情報倫理とセキュリティ2020後期08表現の自由と沈黙のらせん

表現の自由と沈黙のらせん

前回のForms


そもそも現代社会において表現するとはどういうことでしょう。表現するためのメディアがこんなにも多彩になったのに、なぜ私たちは表現を抑制しがちなんでしょう。自由な表現と道徳、法律、倫理、空気、ルールとの関係を問います。

YsKkxyMiQoGepFoSSxzXtQ_thumb_476a

IMG_1407.jpg

表現の自由 Free Speech

言論・表現とは何か

放縦ではなく自由

滑りやすい坂道の議論

思想の自由市場

感情を害する、害されること:神への冒涜、ヘイトスピーチ

ポルノグラフィの検閲

公共性

沈黙のらせん Spiral of Silence

社会を統合するための同調圧力としての世論

社会は逸脱した個人を孤立させるように脅かす。個人は孤立の恐怖を絶え間なく経験している。孤立の恐怖によって、個人はいつでも意見の風土を評価しようとする。この評価の結果は、公での場での行動、とくに意見の表明あるいは意見の沈黙に影響を与える。

準統計的感覚

多元的無知:自分はそうではないが、誰もが受け入れているであろうと信じる

ニュースの報道
1 議題設定:争点と問題の重要性
2 焦点化:争点と問題の定義
3 評価:意見の風土の創造

メディア効果

IMG_1406.jpg

プロパガンダはどこにある?
洗脳はどこにある?
第4象限に注目

再び表現の自由

ネットワーク社会のフィルターバブル

フィルターをかけるのは誰か? それは何のためか?

監視社会、ビッグデータ、AI、エージェントの不在、システムへの信頼

ブラックスワンと生死を分ける判断

アマンダ・リプリー『生き残る判断 生き残れない行動』ちくま文庫

IMG_1409.jpg

9.11WTC 取材ヘリのRaw映像(無編集)
WTC 1 / 9:00:34am – 10:36:39am / NE, N & NW / Raw Video by WNBC-TV Chopper 4 – Sel. Take 1 of 1
これはずっと後になって公開された、ヘリからの無編集の記録です。授業ではほんの少しだけ映写します。事実はあまりにも残酷なので、地上からの映像ではなく、俯瞰する映像にしました。連絡音声はありますがナレーションも効果音もないものです。ただし、想像力がたくましい人は注意して下さい。当時、私もニュース映像を見過ぎてパニック発作を起こした経験があります。
私たちはなぜ避難を先延ばしにするのか。
否認、正常性バイアス、ピア・プレッシャー
リック・レスコラ:モルガン・スタンリーの警備主任
南タワー22階分 13名死亡 2687名無事
抜き打ちの防火訓練、例外なし
→中間的なシーンを想像しよう!