情報システムの基礎2021Forms03放課後モード

53 件の回答

53

応答

平均所要時間: 66 分 38 秒

66:38



2. 放課後モード。自由記述。加点減点はいっさいしない。ムリして書かなくてよい。 テーマは何でもいいが、たとえば次のようなこと。 今日の授業をどう感じてどう考えたか。 あなたは他の人の投稿をどう評価するか。また、あなた自身の投稿をどう評価するか。 そもそも他者評価・自己評価の基準はどうあるべきなのか。 3度目の非常事態宣言に入るが、私的に大学生活を見直す必要を感じるか。 インターンシップや就職活動中の人は、企業のコロナ対応についてどう考えるか。

26応答

ID

応答

1

前回「である」調で提出物を書いてしまったので、今後は気を付けます。

2

三度目の緊急事態宣言に当たって、私は自身の生活を見直したいと考えています。私は、損得勘定で動いてしまう性格で、目先の利益となるものに対しては貪欲に動きますが、そうでない場合はなかなか動き出しません。例えば、最初の緊急事態宣言下、私はやることがないと多趣味な友人に相談し、おすすめの漫画やアニメを多く教えてもらいました。しかし、漫画を読んだりアニメを見たりする時間は無駄だと考えてしまい、結局確実に将来のためになると考えてプログラミングの勉強を始めました。もちろん、将来のために勉強することはいいことだと思いますが、漫画やアニメの中に思いがけない発見や出会いがあるかもしれません。せっかくの時間がある機会なので、そのような思いがけない発見を求めて(求めてというよりあったらいいな程度の気持ちで)様々なことに挑戦してみたいと思います。

3

現在就活中ですが、非常事態宣言の中、わざわざ本社で面接をする必要があるのかは、とても疑問です。いまいち、事態を重要視出来ておらず、その企業のリスク管理に疑問を感じます。

4

授業課題は若干制限が多いと思うので軽めに制限すべきだと思います。文は自由であってこそ素晴らしくなると思うので。その他は多分問題はないと思う。

5

プラットフォームについての投稿が多かったのでそれをどのように活用したのかの実例がもっと知りたかったです。緊急事態宣言であるが大学は対面があるようなのでセンター街などに容易に行くと取材されて変なところを切り取られて情報操作されかねないので自重しようと思います。

6

世間はコロナのニュースでもちきりです。この変化した生活にとてもストレスを抱えています。私の親は医療従事者です。こないだ高熱をだしたときはとても大変でした。PCR検査は陰性でしたがとても気分が悪かったです。現在アルバイトもやめ大学の授業のみが私の日課です。もちろんこれは非常に良いことです。勉強に集中できるから。しかし、休みの日には遠出はできない。アルバイトをしようとしても授業終わりにやっている店が少なすぎる。とてもストレスです。来年には改善されて普通に旅行や外での会食、大人数でのイベント等ができる日が来るのでしょうか。私はその日を望んでいます。緊急事態宣言が三回発令されました。なぜ、ロックダウンしないのだろう。もちろん経済的理由があるかもしれませんがロックダウンをして感染率が格段に下がった事例が海外には増えてきているのに日本政府は何をしているのでしょう。自粛を要請した施設に援助金を渡すようですが金額が少なすぎる。その援助金なら要請を無視して開業する店は多いだろう。国民一人一人が意識をもっと高めて一日も早くコロナを収束させる行動をしてほしいです。

7

今日の授業を通して、少しブログをやりたいと感じ、様々な有名人のブログを見てみると、普段はしれない意外な一面を知ることが出来たりなど、とても面白いと思いました。

8

ちょうど就職活動中ですが、大体の企業はオンラインでの面接や説明会になっています。が、中にはこういった状況であっても対面でのイベントを強行する企業もあるので、コロナ対応に関しては、ある意味企業の体質的な部分を判断する要素になりうると思います。      断する要素になっている

9

大変恐縮ですが、所どころ授業音声がこもってしまい聞こえずらい箇所がありました。可能であれば改善して頂けたら授業が受けやすくなります。よろしくお願い申し上げます。

10

受講した感想なのですが、少々前回のフィードバックが長く、本編が短いような印象を個人的には受けたため、最初から優良な解答の数本をいくつかピックアップしてそれだけを振り返るのはいかがでしょうか。

11

就活をしているのですがオンライン面接ではやはり自分自身の良さを発揮できないと痛感しています。

12

講義中の先生の声が少しこもって聞き取りづらい箇所があったりします。改善していただけるとありがたいです。

13

緊急事態宣言が出ましたが、私は、今までと変わらず密にならないようにや大声で話すことを控えて、飛沫を少なくするなどのようなことを続けて注意していこうと思います。しかし、私は、大学に行くのに電車で1時間30分、バイト先に行くのに約2時間かかるので、電車の中での感染に特に注意していきたいと思います。

14

就職活動中の企業のコロナ対応については、Webの説明会や面接が7割、対面が3割程度有る印象を受けます。そのため、思ったよりも対面が多いと感じています。Webに対応している企業の方が制度が進んでいるのではないかと感じる反面、対面の方が雰囲気を感じ取りやすいと考えた上で少数で開催している企業もあるため、どちらが良いとは一概には言えないと思いました。

15

3度目の緊急事態宣言ですが、自分は4年であるため大学生活の見直しは特にしません。卒業要件単位は残すところ卒論だけで、興味があったためこの授業を取りました。そのため余裕をもって授業に臨んでます。時間的に余裕があるためバイトや自分のしたいことや就活に時間を割けます。個人的に海外旅行に行けないことがネックですがその他特に悩むことはありません。やはり遊びに行けないことが少し嫌になるくらいです。自分の考えでは一番困るのは大学の1,2年生だと思います。キャンパスに行けないと友達を作ることができないので、ソーシャルメディアだけでなくサークルや部活に入ることをお勧めしたいです。

16

前回授業の感想・・前回の授業で様々な学生の投稿を観ましたが、みんな違う視点を持っていて非常に勉強になりました。特にLINE漫画の例を用いて、出版社の目線からプラットフォーム利用について書いている人の記事などが印象に残っており、自分の頭の固さを実感しました。

17

私は、3年生になって授業のほとんどがオンライン授業なのはすごく助かる。インターンなどは授業時間を気にせずできるため。

18

テレワークの実施があやふやで、中途半端。

19

緊急事態宣言が出ようが出まいが、僕の生活は全く変わらなさそうです。

20

毎回の出席課題のFormについてですが、評価された自分の投稿が7点であるのか0点であるのかは教えてもらえるのでしょうか?もし仮に毎回の課題を提出していたにもかかわらず、先生のほうの評価では毎回0点であったとした場合、教えてもらえないと課題は毎回出しているのに単位を落としてしまうということがあると思います。Formsの投稿確認だけではその部分は確認できないと思います。方法はどのようであっても点数を教えてもらえないと自分があとどれだけ頑張らなくてはいけないのかが把握できません。その点について説明いただけるとありがたいです。

21

コロナ禍において、会いたい人と会えないのは皆同じだと思います。その状況で互いを理解できるかが思いやりに繋がると思います。 私は現在、企業の方に対面で会うことが難しい状況で就職活動をしています。直接会うことができない環境ですが、コロナ禍前より交流の機会を多く設けている企業もあります。互いが不安に思う中、このように学生に対しても真摯に対応いただける企業で働きたいという気持ちが強くなりました。私は自身と似たような考えを持つ方と共に仕事がしたいと思います。コロナ対応で企業の本質も見えたような気がします。

22

今日の授業で、ブログが簡単に作れることを知ってさっそくWordPressで作ってみました。自分の情報を発信する機会としてブログが存在することを知って、ブログを作ることは文章力の向上にもつながると思うし、コロナ禍で人との繋がりが薄れてしまっている現在の情報発信のツールにもなると思うので、これからも活用していきたいと思いました。まだ、ブログを始めたばかりなので慣れていないですが、徐々にクオリティを上げていきたいと思います。

23

ほかの人の投稿が文の量、質ともに自分より優れているものが多いので、仮に成績を相対的に評価したら自分は低い点数を取ってしまうだろうと反省している。

24

緊急事態宣言は、最初に発令したような形で厳しつしない限り、今後コロナ感染者が落ち着くことはしばらくないと考えます。そうなった場合、対面授業をなくすべきだと思います。渋谷という都会に大学がある以上、感染のリスクがあるのでやめるべきだと考えます。

25

授業に関してです。ライブ配信ではなくyoutubeでほとんどを受講しています。視聴する際に音がこもり気味で聞こえにくい場面が多々あるので、改善してくれると嬉しいです。

26

内容はとても面白いと思えたが、評価方法が厳しいなと感じた。果たして本当に國學院の学びなのか?と考えることがしばしばある。