メディア2020前期04キュレーションと情報デザイン・投稿集

情報メディア問題入門2020前期04キュレーションと情報デザイン
127 件の回答
127
応答
平均所要時間: 103 分 18 秒
103:18
完了するのにかかった平均時間
フォームの状態は 終了済み です
終了済み
状態
結果の表示
Excel で開く
1.
KumamonTV(https://www.youtube.com/user/kumamontai/videos) を見て、LATCHごとに整理してください。Formsには動画の共有リンクを貼り付けて並べる形式で投稿して下さい。もちろん解説付きにして下さい。それを元に最近のくまモンの活動について分析的に説明して下さい。最後の段落の最初のフレーズは「このようにLATCHごとに整理してみると、次のことがわかる。第1に・・・」 締切は月曜の夜202006012330です。
詳細
127
応答

1. KumamonTV(https://www.youtube.com/user/kumamontai/videos) を見て、LATCHごとに整理してください。Formsには動画の共有リンクを貼り付けて並べる形式で投稿して下さい。もちろん解説付きにして下さい。それを元に最近のくまモンの活動について分析的に説明して下さい。最後の段落の最初のフレーズは「このようにLATCHごとに整理してみると、次のことがわかる。第1に・・・」 締切は月曜の夜202006012330です。
127応答
ID
応答
https://www.youtube.com/watch?v=7uurpqDQSi4(みんな集まれ!生配信だモン♪)やhttps://www.youtube.com/watch?v=UVlY8MWMZhk(何かがおこるかモン?!生配信だモン♪)といったように生放送が定期的に行われていることがわかる。また、https://www.youtube.com/watch?v=I-ZxNauhij0(「あか牛くんとお絵かき対決!/熊本県産牛肉を救う特別企画」)や、https://www.youtube.com/watch?v=RKEle3Yj2TQ(くまモンTV #20「ロアッソくんとPK対決!」( Kumamon TV #20 ))のように他のマスコットキャラクターとコラボしているが、https://www.youtube.com/watch?v=F7NyOb4WX6k(くまモンTV #41「あの人気YouTuberカジサックさんとコラボ! ギャグを伝授してもらうモン!!」( Kumamon TV #41))のように有名ユーチューバーともコラボしている。このようにLATCHごとに整理してみると、次のことがわかる。第1に有名ユーチューバーとコラボすることで新規の視聴者を獲得しようとしている。また、地域のマスコットキャラクターとコラボすることで地域活性化の手助けをしているようにも見える。 
https://youtu.be/psGliKEm5aY このようにシリーズ化しているもの。くまモンがシュールに作業している。 https://youtu.be/UVlY8MWMZhk イベントに参加しているような風景を生配信しているhttps://www.youtube.com/playlist?list=PLET_90-yYWaxsM5UpmVp7dyFFDk9WZmGC だいぶ古いけれど海外遠征の様子もある 最近のくまモンの活動はメディアに出てくるような機会はなくてこのように地味に地元で活動している。有名になりすぎたが故に勘違いしていたがこれが本来の活動だと思うこのようにLATCHごとに整理してみると、次のことがわかる。第1にくまモンは地味に昔からYouTubeをやっていた。第二に、最近は流行っていた時期に比べてこじんまりとしている。 
私は種類ごとに分けて考えました。 生配信で熊本をPR系 https://youtu.be/H4j5nvfn3GE https://youtu.be/dJDhXHO-30s 海外で熊本をPR系 https://youtu.be/QbIcUz7awAM https://youtu.be/zqJgBjqXQWw 熊本から元気をプロジェクト系 https://youtu.be/6To9zCUFhqk https://youtu.be/Ef5Xgpl3oZA このようにLATCHごとに整理してみると、次のことがわかる。 第1に、くまモンは、熊本のご当地キャラクターであることから、熊本をPRするために活動を行なっていることだ。YouTubeを職業としているYouTuberとは違って、くまモンはYouTubeを通して熊本の魅力を伝えようとしていることがわかる。 第2に、たくさんの人に元気を与えようとしていることがわかる。最近のYouTubeでは、批判を受けるような過激な発言や行動をして、再生数を稼ごうとしているYouTuberも少なくない。しかし、くまモンは、たくさんの人に熊本を知ってもらうだけでなく、クスッと笑えるような、人を元気にできる動画をあげている傾向にある。 
このようにLATCHごとに整理してみると、次のことがわかる。第1にhttps://youtu.be/H4j5nvfn3GE、https://youtu.be/7uurpqDQSi4のように会議室などで行っている。第2にhttps://youtu.be/UVlY8MWMZhk、https://youtu.be/vWZleoXnIfMのようにライブ配信をしている。第3にhttps://youtu.be/NAbH-n6GA1M、https://youtu.be/dLRM_aGRMLoのようにチャレンジ企画をしている。 このようにLATCHごとに整理してみるとどのような場所や、企画をしているかがよく分かる。 
このようにLATCHごとに整理してみると、次のことがわかる。第1に場所は熊本で活動している。第2にカテゴリー化されており、毎回の動画にハッシュタグで何番目の動画であるか表示してある。第3に時間だが、特に決まりはないようだ。第4に再生リストとして動画を8個に分類して表示してある。最後に階層化だが、新しい動画が一番上に来るようになっており。カップスラーチャレンジが一番新しいことがわかる。 
Location 熊本で https://youtu.be/NAbH-n6GA1M 東京で https://youtu.be/DPrYuzBM4wA Alphabet く https://youtu.be/Nt9L4Q87Tv4 くまもんtv こ https://youtu.be/VdkJaIiD1XE コロナ対策応援 Time 一番古い動画 https://youtu.be/ZOf1RaFkhzE くまもん草スキー 一番新しい動画 https://youtu.be/NAbH-n6GA1M カップスローチャレンジ Category くまもんtv https://youtu.be/pNayY33eivM くまもんが〇〇する https://youtu.be/LvCrfVT-8aQ Hierarchy 再生数1位 https://youtu.be/pNayY33eivM 再生数2位 https://youtu.be/afv_h5pdmQ0  このようにLATCHごとに整理してみると、次のことがわかる。  第1にlocation、くまもんtvは多くが熊本で撮影されている動画なのだが中には東京など他の地方で撮られたものもあった。しかしその他の地域で撮られた動画の多くが再生数が低く、このことからやはり視聴者層は熊本県民が多いことがわかる。  第2にTime、一番古い動画は9年前でくまもんが草スキーをする動画なのだが、画質も荒く明らかに撮影するためというよりは面白いからおふざけで撮ってみよう!という感じだった。大した最新の動画ではコロナの影響で室内でカップスラーチャレンジなるものをしていて、しっかり編集もなされていた。このことからまぁ最初はおふざけで面白いから投稿したのに対して最近はしっかり編集もして、熊本県のPRするための媒体としてYouTubeを使っている。  第3にHierarchy 再生数1位の動画と2位の動画を見たのだがやはりサムネイルからも興味を惹かれる動画だった。1位はくまもんが着ぐるみを着たまま釣りをする動画、誰もが、え!?着ぐるみを着たまま釣りなんてできるわけないじゃん!なんだこれ!と再生ボタンを押したくなるだろう。2位の動画は米塚の中からくまもんを探せ!という動画だった。こちらもくまもんを探せ!というシリーズの中の一つなのだが、圧倒的に再生数がこれだけ抜きん出ている。その理由としてはやっぱり大きな米塚のサムネイルを使っているからだろう。このことからYouTubeはサムネイルやタイトルででインパクトのあるもの使うことで再生数を大きく伸ばせることがわかる。 
https://www.youtube.com/watch?v=D1RvWGMC9Dk 熊本震災から4年が得経た後、熊本城が修復しつつになています。そこで震災地を元気をもたらすするために「RALLY NIPPON」という日本の名所をクラシックカーで周り、地域を元気にする応援プロジェクトがあります。この動画からわかることはくまモンは熊本復興のために活動していることがわかります。 このようにLATCHごとに整理してみると、次のことがわかる。第1にLは場所の意味です。第2にAはあいうえお順の意味。第3にTは時間の意味。第4にCは種類別の意味。第5のHは階層化のことがわかります。 
くまモンTV  くまもんが様々な挑戦をしていく。面白さや驚きで、視聴数を伸ばし、知名度を上げていく作戦の動画。 https://www.youtube.com/playlist?list=PLET_90-yYWawh0LydVQdyTkN0ppw-E_nc オーストラリア訪問 日本のゆるキャラを見たら、まず海外の人は驚くだろう。海外の人からも熊本に興味をもってもらうことができる。また、オーストラリアにも興味を持つだろう。ギブアンドテイク。 https://www.youtube.com/playlist?list=PLET_90-yYWaxSMObVgRIEDOc62wssoSxz フランス訪問 これもまた、海外に興味を持たせるであろう。 https://www.youtube.com/playlist?list=PLET_90-yYWaxSMObVgRIEDOc62wssoSxz くまもとから元気をプロジェクト これは奉仕活動をしているというアピール。 https://www.youtube.com/playlist?list=PLET_90-yYWawq3Mi_-LzM6CqmtYX3AhHH このようにLATCHごとに整理してみると、チャンネルを作っている人がどのようにして、熊本のことを知ってもらおうとしているのか、戦略が見えてくる。 
https://youtu.be/1QW7XYIyZ8E https://youtu.be/NAbH-n6GA1M Locationの観点から見るとこの2つの動画ではコロナウイルスが流行する前と流行語では人と接する動画が少なくなっており、屋外ではなく室内で動画を撮って投稿していることがわかる。 https://youtu.be/CCgYtfmy-r8 AlphabetとCategoryの観点からこの動画のようにタイトルにくまモンTV#○○とつけることでシリーズ化され分類されており、検索がしやすくなっている。最近はこのシリーズの動画投稿が多くなっている。 https://youtu.be/H4j5nvfn3GE Timeの観点からこの動画はライブ配信をアーカイブとして残している動画で、ライブ配信ということもあり、その他の動画と比べて動画時間が長くなっている。こういった長時間の動画もコロナウイルスが流行し、外出が出来なくなってきた時期から投稿されるようになっている。 https://youtu.be/VdkJaIiD1XE Hierarchyの観点からこの動画はコロナウイルスの対策や治療などに関わる人達に向けての動画であり、今最も関心を持たれているキーワードをタイトルに組み込むことで発見性が高くなる。 このように、LATCH毎に整理するとコロナウイルスの影響により、家で動画を見る時間が増えたことから最近の動画投稿の数が増えたり、多くの人が関心を持っていることを題材に動画を投稿している。また、シリーズ化している動画もあり、その動画は再生時間も長くないことから一気に見てもらおうという趣旨がうかがえる。さらには、長時間の動画も出すなどし、ニーズに合った動画投稿をしていることがわかる。 
10 
くまモンTV #87 突撃サプライズ!くまモン人力車! ( Kumamon TV #87) この動画はくまモンが地元の肥後の人力車のプロの人に乗せてもらい市内を回っている動画です。また、くまモンも自分自身で人力車を引いて体験をしている。また、字幕が英語もついているので海外の人向けにも作られた動画ということがよくわかる。 くまモンTV #88 カップスローチャレンジ!決めてみせるモン! ( Kumamon TV #88) この二個目の動画では今コロナで自宅に多くいるために家でも楽しめる遊びの仕方を自分が行ってその楽しさを視聴者に見せていったり紹介するものとなっている。カップを投げる動作に効果音などが加わっていて見ていて飽きないとても面白い動画となっている。 みんな集まれ!ある場所から生配信だモン♪ くまモンが市の職員とともに色々なゲームをしていく動画となっている。例えば、ジェスチャーゲームなどでまたくまもんのしぐさが面白い。また、コロナのためしっかりマスクを着用して行っているので良い例として子どもたちに示すことができていると考える。 このようにLATCHごとに整理してみると、次のことがわかる。第一にコロナが流行りだす前までは多くが外で撮影されいたものが屋内で撮影されるように変わっている。そのため、今の状況がいかに危険なのかがわかる。 第二に第三者との接触が控えられていることである。いつもの動画であった市民の方と触れ合う機会が多くあったが最少人数の市の職員だけで撮影が行われている。また、視聴者に楽しんでもらおうということは忘れずに行っていることがわかる。 第3にくまモンTVの動画のアップ時間が一定の13:00であげられていることが多いことに気が付いた。視聴者のために一定のきまった時間に上げることが重要なのだということがわかる。 
11 
https://youtu.be/pNayY33eivM https://youtu.be/afv_h5pdmQ0 https://youtu.be/UIhaPqr7RAs https://youtu.be/OJkVIx1Cb6g https://youtu.be/Gk_IpT0H1pc 再生回数が多い順に並べました。 この内、4つの動画は1年前に掲載された動画で、くまモンの人気がこの頃に高かったことが伺えます。またひとつは7年前ですが、これについては一回目にくまモンの人気に火がついたのがもっと前だったのでその頃かと思われます。最近の動画はコロナの影響で外出が出来ていません。人気の動画には外での撮影が多い傾向にあるので、再生回数は最近はYouTubeがコロナで人気といえど伸びていません。 このようにLATCHごとに整理してみると、次のことがわかります。第1に場所は外での撮影が多いが、現在は室内が多いということ。第2に昼間の明るい時間帯での撮影が多く、1年前が需要があったこと。最後に人気のある動画はくまモンを探せというタイトルが多いことです。以上です。 
12 
私はまずLATCHのHに当たる人気が高い投稿を並べてみた。 ①https://youtu.be/OJkVIx1Cb6g https://youtu.be/afv_h5pdmQ0 ②https://youtu.be/DwGlV-tavs8  https://youtu.be/EoxSJnq2rDQ ③https://youtu.be/pNayY33eivM https://youtu.be/wKj-r42UOYM https://youtu.be/0C5pZgxgBe4 このようにLATCHごとに整理してみると次のようなことがわかる。第一に視聴者参加型の動画は人気があると感じた。これはただくまモンが何かするのを見ているだけではなく視聴者自身が動画内にのめり込むからだろう。 第二に昔あげられた動画は人気があるということだ。これはおそらくゆるキャラが流行った時に動画が挙げられているので自然と視聴回数が伸びたのではないだろうか。 第三にくまモンが動物と触れ合っている動画は人気が高いとわかる。くまモンが熊のキャラクターであるがゆえに他の動物と絡む姿はなんとも心をワクワクさせるからではないだろうか。 
13 
このようにLATCHごとに整理してみると、次のことがわかる。第1に場所 位置として海外へ行ったり地方で撮っている様子だ。 https://www.youtube.com/playlist?list=PLET_90-yYWaxsM5UpmVp7dyFFDk9WZmGC https://www.youtube.com/playlist?list=PLET_90-yYWax3iBSGl4k4GE7rVjnvOwIT https://www.youtube.com/playlist?list=PLET_90-yYWaxSMObVgRIEDOc62wssoSxz 第二にアルファベット順にすると https://youtu.be/NAbH-n6GA1M 第3に時間ごとにすると https://youtu.be/H4j5nvfn3GEが一番長い動画で40ぷん程ある。 第四にカテゴリーごとに分けると https://www.youtube.com/playlist?list=PLET_90-yYWaxz9GTrkQEDA9pchj_T781r プレイリストごとに分けられている。 第五にヒエラルキーごとに分けると https://youtu.be/pNayY33eivM この動画が最も再生されている。 最近のくまモンはTV活動よりYouTubeに活動を移しているようである。また、くまモンがYouTubeをやっていることを知らないので、くまモンの公式チャンネルより他の人がアップロードしたくまモンについての動画の方が再生回数がとても高いとわかる。 特にこの動画の知名度の方が高い印象だ… https://youtu.be/OTnHrpTg4XE 
14 
time(大雑把な年数でその年のいちばん古いものをリンクしました。) https://youtu.be/ZOf1RaFkhzE(9年前) https://youtu.be/GG8hkxzrKVM(8年前) https://youtu.be/fEIGezURnX8(7年前) https://youtu.be/NUjuzkA64uQ(6年前) https://youtu.be/mGxgLUcUQ6A(5年前) https://youtu.be/P3esh3KcwHc(4年前) https://youtu.be/2YyVKuhMkOQ(3年前) https://youtu.be/rQgXWF7a9vI(1年前) https://youtu.be/FaijqtWiQYg(6ヶ月前) https://youtu.be/B8qfFs_opg0(3ヶ月前) https://youtu.be/uXP68ZkQhmM(1ヶ月前) https://youtu.be/NAbH-n6GA1M(4日前) category(くまモンTVEXとくまモンTVはカテゴリーがまとまっているものをリンクしました。) 元気をプロジェクト〜台湾編 https://youtu.be/a4IfBYGW8mg 元気をプロジェクト https://youtu.be/6To9zCUFhqk 訪モン記〜フランス編 https://youtu.be/HjxVDkfjTuQ 訪モン記〜オーストラリア編https://youtu.be/nrEAixQnlvU くまモンTVEX https://www.youtube.com/playlist?list=PLET_90-yYWazN7s-r0R2y_iVxO2etlWUy くまモンTV https://www.youtube.com/playlist?list=PLET_90-yYWawh0LydVQdyTkN0ppw-E_nc 序列(再生回数ランキング2020/5/30時点) 1 https://youtu.be/pNayY33eivM(471万回) 2 https://youtu.be/afv_h5pdmQ0(134万回) 3 https://youtu.be/UIhaPqr7RAs(88万回) このようにLATCHごとに整理してみると、次のことが分かる。(LとAは整理の仕方があまりわかりませんでした。勉強します。) 第1に、時間で並べてみると、2年前の2018年には1度も投稿されていないことが分かる。2018年は熊本地震で災害に遭った年であったことが分かり、くまモンTVが投稿されていない理由はそこにあるのだと感じました。また、1年前からくまモンTV#1から始まり、サムネイルもこれまでとはガラッと変わっていることも分かりました。 第2に、カテゴリーで並べてみると、様々な企画を行っていることがわかりました。元気を与えるようなものが多くあることに気づきました。 第3に、再生回数ランキングで並べてみると、再生回数に大きな差がある事が分かるが、一定数の再生回数はキープされており、今後も増えていく数のため、このランキングの入れ替わりを見ていくのもすごくおもしろいかなと思いました。 
15 
Location https://www.youtube.com/watch?v=nrEAixQnlvU&list=PLET_90-yYWaxSMObVgRIEDOc62wssoSxz https://www.youtube.com/watch?v=LL8qnPwbSIo&list=PLET_90-yYWaxSMObVgRIEDOc62wssoSxz&index=2 https://www.youtube.com/watch?v=If4WBPB64bg&list=PLET_90-yYWaxSMObVgRIEDOc62wssoSxz&index=3&pbjreload=101 くまモンが2018年にオーストラリアの名所を観光している動画 Alphabet https://www.youtube.com/watch?v=vWZleoXnIfM 「KumamonTV い」 と検索して最初にヒットしたもの Time https://www.youtube.com/watch?v=Ea9LWNyRUX8 くまモンが2019年女子ハンドボール大会をPRしている動画 Category https://www.youtube.com/watch?v=7uurpqDQSi4 https://www.youtube.com/watch?v=H4j5nvfn3GE くまモンTVの生配信動画 Hierarchy https://www.youtube.com/watch?v=pNayY33eivM くまモンTVの動画で再生数が一番多いもの このようにLATCHごとに整理してみると、次のことがわかる。第1にLATCHごとに分類した場合、他のLATCHに分類したものと重複するものがない点だ。それを踏まえてKumamonTVの動画を見てみると一貫性のようなものは無く、子供向けの遊びを特集した動画やグルメ、観光など、様々な分野の動画を出している。KumamonTVでは一つのものに全力を注ぐ料理系や教育系の動画とは違い、広く浅い多種多様な分野に手を出していることが分かる。第2に、視聴回数が多いものと少ないものに分類され、中間層が無い点だ。これは、KumamonTVを目的に動画視聴している人数は少なく、数十万再生に到達する動画はKumamonTV以外の要因で視聴者を惹き付けていることが分かった。 
16 
Category・・https://www.youtube.com/watch?v=H4j5nvfn3GE&list=PLET_90-yYWaxz9GTrkQEDA9pchj_T781r       https://www.youtube.com/watch?v=MjqIGX9ScXs&list=PLET_90-yYWax5S0Sa2H1VgGWxRJQVGQUB https://www.youtube.com/watch?v=KGYbg_wl9_U&list=PLET_90-yYWazN7s-r0R2y_iVxO2etlWUy https://www.youtube.com/watch?v=7kK9K3i3W-A&list=PLET_90-yYWaxsM5UpmVp7dyFFDk9WZmGC https://www.youtube.com/watch?v=6To9zCUFhqk&list=PLET_90-yYWawq3Mi_-LzM6CqmtYX3AhHH https://www.youtube.com/watch?v=HjxVDkfjTuQ&list=PLET_90-yYWax3iBSGl4k4GE7rVjnvOwIT https://www.youtube.com/watch?v=nrEAixQnlvU&list=PLET_90-yYWaxSMObVgRIEDOc62wssoSxz シリーズごとに再生リストとして分類 KumamonTVの動画はシリーズものが多いのでそれぞれのシリーズの再生リストごとの分類 Location・・https://www.youtube.com/watch?v=7kK9K3i3W-A&list=PLET_90-yYWaxsM5UpmVp7dyFFDk9WZmGC https://www.youtube.com/watch?v=HjxVDkfjTuQ&list=PLET_90-yYWax3iBSGl4k4GE7rVjnvOwIT https://www.youtube.com/watch?v=nrEAixQnlvU&list=PLET_90-yYWaxSMObVgRIEDOc62wssoSxz 台湾、フランス、オーストラリアと日本国外の特徴的なものを抜粋 国内のものは非常に数が多い そのほかAlphabet,Time,Hierarchyは数が多く単純作業のため省略 このようにLATCHごとに整理してみると次のことがわかる。第1にKumamonTVの動画は#1のようにシリーズごとに分けられているものが多くそのテーマに合った動画を投稿している。その中には熊本以外の場所も多く日本をはじめ海外にも大きく進出していることがわかった。 また、最近ではYoutube Live の機能を使って生配信をしており、視聴者とのリアルタイムでの交流を大切にしているという事が分かった。 
17 
第1にlocationで分類すると、基本的に熊本から出ないが、稀にその他の場所でも活動している。https://youtu.be/U_KFFmAEEsg 第2に、alphabetで分類すると、1番上に来るのはあか牛くんの企画であり、次にくまモンの通常投稿、生配信となっている。https://youtu.be/I-ZxNauhij0 第3にTimeで分類すると、0〜5分程度の動画と、ら6~10分程度の動画、最後に生配信の30〜50分程度の動画に分類できる。https://youtu.be/H4j5nvfn3GE 第4にcategoryで分類すると、くまモンTV、TVEX、訪モン記、生配信、熊本に元気を企画で分類できる。https://www.youtube.com/playlist?list=PLET_90-yYWaxsM5UpmVp7dyFFDk9WZmGC 最後にhierarchyで分類すると、再生数は1万以上、5000以上、4500以下で分類できる。 最も再生数が高いのはくまモンが阿蘇でバギーに乗る企画である。https://youtu.be/B8qfFs_opg0 このようにLATCH事に整理してみると次のことが分かる。第1に、くまモンの活動は、基本的に熊本のイメージアップ戦略であり、そのため阿蘇でバギーに乗ったり、熊本出身の芸能人とコラボしたりしている。 第2に、くまモンの曲を作ることによって再び世間で脚光を浴びようとしている。 
18 
L https://youtu.be/HjxVDkfjTuQ  フランス編と位置情報が明確である。 A あ  https://youtu.be/I-ZxNauhij0 い  https://youtu.be/vWZleoXnIfM お  https://youtu.be/3Qkr8zU564c  タイトルの五十音順に並べた。 T 9年前  https://youtu.be/ZOf1RaFkhzE   8年前  https://youtu.be/1Y3sW2yLG_Q  動画が投稿された時間あるいは日付けが古い順番。 C 生配信 https://youtu.be/H4j5nvfn3GE       https://youtu.be/7uurpqDQSi4  生配信というカテゴリー。 H 再生数 https://youtu.be/pNayY33eivM https://youtu.be/Cq_-Gl-MDc0  再生回数が1番多いものと、1番少ないもの。 このようにLATCHごとに整理してみると、次のことがわかる。第1に、分けることで見たいものにたどり着きやすくなる。動画は広いジャンルで投稿されており、専門性はない。見たいものというより、人気のものを見るのが初めての人からすると動画を理解しやすいだろう。第2に、整理することで非常に閲覧しやすいものとなる。様々なジャンルのものが拡散していると、見ている側は統一性がないと感じよく思わない可能性もある。綺麗な分けられているに越した事はないだろう。 
19 
「LATCH」による「KumamonTV」直近10動画(約3週間分)の分類 「Location」による分類(撮影場所) ・収録スタジオ https://www.youtube.com/watch?v=NAbH-n6GA1M&t=96s https://www.youtube.com/watch?v=H4j5nvfn3GE https://www.youtube.com/watch?v=7uurpqDQSi4&t=1758s https://www.youtube.com/watch?v=nbc6-sTaEH8 https://www.youtube.com/watch?v=fjpL8C9j_1Y https://www.youtube.com/watch?v=fjpL8C9j_1Y https://www.youtube.com/watch?v=Td7nt4aI_mQ https://www.youtube.com/watch?v=dJDhXHO-30s ・スタジオ外 https://www.youtube.com/watch?v=CCgYtfmy-r8 https://www.youtube.com/watch?v=dLRM_aGRMLo ・その他(リモート撮影) https://www.youtube.com/watch?v=VdkJaIiD1XE 「Alphabet」による分類(タイトルの五十音順) ・P https://www.youtube.com/watch?v=nbc6-sTaEH8 ・く https://www.youtube.com/watch?v=NAbH-n6GA1M&t=96s https://www.youtube.com/watch?v=CCgYtfmy-r8 https://www.youtube.com/watch?v=dLRM_aGRMLo https://www.youtube.com/watch?v=Td7nt4aI_mQ ・こ https://www.youtube.com/watch?v=VdkJaIiD1XE ・み https://www.youtube.com/watch?v=H4j5nvfn3GE https://www.youtube.com/watch?v=7uurpqDQSi4&t=1758s https://www.youtube.com/watch?v=fjpL8C9j_1Y https://www.youtube.com/watch?v=dJDhXHO-30s 「Time」による分類(再生時間の長い順) ・10分~ https://www.youtube.com/watch?v=H4j5nvfn3GE https://www.youtube.com/watch?v=7uurpqDQSi4&t=1758s https://www.youtube.com/watch?v=fjpL8C9j_1Y https://www.youtube.com/watch?v=dJDhXHO-30s ・3分~ https://www.youtube.com/watch?v=CCgYtfmy-r8」 https://www.youtube.com/watch?v=dLRM_aGRMLo ・1分~ https://www.youtube.com/watch?v=NAbH-n6GA1M&t=96s https://www.youtube.com/watch?v=nbc6-sTaEH8 https://www.youtube.com/watch?v=Td7nt4aI_mQ ・~1分 https://www.youtube.com/watch?v=VdkJaIiD1XE 「Category」による分類(動画の種類) ・生配信 https://www.youtube.com/watch?v=H4j5nvfn3GE https://www.youtube.com/watch?v=7uurpqDQSi4&t=1758s https://www.youtube.com/watch?v=fjpL8C9j_1Y https://www.youtube.com/watch?v=dJDhXHO-30s ・企画 https://www.youtube.com/watch?v=NAbH-n6GA1M&t=96s https://www.youtube.com/watch?v=CCgYtfmy-r8 https://www.youtube.com/watch?v=dLRM_aGRMLo https://www.youtube.com/watch?v=Td7nt4aI_mQ ・コロナウイルス関連 https://www.youtube.com/watch?v=nbc6-sTaEH8 https://www.youtube.com/watch?v=VdkJaIiD1XE 「Hierarchy」による分類(再生回数の多い順) ・1万回~ https://www.youtube.com/watch?v=nbc6-sTaEH8 https://www.youtube.com/watch?v=fjpL8C9j_1Y https://www.youtube.com/watch?v=dJDhXHO-30s&t=1022s ・5000回~ https://www.youtube.com/watch?v=VdkJaIiD1XE https://www.youtube.com/watch?v=7uurpqDQSi4&t=1758s https://www.youtube.com/watch?v=H4j5nvfn3GE&t=1050s https://www.youtube.com/watch?v=Td7nt4aI_mQ https://www.youtube.com/watch?v=CCgYtfmy-r8 https://www.youtube.com/watch?v=NAbH-n6GA1M&t=97s ・~5000回 https://www.youtube.com/watch?v=dLRM_aGRMLo このようにLATCHごとに整理してみると、次のことがわかる。第1にスタジオの外での撮影が少ないことがわかる。これはそもそもcategory別分類でもわかるようにスタジオ内での企画ものが多いことが原因でもあるが、昨今の情勢の中、外での撮影が難しいことも挙げられるだろう。第2に動画の冒頭のワードをcategory別に固定して、動画の内容がどのようなものであるかをわかりやすく表示している。これは五十音順に並べたさいに同じ文字から始まるタイトルが複数あることから理解することができる。そして3つ目に生配信が再生回数が多い傾向があり、それについでコロナウイルス関連の動画の再生数が伸びている。コロナウイルス関連の再生回数が多いのは昨今の情勢を考えると妥当なものである。そして理由は不明だが企画ものに比べて生配信のほうが多く再生される傾向があるようだ。 
20 
https://www.youtube.com/watch?v=NAbH-n6GA1M https://www.youtube.com/watch?v=CCgYtfmy-r8 https://www.youtube.com/watch?v=dLRM_aGRMLo https://www.youtube.com/watch?v=Td7nt4aI_mQ と https://www.youtube.com/watch?v=H4j5nvfn3GE https://www.youtube.com/watch?v=7uurpqDQSi4 https://www.youtube.com/watch?v=fjpL8C9j_1Y https://www.youtube.com/watch?v=dJDhXHO-30s と並べるように、「くまモンTV」「生配信」という企画のカテゴリーで分類をする。すると視聴者が見たいシリーズが探しやすいし、配信者にとってもどの企画が多く再生されているか(人気か)が分かる。 また、以下の並びはくまモンのYouTube「動画」の一覧から1番上の欄にある5つの動画を比較して考えたものである。 https://www.youtube.com/watch?v=nbc6-sTaEH8 https://www.youtube.com/watch?v=NAbH-n6GA1M https://www.youtube.com/watch?v=7uurpqDQSi4 https://www.youtube.com/watch?v=CCgYtfmy-r8 https://www.youtube.com/watch?v=H4j5nvfn3GE これは、いいねの数が多い順に並べたものである。YouTubeは再生回数が多いほど人気の動画であるとされる。しかし、いいねという機能も見た人の意思表示であると捉えられることから、いいねが多い順に並べることで面白い動画が視聴者に伝わりやすくなると同時に、配信者には、どういうことをしたときに視聴者の反応が良かったかを知ることができ、次の動画作成に繋げることができる。実際に5つの動画のいいね数を比較して並べたところ、くまモンがPPAPを踊る動画に837このいいねが付き一番多かったことから、実際にある音楽をくまモンが踊ったら面白かったと、視聴者の反応が良かったことが分かるのだ。 このようにLATCHごとに整理してみると、次のことが分かる。第一に、くまモンが様々なチャレンジをし、視聴者にチャレンジすることの楽しさ、難しさ、そして達成感を伝えることを目的に動画を挙げ視聴者もそれを見て楽しむという関係性であること。第二に、視聴者が求めていることをくまモン側が把握し、動画を挙げ、また人気度を挙げるといったウィンウィンな関係を築いていること。第三に、YouTubeを通してくまモンの需要性を高めている傾向にあることが分かる。 
21 
最近のくまモンの活動は伝統工芸品を作成したり、有名YouTuberとコラボ動画を撮ったりしている。有名YouTuberのヒロシや、おるたなチャンネルとコラボしている動画は1万回再生異常されているのに対して、他のソロでの動画は3000回再生と少ない。このようにLATCHごとに整理してみると次のことが分かる。第1にくまモンはあまり人気なYouTuberでは無いということ。最近テレビでよく見なくなっているのはそれほど需要が多くないということ。これはふなっしーも同じことが言える。 
22 
L台湾、フランス、オーストラリアと違う地域で撮影された動画である。 https://youtu.be/Zb39VSvrcBQ https://youtu.be/nrEAixQnlvU https://youtu.be/7kK9K3i3W-A A アルファベット順で並べたときにはじめと後ろにくる動画である。 https://youtu.be/-eWK_LmBMY0 https://youtu.be/UrLk7wX8_dU https://youtu.be/5kjqfO8XORI T 投稿された時間が新しいもの古いもの中間にあたる動画である。 https://youtu.be/ZOf1RaFkhzE https://youtu.be/OJkVIx1Cb6g https://youtu.be/NAbH-n6GA1M C 再生リストが作成されていた生配信、10周年ムービー、くまモンTVからそれぞれ選んだ動画である。 https://youtu.be/H4j5nvfn3GE https://youtu.be/MjqIGX9ScXs https://youtu.be/1QW7XYIyZ8E H 再生回数が最多、最少、中間の動画である。 https://youtu.be/pNayY33eivM https://youtu.be/DU5Kqq3n1fk https://youtu.be/Cq_-Gl-MDc0 このようにLATCHごとに整理して見ると、次のことが分かる。第1にYouTubeは検索をかけると人気の動画が上位に上がってくるため、アルファベット順が再生回数につながっているとは考えにくい。第2にコロナのせいで外で撮影できないためか、週に一度のペースで生配信を行っている。第3に動画の更新ペースが5ヶ月ほど前から上がっている。 
23 
https://youtu.be/HjxVDkfjTuQ フランス訪問編 https://youtu.be/fjpL8C9j_1Y ライブ配信 https://youtu.be/NAbH-n6GA1M 一番新しい投稿 https://youtu.be/pNayY33eivM 再生回数が一番多かった投稿 https://youtu.be/afv_h5pdmQ0 サムネがくから始まる動画(くまモンTV)  最近のくまモンの活動は、コロナウイルスにより外出せずに室内での投稿が多いです。また、ライブ配信などでみんな集まれっていう動画やコロナ対策をしてくれているみんなに感謝の気持ちを送る動画、プレゼント企画などみんなが喜ぶ動画を出しています。  このようにlatchごとに整理してみると次のことがわかります。第一に、再生回数が多い投稿は外での投稿が多く、くまモンTVから始まる投稿です。二つ目に、最近の投稿は、中での投稿が多いが、その分みんなに喜んでもらえるような投稿が多いです。そして三つ目に、フランス訪問は海外の人たちを喜ばせていて、世界にまで出てすごいと思うが、動画としては場所に囚われすぎていると再生回数が伸びていないと思いました。アクティブでしっかりとした企画があった方が再生回数が伸びると思いました。 
24 
1、https://youtu.be/PZw5J82cFBE 2、https://youtu.be/YNRbPBnMmwU 3、https://youtu.be/42e_0OVzdSU 4、https://youtu.be/tcAxUGe3wOQ 5、https://youtu.be/IF3Q8KgxEQ4 この様にLATCHごとに整理してみると次のことがわかる第一にLocation場所ごとに整理してみた。 東北地方から九州地方にかけて日本列島の北から南にかけて順番に並べてみたところ東北から九州まで広い範囲で活動していることがわかる。日本列島がわかる人なら視聴者が見たいところ行きたいところを探し出すことができる。また上記五つの中に入れていないが沖縄や北海道も存在していたので日本の端から端まで行っていることがわかる。 1、https://youtu.be/42e_0OVzdSU 2、https://youtu.be/YNRbPBnMmwU 3、https://youtu.be/IF3Q8KgxEQ4 4、https://youtu.be/tcAxUGe3wOQ 5、https://youtu.be/PZw5J82cFBE 第二に上記のサイトをAlphabet50音順に整理してみた。場所ごとの内容のため50音順はわかりずらく場所や内容ごとにもバラバラである。動画での50音順はまとまりがないことがわかった。 1、https://youtu.be/PZw5J82cFBE 2、https://youtu.be/tcAxUGe3wOQ 3、https://youtu.be/IF3Q8KgxEQ4 4、https://youtu.be/42e_0OVzdSU 5、https://youtu.be/YNRbPBnMmwU 第三に上記のサイトをTime時間順に整理してみた。時間順だと成長していることがわかったり前回の反省が活かされていたりと内容的に進んでいることがわかる。また前回の内容で話したことや感じたことを踏まえているので内容がわからないところなくみることができる。地域ごとにみたい場所がある場合は時間順ではわかりにくいかもしれないが場所ではなく内容をいくつかみる場合時間順が一番わかりやすいと感じる。 1、https://youtu.be/Ef5Xgpl3oZA 2、https://youtu.be/MjqIGX9ScXs 3、https://youtu.be/HjxVDkfjTuQ 4、https://youtu.be/H4j5nvfn3GE 5、https://youtu.be/nrEAixQnlvU 第四に上記(第一から第三)以外のサイトでCategory順に整理してみた。再生リストから一つずつとってきたものである。視聴者が見たいカテゴリ、内容別に動画を見ることができるのでわかりやすい。くまモンTVのみたいシリーズを見つけ出すことができる。 1、https://youtu.be/pNayY33eivM 2、https://youtu.be/afv_h5pdmQ0 3、https://youtu.be/UIhaPqr7RAs 4、https://youtu.be/OJkVIx1Cb6g 5、https://youtu.be/Gk_IpT0H1pc 第五に上記全てとは異なるサイトでHieralchy階層化順に整理してみた。これは人気順つまり再生回数が最も多い順番に並べたものである。初めてくまモンTVを見るときに面白いものから見てみようとしたりと初めて動画を見る人が参考にする内容だと思う。 
25 
まずlocationについてhttps://youtu.be/_Fx1hw9YdmUでこれは地元熊本で活動しているところです。https://youtu.be/IF3Q8KgxEQ4やhttps://youtu.be/7Qewvu5p_Cwなど数多く熊本外の日本全国を周りその地域のことを紹介しています。 そしてhttps://youtu.be/31VrWokwBIs やhttps://youtu.be/LL8qnPwbSIoではフランス、オーストラリアをくまモンが訪れ海外まで冒険してます。次にalphabetについて、hthttps://youtu.be/-eWK_LmBMY0、tps://youtu.be/F7NyOb4WX6k、と並べられます。次はtime です。これはYouTube内でも新しい順番や古い順番に並びかけることができます。 https://youtu.be/NAbH-n6GA1M、https://youtu.be/H4j5nvfn3GEは新しい順で、https://youtu.be/DwGlV-tavs8、https://youtu.be/cFdXuO0zBRYになります。新しい順の方がやはり近況なので、たくさんの人が見ていました。9年前の1番古い動画は視聴回数が千回であり、新しい方は1万回を超えるものがあるのでやはり人気であると分かりました。次にcategory では、https://www.youtube.com/playlist?list=PLET_90-yYWawh0LydVQdyTkN0ppw-E_nc、https://www.youtube.com/playlist?list=PLET_90-yYWax5S0Sa2H1VgGWxRJQVGQUB、https://www.youtube.com/playlist?list=PLET_90-yYWawq3Mi_-LzM6CqmtYX3AhHHのように、くまモンTV、くまモン十周年記念動画、熊本から元気をプロジェクトとカテゴリー別にYouTube上でも分けられています。YouTubeでは動画を出す側がカテゴリー別に割り振ることで、観る側が興味のあるものを絞ってみることができます。くまモンが地元へ貢献しているところが見たければ熊本から元気をプロジェクトのフォルダーから動画をさがします。次にHierarchyです。これは人気順になります。YouTubeないであると人気の動画順に並び替えることができます。https://youtu.be/pNayY33eivM、https://youtu.be/afv_h5pdmQ0のように再生回数が多い順に並び替えることができます。これは、いつもくまモンtvを見ていない人がくまモンの面白い動画を探すときに有効です。とりあえず、見てみるかと思ったら私は人気の動画順にします。そして、最近のくまモンの活動は活動の幅を広げていることがわかりました。9年前では熊本の行事に参加することなど熊本の人向けのように感じる動画でした。しかし人気が出るにつれ、県外へと進出し、知名度を増していきます。テレビにも出るようになり全国で人気が出るようになると、日本の様々な場所でたくさんの人と触れ合っている動画が多い印象です。そして、今では海外にも進出しています。そしてやってみた系が再生回数が多いです。なので最近もやってみた系の動画を出す頻度が多いことがわかりました。このように、latchごとに整理してみると、次のようなことがわかります。第一に、昔より活動の幅が広がっていること、やってみた系が人気であること、地域とくまモンの掛け合わせの動画の視聴回数が比較的多いということがわかりました。 
26 
私はLATCHのC(カテゴリー)ごとに分けてみた。※動画が多いため一部のみ ・生放送系 https://www.youtube.com/watch?v=qzZ5uz7YPwU(公開予定) https://www.youtube.com/watch?v=7uurpqDQSi4 https://www.youtube.com/watch?v=fjpL8C9j_1Y https://www.youtube.com/watch?v=dJDhXHO-30s https://www.youtube.com/watch?v=UVlY8MWMZhk ・挑戦系 https://www.youtube.com/watch?v=NAbH-n6GA1M https://www.youtube.com/watch?v=1QW7XYIyZ8E https://www.youtube.com/watch?v=fdu0Ijo_7ws https://www.youtube.com/watch?v=r7jlHR4W4gQ https://www.youtube.com/watch?v=1gySsF02RpY https://www.youtube.com/watch?v=U0r2L0dBvwQ https://www.youtube.com/watch?v=DgAjggcXivY https://www.youtube.com/watch?v=Ize4tVj4zTY https://www.youtube.com/watch?v=vpifpPs0GQg ・ファンのための企画系 https://www.youtube.com/watch?v=CCgYtfmy-r8 https://www.youtube.com/watch?v=nbc6-sTaEH8 https://www.youtube.com/watch?v=VdkJaIiD1XE https://www.youtube.com/watch?v=Td7nt4aI_mQ https://www.youtube.com/watch?v=psGliKEm5aY https://www.youtube.com/watch?v=x-w1zNPkmC0 https://www.youtube.com/watch?v=uXP68ZkQhmM https://www.youtube.com/watch?v=jWbDKvkYi_o https://www.youtube.com/watch?v=Nt9L4Q87Tv4 https://www.youtube.com/watch?v=JiptWFREVzk ・対決系 https://www.youtube.com/watch?v=I-ZxNauhij0 https://www.youtube.com/watch?v=MnyZ-wKblyo httpshttps://www.youtube.com/watch?v=cFfgwckFdcA https://www.youtube.com/watch?v=cFfgwckFdcA https://www.youtube.com/watch?v=B_OdZpbuxBI https://www.youtube.com/watch?v=RKEle3Yj2TQ https://www.youtube.com/watch?v=4zXrZot222c https://www.youtube.com/watch?v=szT-ZsrH1Zg https://www.youtube.com/watch?v=-eWK_LmBMY0 ・海外訪問系 フランス https://www.youtube.com/watch?v=HjxVDkfjTuQ https://www.youtube.com/watch?v=7zIe0-_muR8 https://www.youtube.com/watch?v=HSImlqzsBac https://www.youtube.com/watch?v=CQQalBXAq3c https://www.youtube.com/watch?v=iM5D8kgYuEs オーストラリア https://www.youtube.com/watch?v=LL8qnPwbSIo https://www.youtube.com/watch?v=If4WBPB64bg https://www.youtube.com/watch?v=nrEAixQnlvU ・熊本から元気をプロジェクト系 台湾編 https://www.youtube.com/watch?v=7kK9K3i3W-A https://www.youtube.com/watch?v=a4IfBYGW8mg 国内編 https://www.youtube.com/watch?v=Bg1Yx0dPOtc https://www.youtube.com/watch?v=o9Wk_umfGFc https://www.youtube.com/watch?v=Fmo8jcbGyMg https://www.youtube.com/watch?v=vom9WviOzWQ https://www.youtube.com/watch?v=20JkHuyqC6Y https://www.youtube.com/watch?v=9LFHWLM0IwM https://www.youtube.com/watch?v=NkkhJp3c_O4 https://www.youtube.com/watch?v=dPrAZtTQ_HE https://www.youtube.com/watch?v=eWL_0CCdS9A このようにLATCHごとに整理してみると、次のことがわかる。第1にくまモンへの予算がとても多い。または、再生数でものすごい額を稼いでいるということが考えられる。海外で一度に何個か撮影したとしてもそれなりに費用は掛かるはずだ。第2にくまモンがファンのことを大切にしているということだ。くまモンをただ見せるだけでなくファンとの触れ合いやファンのための企画も多かった。くまモンがファンのために動画を出し、再生回数が増えることでまた新しい挑戦ができる。そうするとことで新たなファンも増え、再生数も増えるというプラスの循環が起きているためくまモンはここまで人気になれたのだと考えました。 
27 
位置:スタジオ    https://www.youtube.com/watch?v=NAbH-n6GA1M&t=7s    https://www.youtube.com/watch?v=H4j5nvfn3GE    https://www.youtube.com/watch?v=7uurpqDQSi4    https://www.youtube.com/watch?v=nbc6-sTaEH8    現地    https://www.youtube.com/watch?v=CCgYtfmy-r8 アルファベット:https://www.youtube.com/watch?v=CCgYtfmy-r8         https://www.youtube.com/watch?v=NAbH-n6GA1M         https://www.youtube.com/watch?v=H4j5nvfn3GE         https://www.youtube.com/watch?v=7uurpqDQSi4         https://www.youtube.com/watch?v=nbc6-sTaEH8 時間:https://www.youtube.com/watch?v=nbc6-sTaEH8    https://www.youtube.com/watch?v=7uurpqDQSi4    https://www.youtube.com/watch?v=CCgYtfmy-r8    https://www.youtube.com/watch?v=H4j5nvfn3GE    https://www.youtube.com/watch?v=NAbH-n6GA1M カテゴリー:生配信       https://www.youtube.com/watch?v=H4j5nvfn3GE       https://www.youtube.com/watch?v=7uurpqDQSi4       企画もの       https://www.youtube.com/watch?v=nbc6-sTaEH8       https://www.youtube.com/watch?v=CCgYtfmy-r8       https://www.youtube.com/watch?v=NAbH-n6GA1M 視聴回数:https://www.youtube.com/watch?v=nbc6-sTaEH8      https://www.youtube.com/watch?v=7uurpqDQSi4      https://www.youtube.com/watch?v=H4j5nvfn3GE      https://www.youtube.com/watch?v=CCgYtfmy-r8      https://www.youtube.com/watch?v=NAbH-n6GA1M このようにLATCHごとに整理してみると、次のことがわかる。第1にコロナの影響かあまり外で何かをするということは少なく、最近はスタジオで企画ものか生配信をしている。第2に視聴回数が稼げるためか、生配信をそれなりの頻度で行っている。 
28 
https://www.youtube.com/watch?v=pNayY33eivM https://www.youtube.com/watch?v=Gk_IpT0H1pc https://www.youtube.com/watch?v=3FHCsNqTK0E https://www.youtube.com/watch?v=DwGlV-tavs8 https://www.youtube.com/watch?v=0C5pZgxgBe4 https://www.youtube.com/watch?v=GTvvNc9iFD4 https://www.youtube.com/watch?v=ZOf1RaFkhzE https://www.youtube.com/watch?v=UVlY8MWMZhk&t=3s https://www.youtube.com/watch?v=KTX359_WATA https://www.youtube.com/watch?v=PlJmW_Z4LX4 https://www.youtube.com/watch?v=oKkRo2pANz0 https://www.youtube.com/watch?v=8bgl_D4TuB8 私はKumamonTVの動画を抽出して分類・整理したことで、初めてみた動画であったのにもかかわらず、その動画の傾向や変化を読み取ることができた。特に、今回は動画の再生回数順に標本として12本の動画を抽出してみた。 このようにLATCHごとに整理してみると、次のことが分かる。第1に視聴者がくまモンに求めているのはゆるキャラらしからぬチャレンジ動画だということだ。一番多い再生回数を誇る動画は『くまモンTV #29「サカナ釣りに挑戦するモン!」( Kumamon TV #29)』この動画ではゆるキャラであるくまモンが実際に生きた魚を釣っているというギャップがある動画だ。また『くまモン、モンキー・くまモンVerで鈴鹿サーキットを走行!』や『くまモンALSアイスバケツチャレンジ!』のような明らかにゆるキャラがやるべきではないだろうと思ってしまうような企画に対して再生回数が多く記録されていることが分かる。第2に、こうした上位にある動画は総じて1~2分前後の動画が多い。これは気軽に見ることができることが要因の一つとして考えられる。また、その証拠に、動画時間の長くなってしまう生配信系の動画は再生回数が多くない。第3にくまモンの他のYouTuberとのコラボ動画が他と比較して再生回数が伸びていないことが挙げられる。一般的には再生回数が伸びやすいと言われているコラボ動画ではありますが、『くまモンTV #42「カジサックさん一家と視聴者プレゼントをかけた 緊張のババ抜き対決!!Part1」( Kumamon TV #42)』や『くまモンTV #58 人気YouTuberおるたなChannelさんとロールアイスを作ってみた! ( Kumamon TV #58)』のようなチャンネル登録者100万人を超えるYouTuberとのコラボでも1万再生に満たないという結果になっており、一般的には伸びるはずのコラボ動画での再生回数のなさが際立っている。最後に、『くまもとから元気を!プロジェクト』シリーズは全体的に再生回数が少ないことが分かる。この動画は地域交流を目的とした動画であるため、そのほかの動画に比べて、一目見て面白さが伝わるような動画ではないことが影響していると考えられる。以上のことから、くまモンの動画の人気はゆるキャラであるくまモンのゆるキャラらしからぬギャップというわかりやすい面白さと、気軽に見ることのできる動画にあり、一般的なYouTuberの動画とは求められるものが違っているということが分析できる。 
29 
このようにLATCHごとに整理してみると、次のことが分かる。第一ににLocationは熊本県・加藤神、AlphabetはkumamonTV #87、Timeは2020/5/18,Categoryはゆるキャラ、Hierarchyは87番目の動画である。 最近のくまモンの活動は生配信などを行っている。もともとは熊本県をメインに様々な観光地を訪れ、ゆるキャラととしての知名度を上げていた。また、海外にも足を運び世界的な人気を獲得しようとしていた。しかし、最近ではコロナウイルスの影響を受け、観光地に行くことを自粛しており、動画を通して室内で活動している。私が見た動画は観光地でくまモンが人力車を引く動画だったが、その動画も過去に撮影したものである。また、#87ということでくまモンはYouTubeに動画を投稿してから9年がたつ。本格的にkumamonTV のシリーズが始まったのは2年前からである。 https://www.youtube.com/watch?v=CCgYtfmy-r8&t=13s 
30 
https://youtu.be/NAbH-n6GA1M くまモンのカップスローチャレンジ https://youtu.be/CCgYtfmy-r8 くまモンの人力車体験 https://youtu.be/dLRM_aGRMLo くまモンのテーブルサッカー https://youtu.be/Td7nt4aI_mQ 巨大折り紙作ってみた 最近のくまモンの活動は、コロナに対する支援応援であったり、伝統的な文化に触れてそれを広めていく活動が主になっているとおもいます。ライブなどもしていて、みている人に少しでも元気を与えれるように、心掛けてているように見えました。そして、このようにLATCHごとに次のこと係わかります。第一に、時系列がとてもわかりやすく、それがどんな場所で行われているかもしっかりとわかることができます。何か、調べることがあるのならそれらを、LATCHを使って整理してみた方が自分もわかりやすいですし、それをみた相手もわかりやすいので、心掛けたほうが良いと感じました。 
31 
今回KumamonTVを見てLATCH事に分類していく。 L(location): 「位置・場所」によってデータ・情報を分類・整理する方法である。よく都道府県別で情報が整理されている事がある。以下の4個のURLは投稿が最新の順から何個かピックアップしたものだが、KumamonTVは色々な場所で撮影してる動画が多くいろんな県だったり多く、序盤に場所の概要が流れたりしている。 https://youtu.be/CCgYtfmy-r8 https://youtu.be/uXP68ZkQhmM https://youtu.be/1QW7XYIyZ8E https://youtu.be/0BhsHt_rCuM A(Alphabet): アルファベット順・五十音順によってデータ・情報を分類・整理する方法である。A~Z、あ~ん、の順番で並べていき、高い検索性を誇る分類法になっている。例としては、本の索引である。KumamonTVを五十音順で並べてみた結果2個のURLをあげる。他のに比べて数が少ない理由としては、1個目は五十音順で探した結果、「あ」から始まるのが1個あったのですが、あとのほぼはくまモンの「く」から始まる頭文字がほとんどだったため2つに絞りました。 https://youtu.be/I-ZxNauhij0 https://youtu.be/ZOf1RaFkhzE T(Time): 「時間軸」によってデータ・情報を分類・整理する方法である。年表や時刻表のような明確な年・日・時・分で整理する方法が代表的であり、タイムスケジュールなどのような「所要時間」で整理するタイプもある。KumamonTVで時間軸によって振り分けると以下の5個のURLになる。これらの5個の動画を見てみるとほぼ約1日1個配信してると読み取れる。毎回何かといった企画を投稿してるわけではないが、強いて言うならくまもん〇〇チャレンジ、くまもんTV#〇〇の企画だったり、ここ何日かでは生配信をちょくちょく投稿してるのが分かる。 https://youtu.be/NAbH-n6GA1M https://youtu.be/H4j5nvfn3GE https://youtu.be/CCgYtfmy-r8 https://youtu.be/7uurpqDQSi4 https://youtu.be/nbc6-sTaEH8 C(Category): カテゴリーによってデータ・情報を分類・整理する方法である。何らかの属性によって分類するやり方で、LATCHの他4つの分類法以外が当てはまる。 以下の3個のURLはKumamonTVの動画の中でも生配信というカテゴリーの最新の投稿の上位3つです。YouTubeには再生リストという項目があり、そこには色んなリストになっていて生配信やイベントとかのカテゴリーに分類されているのでまとめて視聴することができる。 https://youtu.be/H4j5nvfn3GE https://youtu.be/UVlY8MWMZhk https://youtu.be/dJDhXHO-30s H(Hierarchy): Hierarchyは序列という数量、重要度などにによってデータ・情報を分類・整理する方法であり、単純に身長や重さもこの分類法に当てはまり、ランキングもこのパターンに当てはまる。以下の5個のURLはKumamonTVの上位ランキングTOP5である。1番人気の動画の視聴回数は471万回であるが、2番目は134万回であり、3番目からは88万回と視聴回数が2桁に一気に落ちている。さらに4番目51万回、5番目32万回と急激に視聴回数が減っていることがわかる。 https://youtu.be/pNayY33eivM https://youtu.be/afv_h5pdmQ0 https://youtu.be/UIhaPqr7RAs https://youtu.be/OJkVIx1Cb6g https://youtu.be/Gk_IpT0H1pc このようにLATCHごとに整理してみると、次のことがわかる。第1にアルファベット順で分析するのは難しいと思いました。なぜならくまモンから始まる動画がほとんどだったので他の文字を探すのが辛かった。 第2にヒエラルキーとカテゴリーは若干似てる部分があると思いました。極端にいえばヒエラルキーの方はランキングなので上位からの動画もあれば、最も古い動画などと逆のパターンも抽出することが出来ると思いました。また、カテゴリーの方は分野ごとに分かれているのでこれといった企画とかの動画を見たいとなる時に一気に見られるっていうのがメリットだと思いました。第3にくまモンは各地方のロケのついでに動画を撮っているのか分かりませんが、割と結構の数の地方とかの動画が投稿されていました。 
32 
https://www.youtube.com/user/kumamontai/videos%EF%BC%89くまモンは国内のみならずフランスやオーストラリアなどにおいても撮影を行っている。アルファベットを推測するに検索順位は高くない。9年前から活動を行なっているようで、活動のメインのカテゴリーは観光である。再生回数は5000から10000回が多いが、「くまモンを探せ!」は突出した再生回数を記録していることが多い。このようにLATCHごとに整理してみると、次のことがわかる。第1に、くまモンは熊本のアピールを兼ねた文化的交流及び文化的振興を行なっている。第2に、1日当たりの平均再生回数が1万回を下回っていることを考慮すると、国内のみならず、海外からの関心は低いようである。 
33 
location:場所 https://youtu.be/CCgYtfmy-r8 https://youtu.be/D1RvWGMC9Dk https://youtu.be/U_KFFmAEEsg https://youtu.be/ooRjV4bFw0A https://youtu.be/RYQw2qfR008 国内ではなく、海外の動画を重きにおいた alphabet:あいうえお順 https://youtu.be/I-ZxNauhij0 https://youtu.be/lztc72vpyLU https://youtu.be/wrDRK7ahwSs https://youtu.be/D3kPrZ6AzGc https://youtu.be/dLRM_aGRMLo あいうえお順だったから。 Time:時間軸 https://youtu.be/ZOf1RaFkhzE https://youtu.be/oPZqVX86Oz0 https://youtu.be/eW-dY-aYcm8 https://youtu.be/Qyvf2ayOt3g https://youtu.be/cFdXuO0zBRY 古い動画ほど編集が雑 category:種類別 https://youtu.be/nrEAixQnlvU https://youtu.be/LL8qnPwbSIo https://youtu.be/If4WBPB64bg https://youtu.be/7kK9K3i3W-A https://youtu.be/a4IfBYGW8mg くまもんは餅つきが下手 Hierarchy:階層化 https://youtu.be/eex4VY3ryHs https://youtu.be/MpNygTJZv08 https://youtu.be/OJkVIx1Cb6g https://youtu.be/s9WMin98k1k https://youtu.be/2WWK21HvgGA #の順番を揃えた このようにLATCHごとに整理してみると、次のことがわかる。第1にくまもんは古い動画ほど動きが活発である。そして第2に海外での動画はくまもんは喋らなくていいため、会話がしやすそうだった。 
34 
L・・・https://www.youtube.com/watch?v=H4j5nvfn3GE くまモン生放送    https://www.youtube.com/watch?v=LNRLES2DbT0 熊本名物いきなり団子を食べる    https://www.youtube.com/watch?v=NihNm04SAkM くまモンフランス旅行   https://www.youtube.com/watch?v=WAtYKFSMJ5M 熊本開催ラグビー・ハンドボール大会PRwithYOSHIKI A・・・https://www.youtube.com/watch?v=I-ZxNauhij0 あかうし君と対決    https://www.youtube.com/watch?v=2FtjQn8OZ5s キャンドルを作るくまモン T・・・https://www.youtube.com/watch?v=qzZ5uz7YPwUくまモンTVライブ 2020/05/31 13:00開始予定    https://www.youtube.com/watch?v=H4j5nvfn3GE くまモンTVライブ 2020/05/24  13:00〜 C・・・https://www.youtube.com/user/kumamontai/playlists くまモンチャンネル再生リスト H・・・https://www.youtube.com/watch?v=pNayY33eivM くまモンTV人気 1位 釣り動画     https://www.youtube.com/watch?v=afv_h5pdmQ0 くまモンTV人気2位 くまモンを探せ     https://www.youtube.com/watch?v=B8qfFs_opg0 くまモンTV人気3位 くまモンを探せ このようにLATCHごとに整理してみると以下のようなことがわかる。 第一に、くまモンTVの動画のロケーションはかなり幅広いということだ。ころなが広まる前の一ヶ月前までyoutubeに上がっていた動画は、熊本をPRするための地元動画や、くまモンがフランスに旅行するなど、ゆるキャラとしてはあまり考えにくいような活動をアップしている。これは熊本だけでなく、くまモン自体を好きになってもらうという目的のためだと考えることができる。くまモンの活動が広まることで、熊本自体も好きになってもらえる機会が増える、といった考えだろうか。XJAPANのYOSHIKIをはじめとする有名人、芸能人とのコラボも目立った。 第二に、くまモンTV内の動画は、整理されているようで意外と乱雑にされていることだ。くまモンTVというメインのコンテンツはチャンネルの再生リストに加えられているものの、全体的に「くまモン、〜〜」というタイトルが多いため、特定の動画を検索することは難しいのではないかと感じた。 第三に、くまモンがターゲットとしている年齢層は、小さい子供から主婦、(高齢層)であるということだ。 くまモンTVの人気動画の上位3つが、くまモンが釣りをする、くまモンとかくれんぼをするといった子供にとって受けが良さそうな動画であり、最近くまモンTVで放送されているくまモンTVライブも、開始の時間が13:00〜と、お昼時で子供が母親や祖父、祖母などと一緒にみることを想定している時間帯に放送していると考えることができる。 以上3点から、くまモンのyoutubeチャンネルは地元熊本やくまモン自身をアピールする内容のくまモンTVをメインコンテンツとして小さい子供から主婦層などをターゲットに活動しており、最近はコロナの中でお昼どきに生放送をするといった活動をしていることがわかる。他にも芸能人などともコラボすることがあり、そういったファン達からもくまモンファンになってもらおうという考えが伝わってきた。メインターゲットが子供たちなので、他の層に刺さる動画は見つけにくいものの、探せば少なからず存在していることがわかった。(私は、くまモンが海外の人と麻雀をしている動画に興味を引かれた。https://www.youtube.com/watch?v=GTvvNc9iFD4)     
35 
第一にLATCHのLは場所であり、https://www.youtube.com/watch?v=B8qfFs_opg0 ここから熊本を拠点として活動していることがわかる。 第二にLATCHのCは種類であり、https://www.youtube.com/watch?v=x-w1zNPkmC0・https://www.youtube.com/watch?v=dLRM_aGRMLo・https://www.youtube.com/watch?v=uXP68ZkQhmMをみてわかるように企画ものや視聴者へのプレゼントや音楽系の動画を出しているがすべて熊本にかかわるものである。よってこれらの動画は熊本を大勢の人に知ってもらうためのものと言える。 
36 
【くまモンTV】 https://youtu.be/NAbH-n6GA1M →くまモンのカップインチャレンジ。くまもんのちょっとした挑戦や企画をおこなっている。見ていて笑えるし元気をもらえると感じた。可愛い。 【くまモンTVEX】 https://youtu.be/NihNm04SAkM →外国に訪れてその国の紹介や、くまモン自身が文化を体験したりして良さを伝えている。 【訪モン記~オーストラリア篇~】https://youtu.be/nrEAixQnlvU 【訪モン記~フランス篇~】https://youtu.be/rQgXWF7a9vI →海外訪問の動画。国ごとに分けられている。熊本のアピールも忘れていない。 【くまもとから元気をプロジェクト!~台湾篇~】https://youtu.be/7kK9K3i3W-A →海外の人々との交流や、海外に住む日本人と交流し、互いに支え合っている。 くまモンの活動は、人々を笑顔にしたり元気を与えたり、熊本のみではなく海外の魅力をも引き出すような活動を行っているように思えた。素敵な企画を考えていると思う。 このようにLATCHごとに整理してみると、次のことがわかる。第1にわかりやすいということがあげられる。第2に、興味のある類を集中的にみることも可能である。 
37 
KumamonTV(https://www.youtube.com/user/kumamontai/videos)の465本中からそれぞれ少数を抜き出してLATCHごとに整理したいと思います。ツールを一部用いてサンプルを集めました。 L:撮影地ごとの分類です。 熊本 https://youtu.be/B8qfFs_opg0 A:あいうえお順の分類になります。あ~ https://www.youtube.com/watch?v=lztc72vpyLU https://www.youtube.com/watch?v=maGDmFZziAM https://www.youtube.com/watch?v=wrDRK7ahwSs https://www.youtube.com/watch?v=DU5Kqq3n1fk https://www.youtube.com/watch?v=D3kPrZ6AzGc https://www.youtube.com/watch?v=soH_4-0YY60 T:直近の動画からの分類です。最近の動画を見たいときに使える分類です。上から最新です。 https://www.youtube.com/watch?v=NAbH-n6GA1M https://www.youtube.com/watch?v=H4j5nvfn3GE https://www.youtube.com/watch?v=CCgYtfmy-r8 https://www.youtube.com/watch?v=7uurpqDQSi4 https://www.youtube.com/watch?v=nbc6-sTaEH8 https://www.youtube.com/watch?v=dLRM_aGRMLo https://www.youtube.com/watch?v=fjpL8C9j_1Y https://www.youtube.com/watch?v=VdkJaIiD1XE https://www.youtube.com/watch?v=Td7nt4aI_mQ C:動画内でくまモンのすることのジャンル分けです。ジャンルごとの好みに合わせて視聴できます。 エール系 https://www.youtube.com/watch?v=VdkJaIiD1XE 挑戦系 https://www.youtube.com/watch?v=0apZ3eUJPI4 https://www.youtube.com/watch?v=DgAjggcXivY 楽曲系 https://www.youtube.com/watch?v=nbc6-sTaEH8 コラボ系 https://www.youtube.com/watch?v=ka0iaU1OWBA イベント系 https://www.youtube.com/watch?v=MjqIGX9ScXs 生配信 https://www.youtube.com/watch?v=UVlY8MWMZhk ものづくり https://www.youtube.com/watch?v=1QW7XYIyZ8E プレゼント https://www.youtube.com/watch?v=uXP68ZkQhmM H:視聴回数による分類です。視聴者からの人気度が直感的にわかります。上から高視聴回数です。 https://www.youtube.com/watch?v=B8qfFs_opg0 https://www.youtube.com/watch?v=1gySsF02RpY https://www.youtube.com/watch?v=ooRjV4bFw0A https://www.youtube.com/watch?v=ka0iaU1OWBA https://www.youtube.com/watch?v=U0r2L0dBvwQ https://www.youtube.com/watch?v=UVlY8MWMZhk https://www.youtube.com/watch?v=fdu0Ijo_7ws https://www.youtube.com/watch?v=jWbDKvkYi_o https://www.youtube.com/watch?v=x-w1zNPkmC0 このようにLATCHごとに整理してみると、次のことがわかる。第1に・・・Aによる分類は動画の分類としてまったく正しくないでしょう。タイトルの付け方は区々ですし、シリーズものであると同じものから始まることが多いです。 第2に、撮影地ごとの分け方では明記されていないモノが多く内容としてもわざわざ分類する必要は無いとわかりました。直近のアップロードと再生数に関しては、youtubeの並べ替え機能を使えばわかりますし、ジャンル分けに関しても再生リストによって分けられていることが多いためおなじくわかりやすいです。  これによってyoutubeは視聴者のみたいモノを探せるような分類に基づいた機能を有しているとわかりました。 
38 
このKumamonTVを整理するのにL.T.C.Hが有効だと思った。 L 全動画熊本に関している。理由としては熊本のPRを前提としているから。 T YouTubeではあまり長い動画は好まれない。https://www.youtube.com/watch?v=afv_h5pdmQ0 C 企画ものや熊本の宣伝に大きく分けれる H 再生回数(人気の動画)が見られやすい https://www.youtube.com/watch?v=NAbH-n6GA1M  このようにLATCHごとに整理してみると、次のことが分かる。第一にYouTubeの視聴者はそのチャンネル自体が好きという人と見たいもののカテゴリーで分ける人と人気の動画を見るという人だ。  第二にTとHの関係性だ。再生回数の多い順に並べると上位のものは動画の時間が短い。その理由としては簡潔に情報を得れる動画が好まれている。  最後に最近のくまモンは熊本の宣伝というよりはくまモンTVのPRをしているように思える。企画ものをやることによりくまモンTVの認知度をあげて熊本のことを知ってもらう流れにしている。 
39 
location面で見ると、飯田橋に来ることもありますhttps://www.youtube.com/watch?v=dLRM_aGRMLoが、 https://www.youtube.com/watch?v=D1RvWGMC9Dk、https://www.youtube.com/watch?v=CCgYtfmy-r8とご当地キャラクターということもあり熊本での活動が多良いです。アルファベット順にすると、P P A Pなどの話題に乗った題名https://www.youtube.com/watch?v=nbc6-sTaEH8などもありますが、ほとんどが「くまモンT V〜」と始まっています。https://www.youtube.com/watch?v=Ize4tVj4zTY、https://www.youtube.com/watch?v=ZuWKWSLwbAc 次に、2年前には1本も出していないなどばらつきがありますが去年と今年が格段に多くなっています。また今年はすでに去年と同じ数ほどの動画を出しているので、今年が一番動画を出す回数が多くなる可能性があります。 カテゴリーで分けて分析すると、様々なカテゴリーに手を伸ばしており、このカテゴリーが特に多いなどは無いと思いました。あえてあげるとするならば、熊本での撮影が多いので熊本でのイベントの動画が多いです。 再生回数順にすると、魚釣りhttps://www.youtube.com/watch?v=pNayY33eivMが一位となっておりくまモンののほほんとした雰囲気を楽しんでいる視聴者が多いようです。 このようにLATCHごとに整理してみると、次のことがわかる。第1にコロナ対策として生放送が増えてる状況です。また、平均視聴率が2万人のチャンネル登録者を持っているにも関わらず、約8000ととても少ないです。このように最近は勢いがなくなってきているようです。 
40 
 くまもんTVの内容について整理するために、「L」「T」「C」「H」のカテゴリーを使って分析する。  まず「L」の位置について。ほとんどの動画が熊本をPRするためのものであるため、熊本で撮影された動画が多かった。  「T」時間について。動画の時間は短いものが多く長くても10分程度であり、ほとんどが2~3分ぐらいであった。再生回数は短いもののほうが多く、多くの人に見てもらえている傾向があった。動画の時間が長いものについては、LIVE配信されたものの録画であった。  「C」カテゴリーについて。大きく2つにわけることができた。1つ目は、熊本をPRするためのものだ。https://www.youtube.com/watch?v=sjlxrKtnopg熊本の観光名所にくまもんが訪れ、そこで様々な体験をして良さを伝えていた。2つ目はくまもんそのものに興味をもってもたうための動画だ。https://www.youtube.com/watch?v=NAbH-n6GA1M&t=3sくまもんがカップスローチャレンジやっていたり、巨大な折り紙でかぶとを作ていたりする内容で、くまもんのかわいらしさが良く伝わってきた。 「H」序列について。再生回数で調べたところ一番おおかったのはhttps://www.youtube.com/watch?v=pNayY33eivMだった。  動画を通して、最近のくまもんの活動をLATCHごとに整理してみると、次のことがわかる。第1に、熊本のPR動画より、くまもんのキャラクターを知ってもらうための動画が多く見られたということだ。。熊本のキャラクターである、くまもんを売り出すための企画で構成されており、熊本とは関係ない内容であった。第2に、「T」動画の時間と「H」再生回数は関係しているということだ。動画の時間が短いほど再生回数は多かった。なので、視聴者は、動画の時間が短いと、見てみようという気持ちになりるのではないかと考えた。詳しい情報より、まずは知ってもらいたいという目的で作られた動画はほとんどが短いものであり長くても10分いないで収められていた。最近のくまもんは、くまもとを売るよりくまもん自身を売ろうとしていることが分かった。 
41 
①https://youtu.be/NAbH-n6GA1M この動画ではくまモンが輪投げをして遊んでいる様子を可愛らしく伝えている。くまモンを知ってもらおうというよりもくまモンが好きな人に見て楽しんでもらう、そんな感じの動画だ。 ②https://youtu.be/RKEle3Yj2TQ この動画ではロアッソ熊本のロアッソ君とPK対決をする事でくまモンの愛嬌を引き出しながら、ご当地である熊本のサッカーチームの宣伝も兼ねているかのような動画だ。 ③https://youtu.be/4PwH1ptEP4E この動画ではくまモンがフランスに渡り、世界遺産を紹介しながらハンドボール世界選手権大会の宣伝も兼ねている。またとても楽しそうに紹介している様子が魅力的だ。 このようにLATCHごとに整理してみると、次のことがわかる。第1にKumamon TVは多岐にわたって色々なジャンルのネタを持っている事が分かる。またどの動画も中身を見てみるとご当地キャラクターとしての良さが引き立つような工夫を施されている。PKの様子を見ても愛らしい様子でボールを蹴っているだろう。くまモンは人々の心を明るくさせるキーパーソンなのだ。 
42 
 くまモンTVについてLATCH分類を行う。今回は多くの動画の中から幾つか抜粋して分類を行う。今回分類に使用する動画はこちら。 ❶「くまモン くまもとサプライズin2018オーストラリアhttps://youtu.be/nrEAixQnlvU」2018年8月22日 5688再生回数 ❷「くまモン 2017part1世界遺産モン・サン・ミッシェル二度あることは三度あるモン!?https://youtu.be/7zIe0-_muR8」2018年8月22日 9235再生回数 ❸「くまもとから元気をプロジェクト!宮崎編part2 https://youtu.be/6To9zCUFhqk」2017年4月3日 1449再生回数 ❹「くまモンTVEX#35くまモン訪モン記秘密のくまモンスパイス!」 https://youtu.be/mKXV_8HXdGY」2019年11月21日 4313再生回数 ❺「みんな集まれ!生配信だモン♪ https://youtu.be/H4j5nvfn3GE」2020年5月4日 6647再生回数 以上の5種類を選別し集めた。    分類1 Location(位置) この分類では、場所(国や県ごとに分類)を行う。 ①フランス分類、❷https://youtu.be/7zIe0-_muR8、❹ https://youtu.be/mKXV_8HXdGY、 ②オーストラリア分類❶ https://youtu.be/nrEAixQnlvU、 ③宮崎県分類、❸https://youtu.be/6To9zCUFhqk、 ④インターネット分類、❺ https://youtu.be/H4j5nvfn3GE この分類は、題名から場所の情報を読み取り、分類を行なった。場所が載っていない場合は、概要欄に飛ぶ。  分類2 Alphabet(アルファベット) この分類では五十音順で分類を行う。抜粋をしてわかったことは、くまモンTVではシリーズ動画が多かった。特にくまモンのく〜の頭文字が多かった。 ①❸https://youtu.be/6To9zCUFhqk ②❺https://youtu.be/H4j5nvfn3GE ③❷ https://youtu.be/7zIe0-_muR8 ④❶ https://youtu.be/nrEAixQnlvU ⑤❹ https://youtu.be/mKXV_8HXdGY  分類3 Time(時間) この分類では投稿日によって分類を行なった。1番古くて2010年8月13日に投稿されていたものがあった。 ① 1番昔のものhttps://youtu.be/6To9zCUFhqk ② 番目https://youtu.be/nrEAixQnlvU、(同率)https://youtu.be/7zIe0-_muR8 ③ 番目https://youtu.be/mKXV_8HXdGY ④ 最も最近なものhttps://youtu.be/H4j5nvfn3GE 分類4 Category(カテゴリー) 今回の分類では海外で行うもの、日本で行うもの、ネットで行ったものに分類した。 海外分類(❷https://youtu.be/7zIe0-_muR8、 ❹ https://youtu.be/mKXV_8HXdGY、❶https://youtu.be/nrEAixQnlvU、) 日本分類(❸https://youtu.be/6To9zCUFhqk) ネット分類(❺ https://youtu.be/H4j5nvfn3GE)  分類5 Hierarchy(序列) この分類では人気順(再生回数)で分類を行なった。 1位. https://youtu.be/7zIe0-_muR8 2位. https://youtu.be/H4j5nvfn3GE 3位. https://youtu.be/nrEAixQnlvU 4位. https://youtu.be/mKXV_8HXdGY 5位. https://youtu.be/6To9zCUFhqk    このようにLATCHごとに整理してみると、次のことがわかる。第1にLocationやCategoryで分類すると、沢山の動画があるくまモンTVでは、あまりにも大雑把な分類方法になった。ここでは、その特定な地域で行っている動画を探してたい時に使われるものである。YouTube上ではよくある再生リストなるもので、分けられていた。  第2に、Hierarchyの分類では、よく動画を検索した際に最も上に来る、再生回数が最も多いのが来る、と言った検索と同じかような分類方法が使われていた。くまモンに当てはめると、最近も過去も再生回数はまばらであった。  第3にAlphabet順ではくまモンの動画だと、「くまモン…」のように最初にくが必ず来るのでわかりずらかった。  第4に、Timeで分析してみると投稿日を気にして検索するのに便利である。くまモンは最近テレビで耳にすることが少なくなったが、YouTube上では活動することが多いようだ。  第5に、LATCH全体で分析してみると、最近のくまモンの活動は、以前は海外ロケや全国の宣伝番組を行っていたが、緊急事態宣言が発令した後は、主にインターネットでの活動が増えていることがわかった。 
43 
くまモンTVについて  171780 鶴岡 由紀乃 1.Location(位置) 熊本県 ・くまモンTV #27「くまモンを探せ!米塚!」( Kumamon TV #27 ) ・くまモンTV #17「くまモンを探せ!﨑津教会編」( Kumamon TV #17 ) ・くまモンTV #3「くまモンを探せ!大観峰編」( Kumamon TV #3 ) ・くまモンTV #10「くまモンを探せ!鍋ヶ滝編! 」( Kumamon TV #10 ) ・くまモンTV #72 絶叫!巨大バギーで阿蘇を駆け巡る! ( Kumamon TV #72) ・くまモン馬に乗る(くまもとから元気をプロジェクト阿蘇番外編) ・くまモンTV #23「くまモンを探せ!池山水源!」( Kumamon TV #23 ) ・くまモンTV #7「くまモンを探せ!高森湧水トンネル編! 」( Kumamon TV #7 ) →これらのことからくまモンは地元熊本の魅力を伝える活動を主に行っていることがわかる。中でも観光地に関するものが多いように感じる。 2.Alphabet(アルファベット) 五十音 ・「あか牛くんとお絵かき対決!/熊本県産牛肉を救う特別企画」 ・イルカに乗ったくまモン!その1 ・イルカに乗ったくまモン!その2 ・上を向いて歩こう (くまモン) ・エアロビくまモン! ・お座敷くまモン →これらのことから動物やスポーツといった多岐にわたる活動をしていることがわかる。 3.Time(時間) 新しい順 ・くまモンTV #88 カップスローチャレンジ!決めてみせるモン! ( Kumamon TV #88) ・みんな集まれ!生配信だモン♪ ・くまモンTV #87 突撃サプライズ!くまモン人力車! ( Kumamon TV #87 ・みんな集まれ!生配信だモン♪ ・PPAP-2020-/KUMATAROくま太郎 (くまモン PPAP) ・くまモンTV #86 絶対に負けられないモン!テーブルサッカー日本チャンピオンと対決してみたモン! ( Kumamon TV #86) ・みんな集まれ!生配信だモン♪ ・コロナ対策に頑張っている皆さん、ほんとうにありがとうだモン!/ひとを想うやさしさがいい明日をつくる。 ・くまモンTV #85 こどもの日企画!巨大折り紙でカブトを作ってみたモン! ( Kumamon TV #85) ・みんな集まれ!生配信だモン♪ ・くまモンTV #84 祝2万人突破記念!くまモンお手製プレゼント企画! ( Kumamon TV #84) 古い順 ・くまモン草スキー ・くまモン清和文楽とダンス ・くまモン忍者とベロタクシー ・くまモン餅つき ・くまモンたこあげ ・くまモン地震体験 ・くまモン発表会に参加!(幼育園) ・くまモン豆まき ・くまモン イルカクルーズ ・くまモンがくまモン凧揚げ →これらことから流行りや時期に合った企画を行っていることがわかる。また、昔は題名やサムネイルが簡潔かつシンプルであったのに対し、近況では題名をキャッチーなものやポップなものにしていることがわかる。 4.Category(カテゴリー) くまモンを探せ!シリーズ系 ・くまモンTV #27「くまモンを探せ!米塚!」( Kumamon TV #27 ) ・くまモンTV #17「くまモンを探せ!﨑津教会編」( Kumamon TV #17 ) ・くまモンTV #3「くまモンを探せ!大観峰編」( Kumamon TV #3 ) ・くまモンTV #23「くまモンを探せ!池山水源!」( Kumamon TV #23 ) ・くまモンTV #7「くまモンを探せ!高森湧水トンネル編! 」( Kumamon TV #7 ) ダンス系 ・くまモン体操初音ミクバージョン2013 2 11 ・くまモンがヘビーローテーション ・くまモン体操 東北復興バージョン(2013年2月11日) ・くまモンザイル ・くまもとから元気をプロジェクト!(くまモン)~青森編②~青森市篇 ・くまモン、ダンス自主練習中。 震災支援&熊本から元気をプロジェクト系 ・くまもとから元気をプロジェクト 記者発表2012 10 16 ・くまもとから元気をプロジェクト!大分日田編(くまモン) ・くまもとから元気をプロジェクト(くまモン)宮城編パート③仙台市 ・くまもとから元気をプロジェくまもとから元気をプロジェクト!(くまモン)~青森編②~青森市篇クト(くまモン)福井編パート① ・くまもとから元気をプロジェクト!(くまモン)~福島篇パート②~南相馬 ・くまもとから元気をプロジェクト!(くまモン)~長野県②~長野市篇 ・くまもとから元気をプロジェクト ~富山編①~ ・7 3:09 再生中 くまもとから元気をプロジェクト! 石川篇Part③ KumamonTV ・くまもとから元気をプロジェクト 島根篇パート①くまモン 熊本地震への支援・お礼の旅ーフランス・パリ篇ー ・くまもとから元気をプロジェクト 台湾編① ・くまモン 熊本地震への支援・お礼の旅ーフランス・リヨン篇ー →これらのことからジャンル問わず多くの活動を行っていることがわかる。くまモンを探せ!シリーズでは熊本での動画が多い中、震災支援&熊本から元気をプロジェクトに関しては、熊本に限らず日本全土と台湾、フランスといった多くの場所で活動していることがわかる。また、ダンス動画も多くの人が楽しめるように有名人や有名曲で行っていることがわかる。 5.Hierarchy(序列) 人気順 ・くまモンTV #29「サカナ釣りに挑戦するモン!」( Kumamon TV #29 ) ・くまモンTV #27「くまモンを探せ!米塚!」( Kumamon TV #27 ) ・くまモンTV #17「くまモンを探せ!﨑津教会編」( Kumamon TV #17 ) ・くまモンTV #3「くまモンを探せ!大観峰編」( Kumamon TV #3 ) ・くまモン、モンキー・くまモンVerで鈴鹿サーキットを走行! ・くまモン体操初音ミクバージョン2013 2 11 ・くまモンTV #8「動物たちとかけっこ競争! 」( Kumamon TV #8 ) ・くまモンTV #10「くまモンを探せ!鍋ヶ滝編! 」( Kumamon TV #10 ) ・くまモンTV #23「くまモンを探せ!池山水源!」( Kumamon TV #23 ) ・くまモンTV #7「くまモンを探せ!高森湧水トンネル編! 」( Kumamon TV #7 ) →これらのことから熊本に関する動画が人気なことがわかる。特に人気なものはくまモンを探せ!シリーズである。また、上位に入っている物はここ一年内の動画が多いことがわかり、タイトルやサムネイルもキャッチーなものやポップなものが多いように感じる。 ・分析説明 このようにLATCHごとに整理してみると、次のことがわかる。第1に活動拠点が熊本だけに限らないことである。地元のみに留まらず、多くの場所で活動していることがわかる。これにより、より多くの人が興味を持ち、くまモンと出会えるように促されている。第2にくまモンが多くの視聴者に観てもらえるような工夫をしていることがわかる。主な工夫はタイトル名やサムネイルをキャッチーなものやポップなものにすることだ。これにより、視聴者を視覚から惹き寄せることができる。またさらに、動画内容が視聴者とくまモンがコミュニケーションを行えるものであることがわかる。つまり、視聴者はただ動画を視聴するのではなく、動画の内容に参加することができ、楽しめる作りになっているということだ。これにより、より視聴者の心を掴むことができ、くまモンと熊本のファンを作ることができるだろう。第3に、動画の内容が年代問わず様々な人が楽しめる内容になっているといえる。これにより、幅広い年代の人をファン層に取り込めるだろう。第4に、震災支援などの内容を取り扱っていることから社会問題解決へ力を入れていることがわかり、社会貢献性が高いといえる。これにより、視聴者も社会問題を身近に感じ、当事者意識を持てるのではないかと考える。そうして一人ひとりの意識を変えていくことで、社会を少しずつ変えていけるのではないかと感じた。 上記のことをまとめると、くまモンは近年多くの場所で活動しており、年代問わず多くの人が楽しめるように活動していることがわかる。その反面で、震災支援活動なども行っており、地元のPRだけでなく日本全土に元気や活気を届けるような活動も行っているといえる。また、視聴者やファンとコミュニケーションを取ることを重要視していることがわかる。 
44 
KumamonTVを見て、下記のLATCHごとに整理し、最近のくまモンの活動について分析した。 Location(位置) ・https://youtu.be/eex4VY3ryHs ・https://youtu.be/OJkVIx1Cb6g ・https://youtu.be/vpifpPs0GQg ・https://youtu.be/LNRLES2DbT0 ・https://youtu.be/I-ZxNauhij0 位置や場所の場合、都道府県別に整理することができる。上記の動画は全て熊本県で撮影され、熊本県のマスコットキャラクターとして熊本をPRすることが目的の動画である。位置で分類することで、調べたい位置のキーワードが分かればよりデータが探しやすいと思う。 Alphabet(アルファベット) ・https://youtu.be/-eWK_LmBMY0 ・https://youtu.be/B_OdZpbuxBI ・https://youtu.be/F7NyOb4WX6k アルファベットの場合、五十音順で整理することができる。上記は“あ“から始まる動画を集めた。五十音順は題名がわかっていればシンプルで分かりやすい方法だと思う。 Time(時間) ・https://youtu.be/eex4VY3ryHs ・https://youtu.be/Nt9L4Q87Tv4 ・https://youtu.be/CCgYtfmy-r8 時間の場合、年表として整理することができる。ここでは古い順に整理した。上から1年前、半年前、1週間前の順になっている。古い順に並べることによって始まりから今にかけて順に見ることができるので分かりやすいと思う。 Category(カテゴリー) ・https://youtu.be/sjlxrKtnopg ・https://youtu.be/NAbH-n6GA1M ・https://youtu.be/BbXesREESZ8 カテゴリーの場合、企画ごとに整理することができる。例えば、くまモンを探せ・チャレンジ企画・対決企画などがあげられる。カテゴリーごとに整理すると分類にまとまりがあるため、かなり分かりやすいと思う。 Hierarchy(序列) ・https://youtu.be/pNayY33eivM ・https://youtu.be/afv_h5pdmQ0 ・https://youtu.be/UIhaPqr7RAs 序列の場合、ランキングとして整理することができる。上記にあげたものは、視聴数が多い動画ベスト3である。数字に関係してくるデータの場合は1番分かりやすい方法だと思う。 このようにLATCHごとに整理してみると、次のことがわかる。第1に、くまモンは地元である熊本のゆるキャラとして、様々な企画を通して熊本をPRするための活動をYouTubeで行っていることがわかる。これは、くまモンが実際に体験したり、観光地に行くことでより魅力を伝えようとしている。第2に、いろいろなジャンルに挑戦していることがわかる。これは、見る側が内容の変化を楽しめると思うので飽きずに見ることができると思った。上記の内容から最近のくまモンの活動は、熊本の良さをPRすると同時に、動画を通して視聴者を楽しませることを目的にしていると考えた。また、最近ではコロナ対策として手洗い動画やメッセージ動画などをあげ、その時の現状を考えながら活動しているといえる。 
45 
【場所】  熊本 ■くまモン草スキーhttps://youtu.be/ZOf1RaFkhzE ■くまモンヒストリーhttps://youtu.be/9kMVx7TXQtI ■くまモンTV #29「サカナ釣りに挑戦するモン!」( Kumamon TV #29 )https://youtu.be/pNayY33eivM ■くまモンTV #88 カップスローチャレンジ!決めてみせるモン! ( Kumamon TV #88)https://youtu.be/NAbH-n6GA1M   国内他県 ■くまモン体操初音ミクバージョン2013 2 11https://youtu.be/nsAG0iKLihQ ■くまもとから元気をプロジェクト!(くまモン)~青森編③~弘前市篇https://youtu.be/zfCdsRTRFIc ■くまモン、モンキー・くまモンVerで鈴鹿サーキットを走行!https://youtu.be/Gk_IpT0H1pc ■くまもとから元気をプロジェクト! 宮崎篇Part②https://youtu.be/6To9zCUFhqk ■くまモンTV #41「あの人気YouTuberカジサックさんとコラボ! ギャグを伝授してもらうモン!!」( Kumamon TV #41)https://youtu.be/F7NyOb4WX6k   海外 ■くまもとから元気をプロジェクト 台湾編①https://youtu.be/7kK9K3i3W-A  【タイトル】 ■くまもとから元気をプロジェクト!(くまモン)~青森編③~弘前市篇https://youtu.be/zfCdsRTRFIc ■くまもとから元気をプロジェクト台湾編①https://youtu.be/7kK9K3i3W-A ■くまもとから元気をプロジェクト! 宮崎篇Part②https://youtu.be/6To9zCUFhqk ■くまモン草スキーhttps://youtu.be/ZOf1RaFkhzE ■くまモン体操初音ミクバージョン2013 2 11https://youtu.be/nsAG0iKLihQ ■くまモンヒストリーhttps://youtu.be/9kMVx7TXQtI ■くまモン、モンキー・くまモンVerで鈴鹿サーキットを走行!https://youtu.be/Gk_IpT0H1pc ■くまモンTV #29「サカナ釣りに挑戦するモン!」( Kumamon TV #29 )https://youtu.be/pNayY33eivM ■くまモンTV #41「あの人気YouTuberカジサックさんとコラボ! ギャグを伝授してもらうモン!!」( Kumamon TV #41)https://youtu.be/F7NyOb4WX6k ■くまモンTV #88 カップスローチャレンジ!決めてみせるモン! ( Kumamon TV #88)https://youtu.be/NAbH-n6GA1M  【投稿時期】  9年前 ■くまモン草スキーhttps://youtu.be/ZOf1RaFkhzE   8年前 ■くまモンヒストリーhttps://youtu.be/9kMVx7TXQtI  7年前 ■くまモン体操初音ミクバージョン2013 2 11https://youtu.be/nsAG0iKLihQ   6年前 ■くまもとから元気をプロジェクト!(くまモン)~青森編③~弘前市篇https://youtu.be/zfCdsRTRFIc   5年前 ■くまもとから元気をプロジェクト 台湾編①https://youtu.be/7kK9K3i3W-A   4年前 ■くまモン、モンキー・くまモンVerで鈴鹿サーキットを走行!https://youtu.be/Gk_IpT0H1pc   3年前 ■くまもとから元気をプロジェクト! 宮崎篇Part②https://youtu.be/6To9zCUFhqk   1年前 ■くまモンTV #29「サカナ釣りに挑戦するモン!」( Kumamon TV #29 )https://youtu.be/pNayY33eivM   11ヵ月前 ■くまモンTV #41「あの人気YouTuberカジサックさんとコラボ! ギャグを伝授してもらうモン!!」( Kumamon TV #41)https://youtu.be/F7NyOb4WX6k   4日前 ■くまモンTV #88 カップスローチャレンジ!決めてみせるモン! ( Kumamon TV #88)https://youtu.be/NAbH-n6GA1M  【カテゴリー】  地域交流 ■くまモン体操初音ミクバージョン2013 2 11https://youtu.be/nsAG0iKLihQ ■くまもとから元気をプロジェクト!(くまモン)~青森編③~弘前市篇https://youtu.be/zfCdsRTRFIc ■くまモン、モンキー・くまモンVerで鈴鹿サーキットを走行!https://youtu.be/Gk_IpT0H1pc ■くまもとから元気をプロジェクト! 宮崎篇Part②https://youtu.be/6To9zCUFhqk   国際交流 ■くまもとから元気をプロジェクト 台湾編①https://youtu.be/7kK9K3i3W-A  youtuber的動画 ■くまモン草スキーhttps://youtu.be/ZOf1RaFkhzE ■くまモンヒストリーhttps://youtu.be/9kMVx7TXQtI ■くまモンTV #29「サカナ釣りに挑戦するモン!」( Kumamon TV #29 )https://youtu.be/pNayY33eivM ■くまモンTV #88 カップスローチャレンジ!決めてみせるモン! ( Kumamon TV #88)https://youtu.be/NAbH-n6GA1M ■くまモンTV #41「あの人気YouTuberカジサックさんとコラボ! ギャグを伝授してもらうモン!!」( Kumamon TV #41)https://youtu.be/F7NyOb4WX6k  【再生数】■くまモンTV #29「サカナ釣りに挑戦するモン!」( Kumamon TV #29 )https://youtu.be/pNayY33eivM 471万 ■くまモン、モンキー・くまモンVerで鈴鹿サーキットを走行!https://youtu.be/Gk_IpT0H1pc 32万 ■くまモン体操初音ミクバージョン2013 2 11https://youtu.be/nsAG0iKLihQ 31万 ■くまモンヒストリーhttps://youtu.be/9kMVx7TXQtI 12万 ■くまモン草スキーhttps://youtu.be/ZOf1RaFkhzE 2.6万 ■くまモンTV #41「あの人気YouTuberカジサックさんとコラボ! ギャグを伝授してもらうモン!!」( Kumamon TV #41)https://youtu.be/F7NyOb4WX6k 2.2万 ■くまもとから元気をプロジェクト!(くまモン)~青森編③~弘前市篇https://youtu.be/zfCdsRTRFIc 1.5万 ■くまもとから元気をプロジェクト 台湾編①https://youtu.be/7kK9K3i3W-A 8041 ■くまモンTV #88 カップスローチャレンジ!決めてみせるモン! ( Kumamon TV #88)https://youtu.be/NAbH-n6GA1M 5503 ■くまもとから元気をプロジェクト! 宮崎篇Part②https://youtu.be/6To9zCUFhqk 1449  このようにLATCHごとに整理してみると、次のことがわかる。第1にくまモンというキャラクターの行ってきた仕事は基本的には地元熊本のPRも含めた地域・海外交流が多いが、時々くまモン自体のかわいらしさを表現したりyoutuber的に再生数を意識した動画を投稿していること。次に、投稿は9年前から行っていたが、再生数自体にはかなりムラがあって、特に活動日誌的で地味な部分はあまり人気がないこと。そして1年前、恐らく芸能人youtuberが増えてきた波に乗ろうとして、動画投稿が増えていることやコロナ以前と現在でも特別に再生数の変動などは見られないということなどが分かった。総数が多かったので選別したものを並べたが、こうして比較してみるとそれなりに当時の状況などがわかった。 
46 
このようにlatchごとに整理してみると次ようなことがわかった。第一にくまモンは、名前の通り熊本で大きな活動をしている。第二にアルファベットだが、Aにはイベント系やBには地域の為の行動なのど行ったような共通な点をわかりやすくしている。第三に時間だが、その季節に行なっているもので分けているととても分かりやすくなるということが分かった。第四にカテゴリーになるが、くまモンは熊本のいい場所や熊本で行なっているイベントなどに参加している。そのようなものを一つ一つ分別することによって全国民に情報がスムーズに行き渡ることができる。第五ではHierarchyだが、くまモンが行なっている行事やイベントでどれが1番重要なのかという基準を決めることによって熊本でどういうのがあるのかという事をいち早く知ることができる。くまモンは熊本で市で行なっているイベントや行事などにたくさん参加して熊本の良さをアピールしているということが今回の件で分析することができた。 
47 
Hieralchy(再生回数)で並び変えて説明する。 https://youtu.be/pNayY33eivM 「#29 サカナ釣りに挑戦するモン!」(2:31) 471万回再生 https://youtu.be/afv_h5pdmQ0 「#27 くまモンを探せ!米塚!」(1:47)134万回再生 https://youtu.be/UIhaPqr7RAs 「#17 くまモンを探せ!崎津教会編」(1:40) 88万回再生 (中略) https://youtu.be/0C5pZgxgBe4「くまモン馬に乗る(くまもとから元気をプロジェクト阿蘇番外編)」(1:49) 11万回再生 https://youtu.be/wdMtuVSFpZE「#28ヒロシ&くまモン!結成!?」(3:39) 4万回再生 https://youtu.be/6d-hsWDxu4c「#24 くまモンナンバーを探せ!!」(4:31) 1万回再生 このようにLATCHごとに整理してみると、次のことがわかる。第一に、動画自体の時間が短く、手軽に再生できること。第二にタイトルに惹かれる。1万回再生前後の動画は「くまモンサイン」とだけであったり何か気になるなという感じがしないが上位にあがってくるものは内容はみんなが知らないものであっても取っつきやすいタイトルになっている。並び変えてみると多少なりとも再生回数が増える共通点があると感じた。 くまモンの活動としては、シリーズ化している「くまモンを探せ!」シリーズはくまモンを探すとともに、その場所の魅力をナレーションで説明するPR効果がある。このシリーズはかなり上位にランクインしている。他にはくまモンもやってみたのような一番再生回数が多い釣りであったり、馬に乗ったり、ピアノを弾いてみたりとくまモンがやるから可愛らしい、そして簡単に成功しないドラマ性があるものもある。有名Youtuberや他のご当地キャラクターとのコラボ動画もあがっていて、熊本の紹介であったり、くまモンがチャレンジしてみたなど様々な動画があげられている。 
48 
https://www.youtube.com/user/kumamontai/videos時間ごとに並べた。 くまモンは最近様々な観光地にいき動画をとっている。また、生放送やインスタライブのアーカイブをアップロードしている。 このようにLATCHごとに整理してみると、次のことがわかる。第1に見つけたいコンテンツにすぐにたどり着く。カテゴリーごとに整理することより、好みや要望に応えることができる。しかし、恣意的なものになりやすい。ロケーションごとにまとめると、行きたい場所や気になるところで検索できる。アルファベットごとにならべると検索しやすいが、機械的で味気ない。また、関連性が薄くなる。時間ごとにまとめると、最近の動向や、過去にどのようなこと・歴史があるのかがわかる。 
49 
https://www.youtube.com/user/kumamontai/videos%EF%BC%89 新しい順に並べた。 初期は30秒程度の短い動画の投稿が目立った。次第にサムネイルに文字や図形を使うようになっている。最近になると企画や生放送などのアップロードが多い。 このようにLATCHごとに整理してみると、次のことがわかる。第1に検索したいコンテンツをすぐに探し出すことが出来る。ロケーションごとには行きたい場所での関連がよい。アルファベットでは検索しやすいが機械的であるため自由度がない。時間であれば最新の物、最古のものからの順に探しやすい。カテゴリーではジャンルによる検索が便利だ。ヒエラルキーでは視聴回数などの人気順に見ることが出来る。 
50 
Kumamon TVの生放送の動画一つのコンテンツとして集めました。 https://youtu.be/7uurpqDQSi4 https://youtu.be/fjpL8C9j_1Y https://youtu.be/dJDhXHO-30s 他の動画は生配信ではなく、撮影編集されているものです。これらは生配信とは別のコンテンツに分けることができます。 その他にも同じ企画系の動画でもタイトルの違いや内容などで様々なコンテンツに分けられます。 このようにLATCHごとに整理してみると、次のことがわかります。 くまもんはご当地キャラとしての知名度が高い。YouTubeに動画投稿をすると、誰もが知っているゆるキャラが様々なた内容の動画投稿をしているため視聴者は興味をもち動画をみる。 また、熊本のPR動画だけだと思ったら色々なチャレンジ系や生配信などYouTuberさながらの動画投稿をしています。そこで視聴者は更に興味がわき動画をみることになります。ゆるキャラがやらないチャレンジ系の動画は新しいので視聴者の目を惹きます。 意外性が高いため見ていてあきないし、テレビではできないことをYouTubeならチャレンジできるので、活動の幅が広げられると思いました。撮影場所を熊本にすることで熊本のPRもできる。 
51 
このようにLATCHごとに整理してみると、次のことがわかる。第1に1万回再生以上の動画を見る。例えば「ラグビーフランス代表に会いに行ったモン!」(https://www.youtube.com/watch?v=fSS10NpKEcw)や「あの人気YouTuberカジサックさんとコラボ! ギャグを伝授してもらうモン!!」(https://www.youtube.com/watch?v=F7NyOb4WX6k)など、話題の芸能人やスポーツ選手とコラボしている傾向が見られる。もともとそのコラボしている人に数字が付いてきているのだろう。第2に5千回再生以上1万再生未満の動画を見る。「 世界で大流行!ボトルキャップチャレンジするモン!!」(https://www.youtube.com/watch?v=EviN1VldZP8)や「くまモン!ギネス記録に挑戦!そしたらまさかの結果が…!」(https://www.youtube.com/watch?v=DgAjggcXivY)など、体を張っている傾向が見られる。動き難いであろう着ぐるみで動き回っていることで物珍しさがあるのだろう。第3に5千回再生未満の動画を見る。「くまモン訪モン記「ナ〜ント!ナントで再会だモン!」」(https://www.youtube.com/watch?v=RYQw2qfR008)や「「くまモン×金栗四三」2.熊本篇」(https://www.youtube.com/watch?v=aZ2avI-Cmb4)など、タイトルになじみの単語ではないものが並んでいる傾向が見られる。くまもんのファン以外は見ないのだろう。 
52 
私はこの「KumamomTV」の撮影場所がわかりやすかった5回ををLATCHに基づいて整理していこうと思う。 #80 3/30公開 熊本県・人吉クラフトパーク石野公園 アート 5,313再生(5/30 23:40現在) https://www.youtube.com/watch?v=uXP68ZkQhmM&t=1s #81 4/6公開 東京都・浅草 ドッキリ 8,681再生(5/30 23:36現在) https://www.youtube.com/watch?v=U_KFFmAEEsg #82 4/13 熊本県・熊本城 レビュー 6,091再生(5/30 23:34現在) https://www.youtube.com/watch?v=D1RvWGMC9Dk #86 5/11公開 東京都・飯田橋 ゲーム 4,016再生(5/30 23:27現在) https://www.youtube.com/watch?v=dLRM_aGRMLo&t=33s #87 5/18公開 熊本県・加藤神社 ドッキリ 6,041再生(5/30 23:23現在) https://www.youtube.com/watch?v=CCgYtfmy-r8 「L」のLocation 東京都の浅草が最も北なので一番最初に来て、その次に東京都の飯田橋。 そのあと熊本県内では加藤神社、熊本城、人吉クラフトパーク石野公園の順になるので #81→#86→#87→#82→#80となる。 「A」のAlphabet これは単純に五十音順なので#の回の順になる。 #80→#81→#82→#86→#87 「T」のTime これも「A」と同様に#の回数準になる。 「C」のCategory 今回は大まかに、アート・ドッキリ・レビュー・ゲームに分類した。 「H」のHierarchy 今回は再生回数を基に並べ替えをした。 #81→#82→#87→#80→#86 ではこのようにLATCHごとに整理してみると、次のことがわかる。第1にいらない情報を見なくて済むということだ。フィルタリングがかかることで自分が見たいものだけを見ることができる。第2に求めているものの見つけやすさが整理前と比べると格段に良くなることだ。一つ目と似ているが、並んでいるものから探すときに並びの法則からすぐに自分が求めているものの場所を見つけ出すことができる。 このようにLATCHごとの分析を行うことによって情報検索がとても速くなることがわかった。 
53 
人気 1、https://youtu.be/nbc6-sTaEH8 2、https://youtu.be/fjpL8C9j_1Y 3、https://.be/VdkJaIiD1XE 4、https://youtu.be/psGliKEm5aY 5、https://youtu.be/NAbH-n6GA1M これは動画の人気順に並べたものです。 カテゴリー 社会活動 https://youtu.be/VdkJaIiD1XE、https://youtu.be/psGliKEm5aY 生配信 https://youtu.be/fjpL8C9j_1Y 真似できるもの https://youtu.be/nbc6-sTaEH8 遊び心ある https://youtu.be/NAbH-n6GA1M これはさまざまな活動をしているのでカテゴリーわけしてみました。 どんな気持ちでみるか 楽しい https://youtu.be/nbc6-sTaEH8 https://youtu.be/fjpL8C9j_1Y わくわく https://youtu.be/NAbH-n6GA1M 楽しみ、嬉しい https://youtu.be/psGliKEm5aY がんばろう https://.be/VdkJaIiD1XE これは見終わったあとにどんな気持ちになるかを並べました。くまモンは熊本の名物を食べたり、熊本県民の人と直接関わって企画していたりと熊本の町おこしをしている。また、見てる人を楽しませるための動画も上がっている。  このようにLATCHごとに整理してみると、次のことがわかる。第一に、見てる人を楽しませようとしていることです。自分達でも挑戦できるようなことや歌えるようなものもやっているからです。第二に熊本の良さを伝えようとしているところです。県民だからわかることを教えてくれているからです。 
54 
私はKumamonTVについて整理するためにLTCHを使ってみました。まずLの位置については、熊本の動画が多かったため、熊本だと思います(https://youtu.be/ZOf1RaFkhzE)。Tの時間については、KumamonTVの動画は短い動画が多かったです(https://youtu.be/pNayY33eivM)。Cのカテゴリーについては、熊本をPRするためとくまモンをPRする2つのカテゴリーになっていると思いました(https://youtu.be/nELsgkhAExQ)。Hの序列については、再生回数・人気動画順が1番良いと思いました(https://youtu.be/pNayY33eivM)。このようにLTCHごとに整理してみると、次のことがわかりました。第1に、このKumamonTVは熊本県でくまモンが登場したり、熊本でくまモンが何かを挑戦する動画が多かったので熊本県とくまモンをPRするための動画だと思いました。第2に、熊本とくまモンをPRするために動画を見てほしいための視聴チャンネルだと私は思ったので、視聴者に沢山見てもらいやすいように短い動画が多いんだと思いました。第3に、人気順・再生回数に動画を並べれば人気な面白い動画を見れると思いました。実際に私もYouTubeで気になるチャンネルを見るときに人気の動画を見ればそのチャンネルの1番面白い動画を見れると思っていて、人気の動画を見るようにしています。なので、どんどん人気の動画は再生回数が増えて、それは、人気の動画は面白いから再生回数が多いわけだから見れば面白いし、熊本とくまモンについても少し興味の持てる動画が見れるなと思いました。 
55 
T https://youtu.be/3Qkr8zU564c https://youtu.be/QbIcUz7awAM https://youtu.be/QbIcUz7awAM これは上から動画が公開された順になっています。 H https://youtu.be/pNayY33eivM https://youtu.be/afv_h5pdmQ0 https://youtu.be/afv_h5pdmQ0 これは上から再生回数が多い順になっています。 C https://youtu.be/HjxVDkfjTuQ https://youtu.be/7kK9K3i3W-A https://youtu.be/XJQbcQ8WftU これはくまモンの日常、フランス訪問、熊本から元気プロジェクト台湾編でカテゴリー化しています。 L https://youtu.be/nrEAixQnlvU https://youtu.be/CQQalBXAq3c https://youtu.be/FVQwtMvHbp4 これは動画が撮られた場所がオーストラリア、フランス、熊本でカテゴリー化されています。 A https://youtu.be/-eWK_LmBMY0 https://youtu.be/s9WMin98k1k https://youtu.be/1e69cabtUe0 これは上からタイトルがあいうえお順に並べられています。 動画を見る限り、熊本に関連するものばかりではなく海外へ訪問する内容、くまモンの日常的な内容などがあった。特にくまモンの日常的な内容の動画が多く、くまモンが一種のYoutuber化していた。内容も最近のYoutuberが動画を出している「〜してみた」系統のものが多かった。 このようにLATCHごとに整理してみると、次のことがわかる。第一に、LATCHは誰が見るかによって見るべき項目は違ってくるということだ。例えば、くまモンの動画を初めて見る視聴者にとって、どの動画が面白いのかは全くわからない。そういう場合、再生回数が多い順に並べられているHierarchy(連続量)を見ればどの動画が面白いのかがわかる。 第二に、LATCHの中でも整理する対象によっては需要がないものもある。例えば、今回の授業のエコノリウムに載っていたワーマンのLATCHでは、どの犬種があるのかを知りたい時はalphabetを見ていくだろう。しかしくまモンのYoutubeではalphabetよりもむしろ連続量や時間の方が、人気の動画や最新の動画を見つけることができるため需要があるに違いない。このように様々なことがLATCHからわかった。 
56 
アルファベット順 https://youtu.be/7zIe0-_muR8 くまモン 2017 Part1 世界遺産 モン・サン・ミッシェル 二度あることは三度あるモン!? (2018/08/22) https://youtu.be/LL8qnPwbSIo くまモン 2018 Part1 オーストラリア メルボルンでつながルン!?(2018/08/22) https://youtu.be/U_KFFmAEEsg くまモンTV #81 くまモン、浅草でやらかす!もんじゃパニック!!(2020/04/06) https://youtu.be/LL8qnPwbSIo くまもとから元気をプロジェクト!宮崎編① (2017/03/30) https://youtu.be/7kK9K3i3W-A くまもとから元気をプロジェクト 台湾編① (2015/04/18) 公開時期順 https://youtu.be/7kK9K3i3W-A くまもとから元気をプロジェクト 台湾編① (2015/04/18) https://youtu.be/LL8qnPwbSIo くまもとから元気をプロジェクト!宮崎編① (2017/03/30) https://youtu.be/7zIe0-_muR8 くまモン 2017 Part1 世界遺産 モン・サン・ミッシェル 二度あることは三度あるモン!? (2018/08/22) https://youtu.be/LL8qnPwbSIo くまモン 2018 Part1 オーストラリア メルボルンでつながルン!?(2018/08/22) https://youtu.be/U_KFFmAEEsg くまモンTV #81 くまモン、浅草でやらかす!もんじゃパニック!!(2020/04/06) 位置(東京から近い順) 東京 https://youtu.be/U_KFFmAEEsg くまモンTV #81 くまモン、浅草でやらかす!もんじゃパニック!!(2020/04/06) 宮崎 https://youtu.be/LL8qnPwbSIo くまもとから元気をプロジェクト!宮崎編① (2017/03/30) 台湾 https://youtu.be/7kK9K3i3W-A くまもとから元気をプロジェクト 台湾編① (2015/04/18) オーストラリア https://youtu.be/LL8qnPwbSIo くまモン 2018 Part1 オーストラリア メルボルンでつながルン!?(2018/08/22) フランス https://youtu.be/7zIe0-_muR8 くまモン 2017 Part1 世界遺産 モン・サン・ミッシェル 二度あることは三度あるモン!? (2018/08/22) 人気順(再生回数順) 9645回 https://youtu.be/LL8qnPwbSIo くまモン 2018 Part1 オーストラリア メルボルンでつながルン!?(2018/08/22) 9235回 https://youtu.be/7zIe0-_muR8 くまモン 2017 Part1 世界遺産 モン・サン・ミッシェル 二度あることは三度あるモン!? (2018/08/22) 8681回 https://youtu.be/U_KFFmAEEsg くまモンTV #81 くまモン、浅草でやらかす!もんじゃパニック!!(2020/04/06) 8041回 https://youtu.be/7kK9K3i3W-A くまもとから元気をプロジェクト 台湾編① (2015/04/18) 1031回 https://youtu.be/LL8qnPwbSIo くまもとから元気をプロジェクト!宮崎編① (2017/03/30) カテゴリー別 海外訪問 https://youtu.be/7zIe0-_muR8 くまモン 2017 Part1 世界遺産 モン・サン・ミッシェル 二度あることは三度あるモン!? (2018/08/22) https://youtu.be/LL8qnPwbSIo くまモン 2018 Part1 オーストラリア メルボルンでつながルン!?(2018/08/22) 元気をプロジェクト https://youtu.be/LL8qnPwbSIo くまもとから元気をプロジェクト!宮崎編① (2017/03/30) https://youtu.be/7kK9K3i3W-A くまもとから元気をプロジェクト 台湾編① (2015/04/18) バラエティ https://youtu.be/U_KFFmAEEsg くまモンTV #81 くまモン、浅草でやらかす!もんじゃパニック!!(2020/04/06) このようにLATCHごとに整理してみると、次のことがわかる。第1にくまモンの活動範囲は国内のあらゆる都市に留まらず海外にまで及んでいる。第2にくまモンの活動時期は何年にも及んでいて今も活動している。かなり古参のゆるキャラであるといえる。次に活動の幅も海外訪問や日本各地を元気にするプロジェクト、バラエティなど多岐に渡っている。再生回数は多くはないが多彩なコンテンツを有しており、内容も面白く丁寧で、いつかもっと増えると予想できる。 
57 
私はKumamonTVの動画をLATCHごとにそれぞれ5個ずつ整理した。最初にL(位置)で分類するとフランス(https://www.youtube.com/watch?v=7zIe0-_muR8&list=PLET_90-yYWax3iBSGl4k4GE7rVjnvOwIT&index=10&t=0s)、デンマーク(https://www.youtube.com/watch?v=bsIc8fnWC9w)、台湾(https://www.youtube.com/watch?v=7kK9K3i3W-A&list=PLET_90-yYWaxsM5UpmVp7dyFFDk9WZmGC&index=1)、日本(https://www.youtube.com/watch?v=IF3Q8KgxEQ4&list=PLET_90-yYWawq3Mi_-LzM6CqmtYX3AhHH&index=4&t=0s)、オーストラリア(https://www.youtube.com/watch?v=nrEAixQnlvU&list=PLET_90-yYWaxSMObVgRIEDOc62wssoSxz&index=2&t=0s)となった。 A(五十音順)で分類すると、くまもとから元気をプロジェクトからそれぞれ青森篇(https://www.youtube.com/watch?v=a6x6qds1ltQ&list=PLET_90-yYWawq3Mi_-LzM6CqmtYX3AhHH&index=46&t=0s)秋田篇(https://www.youtube.com/watch?v=vom9WviOzWQ&list=PLET_90-yYWawq3Mi_-LzM6CqmtYX3AhHH&index=29&t=0s)石川篇(https://www.youtube.com/watch?v=2YyVKuhMkOQ&list=PLET_90-yYWawq3Mi_-LzM6CqmtYX3AhHH&index=10&t=0s)茨城篇(https://www.youtube.com/watch?v=YNRbPBnMmwU&list=PLET_90-yYWawq3Mi_-LzM6CqmtYX3AhHH&index=7&t=0s)岩手篇(https://www.youtube.com/watch?v=o9Wk_umfGFc&list=PLET_90-yYWawq3Mi_-LzM6CqmtYX3AhHH&index=24&t=0s)となった。 T(新しく投稿した順)では紙コップを投げて立てるというカップスローチャレンジ(https://www.youtube.com/watch?v=NAbH-n6GA1M)生配信(https://www.youtube.com/watch?v=H4j5nvfn3GE)人力車(https://www.youtube.com/watch?v=CCgYtfmy-r8)生配信(https://www.youtube.com/watch?v=7uurpqDQSi4)PPAPのダンス動画(https://www.youtube.com/watch?v=nbc6-sTaEH8)となった。 C(動画のカテゴリー)では有名人とのコラボ動画(https://www.youtube.com/watch?v=ka0iaU1OWBA)海外への訪問動画(https://www.youtube.com/watch?v=7kK9K3i3W-A&list=PLET_90-yYWaxsM5UpmVp7dyFFDk9WZmGC&index=1)生配信(https://www.youtube.com/watch?v=H4j5nvfn3GE)チャレンジ動画(https://www.youtube.com/watch?v=NAbH-n6GA1M)となった。 H(再生量順)では魚釣りチャレンジ(https://www.youtube.com/watch?v=pNayY33eivM)471万回、隠れているくまモンを探す動画のくまモンを探せ米塚篇(https://www.youtube.com/watch?v=afv_h5pdmQ0)134万回、くまモンを探せ﨑津協会篇(https://www.youtube.com/watch?v=UIhaPqr7RAs)88万回、くまモンを探せ大観峰篇(https://www.youtube.com/watch?v=OJkVIx1Cb6g)51万回、くまモンが鈴鹿サーキットをバイクで走行する動画(https://www.youtube.com/watch?v=Gk_IpT0H1pc)32万回となった。  このようにLATCHごとに整理してみると、次のことがわかる。第1にかつてはかなり日本各地を遠征していたが現在はコロナによる自粛が響いているのか生配信動画が多い。第2に最近は熊本の魅力を各地に発信するよりも何かにチャレンジをするなどといったくまモン自身の魅力を発信している動画が多いように感じた。また、再生数も後者のほうが多いことがわかった。 
58 
Lはオーストラリアhttps://www.youtube.com/playlist?list=PLET_90-yYWaxSMObVgRIEDOc62wssoSxz、台湾https://www.youtube.com/playlist?list=PLET_90-yYWaxsM5UpmVp7dyFFDk9WZmGC、日本https://www.youtube.com/playlist?list=PLET_90-yYWawh0LydVQdyTkN0ppw-E_nc、フランスhttps://www.youtube.com/playlist?list=PLET_90-yYWax3iBSGl4k4GE7rVjnvOwITの四つの場所に分けることができます。Aはイルカに乗ったくまモン1https://youtu.be/lztc72vpyLU、2https://youtu.be/maGDmFZziAM、上を向いて歩こうhttps://youtu.be/wrDRK7ahwSs、キッズガイドhttps://youtu.be/soH_4-0YY60、キャンドルhttps://youtu.be/2FtjQn8OZ5sの順番でした。Tは古い順にhttps://youtu.be/ZOf1RaFkhzE、https://youtu.be/oPZqVX86Oz0、https://youtu.be/eW-dY-aYcm8、https://youtu.be/Qyvf2ayOt3g、https://youtu.be/cFdXuO0zBRYというふうに並んでいます。Cは動画の主なシリーズごとに分けることにしました。訪モン記https://youtu.be/nrEAixQnlvU、くまもとから元気をプロジェクトhttps://www.youtube.com/playlist?list=PLET_90-yYWawq3Mi_-LzM6CqmtYX3AhHH、くまモンTVEXhttps://www.youtube.com/playlist?list=PLET_90-yYWazN7s-r0R2y_iVxO2etlWUy、くまモン10周年ムービーhttps://www.youtube.com/playlist?list=PLET_90-yYWax5S0Sa2H1VgGWxRJQVGQUB、くまモンTVhttps://www.youtube.com/playlist?list=PLET_90-yYWawh0LydVQdyTkN0ppw-E_ncに分けました。Hは再生回数が多い順に並べ、https://youtu.be/pNayY33eivM、https://youtu.be/afv_h5pdmQ0、https://youtu.be/UIhaPqr7RAs、https://youtu.be/OJkVIx1Cb6g、https://youtu.be/wKj-r42UOYMというふうになっています。このようにLATCHごとに整理してみると、次のことがわかります。第1にこのYouTubeチャンネルでは頭文字にくまモンという言葉を意識的に入れるようになっていて、そうすることにより検索をかけた時に全ての動画が出てきやすくなっています。第2に時代のニーズに合わせて企画をやるようになったり生配信やプレゼント企画をしています。初期の頃はくまモンらしい動画が多くあったが、最近では企画をくまモンらしくやるという傾向にあると思います。 
59 
「Location」 https://www.youtube.com/user/kumamontai/featured 位置や場所などで分けてみると、くまもんのホームである、熊本はもちろんフランスや台湾などの海外での撮影が行われていたりする。 「Alphabet」 どのように分ければよいかわからなかったです。 「Time」 https://www.youtube.com/user/kumamontai/videos?view=0&sort=da&flow=grid 動画を古い順位に見たときにわっかたことは、最初の方は動画の題名やサムネイルがシンプルであったが、新しくなるにつれて、キャッチーな題名になったり、サムネイルが印象深くなっている。比較的最近の方が再生回数が増えているが、内容によって変わっている。 「Category」 https://www.youtube.com/user/kumamontai/playlists 動画の内容でもLive配信であったり、10周年記念動画、旅行記などで分けられている。なんとなく海外に行った動画の方が人気なのかと思ったが、くまもんが何かに挑戦するような企画の方が人気だった。 「Hierarchy」 https://www.youtube.com/user/kumamontai/videos?view=0&sort=p&flow=grid くまもんが実際のロケに行き、体験したり、調査する動画が人気であった。  このようにLATCHごとに整理してみると次のことがわかる。第1に、旅行記よりも挑戦したり体験したりする企画の方が人気なことから、見られている層が子供向けがおおいのがわかる。第2に、動画の題名やサムネイルが工夫されたことで、わかりやすくなり再生回数が伸びている。第3に、動画の時間が短いものが再生回数も多くなっている。 
60 
Location https://linkmix.co/468305 上記のリンクのように海外での動画もあるが国内が圧倒的に多いことがわかる。 Alphabet https://linkmix.co/468246 動画のほとんどが「く」から始まっており、2018/9/3から動画のタイトルにくまもんtvとつき始めた。 Time https://linkmix.co/467208 9年前 42本 https://linkmix.co/467387 8年前 58本 https://linkmix.co/467448 7年前 38本 https://linkmix.co/467573 6年前 20本 https://linkmix.co/467666 5年前 18本 https://linkmix.co/467727 4年前 15本 https://linkmix.co/467876 3年前 9本 https://linkmix.co/467985 1年前 74本 https://linkmix.co/468045 1年以内 72本 公開期間から分かることは、近年の人々の動画視聴回数の上昇に伴いくまモンtvでも知名度を上げるために動画の本数を上げることを意識していることがわかる。 Category https://linkmix.co/468154 動画の視聴回数順に動画を見たとき上位4つが1年前に公開されたものだった。 Hierarchy https://linkmix.co/468422 くまもんtv 100本以上 https://linkmix.co/468532 youtubelive   26本 など再生リストには8項目あった。 このようにLATCHごとに整理してみると、次の事がわかる。第一にYouTubeなどの動画でデータ整理を行うと整理しやすい項目と整理しにくい項目があることがわかる。2つ目に視聴数の多かった動画は見所や編集が細かくされており、逆に視聴回数の少ない初投稿の動画などは編集が全くされていないものが多かった。 3つ目データ整理をするとその対象を嫌いになることがわかった。 
61 
【L】 https://www.youtube.com/watch?v=HjxVDkfjTuQ&list=PLET_90-yYWax3iBSGl4k4GE7rVjnvOwIT https://www.youtube.com/watch?v=nrEAixQnlvU&list=PLET_90-yYWaxSMObVgRIEDOc62wssoSxz 【A】アルファベット順 https://www.youtube.com/playlist?list=PLET_90-yYWawh0LydVQdyTkN0ppw-E_nc https://www.youtube.com/playlist?list=PLET_90-yYWazN7s-r0R2y_iVxO2etlWUy https://www.youtube.com/playlist?list=PLET_90-yYWawq3Mi_-LzM6CqmtYX3AhHH https://www.youtube.com/playlist?list=PLET_90-yYWaxsM5UpmVp7dyFFDk9WZmGC https://www.youtube.com/playlist?list=PLET_90-yYWaxSMObVgRIEDOc62wssoSxz https://www.youtube.com/playlist?list=PLET_90-yYWax3iBSGl4k4GE7rVjnvOwIT 【T】 https://www.youtube.com/watch?v=H4j5nvfn3GE&list=PLET_90-yYWaxz9GTrkQEDA9pchj_T781r 【C】 https://www.youtube.com/watch?v=KGYbg_wl9_U&list=PLET_90-yYWazN7s-r0R2y_iVxO2etlWUy 【H】 https://www.youtube.com/watch?v=VSQJ0mqw2n4&list=PLET_90-yYWawh0LydVQdyTkN0ppw-E_nc LATCHに分類してみるとくまモンは世界など場所を中心に活動していることがわかる。そのほかの行動では○○をやってみたが多いことがわかる。 
62 
kumamonTVを連続量(動画の再生数)で並べると https://www.youtube.com/watch?v=pNayY33eivM 471万再生で魚釣りするなどアクティブである https://www.youtube.com/watch?v=pNayY33eivM 134万再生で実際に米塚に行っている。くまモンを探すミニゲームもある。 https://www.youtube.com/watch?v=UIhaPqr7RAs 88万再生崎津協会に行っていて、ミニゲームもある https://www.youtube.com/watch?v=OJkVIx1Cb6g 51万再生で大観峰に行っていてミニゲームもある。 https://www.youtube.com/watch?v=Gk_IpT0H1pc 32万再生で鈴鹿サーキットを走るなどかなりアクティブ。 このようにLATCHごとに整理すると次のことがわかる。第一にアクティブな内容になると人気がある。 第二に視聴者も楽しめるミニゲームを取り入れると再生数が多い。第三に観光地などになると人気が高い。 
63 
LATCHごとに再生回数、動画本編の時間、チャレンジ動画、プロジェクト動画、コラボ動画の5つに分類する。すべては載せきれないので代表して5つずつリンクを載せる。 ・再生回数  魚釣り470万https://www.youtube.com/watch?v=pNayY33eivM くまモンを探せ(米塚)134万https://www.youtube.com/watch?v=afv_h5pdmQ0 くまモンを探せ(崎津教会編)88万https://www.youtube.com/watch?v=UIhaPqr7RAs くまモンを探せ(大観峰編)51万https://www.youtube.com/watch?v=OJkVIx1Cb6g https://www.youtube.com/watch?v=Gk_IpT0H1pc 魚釣り動画が圧倒的再生回数を誇っている。くまモンがただ釣りをしているだけの2分と短い動画だ。くまモンを探せでは観光地や自然の解説をかくれんぼをしながら外国語字幕付きで紹介している。 ・動画本編の長さ順 生配信44分55秒https://www.youtube.com/watch?v=H4j5nvfn3GE 生配信44分51秒https://www.youtube.com/watch?v=7uurpqDQSi4 モンスタライブ36分50秒https://www.youtube.com/watch?v=8bgl_D4TuB8 生配信35分28秒https://www.youtube.com/watch?v=UVlY8MWMZhk 生配信34分53秒https://www.youtube.com/watch?v=fjpL8C9j_1Y チャンネル全体で見ると5分以内の短い動画がほとんどであるが最近になって45分ほどの生配信を始めている。 リアルタイムチャットができるため視聴者側も楽しんで視聴できる。 ・チャレンジ動画 スライムチャレンジhttps://www.youtube.com/watch?v=r7jlHR4W4gQ カップスローチャレンジhttps://www.youtube.com/watch?v=NAbH-n6GA1M 風船割りチャレンジhttps://www.youtube.com/watch?v=DgAjggcXivY 包丁作りに挑戦https://www.youtube.com/watch?v=1QW7XYIyZ8E 恐竜の化石発掘に挑戦https://www.youtube.com/watch?v=0BhsHt_rCuM くまモンといえば着ぐるみなのに色々なことに挑戦している印象が強く残っている。 こんなことするの⁉という動画があり何でもできるんじゃないかと思わせる。 ・プロジェクト動画 くまもとから元気をプロジェクト宮崎編 https://www.youtube.com/watch?v=IF3Q8KgxEQ4&list=PLET_90-yYWawq3Mi_-LzM6CqmtYX3AhHH&index=4&t=0s 福島編https://www.youtube.com/watch?v=PZw5J82cFBE&list=PLET_90-yYWawq3Mi_-LzM6CqmtYX3AhHH&index=5&t=0s 茨城編https://www.youtube.com/watch?v=YNRbPBnMmwU&list=PLET_90-yYWawq3Mi_-LzM6CqmtYX3AhHH&index=7&t=0s 石川編 https://www.youtube.com/watch?v=42e_0OVzdSU&list=PLET_90-yYWawq3Mi_-LzM6CqmtYX3AhHH&index=8&t=0s 東北編https://www.youtube.com/watch?v=4CdCOGFp5-k&list=PLET_90-yYWawq3Mi_-LzM6CqmtYX3AhHH&index=15&t=0s 熊本県とその地域の繋がりと歴史を解説とともに紹介している。 ご当地キャラクターだからこそ各地域をアピールしてPR活動も含めて紹介している動画。 コラボ動画 ちぃたんhttps://www.youtube.com/watch?v=B_OdZpbuxBI おるたなChannelhttps://www.youtube.com/watch?v=TDhCYK9YWIs ヒロシhttps://www.youtube.com/watch?v=ka0iaU1OWBA カジサックhttps://www.youtube.com/watch?v=F7NyOb4WX6k デカキンhttps://www.youtube.com/watch?v=szT-ZsrH1Zg 芸能人や人気Youtuberとコラボしてより幅広い層にも見てもらえるように企画された動画をアップしている。ご当地ゆるキャラ同志のコラボ動画もある。 このようにLATCHごとに整理してみると、次のことがわかる。第1に現在のYouTubeブームに合わせて流行りの企画に挑戦している。6年前の動画ではほぼ編集なしの撮影した動画をそのまま載せていただけだったが、最近になるほど凝った編集や面白い企画に挑戦している。第2にご当地キャラクターならではのご当地紹介など、PR活動を動画を通して行っている。テレビで見ることが多かったくまモンだが若者のテレビ離れに伴いYouTubeを通して幅広い年齢層の人にも閲覧してもらえるように人気Youtuberや芸能人とコラボして注目を集めるようにしている。また、動画時間も短いのでとても見やすい。 
64 
L https://youtu.be/VrCiDaUlybk    あうるぱーくフクロウカフェ池袋 C フクロウさんと友達になってみた   https://youtu.be/1gySsF02RpY 熊本市 川尻 和菓子の老舗     C バレンタイン和菓子作り   https://youtu.be/ooRjV4bFw0A 江東区 若洲公園キャンプ場     C 年初めカレー作り   https://youtu.be/1jDW8p4BO7Y 横浜山下公園ドン・キホーテ      C ロールアイスづくり  A&H https://youtu.be/1jDW8p4BO7Y   #59  https://youtu.be/VrCiDaUlybk  #65  https://youtu.be/ooRjV4bFw0A #68  https://youtu.be/1gySsF02RpY #73 T https://youtu.be/1jDW8p4BO7Y 2019年10月28日  https://youtu.be/VrCiDaUlybk 2019年12月9日  https://youtu.be/ooRjV4bFw0A 2020年1月6日  https://youtu.be/1gySsF02RpY 2020年2月10日 このようにLATCHごとに整理してみると次のことがわかる。第1にシリーズを順番に見たい人、好きなカテゴリーのみを見たい人、最近のものを見たい人などそれぞれの目的に即して整理されているので見つけやすいと考える。第2に、きれいな順番でシリーズを一望できるので、好きなジャンルに関係して興味を持ったり、全く興味のなかったものが目に入り興味を持ったりなど、新しい発見ができると考える。 
65 
くまモンは九州出身だ。しかし、くまモンが訪れるのは九州だけではなく、日本全国に訪れている。また、この動画を見る限り、オーストラリアやフランスなど様々な外国にも訪れている。 ↓ https://www.youtube.com/watch?v=nrEAixQnlvU オーストラリア https://www.youtube.com/watch?v=HjxVDkfjTuQ フランス くまモンの名前の由来は、熊本弁で熊本の人を意味する「熊本者」(くまもともん)からとられており、これを略してくまモンと呼ばれている。 ↓ https://www.youtube.com/watch?v=pebmKg3KFdQ 熊本 発表会 くまモンは2011年のゆるキャラグランプリで優勝してから有名になった。 ↓ https://www.youtube.com/watch?v=KCHVwB-QY5c くまモンは人気俳優や女優、アニメキャラクターとは違い、「ゆるキャラ」というジャンルである。日本で何種類といるゆるキャラの1つである。 ↓ https://www.youtube.com/watch?v=jWbDKvkYi_o 感謝の気持ち くまモンは数あるゆるキャラの中、とても人気のゆるキャラとなった。他のゆるキャラと違い、お金を払わなくてもその地域に訪れてくれるということから、さらに人気が高まったゆるキャラである。ふなっしーやぐんまちゃんなどに続いて人気である。 ↓ https://www.youtube.com/user/kumamontai/featured くまモンTV https://www.youtube.com/channel/UCGffuVtLSiq9JpPh9Mg4Icw ふなっしーチャンネル274ch.official このようにLATCHごとに整理してみると、次のことがわかる。第1に位置による分類、第2に名前による分類、第3に時による分類、第4に種類による分類、 第5に階層やレベル感による分類と5つの種類にわけることができる。 
66 
LACTHごとに整理すると、まずはロケーションですが、比較的室内が多いような気がしました。くまモンは熊本のイメージキャラクターでもあるので熊本にちなんだ場所が好ましいと思いました。次にアルファベットですがYouTubeの検索要因は概要欄の単語にも焦点が当てられるらしいです。なのである程度概要欄を書かなければ検索性は上がらないということです。KunamonTVの概要欄は十分記載されていると思います。時間は比較的見やすいものが多いと思います。基本的に企画もののカテゴリーになっていました。序列については規則はあまりないと感じました。 
67 
Location たまにロケをするが、基本的にスタジオ内での撮影が多い くまモンステーション https://youtu.be/qzZ5uz7YPwU 飯田橋 https://www.youtube.com/watch?v=dLRM_aGRMLo 加藤神社 https://youtu.be/CCgYtfmy-r8 不明 https://youtu.be/NAbH-n6GA1M https://www.youtube.com/watch?v=nbc6-sTaEH8 https://www.youtube.com/watch?v=7uurpqDQSi4 https://www.youtube.com/watch?v=H4j5nvfn3GE Alphabet 基本的にくまモンTV#シリーズが多い たまに生放送も実施する https://www.youtube.com/watch?v=nbc6-sTaEH8 https://www.youtube.com/watch?v=dLRM_aGRMLo https://www.youtube.com/watch?v=CCgYtfmy-r8 https://www.youtube.com/watch?v=NAbH-n6GA1M https://www.youtube.com/watch?v=qzZ5uz7YPwU https://www.youtube.com/watch?v=H4j5nvfn3GE https://www.youtube.com/watch?v=7uurpqDQSi4 Time 週平均3本の投稿 https://www.youtube.com/watch?v=dLRM_aGRMLo https://www.youtube.com/watch?v=nbc6-sTaEH8 https://www.youtube.com/watch?v=7uurpqDQSi4 https://www.youtube.com/watch?v=CCgYtfmy-r8 https://www.youtube.com/watch?v=H4j5nvfn3GE https://www.youtube.com/watch?v=NAbH-n6GA1M https://www.youtube.com/watch?v=qzZ5uz7YPwU Category 基本的にくまモンTV#シリーズが多い たまに生放送も実施する 生配信 https://www.youtube.com/watch?v=qzZ5uz7YPwU     https://www.youtube.com/watch?v=H4j5nvfn3GE     https://www.youtube.com/watch?v=7uurpqDQSi4 くまモンTV https://www.youtube.com/watch?v=dLRM_aGRMLo https://www.youtube.com/watch?v=CCgYtfmy-r8 https://www.youtube.com/watch?v=NAbH-n6GA1M その他 https://www.youtube.com/watch?v=nbc6-sTaEH8 Hierarchy(再生回数)やはりPPAPは人気だった 生放送とくまモンTV#シリーズの再生回数に大きな差はない https://www.youtube.com/watch?v=nbc6-sTaEH8 https://www.youtube.com/watch?v=7uurpqDQSi4 https://www.youtube.com/watch?v=H4j5nvfn3GE https://www.youtube.com/watch?v=NAbH-n6GA1M https://www.youtube.com/watch?v=CCgYtfmy-r8 https://www.youtube.com/watch?v=qzZ5uz7YPwU https://www.youtube.com/watch?v=dLRM_aGRMLo このようにLATCHごとに整理してみると、次のことがわかる。第1に 
68 
くまモンtvはおよそ9年前から開設されているが、動画のスタイルが変化していることがわかる。 1.https://youtu.be/z9B_R-6yQ6I これはおよそ9年前の動画であるがこれはくまモン自身が知名度を上げるために〜してみた的な動画を出し、検索性を上げようとするalphabetである。 2. https://youtu.be/PX58MIPwlQY これは7年前の動画であるが、中国で撮影されてものであり地理や空間であるlocationである。 3. https://youtu.be/IF3Q8KgxEQ4 これは3年前の動画であり、くまもとから元気をプロジェクトというテーマで各地方からの発見性が高いhierarchyである。 4. https://youtu.be/afv_h5pdmQ0 これはくまモンtvの動画の中でも再生数が高い動画である。高い理由は動画時間の短さにある。基本的に1〜3分程度の動画は短いため、気軽に見ることができるからである。これはtimeである。 5. https://youtu.be/F7NyOb4WX6k これは比較的最近の動画である。この動画はYouTuberとのコラボ動画となっており、世の中がYouTubeでブレイクしている状況の中で最適な形であり、再生数が伸びている。これはcategoryである。 このようにlatch ごとに整理してみると、次のことがわかる。第一に、違う国での撮影をする事で注目が浴びることを活用したlocation。第二に、検索性を高くするalphabet。第三に、動画時間を調整するtime。第四に、最近の傾向に合わせたcategory。そして最後に、さまざまな活動を行い、新たな発見を追求するhierarchyがあることがわかる。 
69 
LATCHはリチャード・ソール・ワーマンによって提唱された、情報を分類・整理するための5つの方法です。 ワーマンは、「情報を分類・整理するための方法はこの5つしかない」としています。LATCHは、Location・Alphabet・Time・Category・Hierarchyの頭文字をとったものです。 Locationは場所などで情報を分類・整理する方法で、https://www.youtube.com/watch?v=f0I8CIKSdbM、https://www.youtube.com/watch?v=Zb39VSvrcBQなどのようにいろいろな場所で撮影をしているのがわかる。 Alphabetは五十音順によってデータ・情報を分類・整理する方法で、https://www.youtube.com/watch?v=I-ZxNauhij0、https://www.youtube.com/watch?v=dLRM_aGRMLoなど圧倒的に『く』から始まる動画が多いのがわかる。 Timeは時間軸によってデータ・情報を分類・整理する方法で、https://www.youtube.com/watch?v=qzZ5uz7YPwU、https://www.youtube.com/watch?v=ZOf1RaFkhzEなど最新の動画は今日で一番最初の動画は9年前という事がわかる。 Categoryはカテゴリーによってデータ・情報を分類・整理する方法で、https://www.youtube.com/watch?v=VSQJ0mqw2n4&list=PLET_90-yYWawh0LydVQdyTkN0ppw-E_nc、https://www.youtube.com/watch?v=H4j5nvfn3GE&list=PLET_90-yYWaxz9GTrkQEDA9pchj_T781rなどで再生リストで分けて見る事ができる。 Hierarchyは数量、重要度によってデータ・情報を分類・整理する方法で、https://www.youtube.com/watch?v=pNayY33eivM、https://www.youtube.com/watch?v=afv_h5pdmQ0など上位の再生回数は100万を超えているが、4番目に再生回数が多いものは一気に50万回再生まで落ちる事がわかる。 このようにLATCHごとに整理してみると、次のことがわかる。今回のようにKumamonTVの場合だとTime、Categoryなどで分けるとわかりやすいがAlphabetで分けると「く」が圧倒的に多くなっているためにわかりにくくなっている。 
70 
まず私は最近のくまモンの活動と書いてあるので2か月以内、すなわちYouTube上で1ヶ月前と表示してある18本の動画を整理してみようと思う。まずは「L」の部分である。動画の中で撮影している場所を特定するのは困難である。なのでこの3密が叫ばれている世の中を考えて撮影場所が「屋内」か「屋外」かで整理する。 https://youtu.be/CCgYtfmy-r8 https://youtu.be/D1RvWGMC9Dk この2つの動画が屋外での撮影であり、その他16個は屋内での撮影であった。 確かに子供たちと触れ合ったりする動画もある中で外に人がいないにもかかわらず撮影をしてもあまり効果はないのかと感じた。 次はアルファベット順の「A」であるが正直YouTubeの動画をアルファベット順に並べることでは何も生まれないと思う。さらにはくまモンTVはライブか収録かの2つで動画が構成されていて「ラ」か収録であればチャンネル名である「く」でしかなっていない。ちょっとここでは分析の材料としては乏しすぎるのではないか?と思う。次は時間「TIME」である。ここでは再生時間で分類していく。10分以下、10~20、20~30、30分以上で分類する。 10分以下 https://youtu.be/NAbH-n6GA1M https://youtu.be/CCgYtfmy-r8 https://youtu.be/nbc6-sTaEH8 https://youtu.be/dLRM_aGRMLo https://youtu.be/VdkJaIiD1XE https://youtu.be/Td7nt4aI_mQ https://youtu.be/psGliKEm5aY https://youtu.be/x-w1zNPkmC0 https://youtu.be/I-ZxNauhij0 https://youtu.be/D1RvWGMC9Dk https://youtu.be/U_KFFmAEEsg 10~20 なし 20~30 なし 30~40 https://youtu.be/dJDhXHO-30s https://youtu.be/8bgl_D4TuB8 https://youtu.be/vWZleoXnIfM https://youtu.be/fjpL8C9j_1Y https://youtu.be/7uurpqDQSi4 https://youtu.be/H4j5nvfn3GE https://youtu.be/qzZ5uz7YPwU となる。結局のところライブ配信やそのアーカイブが30~40で収録が10分以下となっている。 次はカテゴリーである。ここではいちばんわかりやすいライブ配信か収録かで分類する。 ライブ配信またはそのアーカイブ  https://youtu.be/dJDhXHO-30s https://youtu.be/8bgl_D4TuB8 https://youtu.be/vWZleoXnIfM https://youtu.be/fjpL8C9j_1Y https://youtu.be/7uurpqDQSi4 https://youtu.be/H4j5nvfn3GE https://youtu.be/qzZ5uz7YPwU 収録  https://youtu.be/NAbH-n6GA1M https://youtu.be/CCgYtfmy-r8 https://youtu.be/nbc6-sTaEH8 https://youtu.be/dLRM_aGRMLo https://youtu.be/VdkJaIiD1XE https://youtu.be/Td7nt4aI_mQ https://youtu.be/psGliKEm5aY https://youtu.be/x-w1zNPkmC0 https://youtu.be/I-ZxNauhij0 https://youtu.be/D1RvWGMC9Dk https://youtu.be/U_KFFmAEEsg くしくも再生時間の「TIME」と同じ結果になった。それも「LATCH」の分類の結果の一つであると考える。ライブ配信はくまモンが話せないためアシスタントが進行をしている。なので収録よりは賑やかな動画ができている。最後はヒエラルキーの「H」である。ここは再生回数順で考える。多いほうから並べていく。 https://youtu.be/x-w1zNPkmC0 https://youtu.be/nbc6-sTaEH8 https://youtu.be/fjpL8C9j_1Y https://youtu.be/dJDhXHO-30s https://youtu.be/VdkJaIiD1XE https://youtu.be/U_KFFmAEEsg https://youtu.be/7uurpqDQSi4 https://youtu.be/psGliKEm5aY https://youtu.be/vWZleoXnIfM https://youtu.be/H4j5nvfn3GE https://youtu.be/Td7nt4aI_mQ https://youtu.be/I-ZxNauhij0 https://youtu.be/D1RvWGMC9Dk https://youtu.be/NAbH-n6GA1M https://youtu.be/CCgYtfmy-r8  https://youtu.be/8bgl_D4TuB8 https://youtu.be/qzZ5uz7YPwU https://youtu.be/dLRM_aGRMLo ライブ配信含めて考えてみてもあまり関係性がなく強いて言ってみれば「踊ってみた」系が再生回数が伸びていることが考えられる。長いもの、つまりライブ配信は私の勝手な予測ではあったが飽きてしまうため伸びないのかなとも思っていたが、普通に伸びていて感心した。 このようにLATCHごとに整理してみると、次のことがわかる。第1にくまモンはキャラクター上話すことができない。なのでアシスタントを置いてのライブ配信でアシスタントを介してコミュニケーションをとっていくことがありその点についてはライブ配信は有効である。さらにくまモンチャンネルの主なターゲットは子供やその親御さんだ。この自粛期間のなかで生放送をして親子とコミュニケーションをとることができる点などくまモンチャンネルの特徴から考えていくとライブ配信は有効なのだと感じた。    
71 
Location デンマーク https://youtu.be/y1CkuJ_ppBg オーストラリア https://youtu.be/nrEAixQnlvU フランス https://youtu.be/HjxVDkfjTuQ インドネシア https://youtu.be/0sBZXvwVLjw 日本 https://youtu.be/JiptWFREVzk Alphabet Australia https://youtu.be/nrEAixQnlvU Denmark https://youtu.be/y1CkuJ_ppBg France https://youtu.be/HjxVDkfjTuQ Indonesia https://youtu.be/0sBZXvwVLjw Japan https://youtu.be/JiptWFREVzk Time 2018/8/22 https://youtu.be/nrEAixQnlvU 2018/8/22 https://youtu.be/HjxVDkfjTuQ 2019/7/08 https://youtu.be/JiptWFREVzk 2019/8/26 https://youtu.be/y1CkuJ_ppBg 2019/11/11 https://youtu.be/0sBZXvwVLjw Category 視聴者プレゼント https://youtu.be/JiptWFREVzk 文化 https://youtu.be/0sBZXvwVLjw 地域紹介 https://youtu.be/HjxVDkfjTuQ 店舗紹介 https://youtu.be/y1CkuJ_ppBg サプライズ https://youtu.be/nrEAixQnlvU Hierarchy 7013回再生 https://youtu.be/y1CkuJ_ppBg 6686回再生 https://youtu.be/JiptWFREVzk 5710回再生 https://youtu.be/nrEAixQnlvU 4503回再生 https://youtu.be/HjxVDkfjTuQ 3744回再生 https://youtu.be/0sBZXvwVLjw このようにLATCHごとに整理してみると、次のことがわかる。 第1に自分の興味があるカテゴリーから調べることが可能となる。 第2に動画を投稿順に並べるだけではなく色々な観点から評価が可能となる。 第3にHierarchyの並べ方は他4つとは性質が異なり、YouTubeではとくに再生回数という名目で今日よく目に入るようになった。 
72 
①Location 熊本:100本 ex) https://youtu.be/x-w1zNPkmC0 フランス:9本 ex) https://youtu.be/HjxVDkfjTuQ オーストラリア:3本 ex) https://youtu.be/nrEAixQnlvU 台湾:2本 ex) https://youtu.be/a4IfBYGW8mg 国内(熊本県以外):65本 ex) https://youtu.be/6To9zCUFhqk *考察 くまもんのPR活動は熊本県に限らず世界中で行われている。 ②Alphabet A: https://youtu.be/3F6NqLOaA1Y B: https://youtu.be/PZw5J82cFBE C: https://youtu.be/pNayY33eivM *考察 YouTubeの動画をアルファベット順に並べるのは、あまり便利性を感じない。単語帳などでは、もちろんアルファベット順に並べることは最も便利で分かりやすい。 ③Time 2010/08/13 https://youtu.be/ZOf1RaFkhzE 2020/05/25 https://youtu.be/NAbH-n6GA1M *考察 くまもんTVの各動画では、基本的に投稿された順に#で番号が付けられているため、とても年代別で見やすい。 ④Category ●くまもんTV ●くまもん10周年ムービー ●くまもんTVEX ●くまもとから元気をプロジェクト! ●訪もん記〜フランス篇〜 ●訪もん記〜オーストラリア編〜 *考察 Locationと少し同じ内容になったので、CategoryとLocationはあらゆる分野でも同じになりやすい性質があるのではないかと考えた。 ⑤Hierarchy ●最も視聴回数の多い動画 https://youtu.be/pNayY33eivM ●最も視聴回数の少ない動画 https://youtu.be/eW-dY-aYcm8 *考察 くまもんTVの平均視聴回数は9000回前後なのに対し、最も人気のある動画は400万回再生と非常に多い数字で驚いた。これに対し最も視聴回数の少ない動画は、投稿された期間がチャンネル開設初期でまだくまもんの人気がなかったことなどが少ない視聴回数の主な原因だっと考える。 このようにLATCHごとに整理していると、次のことがわかる。第一に、整理する対象物によってLATCHした時にあまり意味をなさないものとその対象物の特徴や内容をうまくまとめることがあるものがそれぞれあるということだ。今回の場合はAのアルファベットの部分があまり意味をなさず、それ以外のものは全て効果的だったといえる。 
73 
≪Location(位置)≫…動画を撮影している(配信している)場所 ・熊本県内 https://www.youtube.com/watch?v=qzZ5uz7YPwU  (くまモンスクエア) https://www.youtube.com/watch?v=CCgYtfmy-r8  (熊本城近辺から) ・熊本県外 https://www.youtube.com/watch?v=WAtYKFSMJ5M (フランス)  https://www.youtube.com/watch?v=y1CkuJ_ppBg (北海道) →やはり熊本県の公式キャラクターなので県内ロケが多い。 ≪Alphabet(アルファベット)≫…動画タイトルを50音順に整理する https://www.youtube.com/watch?v=lztc72vpyLU イルカに乗った~ https://www.youtube.com/watch?v=wrDRK7ahwSs 上を向いて歩こう~ https://www.youtube.com/watch?v=DU5Kqq3n1fk エアロビ~ https://www.youtube.com/watch?v=D3kPrZ6AzGc お座敷~ https://www.youtube.com/watch?v=2FtjQn8OZ5s キャンドル~ https://www.youtube.com/watch?v=NAbH-n6GA1M くまモンTV(シリーズ)  https://www.youtube.com/watch?v=6To9zCUFhqk くまもとから~(シリーズ) https://www.youtube.com/watch?v=jlKe3aRQ6eQ サッカーの~ https://www.youtube.com/watch?v=g-hDML0KnOg 選手宣誓~ https://www.youtube.com/watch?v=LvCrfVT-8aQ 体育館を~ https://www.youtube.com/watch?v=VOUykFLv-Ew 大怪獣~ https://www.youtube.com/watch?v=PX58MIPwlQY 中国出張~ https://www.youtube.com/watch?v=jWbDKvkYi_o デビューから~ https://www.youtube.com/watch?v=Kp1Hom94veI ド迫力~ https://www.youtube.com/watch?v=UVlY8MWMZhk なにかが~ https://www.youtube.com/watch?v=Bx04XvXTuyM 花火~ https://www.youtube.com/watch?v=I7uC2RY9-HU 餅つき~ https://www.youtube.com/watch?v=LLIw8oJKX80 山形で~ →タイトルの一文字目が記号や数字の動画は参照しなかった。また最近の動画は「くまモン」や「くまもと」で始まっているため、YouTubeチャンネルが始まった9年前からさかのぼることで比較できるようにした。それでも「くまモン」で始まっている動画がほとんどだった。 ≪Time(時間)≫…動画が公開された時間(日・年)を最新のものから順番に整理する  https://www.youtube.com/watch?v=qzZ5uz7YPwU みんな集まれ!ある場所から生配信だモン♪(2020年5月31日) https://www.youtube.com/watch?v=NAbH-n6GA1M くまモンTV #88 カップスローチャレンジ!決めてみせるモン! ( 2020年5月25日) https://www.youtube.com/watch?v=H4j5nvfn3GE みんな集まれ!生配信だモン♪(2020年5月24日)  https://www.youtube.com/watch?v=CCgYtfmy-r8 くまモンTV #87 突撃サプライズ!くまモン人力車!(2020年5月18日) https://www.youtube.com/watch?v=7uurpqDQSi4 みんな集まれ!生配信だモン♪(2020年5月17日) →YouTubeチャンネル内の『動画』という欄の中では、『追加日(新しい順)』をクリックすれば、上から下、左から右へと最新の動画が順に並ぶ。 ≪Category(カテゴリー)≫…動画の内容を系統に分けて整理する ・生配信系(みんな集まれ!生配信だモン♪)  https://www.youtube.com/watch?v=qzZ5uz7YPwU  https://www.youtube.com/watch?v=H4j5nvfn3GE  https://www.youtube.com/watch?v=7uurpqDQSi ・チャレンジ系(くまモンTV)  https://www.youtube.com/watch?v=NAbH-n6GA1M  https://www.youtube.com/watch?v=CCgYtfmy-r8  https://www.youtube.com/watch?v=dLRM_aGRMLo ・スピンオフ系(くまモンTVEX)  https://www.youtube.com/watch?v=Ize4tVj4zTY  https://www.youtube.com/watch?v=Idt0uJesPMs  https://www.youtube.com/watch?v=mKXV_8HXdGY ・時事問題系  https://www.youtube.com/watch?v=nbc6-sTaEH8 (PPAP)  https://www.youtube.com/watch?v=VdkJaIiD1XE (コロナ対策) ・巡業系(くまモンTVがシリーズ化される以前に国内外で仕事をしている動画)  https://www.youtube.com/watch?v=31VrWokwBIs  https://www.youtube.com/watch?v=nrEAixQnlvU  https://www.youtube.com/watch?v=LL8qnPwbSIo →シリーズ化されている現在の方が見やすい。 ≪Hierarchy(序列)≫…動画の再生回数が多いものから順に整理する(2020年6月1日現在)  https://www.youtube.com/watch?v=pNayY33eivM くまモンTV #29「サカナ釣りに挑戦するモン!」4,718,509回(2019/04/01)  https://www.youtube.com/watch?v=afv_h5pdmQ0 くまモンTV #27「くまモンを探せ!米塚!」1,343,789回(2019/03/18)  https://www.youtube.com/watch?v=UIhaPqr7RAs くまモンTV #17「くまモンを探せ!﨑津教会編」881,352回(2018/12/27)  https://www.youtube.com/watch?v=OJkVIx1Cb6g くまモンTV #3「くまモンを探せ!大観峰編」515,54回(2018/09/17)  https://www.youtube.com/watch?v=Gk_IpT0H1pc くまモン、モンキー・くまモンVerで鈴鹿サーキットを走行!320,965回(2015/07/25) →再生回数と公開されている年数は比例しない。昔に公開された動画の再生回数が多いわけではなく、最近公開された動画の再生回数が少ないわけでもない。  このようにLATCHごとに整理してみると、次のことがわかる。第1にくまモンは熊本を宣伝するキャラクターであり、日本を宣伝するキャラクターであるということだ。国内では熊本を、国外では熊本と日本を宣伝していることがLocationで整理することでわかった。第2にくまモンは様々なことにチャレンジし、様々な場所で仕事をしている。これはLocationだけではなく、Alphabetで内容に考慮せず整理したことによりわかった。第3に公開される動画の内容や精度が日々向上しているということだ。これはTimeで整理することからわかった。くまモンの周りでサポートしている人が、イベントに登場したくまモンを簡単に撮っていた9年前の動画と比べて、現在の動画は内容も編集も凝っている。そのように考えると『くまモンTV』や『くまモンTVEX』など、動画が最新のものになればなるほどシリーズ化が明確になっていて、動画がわかりやすくなっていることがCategoryから読み取れる。第4にくまモンは魅力的であるということが改めてわかった。Hierarchyで整理した動画を見たが、魚はなかなか釣れないのにバイクに乗ってレース場を颯爽と走ることが出来るというギャップが多くの人を引き付ける魅力だと確信した。 
74 
Location ・日本 https://www.youtube.com/watch?v=qzZ5uz7YPwU https://www.youtube.com/watch?v=NAbH-n6GA1M&t=99s https://www.youtube.com/watch?v=H4j5nvfn3GE など     ・台湾 https://www.youtube.com/watch?v=7kK9K3i3W-A&list=PLET_90-yYWaxsM5UpmVp7dyFFDk9WZmGC&index=1 https://www.youtube.com/watch?v=a4IfBYGW8mg&list=PLET_90-yYWaxsM5UpmVp7dyFFDk9WZmGC&index=2     ・フランス https://www.youtube.com/watch?v=HjxVDkfjTuQ&list=PLET_90-yYWax3iBSGl4k4GE7rVjnvOwIT&index=1 https://www.youtube.com/watch?v=31VrWokwBIs&list=PLET_90-yYWax3iBSGl4k4GE7rVjnvOwIT&index=2 https://www.youtube.com/watch?v=rQgXWF7a9vI&list=PLET_90-yYWax3iBSGl4k4GE7rVjnvOwIT&index=3 https://www.youtube.com/watch?v=yp8Du87pNKI&list=PLET_90-yYWax3iBSGl4k4GE7rVjnvOwIT&index=4 https://www.youtube.com/watch?v=iM5D8kgYuEs&list=PLET_90-yYWax3iBSGl4k4GE7rVjnvOwIT&index=5 https://www.youtube.com/watch?v=Zb39VSvrcBQ&list=PLET_90-yYWax3iBSGl4k4GE7rVjnvOwIT&index=6 https://www.youtube.com/watch?v=HSImlqzsBac&list=PLET_90-yYWax3iBSGl4k4GE7rVjnvOwIT&index=7 https://www.youtube.com/watch?v=CQQalBXAq3c&list=PLET_90-yYWax3iBSGl4k4GE7rVjnvOwIT&index=8 https://www.youtube.com/watch?v=7zIe0-_muR8&list=PLET_90-yYWax3iBSGl4k4GE7rVjnvOwIT&index=9     ・オーストラリア https://www.youtube.com/watch?v=nrEAixQnlvU&list=PLET_90-yYWaxSMObVgRIEDOc62wssoSxz&index=1 https://www.youtube.com/watch?v=LL8qnPwbSIo&list=PLET_90-yYWaxSMObVgRIEDOc62wssoSxz&index=2 https://www.youtube.com/watch?v=If4WBPB64bg&list=PLET_90-yYWaxSMObVgRIEDOc62wssoSxz&index=3       活動範囲は日本だけではないようで、世界でも撮影などをしていた。コメント欄を見てみると海外の方のコメントもあり、認知はされているようだった。 Alphabet  https://www.youtube.com/watch?v=lztc72vpyLU https://www.youtube.com/watch?v=maGDmFZziAM https://www.youtube.com/watch?v=wrDRK7ahwSs        全てを載せることはできないので、あいうえお順の最初の3つを載せた。ほとんどの動画の題名が「くまモン〜」だったため、この順番で動画を並べることは効果的ではないようだ。 Time https://www.youtube.com/watch?v=ZOf1RaFkhzE https://www.youtube.com/watch?v=oPZqVX86Oz0 https://www.youtube.com/watch?v=eW-dY-aYcm8 https://www.youtube.com/watch?v=Qyvf2ayOt3g https://www.youtube.com/watch?v=cFdXuO0zBRY https://www.youtube.com/watch?v=DwGlV-tavs8       チャンネルページ内の「動画」欄に行くと、新しい順に表示されている。古い順に並べてみると、動画のクオリティがどんどん上がっていることがわかる。チャンネル開設当初はくまモンの様子をただ撮影し、編集もされていなかった。1年前から編集をしたり、企画をしたり、生配信をしたりと、youtuberらしくなった。くまモンは喋ることができないが、生配信は主にスタッフが会話を回し、時々くまモンがホワイトボードに文字を書いていた。 Category・生配信 https://www.youtube.com/watch?v=qzZ5uz7YPwU https://www.youtube.com/watch?v=H4j5nvfn3GE&t=1930s https://www.youtube.com/watch?v=7uurpqDQSi4 https://www.youtube.com/watch?v=fjpL8C9j_1Y https://www.youtube.com/watch?v=dJDhXHO-30s     ・チャレンジ https://www.youtube.com/watch?v=NAbH-n6GA1M&t=99s https://www.youtube.com/watch?v=dLRM_aGRMLo https://www.youtube.com/watch?v=1QW7XYIyZ8E https://www.youtube.com/watch?v=fdu0Ijo_7ws https://www.youtube.com/watch?v=r7jlHR4W4gQ     ・料理 https://www.youtube.com/watch?v=1gySsF02RpY https://www.youtube.com/watch?v=ooRjV4bFw0A https://www.youtube.com/watch?v=TDhCYK9YWIs https://www.youtube.com/watch?v=Ize4tVj4zTY https://www.youtube.com/watch?v=0apZ3eUJPI4      主に〜に挑戦!といった類の動画が多かった。指がなく、動きづらいので何かにチャレンジしている姿が愛嬌があり、大衆に受けるようだ。 Hierarchy 再生数第一位 https://www.youtube.com/watch?v=pNayY33eivM https://www.youtube.com/watch?v=afv_h5pdmQ0 https://www.youtube.com/watch?v=UIhaPqr7RAs https://www.youtube.com/watch?v=OJkVIx1Cb6g https://www.youtube.com/watch?v=Gk_IpT0H1pc 人気の動画に共通していたことは、英語の字幕がついているということだった。海外向けにも作成すると再生数が伸びるようだ。また、「くまモンを探せ」シリーズが人気だった。このシリーズは動画一本の再生時間が約2分と短く、見やすいことから気軽に見ようという気にさせてくれるのだろう。 このようにLATCHごとに整理してみると、次のことがわかる。第1に位置ごとに割り振る方法は用途が狭く、地図や施設案内などで用いる時以外は意味をあまり為さないようだ。第2に時間、カテゴリー、ヒエラルキーでの整理の仕方は位置とは逆にいつでも使うことができる。時間はYouTubeにおいて最もオーソドックスな並べ方の一つだし、カテゴリーは最もわかりやすいだろう。チャンネル運営者自身が再生リストと呼ばれるものでオリジナルのカテゴリーを割り振ることができる。 
75 
https://youtu.be/nbc6-sTaEH8 ↑ PPAP2020を踊る https://youtu.be/fjpL8C9j_1Y ↑ 生配信 https://youtu.be/dJDhXHO-30s ↑ 生配信 https://youtu.be/VdkJaIiD1XE ↑ コロナ対策を頑張る方に向けて https://youtu.be/7uurpqDQSi4 ↑ 生配信 https://youtu.be/H4j5nvfn3GE ↑ 生配信 https://youtu.be/Td7nt4aI_mQ ↑ 巨大カブト作り https://youtu.be/qzZ5uz7YPwU ↑ 生配信 https://youtu.be/NAbH-n6GA1M ↑ カップスローチャレンジ https://youtu.be/CCgYtfmy-r8 ↑ サプライズ https://youtu.be/dLRM_aGRMLo ↑ テーブルサッカー 5月の1ヶ月分のくまモンTVを再生回数の多い順に並べた。 このようにLATCHごとに整理してみると、次のことがわかる。第1に再生回数が多い動画は、生配信や、最近の流行に沿った動画であるということだ。第2に再生回数の多い動画のサムネイルの方が再生回数の少ない動画のサムネイルよりシンプルであるということだ。 
76 
このようにLATCHごとに整理してわかることはくまモンはもうオワコンであるということだ。動画の人気順で並べたとき、1年以内に投稿された動画は人気トップ10には一つもなかった。アップロードされた順にみても過去一か月で1万回再生されているものは数えるくらいしかなく、ほとんどのものが3000~7000再生をさまよっていた。このことからくまモンは過去の遺産であり今を生きる人たちの興味を引くことはできていないことがわかる。 
77 
Location(位置) 島根①〜③↓ https://youtu.be/tcAxUGe3wOQ https://youtu.be/8z4ONXWh0V4 https://youtu.be/KTX359_WATA 新潟①〜②↓ https://youtu.be/nnUOoOMC7Qo https://youtu.be/e1UF20kJLkc 岩手①〜③↓ https://youtu.be/o9Wk_umfGFc https://youtu.be/w8cEiANOl_0 https://youtu.be/nFZM3GL_hko Alphabet(アルファベット) く https://youtu.be/2YyVKuhMkOQ https://youtu.be/mK256aYYKO4 https://youtu.be/42e_0OVzdSU Time(時間) KumamonTVの投稿された順 (古い順) https://youtu.be/ZOf1RaFkhzE https://youtu.be/oPZqVX86Oz0 https://youtu.be/eW-dY-aYcm8 Catevory(カテゴリー) くまモン10周年ムービー https://youtu.be/MjqIGX9ScXs https://youtu.be/UVlY8MWMZhk https://youtu.be/jWbDKvkYi_o くまもとから元気をプロジェット!〜台湾篇〜 https://youtu.be/7kK9K3i3W-A https://youtu.be/a4IfBYGW8mg Hierarchy(序列) 再生回数の多い動画 ① https://youtu.be/pNayY33eivM 471万回再生 ② https://youtu.be/afv_h5pdmQ0 134万回再生 ③ https://youtu.be/UIhaPqr7RAs 88万回再生 このようにLATCHごとに整理してみると、次のことがわかる。第1にKumamonTVはくまモンを通じて色々な地域や場所で活動している事が分かる。第2に動画の多くのタイトルが「くまモン」から始まるためアルファベット順で探そうとすると似たような名前が並んでおり、探しにくいと考える。第3にこのチャンネルは9年前から投稿を始めているが、昔の投稿はただ動画を撮ってアップロードしていたが最近の動画はしっかりと編集もされていてグレードアップしている事がわかる。第4にKumamonTVは色々な企画に挑戦していることが分かる。第5に再生回数の多い順に並べてみたが、1位と3位の差が大きいためチャンネルを登録し毎回見ている人は少ないと考える。 
78 
KumamonTVを直近1か月でLATCHしてみる。 まず初めに、ロケーションでみる。 東京から1番近くでの撮影は浅草のhttps://youtu.be/U_KFFmAEEsg この動画であり、他の動画https://youtu.be/U_KFFmAEEsg https://youtu.be/I-ZxNauhij0 https://youtu.be/x-w1zNPkmC0 https://youtu.be/VdkJaIiD1XE https://youtu.be/qzZ5uz7YPwU https://youtu.be/NAbH-n6GA1M https://youtu.be/H4j5nvfn3GE https://youtu.be/CCgYtfmy-r8 https://youtu.be/7uurpqDQSi4 https://youtu.be/nbc6-sTaEH8 https://youtu.be/dLRM_aGRMLo https://youtu.be/fjpL8C9j_1Y https://youtu.be/Td7nt4aI_mQ https://youtu.be/dJDhXHO-30s https://youtu.be/psGliKEm5aY https://youtu.be/8bgl_D4TuB8 https://youtu.be/I-ZxNauhij0 https://youtu.be/D1RvWGMC9Dk https://youtu.be/U_KFFmAEEsg などは熊本だと思われる。 次にアルファベット順でみる。 ローマ字で始まっているこの動画が1番早く https://youtu.be/nbc6-sTaEH8 あか牛くんが出てるこの動画が平仮名では1番早い https://youtu.be/I-ZxNauhij0 次はくまモンの動画のタイトルで1番多い、「くまモンTV~」である https://youtu.be/NAbH-n6GA1M https://youtu.be/CCgYtfmy-r8 https://youtu.be/dLRM_aGRMLo などがある。 次に「コロナ対策〜」の https://youtu.be/VdkJaIiD1XE そして最後に生配信をするときの「みんな集まれ」からはじまる https://youtu.be/qzZ5uz7YPwU https://youtu.be/H4j5nvfn3GE https://youtu.be/7uurpqDQSi4 https://youtu.be/dJDhXHO-30s などがある。 次に更新の日時だが、新しい順だと https://youtu.be/qzZ5uz7YPwU https://youtu.be/NAbH-n6GA1M https://youtu.be/H4j5nvfn3GE https://youtu.be/CCgYtfmy-r8 https://youtu.be/7uurpqDQSi4 https://youtu.be/nbc6-sTaEH8 https://youtu.be/dLRM_aGRMLo https://youtu.be/fjpL8C9j_1Y https://youtu.be/Td7nt4aI_mQ https://youtu.be/dJDhXHO-30s https://youtu.be/psGliKEm5aY https://youtu.be/8bgl_D4TuB8 https://youtu.be/I-ZxNauhij0 https://youtu.be/D1RvWGMC9Dk https://youtu.be/U_KFFmAEEsg となる。 次にカテゴリーで分ける。 生配信 https://youtu.be/U_KFFmAEEsg https://youtu.be/H4j5nvfn3GE https://youtu.be/7uurpqDQSi4 https://youtu.be/fjpL8C9j_1Y https://youtu.be/dJDhXHO-30s コロナウイルス関連の動画 https://youtu.be/nbc6-sTaEH8 https://youtu.be/VdkJaIiD1XE https://youtu.be/x-w1zNPkmC0 競う系の動画 https://youtu.be/NAbH-n6GA1M https://youtu.be/I-ZxNauhij0 https://youtu.be/dLRM_aGRMLo くまモンが創作する動画 https://youtu.be/psGliKEm5aY https://youtu.be/Td7nt4aI_mQ がある。 次に再生回数順でみる。 1万再生を超えている動画 https://youtu.be/x-w1zNPkmC0 https://youtu.be/nbc6-sTaEH8 https://youtu.be/fjpL8C9j_1Y 8000回以上1万回未満の動画 https://youtu.be/dJDhXHO-30s https://youtu.be/VdkJaIiD1XE https://youtu.be/U_KFFmAEEsg https://youtu.be/psGliKEm5aY 8000回未満の動画 https://youtu.be/qzZ5uz7YPwU https://youtu.be/NAbH-n6GA1M https://youtu.be/H4j5nvfn3GE https://youtu.be/CCgYtfmy-r8 https://youtu.be/dLRM_aGRMLo https://youtu.be/Td7nt4aI_mQ https://youtu.be/I-ZxNauhij0 https://youtu.be/vWZleoXnIfM https://youtu.be/D1RvWGMC9Dk このようにLATCHごとに整理してみると、次のことがわかる。第1に生配信は比較的再生回数が多いということだ。生配信のサムネイルは固定されているので、何をするかわからない。したがって、興味のないジャンルだとしても確認のために再生し、再生回数が多いのではないか。 第2に、コロナウイルス関係の動画上がっていることである。ピコ太郎が歌っているPPAPをくまモンが踊っていたり、星野源のうちで踊ろうを踊ってみたりしている。また、コロナ対策をしている医療関係者への感謝の動画もあげている。 第3に、くまモンが創作する系、競う系の動画は再生回数が低いことである。生配信などは再生回数1万回を超えることがあるが、創作する系、対決系は平均再生回数7000回ほどである。 第4に、ロケーションのことであるが、コロナウイルスのため遠出をしていない、または不謹慎と言われてしまう可能性があるため、限りなく少なかった。コロナウイルスまえだと、オーストラリアやフランスなど日本以外にも行っていた。しかし、遠出をして撮影しない分、生配信が多くなっていた。 第5に、くまモンTVのタイトルは画一化されており、通常の動画だと「くまモンTV#~」、くまモンが旅行する際は「くまモンTVEX くまモン訪モン記」、生配信の場合は「みんな集まれ!」となっており、検索する際など簡単に見分けられるようになっている。 コロナウイルス期間というのもあり、身一つでできる生配信が多く、また再生回数も多い。くまモンが競争する系の動画は、子供には少し難しい内容であったため、真似しづらく再生回数が空かないのかなと思った。 
79 
KumamonTVでは、①Locationが再生リストにもあるように、「くまもとから元気をプロジェクト!」とまとめられています(熊本県、台湾、フランス、オーストラリア)。②Alphbetが「並べ替え」機能です((追加日(古い順)、追加日(新しい順)))。③Timeが「くまモンオフィシャルホームページ」です。④Categoryが例えば「くまモンTV」という企画です。⑤HierarchyがAlphbetに重なる「並べ替え」機能の再生回数によるランキングでしょう。 ① https://youtu.be/7kK9K3i3W-A ② https://youtu.be/ZOf1RaFkhzE  ③ https://kumamon-official.jp/  ④ https://youtu.be/NAbH-n6GA1M  ⑤ https://youtu.be/pNayY33eivM  LATCHごとに整理してみると、次のことが分かります。第1に、Locationに当てはまるものは、都道府県別や国別で情報が整理されています。第2に、Alphbetに当てはまるものは、並べ替え機能によりすぐに動画の追加日の古い順・新しい順が分かり、視聴できます。 第3に、Timeに当てはまるものはチャンネルページからオフィシャルホームページにブログ記事があります。第4に、Categoryに当てはまるものは、例えば「くまモンTV」という企画です。場所や内容を変更すれば、何回でも実施でき、シリーズ化されています。また、人気の動画順に並べてみると、Top3はこの「くまモンTV」でした。視聴者に需要があり、熊本県に来たいと思ってもらえるように、動画を作り、提供しているはずです。だから、このシリーズは現段階で88回まで行っていて、再生回数も平均的に6,000回観られているようです。 第5に、HierarchyはAlphbetに重なる「並べ替え」機能の再生回数によるランキングでしょう。これは、供給者側は人気な動画の需要、視聴者側からは人気な動画を知ることができます。 
80 
KumamonTVについてLATCHそれぞれの観点から大雑把に分析していく。 まず、Locationから分析のだが、やはりくまモンが熊本県のゆるキャラという存在であることから、動画で題材にされるスポットは熊本に由来するものが多い。地元のイベント、祭りへの参加(町内会の運動会に参加するものもあった★1)また熊野の小学校などに来訪する光景も動画でアップさてれている。ここから今では日本的に有名なキャラクターの一人である。くまモンの土台は、熊本のゆるキャラであり、地元を盛り上げる存在であることがわかる。しかしながら、先にもの述べた通りくまモンの知名度は全国区でゆるキャラブームを盛り上げた存在の一人であることを私たちは理解している。チャンネル上でもやはり、他地域のゆるキャラとの関わりや他県で活動する姿もアップされている。その代表例が「くまもとから元気をプロジェクト」だろう。まだくまモンがいたことのない県へ、熊本のつながりをみつけ、元気を届けるというプロジェクトが行われ最終的に国内にとどまることなくくまモンは台湾も訪れている。(★2)ここからくまモンが熊本だけではなく全国的に愛されている損愛であることがわかる。 次にAlphabetの観点からである。ほぼすべての動画が「くまモン」という単語から始まるため、この観点からの解析は困難かと思われたが、このチャンネルの動画タイトルを見ていくなかである時期を境に「くまモンTV」を自称して表面化していること、つまりはHIKAKIN TVのようにYouTuber化していることがわかる。このことは、時代の文脈と関わりがあるので細かな記述は避けるがこの動画(★3)からなぜ「くまモンTV」と代替的にYouTubeチャンネルのYouTuber化が行われているかがわかる。(ネタバレになるが知事の要請によるものだった。) ここでTimeの観点からこのチャンネルについて考察していく。このチャンネルの歴史は長く(初投稿は9年前またくまモンのプロジェクト自体は今年で10周年である。)その活動をすべて把握することは困難である。しかし、ここまでの段階で「熊本県を元気づけるためのくまモン」「日本を元気づけるためのくまモン」「YouTuberとしてのくまモン」と様々なこのキャラの持つ顔を確認することができた。そこでここで上記の動画を時系列的に見てみる。 ★1(町内会)→20120923投稿  ★2(熊本から全国へ)→20121016投稿(またこのプロジェクトは2017まで投稿され続けている)  ★3(YouTuber的展開開始、くまモンTV時代)→20180903投稿 この流れからくまモンの認知が熊本から全国もしくは海外への展開(熊本地震へのお礼やジャパンエキスポにさんかするためフランスも訪れている(★4)が見て取れる。さらにYouTuber化したことは「KumamonTV」というチャンネルが日本YouTubeのムーブメントに乗っかていることだけではなく、個人的な領域としてのメディアに進出している存在になりゆるキャラを超えたキャラクター化していることが明確に読み取れて面白い。 さらにCategoryからの分析である。かなり概略的にKumamonTV動画の傾向やジャンルがキャラの知名度などに応じて変化、展開していくことは述べたが、私はこのチャンネルの中で時系列やキャラの成長の観点からカテゴリー分けだけでなくもう1つグルーピングすべき項目ががあると考えた。それは後の項目「Hierarchy」にも大きく関わるものである。わたしは「キャラのギャップ」というカテゴリー分けを導入したい。もちろんくまモンが愛らしいゆるキャラの魅力をそなえているのは見て取れるが、時折このキャラはバイクを運転したり(★5)、合気道やアクロバティックな動きを披露する。くまモンの「キャラ性」「マスコット性」を超越し、それらとのギャップを感じさせる。またこのようなテーマを題材にした動画はチャンネルの中でも平均的な視聴回数を上回っている。ここまでくまモンの人気や活動範囲に応じた動画の時系列的なカテゴリー分けを暗に扱ってきたがこのチャンネルを分析するにはこうした彼の人気のある側面を取り上げた動画を分類に使用することも大事であるのと考える。 最後にHierarchyからの分析である。YouTubeのチャンネルを扱っているので、ここでははやはり視聴回数というデータをもとに分析を進めていきたい。これまでのようにくまモンのゆるキャラとしての可愛さが感じられる動画やくまモンをある意味メタ的に見ることができるアクロバティックな動画が比較的に視聴回数が高い。またゆるキャラならではの他のゆるキャラや有名人とのからみがお互いのファン層といった様々な視聴者からアクセスされるためか視聴回数が安定している傾向にある。また知名度の向上とともに共演相手がが有名なお笑い芸人になったりとしている(★6)ことからゆるキャラを超えて一種のタレント性を帯びていることが明らかになった。 またこのことは「くまモンTV」としてYouTuber化、つまりは番組的な意識をもった動画になっていることからも読み解ける。 このようにLATCHごとに整理してみると、次のことがわかる。第1に、はじめは熊本のPRとしての属性が強かったこのチャンネルであるが、くまモンの影響力は県内に留まることなく、いまでは全国、さらには海外との関わりをもったキャラクターとなることでそのチャンネルの対象も拡大されていったことだ。また第2に、くまモンの影響の拡大による一種のタレント化である。ゆるキャラとしてはもちろんゆるキャラの機能を超えて全国的に認知されたことで日本のキャラクターと呼べるものにも変化していき、メディアにおいては1つのキャラクター、タレントとなっていったことがうかがえる。このことはPR活動の枠を超えてYouTuberとして番組的なものをくまモン使用することで実現していることから明らかである。第3にこのようなキャラクターを超えたダイナミックなくまモンの展開には、中の人の生命巻あふれるダイナミックな動きや時代に合わせたくまモンの展開を支える方針が存在し支えていることがうかがえる。 【参考動画】 ★1 https://youtu.be/g-hDML0KnOg ★2 https://youtu.be/7kK9K3i3W-A ★3 https://youtu.be/eex4VY3ryHs?list=PLET_90-yYWawh0LydVQdyTkN0ppw-E_nc ★4 https://youtu.be/Zb39VSvrcBQ https://youtu.be/LL8qnPwbSIo ★5 https://youtu.be/Gk_IpT0H1pc ★6 https://youtu.be/PlJmW_Z4LX4 
81 
今回、最近のくまモンの活動ということで一年前までの動画を対象にします。 locationについて、https://www.youtube.com/watch?v=Zb39VSvrcBQ、https://www.youtube.com/watch?v=iM5D8kgYuEs&t=1s、https://www.youtube.com/watch?v=CQQalBXAq3c、https://www.youtube.com/watch?v=HSImlqzsBac、https://www.youtube.com/watch?v=7zIe0-_muR8、https://www.youtube.com/watch?v=yp8Du87pNKI、https://www.youtube.com/watch?v=31VrWokwBIsこれらはフランスで撮影している。https://www.youtube.com/watch?v=LL8qnPwbSIo、https://www.youtube.com/watch?v=If4WBPB64bgオーストラリア。https://www.youtube.com/watch?v=f0I8CIKSdbM、https://www.youtube.com/watch?v=ZtZfL-I-b78、https://www.youtube.com/watch?v=fJ4rGB8t4Nwデンマーク。他のは日本ということ。 alphabetで分けるとhttps://www.youtube.com/watch?v=UVlY8MWMZhkがnから始まる。https://www.youtube.com/watch?v=I-ZxNauhij0はaから始まる。https://www.youtube.com/watch?v=dJDhXHO-30s、https://www.youtube.com/watch?v=7uurpqDQSi4、https://www.youtube.com/watch?v=H4j5nvfn3GE、https://www.youtube.com/watch?v=qzZ5uz7YPwUこれらはmで始まる。https://www.youtube.com/watch?v=nbc6-sTaEH8はpで始まる。他の動画はすべてkから始まる。 timeはくまもんは月にだいたい4本づつ動画を挙げている。ということは一週間に一本のペースとなる。 categoryで分けると他のhttps://www.youtube.com/watch?v=szT-ZsrH1Zg、https://www.youtube.com/watch?v=F7NyOb4WX6k、https://www.youtube.com/watch?v=oKkRo2pANz0、これらはほかのyoutuberとのコラボ。他はそれ以外。 hierarchyで分けると。https://www.youtube.com/watch?v=eex4VY3ryHs、https://www.youtube.com/watch?v=MpNygTJZv08、https://www.youtube.com/watch?v=-eWK_LmBMY0、https://www.youtube.com/watch?v=wKj-r42UOYM、https://www.youtube.com/watch?v=sjlxrKtnopg、https://www.youtube.com/watch?v=0m6lyaLF8II、https://www.youtube.com/watch?v=gc6_ZtNbmMI、https://www.youtube.com/watch?v=UIhaPqr7RAs、https://www.youtube.com/watch?v=B_OdZpbuxBI、https://www.youtube.com/watch?v=a_TOvt4vxcw、https://www.youtube.com/watch?v=afv_h5pdmQ0、https://www.youtube.com/watch?v=pNayY33eivM、https://www.youtube.com/watch?v=pNayY33eivM、https://www.youtube.com/watch?v=tCAjqIa5c78、https://www.youtube.com/watch?v=XJQbcQ8WftU、https://www.youtube.com/watch?v=0apZ3eUJPI4、https://www.youtube.com/watch?v=ka0iaU1OWBA、https://www.youtube.com/watch?v=ooRjV4bFw0A、https://www.youtube.com/watch?v=U0r2L0dBvwQ、https://www.youtube.com/watch?v=B8qfFs_opg0、https://www.youtube.com/watch?v=1gySsF02RpY、https://www.youtube.com/watch?v=fdu0Ijo_7ws、https://www.youtube.com/watch?v=UVlY8MWMZhk、https://www.youtube.com/watch?v=jWbDKvkYi_o、https://www.youtube.com/watch?v=x-w1zNPkmC0、https://www.youtube.com/watch?v=dJDhXHO-30s、https://www.youtube.com/watch?v=nbc6-sTaEH8、これらは一万回再生されているもの。他はそれ以下となる。  このようにLATCHごとに整理してみると、次のことがわかる。一つ目にくまもんは熊本や日本だけでなく世界で活躍し世界で羽ばたいている。二つ目に基本的に自分の名前から始まる題名が多いためkから始まりがちである。三つめは基本的に週一のペースで動画を挙げている。四つ目はくまモンは意外とyoutuberとコラボすることが多く登録者が低い割には大物とコラボしている。だが、そこまで、登録者が伸びていない点を見るとくまモン自体にはそこまで魅力がないと評価されているのかもしれない。五つ目は、くまモンの動画の中で一万回再生数を超えるのはコラボとシュールな挑戦企画が多いのを見ると最近のくまモンは少し方向性をみうしなっているのかもしれない。だが、これは成長のための挑戦と言えるのかもしれない。 
82 
私は次の5つの動画を基に分析した。 ①『くまモン草スキー』https://youtu.be/ZOf1RaFkhzE?t=6 確認できる最初の動画。くまモンがそりで滑るだけの内容。 ②『くまもとから元気をプロジェクト 記者発表2012 10 16』https://www.youtube.com/watch?v=CH2v69otFjM 県知事のミッションをうけ、くまモンが全国へ。 ③『くまもとから元気をプロジェクト 台湾編①』https://www.youtube.com/watch?v=7kK9K3i3W-A くまもとから元気をプロジェクト、ついに海外へ。 ④『くまモンTV #1「YouTuberくまモン、知事とけん玉対決!」( Kumamon TV #1 )』 くまモンのYouTuberデビュー動画。編集が豪華になる。 ⑤『PPAP-2020-/KUMATAROくま太郎 (くまモン PPAP)』https://youtu.be/nbc6-sTaEH8?t=35 PPAP-2020- くまモンが踊ってみた。 これらの動画をLATCHで整理すると、 L(撮影場所):①②④⑤(熊本)③(台湾) A(50音順):②→③→①→④→⑤ T(古い順):①→②→③→④→⑤ C(シリーズ物か単発か):②③④(シリーズ物)①⑤(単発) H(視聴回数順):③→⑤→②→①→④ このようにLATCHごとに整理してみると、次のことがわかる。第1にLに着目すると、KumamonTVの撮影場所は熊本県で多く撮られていることがわかる。第2にAに着目すると、ほとんど「く」から始まることがわかる。第3にT,C,Hの関連性に着目すると、動画が古いほど視聴回数が増えるわけではないということがわかる。またシリーズ物か単発かで視聴回数に影響がでるとはいえないということもわかる。今回調べたのは多くの動画のなかでもたったの5つだけであるが、それだけでもわかる情報があるということが今回の分析の結論である。 
83 
https://youtu.be/NAbH-n6GA1M くまモンがカップを投げてカップに入れれるかという挑戦動画。 https://youtu.be/Td7nt4aI_mQ くまモンが巨大な紙で紙飛行機を作る動画。 https://youtu.be/1QW7XYIyZ8E くまモンが職人になり包丁を作る動画。 https://youtu.be/0BhsHt_rCuM くまモンが化石を発掘する動画。 場所は熊本以外の県が多い。カテゴリーは挑戦動画が多い。ヒエラルキーは低めの年齢層向け。このようにLATCHごとに整理してみると、次のことがわかる。第1に熊本県の人に向けた動画であること。第二にくまモンが挑戦し視聴者を元気づける目的であること。第三に熊本県の子供に向けた動画であること。これらのことから震災の影響を大きく受けた熊本の人たちを活気づけることが目的となっている動画であることがわかる。 
84 
L:位置 https://www.youtube.com/user/kumamontai/search?query=%E6%9D%B1%E4%BA%AC 東京で絞ることによってくまモンが東京で撮影した動画を見ることができます。 A:アルファベット https://www.youtube.com/user/kumamontai/search?query=%E3%81%82 「あ」と検索をかけることによって阿蘇山やA列車などの「あ」から始まる項目を簡単に見つけることができます。 T:時間 https://www.youtube.com/user/kumamontai/search?query=%E5%A4%9C ここでは時間を夜に設定しました。これによって夜に撮影した動画を見ることができます。 C:カテゴリー https://www.youtube.com/user/kumamontai/search?query=%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0 「ゲーム」と検索をかけることでくまモンがゲームや勝負に挑む動画を見ることができます。 H:序列 https://www.youtube.com/user/kumamontai/search?query=%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0 くまモンの動画におけるランキングなどを見ることができます。 このようにLATCHごとに整理してみると、次のことがわかります。第1に探しやすいということが利点として挙げられます。私も普段からよくYouTubeを視聴しますが、見たい動画を探すのに何分か費やしてしまうことがあります。ときに、見たい動画と同じ時間を探す時間に使ってしまうこともあるのでこの機能は非常に調べものをする上で有効な手段です。第2に動画の概要欄などに少しでも調べた単語が記載されていた場合、関係ない動画であるにも関わらず、ヒットしてしまうということがあります。これはかえって不便なこともあるので、動画の概要欄などに記載されている単語ではなく、動画の内容から見つけ出せるようになるとさらにスムーズに探し出すことができるのではないかと思います。 
85 
投稿動画を再生数の多い順に並べ、傾向を分析する。 以下、再生数が多い10動画。(再生回数) https://www.youtube.com/watch?v=pNayY33eivM (471万回) https://www.youtube.com/watch?v=afv_h5pdmQ0 (134万回) https://www.youtube.com/watch?v=UIhaPqr7RAs (88万回) https://www.youtube.com/watch?v=OJkVIx1Cb6g (51万回) https://www.youtube.com/watch?v=Gk_IpT0H1pc (32万回) https://www.youtube.com/watch?v=nsAG0iKLihQ(31万回) https://www.youtube.com/watch?v=wKj-r42UOYM (31万回) https://www.youtube.com/watch?v=sjlxrKtnopg (30万回) https://www.youtube.com/watch?v=a_TOvt4vxcw (29万回) https://www.youtube.com/watch?v=cSRzBSnKA6E (25万回) トップの動画は『くまモンTV #29「サカナ釣りに挑戦するモン!」( Kumamon TV #29 ) 』で471万回となっており、ほかの動画と比べて群を抜いて多い。それに次いで2位が134万回、3位が88万回と大幅に落ち、5~10位は30万回前後である。ではこれより下も30,20万を目安に徐々に減少していくのかというとそうではない。 次に投稿された動画を新しい順に5つ並べてみる。 https://www.youtube.com/watch?v=NAbH-n6GA1M (6199回) https://www.youtube.com/watch?v=CCgYtfmy-r8 (6195回) https://www.youtube.com/watch?v=nbc6-sTaEH8 (1.3万回) https://www.youtube.com/watch?v=dLRM_aGRMLo (4087回) https://www.youtube.com/watch?v=VdkJaIiD1XE (9156回) 動画によって多少異なるが、10万再生はおろか1万も再生されていない。チャンネル登録者は2万人を超えているが、登録者がアップされた動画を必ず観るというわけではないようだ。 このようにLATCHごとに整理してみると、次のことがわかる。それは再生回数には偏りがあることである。くまモンは知名度があるご当地キャラクターだが、動画をあげれば毎回たくさん再生されるというわけではなく、その動画によりかなり大きな偏りがある。くまモンといえどもYouTubeではまだ努力が必要なようだ。 
86 
最近のくまモンは生配信を多く配信している傾向にあると思います。また、以前に比べてYouTubeの更新率が上がっているように見えます。何故このように以前に比べて変わったのか、その理由は新型コロナウイルスが、関わっていると私は思います。新型コロナウイルスが流行っているせいで、外出できないため家にいる機会が多くあります。その時間を退屈させないため、くまモンのYouTubeは長い時間見れるように生配信にしたり、更新率を上げてたくさん見てもらえるように工夫しているのではないかと私は思います。 このようにLATCHごとに整理してみると、次のことがわかります。第1に、くまモンのYouTube活動は以前はあまり行われていませんでしたが、新型コロナウイルスの影響によりYouTubeの活動も頻繁にするようになっていることがみられます。 https://youtu.be/qzZ5uz7YPwU https://youtu.be/H4j5nvfn3GE https://youtu.be/U_KFFmAEEsg https://youtu.be/D1RvWGMC9Dk 
87 
Lは熊本であるということである。Aは、https://youtu.be/CCgYtfmy-r8とhttps://youtu.be/NAbH-n6GA1Mとhttps://youtu.be/qzZ5uz7YPwUとhttps://youtu.be/H4j5nvfn3GEである。Tは、https://youtu.be/CCgYtfmy-r8とhttps://youtu.be/H4j5nvfn3GEとhttps://youtu.be/NAbH-n6GA1Mとhttps://youtu.be/qzZ5uz7YPwUである。Cで整理すしてみると、チャレンジ系と生配信で別れていることが分かる。チャレンジ系はhttps://youtu.be/CCgYtfmy-r8とhttps://youtu.be/NAbH-n6GA1Mである。生配信はhttps://youtu.be/H4j5nvfn3GEとhttps://youtu.be/qzZ5uz7YPwUで別れている。hは時間の長さで並べてみるとこうなる。https://youtu.be/NAbH-n6GA1M→https://youtu.be/CCgYtfmy-r8→https://youtu.be/qzZ5uz7YPwU→https://youtu.be/H4j5nvfn3GEこのように小さい順からhを並べた。このようにLATCHごとに整理してみると、次のことがわかる。第一に生配信は1時間くらい長く、チャレンジ系の動画は3〜5分と非常に短く、子供にも見やすいように設定されていることが分かる。他にも熊本を活性化するようなPR動画が多いこともこのLATCHを整理したことによって分かる。 
88 
今回のくまモンTVをLATCHごとに整理する際に、動画の数が100を超えてしまうため、対象を「くまモンTV#○○」から始まる80程度の動画に絞らせていただきます。 まず、動画を整理する際に重要度の低いまたは意味があまりないようなものから、重要だと感じるものの順に整理していきます。 最初はAのAlphabetです。 https://youtu.be/eex4VY3ryHs「くまモンTV#1」から始まり、最新の https://youtu.be/NAbH-n6GA1M 「くまモンTV#88」までのように投稿された番号に並ぶだけですので、あまり意味はないと思いました。順番通りに並ぶと再生しやすいという見方もできますが。いずれにせよ動画のタイトルにインデックスが付いているので改めて制する必要はないでしょう。 次はTのTimeです。投稿された順番に番号が振られており(撮影時期は不明ですが)、その順に投稿されていますし、そうでない場合でも再生リストでは順番に並んでいますので、改めて整理する方が難しいでしょう。 別の見方をすると、動画の時間(長さ)で整理することも可能です。くまモンTVは平均して2分半から3分前後になっています。シリーズ化?されつつある観光紹介も兼ねた「くまモンを探せ」では短めに( https://youtu.be/afv_h5pdmQ0 「くまモンTV#27」)、ゲストとのコラボ動画の時は6~7分( https://youtu.be/TDhCYK9YWIs 「くまモンTV#66」)とやや長めになっています。10分を超える動画は存在しないようです。 次に、LのLocationです。くまモンTVは基本的に熊本県の観光地を紹介したり、熊本県を訪れた人々を取材するような形で撮影されていますので、整理するならば熊本県内かそれ以外というところでしょう。 https://youtu.be/bPxUxaYvfTE 「くまモンTV#11」これはフランスで撮られたものです。 https://youtu.be/szT-ZsrH1Zg 「くまモンTV#9」他には、人気YouTuberデカキンとの対決など撮影地不明のものもあります。 次はCのCategoryです。おおよそのカテゴリ分けをすると次のようになります。 ①くまモンを探せ( https://youtu.be/a_TOvt4vxcw 「くまモンTV#23」) ②YouTuberとのコラボ( https://youtu.be/F7NyOb4WX6k 「くまモンTV#41」) ③ゲストとの対決( https://youtu.be/s9WMin98k1k 「くまモンTV#4」) ④くまモンが○○に挑戦( https://youtu.be/0sBZXvwVLjw 「くまモンTV#61」) このような形で分けることができます。最近は①が少なくなってきたような印象を受けます。 最後はHのHierarchyです。YouTubeの人気の動画順に並び替えると最も人気の動画はくまモンTV#29( https://youtu.be/pNayY33eivM )です。この動画だけ理由は分かりかねますが再生回数が飛びぬけています。おおよそ熊本の紹介動画が上位のようです。対して人気You tuberとのコラボ企画はそこまで再生数は伸びていないという状況です。 このようにLATCHごとに整理してみると、次のことがわかります。第1に、整理する情報、メディアによってLATCHの中でも重要度が異なるということが分かります。今回のくまモンTVの場合ではアルファベットや時間での整理よりも、カテゴリーや序列での整理の方が重要であるということです。第2に、LATCHで整理することで情報の受け手も整理することができる上に、メディアの発信元も整理ができると思います。自分たちが発信したメディアがどのような状況なのかを整理し、今後の活動の方向づけにも出来ると思います。 
89 
くまもとから元気をプロジェクト! 茨城篇Part① https://www.youtube.com/watch?v=YNRbPBnMmwU&list=PLET_90-yYWawq3Mi_-LzM6CqmtYX3AhHH&index=6 くまもとから元気をプロジェクト! 石川篇Part① https://www.youtube.com/watch?v=YNRbPBnMmwU&list=PLET_90-yYWawq3Mi_-LzM6CqmtYX3AhHH&index=6 くまもとから元気をプロジェクト 岩手県パート① https://www.youtube.com/watch?v=o9Wk_umfGFc&list=PLET_90-yYWawq3Mi_-LzM6CqmtYX3AhHH&index=23 くまもとから元気をプロジェクト 愛媛編パート① https://www.youtube.com/watch?v=Bg1Yx0dPOtc&list=PLET_90-yYWawq3Mi_-LzM6CqmtYX3AhHH&index=21 くまもとから元気をプロジェクト 島根篇パート① https://www.youtube.com/watch?v=tcAxUGe3wOQ&list=PLET_90-yYWawq3Mi_-LzM6CqmtYX3AhHH&index=18 くまもとから元気をプロジェクト 新潟篇パート① https://www.youtube.com/watch?v=nnUOoOMC7Qo&list=PLET_90-yYWawq3Mi_-LzM6CqmtYX3AhHH&index=12 くまもとから元気をプロジェクト! 福島篇 https://www.youtube.com/watch?v=IF3Q8KgxEQ4&list=PLET_90-yYWawq3Mi_-LzM6CqmtYX3AhHH&index=3 くまもとから元気をプロジェクト! 宮崎篇Part① https://www.youtube.com/watch?v=IF3Q8KgxEQ4&list=PLET_90-yYWawq3Mi_-LzM6CqmtYX3AhHH&index=3 このようにLATCHごとに整理してみると、次のことがわかる。第1にくまもんが全国の元気になるプロジェクトを整理した、このプロジェクトはくまもんが全国に巡り、地域紹介をする企画です。地域活力を上がる為に、YouTubeで発信する事です。そして、その色んな地域の名前をカタカナで並べた、そしてUPする時間によって、並べます、非常にわかりやすい方法でした。最近くマモンは全国の地域プロジェクトが全然やってないですが、チャレンジの動画が多いです。くまモンは国内だけでなく、海外でも非常に人気があるですが、何故YouTubeで、クリア数はあまり高くないだろう、色々動画をみてたでた、私はこのチャンネルの企画はあまり想像力がないと思います。まず動画が短い、動画一本の要点が明らかにしてない、BGMもほとんど同じなので、見る人が少ないかなと思いました。最近コロナウイルス感染拡大の原因で、各地域の経済は低迷して行く見込みがあり、くまもんはコロナを収束したら、もっと多くの地域観光プロジェクトをやって見ましょう。 
90 
(https://www.youtube.com/watch?v=vhhF2B7yncA)(https://www.youtube.com/watch?v=hbXgdI4RrkU)(https://www.youtube.com/watch?v=3FHCsNqTK0E)(https://www.youtube.com/watch?v=uP_sh3FjKMs) 私は、くまモンのチャレンジ動画に注目してみました。くまモンの活動は、体を張るチャレンジ動画など、多くの人を笑顔にするような動画を作っています。このようにLATCHごとに整理してみると、次のことがわかります。カテゴリー別に分ければ、自分が好きなカテゴリーの動画をすぐに見つけることができ、動画を快適に見れます。 
91 
 KumamonTVの動画をLATCHごとに整理すると、まず、https://youtu.be/eWL_0CCdS9A沖縄、https://youtu.be/RNKZgndbPco宮城、https://youtu.be/xsAfzcyBkyU北海道、さらにはhttps://youtu.be/7kK9K3i3W-A台湾、https://youtu.be/nrEAixQnlvUオーストラリアなどと並べられる。このことからくまモンは熊本から日本中へ、さらに世界に広まっていることがわかる。  次にAlphabetだが、これはhttps://youtu.be/nrEAixQnlvU くまモンの後あから始まる動画、https://youtu.be/PlJmW_Z4LX4かから始まる動画である。くまもんTVはほとんどくまモンから始まる動画が多く、アルファベット順に並べてもこれと言った特徴は抑えられない。  そして、Timeはhttps://youtu.be/RYQw2qfR008くまモン訪問記https://youtu.be/vpifpPs0GQg熊本県民との交流、https://youtu.be/7uurpqDQSi4くまモンの生配信などが並べられる。コロナ以前は世界や日本中への訪問や、熊本の人との交流など、様々な人と触れ合う動画が多いが、コロナ後は生配信などその場のみでの活動が多い。  そして、Categoryは、 https://www.youtube.com/playlist?list=PLET_90-yYWaxSMObVgRIEDOc62wssoSxz、https://www.youtube.com/playlist?list=PLET_90-yYWax3iBSGl4k4GE7rVjnvOwIT、https://www.youtube.com/playlist?list=PLET_90-yYWaxsM5UpmVp7dyFFDk9WZmGCこれらの世界への訪問記が再生リストとして残されている。  最後に、Hierarchieについてだが、人気動画順に並べてみると、https://youtu.be/pNayY33eivM、https://youtu.be/wKj-r42UOYMなどが上位にある。  このようにLATCHごとに整理してみると、次のことがわかる。Timeで見るとわかるように、コロナウイルスにより外で様々なところを訪問したり、誰かを相手にして活動することが少なくなり、今までなかった事務所のような場所でくまモンが話すコンテンツが週に一回ほど行われ、増えている。また、それ以前のこととしては熊本地震の支援のお礼としてフランスなどにも渡っている。Timeを見るとその時の日本ないし世界のじたいがわかる。 
92 
https://youtu.be/qzZ5uz7YPwU この動画から分析すると、くまもんは最近ソーシャルディスタンスなどコロナ対策を徹底した動画を撮っている。ここ1ヶ月は、動画のネタにもかなり困っているようで、なかなか苦戦しているように見える。過去の人気動画を見ていくと分かるのだが、過去の人気動画はほとんど外出をして撮影している、今日の外出をしにくい世の中では、くまモンTVはかなり厳しい状況だと言えると思われます。また概要欄などを見ると、いろんな国の言葉が書かれているので、世界進出も狙っていることがわかりました。 
93 
a https://youtu.be/fjpL8C9j_1Y 2020/05/10 役所 生配信 11100回再生 みんな集まれ!生配信だモン b https://youtu.be/dJDhXHO-30s 2020/05/03 役所 生配信 10500回再生 みんな集まれ!生配信だモン c https://youtu.be/UVlY8MWMZhk 2020/03/12 役所 生配信 17100回再生 何かがおこるかモン?!生配信だモン d https://youtu.be/eex4VY3ryHs 2018/09/03 県庁 企画 26000回再生 Youtuberくまモン 知事とけん玉対決だモン! e https://youtu.be/pNayY33eivM 2019/04/01 屋外 企画 471万再生 サカナ釣りに挑戦するモン! f https://youtu.be/afv_h5pdmQ0 2019/03/18 屋外 企画 134万再生 くまモンを探せ!米塚! g https://youtu.be/nsAG0iKLihQ 2013/02/19 劇場 音楽 31万再生 くまモン体操初音ミクバージョン2013 2 11 h https://youtu.be/nbc6-sTaEH8 2020/05/12 役所 音楽 13400回再生 PPAP-2020-/KUMATAROくま太郎 LATCHごとに分類すると、 Lはlocationを意味し、位置に関する分類をする L→abcdh (役所や県庁)ef(屋外)g(イベント会場) Aはalphabetを意味し、五十音順に並び替える A→fgechabd Tはtimeを意味し、投稿時間に並び替える(今回は古い順) T→gdfecbah Cはcategoryを意味し、分野ごとに並び替える C→abc(生配信)def(企画)gh(音楽) Hはhierarchyを意味し、再生数順に並び替える H→efgdchab このようにLATCHごとに並び替えると次のようなことがわかる。第一に、LとHを比べて、屋外の方が再生数が伸びやすいことがわかる。第二に、CとHを比べて、企画→音楽→生配信と再生数が伸びていることがわかる。第三に、LとCを比べて、生配信は、役所で行われ、企画は屋外で多目に行われているということがわかる。第四に、LとTを比べて、最近のくまモンTVは、役所での撮影を多くしていることがわかる。第五に、TとCを比べて、最近のくまモンTVは、生配信を多目にしていることがわかる。これらは、新型コロナウイルス拡大防止による自粛の影響と考えられる。第六に、これはレポートをまとめる前に私が予測していたことだが、TとHを比べて、古いからといって再生数が伸びているというわけではないということがわかった。第七に、Aはどれと比較しても関係ないことがわかる。これは、Youtubeに五十音順に並び替えるという機能がないからだと考えられる。 
94 
Lは熊本。Aはすべて「くまもん」で始まっているため、その後の番号で順番をつける。Tは動画が投稿された順。cは子供向けだと考える。hはわからない。 くまもんは、最近コロナの影響で室内の動画を主に配信している。 
95 
【Location】で動画を整理すると以下のようになる。 ・くまモンの地元である熊本県、 熊本と同じ九州である宮崎県、 https://www.youtube.com/watch?v=6To9zCUFhqk&list=PLET_90-yYWawq3Mi_-LzM6CqmtYX3AhHH 九州にとどまらず福井、宮城、青森、北海道と段々北にも出向いて撮影している。 https://www.youtube.com/watch?v=hBMCCJwutPg&list=PLET_90-yYWawq3Mi_-LzM6CqmtYX3AhHH&index=55&t=12s https://www.youtube.com/watch?v=PFJbC6YFsLg&list=PLET_90-yYWawq3Mi_-LzM6CqmtYX3AhHH&index=42&t=0s https://www.youtube.com/watch?v=a6x6qds1ltQ&list=PLET_90-yYWawq3Mi_-LzM6CqmtYX3AhHH&index=46&t=16s https://www.youtube.com/watch?v=TyUjeQnCNkQ&list=PLET_90-yYWawq3Mi_-LzM6CqmtYX3AhHH&index=53&t=8s さらに国内を飛び出し、台湾やオーストラリア、フランスにまで進出している。 https://www.youtube.com/watch?v=7kK9K3i3W-A&list=PLET_90-yYWaxsM5UpmVp7dyFFDk9WZmGC https://www.youtube.com/watch?v=HjxVDkfjTuQ&list=PLET_90-yYWax3iBSGl4k4GE7rVjnvOwIT https://www.youtube.com/watch?v=nrEAixQnlvU&list=PLET_90-yYWaxSMObVgRIEDOc62wssoSxz 【alphabet】で動画を整理すると以下のようになる。 イルカに乗ったくまモン!その1 https://www.youtube.com/watch?v=lztc72vpyLU くまモンTV #1「YouTuberくまモン、知事とけん玉対決!」( Kumamon TV #1 ) https://www.youtube.com/watch?v=eex4VY3ryHs 博多どんたくでハイヤ踊るくまモン https://www.youtube.com/watch?v=E8Xg2Rbdf0M みんな集まれ!生配信だモン♪ https://www.youtube.com/watch?v=fjpL8C9j_1Y “くまモン”から始まるタイトルが多く、alphabetでの分類はあまりできなかった。 【time】で動画を整理すると以下のようになる。 くまモン草スキー(9年前) https://www.youtube.com/watch?v=ZOf1RaFkhzE くまモン食育バランスガイド体操(8年前) https://www.youtube.com/watch?v=GG8hkxzrKVM くまモンがあんたがたどこさ♪(7年前) https://www.youtube.com/watch?v=fEIGezURnX8 「くまもとから元気をプロジェクト!」(くまモン)鹿児島県 石橋記念公園編(6年前) くまもとから元気をプロジェクト! 福島篇(3年前) https://www.youtube.com/watch?v=NUjuzkA64uQ くまモン 熊本産ワインと共に!くまモンのフランス・ワイン紀行 (1年前) https://www.youtube.com/watch?v=rQgXWF7a9vI くまモンTVEX #28 くまモン訪モン記「熊本ばヨロシくま♪ だモンin Paris!」( Kumamon TVEX #28) (7か月前) https://www.youtube.com/watch?v=WAtYKFSMJ5M(1か月前) 「あか牛くんとお絵かき対決!/熊本県産牛肉を救う特別企画」 https://www.youtube.com/watch?v=I-ZxNauhij0 くまモンTV #89 ドッキリ企画で、くまモン暴れる!? ( Kumamon TV #89)(最新) https://www.youtube.com/watch?v=9hhJGgx3pvE 初めは数秒の短い動画だったが、徐々に動画編集に凝りだしここ1.2年で完全にYouTuberとしてサムネやタイトルをこだわっていることがわかる。YOSHIKIとコラボしてたんかい!と思わず突っ込んでしまった。 【category】で動画を整理すると以下のようになる。 くまモンTV☆YouTubeLIVE https://www.youtube.com/playlist?list=PLET_90-yYWaxz9GTrkQEDA9pchj_T781r くまモン10周年ムービー https://www.youtube.com/playlist?list=PLET_90-yYWax5S0Sa2H1VgGWxRJQVGQUB くまモンTVEX https://www.youtube.com/playlist?list=PLET_90-yYWazN7s-r0R2y_iVxO2etlWUy くまもとから元気をプロジェクト!〜台湾篇〜 https://www.youtube.com/playlist?list=PLET_90-yYWaxsM5UpmVp7dyFFDk9WZmGC くまもとから元気をプロジェクト! https://www.youtube.com/playlist?list=PLET_90-yYWawq3Mi_-LzM6CqmtYX3AhHH 訪モン記〜フランス篇〜 https://www.youtube.com/playlist?list=PLET_90-yYWax3iBSGl4k4GE7rVjnvOwIT 訪モン記〜オーストラリア篇〜 https://www.youtube.com/playlist?list=PLET_90-yYWaxSMObVgRIEDOc62wssoSxz チャンネルで再生リストが公開されていたので今回はそのまま引用した。非公開となっていたが、“くまモンTV”という再生リストもあり投稿数ではこのシリーズが一番多かった。 【hierarchy】で動画を整理すると以下のようになる。 くまモンTV #29「サカナ釣りに挑戦するモン!」( Kumamon TV #29 ) 4,718,542 回視聴 https://www.youtube.com/watch?v=pNayY33eivM くまモンTV #27「くまモンを探せ!米塚!」( Kumamon TV #27 ) 1,343,808 回視聴 https://www.youtube.com/watch?v=afv_h5pdmQ0 くまモンTV #17「くまモンを探せ!﨑津教会編」( Kumamon TV #17 ) 881,364 回視聴 https://www.youtube.com/watch?v=UIhaPqr7RAs くまモン、モンキー・くまモンVerで鈴鹿サーキットを走行!320,986 回視聴 https://www.youtube.com/watch?v=Gk_IpT0H1pc くまもとから元気をプロジェクト!(くまモン)~福島篇パート①~白河・郡山5,225 回視聴 https://www.youtube.com/watch?v=Cq_-Gl-MDc0 再生数の多いものと1番再生数が少ない動画をまとめた。個人的には鈴鹿サーキットをバイクで走るくまモンの動画がシュールで面白いなとおもった。 このようにLATCHごとに整理してみると、次のことがわかる。 動画投稿をはじまたばかりのころは数秒の動画が多く、今でいうインスタグラムのストーリーズのようにくまモンの生活の一部を公開している。徐々に、地方などでの活動を動画で報告していることがわかる。さらにここ1.2年でYouTuberとして企画を行っており、新しい活動の場所を獲得している。再生数が多い動画はサムネイルのポップでくまモンTVとタイトルに入っているものが多く、再生数トップ4までは1年前に投稿されているものであった。ぱっと見わかりやすいタイトルとサムネイルがクリックされやすいことがわかった。 
96 
※各動画の解説はリンクの下記に記載 9年前: https://www.youtube.com/watch?v=ZOf1RaFkhzE&feature=share https://youtu.be/pebmKg3KFdQ https://youtu.be/0r87S3LObwI https://youtu.be/p73zhw72nwQ 8年前: https://youtu.be/TxLlUpIPZuI https://youtu.be/TxLlUpIPZuI https://youtu.be/JbdRUNbUmjc https://youtu.be/VkAaaZZmZOo https://youtu.be/2mrh1SsXu6s https://youtu.be/KBJLMUk_0QI 7年前: https://youtu.be/soH_4-0YY60 https://youtu.be/hrCsKwVhtqc https://youtu.be/g-hDML0KnOg https://youtu.be/AkZwMLkruLk https://youtu.be/CH2v69otFjM https://youtu.be/0C5pZgxgBe4 https://youtu.be/AkZwMLkruLk https://youtu.be/3ZCWKJbJn6k https://youtu.be/W0yyUT76NMc https://youtu.be/RAjNxl-Rezc https://youtu.be/eWL_0CCdS9A https://youtu.be/gkCeJS11tIc https://youtu.be/RNKZgndbPco https://youtu.be/H74WzRKxI2g https://youtu.be/l4zoU5atPZA https://youtu.be/hBMCCJwutPg https://youtu.be/TyUjeQnCNkQ 6年前: https://youtu.be/6IETH8HzdVk https://youtu.be/a6x6qds1ltQ https://youtu.be/Cq_-Gl-MDc0 https://youtu.be/sIVEsFXtYj4 https://youtu.be/PPY_T7qiVYE https://youtu.be/20JkHuyqC6Y 5年前:https://youtu.be/6_NTJapbOmY https://youtu.be/vom9WviOzWQ https://youtu.be/Fmo8jcbGyMg https://youtu.be/o9Wk_umfGFc https://youtu.be/Bg1Yx0dPOtc 4年前: https://youtu.be/tcAxUGe3wOQ https://youtu.be/nnUOoOMC7Qo 3年前:https://youtu.be/2YyVKuhMkOQ https://youtu.be/YNRbPBnMmwU https://youtu.be/IF3Q8KgxEQ4 1年前: https://youtu.be/Zb39VSvrcBQ https://youtu.be/iM5D8kgYuEs https://youtu.be/yp8Du87pNKI https://youtu.be/eex4VY3ryHs https://youtu.be/cSRzBSnKA6E https://youtu.be/wKj-r42UOYM 1年以内: https://youtu.be/F7NyOb4WX6k https://youtu.be/VhAh3QpOfec https://youtu.be/f0I8CIKSdbM https://youtu.be/WAtYKFSMJ5M https://youtu.be/DgAjggcXivY https://youtu.be/x-w1zNPkmC0 https://youtu.be/NAbH-n6GA1M このようにLATCHごとに整理してみると、次のことがわかる。第1にYouTubeに投稿し始めたときはくまモン自身の知名度を上げる活動に従事していたと感じる。熊本から生まれたキャラクターである為地方に従事した活動を行い、自身の知名度と熊本の知名度を上げる活動を行なっていた。第二に8年前からは他の地方のゆるキャラとのコラボをした動画を沢山あげることが増えてきたと取ることができる。当時のゆるキャラブームの中心にいたくまモンは他のゆるキャラとコラボし、さらに知名度を上げる活動を行なっていた。それと同時に、熊本の知名度を上げる活動を同時に行なっていた。第3に7年前はチャンネルの活動方針が一気に変わる。くまもとから元気をプロジェクトを発信し、被災地にエールを、を胸に全国への支援活動を行う活動が始動した。7年前から3年前までの4年間この活動を行なっていた為、この期間を一つのLATCHとしてみることができる。第4に熊本地震による被害を受けた熊本は、フランスから支援を受けていた。そのお礼にくまモンがフランスにお礼をするという旅行記の動画が投稿される。くまもとから元気をプロジェクトはこれ以降投稿されることはなく、全国へのエールを送るプロジェクトは役目を終了し、今度はエールをもらった側として感謝を送る度合いが高い動画が投稿されるようになった。第五に1年前からyoutuberとして始動するという動画が上がった。今までのエールを送ることや、感謝の旨を伝える動画ではなく、再生回数を上げる色合いが強い動画を多く上げるようになり、他のyoutuberとコラボをし、再生回数を稼ぐ動画が増えてきた。 では、最近のくまモンの活動を分析すると次のようなことが言える。 投稿初期は、自身の知名度を上げることや、熊本の知名度を上げることを目的に動画を上げている色合いが強かったが、最近ではyoutuberのような「〜に挑戦してみた」という色合いの動画が増え、視聴者の興味をひく動画を上げる機会が増えたといえる。これはくまモン自身の知名度が既に高いことや最近の大衆はYouTubeを見る機会が増えていることを分析して、その波に乗ることで更にくまモン自身を知ってもらうことを目的として行なっていると見ることができる。 
97 
https://youtu.be/B8qfFs_opg0 これは4分くらいの動画です。内容は、阿蘇の大高原を巨大バギーで駆け巡るという動画です。 https://youtu.be/U0r2L0dBvwQ これは6分半くらいの動画です。チーズとウインナーを燻製にするという企画ですが、熊本名物である馬刺しを燻製にしています。 https://youtu.be/f0I8CIKSdbM これは3分くらいの動画です。デンマーク旅行シリーズの1つで、現地の遊園地のキャラクターと対決をするという動画です。 くまモンTVから見てもわかるように、ご当地のゆるキャラであるから熊本のPRはもちろんのこと、視聴者が楽しい気持ちになれるようなエンターテインメントの面でも活躍していると思います。 このようにLATCHごとに整理してみると、次のことがわかります。第1に熊本のPRのため、熊本で撮影されたものも多いですが、県外や国外のものも多数ありました。第2に動画の名前の最初に「くまモンTV」と付けることで、検索性が高まると思いました。第3に動画の時間を3~5分程度にすることで短すぎす長すぎず、見る人にとって飽きがこない丁度いい長さだと思いました。第4に、くまモンTVは主にチャレンジ動画であったり、熊本のPR動画にカテゴライズされると思いました。 
98 
まず今回はLATCHで整理・まとめを行う前に選んだ5つの動画を見た。 ①くまモンTV #88 カップスローチャレンジ!決めてみせるモン! ( Kumamon TV #88) https://www.youtube.com/watch?v=NAbH-n6GA1M →くまモンがカップを投げてカップインさせるまで帰れないと言う動画 ②くまモンTV #87 突撃サプライズ!くまモン人力車! ( Kumamon TV #87) https://www.youtube.com/watch?v=CCgYtfmy-r8 →くまモンがどっきりで登場し、人力車を引く動画。視聴者の反応を見る。 ③PPAP-2020-/KUMATAROくま太郎 (くまモン PPAP) https://www.youtube.com/watch?v=nbc6-sTaEH8 →くまモンが編集部?の人たちと新型コロナウィルスの注意喚起をPPAPのリズムで行なっている動画 ④くまモンTV #86 絶対に負けられないモン!テーブルサッカー日本チャンピオンと対決してみたモン! ( Kumamon TV #86) https://www.youtube.com/watch?v=dLRM_aGRMLo →くまモンがテーブルサッカーの日本チャンピオンとテーブルサッカーを対決する動画。結果はなぜかくまモンの勝利 ⑤くまモンTV #83 お家で踊ろう!新曲「かモン!くまモン!」でダンスしてみたモン! ( Kumamon TV #83) https://www.youtube.com/watch?v=x-w1zNPkmC0 →PRを目的とし、くまモンのオリジナルソングを歌う動画。基本的に③と大きく変わりないが、曲が違うのと周囲の人がマスクをしていない点が違う。  上記の動画をこれからLATCHごとに整理をしていきたい。なお、これ以降は各第名にふってある番号で整理をしていく。 1.Location(県と場所)  まず大前提として、くまモンは熊本県のマスコットキャラクターであるため、今回見た動画も4番以外は全て熊本県での活動だった。その上で整理をすると以下のようになる。 【熊本県】①、②、③、⑤ 【東京都】④ 2.Alphabet  今回は特に基準が指定されていなかったため動画の名前順に並び替えを行う。なお順番はハッシュタグ数字以降の題名で行う。 【アルファベット順】③→⑤→①→④→② ③PPAP-2020-/KUMATAROくま太郎 (くまモン PPAP) ↓ ⑤くまモンTV #83 お家で踊ろう!新曲「かモン!くまモン!」でダンスしてみたモン! ( Kumamon TV #83) ↓ ①くまモンTV #88 カップスローチャレンジ!決めてみせるモン! ( Kumamon TV #88) ↓ ④くまモンTV #86 絶対に負けられないモン!テーブルサッカー日本チャンピオンと対決してみたモン! ( Kumamon TV #86) ↓ ②くまモンTV #87 突撃サプライズ!くまモン人力車! ( Kumamon TV #87) 3.Time【投稿時間・早い順】  くまモンは非常に高い頻度で動画の投稿を行なっている。 ①2020年:5月25日 ②2020年:5月18日 ③2020年:5月12日 ④2020年:5月11日 ⑤2020年:4月20日 4.Category【動画の種類】  くまモンの動画には大きく分けて3つに分けられる。あくまで今回見た動画に限ることだったが、音楽系、地域貢献系、笑い系の3つである。その三つに今回見た動画を当てはめていくと以下のように分けられる。 (音楽系)③、⑤ (地域貢献)② (笑い系)①、④ 5.Hierarchy【再生数別のランキング】  くまモンは充実したコンテンツかどうかは別として、あまり再生数が取れているチャンネルではない。今回は再生数別で(動画番号・回数・順位・系統)の順で以下に記す。 ①6199回 3位 笑い系 ②6195回 4位 地域貢献 ③13000回 2位 音楽系 ④4087回 5位 笑い系 ⑤16411回 1位 音楽系  このようにLATCHごとに整理してみると、次のことがわかる。第一に、くまモンは複数のコンテンツ性を持つ動画を高頻度でアップロードしている点である。最近の活動としてみれば、コロナウィルスにより観光客が減少してしまった中でも、熊本に魅力を感じてもらいたいと言う願いがあるのではないか?と感じている。第二に、くまモンの再生数は音楽系が一番高い点である。youtubeには様々なコンテンツ市場が存在するが、現場マスコット系の市場はブルーオーシャンもしくは魅力がない市場となっている。そうなると当然ユーザーも見ないわけだが、マスコット系でさらに音楽系という市場の掛け合わせにより再生数が高まっているのではないかと感じる。最後にくまモンは熊本県のマスコットキャラクターなので熊本で活動をする事が多いのがわかる。確かに今ではご当地キャラクターといえばくまモンという認識も多いが、活動範囲は以前と熊本メインだった。LATCHとは少し関係ないが、ご当地キャラクターがYoutubeを使って宣伝を行えば相当な宣伝効果となるだろう。現場コンテンツ作りに乏しいような印象を受けるが、Youtube上でのくまモンのLATCHがどう変化していくのか期待していきたい。 
99 
1.Location https://youtu.be/nrEAixQnlvU https://youtu.be/HjxVDkfjTuQ 海外に行くことで、今まで国内での宣伝を拠点にしていたが、海外で熊本の良さや食べ物などを宣伝している。 2.Time https://youtu.be/9hhJGgx3pvE このようなくまモン単体の町おこしとは関係ない動画では3~4分にまとめられている。 3.Category https://youtu.be/6To9zCUFhqk 今までも紹介してきたように、国内外での活動を通して動画を上げているがその中でも、国内での町おこしプレジェクトは再生回数を伸ばしている、それがカテゴリーである、それぞれ、子供向けカテゴリーや地方自治体向けのカテゴリーなどにまとめられている。 このようにLATCTごとに整理してみると、次のことが分かる 第一にくまモンの活動拠点は多岐にわたり拡大し続け、今では国内外で活動している。 第二に子供向けの動画では簡単見れるよう3~4分程度にまとめられた動画が多く、地方自治体に向けた動画では10分以上のものが多く、子供向け、大人向けのカテゴリーで分けているため、再生回数の幅は大きくなるが、今もこのように愛され続けているのは流行の媒体でカテゴリーごとに時代のニーズに合った活動を世に提供していることが分かりました。 
100 
Location https://youtu.be/pNayY33eivMategory 熊本県を中心に投稿している Alphabet https://youtu.be/wrDRK7ahwSs 大体が熊本・くまモンから始まるタイトル Time https://youtu.be/H4j5nvfn3GE 一番動画の再生時間が長い動画 Category https://youtu.be/H4j5nvfn3GE https://youtu.be/HjxVDkfjTuQ https://youtu.be/Ize4tVj4zTY https://youtu.be/6To9zCUFhqk 生放送やオンデマンド、旅企画、地域貢献の動画が存在する。 Hierarchy https://youtu.be/pNayY33eivM 全ての動画の中で再生回数が多いこのようにLATCHごとに整理してみると、次のことがわかる。第1にくまモンのファンが一定数おり多くの再生数を稼いでいる。第2に人気のあるくまモンを用いて熊本のPRをしている。 
101 
LATCHを用いるとKumamonTVの動画を以下のように分類することができる。 L(位置)…「くまもとから元気を プロジェクト」 日本国内 富山編①https://youtu.be/Fmo8jcbGyMg 愛媛編① https://youtu.be/Bg1Yx0dPOtc 新潟編① https://youtu.be/nnUOoOMC7Qo 海外 台湾編① https://youtu.be/7kK9K3i3W-A フランス編①https://youtu.be/HjxVDkfjTuQ オーストラリア編① https://youtu.be/nrEAixQnlvU T(時間)…全345本の動画のうち 4分以上の動画98本 20分以上の動画7本 C(カテゴリー)…YouTubeLIVE…6本 くまモン10周年ムービー…3本 くまモンTVEX…38本 くまもとから元気を!プロジェクト…67本 訪モン記…12本 H(序列) … 再生回数の多い人気動画 「#29サカナ釣りに挑戦するモン!」471万回 https://youtu.be/pNayY33eivM 「#27くまモンを探せ!米塚!」134万回 https://youtu.be/afv_h5pdmQ0 「#17くまモンを探せ!﨑津教会!」88万回 https://youtu.be/UIhaPqr7RAs このようにLATCHごとに整理してみると次のことがわかる。第一にくまモンは日本国内以外にも海外でも多く撮影している。熊本のPRのための活動だから熊本県内での撮影がメインなのかと思ったが、日本国内はもちろん台湾やフランスなど海外でも撮影を行っていた。第二に5分以上19分未満の比較的長めの動画が圧倒的に多い。第三に「くまもとから元気を!プロジェクト」の動画が67本と海外も含めた熊本県外で撮影された動画が非常に多いことがわかる。また再生回数で見ると「くまモンを探せ!」シリーズが再生回数が多く人気であることが分かる。 
102 
人気順の上位3位までまとめると1位くまモンTV #29「サカナ釣りに挑戦するモン!」( Kumamon TV #29 )471万 回視聴1 年前字幕2位くまモンTV #27「くまモンを探せ!米塚!」( Kumamon TV #27 )134万 回視聴1 年前字幕 3位くまモンTV #17「くまモンを探せ!﨑津教会編」( Kumamon TV #17 )88万 回視聴1 年前字幕 投稿日が古い順上位3位までまとめると1位くまモン草スキー2.6万 回視聴9 年前2位くまモン清和文楽とダンス1935 回視聴9 年前 3位くまモン忍者とベロタクシー1786 回視聴9 年前 場所別にすると熊本みんな集まれ!ある場所から生配信だモン♪6809 回視聴1 日前 に配信済み くまもとから元気をプロジェクト! 宮崎篇Part①KumamonTV1043 回視聴3 年前 オーストラリアくまモン くまもとサプライズin2018 オーストラリアKumamonTV5715 回視聴1 年前 くまモン 2018 Part1 オーストラリア メルボルンでつながルン!?KumamonTV9672 回視聴1 年前 フランス くまモン 2017 Part4 フランス最大の港湾都市•マルセイユを散策だモン♪KumamonTV4513 回視聴1 年前 くまモン 2017 Part2 ラベンダー咲くプロヴァンスで癒されたモン♪KumamonTV6560 回視聴1 年前 台湾 くまもとから元気をプロジェクト 台湾編①KumamonTV8070 回視聴5 年前 カテゴリー別にすると くまもんTV くまモンTV #89 ドッキリ企画で、くまモン暴れる!? ( Kumamon TV #89)KumamonTV1708 回視聴2 時間前 くまモンTV #88 カップスローチャレンジ!決めてみせるモン! ( Kumamon TV #88)KumamonTV6294 回視聴1 週間前 くまもんTVEX くまモンTVEX #37 くまモン訪モン記「ガレット作りに挑戦だモン!」( Kumamon TVEX #37)KumamonTV6656 回視聴5 か月くまモンTVEX #36 くまモン訪モン記「海賊モンに?ボクはなる?!モン!」( Kumamon TVEX #36)KumamonTV3583 回視聴6 か月前 熊本から元気をプロジェクト くまもとから元気をプロジェクト! 宮崎篇Part②KumamonTV1478 回視聴3 年前 くまもとから元気をプロジェクト! 宮崎篇Part③KumamonTV1221 回視聴3 年前 アルファベット順にするとほぼくまもんTVから始まっている このようにLATCH事に整理してみると次のことがわかる、まず第1に視聴回数を稼いでるものは古い順ではないことだ。何年も前に投稿したからといえ視聴回数は稼いでいない。次に、場所も関係がないということだ。オーストラリアやフランスなど色んな所に行っているがだからといって需要が高いわけではなかった。人気順をみるとくまもんというゆるキャラがなかなか挑戦することがないことが需要があるのではないかと考えた。やはり視聴者は意外性を求めているのではないかと思える。 
103 
Location • https://youtu.be/9hhJGgx3pvE • https://youtu.be/H4j5nvfn3GE • https://youtu.be/Td7nt4aI_mQ alphabet(1ヶ月以内、3つ) • https://youtu.be/NAbH-n6GA1M • https://youtu.be/Td7nt4aI_mQ • https://youtu.be/CCgYtfmy-r8 Time • https://youtu.be/9hhJGgx3pvE • https://youtu.be/qzZ5uz7YPwU • https://youtu.be/NAbH-n6GA1M Category(くまもとから元気をプロジェクト!) • https://www.youtube.com/playlist?list=PLET_90-yYWawq3Mi_-LzM6CqmtYX3AhHH Hierarchie(ここ1,2ヶ月での再生回数ランキングベスト3) • https://youtu.be/x-w1zNPkmC0 • https://youtu.be/nbc6-sTaEH8 • https://youtu.be/fjpL8C9j_1Y このようにLATCHごとに整理してみると、次のことがわかる。第1に場所は、ここ数ヶ月はスタジオで撮影している事が多い事がわかる。また、熊本での撮影もちらほら見える。第2にカテゴリーでは、だいたい8項目のカテゴリーに分けられる事がわかる。第3に再生回数が多いものを並べてみると、有名な芸人や芸能人たちとのコラボ動画や、音楽を用いた可愛らしい動画が再生回数が多い事がよくわかる。それぞれの区分で分けて並べてみると、それぞれで色々な傾向が見えてきて、キュレーションは意味があるものだと学んだ。 
104 
 最新の動画10件を対象にLATCHごとに分類していく。(生配信等の#がついていない動画については対象外とする。)今回はLOCATION順に整理していく。現在、更新されている最新の動画が#89なので、#89から#80までを分類の対象とする。今回は撮影場所の緯度が高い順に分類していく。  動画の中で緯度が最も高くに位置していたのが「くまモンTV #81 くまモン、浅草でやらかす!もんじゃパニック!! ( Kumamon TV #81)」(https://youtu.be/U_KFFmAEEsg)である。この動画ではくまモンが浅草にあるもんじゃ屋さんで職業体験をする。  2番目に緯度が高かった動画は「くまモンTV #86 絶対に負けられないモン!テーブルサッカー日本チャンピオンと対決してみたモン! ( Kumamon TV #86)(https://youtu.be/dLRM_aGRMLo)」である。この動画ではくまモンが飯田橋にあるスポーツバーでテーブルサッカーに挑戦する。都内で取られた動画ははこの2作品のみとなる。  3番目に緯度が高かった動画は「くまモンTV #87 突撃サプライズ!くまモン人力車! ( Kumamon TV #87)(https://youtu.be/CCgYtfmy-r8)」この動画はくまモンが加藤神社の敷地内で人力車体験をするといった内容となっている。  4番目は「くまモンTV #82 くまモン、クラシックカーデビュー!驚きの行動に!? ( Kumamon TV #82)(https://youtu.be/D1RvWGMC9Dk)」である。この動画ではくまモンが熊本城付近でクラシックカーの試乗体験をする。  5番目は同率で4動画となっている。これらの動画はすべて同じ部屋で取られていることから、熊本県庁である可能性が非常に高い。便宜上、更新が最近のものから順に紹介していく。「くまモンTV #89 ドッキリ企画で、くまモン暴れる!? ( Kumamon TV #89)(https://youtu.be/9hhJGgx3pvE)」この動画ではくまモンがドッキリにかかり、激怒する様子が撮影されている。  次の動画は「くまモンTV #88 カップスローチャレンジ!決めてみせるモン! ( Kumamon TV #88)(https://youtu.be/NAbH-n6GA1M)」である。この動画では今ネットではやっているスローカップチャレンジにくまモンが挑戦する。  次の動画は「くまモンTV #85 こどもの日企画!巨大折り紙でカブトを作ってみたモン! ( Kumamon TV #85)(https://youtu.be/Td7nt4aI_mQ)である。この動画ではくまモンがこどもの日にちなんで巨大な兜を製作する。  次の動画は「くまモンTV #83 お家で踊ろう!新曲「かモン!くまモン!」でダンスしてみたモン! ( Kumamon TV #83)(https://youtu.be/x-w1zNPkmC0)」である。この動画ではくまモンが自身の新曲の振り付けを披露している。  9位はくまモンTV #80 みんなに感謝の気持ちを込めて!特別プレゼント企画だモン! ( Kumamon TV #80)(https://youtu.be/uXP68ZkQhmM)」である。この動画ではくまモンが視聴者に感謝を込めて工芸品を製作する。撮影地は石野公園内の建物である。  10位は「くまモンTV #84 祝2万人突破記念!くまモンお手製プレゼント企画! ( Kumamon TV #84)(https://youtu.be/psGliKEm5aY)」である。この作品は撮影地が分からなかったため最下位とした。この動画ではくまモンが視聴者に感謝を込めて、プレゼントを作成している。  このようにLATCHごとに整理してみると、次のことがわかる。第1にくまモンは2体以上いることが考察できる。都心でのPR用に1体。地元での活動用に1体は最低でも存在すると私は考察する。2点目はくまモンTVの動画の多くはため取りされたものであることが分かった。ため取りであると考えられる理由はロケ地に偏りがあるためである。くまモンの体力面を考慮した場合、ため取りは控えるべきであると私は考える。以上の2点からくまモンはかなりビジネスライクなゆるキャラであることが分かった。ゆるキャラブームが過ぎ去った昨今、ゆるキャラの知名度と人気を維持していくためには不断の努力が必要である。 
105 
KumamonTVをLATCHごとに整理する。それに際して動画数を調べてみたが、通常の動画とライブストリームを合わせて352本であった。 L:Location 撮影場所について特に偏りはなかった。しかしライブストリーミング(https://www.youtube.com/watch_videos?video_ids=qzZ5uz7YPwU%2CH4j5nvfn3GE%2C7uurpqDQSi4%2CfjpL8C9j_1Y%2CdJDhXHO-30s%2CUVlY8MWMZhk&type=0&index=0&title=過去のライブ+ストリーム) に関しては全て熊本県庁で撮影されたものであった。また訪モン紀では場所ごとに再生リストが作られていた。 フランス編https://www.youtube.com/watch?v=HjxVDkfjTuQ&list=PLET_90-yYWax3iBSGl4k4GE7rVjnvOwIT オーストラリア編https://www.youtube.com/watch?v=nrEAixQnlvU&list=PLET_90-yYWaxSMObVgRIEDOc62wssoSxz A:Alphabet 検索演算子を利用しての整理も考えたが無理であった。またくまモンの動画をこのような検索性のある方法で並べる必要があるのかは疑問である。 T:Time 新しく投稿された順 https://www.youtube.com/watch?v=qzZ5uz7YPwU&list=UUuh03vril77Dqbw4bdqUd_w C:Category シリーズごとの再生リスト 企画ごとに整理されている。この形式は妥当だと思う。 くまモンTV https://www.youtube.com/watch?v=NAbH-n6GA1M&list=PLET_90-yYWawh0LydVQdyTkN0ppw-E_nc くまモンTV☆YouTubeLIVE https://www.youtube.com/watch?v=H4j5nvfn3GE&list=PLET_90-yYWaxz9GTrkQEDA9pchj_T781r くまモン10周年ムービー https://www.youtube.com/watch?v=MjqIGX9ScXs&list=PLET_90-yYWax5S0Sa2H1VgGWxRJQVGQUB くまモンTVEX https://www.youtube.com/watch?v=Ize4tVj4zTY&list=PLET_90-yYWazN7s-r0R2y_iVxO2etlWUy&index=2 くまもとから元気をプロジェクト 台湾編 https://www.youtube.com/watch?v=7kK9K3i3W-A&list=PLET_90-yYWaxsM5UpmVp7dyFFDk9WZmGC くまもとから元気をプロジェクト https://www.youtube.com/watch?v=6To9zCUFhqk&list=PLET_90-yYWawq3Mi_-LzM6CqmtYX3AhHH 訪モン記 フランス編 https://www.youtube.com/watch?v=HjxVDkfjTuQ&list=PLET_90-yYWax3iBSGl4k4GE7rVjnvOwIT 訪モン記 オーストラリア編 https://www.youtube.com/watch?v=nrEAixQnlvU&list=PLET_90-yYWaxSMObVgRIEDOc62wssoSxz H:Hierarchy 再生数の多い順 https://www.youtube.com/user/kumamontai/videos?view=0&sort=p&flow=grid このようにLATCHごとに整理してみると、次のことがわかる。第一にLocation,Alphabet,Time,Hierarchyなどの機械的な分類はくまモンの動画の特徴を調べるのには適していなかった。場所や時間でくまモンの活動が大きく変わることはなかった。しかし最近の動画であればサムネイルが派手にかつ分かりやすくなっているなどの変化はあった。第二にCategoryの分類の方がくまモンの動画の分析に最適である。なぜならこれらはある程度内容でシリーズ化されており視聴者からすれば明快でわかりやすく、そこに好みが反映されやすいからだ。 
106 
まず、最近のくまモンの活動について説明するために、最新の5個の動画(①ドッキリ企画https://www.youtube.com/watch?v=9hhJGgx3pvE ②生配信https://www.youtube.com/watch?v=9hhJGgx3pvE ③カップスローチャレンジhttps://www.youtube.com/watch?v=NAbH-n6GA1M ④生配信https://www.youtube.com/watch?v=H4j5nvfn3GE ⑤人力車紹介https://www.youtube.com/watch?v=CCgYtfmy-r8 )でLATCHごとに整理する。URLを貼ると見にくくなってしまうので今後は番号で表す。Locationごとに並べると、室内で行っているのが①②③④で、屋外で行っているのは⑤のみであった。次にAlphabetごとに並べると、①③⑤の題名が「くまモンTV」の「く」から始まり、②④の題名が「みんな集まれ!生配信だモン」の「み」から始まっていた。次にTimeごとに並べると、②④の生配信は13時から配信されており、①③⑤は何時にアップロードされているか調べることができなかった。Categoryごとに並べると、①③⑤がくまモンTVという熊本の魅力を短時間で紹介するもので、②④が40分前後で熊本の魅力を生配信で紹介するものだった。最後にHierarchyごと(この場合は再生回数の多い順)に並べると、④②③⑤①の順になった。①の動画は三時間前にアップロードされたものなので比較的再生回数順が少ないのは仕方ないことだと考える。 このようにLATCHごとに整理してみると、次のことがわかる。第一に室内で撮影している動画が圧倒的に多いということだ。しかし、屋外で撮影されている動画はコロナウイルスが流行する前に収録されたものだと注記されており、実質屋外で撮影されている動画は一つもなかった。第二に動画の題名に規則性があるということだ。生配信の動画やくまモンTVなど、題名には同じ単語が使われているため見たい動画をすぐに探すことができた。第三に生配信のほうが再生回数が多いということだ。くまモンTVと大きな差はないものの、生配信のほうが再生回数は伸びている。13時からという決まった時間に配信しているので視聴者も覚えやすく視聴しやすい傾向にあるのではないだろうか。上記のようにLATCHごとに整理することで、基準が明確でわかりやすくなりKumamonTVについて理解することができた。 
107 
Kumamon TVをLATCHごと分類してみます。 7年前からKumamon TV内で投稿されている、「くまもとから元気をプロジェクト」ではLATCHのL(Location)がわかりやすくタイトル横に記載してあります。 例として 「くまもとから元気をプロジェクト 福井編パート①-②」 ・https://m.youtube.com/watch?v=hBMCCJwutPg ・https://m.youtube.com/watch?v=Ah-U1WiKAuA 「くまもとから元気をプロジェクト 北海道編パート①-③」 ・https://m.youtube.com/watch?v=TyUjeQnCNkQ ・https://m.youtube.com/watch?v=xsAfzcyBkyU ・https://m.youtube.com/watch?v=dPrAZtTQ_HE このように、タイトルの横に都道府県の名前を記載してLocationごとに分類し、まとめてあります。 LATCHのA(Alphabet)ですが、 最近のKumamon TVチャンネルで投稿される動画は「くまもんTV #〇〇」という風に決まったタイトルに何回目の投稿がわかるようになっています。 例 くまモンTV #1「YouTuberくまモン、知事とけん玉対決!」( Kumamon TV #1 ) ・https://m.youtube.com/watch?v=eex4VY3ryHs くまモンTV #89 ドッキリ企画で、くまモン暴れる!? ( Kumamon TV #89) ・https://m.youtube.com/watch?v=9hhJGgx3pvE 同じタイトルで#〇〇以降だけが違う時に頭文字は変わらず「K」または「く」になるのでalphabetで検索しても分類はされずに沢山の動画が出てくると思われます。 Kumamon TVをT(time)で分類してみると くまモン in 水前寺公園②ハトに餌をあげる ・https://m.youtube.com/watch?v=nELsgkhAExQ (0:31) みんな集まれ!ある場所から生配信だモン♪ ・https://m.youtube.com/watch?v=qzZ5uz7YPwU(33:25) くまモンTV #50 デンマーク珍道中!LEGO本店でまさかのくまモンLEGO登場!? ( Kumamon TV #50) ・https://m.youtube.com/watch?v=y1CkuJ_ppBg(2:30) といったように動画の種類によって長さが異なります。 ちょっとした面白シーンは1分以内、レギュラー動画は1分以上5分以内といった動画が多いです。 生放送は長めの30分以上1時間未満といった長さが多いように感じます。 C(Category)としては レギュラー動画 くまモンTV #1「YouTuberくまモン、知事とけん玉対決!」( Kumamon TV #1 ) ・https://m.youtube.com/watch?v=eex4VY3ryHs 旅行系 くまもとから元気をプロジェクト (沖縄編) https://m.youtube.com/watch?v=eWL_0CCdS9A (茨城編) https://m.youtube.com/watch?v=YNRbPBnMmwU 3年前ごろから投稿され始めた、くまもんTVよりも長めの動画シリーズ「くまもんTVEX」 くまモンTVEX #5 「騎士モン!?武者修行だモン!」( Kumamon TVEX #5 ) ・https://m.youtube.com/watch?v=ytaVUuTeB6k&list=PLET_90-yYWazN7s-r0R2y_iVxO2etlWUy&index=39&t=0s 生配信 (2020/05/24) ・https://m.youtube.com/watch?v=H4j5nvfn3GE などに分類できる。 H(Hierarchie)としては、再生回数で分類ができます。 再生回数が多い人気動画では数万再生を超えるものもありました。 くまモンTV #72 絶叫!巨大バギーで阿蘇を駆け巡る! ( Kumamon TV #72) (17万回再生) ・https://m.youtube.com/watch?v=B8qfFs_opg0 くまモンTV #73 くまモンオリジナル!バレンタイン和菓子を作ってみた! ( Kumamon TV #73) (11万回再生) ・https://m.youtube.com/watch?v=1gySsF02RpY くまモンTV #83 お家で踊ろう!新曲「かモン!くまモン!」でダンスしてみたモン! ( Kumamon TV #83) (1.6万回再生) ・https://m.youtube.com/watch?v=x-w1zNPkmC0 いままで上げられたくまモンTVの動画再生数を見てみると2000〜7000回再生のものが多いと思いました。 くまモンTV #57 負けられない戦い!くまモンが小学生と将棋対決!pt2 ( Kumamon TV #57) (3620回再生) ・https://m.youtube.com/watch?v=MnyZ-wKblyo くまモンTV #86 絶対に負けられないモン!テーブルサッカー日本チャンピオンと対決してみたモン! ( Kumamon TV #86) (4095回再生) ・https://m.youtube.com/watch?v=dLRM_aGRMLo くまモンTV #85 こどもの日企画!巨大折り紙でカブトを作ってみたモン! ( Kumamon TV #85) (6702回再生) ・https://m.youtube.com/watch?v=Td7nt4aI_mQ このようにLATCHごとに整理してみると、次のことがわかる。第1にLocationごとに分類した動画は、その県に住んでいる人や興味を持つ人の関心を引くだろうし、Hierarchieで分類される再生回数の多く人気の動画は面白いだろうなぁと見たことない人も見てみたいなぁと思わせることができます。 また、Timeで分類されるように時間がないときには短い動画を、時間があるときには長い動画をなどといったニーズに合わせ、選択することができます。 LATCHに分類することにより、自分の興味のある動画やニーズに合った選択をしやすくなると思いました。 また、今回調べたのはくまモンですが、最近のゆるキャラは地元アピールのためにさまざまなところに出向き色々な体験をする、それをYouTubeで配信するという事もやっていてとても新しいと感じました。 YouTubeをよく利用する若者に地元アピールする方法としてとても良いと思いました。 
108 
私はクマモンTVについて知るためにのLATCHについて分析しました。まず初めにLは位置についてです。熊本をロケ地にしていることが多かったので熊本に特定しました。Aはアルファベットについてです。アルファベットとは検索生が高いやつということです。どういうことかというと視聴者が興味を持つタイトルをつけることで視聴者に動画を見てもらえるように工夫することだと思います。Tは時間についてです。動画は短いものが多かったです。Cはカテゴリーについてです。一つ目は熊本をPRする動画です。2つ目はクマモンというキャラクターを認知してもらうための動画です。Hは序列についてです。再生回数が多い順番になっています。このようにLATCH事に整理してみると次のことがわかる。第1にTとHには関連性があると思った。再生回数が多い人気動画は動画の時間が短いということがわかった。第2にLとCも関連性があると思った。熊本についてのPR動画が多いと思う。くまモンは熊本について認知するためのキャラクターということがわかる。第3にAとHも関連性があると言うことがわかる。YouTubeを見させるために興味を持つタイトルにすることで視聴回数を稼いでいることが分かる。 Lがわかる動画https://youtu.be/OJkVIx1Cb6g Aがわかる動画https://youtu.be/pNayY33eivM Tがわかる動画https://youtu.be/nELsgkhAExQ Cがわかる動画https://youtu.be/UIhaPqr7RAs Hがわかる動画https://youtu.be/pNayY33eivM 
109 
まず、くまモンの動画の撮影場所を見てみると最新の動画である、https://youtu.be/9hhJGgx3pvEの様に室内で撮影したものもあれば、2,3,4、番目に人気の動画の様にhttps://youtu.be/FVQwtMvHbp4熊本の観光地を紹介しているものもある。 また、更新頻度も高めで、最近は週に3,4本の動画が投稿されている。 最近はコロナの影響もあるため室内撮影だったり生放送が多いが、それでも前にとりだめていた動画を公開したり、コロナ流行前は外撮影が多く、熊本だけでなく、https://youtu.be/nrEAixQnlvUなど海外でも撮影していた。 人気の動画はやはり熊本でくまモンが何かをしている動画や踊っている動画https://youtu.be/nsAG0iKLihQ?list=TLPQMDEwNjIwMjDDmS36EJllKgだと感じた。 このようにLATCHごとに整理してみると次のことが分かる。第一にやはり熊本のゆるキャラとして地元を紹介する動画がたくさんあるがそれが一番人気であるということ。そして再生回数には多いものと少ないものとでかなり差があるということもわかった。 
110 
 Lはオーストラリアhttps://youtu.be/nrEAixQnlvU、https://youtu.be/LL8qnPwbSIo、フランスhttps://youtu.be/HjxVDkfjTuQ、日本(宮崎、茨城)https://youtu.be/IF3Q8KgxEQ4、https://youtu.be/YNRbPBnMmwU、https://www.youtube.com/watch?v=VhAh3QpOfecという国ごとに分けた。  Aは(#44)https://www.youtube.com/watch?v=VhAh3QpOfec、(#45)https://www.youtube.com/watch?v=tCAjqIa5c78(#46)https://www.youtube.com/watch?v=3F6NqLOaA1Y(#47)https://www.youtube.com/watch?v=f0I8CIKSdbM(#48)https://www.youtube.com/watch?v=ZtZfL-I-b78(#49)https://www.youtube.com/watch?v=fJ4rGB8t4Nwというようにタイトルに番号が振ってあるもので順番通りに分けた。  Tは6年前https://www.youtube.com/watch?v=nsAG0iKLihQ、https://www.youtube.com/watch?v=Bx04XvXTuyM、5年前https://www.youtube.com/watch?v=3FHCsNqTK0E、https://www.youtube.com/watch?v=nFZM3GL_hko、4年前https://www.youtube.com/watch?v=luuYLjA0MMo、3年前https://www.youtube.com/watch?v=7Qewvu5p_Cw、1年前https://www.youtube.com/watch?v=UIhaPqr7RAs、https://www.youtube.com/watch?v=4zXrZot222c、最近https://www.youtube.com/watch?v=DgAjggcXivYという年毎に分けた。  Cは生配信https://www.youtube.com/watch?v=7uurpqDQSi4、くまモンTVhttps://www.youtube.com/watch?v=9hhJGgx3pvE、くまもんTVEXhttps://www.youtube.com/watch?v=Ize4tVj4zTY、くまもとから元気をプロジェクトhttps://www.youtube.com/watch?v=6To9zCUFhqk&t=6sというジャンルでわけた。  Hは471万回https://www.youtube.com/watch?v=pNayY33eivM、134万回https://www.youtube.com/watch?v=afv_h5pdmQ0、88万回https://www.youtube.com/watch?v=UIhaPqr7RAs、51万回https://www.youtube.com/watch?v=OJkVIx1Cb6gという視聴回数のランキングで分けた。  このようにLATCHごとに整理してみると、次のことがわかる。第1にLで分けた場合では海外での動画の方が比較的視聴回数が多くある。第2にAではネット上の有名な人とコラボしている方が視聴回数は多くなる。第3にTでは昔は再生回数は比較的少ないが、何度か多くなるものがあり、それは何十万再生とすごく多くなっており、最近の動画では何十万という数字はあまりみられないが、安定した視聴回数が毎回ある。第4にCでは、生配信は他の動画と比べて動画の時間が30分~40分と長いが、視聴回数はあまり変わらない。TVやTVEXは平均的な視聴回数は同じだが、時々コラボなどと言った理由で3万回いったりしている。くまもとから元気をプロジェクトは比較的視聴回数が少ないということがわかった。最後にHではコメント欄から1位はくまなのに釣りというのが面白くて再生回数が伸びた。2位からはくまモンを探せというタイトルが占めており、人気があるジャンルであることがわかる。 
111 
Location(場所順) 国内・東北 https://youtu.be/LWSt3EuBmNA https://youtu.be/Ef5Xgpl3oZA 福島 https://youtu.be/PZw5J82cFBE 新潟 https://youtu.be/nnUOoOMC7Qo 茨城 https://youtu.be/YNRbPBnMmwU https://youtu.be/7Qewvu5p_Cw 石川 https://youtu.be/2YyVKuhMkOQ https://youtu.be/mK256aYYKO4 https://youtu.be/42e_0OVzdSU 宮崎 https://youtu.be/IF3Q8KgxEQ4 https://youtu.be/6To9zCUFhqk https://youtu.be/O99lMVwQhCE 国外・台湾 https://youtu.be/7kK9K3i3W-A https://youtu.be/a4IfBYGW8mg オーストラリア https://youtu.be/nrEAixQnlvU https://youtu.be/LL8qnPwbSIo https://youtu.be/If4WBPB64bg フランス https://youtu.be/7zIe0-_muR8 https://youtu.be/31VrWokwBIs https://youtu.be/iM5D8kgYuEs https://youtu.be/HjxVDkfjTuQ https://youtu.be/CQQalBXAq3c https://youtu.be/HSImlqzsBac https://youtu.be/rQgXWF7a9vI Alphabet 石川 https://youtu.be/2YyVKuhMkOQ https://youtu.be/mK256aYYKO4 茨城 https://youtu.be/YNRbPBnMmwU https://youtu.be/7Qewvu5p_Cw オーストラリア https://youtu.be/nrEAixQnlvU https://youtu.be/LL8qnPwbSIo https://youtu.be/If4WBPB64bg 台湾 https://youtu.be/7kK9K3i3W-A https://youtu.be/a4IfBYGW8mg 東北 https://youtu.be/Ef5Xgpl3oZA https://youtu.be/LWSt3EuBmNA 福島 https://youtu.be/PZw5J82cFBE フランス https://youtu.be/7zIe0-_muR8 https://youtu.be/31VrWokwBIs https://youtu.be/iM5D8kgYuEs https://youtu.be/HjxVDkfjTuQ https://youtu.be/CQQalBXAq3c https://youtu.be/HSImlqzsBac https://youtu.be/rQgXWF7a9vI https://youtu.be/yp8Du87pNKI https://youtu.be/Zb39VSvrcBQ 新潟 https://youtu.be/nnUOoOMC7Qo 宮崎 https://youtu.be/IF3Q8KgxEQ4 https://youtu.be/6To9zCUFhqk https://youtu.be/O99lMVwQhCE Time(古い順) 台湾② https://youtu.be/a4IfBYGW8mg 台湾① https://youtu.be/7kK9K3i3W-A 新潟 https://youtu.be/nnUOoOMC7Qo 東北② https://youtu.be/LWSt3EuBmNA 東北① https://youtu.be/Ef5Xgpl3oZA 石川① https://youtu.be/2YyVKuhMkOQ 石川② https://youtu.be/mK256aYYKO4 石川③ https://youtu.be/42e_0OVzdSU 茨城① https://youtu.be/YNRbPBnMmwU 茨城② https://youtu.be/7Qewvu5p_Cw 福島 https://youtu.be/PZw5J82cFBE 宮崎① https://youtu.be/IF3Q8KgxEQ4 宮崎③ https://youtu.be/O99lMVwQhCE 宮崎② https://youtu.be/6To9zCUFhqk フランス① https://youtu.be/7zIe0-_muR8 フランス⑤ https://youtu.be/CQQalBXAq3c フランス⑥ https://youtu.be/HSImlqzsBac フランス・リヨン編 https://youtu.be/Zb39VSvrcBQ フランス③ https://youtu.be/iM5D8kgYuEs フランス・パリ編 https://youtu.be/yp8Du87pNKI フランス・ワイン https://youtu.be/rQgXWF7a9vI フランス② https://youtu.be/31VrWokwBIs フランス④ https://youtu.be/HjxVDkfjTuQ オーストラリア② https://youtu.be/If4WBPB64bg オーストラリア① https://youtu.be/LL8qnPwbSIo オーストラリア・サプライズ https://youtu.be/nrEAixQnlvU Category 旅系 フランス https://youtu.be/7zIe0-_muR8 オーストラリア https://youtu.be/LL8qnPwbSIo 台湾 https://youtu.be/7kK9K3i3W-A 日本 https://youtu.be/nnUOoOMC7Qo など 元気プロジェクト 台湾 https://youtu.be/7kK9K3i3W-A 新潟 https://youtu.be/nnUOoOMC7Qo 東北 https://youtu.be/Ef5Xgpl3oZA 茨城 https://youtu.be/YNRbPBnMmwU 福島 https://youtu.be/PZw5J82cFBE 宮崎 https://youtu.be/IF3Q8KgxEQ4 石川 https://youtu.be/2YyVKuhMkOQ フランス訪問記 https://youtu.be/7zIe0-_muR8 など オーストラリア訪問記 https://youtu.be/LL8qnPwbSIo など くまモンTVEX https://youtu.be/WAtYKFSMJ5M など くまモンTV https://youtu.be/D1RvWGMC9Dk など 生配信 https://youtu.be/dJDhXHO-30s など music https://youtu.be/nbc6-sTaEH8 Hierarchy(動画の長さ順) https://youtu.be/H4j5nvfn3GE https://youtu.be/7uurpqDQSi4 https://youtu.be/fjpL8C9j_1Y https://youtu.be/dJDhXHO-30s https://youtu.be/CQQalBXAq3c https://youtu.be/LL8qnPwbSIo https://youtu.be/HjxVDkfjTuQ https://youtu.be/If4WBPB64bg https://youtu.be/7zIe0-_muR8 このようにLATCHごとに整理してみると、次のことがわかる。 まず、第一に、最近のくまモンの活動はyoutubeウケが良さそうなバラエティの企画コンテンツが多い。昔は国内外に積極的に行き、その地域を元気づけるプロジェクトや国とタックを組んだプロジェクトを行っていたが、最近はyoutubeの視聴者の興味を引くような企画ものが多いと思った。 第二に、最近は生配信を頻繁に行っている。なかなかくまモンとリアルタイムで接触を図ることは難しいが、youtubeを通して視聴者とコミュニケーションをとっている。 第三に、生配信のコンテンツ以外は10分以内の動画が多い。視聴者が飽きずに見れる長さに編集していると思われる。 したがって、LATCHごとにくまモンのyoutubeのコンテンツを分別してみると、最近の投稿の傾向がわかる。 
112 
KumamonTVチャンネルには、347本の動画がアップロードされている。 9年前の動画をTimeつまり、更新された順に羅列すると以下の通りである。 ×がついている動画は、くまモンと撮影者のみでの動画であり、それ以外は地域の人やイベントと関わって撮影された動画である。 また、動画の名前は「ジャンプ!」までは全て、くまモンのあとに以下の言葉が続いたものになっている。 https://www.youtube.com/watch?v=ZOf1RaFkhzE 草スキー 2010年8 × https://www.youtube.com/watch?v=oPZqVX86Oz0 清和文楽とダンス https://www.youtube.com/watch?v=eW-dY-aYcm8 忍者とベロタクシー https://www.youtube.com/watch?v=Qyvf2ayOt3g 餅つき https://www.youtube.com/watch?v=cFdXuO0zBRY たこあげ 11 https://www.youtube.com/watch?v=DwGlV-tavs8 地震体験  https://www.youtube.com/watch?v=pebmKg3KFdQ 発表会に参加! https://www.youtube.com/watch?v=5l0caz8bWD8 豆まき https://www.youtube.com/watch?v=UjsBVg_Pmek イルカクルーズ× https://www.youtube.com/watch?v=exAd-S3UiHk くまモン凧揚げ https://www.youtube.com/watch?v=NCtxyrd-k6A 牛深ハイヤを練習 https://www.youtube.com/watch?v=0r87S3LObwI 長縄飛び大会 https://www.youtube.com/watch?v=fjhGzQUb4CA コーヒーカップ https://www.youtube.com/watch?v=6QhV9sVquwk メリーゴーランド https://www.youtube.com/watch?v=TVWVBL1FZh4 わらべとコラボ https://www.youtube.com/watch?v=iWR_ua_0ZeI ロータリークラブ https://www.youtube.com/watch?v=z9B_R-6yQ6I よさこいを練習 https://www.youtube.com/watch?v=Jxanxu0W_f4 in水前寺公園①恋に餌をあげる https://www.youtube.com/watch?v=nELsgkhAExQ ② × https://www.youtube.com/watch?v=NF0625zgIn8 in牛深ハイヤ祭り(1) https://www.youtube.com/watch?v=0U-O1XRMKxw 2 https://www.youtube.com/watch?v=j_cr34x5yFY 階段を下りる × https://www.youtube.com/watch?v=QY7tnEtOXko ロアッソ君と遊ぶ https://www.youtube.com/watch?v=HLRbZaPGbAc モデルデビュー https://www.youtube.com/watch?v=x3xinJ0wb0k ぐ~るぐる! https://www.youtube.com/watch?v=SDkuEpdoELo 土俵入り! https://www.youtube.com/watch?v=0ArY_qS95s4 ジャンプ! https://www.youtube.com/watch?v=wrDRK7ahwSs 上を向いて歩こう(くまモン) https://www.youtube.com/watch?v=lztc72vpyLU イルカに乗ったくまモン!その1 https://www.youtube.com/watch?v=maGDmFZziAM その2 続いて、 https://www.youtube.com/watch?v=eex4VY3ryHs&list=PLET_90-yYWawh0LydVQdyTkN0ppw-E_nc&index=101&t=0s の動画以降、知事から命じられ熊本県営業部長兼しあわせ部長 としてYouTuberとして「くまモンTV」の更新が始まった。 https://www.youtube.com/watch?v=dJDhXHO-30s&list=PLET_90-yYWaxz9GTrkQEDA9pchj_T781r&index=4&t=0s https://www.youtube.com/watch?v=H4j5nvfn3GE&list=PLET_90-yYWaxz9GTrkQEDA9pchj_T781r&index=1 など2020年5月3日から5月24日にかけて、6回生配信を行っている。 このようにLATCHごとに整理してみると、次のことがわかる。 まず第1に、くまモンTVの更新が始まってからは、1つ1つの動画が企画された内容である。それ以前の動画は、まさにホームビデオを共有しているような動画であり、鯉に餌をあげたり幼稚園に遊びにいったりという内容である。 第2に、1つの動画の時間も変化した。数十秒~1分程度だった動画が、企画化されてからは、2~6分程度の動画となっている。 第3に、熊本や地元の地域での撮影から、外国や他県へ赴いての撮影の動画が生まれた。 第4に、名前の付け方であるが、くまモンTVが始まってからはナンバリングされるようになった。 
113 
くまモンTVの動画を再生回数上位50で並べてみました。 https://youtu.be/pNayY33eivM https://youtu.be/afv_h5pdmQ0 https://youtu.be/UIhaPqr7RAs https://youtu.be/OJkVIx1Cb6g https://youtu.be/Gk_IpT0H1pc https://youtu.be/nsAG0iKLihQ https://youtu.be/wKj-r42UOYM https://youtu.be/sjlxrKtnopg https://youtu.be/a_TOvt4vxcw https://youtu.be/cSRzBSnKA6E https://youtu.be/-eWK_LmBMY0 https://youtu.be/3FHCsNqTK0E https://youtu.be/B8qfFs_opg0 https://youtu.be/DwGlV-tavs8 https://youtu.be/EoxSJnq2rDQ https://youtu.be/9kMVx7TXQtI https://youtu.be/1gySsF02RpY https://youtu.be/0C5pZgxgBe4 https://youtu.be/LvCrfVT-8aQ https://youtu.be/BlEYEgUcJv8 https://youtu.be/imkhXdw7AbA https://youtu.be/VhAh3QpOfec https://youtu.be/GTvvNc9iFD4 https://youtu.be/CaZVHoMAtHw https://youtu.be/lztc72vpyLU https://youtu.be/fEIGezURnX8 https://youtu.be/ooRjV4bFw0A https://youtu.be/ooRjV4bFw0A https://youtu.be/wdMtuVSFpZE https://youtu.be/nELsgkhAExQ https://youtu.be/UeRhv8malrc https://youtu.be/ka0iaU1OWBA https://youtu.be/0r87S3LObwI https://youtu.be/AP8mqhhBqQw https://youtu.be/tCAjqIa5c78 https://youtu.be/Ah-U1WiKAuA https://youtu.be/5VNpzdKAMXw https://youtu.be/YZoXiJb40F0 https://youtu.be/zTnt52wJBUs https://youtu.be/3F6NqLOaA1Y https://youtu.be/d7RtjNvvEqY https://youtu.be/WZUTXIm9EHU https://youtu.be/eex4VY3ryHs https://youtu.be/kslwkufDmEQ https://youtu.be/ZOf1RaFkhzE https://youtu.be/5kjqfO8XORI https://youtu.be/k9BPjF5bII4 https://youtu.be/5l0caz8bWD8 https://youtu.be/F7NyOb4WX6k https://youtu.be/RNKZgndbPco https://youtu.be/yC5RbiGWGAY このようにLATCHごとに整理してみると、次のことがわかる。第1に一年前に投稿された動画で上位10位を占めていた。最近ではくまモンTVとして投稿頻度を週2.3回ほどに上げて投稿してるが昨今ゆるキャラの話題はメディアでも取り上げられた記憶がないことからも分かるように再生数はここ最近の物は高くは無い。第2にサムネイルがくまモン単体の動画が上位にあることが多い。第3にくまモンが挑戦する動画の再生数は何軒並み良い。第4に最近の動画「12ヶ月以内」の動画で伸びている物の特徴はゲストとのコラボ動画である事が分かった。 
114 
https://www.youtube.com/watch?v=qzZ5uz7YPwU https://www.youtube.com/watch?v=H4j5nvfn3GE https://www.youtube.com/watch?v=7uurpqDQSi4 https://www.youtube.com/watch?v=fjpL8C9j_1Y このようにLATCHごとに整理してみると、次のことがわかる。第1にカテゴリーとして生配信がある。しかも過去の生配信の投稿は0。コロナウイルスの感染拡大の影響で外出自粛をしていて常にYouTubeを見ている層から再生数を得ようと、1週間に1回のペースで生配信が行われている。同時にSTAY HOMEのメッセージが読み取れることからこのくまもんTVはビジネス上手だということがわかる。しかし、そもそもの再生数、企画力、話題性が乏しく動画は基本的に再生回数が1万回を下回り、力を入れた生配信ですらコメントしている人がほとんど同じで今後になかなか上手く繋がっていないこともわかる。しかし中には、 https://www.youtube.com/watch?v=ka0iaU1OWBA https://www.youtube.com/watch?v=ooRjV4bFw0A https://www.youtube.com/watch?v=ZuWKWSLwbAc https://www.youtube.com/watch?v=U0r2L0dBvwQ お笑い芸人のヒロシとのコラボで安定した再生数を稼いでいる。一通り見たとこころ、くまモンのような喋らない着ぐるみはふなっしーのような喋れる着ぐるみのように汎用性が高くないので、トークが上手い、一人で写っていても絵が持つタレントと同時に起用することでくまモンが生きていくことがわかる。 
115 
◎アルファベット→動画タイトル名 くまモン体操初音ミクバージョン https://youtu.be/nsAG0iKLihQ くまモン、モンキー・くまモンVerで鈴鹿サーキット走行! https://youtu.be/Gk_IpT0H1pc くまモンTV#3「くまモンを探せ!大観峰編」 https://youtu.be/OJkVIx1Cb6g くまモンTV#17「くまモンを探せ!崎津教会編」 https://youtu.be/UIhaPqr7RAs くまモンTV#27「くまモンを探せ!米塚!」 https://youtu.be/afv_h5pdmQ0 くまモンTV#29「サカナ釣りに挑戦するモン!」 https://youtu.be/pNayY33eivM ◎時間→公開日時 2013.2.19 くまモン体操初音ミクバージョン https://youtu.be/nsAG0iKLihQ 2015.7.25 くまモン、モンキー・くまモンVerで鈴鹿サーキット走行! https://youtu.be/Gk_IpT0H1pc 2018.9.17 くまモンTV#3「くまモンを探せ!大観峰編」 https://youtu.be/OJkVIx1Cb6g 2018.12.27 くまモンTV#17「くまモンを探せ!崎津教会編」 https://youtu.be/UIhaPqr7RAs 2019.3.18 くまモンTV#27「くまモンを探せ!米塚!」 https://youtu.be/afv_h5pdmQ0 2019.4.1 くまモンTV#29「サカナ釣りに挑戦するモン!」 https://youtu.be/pNayY33eivM ◎位置→撮影場所 屋外 くまモンTV#29「サカナ釣りに挑戦するモン!」 https://youtu.be/pNayY33eivM くまモンTV#27「くまモンを探せ!米塚!」 https://youtu.be/afv_h5pdmQ0 くまモンTV#17「くまモンを探せ!崎津教会編」 https://youtu.be/UIhaPqr7RAs くまモンTV#3「くまモンを探せ!大観峰編」 https://youtu.be/OJkVIx1Cb6g くまモン、モンキー・くまモンVerで鈴鹿サーキット走行! https://youtu.be/Gk_IpT0H1pc 室内 くまモン体操初音ミクバージョン https://youtu.be/nsAG0iKLihQ ◎カテゴリー→動画系統 探す系 くまモンTV#27「くまモンを探せ!米塚!」 https://youtu.be/afv_h5pdmQ0 くまモンTV#17「くまモンを探せ!崎津教会編」 https://youtu.be/UIhaPqr7RAs くまモンTV#3「くまモンを探せ!大観峰編」 https://youtu.be/OJkVIx1Cb6g 挑戦系 くまモンTV#29「サカナ釣りに挑戦するモン!」 https://youtu.be/pNayY33eivM くまモン、モンキー・くまモンVerで鈴鹿サーキット走行! https://youtu.be/Gk_IpT0H1pc くまモン体操初音ミクバージョン https://youtu.be/nsAG0iKLihQ ◎連続量→人気 一位 くまモンTV#29「サカナ釣りに挑戦するモン!」 https://youtu.be/pNayY33eivM 二位 くまモンTV#27「くまモンを探せ!米塚!」 https://youtu.be/afv_h5pdmQ0 三位 くまモンTV#17「くまモンを探せ!崎津教会編」 https://youtu.be/UIhaPqr7RAs 四位 くまモンTV#3「くまモンを探せ!大観峰編」 https://youtu.be/OJkVIx1Cb6g 五位 くまモン、モンキー・くまモンVerで鈴鹿サーキット走行! https://youtu.be/Gk_IpT0H1pc 六位 くまモン体操初音ミクバージョン https://youtu.be/nsAG0iKLihQ このようにLATCHごとに整理してみると、次のことが分かる。第一に、KumamonTVの動画には、「くまモンTV#」というタイトルの動画と、そうでないものがある。KumamonTV独自の企画には「くまモンTV#」がついており、何かとのコラボなどの動画では、くまモンTV#がついていない。 また、人気の動画は、各地方の雄大な景色とくまモンを探すわくわく感のある、「くまモンを探せ!」企画がランクインしていることが分かる。ここに書ききれなかったが、七位以降にもその傾向はある。一位の動画はくまモンが出来なさそうなサカナ釣りに挑戦する動画。五位、六位にランクインしている動画もいわゆる挑戦系。人気動画の傾向がはっきりわかるランキングとなった。 
116 
LATCH分析のL(location)から始めます。ロケーションを国別に分けると以下のようになります。日本、台湾(https://www.youtube.com/watch?v=7kK9K3i3W-A)、フランス(https://www.youtube.com/watch?v=HjxVDkfjTuQ)、オーストラリア(https://www.youtube.com/watch?v=nrEAixQnlvU)のようになります。 次に、Alphabetに分けてみます。すべて「くまモン」から始まるのでタイトルであるため、タイトルからAlphabet順に分類することに有意義性が見えないことがわかりました。しかし、作成者側が作った8つの再生リストを元にあいうえお順に分類してみると、くまモンTV(https://www.youtube.com/watch?v=H4j5nvfn3GE&list=PLET_90-yYWaxz9GTrkQEDA9pchj_T781r)、くまモン10周年ムービー(https://www.youtube.com/watch?v=MjqIGX9ScXs&list=PLET_90-yYWax5S0Sa2H1VgGWxRJQVGQUB)、熊本から元気をプロジェクト(https://www.youtube.com/watch?v=7kK9K3i3W-A&list=PLET_90-yYWaxsM5UpmVp7dyFFDk9WZmGC)←台湾とそれ以外→(https://www.youtube.com/watch?v=6To9zCUFhqk&list=PLET_90-yYWawq3Mi_-LzM6CqmtYX3AhHH)に分けることができます。その他は訪問記、くまモンTVEXとくまモンTVYouTubeLiveに分かれています。次にTime(時間軸)で分けてみます。上記の8つの分類の中では「くまモンTV」の枠組みにある動画(https://www.youtube.com/watch?v=VSQJ0mqw2n4&list=PLET_90-yYWawh0LydVQdyTkN0ppw-E_nc)が一番最近(6/1より7日前)の投稿(非公開)になっていました。最古の投稿は2010/08/13(https://youtu.be/ZOf1RaFkhzE)でした。LATCH分析のC(category)による分析になりますが、この分析はAlphabet順に分類した時に8つに分類されていたので、上記にある8つのcategoryに分けられます。最後にH(Hierarchy)に着目して分析します。階層をどのように分けるかというと「再生回数」によって分けます。一番再生数が多かったのは、4,718,530 回視聴•2019/04/01(https://youtu.be/pNayY33eivM)でした。100万回再生以上は以下の2つでした。(https://youtu.be/pNayY33eivM?t=54,718,530 回視聴•2019/04/01)、(https://www.youtube.com/watch?v=afv_h5pdmQ0)1,343,812 回視聴•2019/03/18。このようにLATCHごとに整理してみると、次のことがわかる。第1に1つの分類の仕方だけでは有意義性が見えなくても、他の指標を組み合わせることで、新たな優位性が現れることです。Alphabet順(あいうえお順)にした時ではストーリー出ない限りタイトル同士の繋がりがありませんでしたが、categoryに分けてあいうえお順にすると規則性が出てきました。第二にわかることは、100万以上の再生回数は「くまモンTV」の中から出てきました。そして2つとも近い時期の投稿によるものでした。なぜこの2つが唐突に再生回数が増えたのかは、私には定かではありません。しかし、コメント欄を再生回数の低いものと見比べて見ると、再生回数の多い動画のコメント欄は海外からのものが多く散見されました。一方で再生回数の低い動画のコメント欄はファンによるものであろうコメントが多かったです。 
117 
<Location> https://www.youtube.com/watch?v=eWL_0CCdS9A https://www.youtube.com/watch?v=HjxVDkfjTu ロケーションで動画をせいりして分かったことはくまモンが海外であったり、日本全国を訪れてその場所の名物であったり、文化、伝統などを紹介し多くの人に国であったり県の魅力を伝えようとしていることが分かった。 <Time> https://www.youtube.com/watch?v=ZOf1RaFkhzE「9年前動画数42個」 https://www.youtube.com/watch?v=GG8hkxzrKVM「8年前動画数60個」 https://www.youtube.com/watch?v=fEIGezURnX8「7年前動画数38個」 https://www.youtube.com/watch?v=6IETH8HzdVk「6年前動画数20個」 https://www.youtube.com/watch?v=mGxgLUcUQ6A「5年前動画数18個」 https://www.youtube.com/watch?v=tcAxUGe3wOQ「4年前動画数15個」 https://www.youtube.com/watch?v=2YyVKuhMkOQ「3年前動画数9個」 https://www.youtube.com/watch?v=Zb39VSvrcBQ「1年前動画数80個」 https://www.youtube.com/watch?v=F7NyOb4WX6k「今年動画数72個」 動画を整理してみると最初の3年はくまモンがいろいろなことに挑戦するショートムービーを投稿していてその後熊本から元気をプロジェクトと称しくまモンが全国を訪れて県の魅力を伝えたり学校を訪れて学生に熊本の中学校と他県の学校の懸け橋になるような活動を行っていた近年は熊本から元気をプロジェクトと並行してユーチューバーとコラボなどをしたり生放送を行ったりと活動に積極的に動画投稿に励んでいる様子がうかがえる <Hierarchy> https://www.youtube.com/watch?v=pNayY33eivM 再生数417万回 https://www.youtube.com/watch?v=sjlxrKtnopg再生数134万回 https://www.youtube.com/watch?v=UIhaPqr7RAs再生数88万回 ヒエラルキーということで動画を人気順つまり再生回数が高い順に整理したところくまモンTVの人気の動画、需要が高い動画はくまモンのゆるキャラとしての魅力が分かりやすく表れていて動画時間も3分未満の比較的簡単に視聴できる動画が多いことが分かった。 <category> https://www.youtube.com/watch?v=nrEAixQnlvU&list=PLET_90-yYWaxSMObVgRIEDOc62wssoSxz https://www.youtube.com/watch?v=6To9zCUFhqk&list=PLET_90-yYWawq3Mi_-LzM6CqmtYX3AhHH https://www.youtube.com/watch?v=MjqIGX9ScXs&list=PLET_90-yYWax5S0Sa2H1VgGWxRJQVGQUB https://www.youtube.com/watch?v=H4j5nvfn3GE&list=PLET_90-yYWaxz9GTrkQEDA9pchj_T781r カテゴリー別に整理して分かったことはくまモンがYOUTUBEを使ってどのような活動を今までしてきたのかが一目見てわかるようになりました。  このようにLATCHごとに整理してみると、次のことがわかる。第1にくまモンはYouTubeを通して日本全国各地や世界各地の伝統的な文化を伝えたり魅力のある名物を伝え各地の地域活性化にもつながるようなプロモーションを行っていた。またくまモンが震災地域である福島の中学校を訪れ現地の学生に笑顔を与えるようなエンターテイメントを行う他、学生と一緒に復興活動に取り組んだり熊本の中学校の生徒と福島の中学校の生徒の懸け橋になり学生たちの少しでも力になるような活動を行い最終的には熊本のイメージアップにつながるような印象を与える動画を作っていることが分かりました。最後にくまモンがいろんな行事やスポーツなどに挑戦することによりゆるキャラとしての魅力を伝えエンターテイメントを提供していることが分かりました。 
118 
くまモンの最新の10個の動画をLATCHごとに整理した。 【タイトル】 くまモンTV #〇〇 https://www.youtube.com/watch?v=9hhJGgx3pvE https://www.youtube.com/watch?v=NAbH-n6GA1M https://www.youtube.com/watch?v=CCgYtfmy-r8 https://www.youtube.com/watch?v=dLRM_aGRMLo みんな集まれ!生配信だモン♪ https://www.youtube.com/watch?v=qzZ5uz7YPwU https://www.youtube.com/watch?v=H4j5nvfn3GE https://www.youtube.com/watch?v=7uurpqDQSi4 https://www.youtube.com/watch?v=fjpL8C9j_1Y その他 https://www.youtube.com/watch?v=nbc6-sTaEH8 https://www.youtube.com/watch?v=VdkJaIiD1XE 【配信形式】 動画 https://www.youtube.com/watch?v=9hhJGgx3pvE https://www.youtube.com/watch?v=NAbH-n6GA1M https://www.youtube.com/watch?v=CCgYtfmy-r8 https://www.youtube.com/watch?v=nbc6-sTaEH8 https://www.youtube.com/watch?v=dLRM_aGRMLo https://www.youtube.com/watch?v=VdkJaIiD1XE YouTube Live https://www.youtube.com/watch?v=qzZ5uz7YPwU https://www.youtube.com/watch?v=H4j5nvfn3GE https://www.youtube.com/watch?v=7uurpqDQSi4 https://www.youtube.com/watch?v=fjpL8C9j_1Y 【再生数 多い順】 https://www.youtube.com/watch?v=nbc6-sTaEH8 https://www.youtube.com/watch?v=fjpL8C9j_1Y https://www.youtube.com/watch?v=VdkJaIiD1XE https://www.youtube.com/watch?v=7uurpqDQSi4 https://www.youtube.com/watch?v=H4j5nvfn3GE https://www.youtube.com/watch?v=qzZ5uz7YPwU https://www.youtube.com/watch?v=NAbH-n6GA1M https://www.youtube.com/watch?v=CCgYtfmy-r8 https://www.youtube.com/watch?v=dLRM_aGRMLo https://www.youtube.com/watch?v=9hhJGgx3pvE このようにLATCHごとに整理してみると、次のことがわかる。第1にタイトルが統一されていることがわかる。 動画での配信の場合は「くまモンTV #〇〇」、YouTube配信の場合は「みんな集まれ!生配信だモン♪」を使って視聴者がひと目で何を投稿しているのかわかりやすくなっている。 配信形態に関しては動画のほうが比較的に多くなっているが、生配信も多く割合は6:4となっている。 
119 
KumamonTVというYouTubeチャンネルの中にくまモンTVというコンテンツがあります。生配信ではないくまモンTVのコンテンツを私は高評価の数で分類していきます。 https://youtu.be/eex4VY3ryHs #1 837 https://youtu.be/MpNygTJZv08 #2 393 https://youtu.be/OJkVIx1Cb6g #3 358 https://youtu.be/s9WMin98k1k #4 175 https://youtu.be/2WWK21HvgGA #5 167 https://youtu.be/-eWK_LmBMY0 #6 415 https://youtu.be/cSRzBSnKA6E #7 194 https://youtu.be/wKj-r42UOYM #8 292 https://youtu.be/szT-ZsrH1Zg #9 267 https://youtu.be/sjlxrKtnopg #10 225 https://youtu.be/bPxUxaYvfTE #11 180 https://youtu.be/4cOdGyy02RI #12 162 https://youtu.be/0m6lyaLF8II #13 284 https://youtu.be/gc6_ZtNbmMI #14 375 https://youtu.be/mWXoD4N_ZIk #15 170 https://youtu.be/4zXrZot222c #16 172 https://youtu.be/UIhaPqr7RAs #17 116 https://youtu.be/FVQwtMvHbp4 #18 154 https://youtu.be/6lPxc35tGpQ #19 254 https://youtu.be/RKEle3Yj2TQ #20 170 https://youtu.be/B_OdZpbuxBI #21 429 https://youtu.be/cFfgwckFdcA #22 209 https://youtu.be/a_TOvt4vxcw #23 136 https://youtu.be/6d-hsWDxu4c #24 355 https://youtu.be/OoPs4HpQpx8 #25 181 https://youtu.be/Cv1SKLSnF6w #26 282 https://youtu.be/afv_h5pdmQ0 #27 203 https://youtu.be/wdMtuVSFpZ #28 1348 https://youtu.be/qUx0Q7xxelo #30 377 https://youtu.be/Wg907sJ6Jz4#31 255 https://youtu.be/Wg907sJ6Jz4 #32 255 #32までの昔の作品を高評価順にならべてみると 1位 ヒロシとの#28 1348 2位 最初の動画#1 837 3位 YouTuberのコラボ#21 429 最初の動画は高評価が多くなる傾向があるので#28と#21の動画の高評価の意味で完成度が高いので視聴におすすめです。 このようにLATCHごとに整理してみると、次のことがわかる。第1に動画にはシリーズがあって短い動画には高評価が少ないということに気づきました。第2にみんな注目されるためにはコラボの方が高評価が多いとわかりました。 
120 
Location(位置) 熊本 https://www.youtube.com/watch?v=eex4VY3ryHs 沖縄 https://youtu.be/eWL_0CCdS9A 福島 https://www.youtube.com/watch?v=PZw5J82cFBE 宮崎 https://www.youtube.com/watch?v=IF3Q8KgxEQ4 茨城 https://www.youtube.com/watch?v=YNRbPBnMmwU フランス https://www.youtube.com/watch?v=Zb39VSvrcBQ オーストラリア https://www.youtube.com/watch?v=If4WBPB64bg イタリア https://www.youtube.com/watch?v=4PwH1ptEP4E デンマーク https://www.youtube.com/watch?v=f0I8CIKSdbM くまモンは日本以外にも世界中で撮影しており、他にも行っていましたが文字数が多くなってしまうのでカットしました。 Alphabet(アルファベット) #1 https://www.youtube.com/watch?v=eex4VY3ryHs #88 https://www.youtube.com/watch?v=NAbH-n6GA1M 現在アップロードされている動画に#1から#88の番号が振られていたので順番に並べましたが多いので省略しました。 Time(時間) 2020/05/31 https://www.youtube.com/watch?v=qzZ5uz7YPwU 2020/05/25 https://www.youtube.com/watch?v=NAbH-n6GA1M Category(カテゴリー) くまモンTV https://www.youtube.com/watch?v=NAbH-n6GA1M https://www.youtube.com/watch?v=CCgYtfmy-r8 くまモンTVEX https://www.youtube.com/watch?v=Ize4tVj4zTY https://www.youtube.com/watch?v=CCgYtfmy-r8 熊本から元気をプロジェクト https://www.youtube.com/watch?v=IF3Q8KgxEQ4 くまモンTVとくまモンTVEX、熊本から元気をプロジェクトは多くの投稿があったためまとめました。 Hierarchy(序列) https://www.youtube.com/watch?v=pNayY33eivM 471万回再生 https://www.youtube.com/watch?v=afv_h5pdmQ0 134万回再生 https://www.youtube.com/watch?v=UIhaPqr7RAs 88万回再生 くまモンTVにおける人気の動画順にまとめました。 このようにLATCHごとに整理してみると、次のことがわかります。第一にくまモンはくまモンTVの内容に番号を振って順番がわかりやすくなっていました。第二に、熊本以外にも様々な場所で撮影を行われており、世界中で撮影していたことがわかりました。 
121 
Location 日本各地 くまモンスクエアからの生放送https://youtu.be/qzZ5uz7YPwU 浅草でもんじゃづくりhttps://youtu.be/U_KFFmAEEsg くまもと上通りアーケードで熊本の郷土おやつであるいきなり団子を県民に食べさせるhttps://youtu.be/LNRLES2DbT0 Alphabet あいうえお順 熊本のもう一匹のゆるキャラ赤牛くんとの対決https://youtu.be/I-ZxNauhij0 熊本の女子ハンドボールチームおりひめジャパンと対決https://youtu.be/s9WMin98k1k 子供の日に因んで巨大折り紙でカブトをつくる企画https://youtu.be/Td7nt4aI_mQ Time 2020年5月中の動画 くまモンが若い女性を乗せた人力車を引くhttps://youtu.be/CCgYtfmy-r8 くまモンがカップフローチャレンジに挑戦https://youtu.be/NAbH-n6GA1M テーブルサッカーゲームのチャンピオンと対決して勝つhttps://youtu.be/dLRM_aGRMLo Category くまモンのフランス旅行記シリーズ ラベンダー畑に訪れるくまモンhttps://youtu.be/31VrWokwBIs 古都エクサンプロヴァンスに訪れるくまモンhttps://youtu.be/iM5D8kgYuEs ワイン博物館に行くくまモンhttps://youtu.be/rQgXWF7a9vI Hierarchie 再生数順 くまモンがヤマメとサケを釣るhttps://youtu.be/pNayY33eivM 熊本の阿蘇の米塚という火山にくまモンが隠れているhttps://youtu.be/afv_h5pdmQ0 潜伏関連キリスタン遺産の崎津協会にくまモンが隠れている動画https://youtu.be/UIhaPqr7RAs このようにLATCHごとに整理してみると、次のことがわかる。第1に、くまモンは全国各地、海外にまで進出しているということ。様々なロケーションで撮影や活動を行うことでのくまモンの認知度の上昇は大いに考えられる。第2に、くまモンのYouTubeに投稿された動画は、タイトルの最初の羅列がみな「くまモン〜〜」か「くまもと」なため、アルファベット順あいうえお順で並べてもあまり意味をなさない。第3に、くまモンの動画投稿頻度は高いとは言えないものの、動画の内容自体が濃いように感じる。企画や編集が素人が作成する動画とは違う。 
122 
Location 位置 https://youtu.be/nrEAixQnlvU https://youtu.be/LL8qnPwbSIo https://youtu.be/If4WBPB64bg オーストラリア編 Alphabet アルファベット https://youtu.be/eex4VY3ryHs https://youtu.be/MpNygTJZv08 https://youtu.be/OJkVIx1Cb6g くまモンTVの#1〜 Time 時間 https://youtu.be/9hhJGgx3pvE https://youtu.be/qzZ5uz7YPwU https://youtu.be/NAbH-n6GA1M 最近投稿した順 Category カテゴリー https://www.youtube.com/playlist?list=PLET_90-yYWax5S0Sa2H1VgGWxRJQVGQUB https://www.youtube.com/playlist?list=PLET_90-yYWaxsM5UpmVp7dyFFDk9WZmGC https://www.youtube.com/playlist?list=PLET_90-yYWawq3Mi_-LzM6CqmtYX3AhHH 再生リストごと Hierarchy 序列 https://youtu.be/pNayY33eivM https://youtu.be/afv_h5pdmQ0 https://youtu.be/UIhaPqr7RAs 再生回数が多い順 *それぞれ3つずつ選んでます。 最近のくまモンの活動は、今までと変わらずブレずに投稿しているなと思う。 このように、LATCHごとに整理してみると次のことがわかる。 第一に、整理することで見たい分野を絞れて探しやすいなと思った。調べたいものごとに特徴は違うから、細かく分ければ分けるほど調べやすいのではないかと思う。 第二に、分けて見て思ったがこの5種類の中でもさらに分けることも可能なのではないか。例えば、序列なら逆に人気のない順とも分けられる。 今後うまく使っていけたらいいなと思う。 
123 
くまもん LATCHに沿って、くまモンチャンネルの投稿をリスト化する。今回は5つずつリスト化していく。 lのロケーションは、 浅草で撮られたもの「くまモン!浅草でやらかす!もんじゃパニック!」https://youtu.be/U_KFFmAEEsg デンマークで撮られた「デンマーク珍道中!わらしべ企画をやってみた!」https://youtu.be/y1CkuJ_ppBg ボクシング場で撮られた「ついにくまモンファイトクラブ始動?!」https://youtu.be/cQfZ7i5Tg30 農場で撮られた「井上晴美&くまモン!のんびり農家体験」https://youtu.be/Wg907sJ6Jz4 川で撮られた「魚釣りに挑戦する!」 などであるhttps://youtu.be/pNayY33eivM aのアルファベットはあいうえお順に並べると 「あか牛くんとお絵かき対決」 https://youtu.be/I-ZxNauhij0 「コロナ対策に頑張っている皆さんほんとにありがとう!」https://youtu.be/VdkJaIiD1XE 「何かが起こるかモン?」https://youtu.be/UVlY8MWMZhk 「花火に合わせてくまモンモン」https://youtu.be/Bx04XvXTuyM 「みんなあつまれ!ある場所から生配信だもん!」https://youtu.be/qzZ5uz7YPwU tのタイムは投稿順に並べると 古い順から 「くまモン草スキー」https://youtu.be/ZOf1RaFkhzE 「くまモン清和文楽とダンス」https://youtu.be/oPZqVX86Oz0 「くまモン忍者とベロタクシー」https://youtu.be/eW-dY-aYcm8 「くまモン餅つき」https://youtu.be/Qyvf2ayOt3g 「くまモンたこ揚げ」https://youtu.be/cFdXuO0zBRY cのカテゴリーは種類別に並べる くまモンTVシリーズhttps://youtu.be/pNayY33eivMなど くまモンを探せ!https://youtu.be/afv_h5pdmQ0など 生放送https://youtu.be/qzZ5uz7YPwU 挑戦系https://youtu.be/DgAjggcXivY 日常系https://youtu.be/ZOf1RaFkhzE などがある。 hのヒエラルキーは再生回数の多い順に並べると、 「くまモンTV#29サカナ釣りに挑戦するモン!」 https://youtu.be/pNayY33eivM 「くまモンTV#27くまモンを探せ!米塚!」https://youtu.be/afv_h5pdmQ0 「くまモンTV#17くまモンを探せ!崎津教会!」https://youtu.be/UIhaPqr7RAs 「くまモンTV#3くまモンを探せ!大観峰編!」https://youtu.be/OJkVIx1Cb6g くまモン、モンキー・くまモンverで鈴鹿サーキットを走行!https://youtu.be/Gk_IpT0H1pc となる。 このように、LATCHごとに整理してみると次のことがわかる、まず、過去の動画よりも近年の方が編集やカメラワーク、企画構成などに趣向が凝らされている。長さも、過去は1分にも満たないものや面白みに欠けるものも多いが、ここ最近のものはきちんと見どころのある動画も多く、1分半と気軽に見れるものから、30分くらいの眺めの動画などもある。また、有名YouTuberや著名人とのコラボもしており公式のチャンネルらしさが出ている。 これからもう少し企画を練って、くまモンのキャラクターに頼るのではなく、くまモンではなく知名度のない知らない人がやっいても面白いくらいの企画を投稿していけばもっと再生回数やチャンネル登録者数は伸びるだろう。またチャンネルの認知度も低そうなので、コラボの形式を改めて、自分のチャンネルに出てもらうだけでなく有名YouTuberのチャンネルに出演・紹介してもらうのも手だろう。 
124 
Location  オーストラリア編      https://youtu.be/nrEAixQnlvU      https://youtu.be/LL8qnPwbSIo      https://youtu.be/If4WBPB64bg Alphabet  くまモンTVEX#1~      https://youtu.be/3Qkr8zU564c https://youtu.be/QbIcUz7awAM https://youtu.be/slz9wvtPXv4 https://youtu.be/UrLk7wX8_dU Time  公開日時     https://youtu.be/9hhJGgx3pvE     https://youtu.be/qzZ5uz7YPwU     https://youtu.be/NAbH-n6GA1M Category 再生リストごと     https://www.youtube.com/playlist?list=PLET_90-yYWax5S0Sa2H1VgGWxRJQVGQUB     https://www.youtube.com/playlist?list=PLET_90-yYWaxsM5UpmVp7dyFFDk9WZmGC     https://www.youtube.com/playlist?list=PLET_90-yYWawq3Mi_-LzM6CqmtYX3AhHH Hierarchy 再生回数順      https://youtu.be/pNayY33eivM      https://youtu.be/afv_h5pdmQ0      https://youtu.be/UIhaPqr7RAs このようにLATCHごとに整理してみると次のことが分かる。第一にくまモンTVの再生回数は減少傾向にあり、多いときは471万回再生されていたが最近は一万回再生にも満たないので、くまモンの需要が落ちてきていることが分かる。第二にTIMEごとに整理してみた結果、くまモンTVは週に2~3本の動画を継続的に公開していることが分かり、新型コロナにより活動が困難な状況でも定期的に動画づくりを行っている。また、ロケーションごとに整理しても、ご当地キャラクターが日本各地から海外にまで活動範囲を広げていることが分かった。 
125 
まず最初にくまモンの人力車に挑戦する動画を見ました。(https://youtu.be/CCgYtfmy-r8)この動画はくまモンが加藤神社という神社で人力車に乗っている様子を見る動画かと思っていましたが、実はフランスから来た観光客を乗せて人力車を動かすのに挑戦するという動画でした。次に見たのはくまモンがブーブークッションに座ってしまうというドッキリの動画でした。(https://youtu.be/9hhJGgx3pvE)この動画は会議室のような所でドッキリを仕掛けられたくまモンが怒ってカメラマンやスタッフを突き飛ばして出て行ってしまうという動画でした。このようにLATCHごとに整理して見ると次のことがわかる。第一にくまモンが撮影する場所は特定の場所ではなく、毎回違う場所であるということです。第2にくまモンTVでは#を用いて今回が第何回目の放送なのかをわかりやすくしています。第3にYouTubeでは常に新しい順に動画が表示されます。一番新しい動画はドッキリの動画(https://youtu.be/9hhJGgx3pvE)ですが、一番古い動画は草スキーの動画でした。(https://youtu.be/ZOf1RaFkhzE)第4にくまモンの動画はカテゴリーの観点からはほとんどがエンターテイメントの動画でした。第5にくまモンTVの動画で最も再生されている動画はくまモンが魚釣りをする動画であり、471万回再生されています。(https://youtu.be/pNayY33eivM) 
126 
L https://www.youtube.com/watch?v=5l0caz8bWD8 幼稚園に豆まきにいった動画である。これは室内。https://www.youtube.com/watch?v=Jxanxu0W_f4 この動画は、公園に行った動画。これは外。 A https://www.youtube.com/watch?v=-eWK_LmBMY0 →https://www.youtube.com/watch?v=I-ZxNauhij0 →https://www.youtube.com/watch?v=8bgl_D4TuB8 →→→https://www.youtube.com/watch?v=1e69cabtUe0 あ~わの五十音順で並べます。今回は、くまモンTV#数字の次の言葉からの五十音順で並べました。 T https://www.youtube.com/watch?v=ZOf1RaFkhzE 9年前の一番最初の動画から始まり、https://www.youtube.com/watch?v=XzRQ9Hq0rCc 一年前に投稿された動画と年で並べます。 C 再生リストで分類する。https://www.youtube.com/watch?v=VSQJ0mqw2n4&list=PLET_90-yYWawh0LydVQdyTkN0ppw-E_nc、https://www.youtube.com/watch?v=H4j5nvfn3GE&list=PLET_90-yYWaxz9GTrkQEDA9pchj_T781r、https://www.youtube.com/watch?v=MjqIGX9ScXs&list=PLET_90-yYWax5S0Sa2H1VgGWxRJQVGQUB、https://www.youtube.com/watch?v=KGYbg_wl9_U&list=PLET_90-yYWazN7s-r0R2y_iVxO2etlWUy、https://www.youtube.com/watch?v=7kK9K3i3W-A&list=PLET_90-yYWaxsM5UpmVp7dyFFDk9WZmGC、https://www.youtube.com/watch?v=6To9zCUFhqk&list=PLET_90-yYWawq3Mi_-LzM6CqmtYX3AhHH、https://www.youtube.com/watch?v=HjxVDkfjTuQ&list=PLET_90-yYWax3iBSGl4k4GE7rVjnvOwIT、https://www.youtube.com/watch?v=nrEAixQnlvU&list=PLET_90-yYWaxSMObVgRIEDOc62wssoSxz H https://www.youtube.com/watch?v=pNayY33eivM →→→https://www.youtube.com/watch?v=Cq_-Gl-MDc0 再生回数で整理する。一番見た回数が多いのがこの動画(https://www.youtube.com/watch?v=pNayY33eivM)で、再生回数が一番少ないのがこの動画だ。(https://www.youtube.com/watch?v=Cq_-Gl-MDc0) このようにLATCHごとに整理してみると、次のことが分かる。第一に、くまモンの動画は、再生リストから分かるように、分類して動画を撮っている。そうすることで、視聴者もカテゴリーごとに見ることが出来る。第二に、再生回数が一番少ない動画でも5.2万回と見ている人はくまモンの動画を見ているということが分かる。 
127 
まず、代表的な動画のLATCHごとの分類と、その傾向を述べる。 Location 「くまもとから元気をプロジェクト!」で訪問した場所での分類 https://www.youtube.com/playlist?list=PLET_90-yYWawq3Mi_-LzM6CqmtYX3AhHH 沖縄県 https://youtu.be/eWL_0CCdS9A 鹿児島県 https://youtu.be/NUjuzkA64uQ 宮崎県 https://youtu.be/IF3Q8KgxEQ4 長崎県 https://youtu.be/6_NTJapbOmY 愛媛県 https://youtu.be/Bg1Yx0dPOtc 島根県 https://youtu.be/tcAxUGe3wOQ 福井県 https://youtu.be/hBMCCJwutPg 石川県 https://youtu.be/2YyVKuhMkOQ 富山県 https://youtu.be/Fmo8jcbGyMg 長野県 https://youtu.be/Ux0dKzVXtDE 茨城県 https://youtu.be/YNRbPBnMmwU 新潟県 https://youtu.be/nnUOoOMC7Qo 福島県 https://youtu.be/Cq_-Gl-MDc0 山形県 https://youtu.be/20JkHuyqC6Y 宮城県 https://youtu.be/PFJbC6YFsLg 秋田県 https://youtu.be/vom9WviOzWQ 岩手県 https://youtu.be/o9Wk_umfGFc 青森県 https://youtu.be/a6x6qds1ltQ 北海道 https://youtu.be/TyUjeQnCNkQ この分類からは、訪問した場所は九州と東北が特に多く、逆に関東は茨城県のみだということが分かる。 未完成ですが投稿させていただきます。大変申し訳ございません。