情報市民11感情Forms:June2021

情報市民11感情Forms:June2021

83

応答

143:09

完了するのにかかった平均時間

Excel で開く

1.

『感情類語辞典』が項目としてあげている感情(正確には感情表現)のリストの中から、4月5月6月の自分にピッタリだと思う感情を20項目選択してください。20項目ちょうどにして下さい。 参考文献 アンジェラ・アッカーマン+ベッカ・パグリッシ『感情類語辞典 増補改訂版』(フィルムアート社、2020年)http://filmart.co.jp/books/playbook_tech/emotion-thesaurus_2/


詳細

『感情類語辞典』が項目としてあげている感情(正確には感情表現)のリストを分類して下さい。分類項目は5つから9つの範囲でお願いします。 愛情/唖然/圧倒/あやふや/憐れみ/安堵/怒り/意気消沈/畏敬/いらだち/陰気/打ちのめされる/うぬぼれ/裏切られる/怖気づく/恐れ知らず/驚き/怯え/懐疑/懐古/確信/愕然/価値がある/価値がない/葛藤/悲しみ/感謝/感傷/感動/気がかり/危惧/疑心暗鬼/期待/気づかい/疑念/希望/きまり悪さ/共感/驚嘆/恐怖/拒絶/疑惑/緊張/苦痛/屈辱/屈服/苦悩/苦しみにもがく/軽蔑/激怒/決意/懸念/嫌悪/嫌疑が晴れる/謙虚/幻滅/後悔/好奇心/肯定/幸福/興奮/高揚感/孤独/混乱/罪悪感/自己嫌悪/自己憐憫/自信/自信喪失/自責/自尊心/嫉妬/失望/執拗/自暴自棄/弱体化/受容/衝撃/称賛/情欲/触発/心配/崇拝/脆弱/切なさ/切望/絶望/羨望/戦慄/多幸感/他人の不幸を喜ぶ/短気/つながり/同情/動揺/憎しみ/ネグレクト/熱心/根に持つ/敗北/恥/パニック/反感/反抗/ヒステリー/悲嘆/評価されない/不安/復讐/不信/不本意/不満/フラストレーション/平穏/防衛/ホームシック/満足/無関心/むら気/無力感/愉快/用心/欲望/喜び/落胆/立腹/旅行熱/冷笑/劣等感/狼狽 参考文献 アンジェラ・アッカーマン+ベッカ・パグリッシ『感情類語辞典 増補改訂版』(フィルムアート社、2020年)http://filmart.co.jp/books/playbook_tech/emotion-thesaurus_2/

応答

1★

1.ホッとする 愛情、安堵、懐古、価値がある、感謝、感動、気づかい、共感、謙虚、幸福、受容、称賛、つながり、同情、平穏、防衛、満足、愉快、喜び、 2.イラっとする あやふや、怒り、いらだち、裏切られる、きまり悪さ、拒絶、軽蔑、激怒、嫌悪、執拗、自暴自棄、触発、羨望、他人の不幸を喜ぶ、短気、憎しみ、根にもつ、ヒステリー、不満、フラストレーション、立腹、冷笑、 3.未来への望み 期待、希望、嫌疑が晴れる、好奇心、自尊心、情欲、切望、多幸感、不安、欲望、旅行熱、狼狽、 4.疑う 懐疑、葛藤、気がかり、危惧、疑心暗鬼、疑念、疑惑、懸念、混乱、嫉妬、心配、反感、反抗、復讐、不本意、むら気、用心、 5.信じる うぬぼれ、恐れ知らず、確信、緊張、決意、肯定、自信、失望、崇拝、熱心、不信、 6.驚く 唖然、圧倒、驚き、愕然、驚嘆、恐怖、興奮、高揚感、衝撃、動揺、パニック、 7.悲しくなる 意気消沈、陰気、打ちのめされる、怖気づく、価値がない、悲しみ、感傷、苦痛、屈辱、屈服、苦悩、苦しみにもがく、幻滅、後悔、孤独、罪悪感、自己嫌悪、自己憐憫、自信喪失、自責、弱体化、脆弱、切なさ、絶望、戦慄、ネグレクト、敗北、恥、悲観、評価されない、ホームシック、無関心、無力感、落胆、劣等感、

2★

①主に他へ抱く肯定の感情 愛情、憐れみ、畏敬、感謝、好奇心、気づかい、称賛、つながり、受容、心配、同情、切なさ、期待、旅行熱、嫌疑が晴れる ②主に他へ抱く負の感情 怒り、いらだち、懐疑、疑惑、軽蔑、嫉妬、情欲、羨望、反感、復讐、不信、不満、立腹、劣等感、根にもつ、無関心、他人の不幸を喜ぶ、憎しみ、ネグレクト、懸念、嫌悪、冷笑、気がかり、執拗、激怒 ③主に他へ抱く恐れの感情 怯え、危惧、疑念、屈辱、罪悪感、戦慄、触発、防衛、敗北、裏切られる、きまり悪さ、用心 ④主に他に圧倒される感情 唖然、圧倒、畏敬、崇拝、衝撃、打ちのめされる、愕然、屈服、敗北 ⑤主に自分へ抱く肯定の感情 安堵、感動、感傷、確信、喜び、多幸感、期待、自尊心、平穏、決意、満足、切望、興奮、高揚感、価値がある ⑥主に自分へ抱く負の感情 苦痛、あやふや、陰気、うぬぼれ、拒絶、不安、苦しみにもがく、弱体化、無力感、フラストレーション、ヒステリー、きまり悪さ、孤独、疑心暗鬼、絶望、自暴自棄、狼狽、自信喪失、後悔、自責、パニック、悲嘆、不本意、恥、短気、脆弱、不信、むら気、評価されない、価値がない

3

1.愛情、憐れみ、安堵、懐古、感謝、感動、気づかい、共感、謙虚、幸福、受容、多幸感、つながり、同情、 平穏、防衛、満足、愉快、喜び 2.唖然、圧倒、畏敬、打ちのめされる、驚き、驚愕、感傷、危惧、驚嘆、衝撃、戦慄、動揺、狼狽 3.あやふや、懐疑、葛藤、気がかり、疑心暗鬼、疑念、きまり悪さ、疑惑、懸念、後悔、混乱、心配 4.怒り、いらだち、緊張、屈辱、屈服、軽蔑、激怒、触発、他人の不幸を喜ぶ、短気、憎しみ、ネグレクト、 根に持つ、反感、反抗、復讐、不満、立腹、冷笑 5.意気消沈、陰気、裏切られる、怖気づく、怯え、価値がない、悲しみ、恐怖、拒絶、苦痛、苦悩、苦しみに もがく、嫌悪、幻滅、孤独、罪悪感、自己嫌悪、自己憐憫、自信喪失、自責、嫉妬、失望、執拗、自暴自棄、 弱体化、脆弱、切なさ、絶望、敗北、恥、パニック、ヒステリー、悲嘆、評価されない、不安、不信、不本  意、フラストレーション、ホームシック、無関心、むら気、無力感、用心、落胆、劣等感 6.うぬぼれ、恐れ知らず、確信、価値がある、期待、希望、決意、嫌疑が晴れる、好奇心、肯定、興奮、高揚 感、自信、自尊心、賞賛、情欲、崇拝、切望、羨望、熱心、欲望、旅行熱

4

「衝動」 唖然、圧倒、怒り、いらだち、打ちのめされる、驚き、愕然、驚嘆、恐怖、緊張、苦痛、苦しみにもがく、激怒、好奇心、興奮、高揚感、混乱、自暴自棄、衝撃、情欲、触発、切望、戦慄、短期、動揺、パニック、ヒステリー、むら気、欲望、立腹 「無」 あやふや、意気消沈、孤独、ネグレクト、無関心、無力感 「憎しみ」 疑心暗鬼、疑念、拒絶、疑惑、屈辱、屈服、軽蔑、嫌悪、自己嫌悪、嫉妬、執拗、羨望、憎しみ、根に持つ、反感、反抗、復讐、不信、不満、フラストレーション、防衛、用心、冷笑 「悲しみ」 憐れみ、陰気、裏切られる、怖気づく、怯え、懐疑、懐古、価値が無い、葛藤、悲しみ、気がかり、危惧、きまり悪さ、苦悩、懸念、幻滅、後悔、罪悪感、自己憐憫、自信喪失、自責、失望、弱体化、心配、脆弱、切なさ、絶望、同情、敗北、恥、悲嘆、評価されない、不安、不本意、ホームシック、落胆、劣等感、狼狽 「喜び」 愛情、安堵、畏敬、うぬぼれ、恐れ知らず、確信、価値がある、感謝、感傷、感動、期待、気づかい、希望、共感、決意、嫌疑が晴れる、謙虚、肯定、幸福、自信、自尊心、受容、称賛、崇拝、多幸感、他人の不幸を喜ぶ、つながり、熱心、平穏、満足、愉快、喜び、旅行熱

5

 愛情・畏敬・感謝・感傷・感動・期待・恐怖・拒絶・疑念・屈辱・苦悩・軽蔑・激動・嫌悪・謙虚・幸福・興奮・自尊心・嫉妬・失望・受容・衝撃・称賛・情欲・触発・心配・崇拝・切望・絶望・羨望・つながり・同情・敗北・唖然・圧倒・確信・愕然・危惧・疑念・希望・共感・驚愕・屈服・決意・幻滅・後悔・混乱・自信・自責・短気・動揺・熱心・恥・反感・反抗・悲観・不安・復讐・不信・不満・平穏・防衛・愉快・用心・欲望・喜び・落胆・立腹・狼狽  あやふや・価値がある・価値がない・気がかり・気づかい・きまり悪さ・苦しみもがく・疑惑が晴れる・弱体化・他人の不幸を喜ぶ・根に持つ・評価されない・  憐れみ・怒り・いらだち・驚き・怯え・悲しみ・切なさ・憎しみ・冷笑・  意気消沈・疑心暗鬼・自暴自棄・  安堵・陰気・懐疑・懐古・葛藤・緊張・苦痛・好奇心・肯定・高揚感・孤独・罪悪感・自己嫌悪・自信喪失・戦慄・多幸感・ネグレクト・パニック・ヒステリー・フラストレーション・モームシック・むら気・不本意・無関心・無力感・旅行熱・劣等感・  打ちのめされる・裏切られる・  うぬぼれ・恐れ知らず・

6

・唖然/驚き/愕然/驚嘆/衝撃 ・あやふや/葛藤/自己嫌悪/劣等感/憐み/自己憐憫/冷笑/心配 ・怒り/いらだち/激怒/立腹/嫌悪/短気/ヒステリー/復讐 ・意気消沈/打ちのめされる/悲しみ/感傷/悲嘆/落胆 ・異形/弱体化/情欲/フラストレーション/むら気/欲望  ・怖気づく/怯え/恐怖/危惧/脆弱/戦慄/狼狽 ・恐れ知らず/好奇心/執拗/熱心/うぬぼれ/自尊心/自信/圧倒/屈服 ・懐疑/気がかり/疑心暗鬼/疑念/疑惑/懸念/不信/用心/防衛 ・価値がない/評価されない/無関心/無力感 ・感動/高揚感/崇拝/羨望/価値がある/感謝 ・気づかい/謙虚/同情きまり悪さ/不本意/不満 ・共感/肯定/称賛/受容/つながり/期待/希望/満足/確信 ・拒絶/軽蔑/嫉妬/失望/憎しみ/ネグレクト ・緊張/動揺/ホームシック/懐古/裏切られる/幻滅 ・苦痛 /苦悩/苦しむもがく/自信喪失/屈辱/敗北/恥 ・決意/触発/切望/根に持つ/反発/反抗 ・後悔/罪悪感/自責/陰気/孤独/不安/後悔/罪悪感/自責 ・愛情/幸福/多幸感/他人の不幸を喜ぶ/愉快/喜び/安堵/平穏/旅行熱 ・混乱/自暴自棄/パニック /切なさ/興奮

7

怒り 喜び 悲しみ 称賛 憎しみ

8

1憐れみ怒り意気消沈いらだち打ちのめされるきまり悪さ拒絶屈辱激怒嫌悪戦慄憎しみ根に持つ復讐不満立腹 2唖然あやふや圧倒陰気打ちのめされる怖気づく怯え懐疑愕然悲しみ感傷疑心暗鬼疑念恐怖苦悩苦しみにもがく 3自信自信喪失自責/自尊心自暴自棄 4冷笑喜び欲望 5ホームシックフラストレーションパニックネグレクト 語感によって並べ替えました。特に前半には怒りの言葉が多いように感じました。

9

  安堵 感動 期待 興奮 高揚感 賞賛 満足 愉快 喜び 旅行熱  怒

  怒り いらだち 激怒 興奮 短気 立腹  

  意気消沈 憐み 懐古 悲しみ 感傷 孤独 自己憐憫 切なさ 同情 無関心 落胆 冷笑 苦楽 うぬぼれ 希望 苦痛 苦悩 苦しみにもがく 好奇心 幸福 切望 多幸感 他人の不幸を喜ぶ    平穏  愛  愛情 感謝 気づかい 共感 共感 肯定 執拗 受容 情欲 崇拝 羨望 つながり 熱心 欲望      嫌怖 畏敬 怖気づく 陰気 圧倒 怯え 危惧 恐怖 拒絶 屈服 軽蔑 嫌悪 罪悪感 自己嫌悪 嫉妬    脆弱 絶望 憎しみ ネグレクト 根に持つ 恥 反感 反抗 悲嘆 不安 復讐 不本意 不満     フラストレーション ホームシック 用心 冷笑  悔  打ちのめされる 裏切られる 気がかかり 屈辱 幻滅 後悔 失望 敗北 評価されない 復讐      驚疑 驚き 懐疑 愕然 葛藤 疑心暗鬼 疑念 驚嘆 疑惑 懸念 嫌疑が晴れる 混乱 衝撃 心配 戦慄    動揺 パニック ヒステリー 不信 防衛 狼狽 自信 恐れ知らず 価値がある 価値がない きまり悪さ 緊張 決意 謙虚 自信 自信喪失 自信喪失                自責 自尊心 自暴自棄 弱体化 触発 あやふや むら気 無力感 劣等感 狼狽

10

愛情・安堵・懐古・感謝・感動・期待・希望・共感・嫌疑が晴れる・好奇心・肯定・幸福・興奮・高揚感・情欲・切望・多幸感・つながり・熱心・平穏・満足・愉快・喜び・旅行熱 唖然・圧倒・怖気づく・驚き・愕然・驚嘆・衝撃・触発 あやふや・うぬぼれ・懐疑・疑心暗鬼・疑念・疑惑・懸念・混乱・動揺・パニック・ヒステリー・悲嘆・用心・狼狽 憐れみ・価値がない・悲しみ・感傷・気がかり・気づかい・心配・同情・評価されない・不安・不信・防衛・ホームシック・冷笑 怒り・いらだち・怯え・危惧・恐怖・拒絶・緊張・軽蔑・激怒・嫌悪・幻滅・失望・絶望・戦慄・短気・敗北・恥・反抗・復讐・不本意・フラストレーション・立腹 意気消沈・陰気・打ちのめされる・裏切られる・葛藤・きまり悪さ・苦痛・屈辱・苦悩・苦しみにもがく・後悔・孤独・罪悪感・自己嫌悪・自己憐憫・自信喪失・自責・嫉妬・執拗・自暴自棄・弱体化・脆弱・切なさ・他人の不幸を喜ぶ・憎しみ・ネグレクト・根に持つ・反感・不満・無関心・むら気・無力感・欲望・落胆・劣等感 畏敬・価値がある・屈服・謙虚・称賛・崇拝・羨望 恐れ知らず・確信・決意・自信・自尊心・受容

11

希望、つながり、受容、愛情、安堵、平穏、多幸感、幸福、感動、感謝、確信、期待、満足、興奮、好奇心、高揚感、決意、自身、肯定、嫌疑が晴れる 唖然、憐み、失望、同情、不信、冷笑、無関心 あやふや、懐疑、葛藤、気がかり、危惧、疑惑、苦悩、孤独、混乱、罪悪感、苦しみにもがく、懸念、自責、心配、不安、評価されない、防衛、用心 圧倒、畏敬、称賛、崇拝、怖気つく、驚き、怯え、愕然、驚嘆、恐怖、屈服、衝撃、絶望、落胆、戦慄、狼狽、動揺、パニック、緊張 怒り、苛立ち、拒絶、軽蔑、激怒、嫌悪、幻滅、嫉妬、執拗、短気、憎しみ、復讐、不本意、フラストレーション、立腹、反抗、ヒステリー 無力感、意気消沈、きまり悪さ、屈辱、恥、陰気、絶望、苦痛、後悔、自信喪失、裏切られる、自暴自棄、弱体化、悲嘆、敗北、劣等感、自己嫌悪、悲しみ、切なさ 自己憐憫、うぬぼれ、自尊心

12★

『感情類語辞典』が項目としてあげている感情(正確には感情表現)のリストを【喜び】、【信頼】、【恐れ】、【驚き】、【悲しみ】、【嫌悪】、【怒り】、【期待】、【恥】の9つに分類しました。
【喜び】懐古・価値がある・感謝・感動・気づかい・嫌疑が晴れる・幸福・興奮・高揚感・自尊心・称賛・多幸感・他人の不幸を喜ぶ・平穏・満足・愉快・喜び 【信頼】愛情・安堵・畏敬・うぬぼれ・恐れ知らず・確信・共感・緊張・決意・謙虚・好奇心・肯定・自信・受容・情欲・崇拝・つながり・同情・熱心・用心・冷笑・劣等感
【恐れ】圧倒・あやふや・怖気づく・怯え・気がかり・危惧・恐怖・屈服・懸念・混乱・罪悪感・自責・心配・戦慄・動揺・パニック・ヒステリー・不安・不信・防衛・むら気・無力感
【驚き】唖然・驚き・愕然・驚嘆・拒絶・衝撃・狼狽
【悲しみ】憐れみ・意気消沈・陰気・打ちのめされる・価値がない・悲しみ・感傷・苦痛・苦悩・苦しみにもがく・幻滅・後悔・孤独・自信喪失・失望・自暴自棄・弱体化・脆弱・切なさ・絶望・敗北・悲嘆・評価されない・ホームシック・落胆・旅行熱
【嫌悪】裏切られる・懐疑・疑心暗鬼・疑念・疑惑・軽蔑・嫌悪・自己嫌悪・自己憐憫・嫉妬・執拗・憎しみ・ネグレクト・根に持つ・不本意・不満
【怒り】怒り・いらだち・葛藤・激怒・触発・短気・反感・反抗・復讐・フラストレーション・立腹
【期待】期待・希望・切望・羨望・無関心・欲望
【恥】きまり悪さ・屈辱・恥

13★

幸せな感情:
愛情、安堵、感謝、感動、多幸感、幸福、満足、喜び、平穏、希望、旅行熱、懐古、決意
不安な感情:意気消沈、葛藤、怯え、悲しみ、気がかり、疑心暗鬼、おじけづく、混乱、危惧、懸念、疑念、恐怖、疑惑、緊張、孤独、動揺、ヒステリー、悲嘆、不安、不信、無力感、自暴自棄
自己肯定感の低い感情:いらだち、うちのめされる、価値がない、罪悪感、自己嫌悪、自信喪失、自責、嫉妬、自暴自棄、弱体化、他人の不幸を喜ぶ、短気、恥、評価されない、劣等感、狼狽、自己憐憫
自己肯定感の高い感情:うぬぼれ、恐れ知らず、確信、価値がある、肯定、自信、決意 苦しみの感情:葛藤、苦痛、屈辱、屈服、苦悩、苦しみにもがく、
他人に対するマイナスな感情:陰気、哀れみ、怒り、拒絶、軽蔑、激怒、嫌悪、幻滅、失望、絶望、憎しみ、根に持つ、復讐、落胆、立腹、冷笑 他人に対するプラスな感情:価値がある、感謝、受容、気遣い、称賛、崇拝、憎しみ、反感、反抗、不信、不満、フラストレーション、劣等感、決まりの悪さ、共感、拒絶、期待、 驚きの感情:愕然、啞然、驚嘆、驚き、パニック
色欲:情欲、興奮、高揚感、不本意
その他:裏切られれる、畏敬、嫌疑が晴れる、後悔、好奇心、執拗、脆弱、触発、つながり、ネグレクト、

14★

①【喜び、安堵(明るい、前向き)】『期待、希望、称賛、喜び、肯定、価値がある、愉快、熱心、恐れ知らず、確信、決意、羨望、好奇心、愛情、安堵、気づかい、共感、受容、多幸感、幸福、高揚感、平穏、懐古、感謝、嫌疑が晴れる、つながり』
 ②【衝撃(衝撃によって起こる反応系)】『唖然、圧倒、打ちのめされる、驚き、愕然、驚嘆、衝撃、パニック、狼狽、動揺、興奮、触発、意気消沈、感動、混乱』
③【苦しさ、悔しさ】『裏切られる、葛藤、屈辱、屈服、苦悩、苦痛、苦しみにもがく、孤独、緊張、絶望』
 ④【悲しみ】『憐れみ、悲しみ、感傷、切なさ、悲嘆、弱体化』
⑤【怖い、不安】『怖気づく、恐怖、戦慄、怯え、不安、評価されない、ヒステリー、ホームシック、あやふや』
⑥【疑い、心配、他人/の事に対する負よりの感情】『懐疑、気がかり、疑惑、疑心暗鬼、疑念、懸念、同情、心配、危惧、不信、失望、落胆、他人の不幸を喜ぶ』
 ⑦【怒り、憎しみ】『怒り、いらだち、拒絶、軽蔑、激怒、嫌悪、自己嫌悪、自責、憎しみ、復讐、立腹、冷笑、根に持つ、反抗、短気、反感、きまり悪さ、幻滅』
 ⑧【自己への感情(自己への感情による他への表出)】『自己憐憫、うぬぼれ、価値がない、劣等感、後悔、自信喪失、自暴自棄、自尊心、罪悪感、自信、恥、満足、謙虚、敗北、不満、脆弱、無力感、むら気、フラストレーション、不本意、ネグレクト、陰気』
 ⑨【他人/の事への感情】『畏敬、崇拝、情欲、切望、嫉妬、執拗、無関心、防衛、用心、欲望、旅行熱』

15

感情分類 ヨロコビ ・愛情 ・満足 ・幸福 ・期待 ・称賛 ムカムカ ・屈辱 ・反抗 ・反感 ・軽蔑 ・拒絶 イカリ ・いらだち ・葛藤 ・後悔 ・自責 ・憎しみ ビビり ・不安 ・落胆 ・不信 ・孤独 ・失望 カナシミ ・切なさ ・悲嘆 ・絶望 ・幻滅 ・劣等感

16★

『感情類語辞典』が項目としてあげている感情(感情表現)のリストを分類してみました。 感情表現は様々ありますが、大きく希望が達成された時や優しさを感じた時に生まれるきもちの喜び、心配することなく、信じて安心できる気持の信頼、害悪や危険な事柄に対して非難したいと感じる気持ちの恐れ、予期しない事柄を体験した時の瞬間的な感情の驚き、物事がうまくいかなかった時や大切なものをなくした時に感じる気持ちの悲しみ、不快に感じる気持ちの嫌悪、傷つけられたりした時に起こる気持ちの怒り、物事が自分のおもい通りになることを望む気持ちの期待、の8つに分類できると思います。 喜びの分類には、喜びを中心として喜びの感情が生まれるもととなる感情表現の平穏、興奮、自尊心などで信頼の分類には、信頼、を中心に信頼から生まれる感情表現だと考えた好奇心、確信、愛情、恐れの分類には、恐れを中心に恐れから生まれる感情表現だと考えた不安、緊張など、驚きの分類には、驚きを中心に驚きから生まれる感情表現だと考えた驚嘆、衝撃、パニックなど、悲しみの分類には悲しみを中心に悲しみから生まれる感情表現だと考えた切なさ、陰気など、怒りの分類には怒りを中心に怒りから生まれる感情表現だと考えたいらだち、反抗、立腹など、期待の分類には期待を中心に期待から生まれる感情表現だと考えた圧倒、失望、称賛などのようになると私は考えました。

17

愛情/うぬぼれ/懐古/価値がある/感謝/感傷/感動/期待/希望/幸福/興奮/高揚感/自尊心/称賛/情欲/切望/多幸感/他人の不幸を喜ぶ/欲望/喜び/ 畏敬/気づかい/謙虚/受容/崇拝/つながり/同情/防衛/ 唖然/圧倒/あやふや/意気消沈/陰気/打ちのめされる/驚き/愕然/驚嘆/混乱/自己嫌悪/自己憐憫/自信喪失/自責/衝撃/触発/羨望/動揺/パニック/ヒステリー/フラストレーション/無関心/むら気/無力感/狼狽 安堵/恐れ知らず/確信/共感/決意/好奇心/肯定/自信/熱心/平穏/満足/愉快/旅行熱 怖気づく/怯え/価値がない/葛藤/危惧/気がかり/疑心暗鬼/疑念/恐怖/疑惑/緊張/苦悩/苦しみにもがく/懸念/怒り/いらだち/裏切られる/懐疑/悲しみ/きまり悪さ/拒絶/苦痛/屈辱/屈服/軽蔑/激怒/嫌悪/嫌疑が晴れる/幻滅/後悔/憐れみ/孤独/罪悪感/嫉妬/失望/執拗/自暴自棄/弱体化/心配/脆弱/切なさ/絶望/戦慄/短気/憎しみ/ネグレクト/敗北/反感/反抗/悲談/評価されない/復讐/不安/不信/不本意/不満/根に持つ/恥/ホームシック/用心/落胆/立腹/冷笑/劣等感/

18★

1. 肯定的な意味と否定的な意味に分類
肯定① 愛情・安堵・畏敬・驚き・懐古・確信・価値がある・感謝・感動・期待・気遣い・希望・共感・決意・嫌疑が晴れる・謙虚・好奇心・肯定・幸福・興奮・高揚感・受容・衝撃・称賛・情欲・崇拝・切望・多幸感・他人の不幸を喜ぶ・つながり・同情・熱心・平穏・防衛・満足・ムラ気・愉快・用心・欲望・喜び・旅行熱・恐れ知らず・自尊心
否定① 唖然/圧倒/あやふや/憐れみ/怒り/意気消沈/いらだち/陰気/打ちのめされる/うぬぼれ/裏切られる/怖気づく/怯え/懐疑/愕然/価値がない/葛藤/悲しみ/感傷/気がかり/危惧/疑心暗鬼/疑念/きまり悪さ/驚嘆/恐怖/拒絶/疑惑/緊張/苦痛/屈辱/屈服/苦悩/苦しみにもがく/軽蔑/激怒/懸念/嫌悪/幻滅/後悔/孤独/混乱/罪悪感/自己嫌悪/自己憐憫/自信喪失/自責/嫉妬/失望/執拗/自暴自棄/弱体化/触発/心配/脆弱/切なさ/切望/絶望/羨望/戦慄/短気/動揺/憎しみ/ネグレクト/根に持つ/敗北/恥/パニック/反感/反抗/ヒステリー/悲嘆/評価されない/不安/復讐/不信/不本意/不満/フラストレーション/ホームシック/無関心/無力感/用心/落胆/立腹/冷笑/劣等感/狼狽 

2.1で分類したものを訂正しつつ、それぞれさらに2つに分類
肯定① 愛情・安堵・感謝・感動・期待・気遣い・希望・興奮・同情・熱心・満足・喜び・
肯定② 畏敬・驚き・懐古・確信・価値がある・共感・決意・嫌疑が晴れる・謙虚・好奇心・肯定・幸福・高揚感・受容・衝撃・称賛・情欲・崇拝・切望・多幸感・他の人の不幸を喜ぶ・つながり・平穏・防衛・ムラ気・愉快・用心・欲望・熱旅行・恐れ知らず・自尊心
否定① 唖然・あやふや・憐れみ・怒り・意気消沈・いらだち・陰気・うぬぼれ・裏切られる・怖気づく・怯え・懐疑・価値がない・葛藤・悲しみ・感傷・危惧・疑心暗鬼・疑念・きまり悪さ・恐怖・拒絶・疑惑・緊張・苦痛・屈辱・屈服・苦悩・苦しみにもがく・軽蔑・激怒嫌悪・幻滅・後悔・孤独・混乱・罪悪感・自己嫌悪・自己憐憫・自信喪失・自責・嫉妬・失望・執拗・自暴自棄・弱体化・脆弱・絶望・戦慄・憎しみ・ネグレクト・敗北・恥・パニック・反感・反抗・ヒステリー・悲嘆・評価されない・不安・復讐・不信・不本意・不満・フラストレーション・ホームシック・落胆・立腹・冷笑・劣等感・狼狽
否定② 圧倒・打ちのめされる・気がかり・驚嘆・懸念・触発・心配・脆弱・切なさ・羨望・短気・動揺・根に持つ・無関心・無力感・用心 3. 2で分類したものを訂正しつつ、それぞれさらに3つに分類
肯定① 愛情・安堵・感謝・感動・期待・気遣い・希望・興奮・同情・熱心・満足・喜び・共感
肯定② 畏敬・驚き・確信・決意・好奇心・肯定・幸福・高揚感・受容・衝撃・称賛・切望・多幸感・他の人の不幸を喜ぶ・ムラ気・愉快・用心・欲望・恐れ知らず・自尊心・自信
肯定③ 懐古・価値がある・嫌疑が晴れる・謙虚・情欲・崇拝・つながり・平穏・防衛・旅行熱
否定① 唖然・あやふや・憐れみ・怒り・意気消沈・いらだち・うぬぼれ・裏切られる・怖気づく・怯え・懐疑・悲しみ・感傷・危惧・疑心暗鬼・疑念・恐怖・拒絶・疑惑・緊張・苦痛・屈辱・屈服・苦悩・苦しみにもがく・軽蔑・激怒嫌悪・幻滅・後悔・混乱・罪悪感・自己嫌悪・自己憐憫・自信喪失・自責・嫉妬・失望・執拗・絶望・戦慄・憎しみ・ネグレクト・パニック・反感・反抗・ヒステリー・悲嘆・不安・復讐・不信・不本意・不満・フラストレーション・落胆・立腹・劣等感・狼狽
否定② あやふや・陰気・価値がない・葛藤・きまり悪さ・孤独・自暴自棄・弱体化・脆弱・敗北・恥・評価されない・冷笑・ホームシック
否定③ 圧倒・打ちのめされる・気がかり・驚嘆・懸念・触発・心配・脆弱・切なさ・羨望・短気・動揺・根に持つ・無関心・無力感・用心

19

肯定的感情 愛情、憐れみ、安堵、驚き、愕然、価値がある、感謝、感傷、感動、期待、気づかい、希望、共感、驚嘆、緊張、疑惑が晴れる、好奇心、肯定、幸福、興奮、高揚感、受容、称賛、崇拝、切望、多幸感、つながり、同情、熱心、平穏、防衛、満足、愉快、喜び 否定的感情 怒り、意気消沈、畏怖、いらだち、陰気、打ちのめされる、怖気づく、怯え、懐疑、懐古、価値がない、悲しみ、気がかり、危惧、疑念、恐怖、拒絶、疑惑、苦痛、屈辱、屈服、苦しみもがく、懸念、嫌悪、虚偽、混乱、嫉妬、失望、執拗、弱体化、脆弱、戦慄、動揺、憎しみ、ネグレクト、根に持つ、敗北、パニック、反感、ヒステリー、不信、ホームシック、無関心、むら気、無感力、用心、冷笑 自己肯定的感情 うぬぼれ、恐れ知らず、軽蔑、自信、自尊心、情欲、挑発、他人の不幸を喜ぶ、復讐、不本意、不満、フラストレーション、欲望 自己否定的感情 裏切られる、葛藤、疑心暗鬼、決まり悪さ、苦悩、幻滅、後悔、孤独、罪悪感、自己嫌悪、自己憐憫、自信喪失、自責、自暴自棄、心配、切なさ、羨望、恥、悲嘆、評価されない、不安、劣等感、狼狽 決定的感情 確信、激怒、決意、衝撃、絶望、短気、反抗、落胆、立腹、旅行熱

20

愛情、怒り、いらだち、驚き、悲しみ、感動、緊張、激怒、興奮、衝撃、心配、絶望、動揺、恥、満足、喜び、不安、立腹/ 唖然、愕然、葛藤、感傷、危惧、期待、希望、恐怖、苦痛、苦悩、軽蔑、懸念、自信、幸福、混乱、称賛、崇拝、切望、反感、悲嘆、復讐、不満、愉快、欲望、防衛/ 圧倒、陰気、感謝、肯定、後悔、驚嘆、冷笑、平穏、不信/ あやふや、安堵、自惚れ、怯え、懐疑、疑心暗鬼、旅行熱、劣等感、無関心、むら気、無力感、不本意/ 哀れみ、同情、畏敬、懐古、狼唄、立腹/ 意気消沈、打ちのめされる、恐れ知らず、裏切られる、価値がある、価値がない、決まり悪さ、きづかい、苦しみにもがく、嫌疑が晴れる、他人の不幸を喜ぶ、ネグレクト、評価されない、フラストレーション、ホームシック/

21

ポジティブな感情の発露 愛情・畏敬・確信・感謝・期待・共感・決意・肯定・称賛・崇拝・切望・羨望・熱心
ネガティブな感情の発露 憐れみ・疑念・疑惑・軽蔑・幻滅・後悔・罪悪感・自己嫌悪・自己憐憫・自責・嫉妬・失望・絶望・他人の不幸を喜ぶ・同情・根に持つ・ヒステリー・悲嘆・落胆・冷笑
ポジティブな感情の反応 安堵・感動・謙虚・受容 ネガティブな感情の反応 怖気づく・怯え・葛藤・拒絶・屈辱・自信喪失 中間的な感情の反応 唖然・圧倒・あやふや・驚き・愕然・驚嘆・衝撃・戦慄・動揺
ネガティブな心境 意気消沈・陰気・打ちのめされる・裏切られる・うぬぼれ・懐疑・価値が無い・悲しみ・感傷・気がかり・危惧・疑心暗鬼・きまり悪さ・恐怖・緊張・苦痛・屈服・苦悩・苦しみにもがく・懸念・孤独・混乱・執拗・自暴自棄・弱体化・脆弱・切なさ・短気・ネグレクト・敗北・恥・パニック・評価されない・不安・不信・不満・ホームシック・無力感・劣等感・狼狽
ポジティブな心境 恐れ知らず・価値がある・希望・好奇心・幸福・興奮・高揚感・自信・自尊心・多幸感・平穏・満足・愉快・喜び 中間的な心境 懐古・気づかい・嫌疑が晴れる・情欲・触発・心配・つながり・不本意・防衛・無関心・むら気・用心・欲望・旅行熱
攻撃的な感情 怒り・いらだち・激怒・憎しみ・反感・反抗・復讐・フラストレーション・立腹

22

喜びー懐古・感謝・共感・幸福・高揚感・称賛・多幸感・満足・愉快・喜び 信頼ー愛情・安堵・畏敬・恐れ知らず・価値がある・気づかい・嫌疑が晴れるれる・肯定・自尊心・受容・崇拝・羨望・つながり・平穏 恐れーあやふや・怖気づく・怯え・懐疑・価値がない・気がかり・危惧・疑心暗鬼・疑念・きまり悪るさ・恐怖・疑惑・緊張・屈服・懸念・謙虚・混乱・自己憐憫・自信喪失・弱体化・心配・脆弱・戦慄・恥・パニック・ヒステリー・不安・不信・防衛・用心・狼狽 驚きー唖然・圧倒・驚き・愕然・感動・驚嘆・衝撃・動揺 悲しみー憐み・意気消沈・打ちのめされる・裏切られる・悲しみ・感傷・苦痛・屈辱・苦悩・苦しみにもがく・                                                                   後悔・孤独・失望・自暴自棄・切なさ・絶望・同情・敗北・悲嘆・不本意・ホームシック・無力感・落胆 嫌悪ー陰気・拒絶・軽蔑・嫌悪・幻滅・罪悪感・自己嫌悪・嫉妬・他人の不幸を喜ぶ・ネグレクト・根に持つ・ 冷笑・劣等感 怒りー怒り・いらだち・葛藤・激怒・自責・執拗・短気・憎しみ・反感・反抗・評価されない・復讐・不満・フラストレーション・立腹 期待ーうぬぼれ・確信・期待・希望・決意・好奇心・興奮・自信・情欲・触発・切望・熱心・欲望・旅行熱・むら気

23★

① 愛情・感謝・共感・不満・嫉妬 →人に対して抱く感情
② いらだち・怒り・拒絶・感動・悲しみ・喜び →何か突発的な出来事に対して抱く感情
③ 不安・希望・期待・決意 →先が見えない未来に対して抱く感情
④ 安堵・自信喪失 →人と比べた際に起きる感情
⑤ 後悔・高揚感・罪悪感 →原因となる事柄から少し時間が経過し、それを振り返った際に沸き起こる感情

24

興味=恐れ知らず、決意、旅行熱、触発、羨望、好奇心、情欲、熱心  謙=きまり悪さ、謙虚、罪悪感、自責  哀=憐れみ、他人の不幸を喜ぶ、陰気、打ちのめされる、悲しみ、感傷、苦痛、苦悩、苦しみにもがく、    孤独、自己憐憫、嫉妬、弱体化、脆弱、切なさ、同情、敗北、恥、悲嘆、評価されない、不安、    ホームシック、後悔  楽=懐古、安堵、感動、期待、希望、共感、幸福、興奮、高揚感、多幸感、つながり、平穏、満足、愉快、    喜び、嫌疑が晴れる  好=愛情、畏敬、うぬぼれ、価値がある、感謝、気がかり、気づかい、肯定、自信、自尊心、執拗、心配、    自暴自棄、受容、称賛、崇拝、切望、むら気、欲望  嫌=価値がない、拒絶、いらだち、屈辱、軽蔑、激怒、嫌悪、幻滅、自己嫌悪、短気、憎しみ、根に持つ、    反感、反抗、復讐、不信、不本意、不満、フラストレーション、立腹、冷笑、劣等感  恐=あやふや、怖気づく、怯え、懐疑、葛藤、危惧、疑心暗鬼、疑念、恐怖、疑惑、緊張、屈服、ヒステリ    ー、防衛、用心  驚=唖然、圧倒、裏切られる、驚き、愕然、驚嘆、混乱、戦慄、動揺、パニック、衝撃、狼狽  無=意気消沈、自信喪失、失望、絶望、ネグレクト、無関心、無力感、落胆

25

感情表現を8つの項目で分類します。 1,喜び   価値がある、感謝、感動、共感、嫌疑が晴れる、好奇心、幸福、興奮、高揚感、情欲、多幸感、熱心、平穏、満足、愉快、欲望、喜び 2,信頼 愛情、安堵、畏敬、肯定、自信、受容、称賛、崇拝、つながり、気づかい 3,恐れ 怖じ気づく、怯え、疑心暗鬼、疑念、恐怖、疑惑、罪悪感、戦慄、あやふや、気がかり、緊張、屈服、懸念、謙虚、混乱、心配、不安 4,驚き 唖然、圧倒、驚き、愕然、驚嘆、衝撃、パニック、動揺 5,悲しみ 憐れみ、陰気、意気消沈、打ちのめされる、懐古、裏切られる、悲しみ、感傷、幻滅、後悔、孤独、自己憐憫、自信喪失、失望、弱体化、脆弱、切なさ、絶望、敗北、悲嘆、評価されない、ホームシック、無力感、落胆、狼狽、拒絶、同情、苦悩 6,嫌悪 屈辱、嫌悪、自己嫌悪、自責、自暴自棄、不信、不満、劣等感、葛藤、きまり悪さ、苦しみにもがく、憎しみ、ネグレクト、恥、無関心 7,怒り 怒り、いらだち、激怒、触発、他人の不幸を喜ぶ、短気、根に持つ、反感、反抗、復讐、不本意、不満、フラストレーション、立腹、恐れ知らず、懐疑、苦痛、軽蔑、嫉妬、執拗、ヒステリー、冷笑 8,期待 うぬぼれ、期待、確信、希望、決意、好奇心、切望、羨望、防衛、用心、危惧、自尊心

26

・愛…愛情、安堵、感動、期待、感謝、気づかい、幸福、高揚感、興奮、多幸感、賞賛、同情、平穏、愉快、喜び、旅行熱、他人の不幸を喜ぶ、受容 ・攻撃…怒り、いらだち、激怒、嫉妬、執拗、短気、憎しみ、根に持つ、復讐、フラストレーション、立腹 ・侮慢…哀れみ、裏切られる、懐疑、疑念、軽蔑、嫌悪、幻滅、失望、孤独、ネグレクト、反感、反抗、不信、無関心、落胆、冷笑 ・悔悟…意気消沈、感傷、懐古、苦悩、苦しみにもがく、後悔、罪悪感、自己嫌悪、自己憐憫、自信喪失、自責、自暴自棄、弱体化、脆弱、切なさ、絶望、敗北、恥、パニック、悲観、評価されない、不安、不本意、不満、ホームシック、無気力、劣等感、狼狽 ・拒否…啞然、陰気、悲しみ、葛藤、拒絶、苦痛、きまり悪さ、ヒステリー、価値がない ・畏怖…畏敬、驚き、怯え、怖気づく、愕然、驚嘆、恐怖、疑惑、緊張、混乱、衝撃、動揺、防衛、用心、崇拝、戦慄 ・服従…打ちのめされる、気がかり、危惧、疑心暗鬼、懸念、心配、屈辱、屈服、謙虚 ・楽観…圧倒、あやふや、恐れ知らず、うぬぼれ、価値がある、共感、決意、肯定、好奇心、嫌疑が晴れる、自信、自尊心、情欲、触発、切望、つながり、熱心、欲望、むら気

27

〇喜び 愛情、安堵、うぬぼれ、価値がある、喜び、感動、嫌疑が晴れる、幸福、興奮、高揚感、称賛、多幸感、他人の不幸を喜ぶ、平穏、満足、愉快、喜び 〇信頼 恐れ知らず、確信、気づかい、謙虚、崇拝、熱心 〇恐れ あやふや、怖気づく、怯え、懐疑、危惧、疑心暗鬼、疑念、きまり悪さ、恐怖、疑惑、緊張、屈服、懸念、混乱、心配、絶望、戦慄、パニック、反抗、ヒステリー、不安、不信、フラストレーション、防衛、ホームシック、無関心、用心、狼狽 〇驚き 唖然、圧倒、畏敬、打ちのめされる、驚き、懐古、愕然、気かがり、驚嘆、衝撃、動揺 〇悲しみ 憐れみ、意気消沈、裏切られる、価値がない、悲しみ、感傷、幻滅、後悔、孤独、自己憐憫、失望、弱体化、脆弱、切なさ、同情、敗北、恥、悲嘆、評価されない、むら気、無力感、落胆 〇嫌悪 陰気、拒絶、苦痛、苦悩、苦しみにもがく、軽蔑、嫌悪、罪悪感、自己嫌悪、自信喪失、自責、嫉妬、自暴自棄、憎しみ、ネグレクト、根に持つ、反感、不本意、不満、冷笑、劣等感 〇怒り 怒り、いらだち、葛藤、屈辱、激怒、執拗、触発、短気、復讐、立腹 〇期待 期待、希望、共感、決意、好奇心、肯定、自信、自尊心、受容、情欲、切望、羨望、つながり、欲望、旅行熱

28

対 他人 プラス 対 他人 マイナス 対 自分 プラス 対 自分 プラス 客観的評価

29

・愛情、幸福、多幸感、つながり、平穏、安堵、感謝、気づかい、謙虚、共感、圧倒、興奮、感動、高揚感、満足、喜び、愉快、嫌疑が晴れる ・価値がある、期待、希望、肯定、畏敬、称賛、触発、崇拝、羨望、嫉妬、欲望、フラストレーション、情欲、好奇心、旅行熱 ・受容、決意、確信、自信、自尊心、恐れ知らず、熱心、うぬぼれ ・懐疑、葛藤、疑念、疑惑、むら気、混乱、緊張、動揺、あやふや、きまり悪さ、恥、屈服、屈辱、懸念、心配、用心 ・憐れみ、同情、感傷、自己憐憫、打ちのめされる、苦悩、苦痛、苦しみにもがく、悲しみ、切なさ、孤独、ホームシック、懐古 ・怖気づく、怯え、恐怖、拒絶、戦慄、疑心暗鬼、危惧、防衛、驚き、驚嘆、衝撃、狼狽、愕然 ・意気消沈、陰気、自信喪失、絶望、敗北、幻滅、失望、自暴自棄、落胆、後悔、罪悪感、自己嫌悪、自責、無力感、劣等感、弱体化、脆弱 ・怒り、いらだち、激怒、嫌悪、立腹、唖然、裏切られる、憎しみ、根に持つ ・価値がない、軽蔑、他人の不幸を喜ぶ、冷笑、気がかり、短気、ネグレクト、無関心    

30

①愛情崇拝自信希望幸福興奮愉快多幸感②意気消沈陰気打ちのめされる怖気付く怯え懐疑自信不信孤独自責落胆悲嘆苦痛敗北評価されない脆弱切なさ自己嫌悪屈辱③感謝感動肯定羨望受容共感気づかい熱心称賛欲望④動揺他人の不幸を喜ぶうぬぼれヒステリーフラストレーション崇拝激怒立腹憎しみ激怒軽蔑拒絶復讐不信不満反感反抗戦慄⑤不穏冷笑劣等感無関心むら気無力感⑤唖然圧倒愕然用心驚嘆衝撃畏敬驚き恐れ知らず

31

「楽しみ」愛情/価値がある/感謝/感動/期待/気づかい/希望/共感/驚嘆/嫌疑が晴れる/謙虚/好奇心/肯定/幸福/興奮/高揚感/称賛/情欲/触発/崇拝/多幸感/つながり/熱心/平穏/防衛/満足/愉快/用心/欲望/喜び/安堵/懐古/確信/決意/自信/自尊心 「嫌気」唖然/圧倒/あやふや/意気消沈/打ちのめされる/うぬぼれ/価値がない/葛藤/きまり悪さ/驚嘆/嫌悪/幻滅/後悔/孤独/混乱/罪悪感/自己嫌悪/自己憐憫/自信喪失/自責/嫉妬/失望/執拗/自暴自棄/弱体化/受容/衝撃/心配/脆弱/切なさ/切望/絶望/羨望/戦慄/他人の不幸を喜ぶ/評価されない/不安/不信/不本意/不満/フラストレーション/ホームシック/無関心/むら気/無力感/軽蔑/落胆/立腹/旅行熱/冷笑/劣等感/狼狽/陰気/裏切られる 「悲しみ」憐れみ/悲しみ/感傷/気がかり/苦痛/苦悩/苦しみにもがく/同情/恥/悲嘆/ 「恐れ」畏敬/怖気づく/恐れ知らず/驚き/怯え/懐疑/愕然/危惧/疑心暗鬼/疑念/恐怖/拒絶/疑惑/緊張/動揺/パニック/屈服/ 「怒り」怒り/いらだち/激怒/短気/屈辱/憎しみ/ネグレクト/根に持つ/敗北/反感/反抗/ヒステリー/復讐/

32

私は、『感情類語辞典』が項目としてあげている感情は「①愛、②喜び、③安心、④不安、⑤悲哀、⑥怒り、⑦苦しみ、⑧悦、⑨驚き」に分類できると思います。その場合、 ①愛 … 愛情、懐古、自尊心、同情、気づかい、感謝、熱心、決意 ②喜び …  期待、多幸感、満足、幸福、喜び、希望、共感、称賛、旅行熱、感動、肯定、畏敬、崇拝 ③安心 … つながり、安堵、確信、平穏、嫌疑が晴れる、価値がある、自己憐憫、自信 ④不安 …  意気消沈、陰気、怖気づく、不信、懐疑、狼狽、拒絶、用心、ホームシック、疑心暗鬼、疑惑、パニック、混乱、動揺、孤独、緊張、価値がない、怯え、心配、不安、恐怖、疑念、危惧、気がかり、懸念、自信喪失、防衛、謙虚、あやふや、 ⑤悲哀 … 憐れみ、冷笑、悲しみ、軽蔑、悲嘆、切なさ、不本意、落胆、感傷、失望、恐れ知らず、うぬぼれ、むら気、幻滅 ⑥怒り … いらだち、嫉妬、自暴自棄、短気、不満、評価されない、ヒステリー、反感、屈辱、復讐、フラストレーション、立腹、反抗、怒り、拒絶、根に持つ、激怒、嫌悪、恐怖屈辱 ⑦苦しみ … 裏切られる、自責、弱体化、苦痛、葛藤、絶望、劣等感、ネグレクト、 憎しみ、罪悪感、自己嫌悪、苦悩、苦しみにもがく、打ちのめされる、 後悔、敗北、恥、絶望、屈服、無力感、羨望、切望、脆弱、きまり悪                        さ ⑧悦 … 他人の不幸を喜ぶ、愉快、興奮、高揚感、欲望、好奇心、満足、情欲 ⑨驚き … 戦慄、唖然、愕然、圧倒、衝撃、驚き、驚嘆、触発 このような感じに感情表現は分類されると思います。

33

赤の感情→愛情/圧倒/恐れ知らず/確信/共感/決意/自信/自尊心/熱心/満足/欲望/ 白の感情→憐み/安堵/感謝/希望/肯定/幸福/受容/崇拝/喜び 緑の感情→懐古/感傷/気づかい/謙虚/称賛/心配/切なさ/多幸感/つながり/同情/平穏/旅行熱 黒の感情→あやふや/怒り/いらだち/陰気/うぬぼれ/価値がない/懐疑/疑心暗鬼/疑念/疑惑/軽蔑/激怒/嫌悪/幻滅/自己嫌悪/自己憐憫/嫉妬/失望/執拗/他人の不幸を喜ぶ/短気/憎しみ/ネグレクト/根に持つ/反感/反抗/復讐/不信/不本意/不満/フラストレーション/むら気/立腹/冷笑 青の感情→意気消沈/打ちのめされる/裏切られる/葛藤/悲しみ/気がかり/きまり悪さ/拒絶/苦痛/屈辱/苦悩/苦しみにもがく/懸念/後悔/孤独/罪悪感/自己喪失/自責/自暴自棄/弱体化/脆弱/切望/敗北/恥/悲嘆/評価されない/不安/ホームシック/無関心/無力感/落胆/劣等感 黄の感情→驚き/驚愕/価値がある/感動/期待/驚嘆/嫌疑が晴れる/好奇心/興奮/高揚感/衝撃/情欲/触発/羨望/パニック/愉快/ 紫の感情→唖然/畏敬/怖気づく/怯え/危惧/恐怖/緊張/屈服/混乱/絶望/戦慄/動揺/ヒステリー/防衛/用心/狼狽

34

分類すると愛情、怒り、驚き、感謝、苦痛、切望、パニック、フラストレーション、喜びに分けられる。

35★

①喜び:安堵・価値がある・感謝・気遣い・希望・嫌疑が晴れる・幸福・称賛・多幸感・平穏・満足・愉快・喜び ②怒り:怒り・いらだち・懐疑・拒絶・屈辱・軽蔑・激怒・反感・反抗・ヒストリー・立腹 ③哀しみ:憐れみ・意気消沈・打ちのめされる・うぬぼれ・価値がない・悲しみ・苦痛・後悔・孤独・罪悪感・自己嫌悪・自己憐憫・切なさ・絶望・同情・悲嘆・評価されない・不本意・ホームシック・落胆 ④弱い様子:陰気・怖気づく・あやふや・怯え・葛藤・きまり悪さ・恐怖・緊張・屈服・苦悩・苦しみもがく・懸念・混乱・自信喪失・自暴自棄・弱体化・脆弱・他人の不幸を喜ぶ・短気・敗北・恥・不安・フラストレーション・無関心・むら気・無力感・劣等感 ⑤強い様子:恐れ知らず・確信・決意・肯定・興奮・高揚感・自信・自尊心・執拗・受容・触発・防衛・用心・旅行熱 ⑥愛し:愛情・畏敬・懐古・気がかり・危惧・期待・共感・謙虚・好奇心・情欲・心配・崇敬・切望・羨望・つながり・熱心・欲望 ⑦怨憎:裏切られる・疑心暗鬼・疑念・疑惑・嫌悪・幻滅・自責・嫉妬・失望・憎しみ・ネグレクト・根に持つ・復讐・不信・不満・冷笑 ⑧驚き:啞然・圧倒・驚き・愕然・驚嘆・衝撃・戦慄・動揺・パニック・狼狽

36★

①自分のプラスな感情 安堵、うぬぼれ、恐れ知らず、確信、価値がある、感動、希望、決意、好奇心、幸福、興奮、高揚感、自信、自尊心、多幸感、つながり、熱心、平穏、防衛、満足、愉快、欲望、喜び、旅行熱、 ②自分のマイナスな感情 意気消沈、陰気、打ちのめされる、裏切られる、怖気ずく、愕然、価値がない、悲しみ、感傷、気がかり、危惧、疑心暗鬼、きまり悪さ、緊張、苦痛、屈辱、苦悩、苦しみにもがく、懸念、後悔、孤独、混乱、罪悪感、自己嫌悪、自己憐憫、自信喪失、自責、失望、執拗、自暴自棄、弱体化、脆弱、切なさ、短気、根に持つ、敗北、恥、パニック、動揺、ヒステリー、悲嘆、評価されない、不安、不本意、不満、フラストレーション、ホームシック、無力感、用心、落胆、劣等感、狼狽 ③相手へのプラスな感情 愛情、畏敬、感謝、期待、共感、疑惑が晴れる、肯定、受容、称賛、情欲、崇拝、切望、羨望、 ④相手へのマイナスな感情 哀れみ、怒り、いらだち、怯え、懐疑、疑念、驚嘆、恐怖、拒絶、疑惑、軽蔑、激怒、嫌悪、幻滅、嫉妬、心配、絶望、戦慄、憎しみ、ネグレクト、反感、反抗、復讐、不信、フラストレーション、無関心、立腹、冷笑、 ⑤自分のプラスでもありマイナスでもある感情 唖然、あやふや、驚き、懐古、葛藤、謙虚、衝撃、触発、他人の不幸を喜ぶ、むら気、 ⑥相手へのプラスでもありマイナスでもある感情 圧倒、気遣い、屈服、同情、

37

・他者に対するプラスの心持 畏敬、価値がある、感謝、期待、気づかい、嫌疑が晴れる、称賛、羨望、他人の不幸を喜ぶ、 ・他者に対するマイナスの心持 いらだち、価値がない、悲しみ、きまり悪さ、拒絶、軽蔑、激怒、嫌悪、幻滅、嫉妬、失望、短気、切なさ、動揺、憎しみ、ネグレクト、根に持つ、敗北、恥、反感、不本意、不満、立腹、冷笑、劣等感、 ・他者に対するその他の心持 憐れみ、懐疑、疑念、共感、疑惑、屈服、懸念、執拗、受容、衝撃、情欲、触発、戦慄、同情、無関心、 ・自身に対するプラスの心持 愛情、恐れ知らず、感傷、感動、希望、謙虚、好奇心、幸福、高揚感、自信、自尊心、熱心、平穏、満足、愉快、喜び、旅行熱、 ・自身に対するマイナスの心持 意気消沈、陰気、怖気づく、苦痛、屈辱、苦悩、苦しみにもがく、孤独、混乱、罪悪感、自己嫌悪、自信喪失、弱体化、ヒステリー、悲嘆、評価されない、不安、フラストレーション、無力感、落胆、狼狽 ・自身に対するその他の心持 うぬぼれ、懐古、確信、愕然、葛藤、気がかり、危惧、緊張、決意、自己憐憫、自責、崇拝、切望、脆弱、防衛、ホームシック、むら気、用心、欲望、 ・プラスの反応 圧倒、安堵、肯定、興奮、 ・マイナスの反応 唖然、怒り、打ちのめされる、怯え、後悔、自暴自棄、反抗、

38

喜び:愛情、畏敬、懐古、感謝、感動、希望、好奇心、幸福、興奮、高揚感、自尊心、称賛、情欲、崇拝、多幸感、他人の不幸を喜ぶ、熱心、満足、愉快、欲望、喜び 悲しみ:憐れみ、意気消沈、裏切られる、葛藤、悲しみ、感傷、恐怖、屈服、苦渋、苦しみもがく、後悔、孤独、罪悪感、自己嫌悪、切なさ、敗北、ヒステリー、悲嘆、落胆 怒り:怒り、激怒、触発、短気、反感、反抗、立腹 驚き:唖然、圧倒、打ちのめされる、驚き、恐れ:怖気づく、怯え、愕然、驚嘆、混乱、衝撃、戦慄、動揺、パニック、狼狽 嫌悪:陰気、価値がない、きまり悪さ、拒絶、苦痛、屈辱、軽蔑、嫌悪、幻滅、嫉妬、失望、憎しみ、ネグレクト、恥、復讐、無関心、冷笑 不安:あやふや、懐疑、気がかり、危惧、疑心暗鬼、疑念、疑惑、緊張、懸念、謙虚、自己憐憫、自信喪失、自責、執着、自暴自棄、弱体化、心配、脆弱、羨望、根に持つ、評価されない、不安、不信、不本意、不満、フラストレーション、ホームシック、むら気、無力感、用心、旅行熱、劣等感 安心:安堵、うぬぼれ、恐れ知らず、確信、価値がある、期待、気づかい、共感、決意、疑惑が晴れる、肯定、自信、受容、切望、つながり、同情、平穏、防衛

39

心情 愛情、畏敬、感謝、気づかい、決意、謙虚、好奇心、高揚感、称賛、短気、つながり、同情、熱心、防衛 感受 憐み、怒り、いらだち、驚き、懐古、確信、価値がある、感動、共感、感嘆、拒絶、軽蔑、激怒、興奮、自己憐憫、自尊心、嫉妬、受容、情欲、崇拝、切望、羨望、他人の不幸を喜ぶ、憎しみ、反感、復讐、無関心、むら気、無力感、欲望、冷笑 疑い 唖然、あやふや、陰気、懐疑、価値がない、危惧、疑心暗鬼、疑念、懸念、執拗、心配、反抗、根に持つ、不信、不本意、不満、用心、立腹、不安、ホームシック 不幸   意気消沈、打ちのめされる、裏切られる、怖気付く、怯え、悲しみ、感傷、きまり悪さ、恐怖、緊張、苦痛、屈辱、屈服、苦悩、苦しみもがく、嫌悪、後悔、孤独、罪悪感、自己嫌悪、自信喪失、自責、失望、自暴自棄、弱体化、触発、脆弱、絶望、ネグレクト、敗北、恥、ヒステリー、悲嘆、評価されない、落胆、旅行熱、劣等感 福 安堵、期待、希望、嫌疑が晴れる、肯定、幸福、自信、多幸感、平穏、満足、愉快、喜び 戸惑い 圧倒、愕然、葛藤、気がかり、幻滅、混乱、衝撃、混乱、切なさ、戦慄、パニック、フラストレーション、狼狽

40

喜び: 愛情 安堵 確信 価値がある 感謝 感動 期待 気遣い 希望 決意 嫌疑が晴れる 好奇心  肯定 幸福 興奮 高揚感 自信 受容 賞賛 崇拝 羨望 多幸感 つながり 熱心 平穏 満足  愉快 喜び 旅行熱 嫌悪: あやふや 意気消沈 陰気 うぬぼれ 懐疑 葛藤 疑心暗鬼 疑念 緊張 苦しみにもがく 軽蔑  嫌悪 他人の不幸を喜ぶ ネグレクト 反感 不信 無関心 むら気 無力感 冷笑 劣等感 驚き: 唖然 圧倒 恐れ知らず 驚き 愕然 気がかり 懸念 混乱 衝撃 戦慄 同様 パニック 狼狽 悲しみ: 憐れみ 打ちのめされる 裏切られる 懐古 価値がない 悲しみ 感傷 苦痛 苦悩 幻滅 罪悪感 自信喪失 失望 自暴自棄 弱体化 心配 脆弱 切なさ 切望 同情 悲嘆  ホームシック 落胆 怒り: 怒り いらだち 屈辱 激怒 後悔 自己嫌悪 自責 嫉妬 執拗 触発 短気 憎しみ 根に持つ  反抗 ヒステリー 復讐 不本意 不満 フラストレーション 立腹 恐れ: 畏敬 怖気づく 怯え 危惧 屈服 謙虚 孤独 自尊心 情欲 絶望 敗北 恥 評価されない  不安 防衛 用心 欲望 

41

分類1・親子 愛情/憐れみ/安堵/懐古/価値がある/感謝/感動/気がかり/危惧/期待/気づかい/決意/幻滅/後悔/肯定/幸福/失望/執拗/情欲/心配/つながり/ネグレクト/熱心/恥/反抗/ヒステリー/評価されない/フラストレーション/平穏/ホームシック/無関心/喜び/落胆/立腹/旅行熱/ 分類2・対格上 唖然/圧倒/意気消沈/畏敬/打ちのめされる/うぬぼれ/怖気づく/驚き/怯え/愕然/驚嘆/恐怖/緊張/苦痛/屈辱/屈服/謙虚/興奮/自信喪失/嫉妬/受容/衝撃/賞賛/崇拝/切望/絶望/羨望/戦慄/憎しみ/根に持つ/敗北/反感/復讐/不本意/不満/用心/劣等感 分類3・対格下 怒り/いらだち/きまり悪さ/疑惑/軽蔑/激怒/懸念/嫌悪/他人の不幸を喜ぶ/短気/愉快/冷笑 分類4・対同格 裏切られる/恐れ知らず/懐疑/確信/共感 分類5・自己 あやふや/陰気/価値がない/葛藤/悲しみ/感傷/疑心暗鬼/疑念/苦悩/苦しみにもがく/決意/嫌疑が晴れる/好奇心/高揚感/混乱/罪悪感/自己嫌悪/自己賞賛/脆弱/切なさ/多幸感/防衛/むら気/無力感/狼狽

42

・嬉しい感情→愛情、感謝、感動、好奇心、幸福、希望、共感、自信、満足、喜び ・怒りの感情→怒り、苛立ち、裏切られる、危惧、激怒、興奮、嫉妬、短期、敗北、評価されない、反発、不満、フラストレーション ・悲しみの感情→陰気、疑心暗鬼、苦悩、屈辱、嫌悪、罪悪感、不安、無気力、落胆、幻滅、恥、自責、苦痛、後悔、苦しみにもがく ・自分の感情→期待、緊張、謙虚、高揚感、孤独、根に持つ、無力感、自尊心 ・相手の感情→気遣い、称賛、熱心、冷笑、反感、 ・内面的感情→弱体化、崇拝、復讐、欲望、立腹、旅行熱

43

自分のポジティブな感情 安堵、恐れ知らず、懐古、確信、価値がある、感傷、感動、期待、希望、決意、嫌疑が晴れる、謙虚、好奇心、幸福、興奮、高揚感、自信、自尊心、受容、切望、羨望、多幸感、熱心、平穏、満足、愉快、喜び、旅行熱 プラスマイナスの要素が比較的薄い感情 唖然、圧倒的、あやふや、驚き、懐疑、愕然、危惧、疑心暗鬼、驚嘆、拒絶、疑惑、緊張、混乱、衝撃、情欲、触発、戦慄、動揺、パニック、防衛、無関心、むら気、用心、欲望 他に対するネガティブな感情 裏切られる、軽蔑、懸念、嫌悪、幻滅、嫉妬、執拗、心配、他人の不幸を喜ぶ、憎しみ、ネグレクト、根に持つ、反感、反抗、復讐、不信、不満、冷笑 自分のネガティブな感情 意気消沈、陰気、打ちのめされる、怖気づく、怯え、価値がない、悲しみ、きまり悪さ、 恐怖、屈辱、屈服、後悔、孤独、罪悪感、自己嫌悪、自己憐憫、自信喪失、自責、失望、自暴自棄、弱体化、脆弱、切なさ、絶望、敗北、恥、ヒステリー、悲嘆、評価されない、不安、不本意、フラストレーション、ホームシック、無力感、落胆、劣等感、狼狽 他人の気持ちを推し量る感情 憐れみ、気がかり、気づかい、共感、同情 何かに対する憤りの感情 怒り、いらだち、激怒、短気、立腹 浮かれている感情 うぬぼれ 苦悩の感情 葛藤、疑念、苦痛、苦悩、苦しみにもがく

44

8つに分類しました。 「喜び」 うぬぼれ/懐古/感動/共感/嫌気が晴れる/好奇心/幸福/興奮/高揚感/多幸感/平穏/満足/愉快/喜び 「信頼」 愛情/畏敬/確信/感謝/気づかい/決意/肯定/自身/自尊心/受容/称賛/つながり/熱心 「恐れ」 あやふや/陰気/打ちのめされる/怖気づく/怯え/気がかり/疑心暗鬼/危惧/怯え/緊張/苦悩/苦しみにもがく/懸念/混乱/罪悪感/自己嫌悪/自己憐憫/自信喪失/自暴自棄/弱体化/戦慄/同情/動揺/パニック/不安/用心/狼狽 「驚き」 唖然/驚き/懐疑/愕然/葛藤/疑念/驚嘆/疑惑/謙虚/衝撃/触発/崇拝/ヒステリー/不本意/無関心/むら気/無力感/旅行熱 「悲しみ」 哀れみ/意気消沈/価値がない/悲しみ/恐怖/拒絶/苦痛/幻滅/後悔/孤独/失望/心配/脆弱/切なさ/切望/絶望/敗北/悲嘆/ホームシック/落胆/冷笑/劣等感 「嫌悪」 いらだち/裏切られる/屈辱/屈服/軽蔑/嫌悪/自責/執拗/他人の不幸を喜ぶ/憎しみ/ネグレスト/根に持つ/恥/反感/反抗/復讐/不信/フラストレーション 「怒り」 怒り/感傷/きまり悪さ/激怒/嫉妬/短気/評価されない/不満/立腹 「期待」 安堵/恐れ知らず/価値がある/期待/希望/情欲/羨望/防衛/欲望

45

①愛情、幸福、平穏、喜び、満足、愉快、 ②、意気消沈、陰気、打ちのめされる、怖気付く、怯え、恐怖、拒絶、価値がない、苦痛、屈辱、屈服、苦悩、苦しみにもがく、軽蔑、嫌悪、幻滅、後悔、孤独、混乱、罪悪感、自己嫌悪、自己憐憫、弱体化、脆弱、切なさ、他人の不幸を喜ぶ、同情、ネグレクト、敗北、恥、パニック、ヒステリー、評価されない、不本意、無力感、落胆、冷笑、劣等感、狼狽 ③期待、欲望、希望、情欲、羨望、失望、絶望、悲嘆 ④唖然、圧倒、裏切られる、驚き、驚愕、戦慄、 ⑤疑念、疑惑、懐疑、不信、疑心暗鬼、自信喪失、不安、心配 ⑥自暴自棄、激怒、自責、復讐、短気、憎しみ、根に持つ、嫉妬、不満、フラストレーション、反抗、反感、立腹

46

愛情 安堵 感謝 感動 幸福 高揚感 多幸感 つながり 満足 唖然 圧倒 打ちのめされる 驚き 驚嘆 愕然 衝撃 パニック  憐れみ 意気消沈 陰気 裏切られる 怖気づく 怯え 価値がない 悲しみ 感傷 きまり悪さ 恐怖 苦痛 苦悩 苦しみにもがく 軽蔑 嫌悪 自己嫌悪 事故憐憫 自信喪失 自責 自暴自棄 弱体化 脆弱 切なさ 他人の不幸を喜ぶ 憎しみ ネグレクト 敗北 恥 悲嘆 評価されない 不安 不信 不満 フラストレーション 落胆 劣等感 失望 絶望 葛藤 心配 懸念 ホームシック 屈辱 屈服 混乱 罪悪感 緊張 羨望 不本意 幻滅 後悔 動揺 怒り いらだち 激怒 触発 短気 根に持つ 復讐 立腹 反感 反抗 ヒステリー 執拗 価値がある 期待 希望 決意 嫌悪が晴れる 好奇心 肯定 興奮 称賛 自信 情欲 熱心 平穏 愉快 欲望 喜び 旅行熱 切望 懐古 懐疑 疑心暗鬼 疑念 疑惑 用心 防衛 危惧 畏敬 気がかり 謙虚 崇拝 同情 気づかい 共感 受容 うぬぼれ 確信 恐れ知らず 自尊心 嫉妬 冷笑

47★

1.幸福系  安堵、うぬぼれ、恐れ知らず、懐古、確信、価値がある、感動、気遣い、希望、決意、嫌疑が晴れる、肯定、幸福、興奮、高揚感、自信、自尊心、多幸感、繋がり、熱心、平穏、満足、愉快、喜び、謙虚 2.信頼・尊敬系 愛情、畏敬、感謝、共感、称賛、崇拝、受容 3.興味系 期待、好奇心、触発、羨望、むら気、欲情、欲望、旅行熱 4.驚き系 啞然、圧倒、打ちのめされる、驚き、愕然、驚嘆、衝撃、混乱、パニック、狼狽、動揺、あやふや 5.不安・恐怖系 懐疑、葛藤、気がかり、危惧、疑心暗鬼、疑念、拒絶、疑惑、緊張、懸念、心配、不安、不信、防衛、用心、怖気づく、怯え、恐怖、戦慄、恥 6.怒り系 怒り、苛立ち、激怒、自暴自棄、短気、反感、反抗、ヒステリー、不本意、不満、フラストレーション、立腹 7.憎悪系 軽蔑、嫌悪、嫉妬、執拗、他人の不幸を喜ぶ、憎しみ、ネグレクト、根に持つ、復讐、冷笑 8.悲しみ系 憐れみ、意気消沈、陰気、裏切られる、価値がない、悲しみ、感傷、きまり悪さ、苦痛、屈辱、屈服、苦悩、苦しみにもがく、幻滅、後悔、罪悪感、自己嫌悪、自己憐憫、自信喪失、自責、失望、弱体化、脆弱、切なさ、切望、絶望、同情、敗北、悲嘆、無関心、無力感、落胆、劣等感、孤独、評価されない、ホームシック

48

愛情、安堵、価値がある、感謝、感動、期待、気づかい、希望、共感、決意、嫌疑が晴れる、好奇心、肯定、幸福、興奮、高揚感、自信、多幸感、つながり、熱心、平穏、満足、愉快、喜び、旅行熱、欲望、恐れ知らず、確信、情欲、称賛、切望 あやふや、意気消沈、陰気、懐疑、葛藤、気がかり、危惧、疑心暗鬼、疑念、きまり悪さ、疑惑、苦悩、懸念、心配、動揺、不安、不信、落胆、謙虚、防衛 怒り、いらだち、感傷、激怒、自暴自棄、憎しみ、反感、反抗、ヒステリー、復讐、フラストレーション、立腹、短気 唖然、驚き、愕然、触発、戦慄、驚嘆、圧倒、畏敬、打ちのめされる、うぬぼれ、裏切られる、価値がない、屈辱、屈服、苦しみにもがく、幻滅、後悔、孤独、混乱、罪悪感、自己嫌悪、自己憐憫、自信喪失、自責、失望、衝撃、絶望、パニック、評価されない、不満、ホームシック、無関心、劣等感、狼狽、崇拝、無力感 憐れみ、拒絶、軽蔑、嫌悪、自尊心、嫉妬、執拗、羨望、他人の不幸を喜ぶ、ネグレクト、根に持つ、恥、用心、冷笑 怖気づく、怯え、悲しみ、恐怖、緊張、苦痛、弱体化、脆弱、同情、敗北、悲嘆、不本意、むら気、懐古、受容、切なさ

49

愛情/安堵/感動/気づかい/幸福/興奮/高揚感/受容/多幸感/つながり/同情/平穏/防衛/満足/愉快/喜び/共感/肯定/触発/期待/希望/好奇心/自信/情欲/羨望/熱心/欲望/旅行熱/懐古 あやふや/懐疑/気がかり/疑心暗鬼/疑念/疑惑/懸念/後悔/嫉妬/短気/無関心 怒り/いらだち/葛藤/拒絶/苦痛/屈辱/屈服/苦悩/苦しみにもがく/軽蔑/激怒/嫌悪/孤独/混乱/罪悪感/自己嫌悪/動揺/憎しみ/価値がない/評価されない 意気消沈/打ちのめされる/裏切られる/悲しみ/感傷/きまり悪さ/自己憐憫/自信喪失/自責/失望/執拗/自暴自棄/心配/脆弱/切なさ/切望/絶望/戦慄/ネグレクト/根に持つ/敗北/恥/パニック/反感/反抗/ヒステリー/悲嘆/不安/復讐/不信/不本意/不満/フラストレーション/ホームシック/むら気/無力感/用心/落胆/立腹/冷笑/劣等感/狼狽/憐れみ/恐怖 畏敬/価値がある/感謝/称賛/崇拝/謙虚/自尊心/確信/決意/嫌疑が晴れる 陰気/怖気づく/怯え/危惧/緊張/弱体化/唖然/圧倒/驚き/愕然/驚嘆/幻滅 うぬぼれ/恐れ知らず/衝撃/他人の不幸を喜ぶ

50

愛情・感動・希望・価値がある・感謝・幸福・称賛・多幸感/ 唖然・圧倒・打ちのめされる・葛藤・気がかり・疑問・屈服・自信喪失・嫉妬・不安・落胆/ あやふや・意気消沈・おじけづく・懐疑・恐怖・孤独・険悪・衝撃・自己険悪・反感・短気・動揺・不安・切なさ・敗北・フラストレーション・落胆・立腹/ 怒り・いらだち・裏切られる・危惧・拒絶・軽蔑・激怒・自暴自棄・憎しみ・根に持つ・復讐・悲観・欲望/ おじけづく・恐れ知らず・怯え・暗鬼・きまり悪さ・虚偽・後悔・混乱・罪悪感・心配・脆弱・旋律・パニック・ヒステリー・悲観・ネグレクト・敗北・防衛・不本意・不満・落胆・劣等感/

51

●愛情 憐み 懐古 感謝 感傷 感動 期待 気遣い 希望 嫌疑が晴れる 謙虚 好奇心 愉快 肯定 幸福 高揚感 自信 安堵 多幸感 受容 称賛 熱心 平穏 満足 喜び 旅行熱 ●啞然 圧倒 驚き 驚嘆 緊張 衝撃 パニック 狼狽 愕然 ●懐疑 葛藤 疑心暗鬼 疑念 疑惑 苦悩 苦しみにもがく 懸念 幻滅 混乱 失望 絶望 弱体化 脆弱 反感 不信 不満 あやふや 不本意 他人の不幸 ●意気消沈 畏敬 打ちのめされる 屈辱 屈服 怖気づく 怯え 恐怖 拒絶 苦痛 後悔 孤独 罪悪感 自信喪失 自責 自己嫌悪 戦慄 自暴自棄 無力感 心配 ネグレクト 敗北 評価されない 不安 気がかり フラストレーション ホームシック 劣等感 むら気 無関心 ●怒り 激怒 いらだち 陰気 裏切られる 軽蔑 悲しみ 危惧 きまり悪さ 嫌悪 切なさ 反抗 悲嘆 復讐 冷笑 立腹 落胆 執拗 ●うぬぼれ 恐れ知らず 自己憐憫 自尊心 嫉妬 羨望 短気 根に持つ 恥 ヒステリー ●価値がある 価値がない ●共感 決意 興奮 情欲 欲望 確信 ●触発 崇拝 防衛 用心

52

他者に向けられる喜び 圧倒、切望、つながり、 他者に向けられる怒り 怒り、懐疑、愕然、価値がない、疑念、拒絶、疑惑、屈服、軽蔑、激怒、嫌悪、嫉妬、執拗、憎しみ、ネグレクト、根に持つ、反感、反抗、復讐、不信、用心、立腹、冷笑 他者に向けられる哀しみ 憐れみ、恐れ知らず、驚き、怯え、危惧、気づかい、恐怖、幻滅、罪悪感、失望、弱体化、心配、戦慄、同情、敗北、防衛、落胆、疑心暗鬼、裏切られる 他者に向けられる楽しみ 愛情、畏敬、価値がある、感謝、感動、期待、驚嘆、共感、好奇心、肯定、受容、称賛、情欲、崇拝、羨望、他人の不幸を喜ぶ、無関心、 自身に向けられる喜び うぬぼれ、確信、希望、決意、幸福、興奮、高揚感、自信、自尊心、多幸感、熱心、平穏、満足、むら気、愉快、喜び、旅行熱 自身に向けられる怒り 唖然、いらだち、葛藤、屈辱、混乱、自暴自棄、短気、恥、パニック、ヒステリー、不本意、不満、フラストレーション、 自身に向けられる哀しみ 意気消沈、あやふや、陰気、打ちのめされる、怖気付く、悲しみ、感傷、気がかり、苦痛、苦悩、苦しみにもがく、懸念、後悔、孤独、自己嫌悪、自己憐憫、自信喪失、自責、脆弱、切なさ、絶望、動揺、悲嘆、評価されない、不安、ホームシック、無力感、劣等感、狼狽 自身に向けられる楽しみ 安堵、懐古、緊張、嫌疑が晴れる、謙虚、衝撃、触発、欲望

53

恐れ‥圧倒、打ちのめされる、怖気づく、怯え、危惧、恐怖、緊張、屈服、不安、防衛、用心、 驚き‥唖然、驚き、愕然、驚嘆、衝撃、 怒り‥怒り、いらだち、激怒、短気、憎しみ、根に持つ、ヒステリー、復讐、不満、フラストレーション、立腹、冷笑、 喜び‥安堵、感動、幸福、興奮、高揚感、多幸感、平穏、満足、愉快、喜び、 悲しみ‥意気消沈、裏切られる、懐古、悲しみ、感傷、苦痛、屈辱、苦しみにもがく、後悔、孤独、自己憐憫、弱体化、脆弱、切なさ、絶望、悲嘆、無力感、落胆 期待‥恐れ知らず、懐疑、確信、気がかり、期待、疑念、希望、疑惑、決意、懸念、好奇心、自信、自尊心、心配、切望、欲望、旅行熱、 嫌悪‥陰気、うぬぼれ、価値がない、きまり悪さ、拒絶、苦悩、軽蔑、嫌悪、幻滅、自責、嫉妬、失望、執拗、ネグレクト、敗北、恥、反感、反抗、評価されない、無関心、むら気、劣等感、 信頼‥畏敬、価値がある、気づかい、共感、謙虚、肯定、罪悪感、自己嫌悪、受容、触発、不信、 混合‥愛情、あやふや、葛藤、感謝、疑心暗鬼、嫌疑が晴れる、混乱、自信喪失、自暴自棄、称賛、崇拝、羨望、戦慄、他人の不幸を喜ぶ、つながり、同情、動揺、熱心、パニック、不本意、ホームシック、狼狽

54

・喜び 安堵、うぬぼれ、懐古、感謝、好奇心、肯定、幸福、興奮、高揚感、称賛、情欲、満足、喜び、愉快 ・信頼 愛情、畏敬、懐疑、感動、気がかり、疑念、共感、疑惑、嫌疑が晴れる、謙虚、自信、受容、 自尊心、心配、つながり、同情、不信、平穏 ・恐れ 葛藤、怖気づく、怯え、あやふや、危惧、疑心暗鬼、きまり悪さ、恐怖、懸念、自信喪失、嫉妬、執拗、触発、不安、不本意、防衛、用心 ・驚き 唖然、圧倒、驚き、愕然、驚嘆、衝撃、動揺、パニック、狼狽 ・悲しみ 憐れみ、陰気、悲しみ、感傷、苦痛、屈辱、屈服、苦悩、苦しみにもがく、後悔、孤独、罪悪感、自己憐憫、自責、失望、脆弱、切なさ、切望、絶望、羨望、戦慄、多幸感、他人の不幸を喜ぶ、短気、恥、ヒステリー、悲嘆、ホームシック ・嫌悪 裏切られる、拒絶、軽蔑、嫌悪、幻滅、自己嫌悪、自暴自棄、弱体化、憎しみ、ネグレクト、根に持つ、復讐、冷笑、劣等感 ・怒り 怒り、いらだち、激怒、自信喪失、反感、反抗、フラストレーション、立腹 ・期待 意気消沈、打ちのめされる、恐れ知らず、確信、価値がある、価値がない、期待、気づかい、希望、緊張、決意、崇拝、熱心、敗北、評価されない、不満、無関心、むら気、無力感、欲望、落胆、旅行熱

55

〇「怒り」:怒り/いらだち/拒絶/苦痛/屈服/屈辱/軽蔑/激怒/嫌悪/自己嫌悪/自暴自棄/短気/憎しみ/ネグレクト/反感/反抗/ヒステリー/復讐/不満/フラストレーション/立腹 〇「悲しみ」:意気消沈/裏切られる/価値がない/悲しみ/感傷/きまり悪さ/幻滅/後悔/自己憐憫/自信喪失/失望/切なさ/絶望/敗北/悲嘆/不本意/無関心/欲望/落胆/冷笑/劣等感 〇「不安」:あやふや/陰気./怖気づく/怯え/懐疑/葛藤/気がかり/危惧/疑心暗鬼/疑念/恐怖/疑惑/緊張/苦悩/苦しみにもがく/懸念/孤独/混乱/罪悪感/自責/嫉妬/執拗/弱体化/情欲/心配/脆弱/羨望/他人の不幸を喜ぶ/動揺/根に持つ/恥/評価されない/不安/不信/防衛/ホームシック/むら気/無力感/用心 〇「喜び」:愛情/憐み/安堵/畏敬/懐古/価値がある/感謝/感動/気づかい/希望/共感/嫌疑が晴れる/好奇心/幸福/高揚感/称賛/多幸感/つながり/熱心/平穏/満足/愉快/喜び/旅行熱 〇「驚き」:唖然/圧倒/打ちのめされる/驚き/愕然/期待/驚嘆/興奮/衝撃/触発/崇拝/戦慄/パニック/狼狽〇「勇気」:うぬぼれ/恐れ知らず/確信/決意/謙虚/肯定/自信/自尊心/受容/切望/同情

56★

1.心が安定する、高まる感情  愛情・圧倒・安堵・懐古・確信・価値がある・感謝・感動・希望・共感・決意・嫌疑が晴れる・謙虚・肯定・幸福・興奮・高揚感・受容・衝撃・称賛・触発・崇拝・多幸感・熱心・平穏・満足・愉快・喜び 2.悲しみ、苦しみ、恐れの感情 憐れみ・意気消沈・畏敬・陰気・打ちのめされる・裏切られる・怖気づく・怯え・価値がない・悲しみ・感傷・きまり悪さ・恐怖・拒絶・苦痛・屈辱・屈服・苦悩・苦しみにもがく・軽蔑・懸念・嫌悪・幻滅・後悔・孤独・罪悪感・失望・弱体化・脆弱・切なさ・絶望・戦慄・同情・敗北・恥・ヒステリー・悲嘆・評価されない 3.怒り、攻撃的な感情 怒り・いらだち・恐れ知らず・軽蔑・激怒・嫌悪・嫉妬・執拗・他人の不幸を喜ぶ・短気・憎しみ・根に持つ・反感・反抗・復讐・防衛・立腹・冷笑 4.疑い、信じられない、無関心の感情 懐疑・疑心暗鬼・疑念・疑惑・ネグレクト・不信・無関心・無力感・用心 5.混乱、驚き、不確かな感情 唖然・あやふや・驚き・愕然・葛藤・気がかり・危惧・気づかい・驚嘆・緊張・懸念・混乱・心配・動揺・パニック・不安・むら気・狼狽 6.何かを求める、または求めて満たされない感情 期待・好奇心・情欲・切望・羨望・つながり・不本意・不満・フラストレーション・ホームシック・欲望・落胆・旅行熱 7.自分に対する感情  うぬぼれ・自己嫌悪・自己憐憫・自信・自信喪失・自責・自尊心・自暴自棄・劣等感

57

・愛情、哀れみ、感謝、感動、気がかり、期待、気づかい、希望、共感、好奇心、肯定、幸福、受容、称賛、心  配、崇拝、多幸感、つながり、同情、熱心、満足、愉快、喜、 ・唖然、圧倒、意気消沈、畏敬、打ちのめされる、怖気づく、驚き、怯、愕然、疑念、驚嘆、恐怖、きまり悪さ、拒絶、疑惑、緊張、失望、自暴自棄、衝撃、脆弱、切なさ、動揺、ヒステリー、悲嘆、落胆、狼狽 ・あやふや、葛藤、疑心暗鬼、孤独、自己憐憫、自信喪失、自責、弱体化、評価されない、無関心、冷笑 ・安堵、懐古、確信、価値がある、感傷、、嫌疑が晴れる、反感、用心 ・怒り、いらだち、危惧、幻滅、後悔、混乱、罪悪感、自己嫌悪、嫉妬、戦慄、ネグレクト、敗北 ・陰気、裏切られる、懐疑、価値がない、悲しみ、恥、フラストレーション、ホームシック、無力感 ・うぬぼれ、恐れ知らず、興奮、高揚感、自信、自尊心、執拗、情欲、触、切望、羨望、人の不幸を喜ぶ、短気、憎しみ、根に持つ、パニック、反抗、むら気、欲望、立腹、旅行熱、劣等

58★

【自己へのポジティブ感情】 安堵・確信・決意・嫌疑が晴れる・高揚感・自信・自尊心・他人の不幸を喜ぶ・旅行熱 【他者へのポジティブ感情】 畏敬・感謝・感動・期待・驚嘆・謙虚・好奇心・受容・称賛・崇拝・羨望・つながり・平穏・愉快 【自己にも他者にも使えるポジティブ感情】 愛情・圧倒・怖気づく・価値がある・希望・肯定・幸福・熱心・満足・喜び 【自己へのネガティブ感情】 意気消沈・陰気・打ちのめされる・怯え・葛藤・孤独・罪悪感・自己嫌悪・自己憐憫・自信喪失・自責・執拗・自暴自棄・弱体化・脆弱・短気・動揺・不本意・ホームシック・むら気・無力感 【他者へのネガティブ感情】 裏切られる・愕然・感傷・気がかり・疑心暗鬼・疑念・きまり悪さ・恐怖・拒絶・疑惑・緊張・苦痛・屈辱・屈服・苦悩・苦しみにもがく・軽蔑・激怒・懸念・嫌悪・幻滅・後悔・混乱・嫉妬・失望・衝撃・情欲・心配・切なさ・絶望・戦慄・憎しみ・ネグレクト・根に持つ・敗北・パニック・反感・反抗・ヒステリー・悲嘆・復讐・不信・不満・防衛・無関心・用心・欲望・落胆・立腹・冷笑・狼狽 【自己にも他者にも使えるネガティブ感情】 唖然・あやふや・怒り・いらだち・懐疑・価値がない・悲しみ・危惧・恥・評価されない・不安・フラストレーション・劣等感 【ポジティブとネガティブどちらにも当てはまる自己への感情】 うぬぼれ・懐古 【ポジティブとネガティブどちらにも当てはまる他者への感情】 憐れみ・恐れ知らず・気づかい・共感・興奮・触発・切望・同情 【ポジティブとネガティブかつ自己にも他者にも当てはまる感情】 驚き・多幸感

59★

《他人に対しての感情》 愛情・懐古・感謝・感傷・期待・気づかい・好奇心・称賛・心配・崇拝・羨望・戦慄・つながり・熱心・ホームシック・欲望・旅行熱・謙虚・喜び・愉快・情欲・同情・受容・満足・謙虚 《満たされている》 圧倒・安堵・価値がある・驚き・感動・希望・共感・幸福・高揚感・決意・驚嘆・嫌悪が晴れる・受容・多幸感・満足・愉快・喜び・うぬぼれ・恐れ知らず・肯定・自尊心・自信・決意 《内部にとどまっている負の感情》 意気消沈・畏怖・陰気・怖気づく・悲しみ・恐怖・苦痛・苦悩・苦しみにもがく・弱体化・切なさ・短気・悲嘆・落胆・不満・打ちのめされる・屈服・愕然・感傷・怯え・絶望・敗北 《他人に対しての負の感情》 憐み・懐疑・気がかり・危惧・屈辱・屈服・軽蔑・嫌悪・嫉妬・失望・切望・他人の不幸を喜ぶ・反感・反抗・冷笑・執拗・戦慄 《外への強い感情の発散》 怒り・いらだち・裏切られる・きまり悪さ・激怒・触発・根に持つ・執拗・憎しみ・復讐・不信・不満・むら気・短気・立腹・拒絶・幻滅・復讐・反抗・防衛・用心 《不安定》 唖然・あやふや・葛藤・疑惑・緊張・懸念・混乱・自暴自棄・パニック・ヒステリー・狼狽・価値がない・動揺・不安・疑心暗鬼・疑念・心配・懐疑・フラストレーション・衝撃 《空虚感》 孤独・無関心・評価されない・無力感・不信 《安定》 平穏 《自分に対しての負の感情》 罪悪感・自己嫌悪・自己憐憫・自信喪失・自責・ネグレクト・劣等感・後悔・屈辱・恥

60

・攻撃的・・・怒り、苛立ち、打ちのめされる、葛藤、激怒、自暴自棄、触発、短気、反抗、ヒステリー、復讐、欲望、立腹、冷笑 ・嫌悪・・・うぬぼれ、決まり悪さ、拒絶、苦痛、屈辱、屈服、苦悩、苦しみにもがく、軽蔑、嫌悪、後悔、罪悪感、自己嫌悪、自責、嫉妬、執拗、羨望、他人の不幸を喜ぶ、憎しみ、ネグレクト、根に持つ、恥、反感、不安、不本意、不満、フラストレーション、むら気、無力感、旅行熱 ・悲嘆・・・あやふや、憐れみ、意気消沈、陰気、裏切られる、価値がない、悲しみ、幻滅、孤独、自己憐憫、自身喪失、失望、弱体化、脆弱、切なさ、絶望、敗北、悲嘆、評価されない、ホームシック、無関心、落胆、劣等感 ・愛・・・愛情、安堵、畏敬、懐古、感謝、感傷、感動、気づかい、共感、謙虚、肯定、幸福、称賛、情欲、崇拝、多幸感、繋がり、同情、平穏、防衛、喜び ・驚嘆・・・唖然、圧倒、驚き、愕然、驚嘆、混乱、衝撃、動揺、パニック、狼狽 ・恐怖・・・怖気づく、怯え、気がかり、危惧、恐怖、緊張、懸念、戦慄 ・楽観・・・恐れ知らず、確信、価値がある、期待、希望、決意、好奇心、興奮、高揚感、自信、自尊心、受容、熱心、満足、愉快 ・信頼・・・懐疑、疑心暗鬼、疑念、疑惑、嫌疑が晴れる、心配、切望、不信、用心

61

自身の中のプラスの感情 安堵/懐古/決意/謙虚/幸福/興奮/高揚感/自信/自尊心/多幸感/熱心/満足/欲望/旅行熱 自身の中のマイナスの感情 意気消沈/打ちのめされる/うぬぼれ/きまり悪さ/屈辱/苦悩/苦しみにもがく/軽蔑/激怒/後悔/孤独/混乱/罪悪感/自己嫌悪/自己憐憫/自信喪失/自責/自暴自棄/弱体化/切なさ/動揺/根に持つ/敗北/恥/パニック/ヒステリー/不安/不本意/フラストレーション/ホームシック/無力感/落胆/立腹/劣等感/狼狽 他者に対するプラスの感情 圧倒/畏敬/感謝/感動/気づかい/共感/驚嘆/好奇心/称賛/崇拝/羨望/同情 他者に対するマイナスな感情 憐れみ/怖気づく/怯え/懐疑/感傷/気がかり/疑念/恐怖/拒絶/疑惑/屈服/嫌悪/嫉妬/心配/戦慄/憎しみ/ネグレクト/反感/反抗/復讐 /無関心/冷笑 自身にも他者にも対するプラスの感情 愛情/価値がある/期待/希望/肯定/情欲/触発/切望/平穏/愉快/喜び 自身にも他者にも対するマイナスな感情 怒り/いらだち/陰気/裏切られる/価値がない/悲しみ/疑心暗鬼/緊張/苦痛/懸念/幻滅/失望/執拗/脆弱/絶望/悲嘆/評価されない/不信/不満 プラスでもマイナスでも当てはまる感情 唖然/あやふや/恐れ知らず/驚き/確信/愕然/嫌疑が晴れる/受容/衝撃/他人の不幸を喜ぶ/短気/つながり/防衛/むら気/用心

62

①喜び:愛情、安堵、うぬぼれ、価値がある、感謝、感動、嫌疑が晴れる、好奇心、肯定、幸福、興奮、高揚感、自信、自尊心、称賛、多幸感、他人の不幸を喜ぶ、熱心、平穏、満足、愉快、喜び、旅行熱 ②驚き:唖然、圧倒、驚き、愕然、驚嘆、衝撃 ③迷い:あやふや、懐疑、葛藤、気がかり、疑心暗鬼、疑念、疑惑、苦悩、懸念、混乱、心配、動揺、むら気 ④同調:憐れみ、懐古、感傷、気づかい、共感、謙虚、受容、触発、つながり、同情 ⑤怒り:怒り、いらだち、裏切られる、軽蔑、激怒、嫉妬、短気、憎しみ、根に持つ、反感、反抗、ヒステリー、復讐、不満、フラストレーション、立腹、 ⑥卑下:意気消沈、陰気、価値がない、悲しみ、後悔、孤独、罪悪感、自己嫌悪、自己憐憫、自信喪失、自責、自暴自棄、弱体化、脆弱、切なさ、絶望、ネグレクト、恥、パニック、評価されない、不安、不信、防衛、ホームシック、無関心、無力感、落胆、劣等感 ⑦不快:打ちのめされる、怖気づく、怯え、危惧、きまり悪さ、恐怖、拒絶、緊張、苦痛、屈辱、屈服、苦しみ    にもがく、嫌悪、幻滅、失望、戦慄、敗北、悲嘆、不本意、用心、冷笑 ⑧勇気:恐れ知らず、確信、決意、執拗、崇拝 ⑨望み:期待、希望、好奇心、情欲、切望、羨望、欲望

63

わたしは、「プルチックの感情の輪」を参考に8つ+1で分類を行いました。 怒り:怒り、苛立ち、裏切られる、激怒、失望、根に持つ、復讐、立腹、 険悪: 疑念、きまり悪さ、拒絶、緊張、苦痛、侮辱、屈服、苦悩、苦しみにもがく、軽蔑、懸念、混乱、罪悪感、自己嫌悪、自信喪失、自責、嫉妬、自暴自棄、心配、他人の不幸を喜ぶ、短気、憎しみ、ネグレクト、恥、反感、反抗、不本意、不満、フラストレーション、むら気、無力感、冷笑、劣等感、陰気、打ちのめされる、うぬぼれ、懐疑、葛藤、気がかり、疑心暗鬼、疑惑、嫌悪、 恐怖:怖気付く、怯え、恐怖、孤独、弱体化、脆弱、戦慄、不安、不信、狼狽、危惧、 悲しみ:憐れみ、意気消沈、悲しみ、感傷、幻滅、後悔、自己憐憫、自信喪失、自責、切なさ、絶望、敗北、悲嘆、評価されない、ホームシック、落胆、価値がない、 驚き:唖然、圧倒、驚き、愕然、驚愕、衝撃、動揺、パニック、 喜び:感謝、愛情、懐古、感動、共感、好奇心、幸福、称賛、多幸感、繋がり、平穏、満足、愉快、喜び、嫌疑が晴れる、 信頼:安堵、畏敬、受容、気遣い、謙虚、 期待:期待、希望、高揚感、自信、自尊心、情欲、崇拝、切望、羨望、熱心、欲望、旅行熱、価値がある、決意、 その他:あやふや、恐れ知らず、確信、肯定、執拗、触発、同情、ヒステリー、防衛、無関心、用心、

64

•(心が動かされる) 愛情、畏敬、価値がある、感謝、感動、期待、懐古、気づかい、希望、驚嘆、自己憐憫、受容、賞賛、情欲、崇拝、切望、羨望、熱心、愉快、欲望 •(自我を忘れる、意欲喪失) 唖然、圧倒、意気消沈、打ちのめされる、怖気づく、驚き、怯え、愕然、恐怖、混乱、自暴自棄、衝撃、動揺、パニック、無関心、無力感、落胆、狼狽 •(無感情、消極的) あやふや、陰気、懐疑、価値がない、拒絶、孤独、失望、脆弱、絶望、弱体化 •(心配、しんみり) 憐れみ、感傷、共感、切なさ、同情、悲嘆、ホームシック、悲しみ •(憎悪) 怒り、いらだち、裏切られる、屈辱、屈服、激怒、嫌悪、嫉妬、他人の不幸を喜ぶ、憎しみ、根に持つ、敗北、評価されない、復讐、立腹 •(自己肯定感) 安堵、うぬぼれ、確信、嫌疑が晴れる、軽蔑、肯定、平穏、幸福、自信、自尊心、多幸感、満足、喜び、冷笑 •(自己否定感、奮起) きまり悪さ、苦痛、苦悩、苦しみにもがく、謙虚、後悔、罪悪感、自己嫌悪、自信喪失、自責、恥、劣等感 •(活動的、攻撃的) 恐れ知らず、決意、好奇心、興奮、高揚感、執拗、触発、つながり、ネグレクト、反感、反抗、防衛、旅行熱 •(心のそわそわ、ざわつき) 葛藤、気がかり、危惧、疑心暗鬼、疑念、疑惑、緊張、懸念、幻滅、心配、戦慄、短気、ヒステリー、不安、不信、不本意、不満、フラストレーション、むら気、用心

65

喜 愛情、感動、期待、希望、共感、驚嘆、嫌疑が晴れる、肯定、幸福、多幸感、平穏、喜び、つながり 怒 怒り、いらだち、激怒、立腹 哀 唖然、憐れみ、意気消沈、うぬぼれ、懐古、愕然、きまり悪さ、拒絶、苦痛、屈辱、苦悩、軽蔑、嫌悪、幻滅、後悔、罪悪感、自己嫌悪、自己憐憫、自責、嫉妬、失望、執拗、自暴自棄、情欲、心配、切なさ、羨望、他人の不幸を喜ぶ、短気、憎しみ、ネグレクト、根に持つ、恥、反感、反抗、ヒステリー、悲嘆、評価されない、不安、復讐、不信、不本意、不満、フラストレーション、むら気、欲望、冷笑 悲 裏切られる、悲しみ、感傷、孤独、絶望、切なさ、切望、同情、無関心、落胆、旅行熱、 楽 安堵、好奇心、興奮、高揚感、熱心、満足、愉快 迷 あやふや、驚き、懐疑、葛藤、気がかり、危惧、疑心暗鬼、疑念、恐怖、疑惑、緊張、苦しみにもがく、懸念、混乱、衝撃、戦慄、動揺、パニック 強 圧倒、恐れ知らず、確信、価値がある、決意、自信、自尊心、触発、防衛、用心 弱 陰気、打ちのめされる、怖気づく、怯え、価値がない、屈服、自信喪失、弱体化、脆弱、敗北、ホームシック、無力感、劣等感、狼狽 敬 畏敬、感謝、気づかい、謙虚、受容、称賛、崇拝

66

1愛情、安堵、自惚れ、恐れ知らず、感謝、感動、期待、気づかい、希望、謙虚、好奇心、肯定、幸福、情欲、多幸感、平穏、防衛、満足、愉快、欲望、喜び、畏敬、懐古、価値がある、感謝 2唖然、圧倒、うちのめされる、怖気付く、驚き、怯え、愕然、危惧、きまり悪さ、驚嘆、恐怖、屈辱、屈服、戦慄、 3あやふや、葛藤、気がかり、緊張、混乱、羨望 動揺、恥、パニック、ヒステリー、不安、復讐、フラストレーション、ホームシック、狼狽 4共感、憐れみ、軽蔑、嫉妬、失望、賞賛、心配、崇拝、他人の不幸を喜ぶ、つながり、同情、憎しみ、ネグレクト、根に持つ、反感 5怒り、いらだち、激怒、興奮、高揚感、触発、短気、反抗、用心、立腹、旅行熱、熱心 6意気消沈、陰気、裏切られる、懐疑、価値がない、悲しみ、感傷、疑心暗鬼、疑念、拒絶、疑惑 苦痛、苦悩、苦しみにもがく、懸念、嫌悪、幻滅、後悔、孤独、罪悪感、自己嫌悪、自己憐憫、自信喪失、自責、執拗、自暴自棄、弱体化、需要、脆弱、切なさ、絶望、敗北、悲嘆、評価されない、不満、無関心、無力感、落胆、冷笑、劣等感 7確信、決意、嫌疑が晴れる、自信、自尊心 1が0〜プラス寄りの感情 2衝撃の感情 3不安定な感情 4他者を前提とする感情 5プラスでもマイナスでもない感情 6−〜0のマイナス寄りの感情 7安定した感情

67★

私は、「1.他人との関わりから生まれる感情」「2.自己完結している感情」「3.12の両方の場合が考えられる感情」という人間関係という観点と、「a.ポジティブな感情」「b.ネガティブな感情」「c.aでもbでもない感情」という正負の観点から、感情を以下9項目に分類しました。 1a.他人との関わりから生まれるポジティブな感情  愛情、感謝、称賛。 1b.他人との関わりから生まれるネガティブな感情  憐れみ、打ちのめされる、裏切られる、幻滅、孤独、罪悪感、自責、嫉妬、失望、他人の不幸を喜ぶ、憎しみ、ネグレクト、根に持つ、敗北、恥、反感、反抗、評価されない、復讐、無力感、冷笑、劣等感。 1c.他人との関わりから生まれるaでもbでもない感情  畏敬、共感、受容、情欲、触発、崇拝、羨望、つながり、同情。 2a.自己完結しているポジティブな感情  安堵、価値がある、希望、好奇心、肯定、幸福、自信、多幸感、熱心、平穏、満足。 2b.自己完結しているネガティブな感情  意気消沈、陰気、うぬぼれ、価値がない、葛藤、危惧、恐怖、緊張、苦痛、苦悩、苦しみもがく、懸念、後悔、混乱、自己嫌悪、自己憐憫、自信喪失、弱体化、脆弱、パニック、ヒステリー、不安。 2c.自己完結しているaでもbでもない感情  恐れ知らず、驚き、確信、愕然、感傷、驚嘆、決意、謙虚、自尊心、衝撃、切望、戦慄、ホームシック、無関心、むら気、旅行熱。 3a.12の両方の場合が考えられるポジティブな感情  感動、嫌疑が晴れる、愉快、喜び。 3b.12の両方の場合が考えられるネガティブな感情  怒り、いらだち、怖気づく、怯え、悲しみ、疑心暗鬼、屈辱、屈服、軽蔑、激怒、嫌悪、自暴自棄、心配、切ない、絶望、短気、動揺、悲嘆、不信、不本意、不満、フラストレーション、防衛、落胆、立腹、狼狽。 3c.12の両方の場合が考えられるaでもbでもない感情  唖然、圧倒、あやふや、懐疑、懐古、気がかり、期待、気づかい、疑念、きまり悪さ、拒絶、疑惑、興奮、高揚感、執拗、用心、欲望。

68

【ポジティブな印象の表現】 愛情、安堵、畏敬、恐れ知らず、懐古、価値がある、感謝、感動、期待、希望、嫌疑が晴れる、好奇心、肯定、幸福、高揚感、自信、自尊心、受容、称賛、崇拝、羨望、多幸感、同情、熱心、平穏、満足、愉快、喜び、旅行熱 【ネガティブな印象の表現】 あやふや、哀れみ、怒り、意気消沈、いらだち、陰気、打ちのめされる、うぬぼれ、裏切られる、怖気づく、怯え、懐疑、愕然、価値がない、悲しみ、感傷、気がかり、危惧、疑心暗鬼、疑念、きまり悪さ、恐怖、拒絶、疑惑、緊張、苦痛、屈辱、屈服、苦悩、苦しみにもがく、軽蔑、懸念、激怒、嫌悪、幻滅、後悔、孤独、混乱、罪悪感、自己嫌悪、自己憐憫、自信喪失、自責、嫉妬、失望、自暴自棄、弱体化、心配、脆弱、切なさ、絶望、戦慄、他人の不幸を笑う、短気、動揺、憎しみ、ネグレクト、根に持つ、敗北、恥、パニック、反感、ヒステリー、悲嘆、評価されない、不安、復讐、不信、不本意、不満、フラストレーション、ホームシック、無関心、むら気、無力感、用心、落胆、立腹、冷笑、劣等感、狼狽 【ポジティブ・ネガティブな印象の表現】 葛藤、気遣い、共感、謙虚、情欲、触発、つながり、反抗、防衛、欲望 【強意的表現】 <ポジティブ寄り> 圧倒、確信、驚き、驚嘆、決意、興奮、衝撃、切望 <ネガティブ寄り> 執拗、唖然

69

・喜び 愛情、安堵、懐古、感謝、感動、共感、嫌疑が晴れる、肯定、幸福、興奮、高揚感、自尊心、受容、称賛、多幸感、同情、平穏、満足、愉快、喜び ・信頼 愛情、恐れ知らず、確信、価値がある、気づかい、共感、謙虚、肯定、崇拝、つながり、同情、用心 ・恐れ 畏怖、怖気づく、怯え、懐疑、気がかり、危惧、疑心暗鬼、疑念、恐怖、疑惑、緊張、屈服、懸念、自暴自棄、戦慄、動揺、パニック、不安、復讐、狼狽 ・驚き 唖然、圧倒、畏怖、驚き、拒絶、愕然、驚嘆、衝撃、触発 ・悲しみ 憐れみ、意気消沈、陰気、打ちのめされる、裏切られる、拒絶、価値がない、葛藤、悲しみ、感傷、幻滅、後悔、孤独、自己憐憫、嫉妬、失望、切なさ、悲嘆、ホームシック、無力感、落胆、劣等感 ・苦しみ 苦痛、屈辱、苦悩、苦しみにもがく、孤独、混乱、自己喪失、嫉妬、弱体化、心配、脆弱、絶望、羨望、多幸感、敗北、恥、ヒステリー、評価されない ・嫌悪 あやふや、打ちのめされる、うぬぼれ、葛藤、きまり悪さ、軽蔑、嫌悪、幻滅、後悔、罪悪感、自己嫌悪、自責、執拗、羨望、他人の不幸を喜ぶ、憎しみ、ネグレクト、根に持つ、反感、反抗、不信、不本意、不満、防衛、むら気、旅行熱、冷笑、無関心 ・怒り 怒り、いらだち、軽蔑、激怒、短気、フラストレーション、立腹 ・期待 感謝、期待、希望、決意、好奇心、自信、情欲、切望、つながり、熱心、欲望

70

楽しみ:愛情/価値がある/感謝/感動/期待/気づかい/希望/共感/驚嘆/嫌疑が晴れる/謙虚/好奇心/肯定/幸福/興奮/高揚感/称賛/情欲/触発/崇拝/多幸感/つながり/熱心/平穏/満足/愉快/用心/欲望/喜び/安堵/懐古/確信/決意/自信/自尊心 嫌気:唖然/圧倒/あやふや/意気消沈/打ちのめされる/うぬぼれ/価値がない/葛藤/きまり悪さ/驚嘆/嫌悪/幻滅/後悔/孤独/混乱/罪悪感/自己嫌悪/自己憐憫/自信喪失/自責/嫉妬/失望/反感/執拗/自暴自棄/弱体化/受容/衝撃/心配/脆弱/切なさ/切望/羨望/戦慄/他人の不幸を喜ぶ/評価されない/不安/不信/不本意/不満/フラストレーション/無関心/むら気/無力感/軽蔑/落胆/立腹/旅行熱/冷笑/劣等感/狼狽/陰気/裏切られる 悲しみ:憐れみ/悲しみ/感傷/気がかり/絶望/苦痛/苦悩/苦しみにもがく/ホームシック/同情/恥/悲嘆 恐れ:畏敬/怖気づく/恐れ知らず/驚き/怯え/懐疑/愕然/防衛/危惧/疑心暗鬼/疑念/恐怖/拒絶/疑惑/緊張/動揺/パニック/屈服 怒り:怒り/いらだち/激怒/短気/屈辱/憎しみ/ネグレクト/根に持つ/敗北/反抗/ヒステリー/復讐

71★

人間の5つの基本感情と言われている①楽しみ②嫌気③悲しみ④恐れ⑤怒りに分けてみました。 ①楽しみ:愛情/唖然/安堵/うぬぼれ/恐れ知らず/驚き/懐古/確信/価値がある/感謝/感動/期待/気づかい/希望/共感/驚嘆/決意/疑惑が晴れる/謙虚/好奇心/肯定/幸福/興奮/高揚感/自信/自尊心/受容/衝撃/称賛/触発/崇拝/切望/多幸感/つながり/同情/熱心/満足/平穏/愉快/喜び/旅行熱 ②嫌気:懐疑/葛藤/決まり悪さ/拒絶/苦痛/軽蔑/嫌悪/自己嫌悪/嫉妬/憎しみ/ネグレクト/反感/反抗/不本意/不満/無関心/むら気/無力感/冷笑 ③悲しみ:憐れみ/意気消沈/陰気/打ちのめされる/愕然/価値がない/悲しみ/感傷/屈辱/屈服/苦悩/苦しみにもがく/幻滅/後悔/孤独/混乱/罪悪感/自己憐憫/自信喪失/自責/失望/弱体化/脆弱/切なさ/絶望/敗北/ホームシック/落胆/劣等感/ ④恐れ:圧倒/あやふや/畏敬/怖気付く/怯え/気がかり/危惧/疑心暗鬼/疑念/恐怖/疑惑/緊張/懸念/自暴自棄/心配/戦慄/動揺/パニック/不信/防衛/用心/狼狽 ⑤怒り:怒り/いらだち/裏切られる/激怒/執拗/情欲/羨望/他人の不幸を喜ぶ/短気/根に持つ/復讐/フラストレーション/欲望/立腹

72★

【イライラ】 いらだち 自己嫌悪 自責 怒り 軽蔑 激怒 嫌悪  自暴自棄 戦慄 短気 憎しみ 復讐 不満 フラストレーション 立腹 【悲しみ】 憐れみ 打ちのめされる 裏切られる 価値がない 悲しみ 感傷 拒絶 幻滅 後悔 自己憐憫 屈辱 屈服 苦しみにもがく  自責 失望 切なさ 絶望 評価されない 不本意  無関心 落胆 【不安】 あやふや 意気消沈 怖気づく 怯え 懐疑 畏敬 陰気 葛藤 気がかり 危惧 疑心暗鬼 疑念 きまり悪さ 恐怖 疑惑 孤独 混乱 罪悪感 苦悩 決意 懸念 自信喪失 嫉妬 執拗 弱体化 心配 脆弱 羨望  他人の不幸を喜ぶ 動揺 不安 不信 ホームシック 無力感 用心 劣等感 狼狽 【喜び】 確信 感動 期待 希望 高揚感 称賛 満足 喜び 【愛しみ】 愛情  感謝 情欲 欲望 【安心】 共感 懐古 嫌疑が晴れる 謙虚 肯定 自信 受容  つながり 同情 平穏 防衛 【好奇心】 唖然 恐れ知らず 驚き 愕然 驚嘆 好奇心 興奮 衝撃 触発 切望  むら気 旅行熱  【幸福】 圧倒 安堵 うぬぼれ 価値がある 気づかい 幸福 自尊心 崇拝 多幸感 愉快 冷笑

73

1,愛情、畏敬、気づかい、共感、好奇心、肯定、幸福、興奮、高揚感、自信、崇拝、多幸感、満足、愉快、喜び、旅行熱 2,唖然、意気消沈、怖気づく、驚き、愕然、驚嘆、衝撃、触発、動揺、パニック 3,圧倒、打ちのめされる、裏切られる、屈服、弱体化、根に持つ 4,憐れみ、怒り、いらだち、価値がある、価値がない、感謝、感傷、屈辱、激怒、評価されない、失望、嫉妬、称賛、拒絶、嫌悪、憎しみ、反感、不満、落胆、立腹 5,安堵、うぬぼれ、怯え、葛藤、懐疑、確信、悲しみ、感動、気がかり、危惧、期待、疑念、希望、懐古、きまり悪さ、恐怖、疑惑、緊張、苦痛、苦悩、苦しみにもがく、軽蔑、決意、懸念、幻滅、後悔、孤独、混乱、自己嫌悪、罪悪感、自己憐憫、自信喪失、自責、自尊心、執拗、受容、心配、切なさ、切望、絶望、羨望、戦慄、つながり、同情、熱心、敗北、反抗、悲嘆、不安、復讐、恥、不信、不本意、フラストレーション、平穏、防衛、ホームシック、むら気、無力感、用心、冷笑、劣等感、狼狽、欲望 6,陰気、恐れ知らず、疑心暗鬼、謙虚、自暴自棄、情欲、脆弱、短気、ネグレクト、ヒステリー、無関心 7,嫌疑が晴れる、他人の不幸を喜ぶ、

74

1. 愛情、価値がある、期待、希望、好奇心、幸福、興奮、高揚感、自信、自尊心、切望、多幸感、熱心、満      足、愉快、喜び、旅行熱、恐れ知らず、 2. 唖然、圧倒、驚き、愕然、驚嘆、衝撃、触発、 3. あやふや、懐疑、葛藤、気がかり、危惧、疑心暗鬼、疑念、きまり悪さ、拒絶、疑惑、懸念、心配、動揺、ヒステリー、不安、不信、防衛、用心、無関心、むら気、 4. 憐れみ、意気消沈、陰気、打ちのめされる、価値がない、悲しみ、感傷、苦痛、屈辱、苦悩、苦しみにもがく、幻滅、後悔、孤独、混乱、罪悪感、自己嫌悪、自己憐憫、自信喪失、自責、失望、自暴自棄、弱体化、脆弱、切なさ、絶望、憎しみ、ネグレクト、敗北、恥、パニック、悲嘆、評価されない、ホームシック、無力感、落胆、劣等感、狼狽 5. 安堵、うぬぼれ、確信、共感、決意、嫌疑が晴れる、肯定、受容、同情、平穏、懐古、つながり、 6. 怒り、いらだち、裏切られる、激怒、嫌悪、嫉妬、執拗、情欲、羨望、短気、根に持つ、反感、反抗、復讐、不本意、不満、フラストレーション、立腹、冷笑、軽蔑、他人の不幸を喜ぶ、欲望 7. 畏敬、感謝、感動、気づかい、謙虚、称賛、崇拝、 8. 怖気づく、怯え、恐怖、緊張、戦慄、

75

喜:安堵/希望/肯定/幸福/多幸感/満足/喜び/ 怒:怒り/意気消沈/いらだち/軽蔑/激怒/憎しみ/復讐/むら気/立腹/ 哀:あやふや/憐れみ/陰気/打ちのめされる/裏切られる/怖気づく/怯え/懐古/悲しみ/きまり悪さ/恐   怖/苦痛/屈辱/屈服/謙虚/後悔/混乱/罪悪感/自己嫌悪/自己憐憫/自信喪失/自暴自棄/弱体化/   脆弱/切なさ/切望/絶望/短気/ネグレクト/恥/ヒステリー/悲嘆/不安/ホームシック/ 楽:うぬぼれ/恐れ知らず/好奇心/無関心/無力感/愉快/落胆/狼狽 他者:愛情/感謝/感傷/感動/気づかい/共感/拒絶/緊張/嫌悪/幻滅/孤独/自責/受容/称賛/情欲/   触発/心配/崇拝/羨望/他人の不幸を喜ぶ/つながり/同情/敗北/反感/反抗/不信/防衛/冷笑/劣   等感/ 悩み:葛藤/気がかり/危惧/疑心暗鬼/嫉妬/失望/苦悩/苦しみにもがく/不満/欲望/評価されない 起伏:唖然/圧倒/畏敬/驚き/愕然/驚嘆/興奮/高揚感/執拗/衝撃/戦慄/動揺/熱心/根に持つ/パニ    ック/平穏/旅行熱/ 判断:懐疑/確信/価値がある/価値がない/期待/疑念/疑惑/決意/懸念/嫌疑が晴れる/自信/自尊心/    不本意/用心/

76

①愛情・うぬぼれ・確信・価値がある・期待・決意・好奇心・肯定・自信・称賛・満足・安堵・恐れ知らず・懐古・平穏・希望 ②唖然・意気消沈・陰気・打ちのめされる・裏切られる・決まり悪さ・拒絶・苦痛・屈辱・嫌悪・自信喪失・恐怖・弱体化・脆弱・敗北 ③圧倒・怖気づく・驚き・愕然・感動・危惧・驚嘆・緊張・激怒・幻滅・執拗・絶望・戦慄・ネグレクト・悲嘆・復讐・落胆・パニック・防衛・狼狽・切望・熱心 ④あやふや・怯え・懐疑・気がかり・疑心暗鬼・疑念・疑惑・懸念・混乱・心配・崇拝・動揺・用心・不安 ⑤怒り・いらだち・自責・自暴自棄・触発・他人の不幸を喜ぶ・短期・憎しみ・反感・反抗・ヒステリー・不満・立腹・フラストレーション・冷笑 ⑥憐れみ・畏敬・感謝・感傷・気づかい・共感・謙虚・つながり・同情・劣等感・自己憐憫・無関心 ⑦価値がない・屈服・苦悩・苦しみにもがく・自己嫌悪・ホームシック・無力感・軽蔑・恥・評価されない ⑧嫌疑が晴れる・幸福・興奮・高揚感・自尊心・情欲・羨望・多幸感・愉快・欲望・喜び・旅行熱 ⑨葛藤・悲しみ・後悔・孤独・罪悪感・嫉妬・失望・切なさ・不信・不本意・むら気

77

喜びに関連するプラスの感情 喜び 愛情 気遣い 高揚感 多幸感 幸福 肯定 満足 希望 感動 愉快 嫌疑が晴れる 自信 自尊心 期待 安堵 感謝 恐れ知らず 懐古 確信 価値がある 共感 決意 好奇心 賞賛 受容 崇拝 つながり 平穏 旅行熱 悲しみに関連する感情 悲しみ 裏切られる 失望 悲嘆 絶望 落胆 評価されない 幻滅 意気消沈 自暴自棄 打ちのめされる 憐み 価値がない 感傷 孤独 事故憐憫 弱体化 脆弱 切なさ 同情 熱心 無関心 無力感 怒りに関連する感情 怒り 激怒 立腹 苛立ち 短気 ヒステリー フラストレーション 不満 反感 根に持つ 自責 触発 執拗 冷笑 驚きに関連する感情 驚き 驚嘆 唖然 圧倒 パニック 興奮 衝撃 動揺 不本意 狼狽 恐怖に関連する感情 恐れ 恐怖 怖気付く 屈服 怯え 畏敬 戦慄 不安 危惧 懸念 拒絶 緊張 防衛 用心 嫌悪に関連するマイナスの感情 嫌悪 憎しみ ネグレクト 根に持つ フラストレーション 復讐 他人の不幸を喜ぶ 軽蔑 自己嫌悪 嫉妬 悩みに関連する感情  苦悩 苦しみにもがく 葛藤 後悔 陰気 気がかり 切望 羨望 欲望 反抗 ホームシック あやふや 疑心暗鬼 懐疑 疑念 不審 疑惑 混乱 不信 情欲 心配 むら気 恥に関連する感情 きまり悪さ 屈辱 謙虚 罪悪感 恥 劣等感

78★

まず、自己完結の感情(A)と、他者に向けられた感情(B)と、そのどちらともとれる感情(C)に分類しました。そしてそれぞれを、ポジティブな感情(a)とネガティブな感情(b)とそのどちらともとれるもしくはどちらでもない感情(c)に分類し、合計9つの項目に感情表現を分類しました。 A-a 安堵・恐れ知らず・確信・価値がある・感動・嫌疑が晴れる・好奇心・肯定・幸福・興奮・高揚感・自身・自尊心・多幸感・熱心・満足・愉快・喜び A-b 意気消沈・陰気・怖気づく・怯え・価値がない・葛藤・悲しみ・恐怖・苦痛・屈辱・苦悩・苦しみにもがく・後悔・孤独・自己嫌悪・自身喪失・自責・自暴自棄・弱体化・脆弱・切なさ・絶望・戦慄・短気・動揺・敗北・恥・パニック・ヒステリー・悲嘆・不安・不本意・フラストレーション・無関心・落胆 A-c あやふや・うぬぼれ・驚き・懐疑・懐古・愕然・感傷・緊張・決意・謙虚・衝撃・情欲・触発・平穏・むら気・旅行熱 B-a 畏敬・気づかい・称賛・崇拝 B-b 啞然・憐れみ・打ちのめされる・疑心暗鬼・きまり悪さ・拒絶・屈服・軽蔑・嫌悪・幻滅・嫉妬・憎しみ・ネグレクト・反感・反抗・評価されない・不信・立腹・冷笑・狼狽 B-c 圧倒・共感・羨望・他人の不幸を喜ぶ・つながり・同情・復讐・防衛 C-a 愛情・感謝・期待・希望 C-b 怒り・いらだち・裏切られる・危惧・激怒・混乱・罪悪感・失望・根に持つ・ホームシック・無力感・劣等感 C-c 気がかり・疑念・驚嘆・疑惑・懸念・自己憐憫・執拗・受容・心配・用心・欲望

79

1楽しみ、喜び、うれしいなどプラスな感情: 感謝、感動、幸福、嫌疑が晴れる、好奇心、多幸感、満足、平穏、喜び、安堵、価値がある、愉快、興奮、高揚感、同情、愛情、他人の不幸を喜ぶ 2悲しみ、悲しい:裏切られる、価値がない、悲しみ、切なさ、絶望、悲嘆、評価されない、ホームシック、感傷、幻滅、憐れみ、孤独、失望、落胆、劣等感、弱体化、陰気、意気消沈、自暴自棄、不満、自己憐憫 3恐れる、不安、苦しい:怖気づく、怯え、苦悩、苦しみにもがく、恐怖、不安、フラストレーション、苦痛、疑心暗鬼、疑念、圧倒、打ちのめされる、危惧、拒絶、緊張、懸念、心配、戦慄、不信、自責、罪悪感、ヒステリー 4怒り、嫌う:怒り、いらだち、激怒、憎しみ、復讐、立腹、嫌悪、自己嫌悪、反感、反抗 5驚き:唖然、驚き、驚嘆、衝撃、愕然 6期待、疑う、信念に近い感情:期待、希望、切望、欲望、情欲、懐疑、疑惑、動揺、決意、確信、自信、うぬぼれる、自尊心、熱心、気がかり、気遣い、用心、共感 7他人のほうが優れている:嫉妬、謙虚、畏敬、謙虚、屈服、屈辱、賞賛、不本意、崇拝 8その他:ネグレクト、防衛、狼唄、旅行熱、軽蔑、冷笑、あいまい、きまり悪さ、懐古、葛藤、混乱、執拗、受容、つながり、脆弱

80

歓楽:愛情、感謝、感動、期待、希望、共感、好奇心、肯定、幸福、興奮、高揚感、自己憐憫、自信、自尊心、   称賛、羨望、多幸感、熱心、愉快、価値がある 憤怒:怒り、いらだち、短気、根に持つ、反感、反抗、復讐、不本意、不満、フラストレーション、軽蔑、立腹 悲しみ:憐れみ、意気消沈、陰気、打ちのめされる、裏切られる、怖気づく、怯え、懐疑、価値がない、葛藤、感傷、恐怖、拒絶、疑惑、緊張、苦痛、屈辱、屈服、苦脳、苦しみにもがく、脆弱、悲嘆、防衛、冷笑、劣等感 驚き:唖然、圧倒、狼狽 無感動:無関心、むら気、無力感

81

喜び、信頼、驚き、怒り、悲しみ、疑い、恐怖、嫌悪、無関心の9つににわけて分類しました。喜びを表す、希望/感謝/感動/嫌疑が晴れる/好奇心/幸福/興奮/高揚感/称賛/情欲/多幸感/他人の不幸を喜ぶ/熱心/喜び/欲望/愉快/平穏/満足/つながり。信頼を表す、愛情/安堵/確信/恐れ知らず/うぬぼれ/共感/決意/肯定/自信/自尊心/受容/切望/謙虚/崇拝/触発/羨望/価値がある。驚きを表す、唖然/圧倒/打ちのめされる/驚き/愕然/驚嘆/衝撃/動揺/狼狽/パニック。怒りを表す、怒り/いらだち/葛藤/激怒/嫉妬/短気/立腹/根に持つ/復讐/ヒステリー/不満/フラストレーション/反感/反抗/旅行熱。悲しみを表す、憐れみ/意気消沈/陰気/悲しみ/感傷/懐古/きまり悪さ/後悔/孤独/自己憐憫/自信喪失/自暴自棄/切なさ/同情/劣等感/落胆/無力感/ホームシック/悲嘆/評価されない/不本意/敗北。疑いを表す、裏切られる/懐疑/気がかり/気づかい/期待/疑念/疑惑/苦悩/懸念/自責/心配/あやふや/用心/防衛/不安/不信。恐怖を表す、畏敬/怖気づく/怯え/危惧/疑心暗鬼/恐怖/緊張/苦しみにもがく/混乱/絶望/戦慄。嫌悪を表す、拒絶/苦痛/屈辱/屈服/軽蔑/嫌悪/幻滅/罪悪感/自己嫌悪/失望/執拗/憎しみ/価値がない/冷笑/恥/脆弱/弱体化。無関心を表す、ネグレクト/無関心/むら気。

82

プラスの感情:愛情、安堵、畏敬、懐古、確信、価値がある、感謝、感動、期待、希望、共感、決意、好奇心、肯定、幸福、興奮、高揚感、自信、自尊心、称賛、崇拝、多幸感、熱心、平穏、満足、愉快、喜び、旅行熱 マイナスの感情:唖然、あやふや、憐れみ、怒り、意気消沈、いらだち、陰気、打ちのめされる、うぬぼれ、裏切られる、怖気づく、怯え、愕然、価値がない、葛藤、悲しみ、感傷、気がかり、危惧、疑心暗鬼、疑念、きまり悪さ、恐怖、拒絶、疑惑、苦痛、屈辱、屈服、苦悩、苦しみにもがく、軽蔑、激怒、懸念、嫌悪、幻滅、後悔、孤独、混乱、罪悪感、自己嫌悪、自信喪失、自責、嫉妬、失望、執拗、自暴自棄、弱体化、心配、脆弱、切なさ、切望、絶望、他人の不幸を喜ぶ、短期、動揺、憎しみ、ネグレクト、根に持つ、敗北、恥、パニック、反感、反抗、ヒステリー、悲嘆、評価されない、不安、復讐、不信、不本意、不満、フラストレーション、ホームシック、無力感、落胆、立腹、冷笑、劣等感、狼狽 喜、楽の感情:愛情、安堵、価値がある、感謝、感動、期待、共感、好奇心、肯定、幸福、興奮、高揚感、自信、称賛、多幸感、愉快、喜び 怒の感情:怒り、いらだち、激怒、短期、反抗、復讐、立腹 哀の感情:憐れみ、意気消沈、打ちのめされる、怯え、愕然、価値がない、悲しみ、感傷、恐怖、苦痛、屈辱、苦悩、苦しみにもがく、幻滅、後悔、孤独、自己嫌悪、自信喪失、失望、脆弱、悲嘆、評価されない、不安、落胆、劣等感

83

口調ー 思考ーあやふや、畏敬、気がかり、器具、疑心暗鬼、 反応ー圧倒、陰気、裏切られる、怖気づく、確信、 ボディランゲージー唖然、圧倒、意気消沈、打ちのめされる、うぬぼれ、驚き、恐れ知らず、怯え、愕然、 ポジティブ気持ちー愛情、安堵、価値がある、感謝、感動、期待、希望、共感、愉快、喜び、満足 ネガティブ気持ちー憐れみ、怒り、いらだち、価値がない、葛藤、悲しみ、感傷、恐怖、拒絶、疑惑、苦痛、屈辱、屈服、苦悩、苦しみにもがく、軽蔑、激怒、落胆、立腹、劣等感、用心、不信


3. 今回の感情Forms編集後記(2番は編集行為になっているので編集後記)

83応答

ID

応答

1

全体的に見ると、悲しくなると、疑うの基準があいまいになってしまったと考えている。 驚くのとところで、興奮をホッとするに入れようか迷う場面があった。また、恐怖も、新しく分類を作ってそこに入れようか迷ってしまった。 自分なりにこの感情ではこう感じることもあるぁと考えながら率直に分類してみた。

2

本当はもっともっと分類できるはずだと思いました。だから何をどう分類しようかとても困りました。なんて感情は複雑なんだろうと感じました。日常のささいな感情をしっかり感じることを大切に生きていきたいと改めて思いました。

3

感情には様々な名前があるのだなと思いました。それらを分類してみることで現在の自分の西晋状況や、深層心理がわかる気がしてとても興味深かったです。同じような意味のように思えても感覚として何となく違うような気がするものや、反対に全然違うように見えるものでも同じような場面で感じることなどもあって、不思議だなと思いました。

4

感情は複雑で整理するのは難しいです。ただ、感情の表しつが問題と言うので整理することで、感情をコントロールするヒントが見つかればいいなと思います。

5

 外国に比べて日本には感情を表す言葉がとてもたくさん多いと思う。同じようなニュアンスでも違う言葉がたくさんありながらどの単語も使われるべき最適解がどれも異なることに驚いた。今回の授業を通して日本の感情を表す言葉の数の多さに改めて驚いた。自分も会話をする時に色々な意味の言葉を多用して話していきたい。

6

今回の感情を分類する作業はとても難しいものでした。指定としては5っ~9っの範囲なので、細かく分類したものを大まかにしていかなければならないので、各言葉の意だけでなく、自分自身としてどのように受け取っているかの主観も少し混ざっているかもしれません。自身もその言葉自体を理解していても、普段から使用するかといわれてしまえば使用しません、それが原因で、ボキャブラリーの数が少ないのかもしれないと反省をしました。これからは、気をつけて文章を記述していきたいと思いました。

7

私は人間の感情はとても複雑であると思いました。愛と憎しみというものは一見対局にあるように見えますが何かのきっかけですぐに転嫁してしまうことを考えると表裏一体であるように思えます。また感情はその日の環境にも左右されるものです。なので私は嬉しいと一言でいってもその嬉しいという感情は世界でひとつだけのもの、また二度と湧いてこない唯一無二の存在であるように考えます。その日の天気や見た夢、食べた朝ご飯など例を挙げれば枚挙に遑がないと思います。

8

語感によって並べ替えました。特に前半には怒りの言葉が多いように感じました。

9

最初、喜怒哀楽その他で書き始めてそこに足していく、変更していくという過程で書いていったのですが、9つでも正直分類項目が足りませんでした。恥、無関心、むら気、等はどの項目にも入れられず、無理やり入れることになりましたが、これ以上うまい分け方ができずこのようになりました。これからはもっと語彙をグループ分けしてみる癖をつけようと思いました。

10

日常で使う言葉から読み方がわからない言葉まで様々でした。上記の言葉を見た第一印象は、マイナスな言葉が比較的多いことでした。しかし、いざ分類するとなると自分の中でマイナスな言葉だと思っていたものが、見方を変えるとプラスな言葉になると感じました。なので、分類するときにとても時間がかかったし、言葉を調べ直したりしました。個人的に悩んだことは憐れみの部類と意気消沈の部類を分けるか分けないかです。分類した中でこの二つは特に似ていると感じたので、一つにまとめても違和感はないと思いました。今回の編集行為を通して、自分の中で固定概念だった言葉を見直して本当の意味を知れたのでとても良い機会になりました。

11

自分の語彙力で分類分けをすることがなかなか難しく、辞書で調べて行ってもあいまいなところが多く残った。詳しい意味での分類がうまくいっていないので、来週のFoamsの返答集を見て確認をしたい。普段使っている言葉を様々な言い方で表すことができるのだなと感じた。また感情を表すのには多くの語句があって、それぞれ微妙にニュアンスが異なり、分類分けが難航した。

12★

今回の感情Formsで、『感情類語辞典』が項目としてあげている感情(正確には感情表現)のリストの中から、4月5月6月の自分にピッタリだと思う感情を20項目選択したりしてみて、普段は何も気にせずに過ごしているから、気づかなかったけど、自分の過ごした日々の感情を振り返ってみると、この3か月の間で自分自身が様々な感情を抱いていたことが分かりました。しかし、この3か月の自分の感情には非常に偏りがあり、コロナ禍や自分自身の足のケガの影響で毎日思い通りに過ごすことができず、「恐れ」、「悲しみ」、「嫌悪」、「怒り」といったマイナスの感情を抱くことが非常に多かったです。なので、自分自身、もう少し日常生活の中で感情の変化に気を遣い、「喜び」というようなプラスの感情を抱けるように、普段の生活の中で多くのことに興味を持ち、楽しく毎日過ごせるようにしていきたいと思います。 また、『感情類語辞典』が項目としてあげている感情のリストの中から、9つに分類してみて、感情の分類の難しさを感じました。様々な感情がある中で、それぞれの感情にそれぞれの意味があり、似てるようで似てないような意味の感情などが何個かあったので、分類するのに非常に苦労しました。このように、感情を分類したことで、今まで知らなかった感情の意味を多く知ることができたので、今後の生活で様々な感情を感じ取っていきたいと思います。 最後に今回、このように4月5月6月の感情を振り返りましたが、感情を振り返ることは自分自身を知る上で非常に大事だなと思うことができたので、引き続き自分自身がどのような感情を抱いて生活していたのかを振り返って、自分自身の感情の変化を観察していこうと思います。

13

実際にまとめてみて、かなり難しいと思いました。まとめようと思っても何という項目でまとめたらいいか、どういう軸で分けるか考えながらやっていたらかなりバラバラなまとめ方になってしまいました。どうしてもまとめ方が分からない項目が出てきてしまい、その他でまとめてしまったことがかなり悔やまれます。加えてかなり時間がかかってしまったことに驚きました。あまりこういう機会がなかったため、かなり良い経験になったと思います。今後の課題にも生かしていきたいです。

14★

今回の課題に取り組んで大変だったことは、判断基準です。私は最初にプラスの感情/マイナスの感情で分けようと試みたのですが、全くうまくいきませんでした。これは単純にプラスマイナスがはっきりしているものもあれば、どちらにも属すると考えられるもの、どちらに属するとも言えないものが三様に存在していたためです。この分類を試みたときに一番困難に感じたのは、編集行為のところで上げた【衝撃】の枠組みに当たる感情表現達です。意気消沈や混乱などはマイナスと挙げられますが、唖然や圧倒について私は判断ができませんでした。結局その手法は諦め、一覧の感情表現を一読し、くくりだせそうな項目ごとに分け、それを調整していくスタイルにしました。この作業をしている中で思ったことは、9分類は個人的にかなり厳しいということでした。最初、①の選択肢は【喜び】【安堵】と別項目だったのですが、他の選択肢を並べていくうちにそれらの分類を分けてしまうと9分類では足りなくなると思い、苦肉の策として統合しました。改めて見返すと、③【苦しさ、悔しさ】と④【悲しみ】を統合したほうがよかったかもしれません。また、感情を区別する行為は非常に困難でした。その一つの言葉に、一覧の中で類似する感情があるのか?と言われると、無いと答えたくなるような感情表現が多く羅列されていたように感じたのです。この一覧のおおもとが類語”辞典”の項目ですので当たり前でもあるのですが、かなり苦しめられました。その一例として、無関心が非常に難しく感じました。無関心はよく『好きの反対は無関心だ』というフレーズで耳にしますが、無関心という言葉単体での分類は、私が無関心を『相手を何とも思わない感情』と定義しているのでかなり難しかったです。また、無関心と同じ項目(⑨【他人/の事への感情】)に分類した、畏敬や崇拝も同様に感じました。私は、畏敬や崇拝は尊敬の延長線上の一つであり、その上に畏れや信仰心が付随された感情であると理解しているので、他のどれに分類したとしても本質的な意味と異なってしまうというジレンマが凄まじかったです。結局これらは少し苦しいですが、他人/の事への感情という大雑把な括りを作り出すことになってしまいました。もう少しうまく分類することも可能であったように思います。最後に、今回感情を分類する中で、その行為を困難にしたのはやはり判断基準の曖昧さゆえだと思います。また、判断基準が曖昧だからこそ多くの感情表現が生まれるのだということも改めて感じました。今回の分類は個人的にしっくりこないところも多いのですが、これ以上突き詰めようとすると確実に9分類では足りなくなるので、今回は切り上げることにしました。加えて、この分類は今の自分だからこうなったのであり、また様々な感情表現の含まれる小説類や、実際にこの辞典を手に取り読み込んだ場合は、今の分類とは違う判断をすることになるのだろうと思いました。また個人的に挑戦してみたくなる課題でした。

15

気づかないだけで人間には色んな感情があり、その感情にも名前が付いているのは知っていたが沢山種類があって驚いた。

16

『感情類語辞典』が項目としてあげている感情(感情表現)のリストを分類してみて普段使っていない感情表現が自分の思っているよりも多くあり、どのように分類すればよいのか分からなく難しかったです。しかし、自分は、どのような場面でこの感情表現になるのか、考えることにより、少し分かりやすくなってきて、楽しくできました。

17

同じようで異なる意味を持つ言葉が多かったです。

18

 最初は感情を客観的に分析して、5つ以上のグループに分類しようとしました。しかし、分類のための基準をどう定めるかに悩み、自分にとっての納得解を見つけることができませんでした。なので、客観的に分析して分類することをやめ、自らの直感で主観的に分類し、それを後で分析するように方向転換しました。  分類する言葉が多いため、まずはこれを肯定的な意味と否定的な意味の大きく2つのグループに分類しようと考えました。分類するときは自分に直感に従い、何も考えず1つの言葉当たり1秒で分類しました。  次に、2つのグループに分けた言葉をさらに2つのグループに分類しました。つまり、4つのグループをつくろうとしたのです。方法は先程と同じように直感で「なにか違う」と思ったものを分類しました。  最後に肯定と否定のそれぞれ2つのグループを3つのグループに分類し、6つのグループを作りました。  私は最終的なその結果を見て、漢字のもつイメージに引っ張られているなと感じました。「この言葉はこの漢字が使われているから、こっち」という風に無意識のうちに漢字の意味を1つの判断基準にしているのです。つまり、どのような感情かを考えるのではなく、その漢字の意味を想像していたのです。

19

 今回分類してみて感情というものはなかなか自分でも理解することが難しいと感じました。そして相手の気持ちを把握する為にはまず自分の感情を理解していないとほぼ不可能であると考えます。  相手の立場になって考える場合は必ず自分の感情を理解する必要があるのではないでしょうか。自分にされて嫌なことは人にするなといったことは感情を理解していなければこの言葉の意味を理解することはできないでしょう。現在ネット上での誹謗中傷が絶えない背景には人々が自分の感情を失いつつあることがあるのではないでしょうか。  私は今回の編集作業で自分の感情を理解することの大切さを認識できたと考えます。

20

感情の種類をここに書き表すと改めてこんなにたくさんの数の感情があるんだなと同時に、こういう表現もあるのかと感じるものもあった。中には、言葉は理解していてもその感情をうまく表現できないものや、当てはまるのかわからないものもあって、これだけの数があると、もっと良い表現で表せるのではないかとも思った。

21

人間の感情は、ネガティブな感情の方がより細分化されて表現されていると感じた。事実、ネガティブな心境を表す言葉が分類上でも最も多く、意味の重複が多く見られるものの、細かいニュアンスは異なっていた。

22

最初の自分の4、5、6の感情を選ぶところで、選んだ後に眺めてみたら少し負の感情が多いなという気がしました。4月からは初めて大学での対面授業があり、そしてまたすぐにオンライン授業になったりとバタバタしていたので負の感情が多めになったのかなと思いました。でもすべてが負の感情ではなく前向きな感情もいくつかあったので、これから少しでも前向きな感情を増やしていけるように頑張ろうと思いました。 次の言葉の分類では私はまず、分類するための項目は先に決めてから分類を始めました。分類をするときはあまり迷わずに自分の直感で分けていきました。でも中には分類するのが難しいものもあり、そういう時はその言葉の意味をしっかり調べたりしてからわけるようにしました。また複数の項目に該当しているなと感じる言葉もあり、その時は項目にある中で一番その言葉の意味が強いなと感じるところに分けました。言葉の中には聞いたことはあるけどあまり意味の知らない言葉や、全く聞いたことのない言葉もありとても勉強になりました。

23

今回、感情について整理してみましたが、非常に難しかったです。分類に関しては一概に決められるものではなく、時と場合によって分類の仕方は変わると思いました。そのため、ここでは主にこれらの感情をどのようなときに抱くのか、何に対して抱くのかについて私が特に多い場合を考えて分類分けしました。人によって様々だと思います。また、感情というものはなんともいえないもので非常に言語化することも難しかったです。最近は私自身の学年が3年生ということもあり、就活が忙しく、就活やその他人間関係に対する感情がよく表れていると思いました。

24

九つの範囲という指定がありましたが、どれに分類するのか迷うものがいくつかありました。 分類をしてみてわかったことは、当てはまる感情が多い分類は自分が日々生活しているなかでも沸き起こる回数が多い感情なのだと感じました。 「+」か「-」がわかりやすい感情は無意識的に多く分類させていると感じました。

25

今回の課題は、感情表現を分類するものでしたが、意味が曖昧なものや、「価値がある、ない」、「評価されない」など感情表現なのかよくわからないものや、「自己憐憫」などそもそも初めて見た表現もあったので、まずは言葉の意味を調べるところから始めてみましたが、様々な語彙を知ることができてとても興味深く思いました。分類する中では、半分くらいはすぐ分類できたのですが、もう半分はぴったりこの感情と当てはめるのが難しかったので、試行錯誤を重ねました。特に、「あやふや」はプラスの感情ではないが、マイナスの感情の恐れ、悲しみ、嫌悪のどこに分類すればいいのか頭を悩ませました。「恐れ知らず」に関してはプラスの感情なのかマイナスの感情なのかの判断すら難しいと思いました。「苦痛」と「苦悩」の分け方も悩みましたが、「苦痛」はそれを自分に与えている相手を恨んでるように思い、「苦悩」は一人で悩みを抱えているように感じたため、「苦痛」を怒り、「苦悩」を悲しみという分け方にしました。逆に、喜び、信頼と嫌悪の感情表現は最初からあまり迷わずに選ぶことができたので、普段から「好き」「嫌い」のような意味が両極端ではっきりと別れていてわかりやすい語彙しか使っていないのだなと思わされました。もちろんそれらの語彙を使って相手に分かりやすく伝えることは重要なのですが、微妙な感情の変化を伝えたいときに、はっきりとした言葉だけでは基本的な感情との小さな差異を表現することができないので、これからは少し難しい語彙も使えるようにして、その時その時の感情をピタッと一言で言い表すことができるようになりたいと思いました。

26

今回の課題にあたって、始めは善意と悪意の二つに分け、その後細かく分類しようと考えたのですが、それだとどちらにも分類できないものがあったり、単語のみで使用したことがないものであったり、弱体化のようにそもそもこれは感情なのかと思うものもあり、大きく分類するといったそんな単純な分け方は通用しないことを理解しました。そして私はプルチックの感情の輪を利用して分類することに決めました。これは人間の基本的な感情を8つに分類し、感情同士は色相環のようにつながっていると考えるものです。これによって、最初のように大まかに分けるのではなく、例えば怒り+期待=攻撃のように感情を表す言葉には複数の語を組み合わせたものがあると考えて、分類をする際にまずその言葉にはどのような意味があるかを一つではなく複数考えるようになり、結果、どこに分類するのかわからなかった単語も共通点を見出して分類することができるようになりました。

27

感情をいざ分類するとなると意外にも難しかったです。「この感情はこの感情にも分類させるのではないか」などという考えになり、意外と時間がかかりました。

28

表にこれらの文字を羅列しどのような場面で使うかや心情をリスト化してまとめました。かなりの量があるので時間がかかりましたが、自分がいつも頭に思ってはいない感情があることに気づいたのでこの先の日常が色鮮やかになると思います。

29

121個の感情表現を分類してみて、今まで意味があやふやだった言葉を知る良い機会になりましあ。まず、プラスの意味にとれるもの、マイナスの意味にとれるものの2つに分類してから、さらに細かく分類しました。また、「驚き」「驚嘆」や、「いらだち」「怒り」など同じ意味であると思っていたが、度合いによって使い分けているということを知りました。

30

感情を知ることが、深い共感であったり、自分自身良い感情表現をする上での最善策ということに気づいた。

31

ダライ・ラマ14世と心理学者ポール・エクマン氏は、人間の基本感情を5つのカテゴリーに分けて、「楽しみ」「嫌気」「悲しみ」「恐れ」「怒り」になります。本来は合計46種類に分類されていますが、私はこの46種類の延長線上にある感情も加え、以上の分類リストになりました。

32

今回の課題で提示された、たくさんの感情表現を9つの限られた範囲で分類表現するのはとても大変でした。分類するのに特に苦労したのは、「恐れ知らず、うぬぼれ、むら気、幻滅、肯定、畏敬、崇拝、決意」などで、もしもう1つの分類を追加できるとしたら恥や畏敬、崇拝などが該当する「尊厳」か「恥」などを追加したいなと思いました。しかし今回は枠の都合上こういった感情表現を拡大解釈して「愛」や「喜び」、「悲哀」といった枠組みの中に入れてしまいましたので、正確な分類にはなっていないと思います。今回の課題で、感情はよく喜怒哀楽で分類されることが多いけれども、厳密な分類をする際にはもっと多くの分類項目が必要だと痛感しました。

33★

私が感情を分類する上で、普段自分が直感的に感じる事を項目名にしてみました。感情は人間には必ず備わっていて、本能の部分である為、感覚として色で分けてみました。赤の感情(ポジティブ、前向き、勢い、漫画の主人公のような感情)、白の感情(その感情ひとつに満たされるような、包まれるような感情)、緑の感情(家族や友達、日常に転がる事象にひっそりと感じる感情)、黒の感情(マイナス、やがて他人に悪影響を及ぼす可能性のある感情)、青の感情(ネガティブ、外からの影響によって一人抱えるような感情)、黄の感情(大きな動き、声で全身で表現しないとたまらない感情)、紫の感情(本能的、咄嗟に出たり、自分のコントロールできない範囲にまで及ぶ可能性のある感情)の七つに分けました。あくまでも個人的な主観で分類しましたが、マイナスに感じる感情が圧倒的に多いように思います。似通った感情の振り分けも頭を抱えました。(赤/黄、黒/青など)しかしこれを通して、自分が青の感情だと思ってもよくよく考えると独りよがりで身勝手な感情が多く、自分自身に言い聞かせる、また思い込むように感情をコントロールしている事を客観視出来ました。人は結局自分自身を一番大切にするもので、それによって他人から受けた影響をねたみや悲しみに似通った感情で処理する事でうまくバランスを取っているのだと考えます。自分自身に当てはめてみて、日頃の行いを反省する部分も多々ありました。 次回も宜しくお願い致します。

34

分類すると愛情、怒り、驚き、感謝、苦痛、切望、パニック、フラストレーション、喜びに分けられる。

35

感情表現を分けるにあたってまず喜怒哀楽で分けられるかを考えました。それに加えて怨む、憎むといった感情、驚きの感情は思いついたのですがそれに当てはまらない感情表現が多く、それらを制限がある区分わけの中でどう分けようかととても悩みました。結果、弱弱しい様子と強くある様子に分けることで大まかには分けられたんじゃないかなと思えるようになりました。それでも二つの区分にまたがっている物やどれも微妙に当てはまらないものなどもあり、改めて感情というものの多彩さとそれらを他人から読み解く必要がある面倒臭さが分かったと思います。

36

この感情分別の授業を通して、初めて知った感情の名前が多くあった。また、「これも感情に入るのか!」と思ったものもあり面白い体験ができたと思う。しかし、感情分別をするにあたって多くの困難があった。特に困ったのは、分別するのが難しい感情の分別である。私は、上記の感情を6分割にして考えたが、取り扱った感情の中には、分割した範囲の複数に所属していてもおかしくない感情や分割した範囲に所属しているのかどうか曖昧な感情があり分別するのにかなり時間がかかった。また、同じような感情であってもニュアンスが微妙に違う感情の分別にも時間がかかった。人の感情はほとんどの場合喜怒哀楽で表現されるが、感情は私たちが思うより複雑であり、言葉で説明できないような感情も多くあるので大変興味深いと感じた。

37

どのように分類するかはとても難しかったです。いい感じに分けたくてもその他が多くなってしまったり、複数に分類できてしまうものがあり、難航しました。

38

喜び:愛情、畏敬、懐古、感謝、感動、希望、好奇心、幸福、興奮、高揚感、自尊心、称賛、情欲、崇拝、多幸感、他人の不幸を喜ぶ、熱心、満足、愉快、欲望、喜び 悲しみ:憐れみ、意気消沈、裏切られる、葛藤、悲しみ、感傷、恐怖、屈服、苦渋、苦しみもがく、後悔、孤独、罪悪感、自己嫌悪、切なさ、敗北、ヒステリー、悲嘆、落胆 怒り:怒り、激怒、触発、短気、反感、反抗、立腹 驚き:唖然、圧倒、打ちのめされる、驚き、恐れ:怖気づく、怯え、愕然、驚嘆、混乱、衝撃、戦慄、動揺、パニック、狼狽 嫌悪:陰気、価値がない、きまり悪さ、拒絶、苦痛、屈辱、軽蔑、嫌悪、幻滅、嫉妬、失望、憎しみ、ネグレクト、恥、復讐、無関心、冷笑 不安:あやふや、懐疑、気がかり、危惧、疑心暗鬼、疑念、疑惑、緊張、懸念、謙虚、自己憐憫、自信喪失、自責、執着、自暴自棄、弱体化、心配、脆弱、羨望、根に持つ、評価されない、不安、不信、不本意、不満、フラストレーション、ホームシック、むら気、無力感、用心、旅行熱、劣等感 安心:安堵、うぬぼれ、恐れ知らず、確信、価値がある、期待、気づかい、共感、決意、疑惑が晴れる、肯定、自信、受容、切望、つながり、同情、平穏、防衛

39

 私はリストを六つに分類をしてみました。最初は十個ほどの分類になってしまったので少し削って分かりやすい表現でまとめました。 すると、1であげた自分の感情に合う分類が「疑い」という事に気が付きました。大学に入学してから、初めてだらけだった自分にとって確信を持てることがなく、日々疑心暗鬼のような状態で生活していました。なので、今後の目標として自分に自信を持つという事を意識することが今の自分にとって大事なのではないかと思いました。

40

今回私は人間が抱く主な6つの感情に分類しました。最初に思ったのは人間はプラスの感情よりもマイナスの感情を抱くことが多いということです。分類後に見比べてみてもそのようなことを感じました。分類項目の中には当てはまるものがどれなのか見分けるのが難しいものがあり、自分の主観に沿って分類したので人によって変わるのだろうと感じました。

41

感情表現は言葉に限ってもこれほどたくさんの、しかもこれ以上の伝え方があるのだと知って少しうんざりした。

42

感情表現のリストを分類するのは難しかったのですが、日常生活に置き換えて考えました。自分の感情と相手が思う感情のもとにリスト化してみました。

43

自己に対する感情はプラスであれマイナスであれたくさんあることが改めて分かりました。そして、他人に対しての批判的な感情も意外と多く存在しており驚きました。今回、感情の分類をしましたが、人間は多面的であり何に対してどういった感情を抱くか、などの外的要因が大きく関わっているため一概にそれぞれの感情を分類していくのは難しさがありました。

44

今回の感情分類して感じたことは、ここ最近「喜び」や「信頼」といったポジティブな感情表現が少ないなと思いました。コロナウイルスの影響とは一概に言えないが、明らかに人間同士の繋がりやコミュニケーションの場が減りました。宣言等で外出自粛が推奨されている中で約1年間精神的な面で変化したことは、ネガティブな考え方が増えたような気がします。ほぼ自宅にいるということで自分への甘さ・弱気な考えが目立つようになりました。 感情表現の「喜び」や「信頼」「期待」というポジティブな感情は生きる活力になると考えていて、この3つの感情は非常に重要な意味を持っていると思います。また「悲しみ」や「怒り」の感情を抱くことも重要で時に精神を不安定にさせるが時に人間を強くします。これらの多くの感情を通じて人間の精神や思考は変化するのであるが、感情は考え方一つで良い方向へと変化するということが言えると思います。だから私は身の回りで他とは違った考え方を持っている人を尊敬していて、その考え方を吸収し自我の成長に活かせるように工夫しています。

45

かなり悩ましいものが多く含まれており、分けるのが困難でした。色んな意味で取れる感情なんかはかなり考え込んでしまい苦戦しました。

46

今回様々な感情を分類する中で、普段何気なく使っている言葉も若干違う意味で使っていたことが分かりました。また、1番では現在の自分の感情を確かめ、プラスの感情のほうが今の自分には多いことが分かりました。これは、中高時代の友達と会う機会が多かったため、このような結果になったのだと思います。しかし、大学生活の不安もあることから、マイナスの感情も見られました。そのため、マイナスの感情を減らすために、サークルなどに入り不安を無くしていきたいと思いました。

47

今回様々な感情をキュレーションするにあたり、まず最初に大雑把にポジティブな感情とネガティブな感情の二つに分け、その後細かく分類していきました。ネガティブな感情(不安・恐怖、怒り、憎悪、悲しみ)は違いがはっきりしていたので分類しやすかったです。数が多いので最初はごちゃごちゃしていて大変でしたが、分類していくうちにきれいにまとまっていって楽しかったです。たくさんある感情の中で分類に困ったのは、懐古です。私は懐古という言葉に対し、「昔は良かったけど今はな~」というネガティブな意味と、ただ単に「あの頃楽しかったな」と思っているだけのポジティブな意味の両方のイメージがあり、どちらに分類すれば良いのか迷いました。そこで私は辞書で懐古の意味を調べてみました。すると辞書には「昔のことを懐かしむこと」と書いてありました。少し迷いましたが、昔のことを懐かしむだけならネガティブなこととは限らないのではないかと思い、ポジティブな感情に分類しました。 今回自分なりに様々な感情を分類してみましたが、所々自信がないので、他の人がどのように、どんな基準で分類したのかを見てみたいと思いました。

48

今回最初に分類したのは、人をプラスの方向に持っていく感情です。それ以降は逆に人をどちらかというとマイナスの方向に持っていく感情をさらに分類しました。まず、最初は「あやふや」や「意気消沈」などのように何かぱっとしない感情です。人が考えるときに出てくる負の感情です。次は「怒り」や「いらだち」などの爆発的な感情です。この時人はまともな考えができないと思います。次は「啞然」や「驚き」などの根本的に与えられる負の感情です。何か自分の中の信念や理想が無くなると、裏切られた時に人は何も考えられなくなります。次は「憐れみ」などの他人に対しての感情です。この感情の時、ある意味自分自身は優越感などの幸せな感情を持っているかも知れません。最後はただただ辛い感情です。人間である以上弱いところは必ずあります。

49

感情を表す言葉がこんなにも多くあるとは驚きました。感情は、無限にあり、人によって感じ方が違うため、理解するのは非常に難しく思いました。他人の感情を理解できれば、争いが起こることはないと思うが、これからも他人の感情を理解することは不可能だと感じました。感情は時代・個人・環境等の影響でいくらでも変わるような気がするなと思いました。

50

4月から6月の間は就職活動を行っていたため、マイナスの感情を持っていることが多いといま改めて理解しました。最終面接まで行ったのにもかかわらず、内定をもらえなかったときは悲しみのような感情ではなく、疑心暗鬼のような感情に襲われました。そしてそのあとに怒りのような感情がわき、自分自身に失望しました。

51

一応最初から順番に分類してみました。私の分類の方法としてはプラスの感情、マイナスの感情に分けてそれをさらに積極的か消極的かを考えて分類してみました。 一番上の愛情から始まる段は、プラスの感情を表したものとして集めてみました。2つ目はプラスマイナスというよりかは何らかの行為に対して驚くという言葉と似たものを集めました。3つ目はやや消極的なマイナス感情です。後で出てくるように激怒、怒りといったような積極的に何かへ対してマイナス感情を働きかけるもの、自分へ向けられるような感情を集めました。その中でも特にある事象へ対してのがっかりさを表しているものが多いと考えられます。次の段では、3つ目と似てはいますがさらに自己完結というか自己の中で大きく影響する感情だと考えます。自信喪失、自責などは何らかの事象に対しての感情ではありますが主に自分自身へ感情を向けているものだと考えました。5つ目では積極的なマイナス感情を集めました。怒り、激怒などがその典型でありますが、軽蔑、復習なども上述のマイナス感情とは異なりかなり強い思想をもって生まれて勘定だと考えられます。6つ目は自己の傲慢さ、おごり高ぶりといった面での感情を集めてみました。これは先ほど述べたものと比べて他者への感情が強いと思いました。自己と他者を何らかの関係で比較する、そしてその中で生まれたマイナス感情がここで挙げられたものだと考えます。7つ目は価値がある・価値がないという視点は誰のどのような視点からかで大きく変わってくると考えたため、その2つのみにしました。また、プラスかマイナスかという視点に立った場合もどちらともいえないものが多く、価値があるからどうなのか、逆に価値がないからどうなのかというところまで考えなければならないため、分類することができませんでした。 8つ目はこれら上記の感情の中心にあるような思考だと考えたため、個別に分類しました。決意したからどうなのか、共感できるかできないかというものからさらに枝分かれして上記のような感情に繋がっていくと思います。

52

最初はポジティブ、ネガティブに分けてから細分化していこうとしましたがなかなかうまくいかず、最終的に自他の喜怒哀楽と言う形になりましたが、「不安」や「畏敬」のような感情はその中で上手く分類できているようには思えず、かといって要素を足そうとするととても9個以内に収まらず、結果として6割ほどしか納得できるような分類になっておらず、妥協したようになってしまいました。 編集後記を書いている今では喜怒哀楽のような極めて曖昧な感情の言葉を用いて分類わけしようとしていたから、例外には上手く対処できず微妙な結果になったのではないかと考えています。分類わけする際には喜怒哀楽のような主観的なものではなく、なにか客観的な要素によって分類した方が良かったのだろうと今回の課題を通して考えました。そういった意味では今回の課題はしっかりとした分類をするさいには客観的であることが肝要だということに気づくことが出来たため有益だったと思います。分類わけする際に迷ったこと自体が分類項目が正確ではなかったことの証であるため、今後何かを分類わけする際には100人中100人が納得できるようにすることを意識し、客観性を重視することが極めて大切だと痛感しました。

53

私は感情の分類のリストを編集してみて、まず最初に感情を表す言葉だけでもこんなに多くの種類があるのということに驚きました。その後、編集を進める中で、ある程度言葉を分けられるような8つの項目への分類を行い、その項目に当てはまらない言葉については一旦、その他としましたが、その他に分類した言葉について共通点がないかと考えてみると、8つの項目の中の複数の項目が混ざったものではないかという考えが浮かびました。例をいくつか挙げると、混乱は恐れと驚きが混ざった感情、つながりは信頼と期待が混ざった感情といったものです。このような混合の感情は項目の組み合わせによって、今回挙げられた感情よりもさらに多くの感情を表すことができるのではないかと思いました

54

感情の基礎分類というものがあったのでそれを参考に項目を決めました。数個の感情が自分の中でこれは感情の一つなのかと考えてしまうようなものがありました。かなりボキャブラリーが少ない私にとって様々な感情の種類について調べたり、考えたりする良い機会になりました。

55

今回のFormsは2つのことに苦労しました。1つ目は、分類項目をどうするかという点です。様々な感情が列挙されているなかで、どのような切り口から分類項目を考えるかがなかなか決まりませんでした。最終的に、心理学的な見方で基本的な感情は何かを考えるに到り、オーソドックスな分類項目になったと思います。いくつかのグレーな感情を分類するのが大変でした。2つ目は、単純にどこまで入力したかが分かりづらかった点です。さすがに、システム上仕方のないことであることは理解していますが一応強調しておきます。全体的に、作業としては大変だったと思います。しかし、感情リストの中には意外と正確な意味を把握できていないものもあったのでしっかり調べることができました。その機会を与えてもらったこのFormsに感謝しています。感情の分析をもっと応用させてみたいです。

56

感情を快、不快、他者と自己の関係に分類しようと思ったのですがはっきりと分けられないものも多く難しかったです。

57

ポジティブだったり、プラスのように思われる感情をまとめるのは難しくなかったですが、マイナス面の感情のベクトルであったりその深さについて考えて分類することが難しく思えました。

58

全ての感情表現をネガティブかポジティブか、自己への感情か他者への感情か着目して自分なりに分類してみました。最初の方は冷静に判断できていましたが中盤になるとこの感情表現はどうなのか深く考えてしまい、判断が鈍くなってしまいました。感情をポジティブとネガティブに分類したときに圧倒的にネガティブな感情が多いことが特に印象的です。また成り立っている漢字のイメージではネガティブな印象でも実際にその感情表現の意味を調べるとポジティブな意味だったり、反対に良い意味だと思っていた言葉が悪い意味だったりとこの課題を通して自分の言葉の認識の差異にも気づくことができてよかったです。

59

今回の課題を通して、様々な感情に対する自分自身の認識を明らかにすることが出来ました。 その過程で思ったのは、感情は行動と密接に関わっているということです。 自明なこととは思いますが、その感情がどのようなものだったかを考えるときに、行動が思い出されないことはあり得ないのではないかと考えました。 また、感情によって、行動が先にあってそれに伴って感情が生まれる傾向があるものや、逆に、感情が先行していて、その後に行動が付いてくるようなものなど、行動と関わっていると一口に言っても、その内容は様々だなと思いました。 また、編集していて特に悩んだのが、「共感」です。これは、感情の名前というよりは感情表現の方法であると思ったので、その表現方法を通して、実際どのような感情を自分は表現していただろうかと考えました。 ここでは、プラス、マイナス両方の感情を表現することが出来ると思った為、その二つの側面からは捉えず、どちらかというと、その表現方法を用いているときの精神状態で分類をすることにしました。 あと、個人的には、感情についての言葉を見ていると、その感情を自分が抱いていた時のことが思い出されて、「自己嫌悪」や「恥」などではいい思い出がなかったので、少し苦しかったです。このことから、感情についての言葉が持っている力はかなり強いなと思いました。 それはやはり、感情が行動と密接に関わっていることが原因なのではないかと私は考えます。 感情と行動について、これから考えを深めることが出来そうだなと、今回の課題で思うことが出来たので、よかったなと思います。感情について考えることは自分について考えることと繋がっていると思うので、これから積極的に考えを深めていきたいです。

60

私は今回登場した感情群を攻撃的、嫌悪、悲嘆、愛、驚嘆、恐怖、楽観、信頼の8項目に分けてみました。最初に仕分ける時に似たような意味のものを合わせて分けて行ったのですが、それだと9項目以内に収めることは到底不可能だったので、感情に見られる代表的な特徴を項目として書き出し、改めて仕分けを行いました。そうすると遠いと思っていた感情が意外と同じ項目に振り分けられたり、またひとつずつ意味を調べて実際に仕分けをしてみると、似たような意味でも分類が異なるものや「る」と「られる」自分が感じる時と相手が感じる時とで意味合いが変わり、結果的に分類が変わってくるものなど、普段言葉にしているだけでは気が付かないことが多く発見できました。私の場合はマイナス要素が感じ取れるものは嫌悪や悲嘆というふうに仕分けましたが、全体的にはマイナスイメージのものが多いという結果となりました。ただこれは個人の仕分け方での結果なので、また違う仕分け方によって見えてくる結果も異なると思うので投稿集で他の人との比較もしてみたいと思います。一つだけ最後の旅行熱という感情だけ意味を調べたのですが、どうしても見つからなかったので謎のままになってしまいました。

61

感情は細かい意味や複数の意味を持つものもありリスト化するのは難しかったです。中には調べてみると今まで思って意味とは全く違う意味だったものもありました。大まかに驚くという意味の感情でも唖然・呆然・愕然など少し違った意味合いを持つものなどの分類は特に難しかったです。また、今回使った単語は知っていても会話や文章の中で使いこなせていないものが多くありました。細かい感情を表す単語は日本語の良さだと感じたため、このような感情を表す単語を使えるように語彙力を磨いていきたいです。

62

今回は感情を分類することが大変だった。最初はポジティブとネガティブで分けたが、そこからが続かず、ネット上でいくつかの資料を参照して書いた。特に⑥は、最初は分類名を「悲哀」にしていたが、悲しさ以外の要素も多く含んだため、途中から「卑下」に名称を変えた。⑦も最初は「恐れ」だったが、苦しみの要素も入ってきたので、「不快」に名称を変えた。感情表現で一番迷ったのは「崇拝」で、①、④、⑧、⑨で迷ったが、迷いと対極的な意味を持つ⑧の勇気に入れた。

63

まず、知らない言葉が多く、その言葉自身は知っていても意味を知らないなど自分の語彙力の低さに驚きました。また、一つの言葉で多くの意味が含まれていることもわかりました。今回は「プルチックの感情の輪」を参考に分類しましたが、他にも多くの分類があったりしました。私たちが日常でよく使っている感情をこのような分類をすることでより、自分が自分のことを言葉で表すことができていないと思いました。今回、この表を作るのにもとても時間がかかりました。今後はもっと自分の感情一つ一つを言葉に表せるようにしたいです。

64

上記の121個の感情表現もわかった気になって、正確には意味を知らない単語が多くてその都度辞書を引いたりして、自分の語彙の無さを痛感しました。苦労したことは、分類項目が9つに収めて各項目に名前を付けることです。初めは11項目くらいできてしまいました。なので、具体性は少し欠けましたが、振り分けた感情表現のどれにも当てはまるような名前を付けて、項目を減らしました。編集方法は、並んでいる順に「この感情表現は〇個目の感情表現に近い、この感情表現は今ままでに振り分けた感情とはまた違う新しい感じがする」と作りながら大まかに分けました。そしてそれぞれの集まった感情表現をみてから、項目に名前を付けました。

65

カテゴライズしようとしても、1つのカテゴリーに偏ってしまい難しかったです。カテゴリーを修正しながら編集しました。

66

案外分類できないものがあって面白かった

67

 今回の感情の分類してみて、思ったよりもネガティブな感情が多いことに気付きました。添付はできませんでしたが、本課題を行う上で作成した、感情分類表を見ればより視覚的に分布が分かります。もちろん、今回の取り上げられている感情が人間の全ての感情を網羅しているとは思いませんが、「感情」を考える参考になる資料になるでしょう。個人的に、非常に有意義な課題でした。分類していて楽しかったです。他の人はどのように分類したのか、すでに気になっています。  また、今回の課題をを通して、「感情」というものに非常に興味がわきました。私たちは「理性」と「感情」を持ち合わせていると考えられています。どちらが優位なものなのかという議論が、古くは古代ギリシャの時代からなされてきました。それでも、いまだ結論は出ていません。私もこの問題に挑もうと考えましたが、そのためにはまず「理性」と「感情」とを知る必要があります。調べてみると参考文献の『感情類語辞典 増補改訂版』が國學院大學図書館に所蔵されているようなので、「感情」をさらなる研究するためにも、絶対に借りに行こうと思います。

68

 できるだけ他の人との差別化を図ろうと、いろいろ考えてみたのですが、思いついたどの案も9つ以上の分類項目に収めることができませんでした。そのため、ポジティブな表現とネガティブな表現という単純な分類になってしまい、全体的にバランスが悪くなってしまいました。  実際に『感情類語辞典 増補改訂版』を購入し編集をする際に利用しましたが、詳細なニュアンスが書かれており、逆に単純化するのが難しかったです。  最初は、書かずに休憩中や散歩中に分類法を考えていましたが、なんとなく書き始めてからのほうが、よりアイデアが浮かんできました。やはり創作は、完璧主義にならず拙くてもいいからとりあえずやってみるということが大切みたいです。同じような状況に陥った時は、皆さんも参考にしてみてください。 ハッピーライティング!

69

思っている以上に感情は沢山あって分類することがとても難しく感じました。知らなかったものは意味を調べて見たりはしたものの、プラスの感情なのかマイナスの感情なのか分かりにくいものもありました。ただ、これからはいろいろな感情を言葉でも表せるようになりたいと思いました。

70

ラマ氏とエクマン氏の感情地図によると、人間の基本感情を5つのカテゴリーに分けています。5つのカテゴリーは楽しみ、嫌気、悲しみ、恐れ、怒りになります。私はこの基準によって、分類しました。

71

まず基本感情に分ける時点でプラスの感情よりもマイナスの感情のほうが種類が多いことに気付いて、人間はマイナスの感情のほうがより影響されて生きているのだなと思いました。多くの種類の分類がある方が細かく具体的になるのでカテゴライズしやすいですが、あえて5つの分類にして大雑把にすることでリストにある感情のひとつひとつをじっくり検討することにしました。カテゴライズしにくい感情が出てきた時は反対する感情を考えてみたり、似たような感情でも本当に同じ分類に入るのかを自分に置き換えて考えてみました。例えば劣等感をどの分類に入れるか迷いましたが、反対の感情は優越感だと考え、優越感は①の楽しみに分類にされます。そうすると楽しみの反対する感情は②の嫌気か③の悲しみになるだろうと思い、その2択でどちらが劣等感に相応しいかを考えました。他には切望と羨望という感情を、私は普段あまり感じないうえに使わない言葉なので似ているなと思いました。望むということは①の楽しみなのではないかと思いましたが、羨望はただ望むだけでなく、他人を羨むという感情も付け足されています。切望は強く望むことであってなにかを羨む要素は入っていないことから切望は楽しみに、羨望は羨む感情から妬み嫉妬へと派生させて⑤の怒りに分類しました。分類したとしてもやはり私は嬉しさと喜びの違いをひとまとめにして話してしまうと思います。しかし分類し、感情について理解が深まると自分の気持ちをより詳しく相手に伝えることが出来たり人工知能がより人間らしくなるのだろうなと感じました。

72

不安がかなり多くなったので、グループわけが正しかったのか後から思いました。 ”他人の不幸を喜ぶ”とか一見、安心とか幸福とかに見えましたが、他人の不幸を喜ぶ時って自分に自信がなく相手より優っていたいとか、そのような”不安”が根元に存在するのではないかと気づきました。 今回グループ分けをしてみて、一見別の感情に見えても根元的な感情は”不安”ということが多いのではないかと思いました。

73

私は今回7つの項目に分けて分類しました。1つ目は好奇心や愛情等のポジティブな言葉でまとめました。2つ目は驚く様子の感情です。3つ目は相手から自分に~されるような感情をまとめました。4つ目は自分自身が相手に向けて思うネガティブな言葉です。そして5つ目は時分自身に対して感じる感情です。6つ目はその人のことを一言で表せるような感情をまとめました。7つ目はどれにも属さなそうなものをまとめました。今回の課題の中でいろいろな感情のボキャブラリーに触れることで今まで聞いたことはあった意味の分からなかったう単語の意味を知ることができました。また、感情は少し曖昧なものなので分類することが難しかったです。自分の分類の仕方でほかのグループだったものも分け方の違いで同じグループになることもあるところが興味深いと思いました。

74

私は今回の課題で感情を分類してみて、知らない感情も多く、一つ一つ調べて取り組んだのでとても苦労しました。今回扱った感情のほかにも多くの感情が存在しており、感情は単純なものではなくとても複雑なものであると感じました。普段私たちが抱く感情はごく一部であり、感情のボキャブラリーを増やすことが大切だと改めて感じました。また、感情を分類していて似たような意味の感情でも正確な意味が異なるものが多く、分類に苦労しました。例えば、“喜び”といった意味が含まれる感情でも、似たような意味ではあるが正確な意味が異なる感情は多く存在しており、また人によっても意味の捉え方が異なります。感情は同じような意味のものはたくさんありますが、正確には一つ一つ異なることが分かりました。今まで私は感情のボキャブラリーがあまりなかったので、自分の気持ちを正確に表現することができなかったときもありました。現在、コロナウイルスの流行によりオンライン上でのコミュケーションが多く展開されるようになりました。画面越しでのコミュケーションでは直接会話するときよりも相手の感情を汲みとったり、感情を共有することが難しくなると私は思います。だからこそ、感情のボキャブラリーを増やし少しでも多くの感情を理解することで、オンライン上でも円滑なコミュニケーションができると私は思いました。

75

私はまず、感情の分類としてやりやすいであろう喜怒哀楽とその他について分類し、その後他の分類を考え、記入しました。正直に言えば、自信のある正確な分類はできませんでした。ただ、言い訳のようになってしまいますが、うまく分類できないという事こそが感情の本質であると今回の分類から感じました。というのも(より良い分類項目があるのかもしれませんが、)例えば、哀しみの中に怒りを孕んでいるというような複数の項目を含む感情があると気付いたのです。今回は一番適しているであろう項目を選び分類しましたが、簡単に分類できない感情がたくさんありました。今回の編集作業において、人間の感情表現の多様さ、豊かさを再確認できました。

76

①は、比較的良い感情だと思ったものをまとめました。②は、①に反して悲しみのある感情をまとめました。③は、良い感情も悪い感情も含め、強い感情をまとめました。④は、不安や迷いを表すものをまとめました。⑤は、怒りと、世の中で悪とされているような感情をまとめました。⑥は、人と人とのつながりのある感情で、自分自身にではなく誰かへ向けた思いがあるものだと思いました。⑦は、人が苦しみを感じるもの、その時の感情をまとめました。⑧は、⑦に反し、人が喜びを感じるもの、その時の感情です。最後に⑨は、物事に対し人が1人で抱え込む苦しみだと思ったものをまとめました。 今回、分類していく中で知らないものも有り、調べながら作業しました。難しかったのはどう分類するかより、同じようなものがあったときです。似たようなことを表しているけれど、何だか違う気がしてしまいました。深く考えるほど難しいと思います。『陰』と『陽』に分けるのと、複数に分けるのは人それぞれの感じ方がある様に思え、面白そうだと思いました。

77

すべて自分が感じたことのある感情であるのにこの中で実際に自分が使ったことのある単語はほんの1部しかないということに気が付き、自分のボキャブラリーの少なさを実感しました。いくつか言葉の意味を調べないとわからないものもありました。 この中で、喜びや幸せに関連するような自分にとっても他人にとってもプラスになる感情表現はその他の感情よりも少なく、それは自分の中に生まれた感情をあえて言葉にする必要がないからなのかなと思います。プラスの感情は自分の中だけでとどめていても問題は生まれないからです。逆に人に伝えたい、わかってもらいたいと思うような感情はマイナスなものが多く、だれかと共有して自分のつらさを分け合いたいという気持ちから多くの感情表現が生まれたのかなと思いました。 今回7つに分類してみましたが、どこにふりわければいいか迷う表現も多く、同じようで少し違っていたり、待ったく違うようで似ていたりと人間の感情の複雑さを実感する機会になりました。

78★

感情表現を分類してみると、ネガティブな感情を表す表現が多いことに気が付きました。これがネガティブな感情の複雑さによるものなのか、感情を細かく分類したいという人間の心理なのか、日本人特有の事象なのか気になり調べてみたところ、2つのデータを発見しました。1つ目は、社会神経科学者のジョン・T・カシオポによる被験者にいくつかの写真を見せて行う調査で、人間はポジティブなものやニュートラルなものよりもネガティブなものからの刺激に強く反応することがわかったというものです。2つ目は、心理学者のジェームズ・アベリルによる分析で、感情を表す558個の単語のうちポジティブな意味のものは38%、ネガティブな意味のものは62%であったというものです。これらを踏まえると、人間はネガティブな感情を認識する頻度が高く、場合によって感情が異なることにも気づく回数が多かったがために感情の名称が細かくつけられたのではないかと考えました。また、ネガティブな感情の表現が多いのは日本人特有のものではなく、人間として元々備わっている特性によるものなのではないかと考えました。最後に、今回感情表現を分類する中で、「自己憐憫」という感情に興味を持ちました。なぜなら、自己憐憫とは自分で自分をかわいそうだと思うことという意味なので、これだけを考えると今回行った分類ではA-bに該当しそうな表現であるのに、実際には他の人の気を引くために感情を表に出しているというケースが多々あるため、B-cにも該当し得る感情であるということに面白みを感じたからです。


Oggiより

79

読み方も意味も全く分からない物が多く、こんなにも多くの感情を表す言葉があることを初めて知った。似たような意味の物も多く、場面ごとによって同じ意味でも使い分けることがあり、とても勉強になりました。自分が全くこれらの感情を表す言葉を知っていなかったため、とても大変でした。

80

自分なりに簡潔にまとめようとしましたが、複雑な感情を簡単な言葉でまとめるのはとても難しく、全部を分類することは出来ませんでした。

81

コロナ禍で家にいることが多かったため、私はマイナスの感情をいだいていることが多かったように思います。しかし、他の人も自粛をしていると状況状況であるため、その感情は周囲の人と共有することができたということもあり、それほど落ち込むということはありませんでした。今回多くの語彙に触れ、自分のボキャブラリーの少なさを実感しました。コロナ禍における自身の感情も上手く話す事ができていなかったように思います。また、感情の分類自体、自分の中であやふやなまま使っていたため、これらの言葉を適切でない場面で使っていたこともあったと気付くことができました。思っていることを感情として理解するだけでなく、言葉としてどう表現するのかを考え、より正確な感情の表出ができるように努力していきたいです。

82

プラスとマイナスの感情で比較するとしたら、どちらに分類すればよいか判断しにくい感情もあり、感情というのは単に白か黒かといった二択には分けることができないというのを実感しました。感情も人間と同じように、それぞれに違った特徴があるという発見がありました。

83

普段から自分が抱いている感情がこんなにも種類があることにまず驚いた。しかもこれらの感情を分類する作業をすると一つの感情が多くのプロセスに関係していて、これからの生活において一時の感情を振り返って味わおうという心構えになった。