2020-06-26

メディア2020前期08写真と写真家

前回のForms:スマートグラス


下の古典的写真論4冊は難しいので今日は上の2冊と写真アーカイブを使用して「写真と写真家」について考えます。リンクは必ずたどって見て下さい。
Instagramとセルフィー 蜷川実花

複製技術時代の芸術作品(ベンヤミン)
絵画から写真へ
アウラ(オーラ)一回性
複製技術によるアウラの喪失
芸術概念の崩壊

写真の撮り方から写真の読み方へ
単なる記録記念、試行錯誤、実地検証、反省反響、経験値、ワークフロー
写真の撮り方マニュアル本を読む
写真を作品化するための複数のアプローチ
カメラレンズ、対象別、撮影意図、ねらい、状況
写真の撮り方キーワード集を作ろう。写真を読むときには、それらの言葉を使うと表現しやすい。ボキャ貧では語れない。マニュアル本を紹介していくので、みんなでチャットに書き込んで下さい。重複してもいいので参加して。
写真を語る、映画を語る、音楽を語る→ボキャブラリーを学ぶ

そのうち帰りに寄ろう:卒業までの宿題

今日は2015年にドキュメンタリー映画になった2人の写真家に注目。ポイントは撮影者のまなざし。

写真家ヴィヴィアン・マイヤー

写真家ソール・ライター


0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。