2020-06-19

メディア2020前期07地図と位置情報


今週の参考文献
位置情報と地図について。情報デザインの5原則の1つが位置による整理である。その代表が地図だが、もはや紙の地図ではなくカーナビやGoogleマップなど位置情報の応用技術の普及が一気に加速した。ARを駆使したポケモンGOの登場でまた1つ新しい世界が開けた。その次は何か。
IMG_2678 
IMG_0137.jpg


情報デザインの5つの原則:LATCH
Location 位置づける
アナログ地図の限界:視覚のみ、平面、縮尺均等
一般図と主題図 国民国家を可視化する
メルカトル図法のウソ
デザイン地図、配置図、部署図、観光地図

国土地理院 国家事業としての地図づくり
Googleマップ2005 Google Cloud Platform
ゼンリン 地図ビジネス、住宅地図
オープンストリートマップ みんなで作る地図


ナビゲーション
現在地の確認、プランニング、ルートの維持
GPS全地球測位システム
室内や地下では別の方法:基地局の位置、加速度センサー、電子コンパス、アクセスポイントのIPアドレスから割り出す
24のナビスター衛星
カーナビ1990パイオニアGIS

立体と時間
2次元地図を拒否する渋谷ダンジョン

時間の地層 東京時層地図アプリで渋谷の過去を遡る
時間を取り込む地図
古地図とブラタモリ

ビッグデータ

AR(拡張現実)Augmented Reality、オーグメンテッド・リアリティ
『ポケモン GO』『ハリーポッター:魔法同盟』『Ingress(イングレス)』ARグラスと5Gでリアルとデジタルの融合を加速
「人が動く」→ビジネス

地図と空間認知
若林芳樹・鈴木晃太郎「地図と空間認知をめぐる理論的・応用的諸問題」『地図』41-4, 2003.
認知地図研究
空間認知はルートマップからサーベイマップへの移行とともに発達する。
空間的知識:空間移動、紙地図、絵画、写真、模型、動画、ビデオ、映画、VR、道案内文
空間識失調
整列効果
ノースアップとヘッドアップ
地図のデザイン


0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。