情報システムの基礎2020後期01私の情報生活

情報システムの基礎2020後期01私の情報生活

20 件の回答

20

応答

平均所要時間: 177 分 3 秒

177:03

完了するのにかかった平均時間

フォームの状態は 終了済み です

終了済み

1. Forms1回分で7点とします。部分点はありません。授業内容を踏まえた上で考えたことを書いてください。下限の字数を決めておきます。500字以上とします。Formsにはチェック機能がありませんので、500字分の◆を課題に入れておくことにします。びっくりしないでください。 ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ 内容はミニレポートになりますが、基本的な文体としては「私」を主語にして「ですます調」でお願いします。あとで共有しますので、私やみんなにラジオで語りかけるように書いてください。 さて、今日の課題です。 この授業は経済学部学部共通科目で1年生向けです。経済学部に設置された情報系科目のスタートラインになる科目です。なので、まず自分の情報生活の現状をまとめることから始めましょう。マシン、回線、アプリ、プラットフォーム、サービス、受信コンテンツ、発信コンテンツ、そして自分の勉強のためにどのようなことをやっているか(やれてない場合はやりたいか)を説明してください。箇条書きではなくラジオトークのように書いてみてください。 締切2020年9月24日午後23時30分。

20応答

ID

応答

私は、自分の勉強環境を整えるために初めて行動したことは、大学受験の時にAO入試で入学したため自分用のノートパソコンを買ってもらいました。家にパソコンはありましたが、持ち運ぶには重たく、家族も使うので自分専用のノートパソコンを買ってもらい今もそのパソコンを使って投稿しています。外でもパソコンが使用できるように持ち運び用のWi-Fiを大学生に入ってから購入しました。これが結構便利で、どんな環境にいてもパソコンを使用することができるし、スマホと繋いで電波が悪い地下のお店などでもスマホえお使用することが出来るのでとてもお勧めです。また、印刷物が多かったのでパソコンからだけでなく、Wi-Fiなどで携帯電話からもコピーができるプリンターを購入しました。学校に通っていた時は電子辞書を持ちあるいていました。電子辞書で検索する方が自分的覚えられると思っています。その他には、講義でレポート課題が出されたきなどのためにすぐに情報収集ができるように経済新聞がスマートフォンで読めるアプリをダウンロードしています。大学に通学していた時は40分くらい電車に乗っていたので電車の中での時間を使って経済新聞を読んだり、読書をしていたりしてましたが通学時間がなくなり、わざわざ時間を割いて新聞を読んだり読書する時間が格段に減ってしまったので、今後はもう少し学びの時間が取れる生活をしたいと思っています。 

私が今の生活の中で最も触れている情報サービスは、YouTubeです。現在のYouTubeでは、娯楽だけではなくニュースから学問までの幅広い分野のチャンネルが存在します。その分野ごとのチャンネルは数え切れないほど存在しており、それぞれの動画によって切り口や解釈が異なるのがYouTubeの特徴です。実際、私も暇な時や、電車での通学時間などはYouTubeを閲覧しており、今では、私の生活には必要不可欠な媒体になっています。特徴で言えばテレビも同じ娯楽の分類ではありますが、私はYouTubeを閲覧し始めてから、テレビを見る機会は一向に無くなってしまいました。理由は、いつでも何処でも自分の見たい時に閲覧できる手軽さと、情報の濃さにあります。昔に比べてYouTubeは広く一般的に知られ、チャンネルを開設する人も増えてきました。そしてニュースや娯楽、学問などの各分野で多くの動画が今も投稿され続けています。それぞれの動画は、同じテーマを切り口を変えて解説したり、自分なりの意見を添えて自分なりの動画を作っています。つまり、YouTubeはテレビとは違って、様々な角度から、議題を見る事ができるのです。それだけではなく、議題となっている分野の専門家などが詳しく説明してくれるなど、普段ではなかな話を伺えないスポーツ選手から、日々の生活やスポーツにおける技術などをほぼ対面の様に伺えるのはこの情報サービスの特徴です。 

私は自分の生活の中での情報収集はスマホで完結できます。今ではスマホはみんなが持っている物です。主にTwitterやTikTokが私の情報の源です。Twitterはトレンドというランキング形式の表示があり、このトレンドに載っている事が今の日本で注目されている事だと思います。この機能によってどのような事件やニュースがあったのかを知ると同時に、世間の人がこの事件に対してどのように感じてるのかも知る事ができます。みなさんもトレンドに載っている事は注目もしているだろうし、ツイートした事があると思います。また、テレビで流れたニュースや生中継放送の動画なども流してくれるので、どこにいても見る事ができます。 また、最新のトレンドや若者に流行っているお店などを知る場合はTikTokやインスタグラムで知る事が多いです。この2つのアプリは多くの人が使っているので情報量も膨大です。 このようにSNSによって使い方を分けています。そして、自分の勉強のために本や新聞を読むようにしています。これもまた、スマホを使います。スマホで本や新聞を購入し、持ち歩かなくともいつでもどこでも読むことができます。スマホの中には膨大な書籍が入っています。今の時代は全てスマホで完結してまうようですね。これは私だけでは無いと思います。 

何を基準にしているのかと言われると困りますが、自分の情報生活についての現状は他の人と比べて良い方なのではないかと思っています。知識面に関しては基本情報技術者の資格(コロナの影響で試験は延期になってしまった)を取るために勉強をしていますし、マシン関係も自分なりに調べて、一度だけですがパソコンを組んだことがあります。やれてないことは強いて言うのであれば発信コンテンツの利用ではないかと思います。 現代ではインターネットが普及して人の意見や作品を簡単に受信することや、逆に自分の意見や作品を簡単に発信することができるようになりました。意見を発信・受信する場所としてすぐに思いつくプラットフォームはTwitterやブログ、作品ならばYoutubeなどが挙げられます。しかしながら、私はこれらを受信コンテンツとして利用することはあっても発信コンテンツとして利用することはあまりありません。する必要があまり感じられないから、誰でも目に触れることが可能な場所に自分の発信物を発信することが怖いから、発信物を作りたいという気持ちやそれを見てもらいたいと思う気持ちがないから、自分が発信をしない理由はたくさんありますが最も大きな理由は何かのはずみで多くの人の目に触れ、多くに人に批判を受けてしまうことが怖いからだと思います。代表的な例を挙げるのであれば、InstagramやTwitterで自分のバイト先での馬鹿な行動を投稿して炎上してしまうといういわゆる「バイトテロ」というものがありますが、これこそが自分にとって怖いものの代表例です。流石にここまであからさまにアウトな発信はしないにせよ、自分では平気だと思っている、または自分では良いものだと思っている作品や意見などの発信物が世間一般的にはあまり良しとされないものであった時に取り返しがつかなくなることは自分にとってとても怖いことです。自分に非がないとしても対照的な思想や意見を持つ人に執拗に絡まれたりしてしまうこともとても怖いです。 しかしながら、自分の作品や意見を他人に評価してもらうというものは、もしかしたら自分の成長や発信物の品質向上に繋がる良い勉強になるのかもしれません。ここまでで、発信することに対する負の側面ばかり述べてきましたが、自分と違う意見や思想に触れることは人間として成長できる大きな機会なのかもしれません。「どんな勉強をしたいか」という題材に無理やり繋げてしまった感はありますが、もし今後自分がカメラで何かを撮ることに力を入れたくなったり、何かに対する意見を述べたくなったりした際はその発信物の品質向上の勉強として発信コンテンツを用いて前向きに発信していきたいと思います。 

私は、ノートパソコンとスマートフォンを利用して情報生活を送っています。無線LANと光回線を使い分けて効率よく情報を得るようにしています。ユーチューブやツイッター、インスタグラム、ライン、ヤフー、グーグル等によって情報を集め、気になったニュースを深く調べていくようにしています。メールは、アイクラウド、ヤフー、グーグル、ドコモ、オフィスのアドレスを持っていて、場合によって使い分けています。私が勉強のために行っていることとしては、ズームの扱いを慣らすことです。前期にズームでの授業が決まってから、友達とズームを使って連絡をとりながら、画面の共有などをしながら今後社会に出たとき、ズームの扱いで困らないようにしています。また、これから勉強していきたいこととして、パソコンやスマートフォンの機能、パワーポイントやワードなどのアプリをフル活用できるようにしていきたいと思っています。パソコンを触る機会を増やしていき、効率よく物事をこなしていけるようにしていきたいです。情報収集についても、今後の人生に深く関わっていくことなので、今の時期から多くの情報に触れ、真偽を見分けられるような力を養っていきたいと思っています。 

私は普段Surface goとiPhone11を使用しています。iPhoneではたくさんのアプリを使用しています。主に受信コンテンツが多いです。動画アプリでは、YouTube、Netflix、ABEMATV、GYAOが入っており、特にYouTubeとNetflixの使用頻度が高いです。またradikoというアプリでラジオを聴くこともあります。私は好きなアイドルがいるのでそのアイドルがラジオ番組に出演したときのみ使用します。主に情報はSNSで得ることが多いです。iPhoneにはTwitter、Instagram、LINEが入っています。TwitterとInstagramはいくつかアカウントを持っており、いわゆるリア垢という、学校の友達をフォローしたり自分や友達の写真をあげるアカウントと、趣味用のアカウントを使い分けています。リア垢はあまり使うことがなく、趣味用のアカウントを見ることが多いです。そのアカウントでは好きなアイドルのテレビや雑誌の出演情報などをチェックしています。世間のニュースや情報を得るときはLINEニュースで見ることが多いです。また日経電子版のアプリも入れているのでそこから得ることもあります。最近は買い物をネットですることが多いので、メルカリ、ZOZOTOWNでよく買い物をします。発信コンテンツは受信コンテンツに比べあまりありません。自分から発信するのはメール、電話、LINEくらいです。TwitterやInstagramは発信することもたまにありますが、基本的には見ているだけのアプリです。他には、カメラのアプリがいくつか入っており、MEGAやsend、Dropboxなど動画などを送受信するアプリもいくつか入っています。Surface goでは主に授業を受け、課題をするときのみ使っています。自分の勉強のためにやっていることは、最近だと日経新聞をアプリで読み日本の経済状況を把握できるように努力しています。しかし多くの情報をTwitterやInstagramなどのSNSで得るため、不確かな情報を多く目にします。そのため情報を見た時点で鵜呑みにせず、その情報の元を辿る癖をつけるようにして、ネットリテラシーを高めたいです。 

私の情報生活の現状は、主にSNSの利用です。その中でも毎日必ず関わりがあるのが、LINE・instagram・YouTube・Twitterです。頻度の少ない順に、どのように私がこれらのアプリを使って、情報を送受信しているか紹介していきたいと思います。まずはTwitterです。Twitterでは、主にトレンド機能を使って、今日本ではどのようなことに注目が集まっているかを知るために使っています。基本受け取ることが中心で、自分から発信することはないです。次にLINEです。LINEは、友人や、バイト先の方などと情報を交換するために使用しています。また、位置情報によって、自分の家の近くで起きた事件などを知らせてくれるので、身の安全を守るための情報の受信もおこなっています。次がInstagramです。Instagramでは、Twitterとは違い、服や美容用品などの流行を調べるために使っています。なぜInstagramとTwitterで分けるかというと、Twitterでは、一度に4枚しか写真を上げることができず、字数制限も厳しいため、Instagramの方が一つの投稿からたくさんの情報を得られると感じられたからです。また、Instagramでのみ、ストーリー機能を使って自分のことを発信する機能を使用しています。最後に紹介するのはYouTubeです。主に美容系、コメディ、ゲーム実況をずっと見ています。自分から発信することはありませんが、おもしろいと思った動画には高評価やコメントを残すことで、視聴者としての関わりをYouTubeを通して行うことができています。このように、主に娯楽でSNSを使っているため、勉強のために使っているようなことはないです。しかし、この現状を上手く使いながら、娯楽としてではなく勉強として、もっとたくさんの機能を使いこなせるようになって、これらのアプリを勉強方面に活用していけたらいいなと思います。 

私は主にスマートフォンでTwitterを使って情報を受信・発信しています。PCは持ち運びと起動させるのが面倒なのであまり使いません。 ドコモ光のインターネット回線で、Windowsプラットフォームを使っています。我が家ではNASを使って共有フォルダから音楽や動画・写真を共有しています。。 Twitterではライブドアニュースをフォローしているため、頻繫に各方面の最新ニュースが流れてくるので、それで情報を得ています。ネットニュースのいい所はすぐに最新の情報が流れてくるところだと思います。ただし情報量が多すぎるのでソースを見つけるのが大変です。また、フェイクニュースを鵜吞みにしないように何個かのサイトも併せて見るように気を付けています。ネットニュースで情報を得ることに慣れてしまうとテレビのニュースの情報が遅く感じてしまいます。エンタメ情報などは特に遅く感じます。もうひとつの情報受信コンテンツとしてYouTubeを活用しています。ニュースチャンネルなどはラジオのようにただ再生しているだけの時もあります。ニュース以外では勉強で分からないことがあれば解説動画を載せている人がいるのでその動画を見て理解に役立てています。 余談ですが最近車を買い替えたので音楽を聴く、ニュースやラジオを流すだけだったAmazon echoが家にいながら車のエンジンをかけたり、エアコンをつけられるようになりとても便利になりました。 

私にとってのYouTubeは私自身の知恵袋のような存在です。なぜなら、私はこれまで多くのスポーツや習い事などをしてきました。そういった中で中学生の時には野球をしながらスイミングスクールに通っていて泳ぎ方のコツのようなことをニュースで取り上げられていてそれを何度も何度もYouTubeで見直すことができ、自分のフォームや知識を増やしていくことができました。YouTubeでは普段、絶対に会えない人や、海外や遠くにいる人の話や動画を見たり聞いたりすることができるのでとても便利です。 しかもこれらを無料でいつでも何回でも利用できるのでYouTubeはsnsの中で一番便利なものでは無いかと思っています。 YouTubeは野球の知識や技術を知ることにも利用しています。高校生の時はYouTubeを利用して色々な練習方法やプロ野球選手の試合など動画を見たり聞いたりして練習していました。 その結果かどうか分かりませんが、甲子園に出場することができました。これほどの影響を与えてくれるYouTubeはとてもすごい物だと思っています。 大学に入った今でもときどきYouTubeの動画を見て野球の知識や技術を蓄えています。 最新のプロの練習風景や試合を見ることができるのでとても便利です。 このような使い方以外にも自分の好きなYouTuberの動画を見たりなど色々な使い方をしています。 

10 

私は一人暮らしで、今のネット環境は光回線です。主に自分専用のノートパソコン(Windows)とスマホ(android)1台を使って生活しています。現在使用しているSNSはLINEとTwitterです(中学生の頃、周りの勧めもあって一時期Facebookをやっていました。)。最近はあまり稼働させていませんが、2年前程からTwitterに専用アカウントを作成し、1つは私の出身県である長野県のよさを広めるツイートを中心に発信し、もう1つでは幅広い社会問題について自分の意見を発信し、他の方にリプライを送るなどして積極的に話し合うものと、使い分けてきました。そしてYouTubeもよく見ていますが、娯楽もののほか、勉強になるような動画も視聴しており、非常に有意義に使っていると思います(オリラジの中田敦彦さんの動画とか見ます)。また、私の部屋にはテレビを置いていないので、PCの検索エンジン(Microsoft edge)にアップロードされるニュース(これがメイン)や、スマホに届くニュースを読んで基本的な時事ニュースを得るようにしています。また、経済ニュースにも興味があるので、日経電子版に無料会員登録をして、ビジネス向け記事を読むこともあります。少し話が変わりますが今後の仕事でWordやExcel、パワポを使いこなせるようになりたい、と思っているため、ショートカットキーやいろいろな小技を覚えて使えるように練習しています。(550字) 

11 

いつもお世話になっております。はじめに、私は、実はこの授業を取るのが初めてではありません。去年入学したときに前期の土曜1限で数回授業を受けていましたが、持病等の健康上の理由で大学を早くに休学することになってしまい、今年再度1年生を送っていることになりました。なので、この授業を受けるのは2回目となります。さて、自分の使っている機材や通信環境等について。自分の通信機材は、前期オンライン環境で授業を行うと通知されたときにこの際、良い機械と通信環境を一式で揃えようと考え、10万円以上のデスクトップパソコンの購入とNURO 光に加入しました。よって、ストレスフリーな環境で授業が受けることができ、環境のおかげかわかりませんが、成績もかなり良く前期を終えることになりました。最後に、自分の勉強のためにやっていることは、まだ実行に移せていませんが、前日もしくは、前の週に次の日や次の週の勉強のToDoリスト5つを作成して、3つ以上を毎週達成することをやりたいと思ってます。このToDoリストは後期の授業課題ではなく、自分のスキルアップにつながる資格の勉強や興味がある知識のボキャブラリーを増やしたりすることをリストの範囲内と設定します。そして、この勉強をスケジュール管理を常に目に見える形にしたいので、teemsを使う予定です。以上が私が今後やりたい勉強と自身の勉強環境です。 

12 

今はiPhone6sとノートパソコンを使っています。家にはWi-Fi回線がありますが、外では4Gです。パソコンはWindows10搭載のdynabookです。基本的に授業はパソコンで受けています。コロナの関係でパソコンを使う頻度がぐっと増えたのもあって、いろいろなツールを使うようになりました。それがメモツールです。最初はevernoteを使おうとしたのですが、いまいち使いこなせないし、iPhoneでの同期が遅く不満だったので、OneNoteも使い始めました。しかしOneNoteを本格的に使おうと思うよりも先にnotionというツールを見つけ、自分にとって使い勝手もデザインも好ましかったので、今はこれを自分に最適化するべくいろいろといじっている状態です。コロナ禍になる前からの話をすると、ツイッター、インスタグラム、LINEといったソーシャルサービスはよく使っています。それから、自分のブログとして3つほどアカウントを持っています。1つは基本的に人のブログを見るためにアカウントを作り、他の2つは自分で発信するために作りました。プライベートなものだとメールはgmailを使います。国学院はoutlookを使うのでそれも使います。これは今OfficeのWordを使って下書きを書いて、コピーペーストして提出します。ほかにも使っているアプリをあげだしたらキリがないのですが、私は色々なアプリやツールにとても興味があるので、試しに入れてみたり、アカウントを作成して使ってみたりということをしばしばやります。これがある意味勉強にもなっていると考えます。プログラミングにも興味があるので、ITパスポートの勉強やプログラミングの勉強はこれからしていきたいと考えています。 

13 

今回の授業にも出てきたYou Tubeを、自分は一番利用しています。自粛期間で時自分の時間が増え、最近は、ただ動画を見るだけでなく、コメントや課金ができるような参加型のコンテンツにもなりつつあると感じています。また、YouTubeやTwitterなどで、誰でも簡単にも情報や意見を出せるようになり、正解にそれほどの価値がなくなってきていて、正解は、無限にあるような気がします。一意見として聞くことが大切であり、人の意見を、自分で消化することが大切だと感じました。また、自分が一番YouTubeを利用している理由は、動画を見るためではなく、音楽を聴いたり、ラジオを聴くことです。動画コンテンツが伸びきったあと、耳に対するコンテンツが伸びるという考えの基、Voicyといったサービスが、少しずつ伸びてきていて、キングコング西野が活用しているため、よく自分もよく利用しているコンテンツです。彼のVoicyの中で話す話題は、本当に勉強になるため、ただ彼の一意見として、自分がランニングをしながらだったり、作業のついでに利用しています。また自分は、サッカーが好きで、サッカー解説者である戸田和幸さんのYouTubeチャンネルを、よく観ています。その中で、試合後に、その試合の感想を一時間近く、作戦ボードを使いながら、丁寧に説明されている動画を、主にアップロードされています。そんなに手間と時間がかかっている動画よりも、戸田さんが時間がないということで、車の中で試合の振り返りをするといった5分ぐらいの動画の方が、再生回数が多かったという事実に、自分は驚きました。戸田さんがただドライブ中に喋るだけで、なんの編集もない動画の方が需要があり、ラジオ的なコンテンツが勢いを増している片鱗を見ました。YouTubeの中でも、ラジオ的なコンテンツしか自分は利用しないことが多いです。そういった中で、自分の勉強などを行なっています。 

14 

私は、パソコンとスマートフォンを利用しています。回線は光回線で、たまにつながりにくい時があったりつながらなかったりしますが、たいていの場合は数分で治ります。また、アプリはパソコンだと最初からダウンロードされているWordやExcel、メール、最低限必要だとされるNorton(インターネットセキュリティ)などしか入れていません。したがって、おすすめのアプリがあれば教えてほしいです。スマートフォンだと、たくさんアプリをダウンロードしていてSNSもやっています。Twitterでいろいろな人の意見を調べたり、インスタグラムで自分の情報を発信し、情報収集したりして活用しています。また、アップルミュージックのサブスクリプションも利用しています。自分の勉強のためにやっていることといえば、YouTubeで授業中に紹介された動画を観たり、実際にあった物事や歴史に関する動画を観て文だけだと想像できないようなことでも動画を観ることによって想像し実感したりしています。Twitterでは日本経済新聞のアカウントをフォローし、ニュースが嫌でも目に入るような感じにして、就活に向けて自分を追い込んでいます。それが、最初は嫌でも見慣れてくるとそのニュースに興味を持ったり、そのニュースに対して他の人の意見も読むことができるので、良い活用の仕方だと感じています。 

15 

ところで、最近回線の良さに驚いています。私が使っているスマートフォンは、昔は電車の中だと回線が止まったり動画のいい場面で止まってイライラすることが多かったですが、ここ最近は5Gといって最先端の通信回線が出てきたり、光回線でネットワークを飛ばして、電波が悪くて困ることがほとんど無くなってきて、より良いサービスを受けることができるようになってきました。今の社会は、情報社会とよく言われます。マシーンで一つ例えをあげると、今話題になっているPlayStation5は、従来のモデルよりも様々なコンテンツを受けることが可能になりました。自分も、マシンに興味がありどんな仕組みでできているのか、どうしてオンラインを障害なく保てるのか、学びたくなり、二年生になって少し勉強するようになりました。PlayStation5は、解像度がなぜあんなに高いのかというと、一つの会社だけじゃなく複数の会社が専門の技術を駆使して作っている体とわかりました。まだまだ、知識不足で何もわかってない状態ですが、大学生活の中でその分野に少しでも詳しくなりたいと思っています。携帯のアプリも年々進歩して行ってると思います。大学の授業もアプリを通して行っていて、アプリは私たちの生活から離せないものになってきました。日常でも、暇つぶし、仕事、授業といった広い分野で今後も進歩していったら今後どうなるのか楽しみです。この授業を通して、情報システムを学んでいきたいと思っています。 経済学部 経済ネットワーキング学科 191446 2年 綾晃平 

16 

私はマシンとしてはまずスマートフォンやタブレット端末、パソコンをよく使用しています。回線では光回線やケーブルテレビ、ADSLを使っています。その中でも特に使用頻度が高いのは光回線です。またアプリとしては最初にWEBアプリケーションついて言及します。スマートフォンで毎時間使っていると言っても過言ではないインスタグラムやツイッターが私にとっては大きいです。他にもGmailやgoogle検索もよく使います。次にパソコンでは課題などを行う際に使うワードや情報収集のために使うGoogle Cromeがあります。Internet Explorerも更に情報を得たいときに使うこともありますが、Google Cromeのほうが私はよく利用します。さらに、プラットフォームとしてはWindowsやAndroidを私は使用します。ちなみにですが、iOSはまだ一度も使ったことがありません。そして、サービスとしてはWindowsサービスを挙げます。加えて受信コンテンツですが映画やテレビ番組、音楽、アニメーション、ビデオゲームがあります。また、発信コンテンツとしては写真が主なものです。最後に自分の勉強のためにどのようなことをやっているかですが、私はテレビをよく見たりSNSを使用したりしています。さらに友達からの影響を受けてそれが勉強に繋がることもあります。また授業をなるべくきちんと受けるということも心がけています。 

17 

以下では私の情報生活の現状についてまとめます。まずマシンについて簡単に述べ、そのマシンで使用している回線・アプリ・サービスなどについて記します。スマートフォンについて、メインではOPPO・A5・2020を使用しています。こちらでは主にLINEや電話、Twitterなどを利用しています。そしてサブのスマートフォンではiphone8を使用しています。こちらではインスタグラムやゲーム、銀行のアプリなどを利用しています。スマートフォンを2台持ちしている理由については、格安の回線にする際にandroidのほうが都合がよいためです。回線は今年、楽天モバイルに変更しました。ちなみにiphoneにはsimカードを挿入せず、テザリングで利用しています。以前使用していたiphoneですが、こちらをサブのスマホとして使用し続けている理由は大きく分けて2つあります。一つ目は単にゲームがしやすいためです。そして二つ目はセキュリティーの面でよいと感じるためです。他人に抜き取られてはいけない情報が入っているスマートフォンを常に持ち歩くのはリスクだと感じます。では次に自分の勉強のためにやっていることについても述べようと思います。主に受動的なコンテンツを用いて勉強することが多いです。Studyingという資格取得の映像授業を使い、宅地建物取引士の勉強をしています。また最近では、ドットインストールを用いてHTMLを極めたいと考え、勉強を始めたところです。それ以外にもTwitterを用いて、勉強などにおける情報収集も行っています。 

18 

最初に私の情報生活の現状についてまとめます。私は、大学に入学するタイミングで両親にMacBookAirを買ってもらったので、それで調べ物をしたりレポートを書いたり授業を受けています。主にGoogleを使用しています。 私は高校生の時、やりたいことがなかったのでなんとなくで経済学部にきましたが、親が自営業ということもあって授業を受けていくにつれて会社の経営状況や会社の会計について興味を持つようになりました。将来は、会計士の職に就きたいと思っています。そのためには、大学在学中に簿記検定などの資格を積極的に取ろうと考えています。資格を取るにあたって勉強しなければいけません。そこで、MacBookAirを利用したいと考えています。最近では、オンラインでの講義などが普及してきているので、パソコンやスマホを利用して隙間時間などにコツコツ勉強してスムーズに資格取得したいと思っています。 また、大学ではいろんな人と関わっていきたいです。サークルに所属したりゼミに入って人脈を広げたいです。その中で先輩方に色々な話を聞けたらなと考えています。大学まで築いてきた人脈は社会に出て無駄になることはないと思います。この授業を通して人脈拡大となる手がかりやきっかけが見つけられたらいいなと思っています。 

19 

私は上京して来て寮で1年間生活してきましたが、入寮してすぐにネットワーク環境を整備しました。理由としては趣味であるゲームをすぐに、快適に行えるようにしたかったからです。そのため回線の契約から必要な設備の準備は迅速に行いました。その結果として現在のコロナウイルスによるオンライン授業化に対して柔軟に対応することができました。 ネットワークの構築は順調に進みましたが私がこれから改善していきたいことがいくつかありますが、特にデバイス関係を改善したいと考えています。現在オンライン授業やワード作業といったことを全てノートパソコン一台でこなしてきなしてきましたが、その結果として使用率の増加、それに伴う酷使が今日まで続いてきました。そうした中でカメラ、マイクが故障し、外付けの物を使っています。今のノート・タブレットPCでもスペックは十分発揮されることはわかりますが、その分汎用性が低いことを痛感しました。後期はほぼオンライン授業のため利便性より安定した環境で授業に集中して取り組めることを優先したいと考えています。そのためにデスクトップPCへの転換を考えています。転換することによって欠点も生まれますが、その分安定した環境、またノートPCではできなかったことにも挑戦できると前向きに考えています。私の情報生活は常に最新への転換、挑戦を積極的に行うべきだと思います。 

20 

私は楽天マガジンを使い、経済系のニュースを主に見ています。楽天マガジンは東洋経済やエコノミスト、ダイヤモンドなど様々な雑誌記事を読むことができます。年会費として4000円ほどかかりますが、新聞や紙媒体の雑誌を買わずに情報を入手できるので非常に便利なサービスだと思います。私は2年でゼミにも所属しており、ゼミの活動をする上で多くの情報を必要とします。また今後英語の学習にも力を入れていきたいと考えており、TOEICに対応する学習アプリを使いたいと考えています。英会話教室に通うことも視野に入れていますが、英会話の場合人から教わることによりアプリケーションの月額会員に比べ多くの費用がかかることが予想されます。例えば私の友人がとあるマンツーマンの英会話教室に通っています。その費用は月4回で25000円と言っていました。それに比べアプリケーションなら月に使い放題で4000円程度で済みます。もちろん人から教わり、1対1で授業をした方が身につくと考える人がいると思いますが、私はやる気次第でなんとかなるのではと考えます。費用も明らかに差があり、この情報化時代にわざわざ英会話教室に言って英会話をする意味はあるのかと疑問に思います。また最近ではSNSやユーチューブで英語に関する情報を発信している人もいます。そのような無料の情報をしっかり入手し、今後自分自身の英語力を伸ばしていきたいと考えています。