2020-11-30

情報メディア問題入門2020後期09トランスメディア投稿集

情報メディア問題入門2020後期09

48 件の回答

48

応答

平均所要時間: 85 分 49 秒

85:49


応答

最新の回答

1. 本日の講義内容に即して、次の作品の中から1つ選び、トランスメディアとしての主要項目(5つ以上)について500字以上で説明して下さい。「私」を主語にして「ですます調」でお願いします。締切は11/26午後11時30分とします。 (1)櫻坂 (2)鬼滅の刃 (3)あつまれ どうぶつの森

48応答

ID

応答

1

私は鬼滅の刃を選びました。まず物語からいくと、「鬼滅の刃」は、原作が2016~20年に「週刊少年ジャンプ」で連載され、テレビアニメが2019年4~9月に放送されました。舞台は大正時代で、家族を鬼に殺された竈門炭治郎が、鬼に変異した妹・禰豆子を元に戻すために旅立つことになります。炭治郎は、禰豆子を人間に戻すために鬼を狩る組織・鬼殺隊に入ります。旅の道中で、鬼殺隊になるための試験・最終選別を共に受けた同期の我妻善逸、嘴平伊之助と出会い、共に鬼と戦う中で徐々に仲間としての絆を深めるものがたりです。鬼滅の刃のキャラクター設定の根幹は花札と言われてます。胡蝶姉妹は、蟲の呼吸と花の呼吸で鬼よけは、藤の花、上弦の弐・童磨との戦闘シーンは菖蒲の八橋となっていて花札がイメージされているのがよく分かります。作者は評価されないと思っていたが家族に促されて投稿したところ、第70回JUMPトレジャー新人漫画賞で佳作を受賞した『過狩り狩り』が前身となっています。『過狩り狩り』は扉絵で主人公の顔が隠されているなど特異な構成から編集部では話題になったが、初代担当者の片山達彦は初見では分かりにくく、2回目で良さに気がついたといいます。ストーリーは明治から大正頃の日本を舞台としているが、海外から来た吸血鬼、日本の鬼、鬼狩りの戦いを描く作品で、一部のキャラクターや技が『鬼滅の刃』に引き継がれています。また作者は2015年に『呼吸』や『鬼殺隊』の設定を追加した連載作品『鬼殺の流』のネームを作成したが「世界観のシビアさと主人公の寡黙さ」を理由に落選しました。作者は先輩の意見などを元に、主人公をより親しみやすい性格にするなど調整した『鬼滅の刃』を作成し連載作品として選ばれました。

2

鬼滅の刃は今年になってアニメ化や映画化するほどの大人気作品になりました。まず初めにこの作品の世界構築は大正時代の日本を舞台に物語が展開していきます。物語の舞台が日本であるため読者や視聴者も場所や雰囲気などをなんとなくつかみやすいというのが特徴として挙げられます。次にキャラクター設定は主人公や主人公の仲間、主人公を助けてくれる様々な人の一人一人に細かい設定があるのは魅力ですがほかの作品にはあまり見られない特徴として敵役にも細かい設定や背景があることにより敵に共感する場面もあるというのが魅力であると思います。ブランド力としてはこの作品は子供から大人まで人気がある作品であるため文房具から日用雑貨などの様々な商品とコラボするだけでコラボした商品は品薄になるような状況であるためかなりのブランド力があるのではないかと私は思います。この作品が与えた社会的影響としてはアニメ終了後の映画公開開始によりいわゆる鬼滅の刃ブームを引き起こしたことが考えられます。またこのブームは日本国内のみならず世界中でもこのブームが巻き起こっていることを考えればこの作品が与えた社会的影響というものは計り知れないものになっていることがわかります。さらには前した通り様々な企業がこの作品とコラボし様々な商品を発売しており、この作品とコラボするだけでコラボした商品がバカ売れしてしまうという大きな影響を与えました。

3

私は、櫻坂46のトランスメディアとしての主要項目5つを選び、その5つについて述べていきます。1つ目は、作品と担当者についてです。櫻坂46は、欅坂46からつい最近改名したばかりで、作品としては12月9日に1stシングル「Nobody's fault」をリリースします。櫻坂をはじめとした坂道シリーズは、作曲者はさまざまで、秋元康氏が作詞を手がけた曲を、メンバーが歌って踊るというシステムがとられています。 2つ目は、バックストーリーについてです。先に述べたように、櫻坂は欅坂46から改名しました。2015年の結成から5年経ち、メンバーの脱退など様々な問題もあり、気持ちを改めスタートするために、欅坂とお別れするという選択をして今に至ります。 3つ目は、キャラクター設定についてです。欅坂だった頃は、曲の中の主人公はほとんどが「僕」であり、社会や大人への反抗というイメージが強い印象でした。デビューから数年は、テレビ番組に出ると「笑わないアイドル」と紹介されていました。櫻坂になってからは、まだ多くの作品を発表しているわけではないので、作品やグループのイメージが固まっていない状態ですが、グループカラーがまだ何色にも染まっていない「白」ということで、これから様々な表情や作品が観れるのではないかと思います。 4つ目は、トランスメディアプラットフォームについてです。櫻坂が関係しているプラットフォームとしては、テレビとラジオの冠番組・ゲームなどのスマホアプリ・ブログなどのデジタルメディア・雑誌や映画・コンサートなどがあります。 5つ目は、物販についてです。櫻坂としては、まだグッズを販売していませんが、欅坂としては、ライブがあるたびにグッズを販売していました。 このような様々な物語があり、ファンが参加できるプラットフォームがあることで、櫻坂は人気なのだと思いました。

4

私は、(2)鬼滅の刃について説明します。舞台は大正時代で鬼がいる世界線です。主人公「竈門炭治郎」は亡き父親の跡を継いで炭焼きとして家族の暮らしを支えています。炭治郎が家を空けた日に家族は鬼に襲われ、妹である「禰豆子」以外は亡くなってしまいます。炭治郎は妹を助けるため医者に見せようと運びますが、途中で妹は鬼と化してしまいます。妹に襲われ死にかけた炭治郎を「冨岡義勇」と名乗る剣士が救います。彼は鬼を殺すことを目的とした「鬼殺隊」の隊員ですが、妹を殺させないようにする炭治郎を認め、「鱗滝左近次」というかつての師を紹介します。ここで炭治郎は妹を人間に戻す方法を求め、鬼を追うため鬼殺隊に入隊すべく厳しい修行に励みます。二年後、見事試験をクリアし鬼殺隊に入隊します。妹を連れて旅を続けるにつれて、仲間ができ、強敵が立ちはだかることもありますが、修行を積んで成長して困難に立ち向かっていく物語です。漫画、アニメ、映画と現在人気がすごい作品です。アニメのOPであるLiSAの「紅蓮華」は史上三作目、女性としては初の100万DL突破作品です。映画は公開からわずか39日で歴代興行収入3位に入り込み、その人気を物語っています。

5

私は鬼滅の刃について説明していきます。まずはテーマについてですが、鬼滅の刃は基本的には家族愛がテーマとなっています。主人公である竈門炭次郎が修行し鬼を倒すのは自身の妹を助けるためですし、敵キャラについても家族愛については多めに描かれています。次にバックストーリーについてですが、鬼滅の刃は基本キャラクターの過去などのバックストーリーについては最初は何もわかりません。また、出てくるキャラクターもそこまで多くないです。ですが、キャラクター一人一人のバックストーリーには凝っています。そのため、最初登場した時は「このキャラクターはなんてひどい奴なんだ」と思ってものちにバックストーリーが明かされると意見が変わってくることが多くあります。キャラクターについては敵キャラについては鬼であり人間ではないうえに登場キャラクターはそこまで多くはないので、制作にはかなり時間をかけたと思います。物語の全容が見えるまで必要とした時間はこれだけの大作となった割にはとても少ないと思います。漫画も21巻で終わっており、実際読んでみても展開は早いです。社会的影響については、説明するほどでもないほど大きいです。今や医療現場でも医師が注射をする子どもに「全集中の呼吸を使って頑張って」と鬼滅の刃のワードを使用するほどです。また、外に出たら必ず鬼滅の刃関係のグッズなどを見かけるので社会的影響は過去最高レベルで大きいと思います。

6

私は、今回挙げられた3つの作品のどれも名前を知っている程度なので、一番話題となっている『鬼滅の刃』についてのトランスメディアとしての主要項目について、5つごとに説明したいと思います。 作品と担当者について、最初に説明すると『鬼滅の刃』のアニメの制作会社は、『空の境界』や『Fate/Zero』からのFateシリーズ等を手掛けたufotableです。この2作品でのufotableの作風を見るとアクションシーンがとてもダイナミックで夜の戦闘が非常に多いです。そして、YouTubeで『鬼滅の刃』のアクションシーンを検索したところ夜が多いみたいです。つまり、そのようなシーンが多い作品において、ufotableという会社が秀でているからこそ『鬼滅の刃』がアニメでも市場を得られた理由の一つでしょう。 プロモーションについて説明をすると非常に『鬼滅の刃』は、コラボ商品が多いと言えると思います。例として、チキンラーメン、ボトルガム、コーヒー、グミ、たこ焼きなどとても多様です。つまり、コンビニに行ったり、テレビを点ければ必ず『鬼滅の刃』を目にすることとなり、見ていない人は、見てみようと思い、視聴者はこれらのコラボ商品を買おうと行動にでます。つまり、このようなプロモーションをとることによって、消費者が能動的に『鬼滅の刃』という作品で市場を構築することとなります。 消費者の利用と満足では、『鬼滅の刃』の劇場版の満足度に関するアンケートでは、98%の人が良かった、非常に良かったとしており、複数回リピートをしてなお、感動で泣く人もいるために非常に利用や満足も高いものとなっていると言えます。 ブランドの力は、様々なコラボ商品を見れば、わかる通り『鬼滅の刃』とコラボをすれば否応なしにその商品は売れるためにとても強いと言えると思います。 社会的影響は、「鬼滅貧乏」という言葉ができるほど影響があると言えます。これは、『鬼滅の刃』のグッズを買いすぎてお金が無くなってしまった状態を指し、劇場版のヒットや大量のコラボ商品が拍車をかけたと言えると思います。  結果として、『鬼滅の刃』という作品が、多くのトランスメディアの構成要素を満たしていると私は思います。

7

私が選んだテーマは少年ジャンプで連載されていた鬼滅の刃です。つい最近連載が終わり最終巻の発売が予定されています。鬼滅の刃は大正時代が舞台の漫画です。ストーリーの説明を簡単にすると、鬼にされた妹竈戸禰豆子を主人公である兄の竈戸炭治郎が人間に戻すため鬼殺隊という部隊に入り鬼を倒しながら妹を人間に戻す方法を探すという話です。これは初めからだいぶショッキングな話であり、家族愛についての話だと思います。ネタバレしてしまうとラストには主人公竈戸炭治郎は妹の禰豆子と同じく鬼になってしまいそれまで自分が所属していた鬼殺隊に殺されてしまいます。私はまだ最後まで見ていませんがそう聞いています。ラストまでの過程が長く全ての話が家族愛を感じるものであり、子供から大人までが楽しめる漫画でとても読み応えのある作品だと感じています。鬼滅の刃は少年ジャンプで連載されていましたが人気なためアニメ化が決定され、第1期のヒノカミ血風章が終わりその次が映画化されました。今上映中の映画の事です。それからコンサートもやっており、アニメ、映画の中の音楽をオーケストラが映像と共に演奏するというものです。お菓子メーカーや大手ブランドとコラボした商品が多く発売されています。鬼滅の刃は社会現象にもなり映画の興行収入は歴代1位の千と千尋の神隠しを超えるのではないかとされています。オーディエンスは映画化されたことで原作を読みたいと漫画を買うなど社会的影響を受けていると思います。

8

私は1の櫻坂について話そうと思います。櫻坂46はそもそも欅坂46というグループが元になっている秋元康氏のプロデュースしたグループです。。このグループは笑わないアイドルとして有名でありアクロバティックなダンスも有名で本格派アイドルとしてブランドを築いてきました。そんなグループですがいろいろな出来事があり櫻坂46に改名して現在に至っています。ここでも前のグループ時代のブランドを崩さずに他のアイドルとは違った本格的な歌やダンスを持ち味にかつどうしています。ここでもやはり前の欅坂時代に築いたブランド効果は絶大で多くのファンが改名した現在でも存在しています。これは櫻坂46の他のアイドルとは違うというブランディングが成功していると言えると思います。それに合わせてメンバー達も普段のテレビとは違いステージ上では鬼気迫るダンスや歌を披露しています。これも櫻坂のブランディングを崩さない為の演出の一環であると考えます。これもトランスメディアとして多く存在しているアイドルグループの中において埋もれてしまうことを防ぐのに一役買っていると私は考えました。以上の事から櫻坂46のブランディングは成功していてトランスメディアであると言えるのではないかと思います。

9

私は今回、途中までしか内容が把握できていませんが鬼滅の刃について「世界構築・キャラクター設定・バックストーリー・オーディエンスの利用と満足・ブランドの力・社会的影響」の6点に焦点を絞って説明したいと思います。鬼滅の刃の世界構築としては人間世界に潜んでいる人食い鬼を選ばれた戦士達が倒していって人間を守るといったものなのですが、この物語の主人公である炭治郎は悲しい生い立ちを経て戦士として人食い鬼と戦っていくことになるのです。その悲しい生い立ちとは、人食い鬼による家族の死です。炭治郎は貧しい家族を養うために幼くして働く優しい青年なのですが、ある日仕事から帰ると人食い鬼に家族が襲われていて、唯一生き残っていた妹の禰豆子は人食い鬼に噛まれて鬼になっており、炭治郎は妹を元に戻すために戦士となって戦いの旅に出るのです。このように、鬼滅の刃にはしっかりとしたキャラクター設定やバックストーリーがあるのですが、この物語は人間と鬼の殺し合いのような残酷なシーンがあるハイスピードな展開の内容となっており、普通は他のアニメ物語と同様に若年層といった一定の層にしか人気が出ないように思います。しかし、この作品は現在ニュースにもなっている通り、コロナ下であっても映画興行収入がどんどん伸び続けるほど広い世代に人気があり、オーディエンスを満足させた結果リピートする人を多数生み出すほどの名作となっています。また、他の商品とコラボするとその商品まで人気になるほどブランド力もあり、今1番社会的影響を及ぼしているものだと言えると思います。私は今後もこの人気は続くと思うので、これからもこれらの動向には注視していきたいなと思います。

10

「あつまれ どうぶつの森」は、3月下旬に発売され、現在も人気のゲームの1つです。累計世界販売本数が2604万本を記録し、歴代のスイッチ向けソフトでも「マリオカート8 デラックス」に次ぐ2位にランクインしています。私も言うならばあつ森プレイヤーの1人です。 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、多くの人が外出自粛をし、学校は休校、仕事は在宅ワークなどになった中、インターネットを介してゲーム内で友達と会うことができます。遠距離で現実世界では会うことが難しい友達も、ゲームの世界でなら距離を感じることなく会えて遊べることができます。また、オンラインサービス「ニンテンドースイッチオンライン」に加入すれば、スマホを使ったチャットなどもでき、よりゲームが楽しくなります。 あつまれ どうぶつの森は、無人島にプレイヤーが移住し、動物と交流しながらその暮らしを楽しみます。魚を釣ったり、虫を取ったり、化石を掘ったり、島での過ごし方は様々です。ほかの島のプレーヤーや動物と交流できるほか、季節限定の無料アップデートも定期的に行い、季節にあったイベントが開催されます。1つのゲームをより長く遊び続けてもらうための工夫が功を奏し、ヒットにつながったと言われています。 「どうぶつの森」の世界では、自分の島が無人島から徐々に成長していく様子を見ることができる。 主なクリエイティブプロモーションとしては、ゲームの中のマイデザイン配布ツールで、メトロポリタン美術館が、ゲーム内のマイデザインで所蔵している40万6000点の美術品を公開し、ゲームの世界でもアートの世界を作れるようになっています。自粛期間があり、美術館も閉館していたため、ゲームの世界で美術品に触れて美術館に訪れた気分を味わってほしいということだったのだと思っています。また、有名人でもあつ森ユーザーが多数いたり、YouTubeでのゲーム実況も多く動画があり、コンテンツ性の高さも影響力があると思います。 あつまれ どうぶつの森は、発売当初から11言語に対応しており、全世界のプレーヤーをつなぐコミュニケーションツールとしても機能しており、ユーザーは全世界に存在しています。新型コロナウイルスがいつ完全に無くなるかはまだ分からないし不安も残りますが、あつまれ どうぶつの森はこのコロナ禍の中で多くの人の心身を癒し楽しませてくれたものになったと思います。

11

今回私は(3)のあつまれ どうぶうの森について説明しようと思います。任天堂グループが出しているどうぶつの森シリーズのなかで初めてとなるSwitch版のゲームがあつまれ どうぶつの森です。今までのゲーム版ではその人気からアニメ映画になったり、グッズ展開が豊富にされていきました。今回のあつまれもかなりの人気を博したと言われています。コロナ禍で外に出られなくなった時の発売であったため尚更その人気に拍車がかかりました。あつ森は今までのどうぶつの森とは違う点が多々あります。そのひとつがアップデート機能です。これがあることで今までのどうぶつの森シリーズの問題点であった飽きというものが解決されています。毎年違う年で様々なイベントがあるように設定されています。またもう1つの新機能も人気です。島クリエイターという言葉もできるほど人気になりました。島クリエイターとはあつ森のなかで新しく出来た新機能を使用したもので自分が作った服などをネットを通して他のユーザーに着てもらうシステムです。実際にこれが商売になっているのかは不明ですがとても人気なものであると思います。先程も言ったようにあつ森版のグッズ展開も豊富にされています。あつ森のスマホケースやノートや書籍は勿論、あつ森内で人気のキャラクターに特化した商品も売られています。あつ森に出てくる「ちゃちゃ丸」はぴえん顔で凄く人気になりました。個人的に面白いと思ったのはあつ森モデルのSwitchがでたことです。色もパステルカラーでとても可愛らしくSwitchを持っていた私でも新しく欲しいと思えるものでした。今後のグッズ展開にも期待していきたいです。

12

私は鬼滅の刃に着目して、トランスメディアとしての主要項目について説明していきます。まず始めに、主要項目の1つである、鬼滅の刃の世界構造について触れていきます。鬼滅の刃の世界構造の設定として、時代は大正時代とされていて、大正時代の日本に鬼が生息しているというものです。次に、キャラクターの説明と共に、バックストーリーについても説明していきます。主人公の竈門炭治朗は、元々炭焼き屋の長男として普通の人生を歩んでいましたが、ある日炭を町に売りに山を降り、遅くなってしまったため、一晩山の麓の小屋に泊まり、次の日に家に帰ると、一人の妹、禰豆子以外の一家全員が何者かに虐殺されていました。その後、禰豆子の様子に異変が生じて、禰豆子に襲われかけていると、突如富岡義勇という刀を持った剣士が現れ、禰豆子を討伐しようとしましたが、炭治朗が必死でそれを守りました。その後、炭治朗は富岡義勇の紹介により、鬼殺隊という鬼を討伐する隊の存在を知り、妹の禰豆子を人間に戻す方法を探るべく、鬼殺隊への入隊を果たしました。始めの大まかな流れはここまでにして、次は私なりに捉えた鬼滅の刃のテーマを述べようと思います。その前に、事前の説明として、先程説明した鬼殺隊の柱という階級の、選りすぐりの剣士たちがいるということを紹介したいと考えました。炭治朗も含め、この柱たちの多くも、親族などを鬼により失ったり、鬼関連の出来事に巻き込まれたり、携わる宿命の中に生まれたりなどが、鬼殺隊入隊の理由です。鬼を討伐する際や、戦いの終わりなどに、必ず、家族愛や、師弟愛、友情など、胸が熱くなる様な、込み上げてくるものを感じることができるし、それらが表現されていると感じます。

13

私が選んだ作品は櫻坂46です。トランスメディア・ストーリーテリングにおける世界構築は他のアイドルとは違うものだと思います。特に欅坂時代の「避雷針」平手友梨奈さんのソロ曲である「角を曲がる」などは他のグループにはない唯一無二の世界観があると思います。そして櫻坂におけるテーマは「なぜ恋をして来なかったんだろう?」の歌詞を見てみると欅坂の「自分は自分らしく、他の人に左右されない」などの表現とは全く違うテーマになっているように私は思います。そしてテーマ、世界構築が変わることによりトランス・ストーリーテリングにおけるモードの音楽にも変化が現れたように思えます。欅坂時代にはあまり見られなかった恋愛系、明るい曲が見られるようになったと思います。そしてまだ櫻坂としてのライブは行われていませんがライブを行うことによりファンがその世界を体験をするというトランス・プラットフォームにおける体験メディアの要素を持っています。そして欅坂のMVにトランスメディア・マーケティングにおける自生的に増殖する物語の諸要素を含んでいると思います。特に黒い羊のMVはMV自体がストーリーの様になっているのでファンなどはそのMVを見てコメント欄やTwitter、サイトでの考察がされておりMVから個人によってたくさんの物語が増殖しているように思えます。

14

私は(2)を選びました。 トランスメディアの「物語」については、鬼滅の刃は「生きることと死ぬこと」を正面から描いた作品であると思います。鬼がおり、人を襲って喰らう世界が描かれています。それを防ごうと主人公たちは戦いつづけます。誰もがいつ死ぬかもしれない世界です。勝つこともあれば、敗れることもあります。登場人物が堂々と戦っています。人として、こう生きなければ、とおもわされる姿でもあります。「鬼滅の刃」で戦う人たちは、堂々として正しいです。正しくて、せつないです。そしてさほどに強いわけではないです。そういう物語です。その世界観にみんな惹かれていると考えました。「プロモーション」については、鬼滅の刃の「無限列車編」は原作においては第7巻54話から第8巻第66話までが展開されました。またアニメでは列車にのる直前で終わっており、CMの映画の広告を見ると、先が気になるのでアニメを見ていた人などは映画を見に行きたくなると思います。「キャラクター設定」については、本作を読んでいると、たびたび「長男だから」という言葉が主人公の炭治郎の口から飛び出します。そもそも家族を鬼に殺される前は、炭治郎は年下の弟や妹たちの面倒をよく見ていたエピソードがあります。弟たちにひもじい思いをさせたくないからよく働き、禰󠄀豆子の着物の新調まで考えるくらい妹思いです。そんな環境で育った炭治郎は、長男という意識を強く持っています。そんな頼れる兄貴っぷりが、周りの人間を惹きつけるのかもしれません。それに比べて、妹の禰󠄀豆子は天性の愛されキャラです。愛らしい外見に加え、人間だった頃の素直で気立ての良い性格は鬼になってからも健在です。本来鬼を抹殺する立場である<柱>たちも、禰󠄀豆子のことは可愛がっている様子です。彼女には、愛さずにはいられないオーラが漂っているようです。そんな2人のキャラ設定が、人々を魅了していると思います。「物販」については、「鬼滅の刃」は色々な会社とコラボして商品を売っています。 最近だと、「郵便局限定販売グッズ&切手」、「GU×鬼滅の刃」、「ベビースター×鬼滅の刃」、「ビックリマンチョコ×鬼滅の刃」、「ボトルガム×鬼滅の刃」、「ダイドーブレンド×鬼滅の刃」「ビスケットサンド×鬼滅の刃」、「ローソン×鬼滅の刃」などがあります。「社会的影響」については、いまや社会現象となっている本作ですが、そのあまりの熱狂ぶりに最近は「キメハラ」に悩む人も多いとネットの記事に書いてありました。「キメハラ」とは「鬼滅の刃ハラスメント」の略で、映画を観ていない人に対して強引に鑑賞を勧めたり、観たけど面白いと思わなかったという人に対して、好みを否定するような発言をすることだそうです。

15

私は(3)あつまれ どうぶつの森について説明したいと思います。 まず、3.世界構築、世界観について説明したいと思います。あつまれ どうぶつの森は任天堂作品の中でも人気のあるどうぶつの森シリーズの最新作です。1作目のどうぶつの森は2001年にNINTENDO64向けソフトとして発売されました。内容としてはある村に自分が村長として移住し、個性豊かな村人たちとコミュニケーションを楽しみながら、自分なりに村を発展させていくゲームとなっています。また、この世界は2足歩行で知性を持っているのは人間だけでなく、鳥や哺乳類などが2足歩行の知性ある村人として登場します。しかし、最新作である、あつまれ どうぶつの森(以下あつもり)は一味違った設定がされています。あつもりでは主人公は無人島移住プロジェクトの参加者であり、プロジェクトの運営である、タヌキ開発のたぬきちのお手伝いという形で新しい住人の家を用意したり、島を発展させていくシステムになっています。 次に、4.キャラクター設定ですが、どうぶつの森はシリーズを通して出てくるキャラクターが多く存在し、その中には人気なキャラクターもいます。例えば、前述のたぬきちはシリーズを通してたぬき商店を経営しており、主人公は村の発展に必要なアイテムをたぬきちから購入します。~だなも。という語尾が特徴的であり、シリーズを通して悪徳商人として親しまれています。(あつもりでも無人島に移住後に借金が判明する)その他にも主人公をサポートしてくれる役人のしずえさんという犬がモチーフのキャラもいます。こちらは常に笑顔で可愛らしいので多くの人から親しまれています。 13.物販について 前述したとおり、どうぶつの森はシリーズを通してキャラ人気があり、グッズ展開が多くされています。その多くは子供向けのものですが、昨今のコロナショックによってあつもりが世代を超えて人気を集めたこともあり、ニンテンドーストアにはお皿やコップなどの小物が出てくるどうぶつの森ならではのグッズも多く展開されていました。 20.ブランドの力 どうぶつの森シリーズが売れる要因として、発売元が大企業任天堂というのも一つの要因ではあると思います。任天堂というブランド力があるからこそ、日本だけでなく、世界的にどうぶつの森が人気であるのだと思います。 21.社会的影響 前述したとおり、あつもりは発売時期がコロナショックと被ったこともあり、社会現象となりました。ニンテンドースイッチが全体的に品薄になり、普段からどうぶつの森に触れたことのない人も多く、あつもりをプレイしたことと思います。

16

私は鬼滅の刃を選択し、トランスメディアとしての主要項目の3、6、7、5、10などを選び説明します。鬼滅の刃は大正時代を舞台とした夜のみ活動ができ、人を食べる鬼と人間との戦いを描いた物語です。サブタイトルに日本一慈(やさ)しい鬼退治とあり、これがどういった意味なのか連載中は数多くの考察、議論がなされていました。大まかなストーリーとしてはある日、主人公である炭治郎の家族が鬼によって殺されてしまい、妹だけはかろうじて助かりますが鬼になってしまったため人間に戻す方法を探すために鬼狩りとなり仲間たちと鬼と戦うというものです。鬼となった主人公の妹を殺すべきだと主張する鬼狩りもいて、妹の処遇をどのようにすべきかという主人公の葛藤、どのように人間に戻すかという苦悩、そして人間よりはるかに強い鬼との闘争が描かれています。鬼との戦いの中で主人公たちは強くなっていくことで、強くなる方法や鬼がなぜ誕生したかなどかについてなどが明らかになっていきます。また、主人公たち人間サイドのキャラクターの鬼と戦う理由や過去のことが語られているのはもちろん、敵である鬼のことも深く語られており、私はこういったヒューマンストーリーともいえるようなものがここまで鬼滅の刃が人気になった理由ではないかと思っています。この物語のテーマ、伝えたいことは「困難なことに直面しても諦めるな」だと最終話まで読んで感じました。また、現在公開されている映画の興行収入は国内歴代3位、グッズはすぐに売り切れてしまうなどの社会現象も引き起こしています。主題歌を歌うLisaも紅白出場歌手に選ばれるなど再ブレイクを果たし、多方面に様々な影響を及ぼしています。

17

私は櫻坂46についてトランスメディアとしての主要項目と絡めながら考察していきたいと 思います。櫻坂46はもともと欅坂46であり、欅坂46が改名しできたグループであるとされています。顧客は坂道アイドルが好きなファンであると考えられます。また欅坂46の時代にはいいままでのアイドルになかったような歌詞や音楽にのせて激しいダンスを披露していました。しかし櫻坂46になってからは明るい従来のアイドルのようなコンセプトに変更したと考えられます。トランスメディアとしての主要な要素としてやはりcdの売り方がほかのアーティストと異なっておりとても特殊だと考えます。秋元グループのアーティストはcdに特典を付けることによってcdの売り上げを伸ばしていると考えられます。アーティストと実際に合うことのできる握手券や、ライブ映像を特典として付けているcdやアルバムも発売されておりかなり上手にcdを売り上げていると考えられます。また今年の紅白歌合戦には初出場のアーティストとして出場するので欅坂46から記名したとは言え新しいグループとして活動していくのだと考えられます。またヒナタザカ46とはかつて姉妹グループであったことから、とても関係が深いと考えられます。

18

私は鬼滅の刃を、トランスメディアの主要項目から強みであると考える項目について説明したいと思います。まずは「キャラクター設定」の項目です。理由としては鬼滅の刃は多くのキャラクターが登場します。その多くのキャラクターにストーリーがあり魅力的な点が強みであると考えます。次に「バックストーリー」の項目です。先程もあげたようにキャラクターひとりひとりに重要な過去があり、ストーリー全体を通しても伏線の回収など、見ている人たちを惹き付けるバックストーリーがあると感じます。次に「闘争と葛藤」です。葛藤の部分では、主人公竈門炭治郎は家族を鬼に殺され、妹の禰豆子は鬼にされてしまいます。そこから始まる炭治郎の葛藤がしっかり描かれています。家族を殺した鬼への敵討ちなど鬼という敵との闘争がメインに描かれています。もちろん主人公の炭治郎だけでなくその他のキャラクターの葛藤、さらには敵側の鬼の葛藤も描かれていることが鬼滅の刃の特徴だと考えます。次に「モード」です。鬼滅の刃は2019年4月にアニメがスタートし一気に一大ブームを巻き起こしましたが、鬼滅の刃が人気になった大きなポイントのひとつとして、アニメの色彩の豊かさにあると考えます。鬼に立ち向かう剣士たちは「全集中の呼吸」と呼ばれる技を使うのですが、その技のエフェクトであったり、グラフィックの鮮やかさがポイントであると考えます。またアニメが好きな人なら誰もが知るような豪華な声優陣が作品に彩りを与えていると感じます。最後は「社会的影響」についてです。ご存知の通り、現在鬼滅の刃は劇場版が公開されその興行収入は250億円を突破し公開1ヶ月あまりで日本の歴代3位にランクインするほどの一大ブームを巻き起こしています。今回の映画は無限列車編というお話なのですが、映画に登場するようなSLが実際に運行されたり、主題歌歌手が紅白に出場したりと社会的影響は言うまでもなく大きいと考えます。その他にも鬼滅の刃はトランスメディアの主要項目のほとんどで強さがあると私は感じます。それほど鬼滅の刃は規模が大きく、人気がある作品だと思います。

19

 私は最近一番話題になっている「鬼滅の刃」についてトランスメディアとしての主要項目5つを用いて説明したいと思います。まず、作品と担当者についてです。「鬼滅の刃」の作者自体は世間に広く認知されていないような方だったのですが、漫画を掲載していた媒体が週刊少年ジャンプでした。この雑誌は週刊誌の中でも特に有名かつ人気の雑誌で、輩出している有名な作品の例に「ドラゴンボール」や「ワンピース」などがあります。週刊少年ジャンプを見ているお客様が多いために注目を集める要因になったと言えます。次に世界構築についてです。世界は私たちが知っている大正時代の風景で、廃刀令が出された後という世界観です。知っている風景だからこそ親しみやすさがあったのかもしれません。3つ目にキャラクター設定です。第一話で主人公は鬼によって妹以外の家族を失い、妹を鬼にされてしまいました。この1話の時点で多くの視聴者の同情を生みました。私はアニメを全話見て、映画も見ましたが、全体を通して視聴者に訴えかけるような場面が多く見えました。だからこそ見入ってしまう視聴者が多くなったのではないでしょうか。 4つ目に物販について説明します。鬼滅の刃の商品は現在数多く世の中に出回っており、企業とのコラボ商品等も多く出ています。特に主人公や主要人物たちの羽織をモチーフにした商品が特に人気があると思っています。ここで5つ目の社会的影響も説明します。今話題になっている影響が鬼滅の刃のグッズを買いすぎてお金が無くなってしまうファンが出てしまったことです。Twitterで以前にこのことを「鬼滅貧乏」と言われていることを知りました。  以上がトランスメディアの主要項目を用いた「鬼滅の刃」の説明です。  

20

私は「あつまれ どうぶつの森」を選びました。略してあつ森では、プレイヤーが島民代表となり、移住者やお店の誘致、施設の建設までできるスローライフシミュレーション型体験ゲームとなっています。また、現実世界と同じ時間が流れていて、ゲームという感覚を忘れさてくれるほどの世界観です。現実世界と同じ時間が流れているわけですから、イベントごとに体験できます。あつ森は自分で自由に物語を展開することができます。しかし必要とする時間は少しかかるかもしれません、でもあつ森ではそこがポイントなのかもしれません。コツコツとミッションをクリアし自分で物語を展開していく面白さがあつ森にはあると思います。また、自然と触れ合ったり、家具を作り、流行ったようにDIYなどをすることが出来ます。そして、あつ森は2001年4月に発売されたニンテンドーソフトの「どうぶつの森」のシリーズ版であり、物語が繋がっていて、以前ニンテンドーをやっていた人はより楽しめることが出来ます。あつ森は1本のソフトで、本体に登録されているユーザー最大8人で、ひとつの島を共有して楽しめます。また、同じ島の住人どうしで最大4人でいっしょに遊ぶこともできます。このように他のユーザーも満足できるように考えられています。社会的影響も大きく、芸能人やお年寄りの方もあつ森をしています。

21

鬼滅の刃 1 トランスメディアストーリーテリング 物語の中で様々な描写を最新の技術を使って表現している。 現在に最も人気な声優陣と優秀なクリエイター主導。 企画と生産 ・世界観の構築 ・キャラクター化 ・ストーリーの作成 意図的に想像される物語の諸要素 ・キャラクターたち ・キャラクターの相関関係 ・音楽、色彩などの表現 ・物語のテーマ(人間と鬼の戦いの中での葛藤と、人間同士の友情、愛情) 企画と生産 意図的に想像される諸要素 2 トランスメディアオーディエンス 全世界の小さな子供から大人まで 3 トランスメディア・プラットフォーム ・漫画 ・アニメ ・雑誌 ・キャラクターグッズ ・ゲーム ・展示会、イベント 4 トランスメディアビジネスモデル 全世界の人々に愛される漫画、アニメを制作する ・様々な国の言語に対応した吹替、字幕 ・有名なスマホゲームとのコラボイベント ・過去の有名漫画の記録を塗り替えて社会現象を起こす 多彩なメディアコンテンツとして展開された物語の市場を構築する 参加と消費 自生的に増殖する物語の諸要素 5 トランスメディア体験 アニメ、漫画を通して鬼滅の刃の良さを体験してもらう 先の話が気になるストーリー構成と目を引く映像技術、一流の声優の吹き替え

22

私は鬼滅の刃について話したいと思います。 まず【物語】についてですが、最初に1番の衝撃の「家族の死」が訪れます。その後にも主要な登場人物に「死」が訪れます。しかしそれらの死は全く軽いものではなく、それがあるからこそのキャラクター達の成長へ繋がっていきます。 上記の点は【プロット】として物語の一つの区切りとなっています。そして鬼滅の刃が有名になった背景としてはやはり、【モード】のアニメ化が大きいと思います。漫画も見ましたが、昔の僕たちが「カメハメハー」や「螺旋眼」などの技に憧れたように今の子供達が技の一つ一つに歓喜されるほどの綺麗な映像としての色彩、音楽が漫画で読むよりより圧巻されるので鬼滅の刃の特徴になったと思います。もう一つ【オーディエンスの参加】としては、様々な特徴的だが、応用しやすい服などのデザインやモチーフだと思います。更には今話題になっている映画やそもそもYouTubeなどで映像、音楽、コンテンツに触れる機会が多いと思います。そして最後の項目の【テーマ】は、物語に重なる部分ですが、人間性や命について、伝えられていると思います。一人一人が全く違う性格であるが、お互いを大切に思い、お互い助け合うことや、それでも抗えない事実や死んでしまう人達などが描かれていることにより、様々な感情を感じ取れます。

23

私は鬼滅の刃について書いていこうと思います 世界構築は主人公の竈門炭治郎山奥でくらしていました。そこに突然鬼が現れて炭治郎の家族が襲われてしまって生き残ったのは炭治郎と妹の禰豆子でした。ですが禰豆子は鬼化してしまったのです。鬼は人を食べて生きていく生き物なんですが、禰豆子は鬼になりながらも目の前にいた炭治郎のことを食べずに人を食べない鬼として1人の柱に鬼になったことがバレてしまいました。ですが炭治郎は鬼になってしまった妹を人間に戻すために鬼を倒して人間に戻すための方法を探して行く旅が始まりました。。 鬼滅の刃のバックストーリーには各柱、各鬼ごとにそれぞれあります。鬼と戦う時や死ぬ間際の走馬灯のようにその柱、鬼の過去が流れてそれぞれにそうなった思いや馴れ初めが分かり同情してしまうような話しがとても多いです。 プロットはハッピーエンドで終わります。仲間が多く死んでしまってその度にその人のためにも勝たなくてはいけない。と言って強くなるシーンがあったりします。主人公よりも強い仲間が主人公を助けながらラスボスまで倒していくような話の流れです。 テーマとしては恐らく私個人の意見ですが家族の愛と知性の力そして平和がテーマとしてあるように思います。たった2人になってしまった家族をを守り抜くための力をつけて戦い治すという家族に対する愛を凄く感じられるアニメだと思います。 プラットフォームの関連はアニメで放送されたのは単行本の7巻分程しか放送されなませんでした。続きが気になる中での劇場版が放映されてからは3日で100億円以上の興行収入を収めるほど日本中の人々が気になる程の人気が続いていると思います。まだまだ単行本の数ももあるので早く続きのアニメを見たいと思わせるような伏線が多いなと思います。 生産物は多くの食品や商品、施設などで多くコラボしているものを多く見た事があります。そのコラボしている商品は価格もそれほど高くはなくて手をついつい出してしまうような価格帯だと思います。それに子供も見ているアニメでもあるので子供も親も見ているアニメはすごく少ないと思うのでより鬼滅の刃の商品が多く売れているようにも思います。社会的影響には経済的にも家族的にも良い影響を与えたと思います。経済的にはすぐに興行収入が日本の興行収入の中でもトップクラスにまで登りつめていました。家族的には家族全員が見てしまうようなそんな幅広いアニメだったのかなと思います。

24

(3)あつまれどうぶつの森 トランスメディア・ストーリーテリングとして喋るどうぶつと主人公(自分)といった登場人物がいます。ゲーム内では海や川、木々が生い茂った中で商店があり、そこで自給自足ののんびりライフを過ごせます。BGMはのんびりとした雰囲気のもので、ゲームのテーマにとても合っています。動物たちは日本語を喋るわけではなく、任天堂が特許を持っているどうぶつ語を話します。 トランスメディア・プラットフォームとしては、どうぶつの森はゲームで親しまれていますが、前作では映画化や漫画化されていました。ゲームで登場するキャラクターは可愛らしいものが多く、中には人気がとてつもなくてカードやおもちゃなどが流行りました。 トランスメディア・マーケティングとしては、1番話題を呼んだのは任天堂Switchあつまれどうぶつの森セットです。コロナウイルス感染拡大の影響もあり、生産数が少ない中、需要と供給の問題で多くの人のもとに届かないといったことがありました。発売当時2次市場では1万円以上の付加価値があり、それの影響もあり今年2020年の任天堂は売上をかなり伸ばしました。 どうぶつの森自体昔からとても人気があるジャンルなのであつまれどうぶつの森のソフトやおもちゃを購入した人はとても満足しています。中でもゲーム内のアップデートが頻繁にあり、今までに無かった動きができるようになることも多く、ファンからの支持が高いです。任天堂が出した商品ともいうこともあり、海外でもとても人気があり、今まで以上にブランド価値を上げたと私は思います。社会的影響力がかなりあり、今で言う鬼滅の刃のように一世を風靡しました。

25

私はあつまれどうぶつの森を選択します。どうぶつの森シリーズの世界構築はシリーズおなじみの自分ならではの村を作って、住民とコミュニケーションをとりながら生活をすることです。グラフィックやキャラクターは2001年発売のシリーズ1作目である『どうぶつの森』以降、根本的な変更はされていないように見えます。キャラクターデザインは非常にかわいらしいので、親しみやすいデザインだと思います。日に日にグラフィック技術は向上しているので、最近のシリーズはよりきれいな映像で楽しむことができます。どうぶつの森シリーズのバックストーリーは動物たちと一緒に人間が生活するといった感じでしょうか。むしろあらかじめ用意されているというよりかは、自分でバックストーリーを作っていくように感じます。これはゲームならではの感覚かもしれません。色彩や音楽といったモードに関しては心安らぐようなものが多い印象です。オーディエンスの参加としての観点からは、どうぶつの森シリーズはユーザー生成コンテンツが主な目的であるので、大変インタラクティブなプラットフォームを誰でも利用することができる環境が整っていると思います。具体的に、あつまれどうぶつの森では自分好みの島を作ったり、自分の家の内装をこだわることができます。非常にクリエイティブな要素が多いので、プロゲーマーなどが自身の自信作をTwitterやYouTubeで公開・共有して人々に知れ渡ったことで、あつまれどうぶつの森がとても話題になりました。あつまれどうぶつの森は凄まじい人気のあまり、ニンテンドースイッチが入手困難になるなど社会現象にもなりました。任天堂の中でもこのシリーズはもともと人気作だったこともあり、かなりの需要があったと考えることができます。あつまれどうぶつの森は大変大きな成功を成し遂げたと言えるでしょう。

26

私はあつまれどうぶつの森を選択します。どうぶつの森シリーズの世界構築はシリーズおなじみの自分ならではの村を作って、住民とコミュニケーションをとりながら生活をすることです。グラフィックやキャラクターは2001年発売のシリーズ1作目である『どうぶつの森』以降、根本的な変更はされていないように見えます。キャラクターデザインは非常にかわいらしいので、親しみやすいデザインだと思います。日に日にグラフィック技術は向上しているので、最近のシリーズはよりきれいな映像で楽しむことができます。どうぶつの森シリーズのバックストーリーは動物たちと一緒に人間が生活するといった感じでしょうか。むしろあらかじめ用意されているというよりかは、自分でバックストーリーを作っていくように感じます。これはゲームならではの感覚かもしれません。色彩や音楽といったモードに関しては心安らぐようなものが多い印象です。オーディエンスの参加としての観点からは、どうぶつの森シリーズはユーザー生成コンテンツが主な目的であるので、大変インタラクティブなプラットフォームを誰でも利用することができる環境が整っていると思います。具体的に、あつまれどうぶつの森では自分好みの島を作ったり、自分の家の内装をこだわることができます。非常にクリエイティブな要素が多いので、プロゲーマーなどが自身の自信作をTwitterやYouTubeで公開・共有して人々に知れ渡ったことで、あつまれどうぶつの森がとても話題になりました。あつまれどうぶつの森は凄まじい人気のあまり、ニンテンドースイッチが入手困難になるなど社会現象にもなりました。任天堂の中でもこのシリーズはもともと人気作だったこともあり、かなりの需要があったと考えることができます。あつまれどうぶつの森は大変大きな成功を成し遂げたと言えるでしょう。

27

私は、トランスメディアについて「鬼滅の刃」を用いて説明します。まずは、ストーリーテリングについて。ストーリーは、多彩なメディアコンテンツとして構築することを前提にして作られています。鬼滅の刃にはさまざまな町や山、建物が出てきます。地図はないものの、きちんと鬼滅の刃の中で完全な世界ができあがっています。キャラクター設定は、主人公の炭次郎はもちろんのこと、その仲間や上司、さらには敵キャラクターまで、全キャラクターが愛すべき要素をもったキャラクターになっている点がポイントです。敵キャラにはそれぞれバックストーリーがあり、完全な悪とは呼べないのが人気の理由です。鬼滅の刃のテーマは、友情・努力・勝利という一般的な少年漫画のテーマを含みつつ、家族愛やフィロソフィーなどもテーマになっています。 そして、トランスメディアのプラットフォームについて。鬼滅の刃は、漫画をはじめ、テレビアニメ、ゲームコラボ、映画など、様々なメディアとして展開しています。また、サンシャインシティとのコラボや京都の路面電車「嵐電」とのコラボなど、鬼滅の刃は体験メディアにもなっている。 最後に、トランスメディア・マーケティングについて。鬼滅の刃には意図的なオーディエンス参加が見られます。みなさんもご存じの通り、コスプレやモノマネが大流行するなど、鬼滅の刃は社会現象にもなる程にオーディエンスの参加が活発です。大正時代をモチーフにした、独特のデザインで、多くの人が真似したくなるようなデザインになっており、鬼滅の刃に関しては、オーディエンスの参加は自然発生的というよりも、ある程度意図的に考えられたものだと思います。鬼滅の刃の人気の裏側には、オーディエンスの満足度の高さと、オーディエンスの利用のうまさがあるように思えます。

28

鬼滅の刃は多くのトランスメディアの項目を使用しているものだと思います。まずアニメです。鬼滅の刃は全205話あり、1億部を売り上げています。これは漫画売上ランキングで上位5位に入る売り上げとなっています。次は映画です。映画が公開されてから39日間であのアナ雪をこえる259億円を突破しました。これは歴代映画興行収入ランキングで3位となる利益となっています。この流れだと2位を超えると予想されています。また鬼滅の刃はゲームも出しています。PS4やアプリなど色々なゲームが発売、配信されています。鬼滅の刃の一番くじも発売されています。セブンイレブンでよく見るクジを引いて商品を受け取る一番くじも鬼滅の刃が出始めています。お菓子コーナーに行っても鬼滅の刃とお菓子メーカーがコラボしている商品が多くあったり、飲み物コーナーに行ったらまた飲料メーカーと鬼滅の刃のコラボ商品があり、アイスコーナーを見に行くとアイスメーカーと鬼滅の刃がコラボした商品が置いてありました。どこに行っても鬼滅の刃を見ない日は無いと言っても過言ではありません。そのくらい鬼滅の刃は色々な物や商品、イベントなどに進出してきています。今後も鬼滅の刃は多くのトランスメディアを取り入れて行くと思います。

29

私は「あつまれ どうぶつの森」について説明したいと思います。私が「あつまれ どうぶつの森」に対して感じるトランスメディアとしての主要項目を五つ挙げます。一つ目は、「世界構築」です。このゲームはプレイヤーが自由自在に自分の森や島をデザインできます。したがって、ゲームプレイヤーの人数分の個性あふれる森や島があり、自分好みにできることから、とても人気が高まっています。二つ目は、「キャラクター設定」です。ゲームに出てくるキャラクターは全部で391体もあり、どれも非常に可愛らしいので、それぞれのキャラクターには絶大な人気があります。だから、TwitterなどのSNSでも、キャラクターの絵を描いている人も多く見かけます。三つ目は、「オーディエンスの利用と満足」です。このゲームはクリアエンディングを迎えた後も、やりこみ要素が多く残されているので、いつまでも楽しむことができます。自分のペースで進められるので、プレイヤーの満足度も高いです。四つ目は、「物語内のタイムライン」です。ゲーム内の時間と現実世界の時間は一致しているので、現実での春夏秋冬に合わせて、景色も変化していく様子が見ることができます。また、クリスマスやお正月、ハロウィンなどのイベントの時期になると、ゲーム内でもイベントが開催されるので、ゲームの世界に違和感なく入り込むことができます。五つ目は、「社会的影響」です。このゲームは全世界で約2600万本売れています。テレビでも多く取り上げられ、様々な企業とコラボして商品を作っています。老若男女問わず楽しむことができるゲームなので、これほどの流行になり、社会現象になったのだと思います。

30

鬼滅の刃は元々漫画でアニメ化されました。放送されていた当時も人気はありましたが、急激に人気が出だしたのは今年に入ってからです。理由はコロナの影響でおうち時間が増え、アニメを見る人が増えたためです。今年の10月には続編の映画化が上映され、私もすぐ見に行きました。公開から約1ヶ月で観客動員1750万5285人、興行収入233億4929万1050円を記録しています。また、主題歌を歌うLISAさんの人気がすごくあらゆる音楽番組に出演し、紅白の歌合戦の出場も決定しています。 簡単にあらすじを説明すると、【主人公・竈門炭治郎は亡き父親の跡を継ぎ、炭焼きをして家族の暮らしを支えていた。炭治郎が家を空けたある日、家族は鬼に惨殺され、唯一生き残った妹・竈門禰豆子も鬼と化してしまう。禰󠄀豆子に襲われかけた炭治郎を救ったのは冨岡義勇と名乗る剣士だった。義勇は禰󠄀豆子を「退治」しようとするが、兄妹の絆が確かに残っていることに気付き剣を収める。 義勇の導きで「育手」鱗滝左近次の元を訪れた炭治郎は、禰󠄀豆子を人間に戻す方法を求め、鬼を追うため剣術の修行に身を費やす。2年後、炭治郎は命を賭けた最終関門である選別試験を経て、「鬼殺隊」に入隊する。】(Wikipedia) 鬼滅の刃の人気はすごく、今年のハロウィンは鬼滅の刃のコスプレをした人を多く見ました。それも大人から小さい子供までです。私はハロウィン当日レストランでバイトをしていましたが、コスプレをした子供がたくさん来ました。 アニメの影響で漫画も全部揃え読んでみたのですが、アニメで見る迫力はなく(理解が難しい)アニメってすごいなと思いました。感動することに変わりはありません。ですが、アニメ化したことによって子供にも人気が出たと思いますし、漫画だけだったらここまで人気になることはなかったと思います。 主人公竈門炭治郎の家族愛、鬼になったものの過去、仲間たちとの絆、沢山の心の愛に感動します。一度見たら最後まで見たい!とのめり込んでみてしまいます。先生もぜひ1話から見てみてください!

31

私は、今回の講義を聞いて鬼滅の刃について説明したいと思います。鬼滅の刃についての世界構築、テーマ、テレビ、生産物、そして強みと弱みについて考えました。まず鬼滅の刃の世界観ですが、これは大正時代に当たるそうです。大正時代というのはたった十数年しかなかった時代ですが、鬼がいるかもしれないという人々の言い伝えが残っている時代であり、かつ科学が発展してきている時代であるためあえて大正時代という世界観を用いるのは非常に面白いと思いました。またテーマはタイトルの通り鬼をやっつけるという物語です。最近では映画もやっており、テレビでも再放送をやっているのを見ました。アニメでは地味そうな時代背景がありながら、キャラクター一人一人の個性が強く、昔の日本っぽさが出ていて非常に面白い話だなと思いました。以上の観点から強みと弱みをまとめてみると、まず強みは何と言っても人気だと思います。鬼滅の刃はグッズを出せば、ほぼ確実に買ってもらえるし、今ではたくさんの商品が出回っています。また社会的認知度が高いためあまり広告をせずとも、知ってもらえるという点も強みとなると思います。また弱みは鬼滅の刃のブームが去った後になると思います。人気の状態であえて漫画やアニメを終わらせたりしているのかわかりませんが、ブームが去るのは一瞬なので、そのあとは危険な気がします。今後はゲームやおもちゃにもさらに力を入れていくのではないかと考えられますが、今後の作品をとてもたのしみにしております。

32

今回は、鬼滅の刃に関するトランスメディアの主要項目について解説します。トランスメディアの根幹となったのは、週刊少年ジャンプで連載されていた漫画である「鬼滅の刃」であり、大正時代を舞台に主人公が鬼となった妹を元に戻す方法を探るために戦うという物語です。まず、最初のトランスメディアの項目として登場したのは、TV版「鬼滅の刃」でした。このTV版「鬼滅の刃」では、漫画版で描かれていた細やかな描写を省き、時代描写やバトル漫画の見所である戦闘描写をより詳細に映像化することにより、子供達を中心に人気を集めることが出来ました。また、鬼滅の刃の序盤の最大の山場である無限列車編をTV版ではなく、映画化することにより、ファンの注目を集め続けました。2つの目の主要項目として、映画版「鬼滅の刃無限列車編」が挙げられます。この映画では、漫画版の長編部分である無限列車編を映画だからこそ出来る綺麗な作画で描き、主人公の仲間の一人である煉獄杏寿朗の人となりや戦闘、最期を中心に描きました。TV版の続きとして作成されたこの映画は、原作ファンの他に、アニメしか見ていない人も楽しめるような作りとなっていました。鬼滅の刃は、その後、多数のメディアコンテンツを展開しました。三つ目の主要項目として、公式グッズがあげられます。ローソンでは、映画で活躍した煉獄杏寿朗のフィギュアなどの鬼滅の刃のグッズが当たるよう一番くじを開催し、YOUTUBEやTVでコマーシャルを流しました。そして、4つ目の主要項目は、ゲームです。アニプレックスからは、「鬼滅の刃血風剣戟ロワイヤル」というアプリゲームが年内に配信予定です。このゲームのジャンルはアクションであり、戦闘描写を売りにしていた鬼滅の刃にとって相性が良く、アプリゲームであるため、子供達にも遊びやすいゲームとなっています。最後に、5つ目の主要項目としてあげるのは、SNSによる二次創作といったオーディエンスのコンテンツの参加です。ツイッターやYOUTUBEでも二次創作がはやっており、特に、煉獄杏寿朗の二次創作画像や漫画が多く投稿されています。社会現象となっている鬼滅の刃では、オーディエンスも盛り上がりに一役買っています。

33

私は3番目の「あつまれ どうぶつの森」を題材にトランスメディアとしての主要項目を説明したいと思います。初めにあつまれ どうぶつの森のトランスメディア・ストーリーテリングを考えてみました。「あつまれ どうぶつの森」のテーマは無人島で動物たちとDIYを活用して自分だけの村を作っていくゲームです。トランスメディアとしての主要項目の一つである「キャラクター設定」の観点では、主人公以外は全員動物で斬新な気持ちでプレイできるので個性的な設定と言えると思います。二つ目は「オーディエンスの参加」です。「あつまれ どうぶつの森」のゲームの中には友達と通信プレイすることができるシステムが存在します。友達と通信プレイする事によって一人ではできないことや、友達との友情を育むこともできます。3番目は、「プロモーション」です。任天堂の看板ゲームでもあるこの「あつまれ どうぶつの森」は、CMで外人を起用したり、自身のYouTubeチャンネルで宣伝したりなど、世界に向けて作られていることが分かります。さらに、このコロナ渦によってゲーム業界の需要が上がりましたが、その中でも多くの売り上げを出したのは「あつまれ どうぶつの森」でした。4番目は「必要とした時間」です。このゲームにはエンディングがないので、自分の好きな時間に好きな時間だけ遊べるのも魅力です。五つ目は「ブランド力」です。この「どうぶつの森シリーズ」は発売当初からかなりの注目を浴びて来た作品であるので、その新作が発売するといった事実だけでもかなりの宣伝になっていると私は思います。

34

 私は今回「あつまれどうぶつの森」を取り上げていきたいと思います。そして作品と担当者、世界構築、キャラクター設定、オーディエンスの利用と満足、社会的影響、以上の5つをとりあげていきます。まず作品と担当者について記述していきます。「あつまれどうぶつの森」は任天堂より発売されておりNintendo Switch用ゲームソフトである。プロデューサーは野上恒さん、ディレクターは京極あやさんです。次に世界構築について述べていきます。これまでの動物の森シリーズは「村」が主な舞台でした。しかし「あつまれどうぶつの森」では「無人島」を舞台となっています。プレイヤーは商店や不動産業を営んでいた「たぬきち」が新たに始めた事業「たぬき開発」による「無人島移住パッケージプラン」に参加し、生活を初めていく。舞台が無人島になったことで、何もない場所で一から作り上げるという選択の自由がもたらせることが特徴である。3つ目にキャラクター設定について記述します。「あつまれどうぶつの森」ではプレイヤーが人、キャラクター(他の住人)が動物で構成されている。プレイヤーは外見を好みで選択することが出来、自分そっくりのアバターや好みのアバターを作ることができる。住人は約400種類のどうぶつが登場し、様々などうぶつの顔をしています。4つ目にオーディエンスの利用と満足について述べていきます。「あつまれどうぶつの森」は10代〜30代の男女を中心に普及されている。やりこみ要素が多いため飽きることなくやり続けているらしい。またオンライン状で通信が可能であるため、長続きできる要素の一つになっている。最後に社会的影響について説明します。新型コロナウイルスの影響で自粛生活が余儀無くされたことが引き金となり、多くの人が購入して社会的ブームとなりました。オンラインで通信することが、自粛期間でも友達と遊べるということが購入の後押しにもなったそうです。  拙い説明になりますが、以上が「あつまれどうぶつの森」についての記述になります。

35

私は、あつまれどうぶつの森について書いていこうと考えています。まずはトランスメディア・ストーリングの項目から分析を行っていきたいと思います。まず世界構築ですが、一つの島によって世界を生成しています。球型で表示されているため、一つの島であり一つの星であるような表現をされていて、グラフィックスじたいは老若男女問わず親しみやすいようなものとなっている。登場するキャラクターは主人公となる人間と島に移住してくるものはすべて動物である。それぞれに性格があり、バックストーリもあるため、親しみやすい。このゲームのストーリー自体はかなりシンプルで島に引っ越してきた主人公が魚を釣ったり、果物を収穫しお金を得ることで島を発展させていくというものである。自分好みにデザインできるまたは、ストーリーがシンプルな故、幅広い年齢層から支持を得ているのではないか。次にトランスメディア・プラットフォームを用いて分析を行う。もとはゲームから始まっている。任天堂という大きな枠組みにおいても有名な作品である。ゲームキューブ「どうぶつの森」からDS・Wiiなど端末の変化に応じて作品を出した。近年では映画が製作されたり、任天堂内の他の作品(大乱闘スマッシュブラザーズ)で登場するようにもなった。

36

私がこの3つの中で知っているのはどうぶつの森だけなので(といっても、ほとんどプレイしたことはありませんが)、これについて話したいと思います。トランスメディアのスタートは物語ではあるのですが、「どうぶつの森」シリーズにおいて物語性はあまり重要視されていません。スタート地点こそ、新たな移住者としてその村(シリーズによっては街であったり島であったりしますが)で生活を営んでいくなかで、隣人との交流を楽しんだり、借金返済のためにお金を集めたりするという共通項はありますが、その後の展開の仕方は完全にプレイヤーに委ねられています。「どうぶつの森」というメディアが提供するのは、あくまでその土台と個性的で興味を引かれるようなキャラクターたちだけで、オーディエンスとしてのプレイヤーによって構成される部分が大多数を占めています。また、個人のプレイヤーによってのみならず、複数のプレイヤーが交流を持つことでゲーム性が深まるような場面も多くあります。プレイヤーがよりアクティブにゲームに参加すればするほど、ゲームの厚みが増していくのです。メディアコンテンツとしてはビデオゲームとしてしか存在していませんが、そこに内在している無限とも言えるストーリー性が多くの顧客を呼び込む魅力を持っていると言えるでしょう。近年では、現実世界での季節の移り変わりをゲーム内にも反映することで、それぞれの季節限定のアイテムや風景、キャラクターの行動などがゲーム内で反映されるようになり、より現実での生活と密接にリンクした体験を得ることができるようになっています。最近だと、某議員が選挙活動でどうぶつの森を利用しようとして、選挙法違反で断念したりと、何かと著名人がプレイしていることで話題に登ることも多く、社会的な影響力についても大きなものを持つようになりました。

37

私は鬼滅の刃を選択しました。まず鬼滅の刃とは、週刊少年ジャンプにおいて2016年11号から2020年24号にわたって連載された、大正時代に繰り広げられた人と鬼との闘いを描いた吾峠呼世晴氏の漫画作品です。鬼滅の刃は単行本の累計発行部数が22巻までで1億冊以上の発行部数を誇る超ヒット作品となりましたが、これを牽引したのが2019年4月~9月に放送されたテレビアニメです。アニメ放送が終わっていても何故人気を保てるか、アニメを普段見ない人もみているからといった仮説も立てれますが、これは劇場版の存在が大きく、これが何よりも、単行本への移行を促しました。このように劇場版映画化も大きな影響を及ぼしています。鬼滅の刃は場用映画、漫画とメディアの垣根を越えて世界観や物語展開を矛盾のない形で拡張させる、トランスメディア・ストーリーテリングがされています。つまり、テレビアニメ、劇場用アニメ、そして別冊マンガや場合によっては外伝版小説などの複数のメディアによる展開というトランスメディアが行われているのです。そしてグッズ販売、カフェ経営といったファンへの購買意欲へのアプローチの上手さというのもあり、グッズの展開を進めることで、1期の主要キャラをメインにしたスムーズな販売が出来ています。このように鬼滅の刃ではトランスメディア・マーケティングも行われています。

38

私は、「鬼滅の刃」を選びます。まず、トランスメディア・ストーリーテリングにおいては,主人公が家族を鬼に惨殺され、唯一の生き残りである妹を人間にもどすため、鬼狩りを目指すというストーリーになっています。その中で、敵である鬼にも悲しいストーリーがあるという新しさがあります。そして、老若男女、どんな人が読んでも、主人公の優しさ、兄弟・家族愛、努力の大切さなどが分かるものになっています。トランスメディア・プラットフォームにおいては、漫画・アニメ・映画が挙げられます。2016年に「週刊少年ジャンプ」で連載が始まり、2019年、アニメーション株式会社・ufotableによってアニメ化、2020年に映画化され、コロナ禍においても、大きな話題を生みました。トランスメディア・マーケティングにおいては、豪華声優のキャスティングや、多くの芸能人が「毀滅の刃」について発信したりすることによって多くの人の目に当たりやすくなったということが言えます。また、キャラクターのファンも多くついており、コーヒーやお菓子などのコラボ商品を作ることで、更なる人気が生まれてと考えます。社会的においては、あまり出版物が売れないと言われている時代に漫画が異例の発行部数になったり、多くの人が映画館に足を運ぶなど社会現象と言われるまでの状況になりました。オーディエンスの満足においては、「鬼滅の刃」の映画を観た多くのオーディエンスが号泣するほどでした。

39

私は(2)の毀滅の刃を議題に取り上げたいと思います。毀滅の刃は現在社会現象とまで呼べるトランスメディアだと私は思います。漫画から始まりアニメ、映画など様々な展開をしています。なぜここまで人気が出たのでしょうか?トランスメディアの主要項目を踏まえて考察してみようと思います。まず何といっても一番重要な項目である世界構築ではないでしょうか?あらすじとしては、大正時代、人々に危害を加える鬼が存在した。主人公は鬼とは無縁だったがある日家族を鬼に殺され妹は鬼の力によって鬼にされてしまう。その後主人公は妹を治す方法を探しながら鬼を生み出している敵を倒すといった内容です。このような時代物的な世界観がヒットした一つの原因だと思います。ではこの物語でなぜ大人から子供まで取り込むことに成功したのでしょうか?、次の主要項目は魅力的なキャラクター設定です。デザインはもちろんな事、登城する人物が様々なしがらみを抱えていることも大きいと思います。それは憎むべき敵も様々な事情を抱えていて、読者が感情移入しやすかったと思います。次の主要項目はプロットです。私はこのプロットを物語の流れと捕らえました。鬼滅の刃はこのプロットが読者にとても分かりやすい形で提供されていると思います。次に主導するテーマです。作品を支える物語に沿った一貫したテーマが必要です。鬼滅の刃であれば友情や復讐心などでしょうか。このテーマがはっきりしていないとトランスメディアとして展開してくのは難しいと思います。最後の項目はトランスメディアプラットフォームです。漫画から始まった鬼滅の刃ですが、今ではアニメ、映画、舞台更に2021年にはゲームの展開も告知されています。最近ではたまごっちとコラボして大ヒットさせました。以上がトランスメディアの主要項目からみる鬼滅の刃ヒットの秘訣です。

40

私は、櫻坂46について説明します。 櫻坂46のバックストーリーは、2015年に鳥居坂46メンバーオーディションを通過し欅坂46に名称変更してデビューした1期生21人から始まり、欅坂46としてシングル8枚アルバム2枚をリリースしました。2020年10月13日をもって欅坂46の活動に終止符を打ち翌14日に櫻坂46としてデビューしました。 トランスメディア・プラットフォームのメディアとしては、ワンマンライブを欅坂46として活動した5年間で66公演おこなってます。また、2020年12月8日に櫻坂46としての初ライブを予定しています。 テレビ出演は、東京テレビ系列で放送しているレギュラー番組「そこ曲がったら、櫻坂?」など多数番組に出演しています。 ラジオ出演は、ニッポン放送「櫻坂46 こちら有楽町星空放送局」やNHK−FM「はんにゃ金田と櫻坂46と日向坂46のゆうがたパラダイス」にレギュラー出演しています。 櫻坂はゲームもリリースしています。ライブの興奮、圧倒的なパフォーマンスをリズムゲームで体験できる櫻坂46・日向坂46を応援する公式音楽ゲームアプリ「UNI'S ON AIR」があります。「サイレントマジョリティー」「期待していない自分」「二人セゾン」「ガラスを割れ!」をはじめ、欅坂46・日向坂46の人気楽曲をライブ映像で多数収録しています。 異常が櫻坂の説明でした。

41

上記の3作品について私は、見たことがない或いはプレイしたことがないため、全て外部から得た知識や友達からの話をもとに書きます。私は、3番のあつまれどうぶつの森を選びました。まず、価格について言えば、新品は約6000円で買うことができます。我々大学生や大人は簡単に買うことができる価格設定ではありますが、小中学生にとっては少し高価なように思えます。しかし、この程度の価格なら親に買ってもらったり、お年玉などを使えば簡単に買うことができます。次に社会的影響ですが、このゲームは一時的に社会的ブームを巻き起こしました。よって、学校や職場などでゲームの話をしたり、取引なども行うことができます。従って、このゲームがもたらした社会的影響は大きなものだと言えます。次にキャラクター設定ですが、このゲームに登場するキャラクターは主人公以外は動物をモチーフとしたキャラクターです。なので、小さい子供でも親しみやすいキャラクター設定になっていると言えます。次に必要とする時間ですが、このゲームはプレイする時間が長いほど、より発展した村を構築することができる。ブランド力というのも非常に大きな影響を与える。どうぶつの森シリーズは昔から任天堂の中でも大きな人気を誇るゲームであるため、このシリーズだから購入するという人も多く、任天堂に売り上げに大きくかかわるゲームである。

42

私は櫻坂について作品と担当者、バックストーリー、プロモーション、主導テーマ、社会的影響の要素をピックアップました。櫻坂をプロデュースしているのは秋元康さんであり、秋元さんが作る櫻坂の曲は改名前の欅坂の曲の雰囲気と比較して明るくなった感じがしました。元々、櫻坂の前史である欅坂では、コンセプトが「笑わないアイドル」であり、曲自体も従来の女性アイドルグループを覆すようなメッセージ性の強い楽曲や完成度の高いMV、なんといっても圧倒的センターの平手さんのカリスマ性によるイメージが非常に強いグループだったと感じます。また、デビュー曲のサイレントマジョリティーは社会的影響力を及ぼすほど人気曲となりました。しかし、櫻坂に改名してからはグループのイメージカラーが緑から白に変わり、テレビで新曲を披露していた際には衣装もこれまでの暗めな感じから明るい感じになっており、主導テーマとしては「強く、美しく、共に生きること」をテーマにしています。また、櫻坂のプロモーションとしてはこれまで以上にYoutubeなどのコンテンツを使って曲を配信していき、テレビやラジオなどのメディアに幅広く出演していくと思います。欅坂と180度変わった雰囲気をどのように出していくのか今後が楽しみです。

43

私は、鬼滅の刃でトランスメディアとしての主要項目を説明します。3.世界構築について、鬼滅の刃の舞台は大正時代となっており、海外文化の流入や民本主義の発展により、急激に生活様式や文化が変化していった時代です。鬼滅の刃ではこういった時代に鬼が出るといった構築がなされており、このような世界観の不釣り合いによってフィクション性が増し、読者を魅了させているのではないかと考えられます。4.キャラクター設定について、主人公の竈門炭治郎は、炭焼きを家業とする貧しい家で、6人兄弟の長男として生まれ、生真面目で心優しい性格、嗅覚が優れているといった特徴を持っていました。あるとき、炭治郎の留守中、一家が鬼に襲撃され、妹一人以外殺害されてしまい、その妹も鬼にされてしまいました。炭治郎はこのような悲惨な体験から、鬼殺隊に入隊し、妹を人間に戻す方法を探し続けているといった設定になっています。12.トランスメディアプラットフォームについて、現在鬼滅の刃は、マンガをはじめ、アニメ、映画、ラジオ、カフェなど、幅広いプラットフォームを形成しており、それそれにおいて絶大な人気を誇っています。13.物販について、鬼滅の刃は、数多くの企業と提携しており、様々なコラボ商品が発売されており、中でもダイドーの缶コーヒーは発売開始から3週間で3000万本と、記録的な売上となっています。22.社会的影響について、鬼滅の刃の社会的影響は想像を絶するほどとなっており、幼稚園生から年配の方まで幅広い世代の方が認知しており、一般常識と化しています。

44

私は、「鬼滅の刃」について説明したいと思います。 鬼滅の刃は、「週刊少年ジャンプ」(集英社)にて2016年から2020年に連載されました。その後、アニプレックスプロデューサーがアニメーション企画を立ち上げて、2019年にアニメスタジオ・ufotableの制作によりテレビアニメ化されました。テレビアニメは、漫画の途中で終わっており、今年の10月にアニメの続きとして「無限列車:下弦の壱、上弦の参」を劇場版アニメとして公開しました。 物語は、大正時代を舞台に主人公が鬼と化した妹を人間に戻す方法を探すために、たくさんの鬼と戦っていきます。 テーマは、身体破壊や人が喰われるといった生々しいシーンが多いことや、人間は見方であり鬼は敵であるため殺すべきだという物語の内容から、「戦闘」をイメージしていたのですが、本来の目的は妹を人間に戻すためであるので、家族愛がテーマなのだと感じました。 キャラクターは、人と鬼が大半ですが、鎹鴉という言葉を話すカラスもいます。 モードとして、音楽は大正時代を舞台にしているとのことなので、和風な音楽になっています。鬼が出現しそうなシーンでは、不気味な音楽が使われていることが多いです。家族愛が表れているシーンでは、感動的な音楽が使われています。 鬼滅の刃は2016年から連載されているとのことですが、ここ最近では特に話題に上がっているように感じます。 社会的影響については、鬼滅の刃の映画の総売り上げの上昇がニュースになっていたり、雑貨でも関連グッズをよく見かけるようになりました。これは、鬼滅の刃に関する商品やサービスの需要が高いということを意味しているのだと思います。

45

私は、緊急事態宣言が出ていた間のほとんどの時間を「あつまれどうぶつの森」、通称あつ森に費やしていました。そのため、あつ森についての説明にしようと思います。取り上げる項目は、バックストーリーと価格、必要とした時間、ブランドの力と社会的影響の5つです。どうぶつの森シリーズは、今回の任天堂スイッチのもの以前は、WiiやDSなどでも人気になったゲーム作品です。その内容が自分が村長になったり島民代表になったりし、その場所をよくしていくというようなもので、どの作品もとても面白いです。自分は人間なのに住民は動物であり、しかも自分と普通に言葉を交わすというのがまた面白くてはまる点の一つだと思います。そんな中でも今回のあつ森は緊急事態宣言が出た時期より少し前に発売されたため、自粛期間中の暇つぶしとして爆発的に売れました。今までのシリーズよりもより自由度が高まり、できることが増えたこともあって島づくりにいろいろ工夫を施して各々楽しんでいたように思います。価格もほかのスイッチのソフトと同じほどで特に高くはなかったのですが、ソフトや本体の品薄状態もあり、価格が一部サイトやフリマで高騰していた時期もありました。このゲームは任天堂が出しているものでありブランド力も文句なしだと思います。今回のあつ森が爆発的にヒットしたのは、いろいろな要因が重なったからだと思われます。次の作品にも期待しています。

46

(2)鬼滅の刃 鬼滅の刃の世界構成としては、大正時代を舞台に主人公が鬼と化した妹を人間に戻す方法を探すために戦う姿を描く和風剣戟奇譚となっています。作風としては身体破壊や人喰いなどのハードな描写が多い一方、思わず真似してしまう様な少年マンガ的な必殺技の様なものも多くあります。 キャラ設定は鬼と鬼殺隊という鬼を倒す組織の対立関係はシンプルで入り込みやすく、複数の隊に分かれた鬼殺隊の中で、柱という組織最高戦力と隊員の間で友情やライバル、先輩後輩などの関係といった人情ドラマも物語を深める要素となっています。しかし連載途中まで他の並み居るジャンプ作品と比べて人気は控えめで、絵の描き込みのクセの強さやメインキャラでも容赦なく死んでしまう物語は万人向けともいえず残酷描写の存在も読者を選ぶ漫画でした。しかしufotableという、現在のアニメ制作で主流である「省略する絵作り」を行わない精密で綺麗な絵を描くアニメ会社によるアニメが始まった事により、作品によるハードルが低くなり人気が一気に爆発しました。 物販としては、漫画の単行本はアニメ放送前の2019年3月の14巻の時点で累計発行部数450万部を突破していたが、アニメ放送終了直後の同年9月29日の16巻の時点で1200万部を超え、アニメ放送期間中に750万部累計発行部数を伸ばしました。テレビアニメの相乗効果により短期間で売上を伸ばした形になっています。 社会的な影響としては、『オリコン年間コミックランキング 2019』では期間内の売上部数1205.8万部を記録し、シリーズ初TOP10入りにして初の1位を獲得した。2020年2月10日付の週間オリコンランキングでは1位から10位を本作が独占する史上初の記録を達成しています。 主導するテーマとしては敵味方両方に貧困や悲惨な過去があって丁寧に描写され、鬼としての道を選んだ者たちに理解を示しながらも悪として指弾する健全さなどが書かれています。そのテーマを現代の読者が感情移入しやすく描かれ、今までの格好良さを継承して最新型の暴力表現をジャンプらしい王道ファンタジーとして作り上げられています。

47

(2)鬼滅の刃 バックストーリーと説明。大正時代の日本に人を喰う鬼が存在し、鬼に家族を殺された主人公が鬼を倒すために鬼殺隊という組織に入って仲間と協力しながら鬼を倒すために戦う物語です。 鬼達は人間より圧倒的に身体能力が高く、太陽の光を浴びるか、鬼殺隊の持つ日輪刀という刀で首を切るしか殺す方法は無く、たとえ腕などを切り落とされても再生してしまいます。主人公達はこの鬼達と戦うために、全集中の呼吸という呼吸法によって身体能力を上げて戦います。 キャラクター達。大正時代の日本が舞台のお話ですが、キャラクター達は個性的なデザインをしていることが多く、髪の毛の色や、服の色も派手だったりします。鬼殺隊の中でも特に強い9人は柱と呼ばれ、性格も変わったキャラクターが多いです。また、鬼側にも十二鬼月という12体の強い鬼達がいて、鬼達にも壮絶な過去があり、素直に憎めないような敵として出てきます。 最近話題になっている映画やアニメ、漫画、ゲームが展開していて、その人気からいろいろなグッズが作られたり、たくさんのゲームとコラボしたりしています。最近ではその人気から、ニュースに取り上げられることも多く、それがプロモーションになったりもしています。 鬼滅の刃のOP、EDの楽曲はLisaさん歌っており、この曲を紅白歌合戦でも歌っています。

48

私はあつまれどうぶつの森のトランスメディアとしての主要項目について説明します。あつまれどうぶつの森は、トランスメディアの構成要素である、トランスメディア・ストーリーテリングが大きく機能しています。ゲーム内の島は自分の好きなように形を作ることができ、また、橋をかけたり建物を建てたり、木や花を植えたりして自由に世界構築をすることができます。また、キャラクターも多く存在し、主人公としてその様々なキャラクターたちと会話をしたり、プレゼントを贈りあったりすることができます。動物や食べ物がキャラクター化されているので、親しみやすさを感じます。あつまれどうぶつの森は、自粛期間の最中にとても流行しました。なかなか外に出ることができずに一人で過ごす時間が多い中、ゲームを通して誰かと通信をしたり、外の世界を感じられることが」流行した原因の1つであると考えられます。また、SNSを通してデザインの配布なども行われました。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。