シス基礎2020前期10ハードウェア技術Forms12

情報システムの基礎2020前期10ハードウェア技術Forms12
118 件の回答
118
応答
平均所要時間: 105 分 32 秒
105:32
完了するのにかかった平均時間
フォームの状態は 終了済み です
終了済み
状態
結果の表示
Excel で開く

1. 中学生のいとこはiPhoneしか持っていませんが、ユーチューバーになると言い張っています。これからの勉強のためにもなるからということでパソコン一式を買うことになりました。ノートでもデスクトップでもかまいませんが、予算は7万円だそうです。デザイン的にはASUS、Acer、 HP、Apple、Microsoft、Googleの製品がいいとのこと。先生はメーカーサイトでカスタマイズすれば細かいところまで調整できると教えてくれました。オススメのメーカーのオススメのカスタマイズの例を教えて下さい。
118応答
ID
応答
私がお勧めするパソコンメーカーは、HPのパソコンです。ストレスフリーで、CPUとSDDのおかげで通常の3倍起動の速度が早くなります。 性能が高く、一瞬でwebサイトが表示されます。第8世代Core i5、256GB SSD、フルHD液晶のスペックがあれば重くなる事はありません。 
Acerをオススメします。 その中でもChromebook 512が良さそう。 丈夫である程度の防水も付いているので誰でも使いやすいクロームブックだそうです。中学生が使い始めるにはかなり良いと考えます。 ストレージとCPUをもう少し上げるとさらに使いやすそうだと思います。タッチ機能なのでマウスは必要ないです。 
私のオススメはHPの「Pavilition15-cs3000」です。税抜69,500円と、税込だと5000円ほど予算をオーバーしてしまいますが、その価値はあると思います。このパソコンは高速処理のインテルCOREi5を搭載しているので、動画をアップするユーチューバーにはとてもおすすめです。画面の大きさや重さを加味すると持ち運びに最適というわけではありませんが、持ち運びの多い大学生まではまだ先ですし、画面を注視するユーチューバーにとっては、大きめの画面の方が作業しやすいと思われます。また、高スペックなパソコンながら、7万円代で手に入るのには、OfficeHome&Businessが搭載されていないことが要因でありますが、中学生、高校生にはあまり必要では無いことと、大学生になると、大学のアカウントで機能が利用できることから、officeの搭載よりも、パソコンのスペックにお金をかけるべきだと思います。 
iPhoneを持っていることから、連携が容易であることを考慮し私はappleの商品をお勧めします。まず、38280円でiPad(第7世代)のストレージ32GBを買います。さらにこれにAppleCare+という2年間の保証を9240円付けます。それから、ipad(第7世代)及びiPad Air(第3世代)用のSmart Keyboardを18480円で買います。さらにApple認証MFI取得のiPad、iPhoneの両方に接続できるiDiskkの64GBのUSBメモリをアマゾンで3710円で購入します。これで合計69710円となり70000円内に収まります。 
私がお勧めするパソコンはLenovo IdeaPad C340 - プラチナです。 メモリーは8GBでSSDが256GBついています。ソフトウェアとしては、マイクロソフトが導入されていて、指紋センサーで開けることできるというところが決め手となりました。 やはり動画を編集した後は、動画を保存しなければなりません。その動画を保存しておくのがSSDですよね。アップロードしておけばいいとは思いますが、せっかくやるなら動画の頻度を多くした方がいいと思います。なので、たくさんストックを保存しておくためにSSDが不可欠だと思いました。デザインの希望があったのですが、私自身も最初MacBookがいいと思ってましたが、結局のところは、パソコンの使いやすさや、相性を確かめた方が良いと思うので機能を取る方が後々後悔しないと思うのでこのパソコンを選ばせていただきます。 
日本HPの、HP ProBook 430 G6/CT Notebook PC 頑丈でスタイリッシュなスタンダードモバイル・キャンペーン3-Aで、カスタマイズは、OSをWindows 10 Pro(64bit)に変更、メモリを8Gに増やす、ヘッドセットを同封してもらうと、計62200円(税抜き)となり、予算内に収まる。 
わたしのお勧めのパソコンとカスタマイズはHP Pavilion 15-cs3000 ベーシックモデルG2というものであります。osにWindows 10 Home (64bit)というそこそこ大きいものを使います。プロセッサーはインテル Core i3-1005G1 プロセッサー (1.20-3.40/4)[標準]を使います。ディスプレイには 15.6インチワイド・フルHDブライトビュー・IPSディスプレイを使い、画面を上下左右の斜めから見ても色調やコントラストの変化が少ないIPSディスプレイで、より自然な画像や映像を楽しむことができます。液晶保護フィルムもHP Pavilion 15-cs用液晶保護フィルムをつかってYouTubeに投稿する長時間の作業にも目を疲れさせないようにします。オフィスソフトはMicrosoft Office Home & Business 2019を使います。これは従来より使いやすい機能になってるといいます。メモリーは8GB [セラミックホワイト][標準を使います。この高速メモリ(2666MHz)の採用により、PCに負荷の高いソフトウェアの使用時においても、快適な操作環境を実現できます。ストレージは256GB SSD (PCIe NVMe M.2)[標準]です。YouTubeの作業に必要な圧倒的な高速駆動を可能にします。キーボードは バックライトキーボード (日本語配列、テンキー付き)を使い、薄暗いところでも視認性に優れています。HP Wide Vision フルHD Webcam (約200万画素) / IR カメラというものを使い、画質の良い映像をYouTubeで届けることができます。これらのカスタマイズによってYouTuberの活動もパソコンの機能が優れているおかげでとても快適なものになります。 
ユーチューバーとなると、実写かゲーム実況のどちらかに大きく分けられるが、ゲーム実況の場合その分スペックが高くないといけないため今回は実写で撮った動画を編集すると仮定する。まず、動画編集においてCPUとメモリーはかなり重要なため、そこを重視しながら検索したいと思う。税を入れてしまうと7万を超えてしまうが、HP pavilion 15-cs3000はWindows10、core15、少し物足りないが8GBとなっていて最低限必要なものは揃っており15.6インチあるためサイズも大きく中学生が家で編集するには十分だと思う。しかしこれでは、予算を超えてしまうため、同じような条件で予算内に収まるものを探そうと思う。やはりCPUがいいと値段が上がり、CPUが良くても他を妥協しなければならないような製品が多いため、タブレットで編集できるものを探した。商品名がわからなかったが、iPad 10.2インチ 第7世代 Wi-Fi 32GB 2019年秋モデルは値段も4万円以下でsmart keybordを合わせても7万円は超えない。smart keybordに対応しているということでPCと同じうような使い方をすることを前提に作られているため、不便に感じることも少ないと思う。appleなどの携帯のカメラの機能は高いため、直ドリでも一応対応できるため他のコストの削減にもなるのではないかと思う。持ち運びが楽なのも良い点だと感じた。カスタマイズとしては色はなんでもいいが、32GB・Wi-Fi・刻印しないにプラスでsmart keyboardがあれば良いと思う。128GBも必要ないと思いこのようにした。 
予算が7万円もあれば、ハイスペックで実用性の高いマシンが十分に選べると思います。いとこはYoutuberを志しているということなので、動画編集が満足にできるようなのを選ぶべきであると考えます。本当なら拡張性が高いデスクトップを選びたいところですが、Youtuberを志すのであれば出先などでも使えるような、ノートパソコンがいいのではないかと考えます。さて、パソコンで動画編集をすることを考えると、CPUの性能が高いものにこだわるべきだと思います。しかし、パワーのあるCorei7はなかなか高価です。ですので、1世代前のやつを選ぶか下位モデルに妥協せざるを得ないでしょう。また、重たいデータを頻繁に処理するためにSSDを搭載したものが選べればベストですが、これもなかなか高価でしょう。これらを踏まえた上で私がお勧めするのは、HPのHP 250 G7を選ぶことをお勧めします。15インチのノートパソコンで、コスパに優れた1台です。カスタマイズとしては、まず標準のメモリが4GBなのですがこれではWindows10を快適に使うことはできないと思われますし、動画編集をやるならなおさら増やした方がいいと考えるので、1万4千円を追加して16GBに変更します。CPUはCorei7にすると予算を軽々と超えてしまうので、下位モデルのCorei5に1万7千円で変更します。あとはストレージを千円追加でSSDに変更します。これで税込74,580円です。中学生にとってはこれくらいで十分なのではないでしょうか。手頃な値段でそこそこの性能を求めるのであれば、このくらいがいいのではないかと考えます。 https://h20547.www2.hp.com/is-bin/INTERSHOP.enfinity/WFS/Directplus-Customer-Site/ja_JP/-/JPY/DisplayProductInformationForBusiness-Frame?CategoryName=SERI:5150&ProductSKU=BASE:25465 
10 
私のオススメするメーカーはAppleです。Appleではプロセッサを大きくすることで処理速度が速くなります。YouTubeを投稿するさいには必ず動画編集という工程を踏むと思います。その動画編集の処理能力が求められるのであればプロセッサは必要不可欠ではないかと考えます。また、とても多くのYouTubeに投稿する動画をパソコンに保存すると思いますが、容量ストレージを標準の256GBではなく512GBにすることで容量不足になり性能低下を防ぐことができます。たくさん容量を使うと思うのでオススメします。 
11 
オススメのメーカーはHPでしょう。HPはアメリカの大手パソコンメーカーで日本には支社があります。何かあれば国内スタッフがサポートしてくれる安心感が魅力的なメーカーです。そして世界基準でトップレベルのメーカーなので技術力も高く、それでいて価格は控えめで、初心者が使いやすいモデルからゲーミングまで幅広く展開しているので、どのようなユーズでも比較的合致するものが見つけやすいメーカーと言えます。カスタマイズに関しては、オススメのカスタマイズはHDDからSSDへの変更です。起動ドライブをSSDにすると、OSやアプリの起動が劇的に高速化するなど、パソコンをより快適に使えます。あらかじめカスタマイズしておけば、パソコン購入後に交換や増設をするのに比べて手間がかからず、無駄な出費も抑えられます。スペースに余裕のあるデスクトップパソコンなら、HDDはそのままで新たにSSDを追加することも可能。容量とスピードの両方が手に入ります。 
12 
予算7万円でPCを組むのならば、まずOSはWindows、Mac OSの2択だと思います。私はGoogle製品はおすすめしません。Chrome OSなどはソフトの互換性がなかったり、後々困ることが増えてくると予想されます。なので、OSはWindows、メモリ16GB、CPU Core i5以上、ここを徹底して探せばそれなりのPCは見つけられると思います。ストレージは容量が足りなくなったら外付けHDD、SDDを買えば済むので気にしません。予算7万円ですとこういう感じになってくると思います。https://s.kakaku.com/item/K0001218908/images/ またゲームをやりたいければ、グラフィックボードを搭載しているかなども大事になってくるので、PCの購入が初めての人はショップ店員さんなどにPCでやりたいことを説明して、相談するのがおすすめです。しかし、そのお店で出しているオリジナルPCとかをゴリ押ししてくる店員もいるので、何件か周り、スペックを比較して最終的にネットで購入するのがいいと私は思います。私は予算7万円でYouTuberになり、それなりのクオリティの動画を出すというのは難しいと思いました。デスクトップパソコンですと、別途モニター代が必要だったり、そもそも7万円のスペックですと動画の書き出しなどに時間がかかりすぎてストレスになると思います。後々のことを考えると良いスペックのPCを買っておくことがおすすめです。 
13 
動画編集にはWindows搭載のほうが圧倒的に有利という記事を見つけ、HPのメーカーサイトで、個人向け、Windows搭載、ノートパソコンという条件のもと5万円で購入できるHP 15-db1000というパソコンを発見しました。動画を作成するにあたって必要なものはパソコン、ソフト、マイク、カメラなので残りの2万円を使い、ビデオカメラや高音質のマイクを購入することで、7万円以内でユーチューバーになることができます。 
14 
私はメーカーでのカスタムではないのですが、知り合いに専門の方がいるので、自宅のdynabook、Let’s Note3台、タブレットPC2台全てにWindowsプロを入れてもらったりして、増やしたいところは増やし、要らないものは省き、ある意味カスタムしたものを使っています。 様々なサイトを見ましたが、動画の編集となると1番カスタムしやすそうで、容量も増やせそうなAppleが良いのかなと思いました。Windows版のPCだと中の仕組みが複雑な印象があるため、ある程度のWindowsPCの知識がないと理想のカスタムというのは難しいと感じます。しかしAppleは年々新作が出る度本体の値段が上がっているため、カスタムしても7万円では足りない可能性は十分にあります。 そこで、通常のPCをカスタムをするならば、元々容量もそんなに大きくないため機能もある程度のもののみ入っており、値段が抑えられるタブレットPCはどうかな?と思いました。 値段が少しオーバーしてしまうかもしれませんが、AppleであればiPadとキーボードを購入してタブレットPC状態にして外付けHDDを買ったり、その他のメーカーのタブレットPCに外付けHDDなと付けるなどの方が費用を抑えられ、自分の必要な機能を付けられるのかもしれません。 実際私がASUSのタブレットPCを貰った時にHDDがないためiPhoneに音楽が入れれなくなり、外付けHDDを購入したりmicroSD(216)を差し込んで容量を増やしました。総額は本体が新品を譲ってもらって3万円程度で、その他の機材購入と合わせて5万円程度だったようです。 カスタムをするにも本体をある程度の金額に抑え、後から周辺機材を購入する考えもアリなのかなと思いました。 
15 
HPのメーカーのもので、デスクトップを買うようにしました。 本体の値段は40000円です。 そこに、パソコン技術に必要なものは4つほど取り付けたらいいと思いました。 1つめはCPU、2つめはメモリ、3つめはストレージ・SSD、4つめはグラフィックカードです。 CPUについては、どんなに高性能のCPUを搭載していても、メモリが少なければ意味がありません。 メモリメモリは最低でも8GBは載せておくようにするといいと思います。また、予算が幅広ければ、理想は16GBです。 ストレージ、SSDはデータへのアクセス速度が速く、大容量のデータでもスピーディに書き込んだり読み込んだりしてくれます。なので、パソコンやデスクトップには付けておくと便利だと思います。特にYouTubなどの動画編集では大きなデータをやりとりをすると思います。なので処理の速度はとても大切になります。 4つめは必須ではありませんが、グラフィックカードは搭載されていると何かと便利です。 動画を再生する際にスムーズに作業していくことが出来ます。 7万円の予算でこれらの編集処理機能を付けることが、私の1番のおすすめカスタマイズです。 
16 
私は、HPの「ProBook 450 G6/CT Notebook PC 東京生産ベストセラー・ノートキャンペーン-A」(42800円)を選びました。 メモリとストレージは大事だと思ったので、メモリを16GB(+14000円)と、ストレージ1を128GB SSD(+6000円)にカスタマイズしました。合計で62800円で、予算に余裕があるので、HP Bluetooth トラベルマウス(+3800円)を追加して合計66600円になりました。 動画編集やYouTube管理のためにパソコンは必須だと思いますが、やはり、良い動画にするには撮影するカメラなどの機器も重要だと思います。中学生のいとこが、YouTubeを倒してお金を稼ぐことができたら、そのお金でカメラなどの機材を購入したら良いと思います。 YouTuberという夢に向かって頑張ってほしいです。 
17 
 結論から言うと7万円では難しいですが、Youtuberであれば普通の性能のPCでも十分なれるかと思います。そのため予算が7万円であれば、HP ENVY x360 13(HP)がいいでしょう(約7万円)。重量も軽く、windows10のOSに関しても申し分ありません。その上8GBメモリーで256GBのSSDが搭載されているので、機能的にもMacbookやwindows sarfaceなどと比較して遜色がありません。もし低価格でyoutuberになるのであれば、HP ENVY x360 13(HP)を推奨します。カスタマイズも不要です。  では続いて僕のおすすめのメーカーのカスタマイズ例を紹介します。予算は一切考慮していないので、単純に僕のお勧めのカスタマイズ例です。まずお勧めのメーカーとベースのPCはAppleのMacbook proです。Macbook proは元々性能が良いので金額も高額です(13万円〜)。まずプロセッサのグレードをあげます。プロセッサのグレードは、画像や動画編集など重めの作業をする際は作業スピードに大きな影響が出ます。そのため、私が動画編集などをする場合は最大限あげておきます。一番良いもののベースが2.0GHzクアッドコアIntel Core i7プロセッサと呼ばれるもので、Turbo Boost使用時は最大3.8GHz出ます。これを2.3GHzクアッドコアIntel Core i7プロセッサまであげることで、Turbo Boost使用時に最大4.1GHzまで出力ができるようになります。次にメモリを増設します。メモリは増設することで、さらにマルチタスクが可能となるので、生産性を向上させることができます。現状8GBのものを16GBまで増設するのがお勧めです。最後にSSDの容量を拡張するか?と言う点ですが、私は不要だと思っています。なぜなら重要な動画は本体にずっと入れておくと壊れた時が怖いので、保管は全てCloudで行います。iPhoneを持っていればさらに利便性は高まります。200GBは月額400円、2TBは月1200円です。2TBを本体に増設するとなると6万円かかりますが、cloudであればリスクを低減した上で、それが月1200円で使うことが可能です。もったいないので、Cloudに保存することをお勧めします。  以上が私のカスタマイズのお勧め例ですが、あれこれやっているうちに金額が25万円になりました。初期の段階から良いものを追い求めず、軌道に乗ってから買っていただきたい製品ですね。 
18 
YouTubeをやるということなら、動画の編集が必須となってくる。そのために動画編集が可能なパソコンを考えてみることにしました。  動画編集において、重視すべきパソコンのスペックは、CPUとメモリだと思います。 CPUはIntelとAMDが製造していますが、Intelの場合はCore i5以上、AMDなら、Ryzen5以上が必須だと思います。場合によりますが、値段重視な場合は、AMD製を選んだほうが良いかもしれません。  メモリは、最低でも8GBは欲しいです。編集ソフトでAviutlを使うのならば、8GBで十分だと思います。  ストレージは、SSDを搭載したほうが良いですが、予算内で収めるのならば、最低限の容量を確保し、ノートパソコンならば、外付けHDD、デスクトップパソコンならば、増設すればいいと思います。  GPUに関しては、Aviutlを編集ソフトで使うのならば、必要ないので考えません。  OSは、Windowsで考えます。  上記を満たすパソコンで条件に挙げられたメーカーを探した結果、HPはPavilion 15-cs3000、Pavilion 13-an1000、Pavilion Desktop TP01が主に挙げられます。Pavilion Desktop TP01以外は、ノートパソコンですが、Pavilion Desktop TP01はデスクトップパソコンです。デスクトップパソコンの場合は別途モニターが必要ですが、1万円程度で買えるうえに、GPUを搭載しているために複数のモニターでの作業も可能で、メモリやストレージの増設も容易になっています。  Acerの場合は、ASPIRE XCが良いと考えます。Pavilion Desktop TP01のようにGPUは搭載していませんが、これもデスクトップパソコンのためにメモリやストレージ、GPUも増設可能です。  AsusやApple、Microsoft、Googleでは、予算内の条件に合うものが無かったので、YouTubeを始め、動画編集を行うならば、上記に挙げた2社のパソコンが良いと私は考えます。  また、chrome OSは、使用できるソフトに制限があります。  ですが、中学生の彼がメーカーにこだわらないのならば、LenovoやBTOパソコンメーカー(ドスパラ、マウスコンピューター、パソコン工房など)でよりコストパフォーマンスの良いパソコンを見つけられたかもしれないです。  BTOパソコンの場合は、知識があれば、細かくカスタマイズも可能です。 
19 
 実際のところ、本気でユーチューバーになる、つまり動画制作や配信を行うのであれば7万円で安物を買うよりも最低でも15万円程度は出して機材もきちんと揃えるべきだと思います。所謂BTOパソコンを購入すれば、必要に応じてスペックを調整出来るので費用対効果も高いですし、デスクトップパソコンを購入すれば古くなってもパーツ毎に交換すればいいので、最終的にかかるコストも低く済みます。本当の意味でコストパフォーマンスを求めるなら多少の初期投資をしてきちんとしたものを買うべきです。しかし今回は課題なのでとりあえず妥協して、メーカーのサイトで買えるものの中で考えたいと思います。メーカーに関して言えばどれもそれなりに名前の知られているメーカーなので好みの問題になって来ると思います。それよりは純粋に価格とスペックで見比べるべきです。カスタマイズに関して言えば、やはり7万円以下で変更できる項目はofficeソフトをつけるか否か程度のことしかなかったので、今回は言及しません。動画の撮影・編集・投稿・配信などを行うにあたって必要なのは、CPU・GPU・メモリ容量・HDD容量・回線速度などのスムーズな作業を助ける部分です。Macは予算的に厳しいと思います。ipadとchromebookはクラウドストレージタイプなので本体ストレージが小さいです。好みの問題ですが、動画を扱うなら本体ストレージは欲しいところなので、個人的にはHPのサイトなどで売っている6万円から7万円ほどのノートかデスクを買えばいいと思います。デスクなら後で必要に応じてパーツ毎にアップデートも出来ます。予算的には組み合わせやカスタマイズで買うよりは、一つの製品として売られているものの中でスペックを見比べて選ぶのが妥当だと思います。 
20 
中古のビジネス用のノートPCを購入し、余った予算で後付けHDDを購入することをお勧めします。 
21 
本当はこの先のYouTubeの編集などを考えると、処理速度が早いAppleのMacBook Airの13インチで1.1GHzクアッドコアCore i5プロセッサ、ストレージが256GBを選びたいところだが、これだと予算の7万円以内に収めることが不可能である。そこで僕が選ぶのはHPである。HPはアメリカのパソコンメーカーであるが自分がこのメーカーを選んだ理由は、ディスプレイとして自分も使用しているからだ。発色が良くなかなか処理速度も早い。今回選ぶのはその中でもcore i5でSSD 512GBの外付けHDDが1TBついた「HP Pavilion 15-cs3000 」をお勧めする。これからパソコンを始める人向けのエントリーモデルで使いやすく価格も69500円と予算以内である。デザインは白と紺の2色しかないがまあYouTubeの編集ならそこは重要ではないだろう。何よりも魅力は外付けのHDDが1TBあることだ。動画はかなり容量を食うのでこれだけの容量があれば困ることはないだろう。 
22 
オススメはASUSです、ASUSはマザーボードからGPU、モニターなどの周辺機器まで手掛けているトップブランドです。オススメのカスタマイズは、CドライブをSSDにすることです。SATA接続のSSDで構いませんが、近年SATAとNVMeの金額の差がなくなってきてるので、NVMe接続のM.2SSDをCドライブに設定することをオススメします。 
23 
おすすめのメーカー:ドスパラ OS:Windous10 CPU:Corei7-3770 グラフィックス:GeForce GTX 1650 4BG ベンチマーク:3227.0 
24 
予算は7万円で、レノボのThinkPad E14 Gen2 (AMD)14インチタイプのノートPCをお勧めします。高性能な最新のRyzenシリーズ搭載で、さらにMILスタンダード準拠の高い堅牢性が特徴です。ThinkPad E14 Gen2 (AMD)では、第3世代のRyzenモバイル4000シリーズが使われています。Ryzen 3 4300U搭載の試用機でベンチマークテストを行なったところ、非常に優れた結果が出ました。CPUの総合性能を計測するテストでは第10世代Core i5と同等クラス、負荷の高い作業で求められるマルチコア性能のテストでは第10世代Core i7と同等クラスです。RyzenシリーズのなかでRyzen 3は下位クラスに位置づけられているのですが、インテルの中上位クラスであるCore i5 / i7と変わりません。負荷の高い作業でも、快適にこなせます。値段を考えると、非常にコスパの高いCPUです。普段使いやビジネスはもちろん、ユーチューバーにとって、普通の動画編集や写真加工にも利用できます。ボディには質感と剛性 (ねじれに対する強さ)に優れるアルミ素材が使われており、安っぽさは感じられません。画面の大きさは14インチです。ノートPCの主流である15.6インチよりもひと回り弱小さいのですが、それほど画面が小さくは感じません。ThinkPadシリーズと言えば、キーボード中央の赤いトラックポイントが特徴です。マウスパッドと異なるのは、キーボードを利用している最中でも手を大きく動かすことなくカーソルを操作できる点です。慣れると手放せなくなる人もいるほど便利な機能です。値段に対してCPUが驚くほど高性能です。最安のRyzen 3モデルはギリ5万円台で、メモリーを8GBに増設しても税込6万3000円程度です。ベンチマークテストでは、10万円台のCore i7相当のスコアが出ています。Ryzen 7ならCPUパフォーマンスはゲーミングノートPC並みです。しかもそれだけ高性能であるにも関わらず、本体はコンパクトでバッテリーも長持ちになります。 
25 
私のおすすめはAppleのMacBookです。かなり有名ですが薄くて持ち運びにも便利ですし、YouTubeをやりたいのであれば、今有名なYouTuberは皆MacBookを使用しています。予算も足りるのでいいと思います。 
26 
ユーチューバーになるのであれば、動画編集が出来るくらいのスペックや環境が必要となるので、クロームブックなどではコストは安いが役不足なると思われる。また、新品にこだわるのであれば、Appleの製品は7万の予算では購入ができないと思われる。ユーチューバーのジャンルにもよるものの、ゲームなどを配信するのであればゲームも実行しながら録画する必要があるので、それなりのスペックが求められる。ノートパソコンでそのスペックを求めると10万以上のノートパソコンとなるので、デスクトップパソコンにすべきである。大体DELLから2万円台で販売されているので、予算も安く抑えることが出来る。しかし、サポートが不十分なので初めて購入する人やそちらの知識が乏しい人は日本語のサポートが手厚いメーカーを選ぶべきである。それを踏まえた上で、私はマウスコンピューターの「LUV MACHINES Slim ARS320E2N-M2S2」にCPUをAMD Athlon(TM) 200GE プロセッサーからAMD Athlon(TM) 3000G プロセッサーに変更し、19.5型の液晶(iiyama ProLite E2083HSD-2)を付けたカスタマイズを勧めたいと思う。マウスコンピューターは国内で製造しているため、サポートも日本語対応している。スペックとしては日常で使う面においても問題なく、動画編集も低画質のゲームなどであれば問題なく使用できる。もし今後グラフィックの高い高画質のゲームをする際も、メモリの増設やグラフィックボードの増設を行えば良いので、自分のスタイルに合わせたパソコンを作ることが出来る。コンパクトタイプのため、何か不具合や増設を専門家に頼みたいときも簡単に行うことが出来て、初心者にも優しくなっている。 動画編集するほどであれば10万円くらいのパソコンを見積もったほうが良いと思われるが、勉強など日常生活にも申し分ないほどの性能で、FPSなどのゲームでなければ動くくらいのスペックであるため、このカスタマイズが良いと思われる。 
27 
私は、dosparaというサイトから探しました。私は、Windows10proのALTAIR VH-AD3Sを選びました。値段が29,980円で、メモリが4ギガバイトで、ストレージは64ギガバイトです。CPUがCeleron N3450で、グラフィックスがインテル HDグラフィックス500です。 
28 
HP 250 G7/CT Notebook PCがいいと思います。合計金額は66,880円です。OSはWindows 10 Home(64bit)(日本語)です。プロセッサー/ディスプレイはインテル(R) Celeron(R) N4000 (1.1-2.6GHz) /15.6インチワイドHD (1366×768) ディスプレイです。WebカメラはHP TrueVision HD Camera(約92万画素)です。オンライン授業もパソコンで受講できます。メモリは4GB(4GB×1)DDR4-2400です。ストレージは500GB HDD (5400rpm)です。無線LAN/BluetoothはRealtek 802.11 a/b/g/n/ac(1x1) + Bluetooth 4.2です。バッテリは高耐久性バッテリ(3セル Li-ion) 41Whrです。外出の時もパソコンが利用できます。 オフィスソフトはMicrosoft Office Personal 2019 (日本語版)です。ユーチューバーにとっては、オフィスソフトとグラフィックカードが必要だと思います。しかしオフィスソフトの値段がとても高いですから、7万円の予算なら、グラフィックカードと両方同時に満足できません。 
29 
Lenovo Ideapad 330S Core i7・8GBメモリー・256GB SSDの製品がいいと思います。特に重視した点はCore i5以上のもので、メモリーも大きい方が快適に動画編集が出来るであろうから、最低ラインの256GBは確保できた方が良いと考えました。あとは値段との相談になりますが、7万円でちょうど良いスペックのものがあったので、これをお勧めします。 
30 
私のオススメのメーカーはAppleです。理由として挙げられるのは第一にスマートフォンがiPhoneであるというところです。撮影をするにあたってiPhoneとの動画共有が早く編集作業に時間と手間が大幅に省けるというところも魅力があります。iPhoneに接続していればほとんど全ての情報は共有されます。スマートフォンの中にある欲しい情報が瞬時に引き起こされデータ転送のラグが少しでもなくなると考えております。YouTuberを目指すにあたってアップル製品を使っている有名人は多くいます。動画編集作業を1から学ぶにあたって学びやすさは高いのではないでしょうか。次にデザインがスタイリッシュで使っていてかっこいいというのが挙げられます。シンプルなデザインで日本人に好まれているアップル製品は動画作成のモチベーションを保つのにも一役買ってくれるのではないでしょうか。次にカスタマイズの点においてですが、私がパソコンを買うときに調べたもので動画編集をする際にはGBは販売している中で1番高いものを選ぶと良いと思います。動画編集をする際に読み込み時間はできるだけ少ない方が快適です。動画を保存するのに多くの容量も消費します。パソコンだけの容量で足りないのであれば外付けハードディスクを購入すると良いでしょう。ハードディスクにもHDDとSSDがありSSDの方が故障しにくく処理能力も早いという点があります。容量は少ないので外付けハードは必要になりますがこちらの方がもしものことがあったときに壊れにくいのでデータが飛ぶ心配もありません。CPUは第10世代のIntelcorei7か5が良いかと思います。コア数が3より多く処理能力は高く重い作業でも難なくこなしてくれます。 
31 
私は、パソコンを選ぶときに性能を重視して考えます。スペックが足りないと処理が追い付かずパソコンがフリーズしてしまう可能性があるため、性能は高ければ高いほど良いと思います。動画作成には、CPUはCore i5以上、メモリは16GB以上、ストレージは1TBあれば十分と一般的に言われています。CPUを使って動画の出力を行い、メモリを使ってCPUが計算した結果を一時的に保存するため、メモリの容量が少ないと、CPUの性能がどれほど優れていてもその性能を発揮できないため、動画編集をメインでやるのであればメモリは最低でも16GBは欲しいと考えます。しかし、予算が少ないため、メモリを増設できるタイプのパソコンを選び、あとからメモリを増やせるようにしておきます。ストレージは計算が終わったデータを保管するのに使用します。ストレージが少ないと編集し終わった動画を保存することができないため、1TBあれば安心だと思います。また、動画編集はパソコンをフル稼働させることの多い作業で、発熱しやすいので、予算に余裕があればファンが強力なものにカスタマイズします。私は、hpのhp ProBook G6 Notebook PC にしたいと思います。カスタマイズはCPUはCore i5、メモリは予算の関係上4GBであとから増設します。ストレージは500GBにします。 
32 
AcerのAspire 3 A315-56-H58U/Kをおススメします。 カスタムをしなくてもメモリは8GBあるので十分に足りると思います。また、CPUはYoutubeを行うのに必要最低のCore i5 7970。ストレージの容量はM.2 SSD:256GB。これらのスペックで、値段は現在、価格ドットコムで¥69,800で購入することが出来ます(税込み)。 
33 
Apple製品つまりMacBookだと最低のモデルでも最新機種は10万を超えてしまうし古いモデルでも7万では買えないのでGoogleChromebookなどのGoogle製品を買うことをお勧めします。(Surfaceも10万は超える)知り合いにチャンネル登録者10万人を超える知り合いがいるのですがやはりアップロード時間の短縮化や編集のしやすさなどがYouTubeをやるにあたって必要なのでCPUをワンランク上にカスタマイズすることをお勧めします。カスタマイズはカスタマイズ工房といった会社や電気屋さんでやってもらえると思います。 
34 
HPの[セキュリティ対策ソフトセット]HP15-db 1000ベーシックモデルネット、メールなど普段使いに最適なコスパに優れたスタンダードパソコン!キャンペーンを選びました。 カスタマイズは二つあります。一つ目にストレージを256SSD から、128GB SSD+1TB HDDにします。二つ目にホントに!何でも相談デラックス 電話&LINE一年用というサービスをつけます。 以上で税込み合計金額は69,190円です。 HPを選んだ理由は、アメリカのメーカーでありながら、東京工場がありサポートが他社メーカーよりも充実していると考えたためです。 一つ目のカスタマイズとして、ストレージにHDDを付けた理由は、動画編集にはSSDの読み込み速度よりも容量が必要であるからです。 二つ目のサービスはオペレータがパソコン操作で躓いたときにリモートサポートをするものです。今回の対象者は中学生と言うことと、勉強のためにもなるという目的があり、本人が自力でパソコン操作を理解していくには、このサポートは適しているのではと考えました。 
35 
HPのノートパソコン42800円 ヘッドセット+2400円 クリーンインストール+2000円 リカバリDVD+4000円 クラウドストレージ一年版+5400円  モバイルパワーバンク+7200円 ヘッドセットとモバイルパワーバンクはユーチューバーを続ける時用 クリーンインストールとリカバリDVDはやめる時用。  
36 
デザイン性とソフト(adobe製品を仮定)を考慮してMacbook Pro2015を中古で買う。 2015モデルは最後のUSB-Aのタイプであるため、ゆくゆく使うであろうUSBメモリや外付けHDDなども扱いやすい。 届いたら、アップルストアへ持ち込み、予算内で許される限りのメモリを増設する。 動画編集には最低でも16GBのメモリがあった方が安心であるからだ。 
37 
予算的にHP(ヒューレットパッカード)のノートパソコンにします。(ちなみに私も動画編集する際、HPのPCを使用しています。)スペックは動画編集することを考慮してCPUはインテルCORE i7以上にします。これは、動画編集における重くなることを最小限避けるためです。ハードディスクとSSD内蔵で前者の容量を1TB、後者を516GB の容量にカスタマイズします。動画をPCのフォルダに貯めようとするとすぐに容量が埋まってしまうので、たくさんの動画を保存できるよう保存キャパも意識すべきだと思います。(別途外付けでハードディスクを取り付けることも可能です。)またスクリーンサイズは編集のしやすさを考慮して、15インチ以上がお勧めです。細かい編集をする際は表示領域が広いほうがかなり効率が上がります。他のスペックはあまり考慮しなくても大丈夫だと思います。USBポートやデータ貯蓄系は外付けで臨機応変に対応できるからです。ユーチューバーになるうえでのPC選びに注目すべき点はCPUプロセッサー、ハードディスクの容量やSSD搭載かどうかです。ここは重たい編集作業になキーポイントになると思います。何を優先すべきか分からない方はCPUだけでも最低限優先して決めれば大丈夫です。CPUは人間でいう脳みそのようなもので数値が高ければ高いほど処理スピードが速くなり、作業効率が上がります。 
38 
動画編集にはそれなりに高性能なCPUやグラフィックボード、大容量のSSDやHDDが必要になりますが、これを7万円でクリアするのはかなり難しいことです。いろいろ検討した結果、Chromebookにすることにしました。あまり高性能でないモデルでも、Andoroidの動画編集アプリならそれなりに高速で動かすことができるらしく、同価格のものよりも使用したときの性能は高くなると思ったからです。また、Googleドライブなどのクラウドサービスを使うことで本体のストレージをそこまで大容量にしなくてもよくなり、価格を下げることができることもGooglebookの強みだと思います。選んだのはHPの「Chromebook x360 14b-ca0000TU」です。価格は税抜きで50000円と安く、同価格帯では珍しくメモリが8GBあるので採用しました。WindowsOSに比べてできることやソフトの選択肢は減りますが、動画編集と勉強に使うだけであれば問題ないと思います。また、安く抑えられたので、残った予算を撮影機材や環境などに使うこともできます。 
39 
私は、中学生がユーチューバーになると、言い張り、動画を撮って編集するという工程を考えるとあまりにも安いPCだとデータの処理が対応できないのではないかと考えました。そこで、PCをレンタルしようと思います。 その場合、中学生の学びとユーチューブ製作を一度半年間の6か月の期間をもって想定しようと思います。 パソコンレンタル Core i5 特価モデルでは、一か月間で7,200円ですので、それを半年間で43,200円。そして、動画編集でAdobe premium proを使用する場合、学生は年間プランの月々払いが1,980円、半年間で11,880円、この二つを足して55,080円。これを半年間使用してもらい、使い勝手や相性などを確かめながら、使っていけると考えました。ユーチューブ投稿はiPhoneで撮影し、premiumproで編集。勉強にもレンタルPCで使用可能でデータなどはクラウドに入れていけば、まず重くならずにストレスなく使用できると思います。 参考資料) https://item.rakuten.co.jp/rentalman/c/0000001747/#plus4w 
40 
まずはデスクトップPCのほうが拡張性もあり良いだろうと思いデスクトップPCから探し始めました。ドスパラやパソコン工房など様々なBTOパソコンショップがあります。その中で私が選んだサイトは「パソコンショップSEVEN」です。その中で今回の条件に合わせようとするとPC「一式」という条件しかおおむね守ることができませんでした。7万円なるべく近づけたセットにはなりましたがこのスペックと予算では動画を撮影、編集し、youtubeに投稿することは難しいと考えます。 選んだPCがこちら(https://pc-seven.co.jp/bto/11429.html)で コアは「インテル® Celeron™G5900 プロセッサー」で ケースはミドルタワーケースの「SAMA JAX-02」、 OSは「Windows10Home」を搭載しています。 電源は「80PULUS Standard 350W電源」 マザーボードは「ASRock H410M-HDV/M.2」 一番の問題であるCPUが「Celeron G1840」と負荷のかかる作業には向かないのが一つ心残りです。またこのCPUにはクーラーがついていなかったため追加で5000円を超えるCPUクーラーを取り付ける必要がありました。 メモリは「CruciaDDR4-266 8GB」でホントは16GBくらいは欲しいものですね。 SSDは「SSD Crucial P2 500GB」と少し多めな気がしますがカスタムでこれ以上少ない値がないため500GBも積んでいます。 HDDは「HDD 1TB SATSA3 6Gbps」で1TB積んでます。 光学ドライブを積んでいないため新規OSのインストールには外付の光学ドライブが必要になります。 グラフィックカードはオンボードグラフィックを採用することでコスト削減をしています。 またモニターやキーボード、マウスもないことを想定し一番安いものを想定しましたがこの3つが原因といっていいほど意外とお高くつきました。 表示価格に送料なども加わるため合計金額は「10万80円」と大幅に予算オーバーしてしまいました。またこのスペックでは動画投稿者となることは難しいと思うので、低予算でPCを組み立てるのには無理があると思いました。 一方PC「一式」を一つにまとめたノートPCだと「パソコン工房」の「STYLE-15FH043-C-UCEL [Windows 10 Home]」が43,980円とお得でした。(https://www.pc-koubou.jp/products/detail.php?product_id=723983&pre=cmm_rck)こちらもWindows10でメモリが8GB光学ドライブ無しなど共通点が多く、CPUも「Celeron N4100」とCeleronシリーズです。ノートPCはモニターもキーボードもマウスも最初からついているのでその分の価格は抑えられます。一方で熱に弱いと個人的に思っています。しかし価格が倍も違うとなれば最初の最初に買うPCとしては後者の方がよいかもしれないと思いました。 しかし別のサイトで「Celeronシリーズでは動画制作はもちろんゲームも音楽制作すら難しい」と書いてあったため(https://fxpc.xyz/cpu/intel-celeron.html)、「Youtuber」という目標を考えると拡張性のあるデスクトップPCをお勧めします。 
41 
私は日頃からMacBookProを愛用しており、中学生のいとこがiPhoneユーザーならApple製品で互換性のあるMacBookAirをおすすめしたいところですが7万円ではまず手に入れることはできません。そこでHP 15-db0000/db1000をお勧めしたいと思います。HPのこのモデルはカスタマイズすることができます。そこでおすすめしたいのがメモリを8GBにすることです。メモリを増設することでYouTuberに必要な動画を高負荷のかかる編集はできないかもしれませんがある程度はできるようになると思います。また、動画を作っていくとすぐに容量が足らなくなると思うのでストレージも増やしたいところですが、外付けハードディスクで十分だと思うのでお勧めはしません。デザインもシンプルでかっこいいと思います。 
42 
まず最初に7万円という少ない予算で買うってことから重要なところしかカスタマイズ出来ないと思うので、YouTuberになりたいということはそれなりのメモリの容量だったりギガ数が必要になると思うのでそれらを重要視して決めるのが第一前提に必要なことだと思う。予算が少ないので限られた事しかできないがそれでも最低限をよくすればそこまで困るようなパソコンにはならないと思う。 
43 
まず、YouTubeを投稿する際に一番大事なのは動画編集です。どれだけおもしろいことをやっても編集がつまらないと視聴者は退屈してしまいます。成功しているYouTuberは皆編集に力を注いでいると思われます。ですので、動画編集ソフトを快適に動かせるだけのスペックを持ち合わせたPCであるというのが絶対条件だと私は思います。動画編集にかかる時間が多いと億劫になってしまうし、しょっちゅうフリーズしているようだと何のために買ったのかわからなくなってしまいます。予算が七万円とのことなので、今回取り上げられたデザインの中で、私はHP Pavilion 15-cu 1000をおすすめします。これはデュアルストレージ(128GB ssdと1TB hdd)による高速かつ大容量というスペックを持っています。メモリーも8GBと申し分なく、CPUを"core i5"にすることで価格を68,000円に抑えることができます。予算の都合がなければ"core i7"をおすすめしたいところではありますが…。同じHPからおすすめできるものとしてHP Spectre x360 15というノートパソコンがあります。メモリーは16GB、ストレージは512GB ssdと1TB hddのデュアルストレージ、さらに解像度が4Kというかなりの高スペックなのですが、価格が190,000円オーバーと予算を大きく上回ってしまうため、Pavilionの方で下積みを積んだ後こちらを勧めたいなと考えております。 
44 
私はHP Pavilion 15-cu1000 スタンダードプラスモデルをオススメします。動画編集をするためにはCPU、メモリ、SSDの性能を特に重要視します。PCのCPUは高ければ高いほどサクサク動きますが、その分お値段も比例して高くなります。予算が7万円なので安くてかつ動画編集に必要な最低レベルのCore i5以上を条件としてPCを探しました。次にメモリです。メモリは小さすぎては保存ができないなど障害が発生するためこれも必要最低限の8GBを条件にしました。また、動画編集ソフトをHDDではなくSSDにインストールすると、データの読み書きが速くなりより快適に編集作業を行えるためSSDが搭載されているPCで探しました。これらの条件の元デザイン面と予算を考慮した結果、7万4000円と予算を4000円オーバーしてしまいますがHPのPCをおすすめします。高校生になってアルバイトなどを始め金銭に余裕が出たらAdobe Premiere Proというソフトを入れたらより動画編集のレベルが上がると思います。このソフトは年間で26160円なので高校生でも手が届く価格であると思います。 
45 
私はHPのHP 255 G7 Notebook PC プライスパフォーマンス・キャンペーン2(192A9PA・A4-9125/4GB/128S/HD/Home)をオススメします。 このパソコンを選んだ理由は、低価格だからです。低価格なので、色々なオプションを付けます。オプションは4つ付けます。 1つ目に、クラウドストレージ(容量無制限) のAOS BOX Cool(ダウンロード 1年版)5,800円(税抜)を付けます。You Tubeにあげる動画などをバックアップするために付けます。1年版にした理由は、ユーチューバーになるのは簡単なことではないので、1年やってみて諦めてしまうのではないかと思うからです。また、中学生なので受験もあるので受験期になったらYou Tubeの撮影や編集の時間がなくなってしまうと思うからです。 2つ目に、HP Bluetooth トラベルマウス3,800円(税抜)を付けます。ノートパソコンで操作するよりもマウスがあったほうが操作しやすいのでマウスを付けます。線があると邪魔なのでBluetoothのマウスを選びました。 3つ目に、HP ステレオUSBヘッドセット2,400円を付けます。ヘッドセットは編集やゲーム実況をやるときなどに使えるからです。 4つ目に、HP 21.5インチワイドIPSモニターN220h(HDMIケーブル付き)11,760円を付けます。これを付ける理由は、ノートパソコンの画面は小さいのでモニターの画面で編集をしやすいと思ったからです。 4つオプションを付けた合計は53,560円で、それに配送料・小計・消費税をプラスすると62,216円になり予算7万円で買うことができます。 私のオススメはHPのHP 255 G7 Notebook PC プライスパフォーマンス・キャンペーン2(192A9PA・A4-9125/4GB/128S/HD/Home)で、その他にオプションをプラスしました。 
46 
私はAcerのパソコンを推奨します。理由は2つあります。1つ目はなんといっても【コスパ】がとても凄いからです。50000円以下と非常にリーズナブルな値段なうえに、高性能で持ち運びやすいという特徴があります。 2つ目は【cpu】が高い点です。cpuとはメモリーやハードディスクと並んでコンピュータを構成するデバイスのことで必要不可欠です。パソコンの頭脳とも呼ばれる部分であり性能が高いほど処理するスピードも伴って早くなります。 データ保存に使用するSSDは非常に容量が少ないという欠点があるのでその部分を HDDにするなどのカスタマイズをすることも必要であると思います。 
47 
Slim Magnate IMをオススメします。 Windows 10 Home 64ビット (ディスク付属) CPU インテル Core i5-10400 (2.90GHz-4.30GHz/6コア/12スレッド) グラフィック インテル UHDグラフィックス630 (CPU内蔵) メモリ 8GB DDR4 SDRAM(PC4-21300/8GBx1) → 16GB DDR4 SDRAM(PC4-21300/8GBx2/2チャネル)+8980+税 ハードディスク 250GB SSD → 500GB SSD(M.2 SATA)+3980+税 計74,206円(税込) 少し予算は越してしまいましたがどうしてもというのならハードディスクのカスタマイズをやめて 後々増量すれば良いかと思います。 予算7万のノートPCでは中々動画編集は難しいと思うのでデスクトップPCですが上記のスペックなら4K動画編集などよっぽど高度な事をしない限り十分動画編集は可能なはずです。 
48 
メーカーHPよりPavilion13-an1000がプロセッサーがcore i5、ディスプレイが13.3インチ、メモリが8GB、ストレージが256GBSSD搭載していて、中学生という事もあり、ネット詐欺専用セキュリティソフトをつけて税別7万円、税込で7万7千円のモデルが動画編集する点でメモリは本当は16GB欲しいですが、予算的に間に合わないので8GBメモリーがあり、CPUがi5あり、HDDよりもデータの読み込みなどが早いSSDを搭載している点で動画編集に向いてると思うので、予算的にもこちらをお勧めします。 
49 
HP 15-db0000/db1000 合計¥51,700 8G グラフィックがよく動画編集にたけている。 
50 
パソコンは全く詳しくないのですが、https://jp.store.asus.com/store/asusjp/ja_JP/pd/productID.5407222200/varProductID.5407222200/categoryID.4887373900 とかどうでしょう。これで動画のネタにもなりそうです。 
51 
HPのProBook 450 G6/CT Notebook PCを買わせます。Appは高いし、Acerはカスタムに不向きそうなので。それにHPは今キャンペーン中ですし。このノートパソコンは本体価格が42800円(税抜) サイトでおすすめされているWindows 10 pro (64bit)日本語版をつけましょう。プラス8000円(税抜き)中学生がユーチューバーになるのにofficeはいらないのでつけません。この時点で予算が残り一万円しかありません。全財産が7万円なのでしょうか、スマホでどうにかならないのだろうか。とにかくユーチューバーといっても様々ありますのでひとまずヘッドセットも購入しておきましょう。2400円(税抜き)。ついでにメモリを4ギガから8ギガに増やしておいてあげましょう。 この時点で価格が69520円となりました。配送料で3000円取られますがもし取りに行くのであれば、ストレージを500ギガから1テラバイトに増量してあげることにします。いとこのユーチューバーとしての華々しいデビューを応援したいと思います。 
52 
私のおすすめのメーカーであるHPのパソコンをカスタマイズした例を挙げます。HPChromebook14a-na0006TUコンフォートモデルのパソコンを購入します。この製品は42800円~と非常に低価格なのに関わらず4GBも容量があります。さらに、中学生のいとこにお勧めする商品ということで、軽さ・持ち運びやすさ・バッテリーの持ちようなども考慮し、同じぐらいの価格の他社の商品よりも圧倒的にHPの商品のほうが優れていました。写真やデータもChromebookで簡単にアクセスでき、データの共有も簡単にできるので初めてYouTubeをやるには使いやすいと思います。カスタム内容は、まず、HPChromebook14a-na006TUにインテル Pentium Silver N5000プロセッサー、プロセッサー内にはインテルUHDグラフィックス605が内蔵されています。オプションでどこにでも持ち運びが便利に行えるように、付属品でついているものとは別にコンパクトタイプのHP65WUSBType-CACアダプターをカスタムします。このパソコンはタッチパネル機能もあるのでマウスはつけません。そして、液晶がきれいに見えるように、液晶画面用クリーニンググロスを付けます。さらに、もともと1年保証はついていますが、もしも故障があった場合のためにパソコンの保証を2年間保証のものに変更。最後に、初めてのパソコンで困ることや不明点も多数会うと思うのでHPなんでもパソコンサポート相談サービス90日用に加入して私のおすすめのカスタムの完了です。このカスタムで消費税込み70400円となり予算にもちょうどいいものになるのではないかと思います。 
53 
仮にYouTuberになるためには編集技術にも必然的に触れると思います。どのようなYouTuber になるのかにもよりますが、編集を不自由なく行いたい場合はCPUやメモリが重要になってくるようです。ドスパラというパソコンのサイトがあります。このサイトでは部品一つ一つをカスタマイズすることも出来れば、テンプレートとして売られているものを買うこともできます。カスタマイズするのであればCPUはCore i7以上、メモリは16Gバイト以上あれば十分にYouTuberになれると思います。 
54 
ヒューレット・パッカードのSlim Desktop S01のスタンダードモデルをお勧めします。定価は74000円ですが、キャンペーンで税抜き5万円台で手に入ります。64bitWin10OS、Core i5-9400、8GBメモリ、1TBHDDと最低限動画制作をする環境が整えられるレベルのものではあると思います。 
55 
私がおすすめするのはLenovo ideapad c340 です。ただでさえ価格が安いのに、さらにアクティブペンが付属しています。しかも、付属ペンでは傾き検知はしなかったものの、DELL PN579Xのペンなら傾き検知にも対応していました。なお、ワコム AES系のペンなら、他のペンも使えると思います。中学生にとってアクティブペンは必要だと思います。このパソコンの中のモデルでi5をおすすめします。このパソコンは10210U、256GB SSD、フルHD IPS液晶の十分のスペックを備えながら、6万円台で購入することが可能です。 また、Core i3の一番安いモデルを買って、メモリを増設するのもいいと思います。初めてのコンバーチブル型PCとしても、おすすめです。もし、変形して使用することがあまりなくても、ラップトップ形状で普通に使用できます。 
56 
hpのサイトとからダイレクトで購入することにします。ベースはノートパソコンの HP Pavilion 15-cs3000を購入する。osは Windows 10 Home (64bit)で、プロセッサーはインテル Core i5-1035G1 プロセッサー (1.00-3.60/6)を使います。メモリーは8GBでストレージは256GBのものをカスタムします。マカフィー リブセーフ 登録カードを追加でカスタムし、Z4000ワイヤレスマウスをセットで購入します。以上で67900円になり、小学生がYouTubeをやるのにスペック的にも問題ないと思うのでこれで購入します。 
57 
「HP ENVY x360 13」のノートパソコンをおすすめします。値段は税抜き6万6千円ほどです。このパソコンにはパソコンを高速化するためのSSDが搭載されていて、容量も16GB程あるので動画編集からサムネイルのための写真編集にも十分でしょう。この一台があれば困ることはほとんど無いので中学生一人でも使いこなせると思います。また、ノートパソコンで重さは1.28㎏と軽めなので持ち運びやすく、中学生ということを考えても外で編集する際に持ち出すのには負担は無いと思います。 
58 
ユーチューバーになるということで、intel core-i5以上のプロセッサをつんでいるものを選びました。 ミニタワーデスクトップpcのHP Pavilion Desktop TP01-0127jp 五万円、HP 22fw 21.5インチ ディスプレイ 一万円、ロジクール ワイヤレス タッチキーボード K400pBK 六千円 キーボードにはトラックパッドが内蔵されているのでマウスはいりません 以上で七万以内です。 スペックを見る上で参考にしたのがadobe premire rushの推奨スペックですが、7万以下のノートPCでcore-i5以上のものをつんでいるものはなかなか見つかりませんでした。 
59 
私はパソコンなどの機械に疎いため、ネットで7万円以下で性能の良いパソコンの口コミなどを漁っての判断ですが、PanasonicのWindows10pro64ビットでカスタマイズは、CPUがcore i5 6300U、ディスプレイが12.1インチ液晶、メモリ4GB 、ストレージ256GB SSDのノートパソコンが送料無料で51900円でおすすめです。 
60 
私はPCのカスタマイズに関して詳しくないため、オススメのカスタマイズを紹介するのは控える。何故ならPCについてはよく分からない人がオススメしたところでその情報の信憑性を欠くと考えたためである。だから今回は以前家電量販店の店員さんがオススメしていたメーカーが出しているPCを紹介しようと思う。私がオススメする7万円以内で買えるPCは、Acerの14型ノートPC”swift”だ。 なんと言っても特徴は最長15時間稼働できるという点があげられる。また、OSにWindows10、プロセッサーにIntelCeleronを搭載しているなど、標準的なものは既に備わっていてこの価格である。いとこはまだ中学生ということから、スペックはこれくらいで十分だろう。もし本気で動画政策へ取り組むという姿勢が見えれば、MacBookProなどもっと高額で、機能性も十二分にあり、容量もたくさんあるノートPCやデスクトップPCを買うべきだと思う。その理由として、その予算7万円以内のPCのスペックでは動画制作、配信中にかくついたり、フリーズしてしまうかもしれないという問題が予想されるからである。 今回、私が持ちうる全ての知識を使って書いたが、使う方の気持ちを考えると、やはりPC専門店などで相談してみることを強く推奨する。 
61 
私はHPのHP 250 G7/CT Notebook PCという元値が¥42680のものを、インテル(R) Celeron(R) N4000 (1.1-2.6GHz) /15.6インチワイドHD (1366×768) ディスプレイからインテル(R) Core(TM) i5-8265U(1.6-3.9GHz)/15.6インチワイドHD (1366×768) ディスプレイに変え、メモリも4GBから8GBに変えたものをお勧めします。値段は¥69080です。予算内で使い勝手のいいノートPCになっていると思います。 
62 
私がおすすめするのは、HP ENVY 13×360です。まず、このパソコンの特徴として、サクサクと快適に動作するのはもちろんのこと、薄型軽量設計で持ち運びにも便利ですし、美しいデザインも魅力的です。7万円前後の価格帯なのに、映りの良いIPS液晶を搭載していて、細部に至るまでこだわって作られています。CPUにAMD製のRyzenを搭載しているので、高い性能を発揮します。専用ペンも一緒に購入することで、ディスプレイに文字や絵などを書き込むことができるので、YouTubeの編集もしやすくなると思われます。メモリについては、YouTuberになるならば、なるべくメモリ量が多い方がいいでしょう。Ryzen 7でメモリ16GBにしておくと、とても快適に作業ができると思われます。 
63 
●『Vostro 15 3000(3580) エントリーモデル(即納モデル)A-1』 〇インテル® Celeron® プロセッサー 4205U (2MB キャッシュ, 1.8 GHz) 〇インテル® UHD グラフィックス 620 共有 グラフィックス メモリー 付き 〇4GB, 1x4GB, DDR4, 2666MHz 〇1TB 5400RPM 2.5インチ SATA ハード ドライブ 〇ブラック 非 タッチ LCD カバー 〇標準価格 69,980円 → オンライン価格 42,980円 〇+23,000円でMicrosoft® Office Personal 2019(日本語)を付ける ⇒計65980円 ●ソニー コンデンサーマイク モノラル/PC通話用 マイクスタンド・ホルダークリップ付属 ECM-PC60 2,836円 総計 68,816円 
64 
iPhoneに慣れているパソコンを初めて使う中学生は、Windowsのパソコンで色々カスタマイズして買ったとしても使いこなせるとは思えません。 またYouTuberたちからMacBookが動画編集しやすいとよく聞くのでAppleの製品ががいいと思います。しかしMacBookは価格が高いと思うのでiPhoneの扱いに慣れているということもあるのでiPadを購入し、キーボードをつけるカスタマイズがいいと思いました。 
65 
私はASUSのノートパソコンをお勧めする。最新のものでなければ4万円以内で購入することが可能だから。また、ノートパソコンの場合、Wi-Fiがあればいろいろな場所で作業することができる。カスタマイズとしてはASUSのあんしん保証パック3年のものが15000円で加入することができる。これは破損時の負担が0円になり、3回まで保証が受けられる。また、Youtuberの場合、動画編集サイトが必要なためWindowsに対応するものを選ぶべきである。「Power directer」というアプリは年に6000円ちょっと払うだけで購入することができる。 
66 
私は、中学生のいとこにASUSのノートパソコンをおすすめします。まず、iPhone(スマートフォン)しかつかったことのない中学生なので、パソコンになれ親しむには、Microsoft Officeシリーズを使えば、将来的に役立つとおもいます。Microsoft Officeをまず使えるようになるとパソコンをつかう意味がまずあると思います。今私は実際、大学のリモート授業で実感しています。ASUSは、Microsoft Officeです。ASUSは低価格で高性能であり、初めてパソコンを持つのにおすすめだと思います。私も初めてのパソコンはASUSです。まだ知識もなにもない中学生が高いパソコンを使用する必要はないも思います。低価格でもある程度普通にパソコンを使いこなすことができるASUSのパソコンが私は中学生にぴったりだと考えました。しかし、この中学生はYouTuberになりたいとのことなので、ある程度慣れてきたら、AppleのMacにしてみたらいいのかなと思います。MacではiPhoneと同じiPhoneですし、iPhoneと連携し、動画編集などにとても優れています。しかし、初めてのパソコンでは難しいと思うので、まずはASUSで慣れ、知識を入れていくのがいいかなと私は思います。 
67 
hpのprobookというパソコンは13.3インチで5万円ほどで購入することが出来ます。しかし、メモリが4GBしかないためアップデートを重ねていくことによりパソコンの諸々の動作が重くなっていくので後々不便に感じると思います。だからカスタマイズによりメモリを8GBか16GBにするべきであるとおもいます。Youtuberを目指すということでGBは沢山あった方がいいと思います。また、中学生ならapple製品でmacを使うよりwindowsをつかったほうが使いやすいと思います。 
68 
中古でMacを購入する事が最もYouTubeの作成にとって有効ではないかと考えます。YouTuberの多くがMacを使用している事からYouTubeを作成しやすいソフトやツールがMacは特化していると考えます。Macなら他のYouTubeを作成している人のノウハウをそのまま流用する事や、iPhoneとの組み合わせも良好である為資金に余裕の無い初心者には向いていると感じます。 
69 
コンパクトで持ち歩きやすいAcerのAspire 1 A111-31-A14P 価格は28,980円 11.6インチ、重さ1.07kgと軽いので中学生でも持ち歩きに不便はないと思います。 省エネモードが搭載されているため、バッテリーを節約しつつ長時間使用できる。 マウスが非付属の為M-K6URBK/RSのマウスを付ける。 メモリーをMV-D4N2666-X4Gにして容量を増やす。 
70 
私は、HPのPavilion 15-cs3000のノートパソコンを薦めます。本来ならメモリの増設などができる点からデスクトップがよいと思いますが、予算が7万円であること、いとこのユーチューバーになるモチベーションがいつまで続くか分からないこと、どのみち勉強のためにも購入を検討していることを考慮して、動画編集ができる最低限の容量で比較的安価なノートパソコンにカスタムを加えるかたちを取りました。 HP Pavilion 15-cs3000は、8GBを採用しています。他のアプリと併用すると動作が遅くなる可能性はありますが、8GBでも無料の動画編集ソフトで動画をつくることは可能です。これに、オフィスソフト2019を追加します。オフィスソフトは勉強用としても用いることを見越して中学生の時から使い方を覚えている方が理想的であると考えカスタムしました。また、動画編集の目的もあることからストレージを「128GB SSD (SATA M.2) + 1TB ハードドライブ (SATA、5400回転)」に変更します。1TBのハードドライブがあれば、編集した動画の保存には困らないと考えたためです。 さらに、主な使用者がまだ中学生であることを考慮して、セキュリティ対策も行う必要があると考えます。そこで、ネット詐欺専用セキュリティソフトも追加します。ここで、セキュリティソフトを最低1年分インストールも行いたいところですが、この時点で68,750円に達しているため標準の30日分のインストールに留めておきます。1か月後に必要があれば有料のセキュリティソフトを購入することも可能なので、ここでは無理に入れる必要はないと考えたからです。 最後に、お子様用のパソコンの購入に際して便利なLINEや電話による相談窓口も追加することもできますが、これはあえて行いません。なぜなら私自身がHPのノートパソコンを使用していて、かつ動画編集も行っている身なので、いとこの家が窓口に相談する前に私に相談することが可能だからです。ここに、HP製品を選んだ理由があります。同じ製品であれば、ある程度使い勝手も共通するところがあるのではないかと考えたからです。私でも分からないことがあった場合にも様々な方法で調べることは可能ですので、窓口を設けるコストは省くことができると考えました。 以上のカスタムで最低限の、動画編集能力、将来的に必要な機能、セキュリティを搭載して68,750円で予算内に収めました。 
71 
HP ZHAN66-AMD2000がおすすめです。 ZHAN66は、従来の14インチビジネスモデルの設計思想です。マルチインターフェース、高拡張の仕上がりは家庭用製品よりも優れています。ファンノイズとキーボード表面温度のパフォーマンスにより多くの注意を払い、パフォーマンスはオフィスの日常要求を満たします。商用製品は、「事故」の優れた保守サービスを提供します。 ZHAN66の高色域画面の明るさは400ニットです。細部まで高級感のあるアルミニウムボディで高い処理性能&グラフィック性能を兼ね備えたAPUを内蔵。画像の処理や簡単な編集作業もスムーズにできる商品です。普段使いも快適にサポートしてくれるため、バッテリーは最大8時間30分駆動可能。急速充電機能を採用しており、45分で50%の回復もできます。安心して持ち運べるノートPCです。ベゼルは薄く作られており、画面の表示領域もアップ。さらに、IPSパネルを採用しており、上下左右どこからでも見えやすくなっています。ディスプレイ上部にはWebカメラがついているので、オンラインでの会議や通話にもぴったり。コミュニケーションツールも充実しているノートPCです。また、Type-AとType-CのUSB3.1ポートを搭載。HDMI端子もあるので、モニターとつないで使いたい方にも向いています。 値段61000円です。 
72 
私がオススメするパソコンはhpの15-db1000のベーシックモデルです。こちらはカスタマイズなしで48000円で購入でき8GB容量があり容量的には余裕がある。 カスタマイズはセキュリティソフトを4500円、詐欺ウォールを2000円、ワイヤレスマウスを3500円、オフィス交換ソフトを4200円で税を入れて68420円で買うことができます。全てカスタマイズして予算内であり中学生ということもありセキュリティ面を重視した上でGBとストレージの容量も見て決めました。 
73 
私がおすすめするパソコンは、「HP Pavilion 13-an1000」です。ユーチューバーになりたいのであれば、本当ならAppleのMac book proを買うことをおすすめしますが、予算が7万円ということもあり、Mac book proを買うことはできないので、HPの商品をおすすめします。やはり、ノートパソコンの方がどこかにでかけながら動画編集ができるなど、融通が利くということでデスクトップではなく、ノートパソコンにしました。7万円だと、様々なカスタマイズをすることは難しいので、もともと性能が良いもの選びました。 この「HP Pavilion 13-an1000」は厚さが14.9mmで重さが約1.26kgということで持ち運びがすごくしやすく、また指でのタッチが可能という点ですごく使い勝手が良いです。性能の点でも、最新の第10世代インテルCoreプロセッサーが搭載されており、またSSDが搭載されていることで他のパソコンのHDDに比べて静かで、速いというのが特徴です。 このパソコンは6万4千円でなため、カスタマイズとして、プラス4千円で「オフィス互換ソフト」とつけることをおすすめします。これはワード、エクセル、パワーポイントがセットになったものです。パソコンを使うのなら、この3つのソフトは必要不可欠で、これからの授業で使うことにも絶対になります。そのため、これをカスタマイズした物をおすすめします。 
74 
私はMacBook Proの中古を買えばいいと思います。理由は、Windowsが入っていなく普段の生活には不便かもしれないけれどMacBook Proは動画編集する際色々なカスタマイズができるからです。また、そのいとこはiPhoneしか持っていないとのことだったので同じAppleの製品であれば接続する際簡単だと思ったからです。 
75 
hpの通販ページで見積もりました https://h20547.www2.hp.com/is-bin/INTERSHOP.enfinity/WFS/Directplus-Customer-Site/ja_JP/-/JPY/DisplayProductInformationForConsumer-Frame?CatalogCategoryID=NMMPZEXCct4AAAFyFbB3TBdr&ProductID=fCgPZEXCjWMAAAFylopumlqj&Facet=Spec ベースユニット HP Desktop M01-F0108jp OS Windows 10 Home (64bit) プロセッサー AMD Ryzen 5 3400G プロセッサー メモリ 8GB (8GB×1) DDR4-2666MHz (最大32GB) ストレージ 2TB ハードドライブ (SATA、7200回転) グラフィックス AMD Radeon RX Vega 11 グラフィックス (プロセッサーに内蔵) メディアカードスロット メディアカードリーダー 光学ドライブ DVDライター 無線LAN/Bluetooth IEEE802.11 a/b/g/n/ac、Bluetooth 4.2 キーボード&マウス USB日本語(109A)キーボード & USB光学スクロールマウス 構成価格 価格(税抜) ¥49,800 配送料 ¥3,000 小計 ¥52,800 消費税 ¥5,280 税込合計金額 ¥58,080 7万円だと十分な性能のものは買えないので、同じ価格でも性能の良いものが買えるデスクトップ型を選択。 モニターはメルカリ見れば1万円でも十分な性能のものが買えるので別で購入することに決定。 メモリ8gbならば無料の編集ソフトでもカクカクしたりするでしょう。adobe Premiere Proのようなソフトはまず全体の性能から見て無理。 僕自身が動画編集のアルバイトをしているので痛感したのですが、 動画編集のためにはメモリが一番大事なので、後で増設可能なデスクトップが絶対的におすすめです。 不便な分はおこずかいを貯めて付け足しで買うとよいでしょう。 しかしそうするくらいなら、9万円くらいあればメルカリでcorei7,メモリ16gb,gpu搭載の動画編集にも申し分ないような中古のデスクトップが買えるので、後で買い足すくらいなら、初めからそうするのが一番賢明な選択であると思います。 
76 
少し調べてみたところ、動画編集はやはりかなり重い作業でCPUが最も重要だそうで、最低corei5程度の性能が必要だそうです。またメモリもそこそこ必要とし、あとの性能は特に高い必要は無いようです。 そこで私はHPのHPpavilion15cs3000スタンダードプラスモデルG2.1をおすすめします。このマシンはcorei5 1035G1プロセッサー搭載、メモリも8ギガと新品で64000円という価格にしては高性能になっています。光学ドライブレスという点がちょっとデメリットかなと思いますがそれ以外は現在の標準的な性能よりすこし欠けるか同程度というレベルです。カスタマイズは特にするところもありませんでした。 
77 
私はiPadがいいと考えました。34,800円からなので余裕を持って購入できます。おすすめのカスタマイズはやはりSmart Keyboardです。PlayGroundでプログラミングも学べるので勉強のためになるとも思います。 
78 
私の知っているYoutuberの多くはApple社のMacbookを使って編集をしているイメージが強いので、中古で7万以内で買えるMacbookを購入するのが一番良いと思います。中学生ですし、編集技術もまだほとんどないと考えるので、大きくて持ち運びのできないデスクトップパソコンより軽くてiPhoneなどと同期も簡単なApple社のノートパソコンを推薦します。また、7万円以内ではデスクトップパソコンでもノートパソコンでもカスタマイズがどれだけ細かくできたとしても良質なものは購入できないと思うので、本気で編集技術を磨いてユーチューバーになりたいのならば、よくわからないスペックの悪いパソコンを新品で買うよりも中古で質のいいMacbookを購入した方が良いと考えます。何より、おそらく多くの中学生はすでにスマートフォンを持っていてそのスマートフォンはiPhoneだと考えるので、同じApple社の製品の方が扱いやすく慣れるのもはやいと考えるからです。写真や動画もairdropを使って簡単に共有することができて、編集の効率化にも繋がると思います。 
79 
パソコンを買い、使う場合に持ち運びができるノートパソコンのほうがデスクトップよりも使いやすいと私は考えたので今回はノートパソコンで探しました。まず、YouTuberをやるうえで必要なパソコンのスペックを調べてみました。多くのサイトで様々な差異はあるものの、最低でもCPU(プロセッサー)がIntelのものであれば core i5 8700 以上、他の物であればアドバンスト・マイクロ・デバイセズ(AMD)によるAMD Ryzen のシリーズであれば基本なんでもよく、メモリは動画等を編集する都合上、8GBはあった方がいいみたいでした。また、ストレージもできればSSDとHDDの2種類のストレージがついているモノがあればそれの方がよく、パソコンを買い、使う場合に持ち運びができるノートパソコンのほうがデスクトップよりも使いやすいと私は考えたので今回はノートパソコンで探しました。まず、YouTuberをやるうえで必要なパソコンのスペックを調べてみました。多くのサイトで様々な差異はあるものの、最低でもCPU(プロセッサー)がIntelのものであれば core i5 8700 以上、他の物であればアドバンスト・マイクロ・デバイセズ(AMD)によるAMD Ryzen のシリーズであれば基本なんでもよく、メモリは動画等を編集する都合上、8GBはあった方がいいみたいでした。また、ストレージもできればSSDとHDDの2種類のストレージがついているモノがあればそれの方がよく、グラフィックボード(GPU)に関してはなるべく高い方がいいというものでした。予算の7万円でこれらの条件をすべて飲むことは難しいですが製品として売っているものではHPのサイトで89800円のものがセールで66000円(税抜き)になっておりそのノートパソコンはHP ENVY x360 13 ベーシックモデルのないとフォールブラック色です。これはCPU(プロセッサー)がAMD Ryzen 3 3300U 、メモリは8GBで性能がよく、ストレージがSSDのみで256GBで若干少なく、グラフィックボードは内臓のものなのでAMD Radeon vega 6 グラフィックスで少なめですがこれならYouTuberを職業にするほど頻繁に動画編集をしなければ問題なく使え、スペック自体はいいので日常使いもしやすいと思います。ただ少し税込みで7万円を超えてしまいますが(税込み72600円)これぐらいは誤差だと思います。 
80 
surface go 2 が個人的におすすめです。カスタマイズは、プロセッサがIntel Pentium4425YのWi-Fiモデル。メモリ4GBでストレージは64GBです。Microsoftの中で最も軽くてコンパクトな Surface 2-in-1型のノートパソコンです。画面は10.5 インチです。Surface Go 2 は、携帯性に優れたタブレットからノート PC へと自由に切り替えられることや最大 10 時間のバッテリーを備えているモデルです。値段は65,780円で、学生であればそこから10%OFFできます。持ち運びやすく、機能も優れているためおすすめです。https://www.microsoft.com/ja-jp/p/surface-go-2/8pt3s2vjmdr6?activetab=pivot:overviewtab 
81 
まず私のオススメのメーカーはLenovoです。 このメーカーを勧める理由は7万という予算にあります。Lenovoは中国の会社ですが、近年は技術的にも急成長しており、低価帯で高スペックのpcを展開しています。 カスタムする上でおすすめなのはcpuとosのメモリです。 cpuは基本的に高い方が処理能力が高く良いです。 OSはproなどありますが、普段使いなら通常のもので問題ないです。 メモリは使う量など同時に多数のファイルを開く場合はより多いメモリを購入するといいです。 SSDも重要ですが、自身のデータ量で決めるといいと思います。 
82 
CPU:Core i5以上 メモリ:8GB以上 ストレージ:HDD+SSD 動画編集に必要なスペックは上記のようなものになると考えます。それらを見たうえで安いノートパソコンを考えるとマウスコンピューターの「mouse F5-i5」などがおすすめできるかと思います。上記スペックを備えたうえでウィルスソフト、PCクーラーをカスタマイズしても7万円以内に収まります。勉強にも使用するということであれば、残りのお金を使ってオフィスソフトを購入することをお勧めします。 
83 
使いやすくて持ち運びもしやすいmacbookがいいと思います。七万では新品は買えないので、メルカリなどのサイトを見てみたら、安くて五万円ほどで購入できるようでした。ユーチューバーになるには、動画を撮影し、その動画を編集しなければならないのですが、動画を撮影するのはiPhoneでいいと思います。実際にユーチューバーの中には、iPhoneで動画を撮影している人もいるので。ユーチューバーの中でよく使われている編集アプリは、ファイナルカットプロです。このアプリは無料で使えるので、残った2万円で自分好みのBGMやフォントなどに課金をすればいいと思います。 
84 
HP 17-x000というノートパソコンをお勧めします。このパソコンはホワイティーなカラーに包まれた17.3インチフルHDノングレア液晶搭載の大画面ノートパソコンで、フルHDで17型以上の大画面モデルも選択できます。HPのエントリーモデルにもHP17という大画面シリーズもあります。液晶はノングレア仕様のおかげで周囲の風景が画面に写りこみにくいので、目が疲れにくかなっており、CPUはCore i5ですが、ストレージはHDD 1000GBと光学ドライブを搭載しており、作業領域が広くなるのは非常に便利になっている。バッテリーも約7時間駆動できます。メモリは4GBで、OSはWindows 10 Home 64ビットとなっています。DVDライターも搭載しており、7万円でお勧めできるのはHP 17-x000のノートパソコンだと私は思います。 
85 
ユーチューバーのことは詳しくはありませんが、パソコンには動画編集が十分にできるスペックと、動画を保存しておくための多量の保存領域が必要になるかと思います。保存領域に関しては、外付けのHDDを買うなどして対策できるかとは思います。しかし、中途半端なスペックのPCであると、イマイチなパフォーマンスとなってしまうかと思います。よって、異論がある方もいるかと思いますが、7万円で実現可能そうな範囲で最低限のスペックは次の通りで考えたいと思います。OS:Windows10、プロセッサー:インテル® Core™ i5以上、メモリ:8GB以上、ディスプレイの大きさ:13-15インチ程度、光学ドライブ:なし。なお、ストレージに関しては、SSDにすると高値となってしまうので、別途考慮するものとします。質量、解像度、バッテリー持続時間、保証などは参考程度とします。また、今回は勉強のためとの記載がありますが、EXCELなどのofficeのオプションは考えないものとします。 私の一番のおすすめはAppleであり、パソコン(コンピュータ)の購入を考えている友人にはAppleのMac系統を勧めています。しかし、今回は予算が7万円では、Macの中では低価格帯のMac mini やMac book airの税込み約9~10万円に届かないため、今回は除外します。 となると、私の中で次点はHPです。上の条件で、ホームページの検索機能で検索をかけてみます。64,000円(税抜)のHP Pavilion 15-cs3000という製品がヒットしました。Corei5で、メモリは8GBです。15インチと大画面で、画面を上下左右の斜めから見ても色調やコントラストの変化が少ないIPSディスプレイのため、見やすく自然な写りになるかと思います。容量は、256GBのSSDと1TBのHDDが備わっているため、すぐに容量がいっぱいとなってしまうことはないでしょう。2色展開のデザインの良さもさることながら、端子を十分に備えているかと思います。中学生が勉強に使うには十分であり、かつ、動画編集もそれなりにこなせるかと思います。質量は2.07kgで、バッテリーは最大9時間持つそうです。他、Windows Helloと呼ばれる顔認証も備えているようです。数年前までWindows PCをこのレベルで買うとなると、更に高値になってしまうような時代だった気がします。時代の変化はすごいなと思います。 今回は中学生のPCということで、大学生や社会人が要求する軽量性などの側面を考慮しませんでした。この子が望む動画編集が完全にノンストレスでいくかどうかは微妙ですが、最低限必要なスペックは備わっているかと思います。先に述べたストレージに関して、256GBのSSDと1GBのHDDでは将来的に容量が不安なので、時期が過ぎ、必要になったら大容量HDDを別途購入していただけたらと思います。 
86 
私が選んだのは、New Inspiron 13 5000 (5300) ノートパソコンです。これは、マウスをなくし、容量を512GBから128GBに下げます。そうすると7万円程度に抑えられます。安いですがコアi5ですので、動画編集するのには必要なものはそろっていると思います。 
87 
まずプロトタイプを作る。ユーチューバーになる、勉強のためにもなると言う考えの元でパソコンを一式買うため、このことを考慮すると、ユーチューバーという観点から、動画や音楽の編集に優れた物、また容量が大きな物をカスタマイズしたいと思う。基本条件で当てはめると、ユーザーは中学生のいとこ、予算は七万円、OSは中学生のため、Windows10が使いやすそうだが、iPhoneを使っていたり、動画や音楽の編集をする点からappleがいいと考えた。デザインは、どこでも持ち運び可能な13インチのものが良いと考えた。スペックは動画などの容量を考慮し、大きいものが良いと考えた。しかし予算を考えると、Appleで七万円は厳しい。しかし、Appleでは現在下取りで最大七万円割りになる新しいMac割りという顧客にも地球にも優しい制度が導入されたため、条件としては考慮されていない部分だが、家にある条件を満たすコンピューターを下取りに出すとする。そうすると七万円の割引が適用となるため、新しく発売された最新のMacbook pro13インチを購入することにする。料金は、割引なしの価格で税込148280円になる。最新のCore i5プロセッサで高速の最新のものであり、ストレージは256GBと少し小さい気がするが、USBで賄う事とする。Appleしかインストールすることのできない優秀な音楽編集・動画編集アプリが多数あるため、ソフトウェアは特に購入しないものとする。 
88 
mouse F5-i3(インテル®core i3-8145U搭載) OS:Windows10Home64ビット CPU:インテル®Core i3-8145U グラフィックス:インテル®UHDグラフィックス620 メモリ:8GB PC4-21300 M.2SSD:256GB 光学ドライブ:DVDスーパーマルチドライブ バッテリー:稼働時間約7.2時間 販売価格: 69,800 
89 
動画編集に深く関わっているパソコンのスペックはCPU、メモリ、GPU、ストレージよ4つです。まずCPUは、パソコンの脳にあたる部分で、この部分はパソコンの計算スピードに影響します。CPUには、動作周波数(ヘルツ)と呼ばれるものがあり、この数値が高いほど計算スピードが速いということになります。加えて、CPU にはコア数というものも重要です。同じ動作周波数であってもコア数が多いほど、並列して様々な処理を行えます。動画編集では、この CPU を使って動画の出力を行うので、 CPU とコア数の数値は高いに越したことはありません。CPUは、 Intel 製のものと AMD 製のものがあります。Intel 製のものであれば Core i5 以上。AMD 製のものであれば Ryzen 5以上が基準となっています。Core i5 、ryzen 5のどちらもが動画編集には最低限のレベルです。余裕があるのであればCore i7や ryzen 7などの cpu を搭載したパソコンが望ましいです。次にメモリーは、CPU が計算した計算結果を一時的に保存していく、メモ帳のようなものです。メモリの容量が小さいと、溢れてしまった情報を書き込み速度や読み込み速度の遅いストレージに、計算結果を保存してしまいます。こうなってしまうと、パソコンの動作が遅くなってしまいます。動画編集では、多くのメモリ容量を必要とするので、このメモリ容量が足りていないと、いくら CPU が優れていても性能を発揮しきれません。動画編集において、メモリー容量の最低限のラインは、16 GB 程度がいいでしょう。快適に動画編集をしたいのであれば、メモリー容量は、32 GB 以上を推奨します。次にGPU は、CPU に近い動きをしますが、GPU は画像や映像の出力に特化したものです。結論から言うと、 GPU は動画編集にはなくても動作します。しかし、GPU があると、処理速度が大きく上昇します。なぜなら、GPU には、CPU の苦手な動きを補助する機能があり、この機能の有無が処理速度に大きな影響を与えるからです。 予算に限りがあるのであれば GPU はなくても構いませんが 、 GPU はあったほうがより快適に動画編集を行えます。最後にストレージは、HDD( ハードディスク ドライブ)や SSD(ソリッドステートドライブ)を指します。これらは、計算が終わったデータを保管しておくのに使用し、その保存容量は GB( ギガバイト) や TB(テラバイト) で表示されます。編集が終わった動画や、編集に使用する素材の動画や写真は、非常に容量の大きなデータです。ストレージ容量が少ないと、編集し終わった動画を保存することもままなりません。また、ストレージの書き込み速度や読み込み速度が遅いと、 CPU や GPU の処理速度が高くてもストレージの速度が追いつかずストレスになる場合もあります。ストレージは、HDDがまだまだ一般的ですが、最近では SSD も 価格が下がり一般的になりつつあります。HDD よりも、SSD の方が書き込み速度、読み込み速度に優れています。そのため、予算に余裕があるのであれば、 SSD をストレージとしておいた方がいいでしょう。 ストレージ容量は、1 TB 程度あると安心です。 さらにパソコンを買うのであれば、Mac か Windows どちらを選ぶべきか迷う方も多いかもしれません。今回予算が7万円ということで、価格的に考えWindowsが最適だと思います。Macは、完成品のパソコンしか販売されていません。ですので、どうしても高品質なパーツばかりを集めた製品の Mac は、価格が高くなってしまいます。一方で 、Windows のパソコンであれば、安価なパーツを使用して組み立てた パソコンも販売されているので、価格の面では有利です。また、Windows のパソコンはカスタマイズ性が高く、自分に必要なパーツだけをグレードアップできるので、必要のないパーツにお金をかけなくて済みます。これらのことから、Windows パソコンはコストパフォーマンスに優れ、安く手に入れられるのです。Windows に決めても、ノートパソコンかデスクトップのどちらかで悩む場合、同じ性能であれば基本的には、価格はデスクトップの方が安くつきます。価格を重視するのであればデスクトップの方がいいですし、後々のカスタマイズ性もデスクトップのほうが有利です。 
90 
中学生ということで、あまり高価なものを与えるのは心配なので、ベースユニットは、HPの14s-dk0000。中学生となると、すぐに壊してしまう可能性もあるのでデスクトップを選択しました。OSはWindows 10 Home(64bit)です。 ご両親としては勉強目的で、本人としてはYouTubeの配信ができる程度の機能があれば十分なので、そこまでハイスペックなものである必要はないので、お手頃価格のものを選びました。(税込35,200円) またHP Wide Vision HD Webcamに加え、デュアルスピーカーやマイクも内蔵されているので、動画配信やビデオ通話なども可能です。またセキュリティソフトのマカフィー リブセーフ 登録カード(3年版)(税抜10,000円)、ネット詐欺専用セキュリティソフトの詐欺ウォール(税抜2,000円)も追加でつけます。 ただ、中学生となるとオフィスソフトは必須なので、これに加えてMicrosoft Office Personal 2019を半額で購入します。(税抜10,500円)これで全て合わせて税込59,950円になります。 
91 
MacBook Proにおいてプロセッサが大きいほど処理速度が早くなるので、とくにYouTubeなどの動画編集をする際にはプロセッサは第8世代の1.7GHzクアッドコア i7プロセッサにして、メモリが大きいほど多くのアプリを立ち上げても正常のスピードで動作するのでなるべく大きいものにします。YouTubeをやるにあたり動画をたくさん撮り保存すると思うので容量ストレージはいちばん容量の多いものにしたほうがいいと思います。そして動画編集には欠かせず、便利なFinal Cut Pro Xという動画編集ソフトを入れ、最後にAppleCare+ for Macというオプションサービスに加入します。 
92 
私がオススメするパソコンは「HP Pavilion 15-cs3000」です。現在特別価格の¥64,000(税抜)で販売されていました。スペックはOSがWindows10 Home(64bit)、メモリ8GB、ストレージは256GB SSDに加えて1TBのハードドライブという大容量デュアル構成。動画や動画編集ソフトは容量が大きいのでストレージも大きいものの方が良いです。液晶は15.6インチとなかなかの大きさ。動画編集用として持ち運ぶことは考えていないので問題ないと思います。フルHD200万画素のWebカメラも付いているため、動画配信も可能。これほどまでの性能で¥64,000というのはかなり魅力的で、特に強みなのはやはりストレージです。今回の課題で特別価格というのはズルい気もしますが、サイトを見比べていかに安く性能の良いものを購入出来るかを探すのも大事なことだと思います。心残りとしては、セキリュティソフトやデータ抹消ソフトなしでカスタムしているため、中学生が使うには少し心配でもあります。因みにHPから選んだのは個人的な好みです。以上、PC紹介でした。 
93 
私はApple製品のiPadをお勧めします。なぜならiPhoneを持っているということから大幅な操作手順の変更を行う必要もないですし、共通のiCloudで写真や動画の共有、アカウント共通化でアプリなどコンテンツの共有を行うことで簡単に利用できるからです。また、youtubeを始めるということは1台のみでの撮影よりも多くのカメラを用いた方が質が高まると考えるため、カメラが搭載しているタブレットを選択しました。またApple製品だとiMovieを無料で利用することで動画編集も気軽に行えます。キーボードがないからパソコンではないという意見もあると思いますが、iPad専用のキーボードをApple純正のものでなければ、ワイヤレスのもので3000円前後でAmazonなどで購入できます。iPadの本体価格、カスタマイズですが、第7世代、10.5インチ、動画をたくさん保存しても安心の128GB、Wi-Fiモデルに破損した際補償してくれるApplecare +、iPadの操作や絵などを描くことができるApplepancil(第一世代)をつけたカスタマイズで税込61160円で購入することができます。先ほどのキーボード、そしてケース、フェィルムを購入しても予算の7万円以内で抑えることができます。Appleのものなので高校生に上がってMacや新しいiphoneを買った際に、また活用方法が増えるということもあり、私はApple製品のiPadをお勧めします。 
94 
私はユーチューバーなら必ず行う動画編集に特化したパソコンを選びました。動画編集に適しているCore i5が搭載されていることを前提として、データを多く保存できるメモリー容量の大きいもの、パソコンの起動・ファイルの読み込みが早いものとしてHDDよりSSDが搭載されているもの、この優先順位で7万円台のパソコンを探しました。その条件に当てはまるものとして「HP Pavilion 13-an1000 スタンダードモデルG2.1」のモバイルパソコンを見つけました。これはCore i5が内蔵されていることはもちろん、メモリは8GB、SSDも搭載されています。カスタマイズは基本標準で良いと思います。中学生ということでまだ未成年なことを考えるとセキュリティソフトなども加えて買うと親としては安心だと思います。しかし、その分金額も増えるのでそこは要相談です。 
95 
私はHPのProBook430 G6というパソコンをおすすめしたいと思います。 まず、youtuberになるのであればどこでも持ち運んで編集ができるものが良いと思うので、このパソコンは約1.4㎏と薄くて軽く、硬くて丈夫なため持ち運びにとても適しています。また、第8世代インテルという2倍に高速化したパフォーマンスを提供しているため、負荷の高い作業も更に安定して行うことが可能です。 OSのカスタマイズはWindows10proにし、容量は多い方が良いので、ストレージ1は128GBまたは256GBを選択します。 ストレージを128GBにした場合は、配送料込みで9080円で購入でき、ストレージを1256GBにした場合は配送料込みで76780円で購入できます。 
96 
私はアップルのMacBookをおすすめします。理由としてはiPhoneとの互換性があるため動画の共有が簡単にでき、YouTuberがみんなこぞってアップル製品を使っているイメージがあるからです。予算7万とのことですが、7万では1番安いMacBookも買えないのでもう少し予算が欲しいです。おすすめのカスタムとしてはMacBook Air13インチの第10世代1.1デュアルコアIntel Corei3プロセッサ、16GB3,733MHz LPDDR4Xメモリ、256GB SSDストレージのカスタムです。理由としては有名ユーチューバーのカスタムを調べて見たところ、プロセッサは初期カスタムのままでもサクサク動くらしく、メモリは動画編集をする上では16GBの方がより作業しやすいかららしく、より広い机で作業するような考え方のようです。ストレージについては外付けハードディスクでカバーできるためこのままのカスタムで十分です。以上がYouTuberを始める上でのおすすめのカスタムです。 
97 
HP Pavilion 15cu0000はリーズナブルな価格でコスパ抜群なスタンダードノートPCです。デュアルストレージで高速化と容量を確保して快適な作業環境を確保できます。動画編集で大切な「音響」も北欧の老舗高級オーディオメーカーBang & OlufsenののカジュアルブランドであるB&O PLAYのオーディオテクノロジーを採用しているため聴きごたえ完璧です。 
98 
AUSUS PC→PN60-BB5087MH CPU/インテル® Core™ i5-8250U プロセッサー,メモリ容量/ 32GB(16GB×2)値段/54364円 ディスプレイ→ProArt PA328Q 解像度/3,840×2,160 (4K UHD) サイズ/幅735mm×奥行き240mm×高さ(485 – 615)mm ※スタンド含む 値段/18800円 合計/73164円 
99 
動画を編集するソフトがあらかじめダウンロードされていて、多くの動画を保存できる容量があるものをカスタマイズして購入すべきだと思う。 
100 
この時代、タイピングの練習はもう早い段階からやっておいた方がいいと強く思いますし、勉強面でも使うことが多くなるのでタブレットよりもノートパソコン、デスクトップパソコンどちらかは持っていた方がいいように思います。タブレットは私も持っていますが、勉強をするのに使うのは圧倒的にノートパソコンがいいかなと考えているので、今回はパソコン、特に持ち運びができて便利なノートパソコンを探してみました。それから確かにパソコンがあれば動画は作りやすくなるので、とにかく1度やってみればいいのではと思い、動画を作ることができるかも考慮していきたいと思います。YouTubeではありませんが、ニコニコ動画に動画をアップしたことがあるのでその時のことを思い返しながら考えてみますと、動画を撮る、編集する、動画を投稿するが大まかな作業で、どんな動画を作りたいのかにもよりますが、ご自身が出演する実写系ならばいとこさんが持っているiPhoneでも撮影が可能です。そしてそのiPhoneで撮った動画をパソコンに繋げ、保存すれば、Windowsに最初から入っているWindowsムービーメーカーでカットや字幕をつけるといった簡単な編集はできるはずです。動画を作るには物足りないアプリですが、中学生にとっては簡単な方で入門編としてお勧めできます。それで動画1本作る大変さを知るいい勉強になると思います。 やはり7万円ではなかなか高スペックなものを選ぶのは難しいと感じます。ですので上記のことを踏まえ、これだけそろっていればいいという項目を書き出します。OSはWindows10であること、内臓マイク・カメラ・スピーカーがついていること、キーボードの打ちやすさ(日本語配列、テンキーもあると良い)、HDMIやヘッドホンなどを差す場所がある程度揃っていること、動画を数本保存できるほどの容量(ビットレートにもよりますが、動画1本30分あたり1.8GBと考えると6GBくらいでしょうか)、ここら辺かなと思います。 デザインが好みで合った6つをすべてサイトを確認したところ、ASUSだとW202NA-JPKYB(そもそも予算に収まるものがこれのみ)、HPは大学院生までは学割があるようですので、学割がつくうちにここでスペックの良いパソコンを検討するのもありかなと思います。(申し込みをしないとそのページには飛べないみたいだったので詳しいことは分からないのですが)その学割が効くと考えて、HP Pavilion 15-cs3000 スタンダードプラスモデルG2 オフィスPersonalモデルがいいのかなと思います。 
101 
パソコンを選ぶときに大切なのはスペックだが、それよりも自分の用途にあったものを選ぶことである。今回はYouTubeをやるための購入なので、YouTubeを運営するGoogleが販売しているものを使うのが良いのではないかと思う。そうすることで使い勝手やサポートの面で充実したものを得られるのではないかと思う。Googleから出ているパソコンはChromebookと言って、様々なメーカーから出ているパソコンのOSがChrome OSになっていてGoogleのアプリを利用する際に非常に便利な設計となっている。それらの商品の中から自分にあったものを選ぶと、ASUS Chromebook Flip C214MA(C214MA-BW0028)とHP Chromebook x360 14bが浮かぶ。そのどちらがおすすめかというと、動画編集で大切のなってくるメモリ、ストレージで勝っているHP Chromebook x360 14bをおすすめする。 
102 
メーカー:HP 14s-dk0000 オフィス互換ソフト(word・excel・powerpoint) 4200円 ネット詐欺専用セキュリティソフト 2000円 ワイヤレスディスプレイアダプター 9900円 パソコンなんでも相談電話&Line 2400円 これからの勉強に役立つであろうオフィス互換ソフトに、中学生ということなので詐欺やトラブルに巻き込まれないように対策ソフトを入れました。またyoutuberを目指すということで自分のpcの画面をテレビに映して見ることができれば喜ぶと思い、ワイヤレスディスプレイアダプターを入れ、使い始めはまだ慣れないことが多いと思うので相談サービスもオプションに入れました。 
103 
私がおすすめする例はHP ENVY ×360 13のカスタムモデルスタンダードモデルからストレージを256GB SSDを512GB SSDに変えるカスタマイズです。PCで編集する上でストレージをあげることはとても大事だと考えました。 
104 
iPadの128Gのwi-fiのみの仕様で44,800円(税別)+iPad(第7世代)・iPad Air(第3世代)用Smart Keyboard 16,800円(税別)、合計67,700円(税込み)。この二点をオススメします。 理由としては、ユーチューバーになりたいということだったので動画の編集や音楽の編集をするならApple製品がオススメであります。また、iPhoneと相性がよく、Air dropが使えるのでiPhoneで撮ってきた素材をiPadにすぐに転送できる点もオススメのポイントです。予算7万円では、他社のノートパソコンでは満足できるようなスペックはなかったので、パソコンではないですがiPadをオススメ致します。 
105 
youtubeをはじめるにあたって、パソコンを選ぶには、ある程度ハイスペックなパソコンでないとだめであるとyoutubereをしている友達が言っていました。現状、youtubeをするのに適しているスペックのパソコンを買うとなると7万では到底買うことができません。パソコンの他にも編集ソフトやカメラ、三脚などその他の諸費用もかかってしまいます。それでも7万円以下のパソコンを買うのであれば後ほどメモリを増量するなど対処していけば、youtubereをかすかにやることができると思います。学業で使うパソコンであれば7万以下の物でも十分対応できると思います。 
106 
私がおすすめしたいのはHP Pavilion 13-an1000 スタンダードモデル(税込74000円)です。 スペックはOSwindows10Home・CPUインテルCore i5・メモリ8GB・SSD256GBになっています。 私がおすすめする理由はCPUとメモリがyoutubeに動画に投稿するうえで大事であると考えており、予算が7万円と限られている中において最大限のスペックになるからです。youtubeへの動画投稿には撮影以外にも編集作業そしてエンコードにかなりの時間を割くことになりますしたがって、パソコンの処理速度に関係するCPUと作業速度に関係するメモリのスペックが大事と考え念頭に置きました。CPUは2世代前のcore i5になりますが動画編集ソフトの起動は問題なく行うことが出来ます、これがcore i3になると動画編集ソフトを動かすことができない可能性があり、動画投稿に差し支える可能性があります。またメモリは8GBを採用していてそこまで重い動画編集をすることが出来ませんが比較的スムーズに作業することが出来ます。一段階落とした4GBですとパソコンの動作が重くなるため動画の編集やエンコードに時間を費やすことになるためおすすめ出来ません。またこちらのパソコンはノートパソコンなので持ち運ぶことができ、学業の隙間時間に作業することができるため時間が限られている中学生には向いていると考えます。 
107 
私はHPのENVY×360 13−ar0000をおすすめします。これは、ノートパソコンで、ディスプレイ部分が360℃回転するタイプなのでタブレットとしても使用できます。たとえ短い動画でも動画編集には莫大な時間がかかるため、持ち運びできるノートパソコンにしました。気分転換に家から出てカフェで編集したり、移動時間に車や新幹線の中でも編集できることが利点だと思います。ただし、タブレットとして使用する場合はキーボード部分と切り離せるわけではないため重さは変わりません。そのため、タブレットとして使うには少し重く感じることが予想できます。このパソコンのOSはWindows10Home(64bit)です。モデルはベーシックモデル・スタンダードモデル・パフォーマンスモデルがありますが予算と機能を考慮して、ベーシックモデルの13-ar0001にします。このモデルのプロセッサーはAMD Ryuzen 3 3300Uです。このプロセッサーに内蔵されているグラフィックス周波数は1200MHz、メモリは8GBとされています。本来動画編集する人には16GBあったほうが良いとされていますが、予算オーバーが著しくなってしまうことから断念しました。今後Youtuberを続けていく事になり、8GBにストレスを感じるようになったら新しいものを購入するという形にしてもらいます。ディスプレイは13.3インチワイド、フルHDブライトビュー、IPSタッチディスプレイとなっています。保護フィルムやクリーニングクロス、専用ペンなどのオプションは予算に余裕がないため全てなしにします。ストレージは256GB SSDと521GB SSDとがありますが、一般にYoutuberのPCに必要なスペックは256GB SSD以上とされているので今回はより安い256GB SSDにカスタマイズします。このカスタマイズで購入すると、消費税込みで7万2600円となります。予算は3千円弱オーバーとなってしまいますがYoutube動画投稿を始めるには十分なパソコンだと思います。私は今回「中学生のいとこ」が初心者Youtuberであると判断して、どちらかといえばスペックよりもコストを抑えることを重視しました。そのうえで、メモリ、ディスプレイのインチは多少妥協しましたが、ストレージを最低限確保できたのは大きいのかなと思います。 
108 
https://www2.mouse-jp.co.jp/scripts_cart/spec.asp?PROD=1908LM-AR420EN-S1&_ga=2.201744601.934840982.1594648018-1661371969.1543110164&adobe_mc=MCMID%3D67832987761363170310177659307058329143%7CMCORGID%3D5EE1A2B154D57F4B0A4C98A7%2540AdobeOrg%7CTS%3D1594648116 オフィスソフト 【 総合オフィスソフト 】 KINGSOFT WPS Office Standard ダウンロード版 ( ワープロ/表計算/プレゼンテーション ) CPUグリス 【 高熱伝導率 】 ダイヤモンドグリス 親和産業 OC7 ⇒ ナノダイヤモンドパウダーが接触面積を拡大! 電源 700W 電源 ( 80PLUS(R) GOLD ) ⇒ 優れた電力変換効率で無駄な発熱を低減! SSDまたはHDD 1TB HDD WEBカメラ(オプション) Logicool HD Webcam C270n ( USB2.0 / HD 720p テレビ電話 ) その他はノーマルでよいと思います。 
109 
HPの「HP17-x000」をおすすめします。デスクトップでも使える大画面ノートパソコンで、フルHD非光沢・IPSディスプレイも搭載しており、高速な処理で快適な編集作業が可能なcoreプロセッサーも搭載しております。windows10にも対応為ており、値段が644400~からなので予算内に当てはまる最適なパソコンだといえます。 
110 
まず、この予算で揃えるのは相当きついと思います。なので、私はASUSのモバイルノートPCをお勧めします。画面のタッチもできるのでとてもやりやすいと思います。オススメのカスタマイズはメモリは16GB。容量は256GBあれば充分だと思います。頑張ってください。 
111 
アップル社のアップルマジックキーボードにしました。これの本体価格は41580円です。メモリを大きいものに換えます。メモリが大きいほど、多くのアプリを立ち上げていても正常なスピードで動作できるからです。16GBプラス2万円をカスタマイズします。こうすれば、パソコンにデータを貯めていってもパソコンの動きが鈍くなる心配が減ります。Dropboxというアプリを入れるとさまざまなファイルを同期することができます。こちらのアプリは同期する速度が速いです。他にも同期アプリはありますが、このアプリが圧倒的に速いので、こちらをインストールします。Karabinerというアプリも入れてみます。このアプリはMacのキーボード入力をカスタマイズするには最適のアプリです。macOSでもキー割り当てはできますが、このアプリでは更に細かく設定することができます。次にRocket というアプリも入れます。このアプリはテキスト入力で絵文字を出すことができます。YouTuberは感情の表現も必要だと思うので、出したい絵文字が探しやすくなるアプリなどは便利だと思います。課金などもできますかが、7万円以内には収まると思います。アップルのパソコンは見た目も良いし、使ってるスマホもアップルなのでパソコンもアップルが良いかなと思いました。 
112 
中学生との事なので、高性能なノートPCを一台買えば十分だと思います。eX.computerというメーカーの「N1504K-310/T - Core i3 ノートPC SSD256GB Windows 10 Home」というものがあります。値段は税込み6万9080円なので予算内です。動画編集用に使う場合、一番良いとされているCPUがCore i7-8700というのですが、それを買うとなると10万はゆうに越してしまいます。そして今紹介したノートPCにはCore i3-8145Uというのが搭載されています。i7と比べると下位互換になりますが、画質などあまり気にしないなら大丈夫そうです。メモリも32GBあり、動画編集において十分に動かすには16GBあればいいそうなので基準クリアしています。一方デスクトップPCについても少し調べてみましたが、予算7万を想定した「インテル コスパ重視ゲーミングPC」なるものがありました。総額7万2600円なので厳密には少しオーバーしてますが…。CPUはCore i5-9400Fなのでより映像が綺麗になりますし、メモリも8GB×2枚なので動画編集もサクサクできます。FPSゲームがぬるぬる動くくらいのスペックだそうです。今回調べてみて、本当に高性能を求めるのなら20万くらいの予算がないと厳しいということが分かりました。あと単純に自作PCへの知識がないので分からない部分も多かったです。 
113 
 私はまずノートパソコンかデスクトップパソコンかというところから話に入ります。私はデスクトップパソコンを推します。なぜならはじめは安価で手に入りそのあと自分で必要だと思えばパーツを足していくことで機能をアップデートできるからです。その上でメーカーとしてはHPをお勧めします。理由としては安価でそれなりに良いものが手に入るというところです。ユーチューバーをやるということなのでパソコンのおすすめカスタマイズとしてはメモリは最低8GB必要でしょう、HDDは大きければ良いと思いますが1TBもあれば十分なのではないでしょうか、SSDも付いていると良いかもしれませんが必須ではないと思います。これだけでは動画編集には不十分だと思うのでグラフィックボードが搭載されているものを選ぶと良いと思います。なくても大丈夫だと思いますが、動作面からすると随分大きく変わるでしょう、Radeonとかは安価で良いと思います、ここは今後動画を作っていく上で足りないと思ったら変えるのがいいと思います。CPUもIntel製に拘らずRyzenでも良いというのならかなり値段は抑えられると思います。Ryzen5にグラフィックボードがあれば十分戦えると思います。 このスペックのパソコンだとホームページから買えば5万円ほどで買えると思います。そこにあとはキーボード、マウス、モニターを別で買ってもらえればユーチューバーとして必要なものは揃うのではないでしょうか。 
114 
CPUのスペックを下げて価格を抑えたうえで動画の編集に必要なグラフィックボードとメモリを最低限のレベルまで揃えたものをドスパラ等のサイトで組んで買うのが一番コストパフォーマンスが高いのではないかと考える。(例:グラボをGeForceGTX980辺り、メモリ8GB) 
115 
Youtuberになりたいとのことなので、必要なのはPCだけではないと考えます。 課題の趣旨とずれてしまっていたら大変申し訳ないのですが、動画編集に使用するPCのほか、その他必要な機器も考えました。 PCはHP ProBook 450 G6 OSはWindows10、CPUはCore™ i5、メモリは8GBから16GB、SSDは128GB、HDDは500GB これくらいのスペックであればストレスフリーで動画編集が可能だと考えます。 これで63000円くらいで購入できると思います。 ノートPCなどは、メルカリでレンタルの余りを業者が流していたりします。私のノートPCはおそらくそのようなルートでメルカリで3万円で買ったものですが、新品でofficeも入っており、CPUはCorei5、メモリ8GBでかなり使いやすいです。 余った7000円ほどで、 ・照明 NEEWER CN-160 約3000円 ・マイク Comica CVM-V30 約4600円 この辺りをAmazonで調達すればよいと思います。 本格的にYouTuberになりたいのなら、プロの方が良く使用しているMac book等を購入すればよいと思いますが、とりあえず7万円以内に収めるとして、編集だけに使用するならPCは中古で買い、綺麗に映るための証明や新しいビデオカメラ、音質を上げるためのマイクを購入した方が良いと考えました。 
116 
私は実際に動画編集をしていますが、本格的でなければノートパソコンで充分だと思います。youtubeに動画投稿するのであれば、連携のことを考えると、やはりgoogle製品にするのがいいと思います。現在使っているスマートフォンがiphoneであればmacでも問題無いとは思います。より本格的にはじめるのであれば、windousでも良いとは思います。これらの理由から性能面を考慮するとChromebook Spin 512で良いと思います。 
117 
AppleのiPadAirがオススメです。キーボードとタッチペンを一緒に買うこともオススメします。使いやすく、かつ、WiFiを使うことが出来るので外での作業も可能です。容量も256GBで70000円と少しで買えるのでオススメします。タッチペンは無くとも最低でもキーボードは買うべきです。iPadAirはiPadとしても使えるのでカメラの機能も高く、役に立ちます。 
118 
私はAppleのMacBook Airをお勧めします。最新版ではなく、中古のものであれば、ネットで七万円で買えるものもあります。ワード、エクセル、パワーポイントも付いているので、オプションを追加で購入する必要はありません。中学生でも扱いやすく、複雑ではない為、1番手軽に扱えるのではないのかと思いました。カスタマイズも自分仕様にできるので、はじめてのパソコンにはMacBookをお勧めします。