情報市民Forms08楽器アプリの試奏

平均所要時間: 107 分 51 秒

107:51

完了するのにかかった平均時間

フォームの状態は 終了済み です

78

応答

平均所要時間: 107 分 51 秒

107:51



2. 自由回答。本日の講義でリンクした音楽について感想があればどうぞ。加点なし。

10応答

ID

応答

1

先週のFORMS課題の御指摘ありがとうございます。 確かに、先週の私はたるんでいたと振り返ってみて思いました。 今後は初心に帰ってもう一度引き締めなおし、授業に取り組んでいく所存であります。 申し訳ございませんでした。

2

初心者の自分でもすぐに扱えるレベルのものが無料で配布されておりとても驚きました。楽しかったです。

3

全体的に私が好むような音楽にどんどん近づいてきてることを感じました。ビートルズやその周辺はいまだに親の世代の聴いていたものという印象が根強いですが、21世紀の技術に関する記事などは流石になじみ深く、楽曲のアカペラ動画の存在や、歌声を抜く記事の著者をよく知っていました。毎回このように感想を書いていると、音楽のメディアとしての価値の高さに驚かされます。授業内で反戦運動をメロディーに乗せて発信していたという事例があったように、現代の活動にも同様のことが起きているのかが気になりました。

4

マイケルジャクソンのスリラーがこの授業で聞けるとは思いませんでした。さまざまなジャンルの洋楽が聴けたのでうれしかったです。

5

20世紀からは音楽の支え手も変わるように、たくさんの変化が起こっていることが分かりました。直接音からエコーチェンバーになったところのリンクの動画は、最初に聴いたとき次の音が入っても前の音が残っていて複数の音が合わさっている部分がとても綺麗な響きだと感じました。音の伸びが素晴らしくエコーがかかっていると思っていましたが、直接音だと知り驚きました。また、現在は音楽を編集するようなことは当たり前のように感じますが、昔は一発録りで行われていたということをはじめて知りました。今まであまり詳しく音楽について考えることがなかったのですが、このようにして音楽の歴史をみてみると現在とは全く違ったものだったということを実感しました。

6

曲をファイルに保存してから、YouTubeに共有する方法が分からなかったので、画面録画をしたものをYouTubeに上げました。

7

乃木坂46のアカペラは印象に残りました。ほかのアイドルの楽曲では逆にリードボーカル以外を抽出して伴奏とハモリだけを聞くことができる動画もあったので声以外の伴奏をすべて消してアイドルの声だけを聴けるのは需要が高いだろうと思いました。

8

20世紀になって人々がメディアを通して音楽を聴くようになってから音楽を嗜むことに対する敷居がずいぶんと低くなったように感じました。各楽章から構成された小説のような交響曲とは一変してクラシックでありつつもホールで感じるような響きの演奏ではなく、録音による直接的な音色に変化したのが特に印象的です。また、メディアを媒介にして音楽を聴くようになり、曲の長さも短くなり、テンポ感もアップテンポなものが増えたように感じます。個人的には電子楽器の始まりであるテルミンの演奏動画が現在の電子楽器の演奏方法と大幅にかけ離れていて興味深かったです。

9

GarageBandには楽器が弾けない人でも演奏が出来るような感じが生じます。まるで楽器が弾けるような感覚になります。

10

アカペラには圧倒されました。あのような編集をしても自然と聞き入れるのは歌う人たちの力がしっかりあるからだと思います。歌唱力が音楽に誤魔化されていないのは素晴らしいと思います。


1.

Appleのマシンを使用している人はGarageBandがOSに付属しています。インストールしていない人はApp Storeからインストールできます。冒険心のある人はMoogを検索してアプリをインストールしてみて下さい。AndroidやWindowsの人も似たようなシンセサイザーのアプリが出てきます。どれでもいいです。インストールして試奏してみて下さい。曲が弾ければサイコーですが、授業でやったレベルでけっこうです。1分程度。それをインスタかTwitterかブログかYouTubeか365OneDriveにアップして共有できるURLをお知らせ下さい。Formsには使ってみた感想をお願いします。締切は5/31午後11時30分。ファイルでの提出は認めません。少なくともOneDriveは使えるはずです。 

例を用意しています。少しお待ちください。

ミニムーグアプリ(iPad)https://youtu.be/1-Aw_mtJHjk 

同上 https://youtu.be/f90GH9A76pg 

GarageBand YouTubeの私のチャンネルにたくさん上げてあるので、こんな感じでいいです。 https://www.youtube.com/c/%E9%87%8E%E6%9D%91%E4%B8%80%E5%A4%AB/videos 

WindowsやAndroidにも同様のアプリがあります。自分で探してください。「あとで課金」アプリでも試奏はできます。 

アプリは使ってみないと何もわからないものなので、複数の有名アプリを使ってみて比較するのが情報市民の基礎教養です。クチコミを当てにしないで自分で判断しましょう。


78応答

ID

応答

1

私のおばさんはピアノの先生をしており、小さい時に教えてもらったDisneyの曲を久しぶりに弾いてみました。家にはピアノがないので、携帯で演奏できることに新鮮さを感じています。1分以上夢中に弾いていて、小さい時に戻ったような感覚です。

2

私の持っている端末はiPhoneなので、GarageBandが元からインストールされていたのですが、存在を知りませんでした。今回初めて使ってみて、キーボードからコード、ドラムまで搭載されているのが素晴らしいと思いました。このツールを使いこなせる人たちは、スマホひとつだけでさまざまな曲を作ることができるんだなと思いました。私は、あまり使い方が慣れておらず、音の重ね方の調整が難しかったです。初めは、どのように曲を作っていけばいいのかわからないので、とりあえずドラムでリズムを刻めば、何か見えてくるかなと思いドラマートラックを使ってみることにしました。開いてみると、すでにビートが流れていて、そこに自分好みに楽器の調整や刻み方を少しアレンジを加えることができました。次に弦のベースラインを入れてみることにしました。全くギター系の弦の知識がないので、スケールというものを使ってドラムのビートにのせて自分の好きなリズムに従って、適当にタップしてみました。そしてそれをドラムのリズムにしっかり乗るように小節の調整をして合わせました。このあとのメロディーになる主旋律は自分で作るには難しいと思ったので、ドラムとベースだけの曲にしてみました。それでもちゃんとそれらしく曲に出来上がっていたので、このツールは初心者でも使えるなと思いました。 ※TwitterやYouTubeにアップロードを試みましたが、なぜかURLを得ることができずアップロードできませんでした。すみません。

3

私はアンドロイドのスマートフォンにSynprezFMというアプリケーションを入れてクリスタルキングの大都会の最初の高音パートを演奏してみました。 この作曲アプリを使ってみた感想は、キーボードがとても小さく、複数の音を同時に押してしまうため、操作にとても苦労しました。また、録音ボタンはありますが、保存先がわからず、画面録画をしてYOUTUBEに動画をアップロードしました。 また、全体的にこのようなアプリケーションは、MAC向けの物は多くありましたが、WINDOWS向けのものが見つからなかったため、スマートフォンから参加という形になりました。 しかし、作曲自体はとても楽しく、今後も、YOUTUBEに動画を上げていくために使用していきたいとも考えました。 最後に、YOUTUBEのリンクをお伝えします。 https://youtu.be/QrOZCdqSqzA ↑こちらからYOUTUBEのチャンネルにとんでいただけますか。

4

GarageBandで作成しました。曲の長さは1分強です。 https://twitter.com/2539moon_likE/status/1398506933548503041?s=20

5

garagebandのループ機能で作成したビートにmoogのアプリで演奏した高音のシンセを録音して上乗せしました。 Dr.Dreイメージです。というかシンセの音程はまんまそれです。 

https://youtu.be/VTbM2K3jcZc

6

GarageBandを使ってみた感想は、シンプルに面白いアプリだなと思いました。私は今まで音楽にそこまで興味はなくピアノを少し触ったことがあるくらいでドラムやギターは全く触ったことがないので無料のアプリでそれが体験できるというのはとても面白いし、新鮮な感じがしました。少し細かく触ってみると、いろいろな設定があり細かく音やリズムなどを変えることができ、正直言って素人の私ではこれを使いこなすことは無理だろうと感じました。同じ楽器でもたくさんの種類があってそれぞれ微妙に音が違うのでこれをすべて把握して使いこなせるようになるにはとても時間がかかるし、よっぽど音楽が好きな人じゃないとできないなと思いました。でも設定をいじって適当に演奏しているだけでも十分に楽しめるし、音を録音してたくさんの楽器の音を重ねて聞くことなどができ、曲を作る気分が味わえるというのもこのアプリのいいところだと思います。実際にこのアプリを使って軽く音を重ねてみたけど今まで授業で聴いてきたような耳が気もいい曲を作ることは全くできず、曲を作っている人はとてもすごいなということをこのアプリを使って改めて知りました。少し暇なときにでも自分の好きな曲の演奏をこのアプリでやってみようかなと思いました。 

https://youtu.be/ZsHv2-OIGM4

7

私は音楽は普段聴く専門なので自分で試奏するのはとても不安でした。私が最初にチャレンジしたのはRemix padです。1番使い易く感じました。最初は何がどうなってるのか分からない状態でしたが、詳しく知らなくてもなんとなくコレとアレが変わったからこうなったんだというように大まかに把握することができました。 またwalkbandというアプリも試してみました。このアプリは情報量が多く、最初は心が折れました。しかし慣れていけばものすごく使いやすく、便利なアプリであると思いました。

8

https://twitter.com/Nana842982786/status/1398579541858152450 iPhoneで、中々操作しやすくて良いです。機能は色々あって、少々複雑ですが無料で出来るのはありがたいです。

9

https://kokugakuinuniv-my.sharepoint.com/:u:/g/personal/z191103_kokugakuin_ac_jp/Eci5826txi9NpclsvIn7VLMB-SbYjhjICLBjOnQH0pdPKw?e=abJK4Y これでできているのでしょうか。自分では開けるのですが、いかがでしょうか。 https://youtu.be/HmULJXjNieM 念の為YouTubeの限定公開でも上げてみました。 趣味の競馬のg1ファンファーレを演奏してみました。音符も読めず、音楽のセンスもないため、これだけの演奏をするのに3時間くらいかかりました。大変ムツカシかったです。ですが楽しかったです。

10

実際にGarageBandというアプリを使ってみて、非常に便利なアプリだなと感じました。 一つのiPhoneで、オンスクリーンキーボードで、ピアノやオルガン、シンセサイザーなどのサウンドを演奏したり、さまざまなアコースティックドラムとエレクトロニックドラムを使ってビートを作成したり、ギターまたはベースを接続し、ビンテージアンプとストンプボックスで演奏したり、マイクを使って自分のボイスやあらゆる音を録音したり、タップしてオーケストラまたはソロの弦パートを演奏したり、弦をタップして、アコースティックやエレクトリックのベースラインを演奏したり、オンスクリーンギターで、コードをストラミングしたり、タップして単音を出したり、チョーキングしたりして演奏したり、世界中のさまざまな楽器を演奏したり、バーチャルドラマーを使ってビートとフィルを作成したりできることが非常に便利だと感じました。また、iPhone一つで驚くほど簡単に音楽を演奏、録音、共有できたり、自分で好きなように曲を作れるので、楽器を買うお金もいらないし、いつでもどこでも周りを気にせず、誰とでも演奏できるし、1人でも楽器や曲の練習できるから、そういうところも良いなと感じました。 このように、私自身、少しだけGarageBandというアプリを使っただけだけど、非常に便利なアプリだなと感じたし、さまざまな楽器を演奏できることに興味を持ったので、これからもGarageBandというアプリを使って、楽器や音楽に触れ、上達して、自分のオリジナルな曲を作れるようになりたいなと思いました。そして、その作った曲を多くの人に共有して、自分の作った曲を聴いてもらったり、このGarageBandというアプリを広められたらなと思います。

11

https://kokugakuinuniv-my.sharepoint.com/:u:/g/personal/z211178_kokugakuin_ac_jp/EU9UWhXvKZpIqom-SFSldNABomQ1QQvqmqvxN8_lfldifQ?e=CHvR8Y 自分で確認をして、開くことができたので多分大丈夫だと思います。

12

https://youtu.be/UymMYPFg5Oc GarageBandでカントリロードを演奏しました。 机が汚いのとメロディーだけだと寂しかったのでプリセットをあらかじめ組み合わせて伴奏を作った状態で演奏しています。 以下今回の使ってみた感想です。 GarageBandは以前触る機会があったので、すんなりと作業が進みました。?ボタンを押せばどこに何があるかもわかりやすく書いてあるので十分ぐらい色々といじってみればどんな人でも扱えると思います。ちゃんとしたシンセサイザーのアプリというとやはり設定などをいじれる部分が英語だったりすることが多いので親しみやすさ、もといとっつきやすさにおいてGarageBandは優秀であるとおもいました。 作曲にも使えるということで演奏用のシンセサイザーというよりはやはりMIDIキーボードといった入力装置の面が強いように感じます。  iPadで演奏しましたがキーボードの幅を大きくすると音域が足りず、幅を小さくすれば当たり前ですが正確に演奏することが難しかったです。(これはどのシンセサイザー、ピアノアプリに言えることですが) キーボードをスケール内の音のみに設定できるとは言え、教授ほどの演奏をするには時間が必要だと感じました。 教授の動画をみて弾きこなすためにはスクロールを使いこなさなければならないのかと気づいて、例えば趣味程度にピアノなどに触れてきた人だとなれるのにも時間がかかりそうです。 しかし、様々なプリセットやシンセサイザーだけでなくエスニックな楽器なども搭載しているところは遊び甲斐があり、楽しかったです。  また、録音はしていないですがAudio Kit Synth Oneというアプリも触ってみました。無料であるのに広告がないところは音楽をやるうえでとても大事なことだと思うので、その点がまず一つ素晴らしいなと思いました。 ただつまみが英語でそれもやはり音楽用語であることが多いので少し使えるようになるにも勉強が必要な感じはしました。もちろん親切にもこのアプリは動画を配布していたので時間はかかりましたが何とか演奏することができました。  ほかのシンセサイザーのアプリは時間やお金の都合で試すことができなかったのですがこれらをいじる過程で作曲アプリなども触ってみました。GarageBandのようなプリセットがたくさんあるというもの以外にも例えば自分の鼻歌をそのまま書き出してくれるアプリやいわゆる作曲ソフトの画面のようなものではなく打ち込むと五線譜になるというアプリもありました。やはり誰でもさわれる携帯端末のアプリだからこそ音楽をすることへのハードルがかなり下がっていてとても素晴らしいなと感じました。 今回の講義でメディアの進化というのは「記録に残す」ことが重視されてきた結果なのだと今更気づくことができました。昔から民俗音楽など誰もが奏でる音楽は存在していましたが、今は記録に残していつでもどこでも楽しめるようにする時代です。だからこそこういうアプリがあるのはありがたいなと思いました

13

今回私はGarageBandを用いて演奏してみました。まず、全面的に英語が中心で少し手こずりました。私はピアノが弾けないので、最初パソコンのキーボードがピアノの形に変換されているのをみた時は少し興奮しましたが、演奏をする際になると、そもそものどこがどの音なのか等を認識していない体のせいもあって、なかなかテンポ良く演奏することができませんでした。それに本物のピアノと違い、周りに効力を持っていないボタンがパソコンのキーボードにはあるので、視線がまとまらず演奏の前に時間がかかってしまいます。私はピアノが弾けないからここまでてこずってしまうのか、ピアノ経験者でもこの機能は難しいのかは定かではないですが、このようにわざわざ高額なピアノが買えなくてもアプリケーションによってこんなに簡単に好きな楽器が弾けてしまうのは、お金がない楽器好きの人にはたまらないでしょう。また、楽器もピアノだけでなく細かく音も変えることができているので、いろんな楽器が楽しめます。

14

https://twitter.com/yuyuyu10146322/status/1398798051444019201?s=21 Garagebandのギターを初めて使って見ましたが、コードが書いてあり、どこを弾けばいいのかが分かりやすかったです。

15

実際にピアノを習っていましたが、規模感が違ってとても難しかったです。しかし、さまざまな楽器が演奏できてとても面白かったです。

16

今回の授業で先生はここに出している音楽家は時代を超越し、さきがけになった人だという話を聞いて自分自身そういう意識を持たずに感想を書いてしまい、もっと聞く耳を持たないとなという風に感じました。今回のじゅぎょうでは音楽の歴史のみに関わらず、音質の変容を取り扱いました。動画では、男の人3人がいろいろな音を出しながら、マイクチェックをしていましたが、音がその場に残るような印象が強かったです。また、直接音からエコーチェンバーに変容した音楽を授業の中で聴きましたが、最初に音量を大きくしていたことも相まって、クリアに聞こえました。ですが実際にはエコーチェンバーはかかっていなくて騙されるほどかすけーディング・ストリングスの演奏はすごいのだなと実感しました。そこから一発撮りでなく、音楽を編集するテープ録音の技術が増えることで、この技術により20世紀の音楽の作り方が大きく変わったとおっしゃっていましたが、音楽の中に何度も出てくる効果音や楽器の音は組み合わせで編集できるとなると一発撮りの後に何度も同じ曲をやり直さなくていいし、自分の好きなように編集できるので、自由度が上がったのだと考えました。それがミニマルミュージックという形で現れました。それがうれしかったのかどうかの真偽はわかりませんが、グレン・グールドはコンサート・ドロップアウトという話す曲を出していました。Steve Reichの曲では、クラシックのような音楽と編集を組み合わせて一発撮りの音楽とは違った、リズミカルな雰囲気が伝わってきました。もう一つのcome outという曲では、正直なにを意味しているのかがわかりませんでしたが、編集を最大限活用しているように思えました。歴史はここだけにとどまらず、公民権運動があり、若者の音楽の登場がありました。21世紀になると音楽から声のみを残す技術や、ボーカロイドに歌わせることができます。このように世紀をまたいで様々な音楽を聴いてきましたが、楽器そのものの進化は特にないけれども、技術の発展により音楽は大きく支えられているのだなということを改めて感じました。それらとサブスクリプションなどの一定額を払えば、何千万曲から聞き放題といったサービスのおかげで音楽が私たちにとってより身近になっているのだなと思いました。今まで当たり前だと思っていたことを深堀りすることで大切さを知れた良い授業になりました。

17

私は、GarageBandのアプリをダウンロードして使ってみました。初めての体験だったので、 最初はとても使い方などに戸惑ってしまいました。しかし、触っていく内に自分の好きなようにテンポ、拍子、キーを変えることができる機能が付いていたりピアノはピアノでもクラシックロックオルガン、グランドピアノなど8つのピアノの種類があり、自分が作りたい雰囲気にあったものを見つけて変えることができると感じました。また、ピアノの他にドラム、バイオリン、バス、ギターの楽器もある上にそれぞれの楽器には様々な種類が備わっているので自分が想像していた以上のオリジナル曲が作れると利用してみて思いました。実際に最低限自分が弾ける「猫ふんじゃった」という簡単な曲をサウンドの構成をして、音を変化させながらグランドピアノで弾き、それにドラムでリズムを付けたしてみたりしてアレンジしてみました。聞いたときに定番の「猫ふんじゃった」よりリズミカルになっていて、自分だけの曲ができたような気持ちになって短い曲でも達成感を感じました。そして、簡単な曲でもアレンジするだけで達成感が生まれるのだから楽器の経験者が、曲にアレンジを加えたものや自分で曲を作ったものはもっと素敵なものになると思いました。 GarageBandなどのシンセサイザーのアプリは、今後、機能もしっかり揃っている上にアプリなのでダウウンロードすればどこでも作業できるということからGarageBandなどのシンセサイザーのアプリを利用して作曲する作曲家が増えてくると想定できます。コロナ禍で家での自粛している今、これを機会にGarageBandなどのシンセサイザーのアプリを使いこなして自分のオリジナル曲を作っていきたいです。

18

https://kokugakuinuniv-my.sharepoint.com/:v:/g/personal/s210356_kokugakuin_ac_jp/EWmif5Dyqm5GgzOXIeBUQpIBaqHKkQnAJzN2Hju-NdVeeA?e=B5v9mk 高校生の時に何度か使用したことがあるがコロナ渦で外に行けない時の暇つぶしになるのでとても良いと思った。

19

https://www.instagram.com/p/CPeyBQEhrGa/?utm_medium=copy_link 使うのは初めてだったので、ネットで初心者向けの使い方を検索するところから始めました。スマホひとつで曲を作れるのはとても簡単ですが、タップするボタンなどが多すぎて使いこなすのは簡単ではないなと思いました。私は10年間以上ピアノを習っていた経験がありますが、小さなスマホに指を並べて鍵盤を叩くのは初めてで、リズムがぐちゃぐちゃだったり叩く強さの違いで音の大小が出来てしまいでこぼこな音楽になってしまいました。

20

私はAppleを使用しているのでガレージバンドがインストールされていました。 使用してみた感想はアシストもあり基本的にどこを操作すればいいのかが分かるので、音楽初心者である私でも使いやすいと感じました。またガレージバンドであればお金を払う必要もなく無料でスマホがあればすぐに使うことができ、使っているうちに機能がわかってくるので、スマホ操作が苦手な人でも使いやすいのではないかと感じました。

21

https://www.youtube.com/watch?v=e3dxRNMvPmk

22

初めてガレージバンドを使用したため、どうすれば楽曲が作ることができるのか分からなかったが、いじっている内に作り方が分かるようになった。初めての事に挑戦するのは気が引けるが、やってみると案外簡単だったりすることが分かった。今回私が使用したのはロックの音源だったが、ガレージバンドにはまだまだ興味深い音源がたくさんあるので、また使いたいと思いました。 

https://youtu.be/Rn5O0NbhMUk

23

初めてアプリを使って演奏をしてみたので難しく感じましたが、使っていくうちに一つのツールとして暇つぶしや趣味にすることが出来ると思いました。私は自分のiPhone8にGarage Bandをダウンロードしました。画面がそこまで大きくなかったため、鍵盤のサイズが小さく、1.5オクターブ分ほどしか画面に映らないので、音を行き来する曲を弾くのは難しかったです。 https://twitter.com/natsuka_kgu_z/status/1398915231674298369?s=21 弾いた動画はTwitterに載せました。こちらがリンクです。

24

私はiPhoneを使っているのでgarage bandで試奏したのですが、まずiPhoneにあのような様々な楽器を演奏できるアプリが元からあるということにとても驚き、すべての音を試したりして楽しみながら試奏することができました。ピアノは実際習っていたので本物を引いたことがありましたが、ギターやバイオリンは触ったこともなかったため、画面上ではありますが同じような音が出せることがとても楽しかったです。1分程度の音楽を作ってみるものでは、EDMを使って並べてあったものをただ組み合わせただけですがなんとなく上手に組み合わせることができ、終わりはフェードアウトをして終わり感を出したり初心者ながらも少し工夫することができました。またこのアプリを使って様々な楽器を試したいと思いました。 

https://youtu.be/abuaNi8j6ak

25

今回、アプリを使ってみて見た目はピアノのようですが、中身は全く違う印象を受けました。音が違うのは当たり前ですが、シンセサイザーは演奏者の影響をピアノほど受けないのではないかと思いました。その理由として、シンセサイザーは叩く力が関係ないように感じたからです。ピアノは叩くとハンマーが音を鳴らすため、叩く力によって音が変化すると思います。しかし、シンセサイザーは電子音なので叩いたという信号を受け取って音を出しているわけですから関係ないのではないではないかと自分でシンセサイザーを使ってみてそう思いました。 

https://youtu.be/MmW6OrnrUFo

26

https://kokugakuinuniv-my.sharepoint.com/personal/z211178_kokugakuin_ac_jp/_layouts/15/onedrive.aspx?id=%2Fpersonal%2Fz211178%5Fkokugakuin%5Fac%5Fjp%2FDocuments%2F%E3%83%89%E3%82%AD%E3%83%A5%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%88%2FliteCam%2F20210530%2D190544%2Eavi&parent=%2Fpersonal%2Fz211178%5Fkokugakuin%5Fac%5Fjp%2FDocuments%2F%E3%83%89%E3%82%AD%E3%83%A5%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%88%2FliteCam&originalPath=aHR0cHM6Ly9rb2t1Z2FrdWludW5pdi1teS5zaGFyZXBvaW50LmNvbS86djovZy9wZXJzb25hbC96MjExMTc4X2tva3VnYWt1aW5fYWNfanAvRVhKS3JsSmpwa0ZQdnp0b3A1SUh3VjRCZVhvNHlsVXpTaFBTQlVaUlNvcWgtdz9ydGltZT0zWGx0R2xVajJVZw 申し訳ありません。誤って、ファイルの方を送ってしまいました。動画の方を送ります。

27

私は音楽が得意ではないので、アプリで遊んでみただけになってしまいましたが、しっかりとできる人が行えば楽器がなくても作曲することができるツールで、作曲することのハードルを下げることができているのだなと感じました。ほかのアプリも試みましたが、GarageBandが一番身近で手が出しやすいと感じました。

28

https://drive.google.com/file/d/1i-QEaE2uHuFZaq8OFA6rspLgV-vjYv0h/view?usp=sharing 私はGarageBand初心者なんですが、簡易的な曲を作ったりすることができてとても楽しんでいます!細かい機能も沢山ありすごく使いやすいので凄いおすすめです。しかし少し変更してもらいたいところがあり、ドラムを録音しているとたまに少し掠れた音が鳴ってしまうことがあり、うまく叩けない時があるのでスネアの判定を叩きやすく変えてもらいたいです。Cubasisもつかったこともありますが、GarageBandが1番使いやすいです。VoiceOverにも完全対応しており、さらにキーボードショートカットも使えるので、目が見えない・見えにくいかたにも、思う存分、音楽制作を楽しんでいただけます。各音源の質は、内蔵音源なので、まぁまぁといった感じです。サードパーティー製の音源を使えるところも、魅力の1つです。これからも素晴らしい進化を期待しています。

29

https://kokugakuinuniv-my.sharepoint.com/:v:/g/personal/u210947_kokugakuin_ac_jp/EQ1lQtN0669ErHNIuSKqI5MBQTLNZtOJ761oHGB0nzR-hA?e=Hh00XD わたしのGarageBandのURLです。 まずわたしはこのアプリを消去していました。 理由はGBをとても使うからです。使う未来もないので消去していたので再インストールしましたが、とてもインストールするのに時間がかかりました。なぜこんなに時間がかかるんだ?とおもい、開いてみたら、たくさんの楽器の種類が内蔵されていて驚きました。そこまで期待していなかったのですが、かなり精密に作られて驚きました。弾いてみたところちゃんと音域もたくさんあり、音もすぐ反映されるのでこれは便利だなと思いました。音楽の有識者ではないので何も弾けませんでしたが少し始めたいくらいに思ってる方なら十分楽しめるのではないかなと思いました。 メトロノーム機能などもついており、容量はかなりありますが入れておいても損はないのではないかなと思いました。しかし音名がドイツ音名?なので少しわかりにくいなと感じました。

30

 私はGarageBandを使って30秒ほどの曲をギターで演奏しました。演奏した曲は、auのCMでおなじみの桐谷健太さんが演じる浦島太郎の『海の声』です。  私は高校1年生からギターを始め、現在でも趣味の一つです。しかし、5年以上ギターの演奏をしていますが、GarageBandを使ったことはありませんでした。このアプリの存在は知っていましたが、楽曲作成には他のアプリを使っていたため、今までに使用したことがなかったのです。  今回、私は初めてGarageBandを利用し、キーボードやベースなどの様々な楽器のなかで、もちろんギターを選択しました。その感想としては、非常に使いづらかったです。なぜ使いづらかったかというと、実際のギターの奏法とはまるで違うものであったからです。一番のストレスは開放弦の音を出しにくいことです。ギターで開放弦の音を奏でようと思ったら、左手は弦に触らず、右手で音を出したい弦を弾きます。しかしGarageBandで演奏する場合、右手で1フレットの左をタップする必要があります。この違いがギター経験者の私からするとストレスに感じ、このアプリ特有の操作に慣れる必要があると感じました。加えて、弦を押している感覚がないのもストレスでした。実際のギター弦は押さえると、指に弦を押している感覚があります。綺麗な音を奏でるためには、弦を力強く押す必要があるため、ある程度の時間演奏をしていると、指先が痛くなってきます。しかし、このアプリはいくら画面をタップして音を出しても、押している感覚がありません。これもアプリを利用していて、違和感を覚えた点です。以下に演奏をした動画のツイートのリンクを載せておきます。 https://twitter.com/ry_ga2/status/1398944211349561344?s=20

31

https://youtu.be/k1QWR_DkbbI 今回はGarageBandを使って作成してみました。試奏してみた感想は非常に難しいなと感じたことです。機能面ではスクロールモードで鍵盤を弾いたため、意図してない音を出してしまいます。元々適当に音を選んでいるため問題はありませんが曲を作るとなると支障をきたすなと思いました。 様々なボタンや楽器があり、音楽の知識がある人にとっては充実した機能だと感じた。

32

実際に触ってみても記号やボタンなどの意味はよく分からなかったが音は一昔前のワープする際の音のようで可笑しくなりました。どこかで聞いたことのあるような音だと思いましたが授業中に出てきたヴォ―カロイドで「ハッピーシンセサイザ」の音だと思い出しました。使ってみても特徴のある電子音でしたがこれが綺麗に使えるようになったらかっこいいなと思います。今回の課題はこれで良かったのでしょうか。 https://twitter.com/crossick4/status/1399002152652087296?s=20

33

私は今回Appleの端末で初めてGarageBandを使いました。使用してみた中でまず感じたことが音源、楽器数の多さです。どの音を試奏するか見ていくとピアノからギター、アンプまで幅広い音源が収録されていて、それぞれの楽器がさらに分かれていて自分の奏でてみたい音楽の選択肢が広がりました。アプリケーションならではのデジタルな音源もありながら、楽器の音も非常にリアルで、使いこなせるようになると合奏などが手軽にできるようになるのではないかと改めてアプリケーションの凄さを感じました。自分は今回初めて使用したので使い方を少し調べてから使いましたが、テンポ設定やクオンタイズなど録音や音を合わせる設定の種類は多く、その点はまだ使い慣れないなと感じました。ただ楽器を鳴らす部分では実際に楽器を弾くよりもタッチしただけですぐに音が鳴ってくれるので、アプリケーションではそれっぽい音を出すことができ、その点非常に演奏に触れやすく良い点であると思います。このように豊富な機能を持った音楽制作アプリがApple製品に同梱してくることを使用してみた後に考えると信じられません。政策の幅がさらに広がる非常に高性能なツールであると感じました。 試奏課題 

https://youtu.be/ZOUQYCWD4jU

34

スマホのアプリを使って試奏してみましたが、意外と難しくなかなか自分の想像しているメロディーを奏でることができませんでした。自分はバンド活動をしていたので簡単に曲を弾けると思っていましたがとても苦戦しました。私はギターのコードで演奏してみました。コードの演奏では、コード進行が重要となります。コードの組み合わせを考えたり、曲調を考えた演奏をする必要があります。私は、バンド活動ではベースを弾いていたのでギターのコード演奏の仕方などほとんど知りませんでした。しかし、このように実際の楽器ではなくメディア機器による演奏ではありますが、楽器について少しは学ぶことができたと感じています。単に同じフレーズを繰り返すだけでなく、印象に残るようなフレーズを間にはさむことでより聞き手にとって聴きやすい曲になると思います。なんとなく曲のイメージはできているのですが、それを演奏として表現するのが難しいと私は感じました。改めて曲を作る人の偉大さを感じました。多くの人の心に残るような曲、それを聴いて感動したり熱くなれるような曲など世界には多くの曲が存在しており一つ一つ違った特徴があります。現在では情報化が進みいつでもどこでも曲が聴ける時代となったので、日本の曲のみならず世界の曲などより多くの曲に触れたいと思いました。 https://kokugakuinuniv-my.sharepoint.com/:v:/g/personal/s210423_kokugakuin_ac_jp/EQW00nu29TFOkJ_iwsLrcVcBFj1DyIn8gy9Gc9Jnwo0uSA?e=gWAz82

35

今回初めてこういったアプリを使用してみました。私自身、少しだけピアノを習っていた時期があったので曲を弾いてみましたが、音はやはりアプリな分、本物のピアノと比べるとレベルは低く、合成したような音であると感じました。また、弾いている感覚も本来のピアノと異なるため、あまり演奏している感覚ではありませんでした。しかし、それでも楽しく、音もしっかりと踏めていましたので、少し音を出す際、たとえば合唱コンクールの練習時などはわざわざ楽器のあるところまで行かなくても十分感覚を掴めると思いますし、練習が可能だと思いました。そういった意味では、こうしたアプリは非常に画期的なものであると思います。もちろんプロの練習にはあまり効果的ではないと思いますが、簡単な練習に最適かと思いました。また娯楽用でも、十分その機能を発揮できると思います。私はまだいとこが幼かった頃に家でおもちゃ用のピアノが置いてあったのを見たことがありますが、今後はそういった簡易なピアノのおもちゃより、親御さんのスマホなどを借りてアプリを使って遊ぶ子が増えるのではないかと思いました。それぐらい実際にアプリを使って弾いて音を出すという行為が楽しかったです。 https://kokugakuinuniv-my.sharepoint.com/:u:/g/personal/t191432_kokugakuin_ac_jp/ETRJTtTLSitFkUwH82OTyR8Br-y55xLZRsrOrN_SeO0t9w?e=hNBJiY

36

https://kokugakuinuniv-my.sharepoint.com/:u:/g/personal/t1817025_kokugakuin_ac_jp/EfLMcWB6qrxGiwzkFAAuEfkBY1-eOovqH-qgR-6TwASdfA?e=EEVIRt 人生で初めて音楽を作ってみました。 出来栄えはさておき、「このキーボードの音はこのギターの音と合わないなぁ」などと試行錯誤することが楽しかったです。初めてガレージバンドをしっかり使ってみましたが、思った以上にただの音の集まりではなく、”音楽”が作れると思いました。 いろいろな楽器をとりあえず試せることがこのアプリの良さだと思います。 コードがわからないとギターは弾けませんが、ガレージバンドならオートプレイという補助的なものがあり(今回初めて知って感動)、それを上手く使いながらギターを弾いてみました。 ドラムをスティックではなく手で叩くとリズムがとりづらく、両手で叩くのが難しかったです。 楽器単体ではこれまで触ってきたことはありましたが、音を重ねるということを初めてやってみました。 その結果、ベース音の大切さが理解できました。 ベース音は音楽を聴いていてなかなか目立ちませんし、ベース音だけではなんの曲かもわかりません。しかし、いろいろな楽器を重ねて音を作ってみると、ベースがあるとないでは聞こえる音楽が全然違うものになり、ベース音がいかに大切か実感しました。 このように、音楽活動をしていない人たちが音楽を知るきっかけになることもこのアプリの良さだと思いました。

37

https://twitter.com/T11_osword/status/1399016714965196807?s=20 ガレージバンドを使ってみました。音楽の知識が全くないので、作曲は不可能でした。初心者でもそれなりに形にできる機能があるのは知りませんでした。楽しめたと思います。

38

https://kokugakuinuniv-my.sharepoint.com/:v:/g/personal/u211041_kokugakuin_ac_jp/EXQk0BnSVIpPlBDApvXWZjsB-YSbYF2K-xWz_7dKQZnDXw?e=KqNGAH 今回は、GarageBandを使ってオールナイトニッポンのジングルを演奏してみました。 アプリにはいろいろな音が入っていて、その中から曲に合うものを見つけ出すのには苦労しましたが、試し聞きをするだけでも面白かったです。 また、スマートフォンを使って演奏したのですが、画面が小さくやりづらかったので、タブレットなどもっと大きい画面でやるべきだと思いました。 本家のジングルと比べると大分簡略化しているうえに、演奏も拙いですが、複数の音が積み重なって一つの曲になる過程がとても楽しかったです。

39

私はシンセサイザーといえば、作り物の音楽であり、楽器で奏でられた音楽とは全く異なっている機械的な音楽であるということしか知りませんでした。しかしながら、今回の授業で初音ミクなどの声はすべてシンセサイザーによるものであるということを知り、とても驚きました。つまりシンセサイザーとは機械で作り出した音楽というよりも、機械で作り出した音全般だということがわかりました。また、様々なBGMやEDMなどを作る際もシンセサイザーを用いて作るというイメージも強くかなり身近でもシンセサイザーによるものが多いのだということを実感させられました。因みに、実際にシンセサイザーのアプリを使ってみましたが、もともとそんなに音楽などには興味が薄いということもあってか、一つの曲を弾くことはできませんでした。私はAudioKit Synth One Synthesizerというアプリをダウンロードして使ってみました。このアプリは細かい設定などができかなり本格的なものでした。その他に、このアプリは無料であるにもかかわらず、音の質も大変よいうえに、スマホやパソコンを使用したうえで出る音ということもあり、とてもデジタル的でとても優れているアプリだと思いました。以上のことなどを踏まえて、シンセサイザーの音が実際に出て身近な機器で今はできるという点ですごいなと思いました。

40

garagebandは、最初はとても難しく感じました。しかし、やればやるほど楽しくなってきて簡単な曲も少し弾けるようになりました。自分的には奥が深いアプリだと思いました。さらにいろいろな機能もあったので、今度また使ってみたいとも思いました。 https://kokugakuinuniv-my.sharepoint.com/:u:/g/personal/u1809064_kokugakuin_ac_jp/Ea7M6lKsrcdMrA7K4CgZh0oBQCnyCYdkMfyNSNs8VB_xFA?e=mM8eIF

41

使ってみた感想、garage bandで曲を作ったことがあるが普通に使いやすいと思います。

42

私はiPhoneではなくandroidを使っているのでGarageBandでじゃなく、Walk Bandというアプリを使いました。まずは一番最初にキーボードを使ってみました。自分は音楽の演奏はあまり得意ではないためあまり使いこなすことができませんでしたが昔演奏したことがある。猫ふんじゃったをゆっくりの速度で演奏することができました。またキーボードをスライドするときが少しやりずらかった印象を受けました。またタップしてスライドさせると連続で反映されるためそこはやりやすかったと思います。次にギターを弾いてみました。私はギターは授業で引いたことある程度でちょっとだけ引き方を知っている程度でした。アプリと本物のギターでは全然弾き方が違っていてうまく演奏することができませんでした。次にドラムを弾いてみました。ドラムは全く引いたことがなく、少したたく程度にしなできませんでしたが、ドラム以外にもいろいろな楽器が用意されていて本格的でした。どの楽器でもいえる通り、メトロノームや録音が入っていてボタン一つでできるようになっています。また音大きくしたり小さくしたりとするようなドラムマシンのようなものも入っていたので本格的に音楽を作れると思いました。最後にベースを弾いてみましたが経験が全くなかったのでうまく弾くことができませんでした。

43

https://kokugakuinuniv-my.sharepoint.com/:u:/g/personal/u210733_kokugakuin_ac_jp/EaFBtoXXuiRAqTIhgS-Dp3oBgG4DukF3Cnybzv7k4qB0fQ?e=8aDq5u 私はiPhoneにデフォルトで入っているgaragebandを使い試奏をしてみました。感想は様々な楽器を組み合わせて作曲が出来るため素人でも簡単に曲を作れるなと思いました。私自身音楽は素人で音符もままならないレベルですが、garagebandでは自分の思い通りに音を組み合わせて作ることが出来たのでとても楽しかったです。また、高レベルな設定もできるようになっていたのである程度音楽をたしなんでいる人でも満足できるのではないかと思いました。

44

今回、GarageBandを使って試奏してみて、私はとても面白いアプリだなと思いました。 自分が小学生くらいの頃に、このようなアプリを使って遊んだことがあったので、自然と当時を思い出しました。様々な楽器の音を出せるだけでなく、メトロノームや録音もついており、昔使っていた電子ピアノのようだなと思いました。これらの楽器を演奏したくても、実際にそろえるのはかなり難しいので、こうしたアプリを使って疑似体験的なことが出来るのは、いいことだと思います。 ただ、1つ思ったのは、それはあくまで疑似体験に過ぎないということです。なぜなら、ピアノを弾くということは音を出すことそれ自体を表すというわけではないと私は思うからです。 私は幼少期からピアノを習っていたのですが、ピアノを弾こうと思ったら、まず、重い真っ黒な蓋の上に少し乗った埃を手で払い、下からグッと力を込めて開け、真紅の鍵盤カバーを外してたたみ、楽譜を台の上に乗せ、私は椅子の上に座ってその位置を調節し、いくつかの呼吸をする。このような瞬間も、私にとってはピアノを弾くということに含まれていたのです。中学の頃はトロンボーンも演奏していたのですが、これも同じように思います。 つまり、自分は楽器を演奏しているときの空気や、楽器と向き合っている自分、その時間が好きだったのです。 そんな私からすると、今回のGarageBandを使った試奏は、少し物足りなく感じました。それはそうだろうと言えばそれまでですが、やはり私は、あの鍵盤を押したときの重量感や跳ね返った鍵盤が指の裏に当たるあの感覚が忘れられないですし、ピアノの音と共にそれらを無意識に求めてしまうのです。 ですが、今回の体験で、そのような感情を抱く自分を認識することが出来たのはよかったなと思いました。 昔、同様のアプリで遊ぶことを楽しんでいた自分がいたように、GarageBandは弾く人やその人のその時によって様々な感覚を生み出すことが出来るのだなと私は思います。 https://youtu.be/NR6Pzk1N0sU (←YouTubeのURLです)

45

https://d.kuku.lu/948c644d7 ガレッジバンドを使ってみた感想としては、歌の録音とミックス作業しかしてこなかったので、いろんな楽器や音を思っていたより簡単に使えることが分かったのでこれから作曲も試みたいと感じました。

46

https://youtu.be/OTX07tCsWq0 昔は作曲する際に新たな楽器を取り入れたいと思ったとしても、その楽器を実際に購入する必要があり、楽器を置くスペース、時間、金が必要だったが、現在ではほとんどの人が持っているスマホやタブレットでデータという形ですぐにダウンロードでき、無料で楽器を演奏することが可能になっているのは素晴らしいことだと思いました。また作曲に関する知識があまりない人でも簡単に使えるように、打ち込みだけではなく、実際に楽器を演奏するような形での作曲も可能となっているのもとてもいいなと思いました。

47

GarageBandがスマホにあるのは知っていたが、使うことはないだろうと放置していたのだが今回の課題で使うことになってとても驚きました。最初は使い方が全く分からず苦労したが、ネットの記事を頼ってなんとか最低限の操作は理解できました。初めて使用したので、ドレミファソの音がちゃんと出たときには驚愕しました。音楽は好きでありよく聞くが、自分で楽器を弾いたりはしないため、アプリ上ではあるが楽器に触るのが中学以来であり、とても懐かしい気持ちになりました。テンポが遅めの曲を弾こうと練習して、動画に撮ろうと思うと緊張してミスを連発して結局、30回くらい撮り直すことになり、YouTuberもこんな感じのことをしているのかなとほんの少し苦労がわかった気がしました。アプリを使うことによって楽器が手元になかったり実際には弾けなかったりしても音を再現できて、様々な楽器の音を合わせれば作曲だってできてしまう、今月を通して音楽の歴史を昔から遡って学習していたため、より科学技術の進歩を感じられました。自分の中で演奏が成功したとき、かなりの達成感を感じたのでとても楽しかった。こんどは実際に楽器を購入して弾いてみたいという気持ちが少し湧いてきました。https://twitter.com/ghOBwPTnduO6bPb/status/1399206253604184071 試奏のリンクです。

48

https://youtu.be/Y8OJax3K_ZU

49

https://1drv.ms/v/s!AgBSBBdmYDQDgW4FmUIBMWSx1MAc?e=TecQBf 今回はじめてシンセサイザーというものにふれました。まだ始めたばかりでよく分からないことが多いのですが、一個の機械でたくさん音を出し、同時に流せるので一人でもかなり演奏できる幅が広がりとても楽しかったです。今は二つぐらいでしか合わせられませんが、これからより多く合してもっとちゃんとした音楽を演奏したいと思いました。しかしスマートフォンでやっているので鍵盤は弾きづらいなと思いました。普段は電子ピアノを弾いているので指の動きは五本指でできるのですが、スマートフォンだとどうしても一本指になってしまい曲のつながりがなくなってしまい、あまりきれいな曲にすることができませんでした。しかし自分の電子ピアノは最大でも二つのメロディしか流せないのに対して、何個ものメロディが流せるのはやはり魅力的です。それでちゃんとしたシンセサイザーがほしいなとも思いました。なんにせよ今回実際体験してみたことで、演奏においてのやりたいと思えることが増えてより音楽を好きになりました。いままで我慢して妥協して曲を簡略化し、演奏していたのですが、その必要がなくなったので今回体験でやってみましたが、継続して使っていきたいと思いました。

50

私はGarageBandを使用してみました。始めは使い方が意味がわからなくて戸惑いましたが、実際にある曲を打ち込んでみました。(このレポートを書いている現在まだ全て打ち込めていませんが、、、)使ってみた感想として、まずピアノロールで打ったものが楽譜化されることに感動しました。これにより、音が出せない場所でも他人と楽譜を見て音楽を共有できるので、とてもありがたいですし、紙ベースでも印刷したら保存できる利点を感じました。またピアノはペロシティといって、音の強さを調節できる機能もあるので、実際弾いてみたような音が出てくるのに驚きました。次にドラムでは、初めの一小節に打ち込んだものを繰り返しできる機能があり、何度も同じものを打ち込み手間が省けるのでとても簡単に打ち込めました。私はドラムをやったことがないのでよくわかりませんでしたが、New kikcsのような、初めから入っているリズムがあったのでドラムがわからなくてもそのタイプ?にあわせたら曲っぽいものができるのではないかと思いました。今回私はソングライターというものを使いました。これで曲を打ち込んだりしましたが、この中にある、録音で実際にその場で歌ってそれを打ち込んだ曲と一緒にすることができるのには驚きました。曲を作るのに特に専用の機械や楽器がなくても誰でもどこででも作れる、このアプリは画期的なものであり、また将来の音楽のあり方が変わると思いました。

51

私は初めてGarageBandを使用しました。最初は使い方がわからなかったのでインターネットで使い方を調べてみました。すると最初に初心者向けの音楽制作アプリと出てきました。自分で演奏してリズムを作る前に、AppleLoopというすでにアプリに入っているリズムを自分の好きなように選択し、組み合わせて一つの短い音楽を作ってみました。たくさんのジャンルや楽器の種類がありその中で選択し、作ったのでオリジナルティーがある曲を制作することができました。次に、ピアノで自分が適当に作ったリズムを合わせてみました。最初に作った音楽を流しながらリズムを入れていくので元となるテンポやリズムを感じながら作ることができます。さらに、自分の作ったリズムを入れたいところに選択することができます。すべての機能を網羅したわけではありませんが、私が一番面白いと感じた機能はFX機能です。これはDJのように指をすべらせて不思議な音を出す機能でした。さらに自分で作った曲にこの機能を活用して音を組み合わせることで曲に立体感がでてきました。私は今まで音楽を作るというのは音楽的なセンスがある人が作るものだと思っていました。楽譜に書いてから作曲すると、1小節に入る音符の数を考えるのに拍子を意識することや、リズムを完成させたとしてもどのような楽器にマッチするリズムなのかを確かめるのに時間がかかります。このように音楽を作ることは時間がかかり音楽的な知識がないと難しいという印象でした。しかし、最近では簡単に誰でも音楽制作ができる環境になってきています。アプリで自分好みのリズムやジャンルを選んで、組み合わせてくことで音楽制作の面白みや魅力が広まっていくと考えました。今までは、天才作曲家が作った楽譜を使ってプロの演奏者が演奏をし、その曲を鑑賞していましたが、これからは聴いているだけの人でも音楽を発信することができます。クラシック音楽は規則性や正確性があるリズムで楽器から直接出る音を感じるため高貴で優雅な印象がありました。近代になるにつれて演奏を聴く側の期待が高まったため、機械をつかってクオリティーを上げることが主流となっていったと考えました。木製の楽器は気温に左右されてしまうため、日によって楽器の調子が異なってきますが電子楽器は音量や音質を正確に調節することができます。このように機械を使っての音楽は録音が可能になり、いろんな楽器を同時に流せるなど音楽を簡単で身近なものにしたと今回の授業で感じました。GarageBandは音楽制作の印象を変えてくれました。

52

https://youtu.be/hxckupc882o 様々な機能が付いているからこそ、扱いが難しかったです。ただ、コードストリップという簡単にコードが引ける機能やアルペジエーターという押した鍵盤に合わせてフレーズが再生される機能があることで、簡単に楽しく音を奏でることができました。 また、YouTubeへ動画を投稿することが想像より簡単にできたので驚きました。物事を実際に体験してみることで理解が深まることを実感しました。

53

https://youtu.be/-mCmxkaRMqI 私の好きなアーティストの曲の一部を試しに真似してみました。1分程度の短い部分でも大変でした。改めてアーティストなどの音楽を作る人はすごいのだなと感じました。

54

https://twitter.com/zneubbagktyejvr/status/1399320957416665089?s=11  ↑Twitterにアップした曲のURL 今回、GarageBandを使ってみた感想としましては、「よくわからん」といった感じでした。作曲どころか楽譜も読めないし知らない用語だらけで途中から調べるのもつらくなってきたので、とりあえず片っ端から試してみることにしました。キーボード、ドラム、ストリングス、バス、ギターといろいろな機能を試しながらいいと思ったものをどんどん使ってみたら2分の曲になってしまいました。自分のような素人でも、なにかそれっぽい音楽を自分自身で作ることができると音楽がより身近になったような気がしました。

55

私はGarageBandを高校生の頃から使用しています。私は小学校3年生の頃からピアノをしており、歳をとるごとに学校や部活が忙しくなり、家でピアノを弾く時間が少なくなってしまいました。そのため、携帯ひとつで楽器を演奏、録音、編集することのできるこのアプリケーションはとても利便性に長けていて重宝しています。最近私がしていることは、好きな曲のオーケストラを聞いて、それを耳だけでコピーするということをしています。絶対音感があるような言い方をしましたが、そう言うわけではなく相対音感を鍛えるため、好きな曲を再現したいという二つの理由からこのコピーの仕方をしています。絶対音感があるわけではないのでイントロだけでも相当な時間をかかってしまいます。私が一つだけ最後までコピーできた曲はゲーム・モンスターハンターの「勇者の証」です。初めからトランペットの力強い音から始まり、ゲームをしていない人でも聞いたことがあるくらい有名でとてもかっこいい曲です。長い間使ってみて思ったことは、どこでも使えて無料な中でたくさんのことができること、サウンドライブラリーなど本格的な音がダウンロードできたり、ループの音源があるため気軽に創作できることがメリットだが、ドラムを自分で叩いて演奏するのがかなりやりづらいのと、携帯でやるため液晶の小ささから操作がしづらいのがデメリットだなと感じますが、これはアプリケーションの枠を外れた問題な気もします。そのため、とくに気になるようなデメリットもなく快適に使うことができる優れたアプリだなと思います。

56

初めてアプリを使ってみましたが、たくさんの種類の音色があって面白いと感じました。高い音だったり低い音だったり普通の楽器では出せないような音などをたった一つのアプリで再現出来ていることに驚きました。伸びるような綺麗な音や、反対に、太鼓みたいな音などいろいろなパターンを試してみて、ワクワクしながら弾くことが出来ました。(https://twitter.com/__Rose_O5)

57

https://kokugakuinuniv-my.sharepoint.com/:v:/g/personal/w201567_kokugakuin_ac_jp/EZGOPrvvDbpGuyBdYD49BN4BpKFWfYCITHbyQ7tYyl2zgA?e=Xni2eI 私は今回Google playストアにてダウンロードしたWalk Bandというアプリを主に利用してみました。このアプリを使った理由は他のアプリに比べ、他にダウンロードしてみたアプリと比べ楽器や設定を選ぶ機能が分かりやすかったと感じたからです。楽器を弾く経験が音楽の授業以外ではほとんどなかったため、楽器や加工に使われる表記や単語が分からなかったため、私はシンプルなものが使いやすいと感じました。使ってみて本格的な楽器の音が流れ驚きました。無料ということもあり、悪い音質やタイムラグなどがあるかと思いましたが全くなく本格的なものでした。スマートフォンの場合一度に出せる鍵盤が限られるため本格的な演奏は少し難しいですが、持ち運びもできるためで先で軽く弾くなどの時にはピッタリだと思いました。また、画面録画機能もついているため、思いついたメロディーを忘れず残すのに便利だと思いました。楽器に興味があっても本物を買うとそれなりのお金がかかってしまうため、このように無料で様々な楽器を楽しめるものは音楽をより身近なものと感じれて良いと思いました。

58

*URLを送る前に一度レポートを提出してしまったのでもう一度出しました。 私はGarageBandを使用してみました。始めは使い方が意味がわからなくて戸惑いましたが、実際にある曲を打ち込んでみました。使ってみた感想として、まずピアノロールで打ったものが楽譜化されることに感動しました。これにより、音が出せない場所でも他人と楽譜を見て音楽を共有できるので、とてもありがたいですし、紙ベースでも印刷したら保存できる利点を感じました。またピアノはペロシティといって、音の強さを調節できる機能もあるので、実際弾いてみたような音が出てくるのに驚きました。次にドラムでは、初めの一小節に打ち込んだものを繰り返しできる機能があり、何度も同じものを打ち込み手間が省けるのでとても簡単に打ち込めました。私はドラムをやったことがないのでよくわかりませんでしたが、New kikcsのような、初めから入っているリズムがあったのでドラムがわからなくてもそのタイプ?にあわせたら曲っぽいものができるのではないかと思いました。今回私はソングライターというものを使いました。これで曲を打ち込んだりしましたが、この中にある、録音で実際にその場で歌ってそれを打ち込んだ曲と一緒にすることができるのには驚きました。曲を作るのに特に専用の機械や楽器がなくても誰でもどこででも作れる、このアプリは画期的なものであり、また将来の音楽のあり方が変わると思いました。 https://kokugakuinuniv-my.sharepoint.com/:v:/g/personal/u210927_kokugakuin_ac_jp/EdZ2atJmExZPosrnetpj2hsBUQc0rPSO06gI_rZYoryc4g?e=r4SeiO

59

https://www.instagram.com/p/CPiYNiLhNh7/?utm_medium=copy_link 楽器に縁が無かった人生なので、楽器としてよりもアプリとしての体験の方が要素が強かったです。携帯画面では小さいのでは?と思いましたが画面を動かす事も出来ますし、設定を様々変える事が出来ました。実際楽器が出来る友人に聞くと、家にあるピアノが壊れた時はしばらくこれ使ってやってたよと回答が返って来て、また動画編集の際も活用しているそうで無料でここまで出来るなら、私も楽器が出来る状態で体験したかったなと思うばかりです。

60

https://youtu.be/Phislpr4vDo 初めてこのようなアプリがあることを知りました。私は普段まったく音楽と無縁の生活をしているのですが、身近に感じることができるアプリだと分かりました。GarageBandは、初心者からプロの人まで使えて、MacやiPhoneを使っている人には無料で使えるので、とてもいいと思いました。

61

「普通のシンセサイザー」というアプリのシンセサイザーを使ってみた感想としては各調節用のつまみの意味や役割を知らなくても音の変化を感じることができ、またプリセットが何種類か最初から入っているため様々な音色にして演奏を楽しむことができる装置だと感じました。また調整について調べてみたところ音の高さ低さ(音程)と音色、音量の3要素を変化させるために様々なつまみで調整できるようになっているとのことでした。今まで音楽系の知識は全くなかったのですが、今回シンセサイザーを触ってみてギター演奏をする人が音作りに使うと聞いたことのあるエフェクターなども似た機能を持っている装置なのか、作曲の場面ではどのように用いられているのかなど新たな発見や疑問が浮かんできたため調べてみたいと思いました。 YouTubeURL限定公開 

https://youtu.be/E4ONyjDEcN4

62

https://1drv.ms/v/s!AusX6q0RwkltnweywAsmCzptoIVI?e=AMHOBa https://twitter.com/yflbmgwue7lphuz/status/1399346788885139464?s=29 Twitterとonedriveのリンクです。 好きなバンドのSEKAINOOWARIのラフレシアという曲を耳コピしてカラオケ風にしてみました。 iphoneだと画面が小さく鍵盤をスムーズに弾くことができなくて少しリズムが崩れてしまったのが悔しかったです。

63

私は、iPhoneに付属しているGarageBandを使って、シンセサイザーの試奏をしました。また、残念ながら、鍵盤楽器は小学校の時の鍵盤ハーモニカ以来触ってこなかったので、私の弾ける曲は限られています。今回は、つたないながらも、日本国歌「君が代」を弾きました。シンセサイザーのエコーのかかった音色が「君が代」の荘厳なイメージと結びついて、そのイメージをさらに強くしているように思います。 【シンセサイザー「君が代」試奏】※なぜか途中で切れてしまっています。ご了承ください。 https://kokugakuinuniv-my.sharepoint.com/:u:/g/personal/d190634_kokugakuin_ac_jp/EYAdlcsoYzdDgpt3N47z57MBV0rfaGCzaS46PR5EyK_gnA?e=TCgfwR

64

 アプリで音楽を作りYouTubeにあげる一連の行為がこんなにも簡単に行えるとは思っていなかったのでとても驚いた。今度空いた時間があったらまた自分で作ってみたいと思った。

65

初めてアプリを使用して楽曲を作成しましたが、最初は難しいものの長さを簡単に編集することができるのがすごく画期的で、最近はやっている楽曲がエレクトリカルな曲調が多いのもこのようなソフトが使用され、世間に回ってきているからという理由もわかる気がしました。しかし慣れるまではとても扱うのが難しく、何度も何度も再生してやり直す必要がありました。しかし様々な音楽を様々な楽器で簡単に重ねることができるのでオーケストラのような曲よりも「楽曲」を制作するのに向いていると感じました。 https://kokugakuinuniv-my.sharepoint.com/:u:/g/personal/f1814592_kokugakuin_ac_jp/EXGkEas1OvBHvjvifK6ozzkBw0Wqq_ynF6BwFe7TGizePg?e=ox574g

66

私は今回の課題で初めてGarage Bandを扱いました。また電子機器で作曲したのも初めてです。私は中高6年間吹奏楽部に所属しており、中学校時代に夏休みの宿題で1度だけ管楽器の曲を作曲したことがありましたが今回、Garage Bandの手軽さに驚きました。バロック時代から簡単に音楽史を学び、教会と貴族が支え手だった音楽が市民(ブルジョワジー)に変化し、やがてラジオやレコードの登場によって大衆(Mass)になりました。この誰でも手軽に、しかも無料で音楽が作れるソフトはマスメディアの登場によって下げられた音楽への敷居の最終形だと思いました。今まで音楽を聴くことは気軽に楽しめましたが、作曲となると音楽のルールに従って五線紙に記譜する作業は音楽に精通したものだけの作業のように思えました。このGarage Bandは楽譜が読めなくても簡単に曲を作ることができます。また電子機器の中にリズムを入力するだけなので時間もかかりません。この短時間で楽譜が読めなくても曲作りができるという点は曲作りへの敷居が大幅に下がり、まさに大衆向けのツールだと思います。実際、今回初めてGarage Bandを操作した私でも短時間で操作方法を覚え、自分の思いついたリズムをそのまま記録に残すことができました。Garage Bandを操作していてとても楽しかったです。 https://www.instagram.com/tv/CPh4Ci7ppyLAG9UZRYj981NIxT6W4IhSa4ZTjY0/?utm_medium=copy_link

67

URL「 https://kokugakuinuniv-my.sharepoint.com/:u:/g/personal/z211196_kokugakuin_ac_jp/EfKBj0DkVilCgatI7V7fLhEB-0aJp1PsgFsAaSkBe_0IzA?e=cml5yS」  使ってみたアプリ 「普通のアナログシンセサイザー」 使ってみた感想 私は小学生の時に鍵盤ハーモニカに触れたこと以外に自分からピアノなどの鍵盤に触れた経験がなかったので今回の課題はすごくハードルの高いものでした。今回弾いてみた曲は進撃の巨人のOPとドレミの歌をひいてみました。練習ではうまくひけていた曲も録音されている環境の中で引くと緊張してしまいうまくひくことができなかったです。このアプリを使って思ったことはシンセサイザーはいろいろな音を使い分けたり音の高さを上げたり、音を録音して二重聞こえるようになったりとすごく便利な機能がたくさんあると思いました。

68

https://drive.google.com/file/d/1qGTkAXUtKQavBMFYlL3DuQNXaxOyVUni/view?usp=sharing GarageBandには楽器が弾けない人でも演奏が出来るような感じがあります。とても使いやすいソフトだと思います。GarageBandは、私のようにパソコンで気軽にPCで録音したいという人には、音楽の演奏や録音を簡単に楽しめます。音楽が好きな人にはかなり使い道があるツールです。録音と作曲はもちろん、ほかの機能もいろいろあります。これの良いところは完全な自動演奏ではなく、自分の考えで操作してる感じがあるというのがポイントです。操作はとても簡単で、パソコンに詳しくなくても、感覚的に使えるよう設計された親切ソフトです。少しシンセ系の音やエレキピアノの音が少ないです。好みの音を出すには、自分で調整する必要があります。内蔵音源の種類も多いので、手軽に録音はできます。機能が豊富なのに使いやすいソフトだと思います。

69

https://twitter.com/ai_7_bintr1218/status/1399360590863241219?s=20 私はGarageBandを使って荒井由実さんの「優しさに包まれたなら」の一部を演奏してみました。スマホを使ってだったので、画面が小さく何度も失敗を繰り返して大変でしたが、色々な楽器の音がありあれこれ試したくなりもした。この課題をやるまで必要ないと思ってこのアプリを消去していましたが、色々触ってみると意外と面白いと思いました。他の楽器と組み合わせて自分なりの曲を作れるのは難しいイメージでしたが、これ1つで感嘆に出来てしますのは驚きでした。アプリの評価はあまり良くないようでしたが、ちゃんと使いこなせれば問題ないと思いました。機械のバグではない限アプリやコンテンツを使いこなせれば何も問題はないように感じます。利用する人の技術も必要だと思いました。

70

今回初めてGarageBandを使いましたが、音楽の作り方を全く知らない素人の私でも、適当にボタンを押すだけで何となく音楽らしいものが作れるということに非常に驚きました。GrageBandで作曲すると、作成した曲を誰かと共有することも簡単だし、着信音に設定出来たりもしたので、自分で作曲した曲を日常生活でも流せるという点で、自分で作成した曲に愛着がわくと思いました。今まで作曲は音楽の仕組みを理解した人だけが出来るものだと思っていましたが、GrageBandのような作曲アプリを使えば誰でも曲が作れるので、敷居が低くなって、音楽が多くの人にとってより身近なものになると感じました。 https://1drv.ms/u/s!Aky0Nv5IHfmRikfyzhlIRP75xX7Z

71

私がGarageBandを使ってみて1番思ったことは、ほんとのピアノのような音がするんだなあということです。母がピアノを弾くのでピアノの音はよく耳にしますが、その音ととてもよく似ていました。実際、私も小さいころピアノに触れる機会がありましたが、実物の縮小のようなものだなと感じました。左のボタンでオクターブを変更できたり、和音もしっかり反応されていてすごいと思いました。しかし、実際のピアノほど大きくないので練習にはならないのではないかという残念なところもあると思いました。久しぶりにピアノに触れてみたいと思わせてくれるようなものでした。

72

 私は今回は自分のiPhoneに付属しているアプリのGarageBandを使って作曲してみました。他のソフトはよくわからなくて使えず、課金もする気がなかったのでGarageBandの使った感想を述べたいと思います。操作はしやすく、いろんな楽器を使って演奏できるところがポイントです。少々ごちゃごちゃしていて使いにくいと最初は思ったのですが、これに関しては慣れが必要で誰しも最初はこんなものかという感じでした。専門用語?的なものが多く、音楽に携わってこなかったわたしにはあまり理解できませんでしたが、なんとか感覚だけで作曲しました。youtubeでやり方を見ながらでないとおそらく操作することは難しいですが、一度マスターすると効率が上がり作曲しやすくなると思います。他の課金アプリは2000円や3000円と少し高いかなという印象があったので無料で多機能のGarageBandが僕としては1番だと思います。

73

https://kokugakuinuniv-my.sharepoint.com/:u:/g/personal/w1818283_kokugakuin_ac_jp/ETEjzrQKfz1DlsxVX6nyiroBgCV5ywXkjYLUlhKUS9EXbw?e=rJc0GV こんなにも簡単に音を加工できるのはおもしろいなと思いました。様々な音をスマホ一つで出せるので、楽器のない人でも、どこでも自由に曲が作れると感じました。

74

https://youtu.be/myMho8cfg_k いろいろな演奏形態があり、ピアノであれば鍵盤で、弦楽器であれば弦を抑えるようにして現実の楽器に近い形で弾くことができるというような演奏形態もあれば、キーパッドのようなものから複数の打楽器の音を打ち込むことができるというように現実の楽器とは遠くともその楽器の音は鳴らすことができるというような演奏形態もあったためその種類の豊富さに驚きました。本来であれば、長年練習をしている人でなければ演奏が難しい楽器であっても、指で押さえるだけで簡単に音を出すことが体験でき、その音も実際に演奏しているものに近いリアルなものだったため、値段の高い楽器であっても身近に感じることができるようになるのではないかと思いました。

75

https://kokugakuinuniv-my.sharepoint.com/:u:/g/personal/w1818283_kokugakuin_ac_jp/ETEjzrQKfz1DlsxVX6nyiroBgCV5ywXkjYLUlhKUS9EXbw?e=GOj6bA

76

https://youtube.com/shorts/0CzHXdqIw9w?feature=share

77

私は、ガレージバンドを使用しました。ユーチューブなどを活用して自分のできる範囲で作曲しました。様々な楽器がありましたが、イメージとしてはヒップホップやEDMをイメージして作りました。特に、キーボードはドラムと違って自分で打つ必要があるので難しかったです。ドラムは、比較的自然な作曲ができました。 作った曲のURL https://twitter.com/zssdwbyjgth178x/status/1399369978348904450?s=21

78

まず初めに、GarageBandを使ってみました。適当に鍵盤を弾いたりしてみただけですが、それだけでも様になるので素人の私でも使ってみて面白かったです。色々な音色のシンセサイザーが使えるので、飽きないと思います。そして、押すだけで1つのコードが弾けるという機能もあり、適当にコードを組み合わせるだけで1つのリフを作ることができました。そのため、この機能を使えば素人でも簡単に曲が作れると思いました。次に、AudioKit Synth One Synthesizerというアプリを使いました。このアプリは、かなり本格的で、GarageBandよりも細かく音の設定や調整ができるので、玄人向けのアプリだと感じました。しかし、鍵盤を長押しするだけで音が大きくなったり(GarageBandのものより上手く機能している)、少しつまみをいじっただけでも音が変わったりするので、素人の私でも使っていて楽しかったです。このように2つのアプリを使ってみましたが、どちらのアプリもとても使いやすく、素人の自分でも演奏を楽しむことができました。 試奏の様子↓ https://www.instagram.com/tv/CPimMODB5mW/?utm_source=ig_web_copy_link