オンライン授業の困難についての回答へのコメント

重複になりますが、昨夜書いたコメントを独立したページにしておきます。こうするとTwitterにも共有しやすいでしょう。
***
このままオンライン授業に突入することへの懸念については私もみなさんと同様の心配をしています。
私自身は3/11に学部執行部にオンライン授業の準備を始めた方がいいと提案しましたが、全学としては従来通りの授業しかありえないとの空気が支配的で結局、国の緊急事態宣言まで大学としての決断はなく、何もかもが4月になってからの準備になりました。大学としてはケースマとZoomのみをサポートするとのことでしたが、私たちにマニュアルが届いたのは4月下旬、皆さんには5月になってからでしょう。なので準備が間に合わないのは教員も学生も同じです。混乱が生じるのは理の当然なので、お互い冷静に対処しましょう。それは全国のどの大学も変わりありません。
Zoomについてはセキュリティの懸念があったので私自身は講義科目では使わないことにしていますが、数日前に5.0にヴァージョンアップして相当よくなりました。現時点では5.01が最新ヴァージョンになります。みなさんはZoom.usアプリを事前にインストールして大学のアドレスで登録をしておくと、とくに問題なく使えます。世間ではZoomで飲み会とかやっていますし、就職面接もZoomが多いようです。Zoomは、あっという間に必修科目になってしまいました。まずは友だち同士でZoomを使ってみるというのが大人としての正しいやり方だと思います。こういうことはこれからいくつも生じるのでしょうね。覚悟しておきましょう。
大学としてはZoomを使わない授業は教員の自己責任でやれとのことなので、ここ2年間のスタイルを延長する形で「情報システムの基礎」「情報メディア問題入門」の授業をおこないます。
5/7以後、一気に大学がオンライン授業に入ります。Zoomの負荷はだいたいLINEと同じです。かなり軽量。しかし、これだけ世界中で使用されると、当然、ネットワークへの負荷が急増して、あちこちで速度低下が起こると予想しています。GAFAMとちがって、Zoomはまだ若い企業なんです。何が起きるかわかりません。というか、何かが起きると想定して私はあえてリアルタイムではなくオンデマンドにし、ZoomではなくGAFAMとくにGoogleを使うことにしました。
このブログはBloggerというGoogle傘下のサービスです。ここを授業のベースにします。毎回1ページに授業内容をここに書きます。「書きます」というより、ここからリンクを貼ります。みなさんは、このEconorium.comに直接来てもいいし、ケースマとTwitterの投稿からリンクをたどってきてもいい。とにかく、ここのページに来て下さい。
教室内でしている口頭での説明はいくつかに分割してYouTubeにアップしておきます。教材の動画もなるべくYouTube内のものにしておきます。YouTubeであれば、自動翻訳・自動字幕・再生速度・画質設定が自分でできます。歯車アイコンをクリックしてみてください。私の説明はあらかじめZoomで作ってアップしておきます。Zoomはこういうのを作るのにも便利です。基本はスライドを見せながら口頭で説明するというスタイルです。
なので、みなさんに必要なのはブラウザだけです。これについてはすでに投稿しておきました。
それらで勉強したのちにFormsの課題を投稿していただきます。それで達成度を評価します。
パソコンかタブレットがあれば必要なのは推奨ブラウザのChromeだけです。スマホでもちゃんとスマホ用の画面になります。
細かいことは、ケースマとTwitterの投稿を読んで下さい。初回の授業でもくどいくらいに説明します。
いずれにしても学びの主体(主役)は学生なのですが、オンライン授業になって、それがはっきりと前面に出ます。受け身では脱落するか被害妄想から抜けられないか、かなり極端に結果が出そうです。まあ、先生にも脱落はあると思います。
経済学部の情報メディアコースの基本科目担当者としては、この程度のイノベーションをこなせないと今後ビジネス社会ではやってられなくなると考えます。なので、この状況に適応し、さらに次の局面に進められるかが問われていると思います。あとは授業でお話しします。とりあえずコメントでした。