2020-05-08

野村一夫のオンライン授業の基本スタイル

スライドは6枚です。
そのうち2枚は動画です。
ムービーはKeynoteのスライドをm4v動画に書き出したものを
YouTubeにアップしたものです。
YouTubeで限定公開するのには次の利点があります。
通信環境とマシンの能力に応じて自分で設定を決めて下さい。

また、リンク先を新しいウィンドウに表示しませんので、戻りたいときはブラウザの戻るボタンを使用して下さい。
スマホ受講の人で、文字が小さいと感じたら右上のAAボタンでフォントの大きさを変えられます。知っているとは思いますが。
また、このボタンから「リーダーを表示」にするといっそう読みやすくなります。

授業の公式情報はケースマに告知します。
ただし、プロセスや感想なども含めてTwitterに毎日投稿していますので、できれば勉強アカウントを作ってTwitterをフォローしておいてほしいのですが、今日は講義用のアカウントを作った2月23日からの試行錯誤を読んで下さい。すでに常識になっていることも含めて書いておきました。質問はFormsでお願いします。

成績評価はMicrosoft365のFormsでおこないます。
大学公式ですので学内者であればアクセスできます。
名前や所属は自動的に取得されます。
そのためにはブラウザでOutlookで自分のアカウントを認証しておく必要があります。スマホでもOutlookのアプリをインストールして大学からのメールが読めるようにしてあれば問題はありません。うまく行かないときは再起動して講義用ページからやり直して下さい。講義用ページのリンクからでないと該当するFormsにはアクセスできません。
すでにお試し用のFormsを公開してあります。
まだの人は、ここからどうぞ。
https://www.econorium.com/2020/05/forms.html
土曜2科目受講者約300名のうち228名がすでに回答済みです。
先着170名の回答は、このサイトですでに公開済みです。
https://www.econorium.com/2020/05/microsoft365forms2020_5.html
https://www.econorium.com/2020/05/microsoft365forms2020.html
まずはここまで公開しておきます。
ちゃんと丁寧にリンクを開いて事前によく読んでおいて下さい。
22:01現在では次のような結果になっています。
ブルーの人は要注意です。
1つ1つ丁寧に読みましょう。
オンライン授業、総じて通信教育では、雑な人は脱落しがちです。
一見、処理が速いようでいて、じつは何も読めてこなしてないことが多いです。私の授業だけではないです。

第1回の講義用ページは2020年5月9日の午前9時に解禁します。

情報メディア問題入門2020前期01のページへ

情報システムの基礎2020前期01のページへ

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。