2020-05-08

今週のサードプレイス2020年5月9日

2020年5月9日ID
応答
1
ペンネーム 飼い猫かわいい こんばんは 素朴な疑問についてです。 私は4年前派手に転んでしまい、今でも手の甲側の中指の付け根の皮膚が盛り上がっていて傷跡になっています。こういう怪我の痕ってみんな意外とあるのでしょうか?気になります。
2
引きこもっているのでご飯が同じ味ばかりで飽きました。
3
 私は大学生活において、連絡が遅いと感じることが多々ある。例えば休講の知らせが大学に着いてからであったり、今回のように他大学ではすぐにオンライン授業を実施すると発表されているところもある中、國學院は比較的遅めの発表であった。そのため、準備できていない学生も沢山いると考えられる。授業関連の情報は早めに決断を下し、すぐに知らせて欲しいと思う。
4
ペンネーム:SWER 大学のうどんロスです。どうしたらあのようなコシのある麺になるのでしょうか。大学では日課のように食べていたので今は習慣が乱れ調子がよくありません。冷凍うどんはたくさんあるので是非ご教授ください。 

1 件のコメント:

  1. 1と2は見本としてゼミ生に投稿してもらいました。動作確認はできました。1飼い猫かわいいさんの疑問。わかんないよ。でも、こういうのは皮膚科で切ってくれますよ。私もかつて鼻の脇にしこりができて5ミリぐらいで硬くなってしまったときがあって皮膚科にいったらその場できれいに除去してくれました。意外にかんたんよ。ぜひ皮膚科に行って下さい。2はコロナ自粛下におけるひとり暮らし男子の悲しみがこもってますね。だれか手作り弁当差し入れしてやって。Zoomじゃごちそうできない。3はまったくその通りで、この2ヶ月、私はFBでもっと過激に叫んでいましたよ。こういうのを梨のつぶてって言うんです。学長の決断も遅かったしね。それまで全学としては動くに動けなかったんですよ。政府の緊急事態宣言が出てやむなくオンライン授業をやることになって、教務課はそこから猛ダッシュせざるを得なかったんですね。本学は決断が遅い上に途中経過もいっさい報告しないので、ヒラ教員も学生も準備する時間がないんです。これは過去からずっとそうで、平時でさえ時間的余裕がないんです。これは伝統ではなく悪弊です。まあ、大学はどこもクラシックなので本学だけの問題ではありません。ただ、東大とか早稲田とかICUとか武蔵野大とか同志社とか立命館とか、ちゃんと自分の頭で考えて判断しているところは3月には表明して準備を開始していましたね。そのへんの経緯は日々TwitterやFacebookに記録しています。こうした判断の遅れや様子見する体質や後出しジャンケンする気風は、現代組織としては確実に淘汰される側になります。経済学部的にはそういう視点で見ていく必要があります。学生としては早め早めに事務課に問い合わせするようにしてください。本学では学生もまた待ちの姿勢が強すぎて、淘汰される側じゃないでしょうか。事務課への問い合わせは公式サイトの全ページのフッターにリンクがあります。教務課とか学生生活課とかのページごとに担当課への連絡フォームが用意されています。4番は和のうどんのことですね。1度、衛生委員会として厨房の中を検査したことがあって、生うどんを湯がいている場面も見ました。ゆでめんじゃないですよ。あれは本物です。丸亀製麺とタメが張れます。3月はやってましたが、4月以降はやってないんじゃないでしょうか。ま、こんな感じで毎週コメントします。

    返信削除

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。