これは反転授業のチャンスなのか(FBから)


たんに教員が蘊蓄を垂れ流すのではなく、学生たちが投稿したものを学生たちがクリティカルに読む再帰的な知的循環を集団的学習のようなものとしてできないものか。ゼミではある程度できたと思うが、今度はそれを講義科目でやろうとして3年目になる。その意義がわかる人は教員にも学生にもそれほどいるとは思えないので別に共感者とかは必要ないのだが、学生は他の多数派の授業スタイルの影響を受けるので、全学の方針が学生に徹底されていない現状では多数派の授業スタイルを基準にして「それとはちがう」と言い出す子たちが出てくるのが面倒である。全体がどうなっているのか誰も教えくれないが、学生たちの投稿を読むと、たいてい時間割通りにZoomミーティングが始まり、時間が来たら終わる。録画を提供しないと証拠も残らないから、対面授業をそっくり移し替えたものになる。先生も学生もそれが1番楽。
しかし、オンライン授業になって、私はこれまで半分しかできなかった反転授業にするチャンスだと考えていて、それで大量の投稿を読みやすくすることやオンデマンド方式にすることから手を付けているのだが、時間割通りに90分だけスマホを見たフリをして「まあ、こんなもんだ」と高をくくってしまう低レベルの勉学意識が蔓延してしまうと飛躍するチャンスはなくなる。まあ、コンセプト合わせの議論もせず、スキルとしても準備不足の泥縄でやると、こういうものは低い方に流れてしまう。低い方に流れて7月あたりに「まあ、なんとかなったな」とか頷き合うのが落ちである。私はそんなものとはソーシャルディタンシング。
なので、私自身はこのさいしっかり反転しようと決意している。まあ、この種のことを自分の頭で考えて実践するのは楽しい仕事ではあるのだ。