2020-05-13

シス基礎2020前期01投稿へのコメント

コメント

野村一夫2020年5月13日 21:16
7番さん「しっかりと教員の言葉でリアルタイムに指示を出すことが大事だと思いました。他の授業ではZoomを使いリアルタイムで質問などができるが、野村教授の情報システムの基礎はエコノリウムの講義ページがupされたのはメールで分かったが、動画がいつ追加されたのかがわかりにくかった。そのためかTwitter、ケースマッピーのクラスフォーラムで動画はまだでしょうかというコメントがあった。しかしリアルタイムでの返信がないため私がクラスフォーラムにて返信させていただきました。しかし、動画での授業は何回も見れることで理解を深めることができるという利点があります。しかしそれ以上に教員によるリアルタイムの指示や授業がいかに大事かほかの授業をうけている生徒は感じているかもしれません。私個人の意見ですが、その場でしっかり聞かなければいけないという意識がないためかだらけてしまうような気もしました。」
うむ、そうでしたか。Formsを使うようになってクラスフォーラムはまったく使わなくなっています。以前は匿名にもできたのですが、Ⅱになって実名のみになってしまいました。TwitterのDMが素早く応答できるよう通知にしているので、これからはそっちにしてください。次回からはリアルタイムでZoomミーティングを開きますので、質問などはチャットが使えます。時間割通りならZoomのチャット中心になります。前回は、Zoomで作った説明動画がかなりぼやけていたので、直前にスライドから作り直していました。それで間に合わなかったんです。4月は問題なかったのに授業が一斉に始まった5/7からどんと画質が悪化しましたね。YouTubeもそうなんだけど一斉に画質を落としているようなので、それで慌てました。もともとアドリブで説明するのが得意なんだけど、オンラインだとつかみ所がなくなるかなと思いましたが、それよりライブ感が大事ということなんでしょうね。でもってフォーラムに書いてくれてありがとう。そういうマインドは大事です。

野村一夫2020年5月13日 21:21
15番さん「私は、今回の情報システムの基礎でTwitterとエコノリウムの2つを授業開始からずっと動画がアップロードされているか確認するために更新していました。 今回の講義の内容がエコノリウムでまず、テキスト形式であがってからもう少しでスライドで動画が公開されると書いてあったので待っていましたが、エコノリウムでもTwitterでも途中経過の報告もなく、1時間以上経過していつの間にか今日公開されたエコノリウムの下のほうに動画のURLがあったのが驚きでした。 私は、この講義のTwitterがエコノリウム以上に動画や講義に関する告知や報告をするものだと思っていたので講義時間でほとんど途中経過の報告がなかったことが疑問に思いました。 私は、今日の講義を含めてまだ3講義しか、受けていないですが金曜日にあった「社会保障の基礎」という講義も当日の開始時間になっても授業の資料があがらず、学生はクラスフォームで問い合わせがたくさん来ていました。 このことから言えるのは、オンライン授業という誰もが不慣れな環境では、途中経過の報告をこまめにするということが大事だと私は考えます。私は今年からの編入生なので1年生からいたほかの國學院の学生よりももっと得られる情報が少ないです。 だからこそ、簡単な報告でも情報を学生に与えるというのが今後のオンライン授業では、学生、教職員お互いに大事になってくるのでではと考えます。」
それは申し訳なかったね。Twitterは予備的な位置づけだと考えていて、始まってしまったらこのサイトに軸が移動すると考えて下さい。

野村一夫2020年5月13日 21:32
32番さん「ここ数日、様々な先生のオンライン授業を受けて、スムーズに進行した授業とそうでない授業の間に感じられた明らかな違いは、教員側がzoomを使いこなせているかという一点につきると感じた。」
慣れの問題はあります。Zoomは一人では練習できないから、学生を巻き込んで練習できた先生とそうでない先生の差は大きいです。しかし、それはこの2回か3回まででしょう。ほとんどの教員は1回か2回しか研修を受けていないはずです。私は1回参加しましたが、大学からのアカウントが4月下旬までなかったので、全部自前で勉強しました。私の評価ではZoomよりG-SuitかWorkplaceの方がトータルで使えるというものでしたが、大学は365さえ外してZoomのみサポートするということになったのでした。ゼミと大学院はZoomでいいんだけど大規模授業ではどうなのか、まだ疑念があります。でも、同期している時間というのはとても重要だったんだなと、今回の一連の投稿を読んで感じました。

野村一夫2020年5月13日 21:41
67番さん「私はオンライン授業において、教員からのリアルタイムの授業、指示によって生徒に安心感を与えることが大事であると考えます。YouTubeに動画として授業を投稿することは何回も見返すことができ、理解を深めることに繋がりますが、リアルタイムでの質問ができないことや、本日だけかもしれないが、いつYouTubeに動画が投稿されたのかが一切わからなかった。そのためかTwitterやケースマッピーのクラスフォーラムで「動画はまだでしょうか」というコメントが来ていた。私は動画のURLがいつの間にか追加されていることに気が付いたので、私がそのコメントに返答いたしました。Twitterと連携しているとはいいながら、リアルタイムでの返信もないことは生徒の不安につながると考えています。ただでさえ慣れないオンライン授業で授業時間内に放置されているような気分になってしまいました。さらに映像を通したリアルタイムの授業でないためか、今しっかりと聞かなければという意識が薄れてしまい、だらけてしまうような生徒もいるのではないかと考えます。こういった点においても、Zoomを使った授業のほうが生徒は安心できるのではないかと考えています。他の授業ではZoomを使ってのオンライン授業を受けていますが、そこまでカクカクしていると感じません。サーバー的に重いとは感じませんでした。あくまで本日の授業で私が感じたことなので、慣れることで野村教授の授業のほうが受けやすいという意見に変わっていくかもしれません。しかし、本日と同じような授業が今後も続くと思うと不安です。 上記のことから今の段階においては、私はオンライン授業において、リアルタイムで配信することが大事だと考えます。」
明晰です。了解です。Zoomでリアルタイムでやります。オンデマンドはそのままです。

野村一夫2020年5月13日 21:53
100番台あたりから力作の投稿が続きます。もうみなさんの考えはよくわかりましたので、具体的に教材を作ります。ちなみにシラバスには、昨年度後期のすべてのスライドコンテンツを貼り込んでいますので、だいたいの内容は読み取れると思います。いずれにしても時間割通りにリアルタイムでZoomミーティングを開催します。パスワードを含む招待状は安全面を考慮してケースマにのみ掲示します。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。