情報システムの基礎2021前期04投稿集

53 件の回答

53

応答

平均所要時間: 66 分 38 秒

66:38

1. 本日の講義で取り上げた「ブログとCMS」について、講義ページにリンクされたコンテンツをすべて読んで、自分がブログを作るとしたらどのようなテーマでどのようなことに注意しながら作るべきか考えて下さい。そもそもできそうですか。毎日更新できますか。それらを含めたラフな企画書を書いてみて下さい。500字以上3000字以下。締切は2021/04/26午後11時30分。「私」を主語にして「ですます調」で書いて下さい。 原則 指定した記事やニュース動画を見て、自分なりに要点をまとめ、自分なりに思考したことを説明する。500字以上3000字以下。評価ポイントは以下の4点。4点を満たしていると判断したときに7点とします。満たさないと判断した場合は0点。部分点は付けません。3000字級のメガ投稿は7点の倍数(通常は2倍)を付けます。 ポイント1:指定した素材をちゃんと理解しているか。(指定素材を読んでいない見ていないと判断した投稿は0点にします。内容をまとめてパスしてないということを表現して下さい) ポイント2:その日の講義内容と関連付けているか。(授業をパスして書いたと判断した投稿は0点にします。要点をまとめてパスしてないということを表現して下さい) ポイント3:自分で思考しているか。(いったん自分の頭で考えることが大事です。これがないと学びにはなりません。なので文体については「私」を主語にして「ですます調」でラジオトークするように書いて下さい。) ポイント4:限定公開できる内容か。(ウェブで公開します) なお「確認メールを受け取る」をチェックしてから投稿して下さい。これで確認メールが届いていたら投稿成功です。

53応答

ID

応答

1

 私は普段バンド活動で自身のウェブサイトを作る時にCMSを活用しています。作成時に注意していることは誰に対しても見やすい、フォントやサイズ感(色覚的にも)を注意しています。今から自分自身のブログを書くとしたら、今は文字の羅列したブログよりも、様々なSNSが自分自身を発信する媒体の主流になっています。ですからそれらを活用しつつ動画で分かりやすく簡潔に伝えるVlogの形式をとると思います。またブログやユーチューブなどの自分自身を発信していくことはある程度投稿数を継続的に重ねることで視聴者や読者が増えると考えています。なので1日1投稿を継続的にやっていきたいと考えます。さらにそこで金銭を稼ぐとなった場合、どういったアフェリエイトが今必要なのか、効果的なのか、も考慮する必要があると思いました。  もし私自身がチャレンジするなら、具体的なテーマとしては私自身釣具屋でアルバイトを行っており、釣りに対する知識や時間的に余裕があるの釣りに行ったときの記事、その際に使用した道具や商品でアフィリエイトを行っていきたいと考えました。ブログ自体のデザインとしてはぱっと見で何が伝えたいのかがわかる、かつ専門的な情報まで掲載できるように文章は推敲をかさねていきたいと考えました。

2

まずもって、HTMLは無理そうだと思いました。画像にあった英語と記号の羅列が私にはさっぱり理解できなかったので。httpがURLであることくらいしか、本当にわかりませんでした。ただ、ワードプレスは名前だけ聞いたことがあったので、それを使うと想定して書きます。 まず、私は趣味でゲームをよくするのですが、その記事を週1ペースで更新して、日記のように書くことができるかなと思います。友人がキャプチャーボードを持っているので、動画を撮ってyoutubeにアップロードして、リンクをwebサイトに貼って見れるようにします。記事の上の方は文字で、ラジオトークのように、どのゲームをしたとかこんなことがあったとかを書き連ねて、一番下に動画を埋め込みます。そうすれば、記事を読んだ後にそれを踏まえて、動画を再生できるので良いかなと思います。ワードプレスの設定を見ると、ビジュアルエディタから簡単に埋め込みコードを貼り付けることができるとのことなので、やはりワードプレスは使いやすそうです。 他、私は古典文学を専攻しているので、自分の好きな作品というテーマでもできそうです。特にwebサイトは、難しい語彙について、画像や動画、或いは音声データを伴って解説できるため、とても便利だと思います。字面だけでなく、詠む人の感覚に訴えかけることが、紙媒体より容易であると考えます。

3

私は、そもそも自分のブログを作れないと感じました。ブログを書くには、何か一つのテーマについて自分の意見や考えを表明することが必要になると思いますが、私は語れるほど詳しかったり、こだわりを持っていたり、強い意見を持っていたりするモノがないなと感じました。私はどちらかいうと、モノには執着せず人に執着する性格です。ですから、ブログのテーマも「人」にすれば書けそうだと思いました。例えば、私はアイドルが好きなので、アイドルについてはいくらでも語れると思います。しかし、アイドルは人であり、私の書き方によっては当事者やファンの方が傷ついてしまう恐れもあることを考えると、たやすくブログのテーマにできるものではないと思います。私は元AKB48の渡辺麻友さんがアイドルとして最高の存在だと考えています。かつてアイドルサイボーグと呼ばれた優等生アイドルの渡辺さんが好きなので、スキャンダルを起こすアイドルは許せないという考えを持っていますが、この考えをブログで表明していくことはかなり難しいと思われます。よって、ブログのテーマとするには、「人」よりも「モノ」の方がいいと考えます。また、毎日更新することを考えると、テーマとなる事象が多く必要です。そのため、ブログを書くにあたっては、様々な物事に関心を持って接し、何に対しても自分の意見を持つことが必要になってくると考えました。

4

私が、ブログを作るとしたら、趣味であるゲームをテーマにして、ゲームの面白さを広められるような、ブログを作ると思います。ここで注意することは、まず題名です。何のゲームの何の話なのかを、端的に分かりやすく書く必要があると思います。また、趣味であるゲームの内容をブログに掲載するので、第二の注意点として、ネタバレをしすぎないというのも、重要だと考えています。ブログの説明にも記載されているように、知的好奇心をくすぐられる、自分の好きを発信できるという点からも、私自身は、ブログができると思います。ただ、いくら自分の好きな趣味の事でも、毎日何か書いて更新するのは、無理だと思います。なぜなら、毎日ブログを書いていると、その1つ1つの内容が薄くなり、共感が得られにくく面白くないものになってしまいそうだからです。それでは、私がブログをやる理由の、ゲームを色々な人にオススメしたいという考えとは違うものになってしまうと思います。それでは、意味がないので、毎日更新はできないと考えています。 ブログの企画内容としては、自分がその時やっているゲームの攻略情報、状況報告等がメインにしようと考えています。そのゲームのブログを記載する事で、まだそのゲームに興味のない人が、買ってみようかなと思ってくれるような、ブログを作成していきたいです。高難易度のダンジョンの敵情報や、新発売のソフトの内容など、まだ、そのゲームをプレイしていない人の楽しみを奪わないように細心の注意をはらいたいです。そして、色々な人に、面白いゲームがあると知れる機会を、提供するようなブログにしたいです。

5

コンテンツマネジメントプログラムのあるページを作成するとすれば、そのテーマとして考えられるものとしては個人の日記的なもの、社会のあらゆる事柄に関する情報発信などが挙げられます。しかし、WordPressのトップページを見たところ、商品カート、クレジット決済、出勤カレンダーなどの企業の販売活動をバックアップする機能が存在するということです。また、先生の行っているソキウスというサイトのようにして学問上の情報発信または講義活動などにも応用することが可能であることがわかりました。まとめますと、個人が日常、社会情報を発信する意図で用いるだけではなくて、企業およびフリーランスも含めてあらゆる経済アクターが自らの経済活動を促進する意味でも利用することが可能となるということです。以上を踏まえますと、企業などの組織に所属していたとしての使用用途も考えられます。ここでは組織広報の用途で考えていきます。では、組織におけるページ作成を担った場合、どのようにwordpressなどでテーマを設定してページを作成・管理して、いかなることに注意しながら作成すべきなのでしょうか?営利を目的とするのが企業などであるのですから、テーマとしては企業が提供するあらゆる商品の価値・質・値段をまずは示すことが販売数アップに資するのは言うまでもありません。しかし、文章だけではなく画像を示し・他のメーカーとの比較をし・割引情報を載せるなども販売促進には必須だと考えます。ページのレイアウトも重要になってくると思います。個人的なフリーランスのような経済活動でも以上のこととともにレイアウトは重要だと思います。次に、企業などの組織の広報時のページ作成で注意すべきこととはいかなることなのかを検討したいと思います。まず、インターネット上のコンテンツですので、ページがハックされれば商品販売にも悪影響が懸念されますので管理機能、セキュリティが疎かにならないようにする必要があります。他には、インターネットはだれでもアクセスできてしまいます。すると悪用が懸念されます。ですので社員や顧客などの個人情報をひけらかし過ぎないように注意しなければならないと思います。広報活動に限定化しましたがページ作成をするならばこれらに注意すべきだと思います。

6

少しでも詳しく書ける(自身に知識がある)と書きやすいと感じました。そもそもできそうかということに関しては毎日投稿するようなことは難しそうだと感じました。HTMLを自動生成するツールがあるのは初めて知りました。ブログは何となく先行知識が必要だというイメージがあったのでいい世の中になったと感じます。私が取り扱うとしたら間違いなく音楽関連のことだと思います。ジャンル別に分けた個人的なおすすめ曲の発信などをすると思います。個人的には今Cpop(中国POP)が来ているのでその記事について書きたいと思いました。私がブログを作るうえで注意することはあまり専門的な用語は使わず見る人すべてに伝わるようなものを書くようにします。あと曲を紹介するので必ずその曲のリンクなどを貼るようにします。以前そういったブログを見に行った際リンクが貼ってなくイライラしました。更新頻度は低いような気がしました。いろいろな曲を紹介 するとなると多くの情報が必要となるのでやはり毎日更新は無理です。閲覧者の目を惹くためにはブログページのデザイン性も問われると思うのでそこも力を入れると思います。幸い、ワードプレスやはてなブログなどはページのデザインもしやすいようなので何とかなると思います。このような記事は無数に存在すると思うので、タイトルが特に重要だと思うので個性のあるタイトルのするか安定性のあるタイトルにするかも悩みどころだと思います。

7

本日の講義はブログとCMSについて触れられていました。ブログは昔からやってみたかったがやり方がわからない。これは個人の勝手なイメージですが、そもそもインスタグラムやブログはおしゃれな人がやっているイメージが強い。私の中ではブログを始めるのもパソコンやプログラミングといった高等な技術が必要なものというイメージがとても強いです。また、難しそうという先入観からブログの世界に一歩踏み出すことができていませんでした。今日の講義を聞いて実際に初心者でもできるのか疑問に思い、はてなブログでブログを作成してみました。アカウント作成は本当に一瞬で登録することができました。ブログの開設もボタン一つで簡単にできました。ブログについての知識も経験もない私でもすぐにできたのでとても驚いています。私のブログのテーマは部屋紹介や実際に使っていて便利な家具や商品の紹介をしたいと思っています。大学生のバイト代で買える程度のものばかりを揃えているつもりです。ここで他人との価値観のズレがあれば直していきたいと思います。写真等あげていく予定ですが個人情報や著作権等に気を付けて投稿する必要があると思います。初のブログで見る人もいないので自己満足に近くなってしまう可能性があります。そういう形でも自分を表現できる媒体としてブログはいいのかなと思います。また、キーボードでブログを書くのでタイピングの速さが今まで以上に速くなればいいと思っています。やってみた感じだと写真をこだわってどの角度から見たらよく映るかなど考え始めたらとても時間がかかりそうで毎日更新するのは厳しそうです。私は主に便利な商品やモノを学生目線からこんなものがあったらうれしいやそんなものがあるなら欲しいと思えるような内容に絞っています。テーマを絞りすぎると投稿のネタが尽きやすくなるので広くテーマを設定すれば毎日投稿は可能だと思います。また、大学生として学校に通い、アルバイトをして趣味などをこなすうえでブログを毎日書くというのは日によっては時間が足りず少し苦になってしまうかもしれません。私も便利な道具や商品の紹介が落ち着いたら、大学生ならではの経験や多くの人が共感できるような内容にシフトチェンジしていきたいです。最初は不慣れだと思うので慣れてきたら別のサイトや有料会員になってブログライフを楽しんでいきたいです。みなさんもブログ始めてみてはいかがですか。もし、やっている方がいたらぜひ教えてほしいです。

8

私は、もし自分がブログを作るとしたら、グルメについてのテーマについて書く、特化ブログなるものに挑戦してみたいです。その理由は、コロナが流行っているこのご時世で自分が自炊やInstagramで流行りのグルメを巡ることなど、料理関係のことにハマったからです。まず、ブログとはWebをlogすると書いてブログであり、コンテンツ管理システムであるCMSを利用することによって、知識なしでウェブを制作できたり、マルチデバイスへの対応が用意になったりなど、一気にブログが普及したということを今日の講義で初めて知りました。私は、「ブログをもし作るなら」ということに関し、今日の講義をふまえた上で、自分でもいくつか調べて見ました。私がやりたい特価ブログと言うものは、「ブログに記載する内容やテーマを一つのものに特化させた専門的なブログ」です。例えば、料理についてだけ書くブログやダイエットについてだけ書くブログなど、様々なものがあります。特化ブログのメリットとしては、専門的な内容を記載することになるので、信頼されやすく収益に繋げやすいことや各記事の関連性が高いため、読者がサイトを巡回してくれやすいことなどがあります。テーマやジャンルを絞ることで、記事それぞれの関連性が高くなったり、専門性が生まれ、記事を書いた人が専門家に見えてくるため、読者から信用されやすくなります。デメリットとしては、記事を書くために知識が必要なことや流行に左右されるジャンルはアクセス数の維持が難しいことなどがあります。知識がなければネタ切れになりやすく、流行が去ると読者が減り、アクセス数が減少するので、そういった点においてはやはり難易度は高いブログであることがわかります。初心者はやはり、特化ブログとは逆の性質を持つ雑貨ブログで始めた方が良いとは思います。ですが、書きたいことを書くのがブログだと思うので、InstagramなどのSNSでしっかりと知識をつけ、時代の波に流されないようなブログを書くことに注意して挑戦する時が来たら挑戦しようとおもっています。やるとしたら毎日更新したいと考えているので、仮にネタ切れになるようなことがあれば、その時には臨機応変に雑貨ブログっぽいことで、自分の趣味のハリウッド映画鑑賞などのことについても書きたいと思っています。講義ページにある、HATENAブログをみて、公開範囲設定ができたり、プロ並みの編集機能があったりなど、たくさんの便利な機能があることを知ったので、もし挑戦するとしたらこのブログで挑戦してみたいと思います。

9

私がブログを発信するにあたって設定するテーマは、自身の好きなことに関しての発信にしようと思います。というのも、近々時間があるときにブログをやってみたいという風に考えていました。私自身音楽であったり、食に関しての趣味があるので、特に音楽の部分で自身の感じたことなどを中心に発信をしたいと考えています。たまに、食やサウナなどの体験記などもちまちま投稿するつもりです。ただ、毎日投稿というのはできないと思っています。私自身が感じたことを、投稿したい時に発信するという形で続けていくのが、自分自身にとって一番ストレスがなくモチベーションも保ちやすいです。またブログを行う上で特に注意することは、ネットリテラシーに関してです。講義の中でインスタグラムによる投稿に関しての話題がありましたが、今ではこういったSNSもブログの一部であると私は考えています。日々の話題に関して手軽に投稿を行うことが映像付きでできるので、発信の形態としては便利なものであると思いますが、やはりその手軽さによって、発信の内容の精査を怠ることが多くなっていると感じています。ストーリーに関しては投稿が残らないということもあり、リテラシーの欠如している人は、社会通念上良しとされないものの投稿を行ってしまうのだと思います。WEB上での投稿になるブログでは、SNS以上に内容の精査や、リテラシーに照らし合わせた発信を心掛けたいです。

10

私は今まであまりブログに触れたことはありませんでしたが、本日の講義ではてなブログやBloggerなどのように、私のような初心者でも気軽にブログを始められると知り興味がわきました。ブログを書くとしたらSNSと同じように炎上しやすいことや個人情報が漏れやすそうなテーマは危なそうなので、テーマは私の趣味である読書とし、短く簡潔に読んだ本の感想を述べる場として使いたいと思います。読んだ本の感想を考えるとより一層その本が印象深くなりますし、記録としてブログに残しておいて、いつか見返してみるのも面白いと思います。以前はTwitterやInstagramなどで最近読んだ本について感じたことや思ったことを述べることもありましたが、それらのSNSでは長文は書きにくくどうしても浅い部分までしか感想を書くことができなかったので、自分の考えを好きなだけ書くことができるというのはブログの良いところだと思います。また、ブログを書くからにはできるだけ多くの人に見てもらいたいです。そのためにInstagramやTwitterでビジネスを行う際にまめな更新が大切であるようにブログもなるべく頻繁に更新できるようにしたいと思います。しかし、毎日更新はきっとすぐに飽きてしまいますし、そもそもそんなに速く本を読むことはできないので週に一回程度を目標にして気ままにやっていきたいと思います。

11

 実は、個人的に友人の影響で何か発信力を持ちたいと考えておりその選択肢としてブログの開設を前々から検討しておりました。その上で今回の授業を受け1番興味深かったことはTwitter、Instagramなど各ソーシャルメディアのヘルプセンターは充実しており「普段使っていても気づかないような便利な使い方が発見できるのでは?」と考えたことです。つまりブログを書くことに加え、ソーシャルメディアの拡散力を使えば指数関数的に閲覧者を獲得でき、ひいては広告収入などの収益化も望めるのではと感じたので今回の課題はそれを目指すことを前提に取り組みたいと思います。なお、課題として「そもそもできそうですか。」という項があるが、その点は企画案をまとめた上で最終的に現実と照らし合わせ考えてみたいと思う。  まず、ブログを開設するにあたりどのように開設するのかを決めるべきですが私の場合はHTML、CSS、jQuery等を用い自分でサイトの作成を目指してみようと考えております。やるからには他サイトと差別化したいと考えたときに自分で作成した方がデザインやUIなどの面で差別化が叶うのではないかと考えたからです。また、本講義中にCMSの代表としてWordPressを取り上げていましたが、WordPressはシステム面、セキュリティ面共に万全のサポートがなされており且つデザインも自分好みに選択できる事ができ、こう比較するとWordPressを使う方が良いように思えますが私は、私の様に「まずはやってみよう」という者には万全のセキュリティやシステムは無用の長物だと考えます。どちらが手軽に始められるかという観点からすると私の場合は比較的マークアップ言語を用いる方が手馴れているので自作してみようと考えました。  次に方針として私の場合は大学の勉強やアルバイトなどの都合から毎日更新は出来ないので、毎日更新しなくても閲覧者を得る工夫が必要になります。そこでヒントになったのが、講義中に野村先生が仰った「やらない人に限って炎上が…とすぐ言い出す」という言葉でした。確かに私もTwitterといえば著名人の発言が炎上するなどの印象がありますが、これを裏返してくみ取れば「炎上するような極端な情報、発言は印象に残る」という事ではないでしょうか?これを前提に日常で気付いた事や疑問に思った事をテーマに、説得力を持たせるために1週間ほど調査を行い、面白おかしく極端な文章にすることが出来たら更新の期間が相手も一定の閲覧者を確保できると考えました。しかしこの時に気を付けなければならないのは本当に炎上しないようにマナーやモラルには気を使う必要があるという事です。なぜなら共感を呼びたいのに攻撃的になってしまっては本末転倒であるからです。   そしてそれらをソーシャルメディア等用いて拡散する事が出来れば拡散力が相まって良い効果が期待できます。たとえば、Twitterのヘルプセンターより、Twitterとウェブサイトの統合の方法が記載されているのでそれらを活用してブログをTwitterで拡散してもらうことを潤滑化したり、Instagramをギャラリーの様にしてフォロワーをブログへひきつける事もできそうです。  これらを現実の私生活と照らし合わせ実際に出来るか否かと問われれば、実際に出来そうに思えます。当然冒頭に述べたように実際に閲覧者を増やしたり収益を上げる事が出来るかは私の工夫次第ですが、とりあえず行動に移す事は出来そうです。  話が冒頭に戻ってしまいますが、最近留学中の友人と会話していたら友人が「留学先に起業をしたり、何かに問題提起して行動を起こす人が多く自分が遅れている様に感じる」と言っておりました。本当にその友人が遅れているかは別にして話を聞くうちに私も何かアクションを起こしたいという気持ちになりました。この授業を機にまずは出来る事をやってみたいと思います。

12

 私がブログを作るとしたら、最近始めたランニングについて書きたいなと思います。私は、最近、運動不足で体力が低下して疲れやすくなっていると感じたのでランニングを始めることにしました。具体的には、ランニングで走った距離やランニングを継続していく中での成長過程を書いてみたいと思います。毎日更新をするのは、私にとってはハードルが高く感じますが、週に1,2回であれば無理なくできそうだと思います。私がブログを作る上で注意したいと思うことは、収益化についてです。難しいとは思いますが、どうせやるならお金が欲しいからです。もし私が収益化を目指してブログを作るなら授業で取り上げられていたWordPressとはてなブログどちらが良いのか調べてみたところ、はてなブログは維持費や管理費が安いけれどデザインがあまり充実していないこと、WordPressは維持費や管理費は高いけれどデザインが充実しているということが分かりました。また、数十万円以上稼ぎたい人はWordPressを数万円稼げればいいという人ははてなブログを利用した方がいいということも分かりました。これらのことをふまえて考えるとブログを書いたことのない私が始めるなら、低コストで利用できるはてなブログがいいのではないかと思います。

13

もし、私がブログを書くとしたら、同じ学科の人を何人か誘ってから自身の卒業論文で調べている分野について、をテーマに簡単なまとめを載せていきたいと考えます。 まず、同じ学科の人を誘う理由として、web上で意見交換をすることが目的である以上、繋がる人—反応してくれる人がいなければまず続けようという気が起きなくなるためです。 中学生の頃Amebaブログを書いていたことがあり、普段の日常や遊んでいたゲームについてのことを書いていたのですが、不特定多数に見せるものとしてではなく、元々一緒にアメーバピグで遊んでいた友人とのコミュニケーションツールに終始し、記事自体は友人以外からは誰からも見てもらえませんでした。勿論友人がアメーバピグをやめてしまってからはモチベーションが続かず、数日でやめてしまいました。 実際に自分がネット上でブログを見る側に立った際にも感じたのですが、読んでいて面白いと思わせるほどの文章や画像など構成の工夫、または普通にネットで検索しただけでは見つけられない程度のものごとについての信憑性の高い知識がわかりやすく書かれていなければ、赤の他人が書いたものを「見たい」と思う気持ちやコメントなどで反応したい気持ちはなかなか湧いてこないと思いました。 また、現代ではいいねやふぁぼで反応がすぐに数値化され、素早く簡単に情報発信ができるFacebookやInstagram、TwitterなどのSNSがあり、コミュニケーションツールとしてのスピード性や手軽さではブログはこれらに勝てないと考えました。 よってブログを書くのであれば、最初から何人か繋がれる人を集めて共同体を作ってから、SNSではやりづらい長文投稿や、リンクや脚注機能の利用、タグ検索で出てくる似たテーマの記事を読むための情報収集、身内同士のコメントによる対話を通し、人からの反応目当てではなく卒業論文を書くための一種の研究方法として利用すれば(毎日は難しいかもしれませんが)続けられるのではないかと考えました。 参考:https://profile.hatena.ne.jp/nomurakazuo/ https://hatenablog.com/guide https://www.hatena.ne.jp/

14

私は短大時代にウェブサイトの授業で、ホームページを作ったことがあるので、それよりも簡単にできる「ボタン一つで情報を貼り付け、一つのページで完結できるため」『講義ページのコンテツより』ブログを作ることは比較的簡単なのではないかと思います。また、無料のプランもあるようなので敷居も低そうに感じました。 テーマは自分がやっているゲームについて紹介するがいいと思いました。理由としては見てくれる人を増やすには、継続的に更新すること、他者の興味のあることということだったので、継続するには自分が詳しいこと、好きであることである必要があると思いまた、ゲームなら定期的にバージョンのアップデート、システムの修正などがあるのでネタが尽きないと思いこれにしました。経済学やマクロ経済に関連する政治にも興味があり、ある程度は詳しいと思いますが、誰も興味がない思考回路の違うアンチから攻撃の対象にされる可能性かあると思われるためやめました。こういった点もブログを書く上で気をつけてなければならないと思います。 注意点としては、第三者が見るのを前提としているので、当然スペース、改行などを用いて単なる文字の羅列にならないように、見やすさに気を遣わなければならないと思いました。多くの人に見てもらい広告がついてお金儲けができればいいなと思いました。

15

私がブログを作るとしたら趣味である筋トレについて始めていこうと思います。ブログを始める上で注意するべき点を2つ上げたいと思います。1つ目はヘルプセンターやコミュニティーガイドラインをしっかりと作ることです。TwitterやInstagramなどでもしっかりと上記のものはあると思います。ブログをしていく上で他の人に見てもらう為にも必要不可欠な物だと考えています。現代のSNSの問題点で他人を傷つけるコメントなどで自殺などに追い込んでしまうことが起こっていると思います。それを防ぐために他人を中傷するメッセージなどは削除できる機能を最初の設定でつけれたら良いと考えています。2つ目はデザイン製だと考えています。他の人に見てもらう為にデザインをしっかりと考え注意を引ける物にしていかなくてはいけないと思います。はてなブログでは無料でデザインなどを考えることができるので活用したいと思います。私は自分自身の肉体変化や筋トレ道具の使い方などを紹介していきたいと考えているので写真を貼り付け皆さんにわかりやすいブログにしていきたいと考えています。3つ目ははてなブログでもあったように自己紹介欄を作り自分がどのような人なのかを紹介したいと思います。ブログを見てもらう為にも自分自身がどういう人なのかを紹介することはとても大切なことだと思いました。これから具体的にどうしていくかを述べていきたいと思います。まず初めに筋トレについてブログをしていくと述べましたが具体的には毎日更新ではなく筋トレジムに週4で通っているのでそこに合わして更新していきたいと思います。自分自身の肉体の変化を毎回写真に収めそれをブログに収めたいと思います。また筋トレをやってみたいと言う人に向けて筋トレのやり方講座をブログにアップしていきたいと思います。私自身プロの人ではないですが初心者の肉体変化を載せていくことで周りの注目を浴びて行けると考えています。いずれはブログを通して注目を浴びることによりビジネス化していけたら良いと考えています。最近ではTwitterやInstagramでは何億人もの人が見ているのでそこを利用し商品をCMやインフルエンサーが紹介することでビジネス化しています。私もブログを通してインフルエンサーになり筋トレグッズなどを紹介しビジネス化できていければ良いと考えています。

16

私は今までブログを書いたり、自分がホームページでの活動をするというのは考えたことありませんでした。この授業を聞くまではホームページを作成するのにも高度なプログラミング学習や演習を必要としていると思っていました。CMSという言葉すら聞いたことありませんでした。また、ニュースを頻繁に確認して自分の意見を述べたり、何かの紹介をするというなどをする欲もなかったのも考えてこなかった理由だと思います。 しかし今回授業を聞いて素人でも気軽に作成できるブログやホームページが存在していることを知りました。調べてみると、授業で紹介されていた WordPress の他にも Joomla!(ジュームラ)や Jimdo (ジンドゥー)などのCMSがあり少し興味が出たので試してみました。授業でも話されていた「Hatena」をインストールしてみました。 様々な人が自由にブログを書いていて多種多様な意見がありました。外国の情勢について意見を述べている人から、その人の一日みたいな軽いものもありました。自分でも何か書いてみようと自分の趣味である読書について一つ書いてみたのですが、なぜかアップできず再起動したら消えてしまって挫折しました。使い方が間違っていたのかもしれません。 ですが今回自分の範囲外であったブログというものを試せたことは一つの良い経験になりました。私はこのような自分の周りのこと以外のことにも関心を向けることが重要だと考えて日々生活しています。そのきっかけ探しとして様々な人のブログをこれからはあさってみようかなと思いました。またいつか自分がブロガーになるときになったら、この経験をしておいたことに再度感謝するでしょう。

17

 そもそもブログというものに今まで触れた機会がなく、勝手な偏見としてそれなりのレベルのウェブ知識(html関連やプログラミングのような技術)がないと作れないものだし、HPの解説のように定額料金が生じてくるものだと思い込んでいました。しかし、今回の講義で紹介されていたサイトを閲覧しその概要に触れてそのイメージが大きく変わりました。特にWordPress.comではパワーポイントのスライドを編集する感覚でブログの編集が行え自分でも取り組めそうな気がしました。  私がこれらのサービスを利用しブログを実際やってみるなら日常の日記のような感覚で、日々のちょっとした出来事や自分の考え方・価値観を記していきたいです。公開範囲が自分で設定できるということなのであくまで他人が閲覧するというよりも自分に向けたものとして利用したいです。その範囲内での利用と考えるとはてなブログの利用が最適かと思います。はてなブログではテーマストアである程度の構成が決められて文字を入力したり画像を添付して日常を綴る程度にはちょうどいいかもしれません。  また、日々の日記のようなものになるため自分の趣味などを書く機会が多くなると思います。そのため事象別でカテゴリーを設けて、そのカテゴリー別にも自分の軌跡をたどれるようにしたいです。例えば私は旅をするのが好きで日本各地をドライブや電車で巡ったりする趣味があり、訪れた場所の履歴をすぐに洗えるようにしたり、サークル活動もしてるので、サークルの活動日誌のようなカテゴリーを設けたりしたいです。  現在は狭い範囲での利用しか考えていませんが、将来就職して自分が世の中に様々な情報を発信する必要が出てきたら、ビジネスクラスのWordPress.comを利用してみるのもいいと思いました。その際は世の中に情報を発信するという立場を意識して偏った考えで他の人の考えを否定したり、人権を否定するような文章にならないような繊細な注意を払う必要があると思います。  今日ブログの利用が思っていた以上に容易に行えることを知り、どんな目的であれ自分の中での使ってみるべきものとして新たな発見ができ、今後における視野が広がりました。

18

 私がブログ作成をする際に、どのようなテーマにしたいのかというと、趣味のサッカー観戦やボードゲームのついての記事や、私の住む町の魅力、そして、日常のちょっとした出来事について書こうかなと思います。サッカー観戦では、私は、試合の結果や良かったところ悪かったところ、現地に行ったらその時の感想等を書き込みたいです。ボードゲームでは、どんなゲームなのか、遊び方、感想等を、町の魅力や日常の話では、私が行ったおすすめの場所やおいしいお店やイベントの紹介をしていきたいと思います。  注意する点としては、私が書いた文章で楽しませたり、ためになったりするような文章を書くようにすることです。私が書いた文章がつまらなかったり、不快な思いをさせてしまったりさせて島はないように特に注意していかなければならないと思います。他に注意する点を挙げるのならば、私は投稿頻度にも気を付けなければならないと思います。これは、YouTubeの話になってしまいますが、私が前に働いていたバイト先の店長がYouTubeをやっていて、話を聞いたときに、3日に1本の投稿の時期に比べて、毎日投稿している時期の方が登録者数や視聴回数が増えたといっていたこともあり、ブログにも通ずるものがあるのではないかと思います。沢山自分のブログを見てもらえるようになれば、自分の宣伝やビジネスにもつながってくると私は思います。  私は、はてなブログのアカウントを持っています。しかし、まだ、二つほどの投稿しかしていません。なぜなら、自分が書いた文章がだれかわからない人に見らえるということにまだ羞恥心があるからです。本当は、私は、好きなボードゲームやサッカーの話、日常生活の話を高い頻度で投稿したいとは思っています。しかし、実際は毎日投稿どころか1週間に1回の投稿も現状できないので、そのあたりは訓練して、文章を発信するということに慣れていかなければならないと私は思いました。  また、私は、はてなブログを始める前に、HTMLと CSSを使って、ホームページを作り、ブログを掲載してみるといった挑戦をしたことがあります。トップページとブログ1本を作ることはできましたが、二本目以降のまとめ方や私のデザイン力の限界などから作成をやめてしまいました。私は、文章を書くこと、発信することの苦手意識からこれまでブログを割けてきたが、就職してから文章を書いて世間に発信することが増えると思うので、この機会に始めて、慣れていけたらいいなと思います。

19

私が企画するブログのテーマは3つあります。扱う題材は、自分が好きなカテゴリーである美容・コスメについてです。まず一つ目のテーマは、新商品から自分が実際に使ってみてよかった商品の説明や、スキンケアなどでしたら使い方などをわたりやすく伝えられるように注意して、各過程において拡大写真を撮ったり、ビフォーアフターなどの比較写真を載せたりして、大衆に分かりやすく且、見た人にも使いたいと思える紹介をしたいと思います。また写真と共に商品のURLやリンクを貼って、気になった商品があったら公式サイトで、すぐに詳しく閲覧してもらえるようにします。次のテーマは継続して掲載できるように、ブログの連載ペースを週1の固定で行いたいと思います。これは実現可能であると考えます。なぜかというと、最初の準備期間さえ除けば、あとは毎日写真を撮って一言程度のコメントでよいからです。最後のテーマは見た人がワクワクするようなブログを作りたいと考えます。ワクワクとは具体的にいうと、自分が好きなコスメを見つけた時のような高揚感と同じような気持ちを与えられるようなブログを作ることです。これはフォントやブログのデザイン自体を明るくカラフルな色使いや見やすいように気を付けながら、奇抜にならない様に気を付けて作成します。

20

〈内容について〉 私は旅サークルというサークルに所属しているため、その活動について書くことを提案します。具体的には、旅先の特徴や旅先で見つけた面白かったもの、きれいだった場所、おいしかったお店などの印象に残ったことについて写真を付けて紹介していきたいと考えています。写真を載せる際には、通りすがりの人が写っていない写真を選ぶことはもちろんのこと、サークル会員も「ブログに写真を載せて良いか」の許可を取りきれないほどの人数が所属しているため、後ろ姿であったり、顔が写っていない写真を選ぶことに注意して作成します。しかし、旅サークルの活動は月に1回であり、このテーマだけでは投稿頻度が月に1回で終わってしまうため、また別のテーマとして『自分のおすすめの漫画の紹介』や『渋谷でおすすめのお店』の紹介をしたいです。漫画を紹介する際には、「タイトル」「作者」「出版年」「出版社」などの必要事項を記載し、内容は概要を書く程度で結末については触れないなどの点を注意の元、書いていきます。また、渋谷のおすすめのお店に関しては料理の写真やメニューの他に、ホームページがあればそちらのURLを載せるなどをして紹介していきたいと考えています。 全体を通しての注意点に関しては「文面の読みやすさ」「内容の分かりやすさ」「ブログに意味を持たせること」に注意して、読み手に「違う記事も読みたい」と思ってもらえるためにデザインや文字の色、大きさに凝って書いていきます。 〈更新頻度について〉 私の性格ですと、毎日更新となると重荷に感じてしまい、ブログを楽しむよりも義務の感情が芽生えてしまうと思います。そのため、楽しみながら更新するのは3日に1回程度が私には合っていると考えます。上記のようにカテゴリーを3つ程に分けることでネタ切れを防いでいきたいと考えています。 〈ツールについて〉 使う媒体に関しては、「はてなブログ」を選びます。理由は、はてなブログはWordPressと比べると登録が簡単であったため、ブログ初心者で内容に自信がなくても比較的書きやすい印象を受けたからです。また、はてなブログにはカテゴリー別にグループがあるため、そのグループに所属すれば一定数の方の目に入ることができます。そして、アクセス数を解析する中で、多かった記事のテーマを理解して、そのテーマに沿った記事を多く投稿していきたいと考えています。

21

ブログを作る上で最も気を付けるべき点は、どういった人に見てもらいたいのかを明確にすることだと思います。例えば、主婦層に向けて料理のブログを作る、転職を考えている人向けに実際転職してみてどうだったのかについてのブログを作るなど、ターゲットを絞ってブログを書くのが重要だと思います。なぜなら、ターゲットを絞らないブログというのは大手のブロガーがすでに書いたことの繰り返しになる可能性が高いからです。私が仮にコロナウイルスに関してのブログを書いたとしても、きっと誰も見ることはないでしょう。私が書ける内容など他の人がとっくに書いています。そのような全員がある程度共通の認識を持っている事象についてのブログを作るというのは利巧とは言えません。では、どのようなブログを作るのが良いのでしょうか。自分が詳しい知識を持った分野について書くのがいいといえるでしょう。書いたブログの分野に詳しくなければ説得力もなければそもそも面白いとも思えません。他のブロガーの真似にならず、専門的な知識を持ったことに関して書くのがベストだと思います。以上を踏まえて私がブログを作るとしたら、遊戯王の環境デッキについてのブログを作ります。というのも、私自身遊戯王を10年近くやり続け、大きな大会で結果を残したこともあるのです。この分野に関しては他の人と比べて専門的な知識もありますし、他のブロガーと被ることもあまりないでしょう。しかし、このことについてブログを作るとなると明確な欠点が生まれてしまいます。それは、投稿頻度があまり高くない点です。精々一か月に一度といったところでしょう。他のブロガーがどの程度の投稿頻度なのか定かではないですが、一か月に一度というのはおそらく低い部類でしょう。ただし、他に書ける内容を私は持ち合わせてはいないのでやはりこのテーマが良いと思います。普段遊戯王をやっているけれど大会に出ないという人に向けて、大会の雰囲気や意識することやおすすめの大会なども詳しく書いていきます。

22

私はまず講義ページにあったサイトを見てみました。そこにはサイトを見やすいように写真が大きく設定され、その分野に詳しくない人でも直感的にわかるようにしてあったり、同じ本が欲しくなった人用に表紙の画像にして視覚的に同じものがわかるようにしてあり、本についての疑問が減るようにされていて、読む人への配慮が多いと思いました。またデザインはシンプルで見やすく必要以上に情報を増やしすぎないことで、伝えたい情報を伝えることができているように思えます。また文章は見出しと説明があり見出しには本の名前、その下に説明があり、見出しではわからないところの説明(要約)があり、少し興味を持った読者がもう少し興味を持ってもらうようにもう少しだけくわしい内容を付け、さらに興味を持ってもらうようにしてありました。 さて、私がブログを作るときは私が今一番興味のあるゲーム、「アイドルマスターシャイニーカラーズ」というゲームについてのブログを作りたいとおもいます。まずブログの目標は、知らない人にこのゲームについて興味をもってもらいたいので、まずゲームの概要を見せたいと思います。そこではあまり多くの文章を入れず、ゲームの画像などで興味を持ってもらい、ゲームに触ってもらうことをめざしたいと思います。その次のページからキャラの魅力を伝えられるような説明のページにしたいと思います。

23

まず、サイトをいちから作るというのは魅力的ではあるけれど、手間もかかるだろうしそもそも難しいと思うので、無料のサイトを使おうと思います。そして、何をテーマに取り扱うかは非常に悩ましいところです。ニュースや時事問題について色々思うときはあるけれど、ブログにするからにはそれなりの量を取り扱うべきなのではないかと思っている上、そもそも賛否両論あるようなものを発信するのは何となく気が引けます。それに、私は他人の考えを求めるわけでは無いので、くだらないコメントなどを残されても困ります。そういうわけで趣味の一つであるゲームについて書こうと思いました。発信するとはいえやはり好きなものについて書くのが一番楽で長く続けられると思います。もちろんストーリーなどについて触れるときは注意しながら。しかし問題点も当然あります。まず、私がそれほどゲームをやりこんでいるわけでもなければ、お金をかけているわけでもないという点です。何か参考になるような情報を発信したり、上級者のようなプレイについて語ったりすることもできないので、大して書くことがないというのは問題でしょう。「○○が楽しかったです。」のような記事だけでは注目を集められないだろうしリピーターにもなってもらえないでしょう。あったことを書いて細々と続けることは出来るでしょうけれどある程度の人気を集めて執筆を歓迎されるようなブログにすることは私には難しそうです。

24

自分がブログを作るとしたら、自分の学んだことをメインに書くことをします。大学で学んだことのアウトプットの場として利用します。大学の講義を学んだ事はその授業さえとればだれでも受けられるため、著作物や世の中に流してはいけない情報などは除外して行います。これなら大学の講義のアウトプット、備忘録にもなり、毎日授業があればネタにも困らないうえ、大学出てからも本を読んだことや学んだことを書き連ねると続けられると思います。 ブログを書く上で一番困ることが書くネタをどうするかということだと思いました。ソーシャルメディアのビジネス利用はビジネスという肩書のもと行うことができるため、一種の制限というか、考えの基準ができるため書きやすいです。しかし、自由に何でも書いていいと言われると人は何を書くか迷ってしまう生き物なので、肩書や目標、基準を設定すると書きやすいと思いました。そのため、自分が書くとしたら一大学生としての生活や、学んだこと学校生活など、個人情報が流出しない程度に書くと良いと思います。 ブログを開設すること自体、現在は誰でも書くことができると思いました。また、ネットの技術的な知識はネットに転がっていることが多いです。当然吟味しなければなりませんが、そういったことをブログにあげている人は多いためかなり参考なると思いました。 とにかくやることとしては、大学の講義のアウトプットのブログです。卒論の下調べに使った資料のまとめなども考えられます。ネタには困らないため、書く気さえあれば毎日書くことも可能です。また注意すべき点は、個人情報を載せないことや、著作物に気を付けることなどであると考えられます。自分ではかなり実現性が高いと思います。

25

もし自分がやるとしたら、自分の好きなことをネタにして考える方がいいと思うのでサッカーのことをネタにすると思います。注意する点としては他の人のネタと被らないようにするのと、しっかりアクセスしてもらえるようにするということです。例えば誰も調べたことなくてこのブログを見て初めて知るような情報をまとめたり、色々なチームの情報をまとめたり、はたまた試合の感想を述べたりします。それを他のSNSで拡散していくのがいいと思います。今はそのようにしないとアクセスしてもらえないと思います。またアクセスに関してですが広告を貼りまくって明らかに儲けようとする姿勢はあまり好かれないのでそこにも注意したいです。さらにWordPressなど自由度の高く作るのが難しそうなものではなく、noteなどシンプルで簡単に作れるものでやればいいと思います。教授のhttps://www.socius.jp/ を見る限り、やり方によってはとてもまとまったように見えるのでnoteなどで慣れてから使うのがいいのかなと思いました。このようにすれば毎日のようにネタができて更新に困らないと思います。一週間のスケジュールとして、週のほとんどで試合があるのでそのレビューでネタは埋まりますし、空いた日には上記した例えば誰も調べたことなくてこのブログを見て初めて知るような情報を出していければと思いました。

26

これは授業でも触れられていましたが、CMSを使ってみて感じたことはHTMLを自ら入力する必要がなくブログ作成が簡単だということです。私は短大生時代にHTMLを使って自分のホームページを作る授業を取っていたのですが、覚えなければいけない決まり事が複雑で一か所でもミスがあれば全体が崩れてしまうくらいシビアなものでした。最初は一ページ300~400文字程度の短いものでも作るのに二時間以上かかり、この作業を毎日続けるのは難しいと感じました。このURL(http://mx.kokugakuin.jp/2020a/ko192124/index.html)は私が作ったNothing’s Carved in Stoneというロックバンドについての紹介ホームページです。しかし、CMSはHTMLを自動生成してくれるので、直感的な操作でページ作りが可能になります。またHTML編集にスマホを使おうとするとHTMLエディタのアプリを使用しなければなりませんが、CMSであればHTMLを手動で入力する必要がないのでスマホで簡単にブログ編集ができます。電車や狭い空間でも片手で手軽に編集が可能なのは、投稿の頻度を上げる要因になりえます。 私は楽曲やバンド紹介を専門に行うブログを書こうと考えており、Ameba Owndを使うことにしました。楽曲は日々様々なものが生まれており、ジャンルも様々です。また情報収集もApple Musicというサブスクリプションサービスで一か月に7000万曲以上から聞き放題であり、記事のネタにも困りません。また、自分はベースを7年とギターを4年、ドラムも少しかじっているので、プレイヤー目線からの評価や意見を書くこともできます。このジャンルを選んだ最大の理由は、自分の楽曲知識開拓のモチベーションを上げるというものです。最近私はひとつのバンドのみをずっと聞いていたり、yoasobiの「怪物」などの流行っている邦楽しか聞いておらず、楽曲開拓を怠っていました。「投稿する」という目的ができれば、楽曲開拓も進むのではないかと考えます。音楽系のブログはあまり視聴者が伸びないという声も聴きますが、収益目的ではなく自らの音楽に関する知識を広めるためのものとして考えているので問題はないと考えています。そういった意味では他ユーザーにコメントを残してもらえるという機能も有用だと考えます。コメントによって、情報が一方通行にならずほかのユーザーの持つ意見や情報を取り入れることができます。また他のユーザーによる投稿の閲覧によっても情報を入手できます。 投稿頻度については一日一投稿も可能だと考えています。初めてすぐの時は、自分が今まで蓄積してきた楽曲の情報で間に合わせ、その間にもApple Musicで新しく情報を取り入れます。通学時間や、寝る前の空き時間を使って一日三~四時間のペースで行っていこうと思います。 私はブログ内ではあくまで趣味のみの交流にしたいので、匿名性は上げておきたいと考えています。そのためユーザー名に実名を使わず、Ameba Owndでは中学時代のあだ名を用いて「ともろーブログ」というユーザー名にしました。また、住んでいる近くの画像など個人情報に関わるものは掲示しないようにします。  ブログを作るにしても他のユーザーに読んでもらわなければ意味が薄くなってしまいます。そこで記事の長さと使う語彙に気を付けたいと考えています。ネットの記事などを見ているときによく思うのですが、記事が長すぎると読んでいる途中で面倒くさくなってしまいます。簡潔かつ分かりやすい記事を書くことがリピートされるコツだと考えます。また、語彙も気を付けることが重要だと考えます。記事を書いているとどうしても専門的な用語が多くなってしまいます。しかしユーザーには様々な人がおり、その中には専門用語に疎い人も当然のようにいます。少しでもわからない単語が出てくると話の内容が理解できなくなります。記事を書く理由は様々な人に自分の気に入っている音楽を広めるということなので、どのような人でも読める記事を書くことでリピートしてもらいやすいと思います。

27

私はHatenaBlogのサイトを使って、商品レビューをするブログを提案します。最近の人は、昔よりニュースなどに対する関心が高いため、長い文章を読むことに対しての抵抗感は少ないと考えます。しかし、題材や見出しの部分が興味を惹かれるような書き方をしないと誰も読んでくれないです。そのため、私は、商品レビューのブログを書くにあたって、見出しにその商品の点数を書いてしまいます。見出しに点数を書くことで、読者は、 「何故、その点数なのか」という興味がわきます。本文は、商品レビューなので、自分の感想や意見を自由に書くことが出来ます。悪い商品のレビューを書くにあたっても、リアルな感想を読者は求めているため、書き手は、抵抗感なく書くことが出来ます。 ブログを毎日更新することは、難しいと思いますが、商品レビューの場合、自分の好きなスイーツやパンなどの一つのカテゴリーに絞って書きます。そうすることで、自分の好きな物についてレビューできるため、無理なく長く続けることが可能だと考えます。また、スイーツやパンなどの食べ物は、季節によって、新商品がたくさん出るため、ブログのテーマを長く続けられることが出来ます。 私は、ブログを実際に書いたことはないが、自分や他人のリアルな感想や意見が簡単に情報として見られるという点は良いと考えます。

28

私がブログを作るとしたら、私の好きなゲームについてまとめた内容にしたいと考えています。自分なりの新作ゲームへの評価や考察、攻略など、閲覧してくれる方にとって有益な経験になるようなものにできたらいいなと考えています。ブログを作成する際にCMSをWEBサイトに導入することでブログ作成の知識が足りなくても、ひと手間加えるだけでWEBページの更新や追加が可能になるため、しっかりと利用していきたいと思います。気をつけたいことはブログサイトを閲覧している方の目に留まるようなタイトルにすることです。過剰な数値や嘘の情報を載せて騙すことは良くないので正しいことだけを記すようにするべきだと考えます。また、閲覧者を増やす為に他人の評価の高いブログを剽窃することだけは絶対にしないようにします。他には、閲覧者を飽きさせないためにブログに工夫を加える必要があると考えています。文章だけのブログだと読んでいても理解しづらい所があると思うので、画像を添付することにより、視覚で大雑把に理解してもらうことが手っ取り早いと考えました。自分の伝えたいことをブログに書く行為は、授業でも行ったプレゼンのようなものなので新設な設計にしたいと思います。このようなプランで私はブログを作っていきたいと思います。ゲームのことについてなら楽しく書くことが出来る自信があります。しかし、毎日ブログ更新が出来る自信はあまりないです。閲覧者に満足いただける高品質な内容を毎日書くことは、自分の情報量と文章を書く力が今のところないからです。

29

私がもしブログを作るとしたら、ガジェット系をテーマにして更新したいと思います。 しかし、今の時代ブログをやっている人などたくさんいるのでその人たちとの差別化を 目指して、YouTubeやTwitter、Instagramと連結して行動します。ブログの毎日更新はできませんが 全体のSNSでちょこちょこ更新したいと思います。これにより、ファンの獲得スピードを上げます。  ガジェット系をテーマにした理由は、新規でも興味を惹かれれば見る可能性があると思ったからです。 ゲームや実写コンテンツはぼぼパンク状態であり、ファンを獲得すれば物凄く人気になるコンテンツだと思います。 しかしながら、現状今から始めてもコラボレーションなどしてもらう必要性がありコロナウイルスの現在 人気を伸ばすことが難しいと考えます。ガジェット関係なら新規が商品に惹かれ見てもらえる可能性があると 考えガジェットにしました。しかし、このガジェット系というコンテンツは、マイナーなため、一大コンテンツ になる可能性は低いです。しかしながら、新規ファンの獲得はしやすいと考えます。  私がもしブログをするならば、このように大手が手を出す微妙なラインに高いクオリティのブログと動画 SNSでの宣伝、これらを使い伸ばしていきます。ブログや動画の更新頻度はそれほど高くなくても クオリティがたかければ、どんどんファンは増えると考えます。そしてファンが増えてきた段階で徐々に 大きなコンテンツに手を出していき、有名になれば良いと思います。

30

私は「食」に大変関心があります。なのでテーマは「美味しい食べ物」でやりたいです。就職先が食品メーカーに決まっており、そこでは様々なお店に足を運んで、今どんな物が人気なのかなどを調べる必要がある。私のブログを通してお店に足を運んでいる人がいるのであれば、現在のコロナ禍で経営状況が悪化しているか美味しいお店にもメリットがあると思います。今回の講義を通してブログを作成する際に以下2点に気をつけます。私は良い内容を持つブログを頻繁に書くと色々メリットがあると思います。例えば、SEO効果・キーワード順位・ユーザからの評価の向上、読者とのコミュニケーション・関係性維持ができて、広告主の注意を引いてお金をもらうことにも繋げられます。だからブログの更新は頻繁にすることを気をつけます。次に記事の長さです。書く内容が多いテーマもあって、長くて書かなくてもちゃんと伝えるテーマもあります。キーワードを確認・考慮しながら、テーマ毎に分けて、それぞれのテーマに該当する記事を書きます。記事の内容が短いですが、役に立つ情報をちゃんと発信できれば、アクセス数が上げられます。また短い記事だとブログを書く時間も節約でき、より多くの記事を書けるようになります。逆に書く内容・範囲が広いテーマだと詳しく書けば書けるほどブログの品質が高く評価され、アクセス数も増えてくると思います。短い記事と長い記事の組み合わせで効果的にブログを書いていきたいです。

31

私がブログを作るとしたらまず、自分が読む人である立場であったらと考えて作ります。自分が興味を引く内容であるか、その内容を周りに共有したいと思えるかを第一に考えて作ります。ただ、それだけだと自分自身の書きたいことをかけないと思います。自分の好きなことに共通し尚且つ周りにも読んでもらえるようなものを作りたいです。自分はサッカーが好きなのでそこから広げてスポーツに関連するブログを作りたいです。内容は競技の結果や話題のニュースからマイナーな内容のニュースなどです。テーマやデザインもスポーツっぽいものにして注目を引きたいです。また、記事は読みやすいか、使いやすいかどうかも気をつけたいです。私自身なんか違うなと感じたらすぐにウェブサイトを閉じてしまうので、読みやすさ、使いやすさには注意したいです。例えば、無駄に字数は多すぎず、写真などを使い興味を引いて、リンクも上手く活用したいです。次に、そもそもブログを作れるか、毎日更新が出来るのかという問題ですが時間を決めて投稿したいと思います。毎日18時に投稿すると決めて先日のスポーツに関する競技の結果やニュースを投稿したいと考えます。なるべく簡潔に書いて詳しく知りたい人のためにリンクも貼って読み手が満足いくような記事にしていきたいです。

32

私がブログを作るとしたらまず、自分が読む人である立場であったらと考えて作ります。自分が興味を引く内容であるか、その内容を周りに共有したいと思えるかを第一に考えて作ります。ただ、それだけだと自分自身の書きたいことをかけないと思います。自分の好きなことに共通し尚且つ周りにも読んでもらえるようなものを作りたいです。自分はサッカーが好きなのでそこから広げてスポーツに関連するブログを作りたいです。内容は競技の結果や話題のニュースからマイナーな内容のニュースなどです。テーマやデザインもスポーツっぽいものにして注目を引きたいです。また、記事は読みやすいか、使いやすいかどうかも気をつけたいです。私自身なんか違うなと感じたらすぐにウェブサイトを閉じてしまうので、読みやすさ、使いやすさには注意したいです。例えば、無駄に字数は多すぎず、写真などを使い興味を引いて、リンクも上手く活用したいです。次に、そもそもブログを作れるか、毎日更新が出来るのかという問題ですが時間を決めて投稿したいと思います。毎日18時に投稿すると決めて先日のスポーツに関する競技の結果やニュースを投稿したいと考えます。なるべく簡潔に書いて詳しく知りたい人のためにリンクも貼って読み手が満足いくような記事にしていきたいです。デザインも豊富で簡単にできる「はてなブログ」を利用して作成します。

33

私はブログをやったことがないです。やってみようとも思ったことがないです。なので、あまりイメージがつきません。以上を理解してもらったうえで、私が仮にブログを立ち上げるとしたら、他人に評価されるブログではなく、自身の自己満のためのブログにしたいです。言い換えれば、写真付きの日記のようなブログです。実際に写真を挙げるブログにしたいので、ブログを挙げる上で個人情報の保護の一番気をつけたいです。ブログの内容としては基本少しの文章と写真になります。家の犬の写真や、実際に出かけた場所、美味しいご飯の写真などの写真がテーマになると思います。自身の性格上毎日ブログを更新することは不可能なので、週に一回や、一か月に二回など気が向いた時にのんびりと更新していきたいです。ブログも真っ白な背景に文字と写真というシンプルな構成でやっていきたいです。多分やったとしても長いこと続かないのでいつ辞めてもいいようにしたいです。レビューなどもちょっとは挙げてみたいですが、たたかれたり、炎上するのは怖いのでレビューなどはやめようと思っています。ブログをやってみようということを考えたことがないので、以上のような簡単なものとなってしまいました。

34

私がブログを作るとしたら、本について取り上げようと思います。内容は、私の読んだ本の感想や意見、ブログを見てくれた人との意見交換、おすすめの本紹介のようなことをやろうかなと考えました。感想や意見を書くときに、気を付けないといけないことは、本の内容をどこまで書くかということだと思います。もし、ネタバレをしてしまったら、その本を楽しめなくなってしまうかもしれないと思います。どんな人が見るかはわからないので、可能な限り見た人が不快にならないように考えて作る必要があると思います。個人のブログは見てくれる人は少ないので、その少ないブログに来てくれた人を逃さないために必要なことだと考えます。また、私の作るブログで一番重視したいのは、ブログを見てくれた人との意見交換です。同じ趣味の人と話すことはとても楽しいので、掲示板のような誰でも書き込めて、誰でも反応することができる場所を作りたいと思います。 これらのことをできるかですが、私はできると思います。すぐに始めるならCMSを使っていくと思いますが、HTMLとJavaは高校のときに学んだので、自分で作ることができるので、自分に必要なものだけを追加していきながら、プログラムも一緒に作っていくと長続きしそうです。また、私はブログを毎日更新していくことはないかなと思います。本を一冊読むのに一日の暇な時間では足りないということが考えられるからです。

35

私は、食べ物をテーマにブログを作ります。選んだ理由は、毎日更新をするには毎日生活の中でしていることをテーマに選んだほうが書きやすいと考えたからです。また、それをすることで自分自身の自炊力を鍛えられるという点も理由の1つです。このテーマのいい点は写真で伝えたいことを伝えられることができるので、文章を書くのに抵抗のある初心者でも挑戦しやすく自分自身の成長を記録できるのでモチベーションを維持しやすい点です。 このテーマでブログを書く際の注意点は、自炊しなければいけない点です。どうしても自炊したくないときは、コンビニの商品紹介などをしたりして、自炊したものを書かなければいけいないと思わず、ゆるくやるにはこのくらいがちょうどいいと思います。 そのテーマをはてなブログで書きます。選んだ理由は、無料で使え、機能が限定的なのでシンプルで初心者でも書きやすいと思ったからです。また、はてなブログは、はてなブログ同士のユーザーとのつながりができているので、ワードプレスなどより見てもらいやすくなるので、継続するモチベーションが保ちやすいと思ったからです。まず、自分の興味があることではないとブログはかけないし、続けられない、と思います。毎日更新するには、初めは質にはこだわらず、短くてもいいから書き続けるというのが大事だと思います。その点はてなブログは毎日投稿のしやすさという点では、ほかのブログサイトよりいいと思います。ワードプレスもいいなと思い考えたのですが、やはり初心者が始めるには自由度が高く、選択肢も多いのでハードルが高いと感じました。

36

私がもしブログを作るとしたら、このご時世なので失言の類に最も注意しようと思います。テーマといえば趣味であるゲーム中心となるでしょうか。万人に興味を持ってもらえるようなブログというよりは、ゲームという特定のコミュニティに絞って一部の人に関心を持ってもらえるようなものにしたいと思います。ただ、ゲーム関連のブログは、どちらかというと攻撃的な内容が多いように感じるのですが、私はネットに挙げる以上は可能な限り誰も不快にせずだれもが気軽に見れる、且つ共感してもらえるような内容を投稿したいと思います。批判なんかが来てしまっては、当然継続した投稿などできるわけがないので。といっても私はSNS等の利用があまり得意ではないのでどちらにせよ毎日更新するのは難しいと思います。毎日投稿をうたって義務感が生まれてしまうときっとストレスになってしまうので。多分むいてはいないと思いますが、スマホでも取り扱えるということですのでまあ最低限は活用できると思います。教授はおそらくネット利用の点から「最終的にはブログを使えるようになってほしい」と仰っていましたが、私には勇気とか自信などの点からみて難しいかななんて思ってしまいました。

37

私がブログを作成するとしたらしっかりとCMSを導入させつつサイトを開設していきたいと思います。自分の好きな様なレイアウトにして派手すぎない目に優しくて読みやすいブログを作っていきたいです。内容としましては私は、ラーメンを月に25杯以上食べるので日々のラーメン日記などをつけていきたいです。ラーメンの店舗名、食べたメニュー、値段、立地、自分なりの5段階評価、一言、写真を添付して投稿していけたらとても楽しいものになるのではないかと思います。個人的にブログとまではいきませんがラーメンのアプリで似たようなことをそこに投稿をして規模は小さいですが私の地元のTOP10ユーザーに入ったこともあるので楽しく趣味の延長で続けて行けると思います。ただ毎日投稿するためには金銭的にも健康的にもあまりよろしくないので頻度は理想としましては週に4回くらいでやっていけたらと思います。気を付けることとしましては、特定の店舗の行き過ぎた悪評などは今後的にいい結果につながらないと思うので言葉遣いに気を付けつつ投稿していきたいです。私自身ラーメンを食べに行く際そのラーメン屋さんの名前で検索をして詳しく書かれている口コミだったりをみて決めたりすることが多いので、需要はとてもあると思います。このブログをやって微力でも今大変な飲食業界ラーメン業界を盛り上げていけたらとても光栄です。 参考文献 https://profile.hatena.ne.jp/nomurakazuo/ https://www.hatena.ne.jp/

38

私がブログをつくるとしたら、政治や社会問題についてのニュースを取り上げて、自分の意見を載せる形にします。理由は、今はテレビや新聞よりもネットでニュースをあさる人が多いので、そういった人の目にとまりやすく、閲覧数が伸びやすいと思ったからです。また、ニュースは幅広く、日々新しい情報が出るため、毎日更新しやすいし、引用元のニュースを載せて、多少自分の意見を書いておけばいいので、負担も少ないと考えました。しかし、ブログをただ書くだけでは、拡散力が弱いです。私が知っている有名なブロガーがこぞってみんなやっていることなのですが、より多くの人にブログを読んでもらうためには、複数のソーシャルメディアを使うことも効果的です。例えば、何か一つ記事を書くたびに、そのURLを注目されやすそうなハッシュタグと共に、拡散力の強いTwitterに載せれば、さらにたくさんの人の目にとまります。ブログをつくる上でもっとも注意すべき点は、炎上です。特に私が取り上げるのは政治や社会問題なため、左右によりすぎなことを書けば、たちまち槍玉に挙げられてしまうでしょう。そうならないためにも、なるべく中立に、過激な表現は避けて書きます。

39

私がブログを作るとしたら、投資をテーマにブログを作ります。私は短期よりも、長期の投資が好きなため、更新は毎日ではなく、月に数回の不定期で行います。実際に投稿する内容は、初心者向けの積立NISAのやり方や、個別銘柄のえらび方、自分の投資結果の定期報告などです。また、ただブログを更新し続けて、誰にも見てもらえなかったら意味がありません。そのため、その時期のトレンドキーワードを多く入れて、検索に引っかかりやすくします。また、アクセス数が増えてきたら、Web広告を導入して、アフィリエイトを獲得していこうと思います。 ブログを作るのには、WordPressを使います。デザインは不快に思わないようなシンプルな色とフォントで作ろうと思います。実際にWordPressをいじってみた感じ、結構簡単に作れそうでした。しかし、WordPressについて調べてみると、デメリットとしてセキュリティが甘い点があるそうです。そのため、不正なハッキングをされ、ブログが書き換えられてしまう恐れがあります。そのため、ブログの更新は不定期であっても、WordPressのバージョンは頻繁に確認して、常に最新のバージョンに更新することによって、万全なセキュリティにしようと思います。以上が私のブログの企画書です。

40

私はBloggerを使ってブログを作ってみたいなと思いました。自分は趣味で一眼レフを使い写真を撮っていて、今だとコロナの影響もあるので夜中に自転車や徒歩で出かけていますが、よく撮った写真をinstagramに投稿しています。なので、もしブログを作るのであればテーマとなるのは撮った写真を載せることが中心になってくると思います。ですがただ撮った写真を載せてるだけではただの自己満足になり、見る人にとっても価値がなく, それなら今まで通りinstagramに投稿していればいいと思うので、投稿した写真の撮った場所やどういう設定で撮った写真なのか、撮影するときにどんなことに気を付けたかそういった内容を書くことで、もし自分が撮った写真をいいなと思った人にも同じ写真が撮れるような情報を載せたいなと思います。またブログ内で季節や時間、場所などで分けて、見る人が撮りたいシーンに合わせた写真が見れるようにカテゴライズすることでより見てもらう人に有益なものが作れるのではないかと思います。頻度は写真のストックを作っておくことで毎日どこかに撮りに行く必要はないので、自分のやる気さえあれば毎日で投稿できるとは思います。そもそもできそうですかという問いはやってみないと分からないですし、人間やるさえあれば誰でもできるのではないかなと思います。

41

 私は、自分のブログを作るとしたら日々の暮らしの中で気に入った物やお店を紹介するブログを書きたいと思います。私は「モノグラフ」(https://number333.org)や「トバログ」(https://tobalog.com)というガジェットやこだわりの物を紹介するブログを眺めることが好きです。これらのブログは紹介している物が良いものばかりということもありますが、ブログのデザインがおしゃれでその人のこだわりが詰まっていて雑誌を見ているような感覚があり眺めていて心地よいというところが気に入っているポイントです。私もこのように自分の気にいったものを自分のこだわりのサイトで紹介するということにとても憧れがあります。私は、ガジェットや革小物やカフェが好きなので、それらのレビューや紹介をおしゃれなサイトでブログとして書きたいと思います。大量消費社会である現代社会では物はありふれていますが、その中でこだわりをもって作られている商品のよさを発信して行けたらなと思います。また、カフェについては自分の地元である青葉台にエリアを絞って小道にあるようなニッチなお店も紹介できたらと思っています。授業内で様々なブログのサービスを見た中では、Word Pressが自分の作りたいサイトとマッチしていると思いました。私はブログを書く上で手軽さも重要だとは思いますが、それよりも自分のこだわりや洗練されたデザインを凝って作りたいと思ったので、手軽さが特徴のはてなブログよりもデザインや自分の好きなようなカスタマイズできるWord Pressがあっていると思いました。 イチから作ることはなかなかハードルが高いですが、今回の授業で先生がおっしゃっていたように模倣から始めてその中に自分のこだわりを足していき自分の部屋をつくるようにブログを構築していけたらと思っています。 https://wordpress.com/ja/

42

私がブロガーになるとしたら何か他の人よりも違った視点、変わった角度から物事を見て書こうかなと思います。私の思惑としましてはマイノリティー的な感じで知り合いやコアな人たちに向けてのブログを書こうと思います。部分的な人にだけ刺さればいいかなというスタイルでいこうと思います。はてなブログを見たときにまずは主の所在、趣味などを事細かに書いているためユーザーは共通点を見つけ、そこからブログに飛びこの主の文章は面白いなとなりリーダーとなります。これがブログの入り方かと考えます。また少しブログを読んでいると語り口調の投稿者もいればポエムっぽい投稿者と書き方は十人十色でした。もちろん全員が全員同じような書き方であれば面白くはないし見る気も起きないためにそのようになっていると考えます。そもそもできるかと聞かれたら続く気はおきないと思います。性格上毎日の出来事を書くという習慣が身につかなかったという事例があるからです。中学生の頃に毎日3行ほどの日記をつけていたのですが3年間は続いたのですが、ある日突然日記に対する意義が感じられなくなってしまい挫折してしまいました。そのような事例もありブログは毎日かけないと思います。以前2ch創設者のひろゆきさんがおっしゃっていたのですが、最近の日本人は長い文章を読めなくなってきているといっていました。Twitterの字数制限が140文字にもかかわらず長い文章がつらつらと書いていると読む気が失せるということは私も体感しています。そのような時代背景から私はあまり長文を書くことを控えるか書いたとしても読みやすいように字間を開けるなどの工夫を凝らしユーザーを獲得していこうと思います。  書くテーマとしては裏側的なことを中心に書いていこうかと思います。普段生活している上で目にしないような耳にしないようなことを中心に書きコアなユーザーを獲得指定校と考えます。その土俵では目立とう、人気になろうと考えていないので投稿頻度は低めで更新していきます。

43

私がブログを作るとしたら、アイドルをテーマにしたいです。日本アイドルはもちろん、韓国アイドルも大好きです。そこで、毎日の推し活日記を提案します。注意すべき点として、テーマが私にとって関心があるかということが挙げられます。世間一般の大勢にとって関心があっても私に関心のないテーマの場合、毎日続けることはできないと考えます。私は幼い頃からアイドルが好きなため、最適なテーマだと考えました。 例えば、私は推し活のために日々の生活を送っているといっても過言ではありません。新型コロナウイルスが感染拡大する前は、推し活のために毎日アルバイトをしていました。週40時間働いていたこともあります。このような原動力になった推しの存在や、どうして毎日頑張ることができたのか、といった私の記録や思考をvlogのように更新したいです。 また、韓国旅行も毎月のようにしていました。現地の美味しい飲食店や地下鉄の乗り方、おすすめ観光スポット等も、共有する形で更新します。私自身も行きたい場所を旅行前に調べ、ブログから情報を得ることが多くありました。私が紹介することにより、行ってみたい・見てみたいと思っていただけるようなブログ作りを心がけます。 しかし、ただ文章を書くだけでは面白みもなく読者も飽きてしまいます。そこで、写真を適宜追加すべきと考えています。そのためにはタグの知識を習得する必要があります。最近ではHTMLの知識なしでウェブを制作できるツールCMSのおかげでブログが普及しているそうです。便利ツールが利用できる初めのサイト選びが、ブログを作成する上で最も大切なことだと感じました。

44

私がブログを作るとしたら、いろんなコンテンツを取り入れて、文章を読んでいるのと一緒に、他のこともしたくなるというのをテーマにしたいです。また、ブログ本体のテーマは毎日読んでもくどくない、ゆるっとした「酒のみ」として、年齢層高めをターゲットにしたいです。仕事終わりにゆるっと読めて、癒されるようなブログにしたいです。 まず、ブログを読んでいる間に他のこともしたくなるようなこととは、文章の横などに通販サイトなどに飛べる広告をつけることです。授業内のブログにもありましたが、他のことに興味を持つことで、閲覧時間も上がると考えます。また、通販サイトの広告だけでなく、ニュースやゲームの広告などをつけて、たくさん興味を惹き、何度もブログに戻ってくるような工夫をします。そうすると、閲覧数も増えるのではないかと考えました。 そして年齢層の高いターゲットにし、「酒のみ」をテーマにする理由は、自分が続けていくのに苦ではないからです。例えばブログのテーマを日記にするとしましょう。すると、小学生の課題のようになって書かなくてはいけないという使命感に追われ、面倒になってしまいます。ですから、自分が毎日使命感に追われないテーマにするのが最適だと思うのです。 これらのことからたくさんのことに興味をもつことができるゆるい「酒のみ」をテーマとしたブログを作成したいです。

45

今回、私は実際にWordPressのアプリをインストールしてブログを作ってみました。私は、「20代女性」というカテゴリーを活かして、自分と同じ年齢層の方に何か需要のある情報を提供したいと考えました。そこで、まず思いついたのが「食」ですが、友達と行くようなインスタ映えするおしゃれなカフェの投稿はよく目にしますが、一人でご飯屋に行く若い女性のための情報は見つけるのが難しくなっています。そのため、私も一人で食事に行くときは、通りかかったお店の外観や看板に書かれているメニューに惹かれて、お店を決めることが多いです。したがって、今回のブログでは私が今まで行った中でぜひおすすめしたいご飯屋や女性が一人でも行きやすいお店をテーマにしました。 注意した点は、まず本当にこのブログを20代女性が書いているのだと思ってもらうために、アイコンを私の姿にしたことです。顔は見せていませんが、「自分と同じくらいの女性が書いているんだ」と20代女性が思って興味を持ってもらうためにその写真を使いました。 また、その他に注意した点は、ブログの見出しで何のお店がどこにあるのか一目で理解できるように「居酒屋 〇〇 (渋谷)」という風に書いたことです。こうすることで私がいくつか紹介したお店の中から、読者が興味のあるお店の情報を優先的に見ることができ、自分の気に入るお店が見つけにくいという事態を起こさないように気を付けました。 私は一人でおいしいご飯屋さんを見つけて食べに行くのが趣味なので、このテーマは非常にやりやすいと感じました。また、一人でお店に行って、料理の写真を撮ったものが30以上はあるので、一か月程度ならば、毎日更新できると思います。

46

私がブログを作るとしたら、大好きなファッションについて様々なブランドの歴史やデザイナー達の変遷、コレクションのテーマや名作についてを中心に書きたいと思います。ブログを始める目的は大きく分けて2つあり、1つは自分の趣味や好きなことを発信したり自分の生活の記録を残したいという考えから、そしてもう1つはSNSでのインフルエンサーのようにとにかく有益な情報を掲載することでブログの閲覧数を増やして広告収入を得たいというきっかけだと考えています。多くの人はブログは副業のツールというイメージを持っている印象がありますが、私はブログをやる目的は前者のようであるべきだと考えています。つまり、他者に読まれることを考える前に、本当に自分が書きたいと思う内容を書くことが大切なのです。ですので、私の記事は自分が大好きなブランドやデザイナーについての素晴らしさをみなさんに知ってもらい興味を持ってもらいたいという考えを軸に作っていこうと思います。しかし、ブログを書くからにはより多くの人に読んでいただきたいので、ファッションのディープな面だけでなく、多少は最新の芸能人のコーディネートやおすすめのアイテムなどファッションの「イマ」についても触れて、ライトな層にも読んでいただける内容も定期的に投稿しようと思います。ファッションは日々変化しているので、ネタ切れのような事にはなりにくく、継続して更新することが可能です。実現可能性は大いにあり、毎日投稿も可能だとは思いますが、集客よりもあくまで趣味としてブログを書きたいので、投稿間隔はもう少し長いスパンにして1つ1つの記事に熱を込めて書きたいと思います。

47

私がブログを作るとしたら、日々を過ごす日常にふと疑問に思うことや自分の経験や知識に基づいた思想や考えなどをテーマにしたものを発信すると思います。また、おそらく毎日更新はできず、隔日か隔週での定期更新か不定期更新になると思います。私はHTMLは少しだけ基本の基本がわかるので、シンプルなブログサイトなら作ることは可能だと思いますが、多くの読者(視聴者、サイト訪問者)に見てもらうことを目的とした際には、ただのシンプルなサイトでは面白みがなく飽きられてしまう可能性が高いので、その場合にはよりよいブログ作りのために、HTMLの書き方と人に面白いと思ってもらえる文章の書き方の両方のスキルアップが必要だと思います。企画としては、背景や主題、記事などはそれぞれのハードウェアごとに大きさにばらつきが出ないようにHTMLで設定をし、広告等も一切ないシンプルなサイトで、記事を一つ一つ区切り更新した順に表示されるようにしたいです。ブログページの下部にはサイト閲覧者の累計数の表示とサイト管理者である私自身の簡単な紹介、連絡先などを記載したページへのリンクなどを掲載したいと思っています。また、私はHTMLやソースコードなどの知識は少ないため、ブログの乗っ取りやウイルス攻撃には対抗できないため、ブログをあげるためのサーバーはしっかりとした少し値段のかかる企業のサーバーを借りることがよいと思います。

48

今回はword press を使って飲食サイトのホームページを使っていこうと思います。まず、ホームページの構成を考えていこうと思います。固定ページと投稿ページを使って構成していきます。テーマを決める必要があるので、自分のホームページの内容にあったテーマを決めていきます。初期構成として、トップページ、メニュー一覧、アクセス、お問い合わせというような形でやっていきます。word pressには初期機能に必要ない項目があるので、必要ないものは削除していきます。シンプルな内容に仕上げたい思います。不必要な項目を削除できたら、ホームページに必要な骨格を作ります。サイトマップを確認してどんなページが必要なのか把握しておきます。次は、投稿記事を作ります。まず、カテゴリーを追加していきます。カテゴリーの名前を決めたら、スラッグも指定していきます。このスラッグに入力した文字はURLの最後の部分として今回のホームページでは使用します。アルファベットか数字でかつ半角にしておきます。カテゴリーの入力が完了したら「新規カテゴリーを追加」をクリックします。カテゴリーの作成ができたら記事を投稿します。記事が書けたら先ほど追加したカテゴリー「僕らの食堂」にチェックを入れ「公開」します。ホームページを訪れた最初のページが任意のページになるように設定します。 最初の状態では初めのページが投稿一覧ページになっていますが、今回は先ほど追加した固定ページである「トップページ」を最初のページに設定します。表示設定の画面に切り替わったら「フロントページの表示」を「固定ページ」に変更し、下の項目で先程作成した「トップページ」を選びます。ホームページの印象を決めるタイトルロゴやメインイメージを追加していきます。 ホームページに訪れるユーザーがそのページを読むかどうか判断する基準の一つが「写真やデザインに惹かれるかどうかだと思うのでそこを重点的にやりたいです。 その中でも、タイトルロゴやメインイメージの写真はホームページを開いた瞬間に見られます。載っている写真の質が低かったり、全く関係のないものが映っていたりすれば、それだけでユーザーがホームページを去る原因になります。 そのためタイトルロゴやメインイメージに使用する画像は、店や会社の第一印象を決めると考えて厳選して選びます。このイメージがホームページ全体の共通イメージになり、コンテンツを追加する時などのデザインを考える上でも重要になります。正直ここまでの内容を作って、更新していけると思いません。

49

私は大学2年時にブログとSNSを使って情報を配信しながら、野球というテーマに絞って商材を販売していました。正直ブログを毎日更新するのはとてもしんどいと思いますし、実際のところ無理でした。始めはブログの書き方やタイトルづけなど全く分からずPv数の伸びもイマイチでしたが、コンセプトメイクや集客のターゲットを徹底して見直したところ、劇的に閲覧数は伸びました。ブログビジネスを初めて3ヶ月後に売上を上げることは出来ましたが、その6ヶ月後には私の気力がつき、記事のネタも無くなり継続が出来ず辞めてしまいました。当時ははてなブログとブロガーという媒体を使って記事を書いていましたが、ブログ初心者でも何とか読める記事に仕上げることが出来たので比較的使いやすいサービスだと思います。現在はnoteというサービスを利用して書籍を読んだ際などは、そこにまとめを書くようにしています。更新の頻度はとても言えるものでは無いので、ブログを毎日更新するのはとてもしんどい事だと思います。ブログを書く上で注意したいと思ったのは、常に読み手はどんな情報を求めているのか考えること。自分の伝えたい事と、画面の向こう側の人が求めているものをマッチさせることに気をつけたいと思いました。そして、ブログで大事なのはタイトルと冒頭であり、読まない。信じない。行動しない。といった自分と読み手の壁を突破できるような文章を書かなければならないと思いました。その為に自分の感情が伝わるように、また読み手の負担が少なくて済むように行間や改行を意識するのはもちろんのこと、分かりずらい単語なども極力使わずに、簡潔に伝えることも大事だと思っています。

50

私がブログを始めるとしたら、日々の日常や趣味について記述したいと思います。具体的には登山、ゴルフ、ギターについてです。登山であれば登った山についての基本情報や山行情報、途中で撮った写真を多く載せて、言葉や情報だけではなく、目で見ても楽しめるようなブログにしたいと考えています。私自身、実際に登山をする際には事前準備として、このようなリアルな山の状態を伝えてくれるブログを活用してイメージを膨らましてから登ります。なので、自分のブログを始めた際には、自分の経験を他の人が有効活用できるようなものにしたいと考えています。ゴルフやギターについても同様に普段の練習から、他の人が見て参考になるような情報を多く掲載したものにしたいです。ブログを始める意義として、第一にあるのが、多くの人が見てその情報がその人によって役立つものであることが望ましいと考えています。それが自分の経験や意見であったり、または自分で調べて得た知識であったりと、形は様々だと思いますが、見た人が嫌な思いや傷つく内容は掲載するべきではないと思います。巷では炎上商法と呼ばれる、あえて誹謗中傷をすることで、人々から注目を集める方法が流行っていますが、そのような短命な人気を得る方法には反対したいと思います。多少過激な内容であっても、親に見せられるレベルの表現が好ましいと考えています。

51

私は高校3年生の時にブログを始めたことがあります。その時は、はてなブログを利用して投稿していましたが、結局続かずに3ヶ月ほどで辞めてしまい黒歴史になってしまった経験があります。 まず、私がブログを作るとしたら生活に関するさまざまなテーマを基に、炎上しないように注意しながら作ると思います。 まず、私は昔からブログを閲覧するのが好きでしたが、特に好きだったのは美味しい食べ物をテーマにしたブログや、日常生活を取り上げたものでした。これらのカテゴリは身近であり、かつ多くの人に需要があると考えられます。そのため、私がブログを始めるとしたらこれらのテーマを選ぶと思います。 その際に注意したいこととしては、炎上対策や個人情報の流出、家凸、身バレなどが挙げられます。 まず、ブログは限定公開などにしない限り、不特定多数の誰もが閲覧出来るものです。そのため、家の近所の写真を上げたり、景色を上げたり、身元が特定できるであろうものに関しては細心の注意を払います。 また、炎上対策も重要だと思います。 昨今、TwitterやTikTok、InstagramなどのSNSでも同様ですが、炎上して晒されるなどの行為が多発しています。 自身にとってはささいな事でも、炎上してしまい、手が付けられないことになりかねないので注意を払いたいです。 また、更新する間隔は少なくとも1週間以内にしたいと考えています。理由としては、あまり長い間更新していないと、閲覧者も興味を削いでしまうと考えられる為です。 そのため、ブログの新鮮さを保つ為にも一定の間隔での更新は必要不可欠だと思います。

52

 私は、はてなブログのWordPressほどではないものの豊富なデザインとカスタマイズ性能の高さに興味を持ちました。そしてはてなブログにはコミュニティやブックマーク機能があり、ユーザー間でシェアしやすくなっているため閲覧巣が伸びやすいシステムになっています。ブログを毎日更新するモチベーションの向上にもなりますし、SNSでシェアしやすいというのも大きな利点になりそうです。  はてなブログで実際に記事を投稿する際には上記のコミュニティに参加する必要があります。参加しているブログ数はカテゴリーによってまちまちで、音楽・映画や、ライフスタイルといった人気のコミュニティは参加ブログ数が数万なのに対して数百の規模のコミュニティもあります。人気のコミュニティだと、爆発力はありますが自分の記事が埋もれてしまう可能性も高いので、私の企画書としては比較的投稿頻度は落ち着いていますが、継続的な閲覧を見込めるゲームカテゴリで投稿しようと思います。ゲーム関連のブログですと、大まかですが攻略関連、新規情報の掲載、レビュー記事の三つに分類できます。今回は毎日更新をするつもりの企画書なので、継続的なネタの補充が厳しい新規情報の掲載と、ゲームをクリアする必要のあるレビュー記事は難しいと判断しました。攻略情報なら一つのゲームで継続的にネタを供給できますし、特にソーシャルゲームであれば閲覧数も伸びやすくなります。

53

私はインスタグラムとTIKTOKを利用した地域(地元)情報発信サイトを立ち上げます。最近の流行りでもあるTIKTOKを使用してショートタイプの映像を発信しつつ、インスタグラムのアカウントに勧誘し身近なものへの興味へと変換し、地域活性化に貢献できるような活動をするためにブログとして運営しようと考えています。投稿テーマは特に私が育った地元を中心に取り上げ、個人的に訪れたことがある地域も紹介する計画です。 そこでこの企画において注意を払わなければならないなと思う点をいくつか提示します。まず初めに登校頻度ですが、毎日365日投稿は地域情報発信だけではとても厳しいものだと考えており、週に1度以上の投稿頻度としTIKTOKのようなショートたいぷの動画に関してはそれ以上の頻度での更新を予定しています。そして地域情報の発信にはその地に住む人の実情を発信することがさらに強い印象を与えることができると考えているため、街中の人物が映像の中に移ることが必用になっています。肖像権などに注意してネット上に掲載します。更なる情報発信のためには市町村との連携がカギになり、もし公認の配信者になれば活動の幅を広げることができると考えています。