語と違い、実行環境を整える必要がないという点です。safariやchromeなどのブラウザで即実行でき、初心者が躓きやすい実行環境の準備をすっ飛ばしてプログラミングに取り掛かることができるため、プログラミングを始めたばかりの人におすすめだと思いました。

33

今回授業で触れたプログラミング言語の中で私と一番相性がよさそうだと思ったプログラミング言語はPythonです。様々なプログラミング言語の中でPythonが一番言語としてシンプルで今までプログラミング言語を全く学んだことのない自分でも手が付けやすいかと思いました。他のプログラミング言語は言語としては専門性があるように見え使いこなせれば魅力的に見えますが、使いこなせるようになるまでにPythonと比べ多くの時間が必要になってくる気がしました。飽き性であり、好奇心旺盛な私では手を出すかもしれないが分からなくなったときにすぐに諦めてしまうことがあるので、まだPythonのようなシンプルな言語のほうが続けられるのかなと思いました。またPythonではできることが多く、Web開発や人工知能の開発、データ分析の効率化などがあり、この中で私が気になったのはデータ分析の効率化です。Pythonを使えるように自分でデータ分析の効率化ができるとしたら、より時間を効率的に多くの仕事をこなせるようになると思い、今大学生活の中でも活きると思いますし、また社会人になってからも仕事をやってくうえでものすごく役に立つような気がしました。これらのことから私と一番相性のよさそうなプログラミング言語はPythonだと思います。。

44

私と相性の良さそうなプログラミング言語はpythonです。選んだ理由は、この中で実際に使ったことのあるプログラミング言語がpythonだけだったからです。今回、実際に他のプログラミング言語を見てみましたが、やはりpythonが一番扱いやすそうに見えました。私の場合、趣味でpythonを利用しているわけではありません。ゼミで統計分析をするにあたり、仕方が無くプログラミングを始めました。そこで教授に勧められなんとなくpythonを使い始めました。特にいままでプログラミングをしたことがなかったのですが、思っていたよりもわかりやすかったため、私はこのプログラミング言語と相性がよさそうだなと思いました。 また、同じ内容を書くのに、pythonではたった6行しか使っていません。他のBASICやC言語では、8~10行以上使ってたりしたので、やはりpythonの方が、コードがシンプルでわかりやすいのかなと思いました。 他にも、世界的に人気のあるYouTubeやInstagramもpythonで開発されています。そのため、現時点で十分な実績があります。また、今後のWebアプリケーションや、AI開発、機械学習など様々な分野において活用が見込まれる非常に将来性のある言語だと思います。以上のことより私はこの中の言語だとpythonが良いのかなと思います。

41

私にとって一番愛称がよさそうだなと感じたのはPythonです。一番の理由は講義中に見せて頂いた、言語プラグラムの年ごとの盛衰を表すグラフにて、トップに君臨していたからです。これが如何に大事なことかというと、人気ということ即ち、利用者が多いからです。そのため、プログラミングを勉強する際に、同じ目標を持つ人たちとの情報の共有や教え合うことが可能になるからである。私は20年生きてきて、ほぼ皆無といっていいほどプログラミングに触れてこなかったので、ユニークな手段は選ばずに安全なルートを歩みたいと思いました。そんなPythonは近年ではアプリケーション開発をする際に、海外で多くの利用がされており、日本でPythonが採用されることもあるとされていることもポイントが高いと感じました。また、コードがシンプルなため、覚えることが少なく、初心者向きといわれています。Pythonを使えるOSが多いことも評価されており、利用者のもつ環境に左右されづらいことが大事だと感じました。新規参入を狙う際には重要な点であり、人気どころであるため、動画サイトやインターネットを用いて解説を見ることも他のプログラミング言語と比べても強いと思います。需要に対応するために、学習したいと思いました。

45

相性のよさそうなプログラミング言語とはいかなるものでしょうか?まず、自分が使用したことのあるプログラミング言語は、Pythonです。このプログラミング言語は、主に組み込み開発と呼ばれるプログラミング、webアプリケーションなどでよく使用され、さらにはデスクトップアプリケーションでも使用することができうるといいます。言語としてのの特徴は、文法がとても単純でシンプルかつ効率的であるところに大きな特徴があると思います。また、pythonは、ほかのプログラミング言語とは違い、そのプログラム機能として数値、信号、統計、画像、音声、動画などの機能があり、特にその機能は古いプログラミングと比べた時にかなり先進的でイノベーションとかかわりのある最先端の技術、例えばロボットのプログラミングだとか、AIの機械学習、つまりはロボットなどを作成してプログラムし、しかもそのプログラムをロボットが自己学習していくディープラーニングなどにも応用される技術をプログラミングすることが可能であるといいます。そのことから、単純でシンプルで使いやすく、これから未来に向かい技術を使用していく若者としては、このような先進的なプログラミング言語のほうが古いプログラミングよりは使用しやすく、使い勝手が良いと考え増すし、使用してみたときに楽しいとも感じたのでpythonをプログラミングに使用することが多くなると思います。

46

相性のよさそうなプログラミング言語とはいかなるものでしょうか?まず、自分が使用したことのあるプログラミング言語は、Pythonです。このプログラミング言語は、主に組み込み開発と呼ばれるプログラミング、webアプリケーションなどでよく使用され、さらにはデスクトップアプリケーションでも使用することができうるといいます。言語としてのの特徴は、文法がとても単純でシンプルかつ効率的であるところに大きな特徴があると思います。また、pythonは、ほかのプログラミング言語とは違い、そのプログラム機能として数値、信号、統計、画像、音声、動画などの機能があり、特にその機能は古いプログラミングと比べた時にかなり先進的でイノベーションとかかわりのある最先端の技術、例えばロボットのプログラミングだとか、AIの機械学習、つまりはロボットなどを作成してプログラムし、しかもそのプログラムをロボットが自己学習していくディープラーニングなどにも応用される技術をプログラミングすることが可能であるといいます。そのことから、単純でシンプルで使いやすく、これから未来に向かい技術を使用していく若者としては、このような先進的なプログラミング言語のほうが古いプログラミングよりは使用しやすく、使い勝手が良いと考えますし、使用してみたときに楽しいとも感じたのでpythonをプログラミングに使用することが多くなると思います。

38

私はゲームが好きです。休みの日は、ゲーム1日やるという日がコロナが広がってから増えました。ゲームは、自分を夢中にしてくれるので将来何かゲームを作りたいと思っています。その中で、気になるプログラミング言語はUnity(ユニティ)です。特徴として、ユーザー数が多く国内普及も進んでいる。日本語の情報やコミュニティが充実。 2Dゲームもグラフィック重視の3Dゲームも、どちらにも対応している。 多種多様なOS、機器に対応している。 高度な開発やカスタマイズにはC♯を用いる PCのスペックが低くても、簡易的なゲームならつくれる。ゲームの中でイベントムービーを流すとなったとします。 ムービーの前でシナリオが2分岐したら,ムービーを2通り用意しなければならなくなりました。 2つ寸劇を作る,つまり動画ファイルを2つ作成するならば前者のツールで構わないと思いますが、 Unityならゲームの内のモノとかをプログラムで制御してあげることで、動画をリアルタイムに描画することが可能です。自分がやってるゲームだと白猫プロジェクトはUnityを使って作られています。 白猫の特徴は、片手で簡単に色々な操作をできるという誰でも触れやすい特徴があります。自分も最初、難しいと思っていたのですが、簡単に操作できて今では、夢中になっています。実際使ってみたのですが、プログラミングについて知らないと全く意味がわからないです。なので、今後勉強して理解を深める必要があります。自分自身でゲームを作れるように、試行錯誤をしたいとおもいます。ゲームを作れるようになったら、公式で公開したいと思います。まだまだ先の話ですが、いつか実現できるようになればとおもいます。

4

私は授業でいっていた、PHPとJAVA SCRIPTが自分に合っていると思いました。理由はパイソンのほうが有望株であるといっていましたが、自分はまだプログラミングについて全く触れたことがありません。WEBでしかやったりしないと思います。また将来プログラミングについての職業に就こうとも今のところ思っていません。なので今入門として触れるにはJAVA SCRIPTやPHPがとっつきやすくていいと思いました。将来的にその職業がプログラミングの知識や、プログラミングの技術が必要と思われる場合は、将来の可能性のあるパイソンが必要になってくると思います。必要に応じて変わってきますが、職業に必要な場合はパイソン、必要なく趣味や知識として必要な場合はジャバスクリプトや、PHPで十分だと思いました。これは実際に私の過去にあったことなのですが、いきなり難しいことをやろうとしてわからなくなり、ついにはやらなくなってしまったということがありました。まず何かを始めるときは簡単でとっつきやすいものからやっていくというのが自分の興味ややっていて面白いと感じたり、私にとっていいとおもうので、まずは簡単なものからやっていくのがいいと思いました。それから徐々にステップアップしていきパイソンに最終的に行けたらなと思います。

8

私はプログラミング言語についてほぼ知識がありません。しかし、とあるテレビ局の番組を見ているときにPythonについて少し触れていたのを見たことがあったので比較的取り組みやすいものだと認識しています。今回の講義を受けて少し興味がわいたので少し調べてみたところやはり初心者におすすめの言語はPythonという記事が圧倒的に多かった印象があります。Pythonが初心者に学びやすい理由がいくつかあるそうで一番は文法がほかのものと比べて比較的簡単ということです。学びやすい言語であるのにもかかわらず話題のAIにも対応可能で幅広く活用ができるという記事が多かったです。学びやすい言語であり汎用性がとても広いというところはプログラミング言語を知らずこれから学ぶ人にとってはとても魅力的感じました。また、情報トピックス2021では後半のページに○○でプログラミングというページがあるのですが先頭はこのPythonが先頭にきて説明されています。このような本の順番の先頭を飾るということは読者の需要がある程度高いと判断したから本を製作した人がこの順番にしたと思います。もし、私が一からプログラミング言語を学習するなら一番最初はPythonから学びたいと思います。もう一つ上げるとすればJavaScriptです。Pythonに次いで多くの記事で二番人気を誇っていました。理由はWeb制作においては必須のプログラミング言語であるようです。Pythonと同等の汎用性があり、あらゆる場面で活躍できるようです。Pythonをマスターして、次に何か勉強しようとなったら、JavaScriptを次に勉強したいです。

20

私は少しだけプログラミング言語を勉強したことがあります。JAVA言語です。JAVAはほとんどのOSを動かすことができ、慣れれば検定とかもとれるレベルです。私は学校で検定を取りましたがとても楽しかった記憶があります。JAVAはルールがあって文字を読んでいくとしっかりと文を作ることができます。実際に簡単なものであればだれでもつくることができます。検定では、空欄を埋める系で形さえ覚えてたらできます。ほかのプログラム言語は触ったことがないのでわかりませんが、パイソンよりもジャバを使っていくと思います。